ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

伊賀忍者と甲賀忍者の待遇差

江戸も平和な時代になると、伊賀忍者は同心として30俵3人扶持、職務も空き屋敷の管理とか軽い役目、甲賀は与力として200俵を与えられ、江戸城の門番などを務める。
元々の出自が、伊賀は足軽身分に対して、甲賀は望月家に代表されるように六角氏配下の豪族身分であり、武士階級だったという差はあるにしても、功績を考えれば、伊賀の方が上だと思います。
何せ甲賀忍者は伏見城攻防戦で裏切たため、守将の鳥居元忠以下が討ち死に落城しているのに対して、伊賀忍者は伊賀越えで家康を助けた功があり、幕府成立後の待遇の差に何となく釈然としません。
現実、伊賀忍者は服部半蔵正就の時代には待遇改善を要求する事件も起こしており、伊賀忍者自体待遇に不満もあったと思います。
裏切り者が重く用いられ、功臣が軽んじられたのは何故でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「徳川実紀」にある「このおり、伊賀路まで御供せし輩は、のちに


召し出されて直参となり、鹿伏兎越えまで供奉し半途より帰京せし
二百人の者どもは、服部半蔵正成に属され、伊賀同心とて諸隊に配
せられしなり。・・・・・・・また甲賀の者も、武島、美濃部、伴
などというやからは、直参となり、その以下は諸隊に配せられて、
与力同心となされしもあり。」の事ですね。
これを見る限り家康は、伊賀、甲賀の衆の待遇に、あまり差別を
付けなかったようです。
御説のように直参になった甲賀の者は、もとが豪族の頭だった者で、
元の身分に応じるように、伊賀、甲賀の衆の職を決めたようです。

家康は甲賀衆を早くから使っています。  松平の頃今川の一族
鵜殿長持の上郷の城攻めに甲賀衆を呼び、伴与七郎、鵜飼孫六ら
が夜城中に忍びこみ、放火し暴れ混乱させ伴は大将を討ち取った
と記録されています。   その後もあります。

家康の「伊賀越えの難行」にも伊賀衆だけでなく、甲賀衆の働き
もあったと伝わっています。

のちに島原の乱で甲賀衆が忍びとして、出陣したのもその価値を
認められていたためです。

伏見城攻防戦で、甲賀衆の一部が西軍に内応して放火して、落城
が早まっても、其の位の事で甲賀を憎む家康ではありません。
関ヶ原のあと、西軍について改易になった大名でも、のちに
相当な数の復権があります。   種々の事情で心ならずも西方
についた大名です。   元の知行に戻ったのもいます。

それまでの家康に対する功績を評価しました。
伏見城の場合でも、人質とかで止むを得ず裏切っても、家康は
それを認め許したものと思います。   温情ある政治です。
この家康の温情ある政治が江戸幕府260年の基礎の一つです。
(あくまでも敵対する者は決して容赦しませんが)
家康は色々規則を作りましたが、ゆるやかで例外を認めました。
がちがちの規則にしたのは家光の時代からです。

今の時代にも温情ある政治が欲しいですね。  法律、法律で
一切例外を認めない今の官僚に、家康の爪の垢を煎じて飲ませ
たいものです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます、劇画で鳥居忠恒が甲賀を深く恨んでいたとか、いろいろ甲賀に関する小説・劇画を読み、何故伊賀より優遇されたか不思議に思っていました。
考えてみれば、関ヶ原以降も豊臣氏は健在ですし、島原の乱もあるので、甲賀を切り捨てるという訳にもいかなかったのかも知れませんね。

