マンガでよめる痔のこと・薬のこと

大殺界同士での結婚て、良くないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は、絶対におススメしません。


大殺界イコール細木数子イコール信用できない。
と言う方が多数いますが、「六星占術」という占い方そのものはきちんと存在しています。
細木数子だけではなく、この鑑定方法をしている占い師はたくさんいますので。

大殺界というのは、すべての物事を悪い方向へと導いていく期間です。
しかし二人の運勢が大殺界期間中でも、もって生まれた地運(干支)の相性がよければ、乗り越えられる可能性もありますよ。

何かを始めたそのときはまだ大殺界の威力が現れず無事に過ごせても、
大殺界のときに始めてしまったことはその後何年かしてから、状況がぐーんと悪くなることも多々あります。

私は細木信者でもありませんし、いろんな占いに手を出してるので六星占術だけを信じてるわけではありませんが、
経験上、これはなかなか・・・あたる占い方法のひとつだと思っています。

もしお二人の間で今すぐに結婚しなければならない理由がないのであれば、
殺界があけてからでもいいのではないでしょうか?
何十年も続く話ではありません。たった3年ですから。
もし今結婚して、何か悪い出来事が今後起きたときに「あー、やっぱり大殺界だったからこんなことになるんだ」と、後悔するよりは、いいんじゃないでしょうか。
せっかく結婚という一大事なのに、ずっと胸にしこりが残ったままでは悲しいですから。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
特に問題はなさそうな感じがしました。
参考になりました。

お礼日時:2