お礼日時:2010/08/24 00:00

こんにちは。


bungetsuです。
>>甲賀を「こうか」と呼ぶのは地元なので知っています、鹿深(かふか)という言葉が由来になっており、この近辺を走ると「鹿深の里」とか「鹿深の道」という看板に出くわします。
そうですか、甲賀近辺にお住まいなのですね。
鹿深・・・鹿多くいるが、鹿深は「山奥の鹿」のこと。584年に百済から来た鹿深臣に由来し、その地名が変化して甲賀になった。
まあ、先の質問についてですが、
「死」をもってあがなったことで、甲賀百人衆の方が抜擢されたのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます、私も元々はこちらで生まれ育った人間ではないので、越してきたときは「KOUKA」の道路標識を見て、誤字だと思ったくらいです。
この近辺は万葉ゆかりの地名や施設も多く、百済寺(ひゃくさいじ)とか鬼室集斯(きしつしゅうし)など、なんだと思うような案内板も出ています。
以前は暇なときは自転車で近辺の古墳巡りに出かけ、一番遠いのは有馬皇子の「磐代の浜松が枝を引き結び 真幸くあらばまた還り見む」の歌を訪ねて、和歌山までサイクリング(輪行)に行ったこともありました。
話がそれましたが、甲賀忍者も犠牲を払ったことで、それなりに許されたと言うことかも知れませんね。

お礼日時:2010/08/24 12:52

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。
伊賀と甲賀は地理的には約80km位しか離れておらず、忍法にはさほど違いはない。
甲賀は割合早くから徳川家康に接近をしていました。
天正9年の「天正伊賀の乱」でも甲賀は家康のとりなしで信長から攻められることは免れました。
天正10年6月2日に起きた「本能寺の変」で織田信長が死亡した時、徳川家康は信長の誘いで堺の遊覧中であったが、本能寺の変を聞いた時、家康は一時は死を覚悟するも、なりふりかまわず甲賀の里へ逃げ込み、さらには、伊賀者たちにバトンタッチをされて伊賀の白子浜から船で三河に逃げ帰ることに成功しました。
この時、服部半蔵に率いられた200人の伊賀者が家康を助けました。半蔵は、他にも姉川の合戦や三方ケ原の戦いでも戦功があり、徳川家康が天下を取ると、「伊賀同心組」の組頭として3,000石を与えられました。
一方、甲賀者は、関ヶ原の戦いで伏見城を100人が籠城で死守して全員が死亡してしまった。
この功績により、家康は、戦死者の子弟100人を召抱えて「甲賀百人組」といい、「伊賀同心」よりも一階級上の「与力」に任じました。主な任務は千代田城の本丸と大手三門の番士でした。
その後、2代目を継いだ子の服部石見守正就が父半蔵の死後10年目に、人違いから家康の信任厚い重臣の家来を2人まで闇討ちにしました。また、正就の指示に反して、伊賀者が四ツ谷の西念寺に立てこもりストライキを起こしました。その責任を問われ、服部家は改易となり、その後の伊賀者は、南伊賀の百地氏と北伊賀の藤林氏の配下に組み入れられました。
まあ、伊賀者も甲賀者も家康を援けた功績はどちらも同じ位でしたが、やはり、死をもって家康を援けた功績を買ったものと思います。
*甲賀は、正式には「こうか」と呼び、忍法に関してだけ「こうが」と呼びます。
*通称「伊賀越え」では、家康ははじめ甲賀の里へ逃げ込み、その後、伊賀者にバトンタッチしており、伊賀者だけが家康を助けたわけではありません。
*江戸時代、「江戸城」とは呼ばず、正式には「千代田城」または「舞鶴城」(ぶかくじょう)と呼び、庶民はただ単に「お城」と呼んでいました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
時代劇小説が好きで、上田秀人氏の奥右筆秘帳を読んでいたら、(時代考証は荒唐無稽な面もありますが)伊賀忍者、甲賀忍者、お庭番の思惑を軸に話が進む場面があり、概略としては甲賀忍者が一橋治済と組んで、旗本身分になるために家基を暗殺するなど暗躍する、そう言う話で、身分ということが度々出てくるので、何故裏切り者の甲賀が伊賀忍者の上に置かれたか不思議でした。

甲賀を「こうか」と呼ぶのは地元なので知っています、鹿深(かふか)という言葉が由来になっており、この近辺を走ると「鹿深の里」とか「鹿深の道」という看板に出くわします。
地元と言っても生まれは愛知県(この近辺では愛知を『えち』と読み、愛知川(えちがわ)を『あいちがわ』と読んだら、よそ者と一発でばれました)で、来た当初に道路標識に「KOUKA」とローマ字で書いてあるのを見て、初めて知りました。

江戸城は太田道灌が武蔵国豊嶋郡千代田村から「千代田城」としましたね。

お礼日時:2010/08/23 22:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伊賀忍者と甲賀忍者

子供の頃からの疑問ですが、時代劇のストーリーでは何故か「伊賀忍者=正義の味方」「甲賀忍者=悪者」という図式が出来上がっています。
何か歴史的背景があるのでしょうか?

Aベストアンサー

よく「伊賀忍者」、「甲賀忍者」と一括りの集団が存在しているように思いますが、実際は伊賀者は伊賀国(三重県)に、甲賀者は甲賀群(近江国南部)にそれぞれ住む地侍です。伊賀者の住む上野や名張、甲賀者の住む甲賀は隣接するので、協力することはあっても、「流派が違から」ということでが争うことはありません。

 伊賀は山に囲まれた閉鎖的土地柄からか統一権力が生まれにくく、土豪・地侍がそれぞれ小党を組んで互いが争っていました。その時に生まれた夜襲・放火・諜報術が、後の伊賀者・甲賀者の誕生となります。なお、甲賀者も隣接する伊賀者の流れを汲む、甲賀群在住の地侍といった方が的確かもしれません。


 甲賀者は六角氏に仕えていましたが、織田信長の観音寺城攻めで統制が乱れ、その後織田・豊臣氏に帰服。また徳川家康の伊賀越えや長久手の戦いを助ける者もいました。そのことが秀吉の反感を買い知行取り上げ・追放となり、そのことで甲賀者は徳川に近づきます。
 関ヶ原以降では山岡景友配下の鉄砲同心として召し抱えられますが、大半はこれを嫌い、また家康・秀忠・家光の関東移住の勧めすら、古風を重んじてそれを断り、生国の郷士として没落しました。尾張・高槻・岸和田などの藩では、それを惜しんで甲賀在住のままで忍者・鉄砲同心に召し抱えられました。

 伊賀者は北畠信雄・織田信長の伊賀征伐への反抗で勇名を響かせましたが、同時に大打撃により各地に離散。彼らを家康が厚遇し、特に伊賀越えでの功績により直参・同心へと取り立てられ、服部半蔵に付属します。その後は幕府の雑役を務め、大奥の警護・普請場の巡視・西の丸非常口の山里門警備・甲州口の警護を務めました。


ちなみに、講談などでお馴染みの真田幸村に仕えた十勇士のうち、猿飛佐助は甲賀、霧隠才蔵は伊賀ですね。

参照『国史大辞典』「伊賀者」・「甲賀者」各項(吉川弘文館)

よく「伊賀忍者」、「甲賀忍者」と一括りの集団が存在しているように思いますが、実際は伊賀者は伊賀国(三重県)に、甲賀者は甲賀群(近江国南部)にそれぞれ住む地侍です。伊賀者の住む上野や名張、甲賀者の住む甲賀は隣接するので、協力することはあっても、「流派が違から」ということでが争うことはありません。

 伊賀は山に囲まれた閉鎖的土地柄からか統一権力が生まれにくく、土豪・地侍がそれぞれ小党を組んで互いが争っていました。その時に生まれた夜襲・放火・諜報術が、後の伊賀者・甲賀者の誕生...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q薩摩藩ってすごい藩?

「ドイツってすごい国?」をみて薩摩もすごいと思ったので質問します。

島津家は日本で(おそらく)唯一、鎌倉時代の守護大名からの歴史をもつ大名で、室町・戦国時代は九州最強を誇り、豊臣秀吉に逆らい、関が原では西軍につき戦闘をおこなうなど時の権力者に逆らいつつも領地を減らされることなく、江戸時代は参勤交代で全大名中最も長距離で負担の重い旅行を強いられ、徳川家は更に島津家を恐れ江戸防衛のため間に親藩・譜代大名を置き、名古屋城などの城を築いて万全の体制を敷いたにもかかわらず幕末には薩摩藩主力の新政府軍に倒されてしまいます。

このように、九州のはずれにある薩摩藩がこれだけ長い間、強大な武力とバイタリティーを持ち続けた理由は何でしょうか?鎌倉時代から明治時代初めまで(幕府を除けば)最強、悪くてもベスト3には入っていたと思うのですが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

 九州のはずれにある薩摩藩がこれだけ長い間、領土を守り続けられた理由は非常に保守的なお国柄でよそ者を受け入れない鎖国主義的な部分が有る反面、いいものなら新しいものを受け入れられる柔軟性を併せ持っていたことかと思います。
 例えば鹿児島の種子島に伝来した火縄銃を受け入れ、さらに信長の鉄砲使用法に近い乱射法で一時九州を制圧したり、薩英戦争での敗北後、一転攘夷論から開国論に切り替え英国の支援を受け、倒幕したことなどがその例です。
 あとはNo.4おっしゃるような交渉力や外交力でしょうか。
 関が原の戦いでは負けた西軍にいながらまったく唯一お咎めも無く60万石の石高もそのままでした。2度の朝鮮出兵で、三十倍の敵を殲滅し、鬼石曼子(おにしまず)とも呼ばれた武力もその外交力の裏づけにあったと思います。
 しかし鎌倉時代から明治時代初めまでベスト3には入っていたというのは買いかぶりすぎだと思います。
 最近の研究ではNo.9さんのおっしゃる程の搾取は無かったとされていますがそれでもまったく裕福とはいえず琉球に対するの清国との2重支配による密貿易や幕末の藩債踏み倒しなどでなんとかやりくりしていたのが実情ですから。
 
 
 

 九州のはずれにある薩摩藩がこれだけ長い間、領土を守り続けられた理由は非常に保守的なお国柄でよそ者を受け入れない鎖国主義的な部分が有る反面、いいものなら新しいものを受け入れられる柔軟性を併せ持っていたことかと思います。
 例えば鹿児島の種子島に伝来した火縄銃を受け入れ、さらに信長の鉄砲使用法に近い乱射法で一時九州を制圧したり、薩英戦争での敗北後、一転攘夷論から開国論に切り替え英国の支援を受け、倒幕したことなどがその例です。
 あとはNo.4おっしゃるような交渉力や外交力でしょ...続きを読む

Q江戸幕府はなぜ町人から税金を取らなかったのですか?

素人の質問なんですけど、江戸幕府はなぜ町人から税金を取らなかったのですか?既に貨幣経済が発達していたのだから、農民に年貢米を納めさせるだけでは、いずれ財政が破綻するのは分かりそうなものなのに、当時の人達は疑問を感じなかったのですか?

Aベストアンサー

なぜ取らなかったか、と言うよりも上手く徴税する方法が分からなかった、とお考えになられたほうがよろしいでしょう。
要は町人の所得を正確に把握する手法が見当たらなかったということです
農民に対しては土地というものを基準にできますが、土地に頼らずに所得を得ている町人の租税の負担能力を測る手段がなかった、とお考えになられても差し支えありません。
とは言え全く町人から税を徴収していなかった訳ではありません。
現在の固定資産税のような性格の公役銀とか定期的に一定額を納める運上金、不定期に納める冥加金などという税を取り立てていました。
この冥加金の中には、営業免許税とでも呼ばれるようなものもありました。酒税に相当するようなものもありました。
参考
冥加 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/冥加

江戸や京、大阪などの都市部では町政は町役人という自治組織に一括して委託していました。
この町政に必要な費用は町人が負担していました。
町人とすれば納める先が違うだけで実質的には納税しているのと同じことでした。
この町役人制度というのは大なり小なり大名領の城下町にもありました。

「既に貨幣経済が発達していた」とされておられますが、貨幣経済が行き渡っていたのは、江戸や京、大阪などの都市部だけでした。
物の売買の手段として、貨幣は全国的に使用されてはいましたが、全国的な規模では、貨幣経済と呼べるほどには発達してはいませんでした。
江戸時代を議論する場合には江戸の街や京、大阪の都市部の情報だけでは議論できませんので注意して下さい。
江戸の街というのは全国から見た場合は極めて異質な街でした。
経済史の観点から採用されている史料は、この全国的には異質な都市部の経済活動についての史料ですので注意して下さい。

幕府が財政破綻を来したのは、農民からの年貢による税収が不足したという単純な話ではありません。
幕府の財政を支えていたのは、金山や銀山などの採掘権をほぼ独占していたことによってもたらされていた金銀でした。
江戸時代中期以降はこの金銀の備蓄が枯渇してしまいました。
一方経済学的な見地からすれば、米という現物を徴収してこれを貨幣に変えて初めて幕府の運営費に使うというシステムが財政破綻の大きな原因です。
このシステムの最大の欠陥は、交換作業を全て町人に任せた上に、米価のコントロールを一切せずに市場経済という町人の経済活動に丸投げしていた点です。
札差と呼ばれる、米を現金化する作業を請け負っていた町人の手元に巨額の金が蓄積される一方で幕府が困窮して行った姿に現れています。
町民からの税収が少なかったためというよりは、農民からの年貢を米という現物ではなく貨幣による金納に変換しなかったことが結果として財政破綻を招いたと考えられてもよろしいでしょう。

租税の納入を米という現物から金納に変換するということは、明治政府がやりましたが、貨幣経済が未発達であった農村が忽ち疲弊してしまいました。
この史実からもお分かりの通り全国の大半を占めていた農村部では貨幣経済は普及していませんでした。
貧農史観というのは明治時代の状況を江戸時代にまで延長したことによって生まれた誤解です。
江戸時代の農村というのは貨幣の蓄積は少なかったものの極めて豊かでした。
豊かでなければ郷土芸能が発達したり伝承されるような余裕は生まれてきません。

>当時の人達は疑問を感じなかったのですか?
この徴税システムの欠陥にいち早く気が付いたのが田沼意次でした。
如何せん近代経済学というものがありませんでしたので、理論的に政策を推進することができませんでした。
急激に貨幣経済化を進めようとして失敗してしまいました。
不幸にも天候にも災いされました。
江戸時代の○○改革と呼ばれるものは改革でも何でもありませんでした。
ひたすら貨幣経済を否定して農本主義に戻ろうとしただけのことです。
当然悉く失敗しています。
むしろ改悪としたほうが当たっているでしょう。

蛇足
農耕文化から生み出された儒教精神にかぶれた人達が今でも○○改革と持て囃していますが、時代錯誤です。

なぜ取らなかったか、と言うよりも上手く徴税する方法が分からなかった、とお考えになられたほうがよろしいでしょう。
要は町人の所得を正確に把握する手法が見当たらなかったということです
農民に対しては土地というものを基準にできますが、土地に頼らずに所得を得ている町人の租税の負担能力を測る手段がなかった、とお考えになられても差し支えありません。
とは言え全く町人から税を徴収していなかった訳ではありません。
現在の固定資産税のような性格の公役銀とか定期的に一定額を納める運上金、不定期に...続きを読む


人気Q&Aランキング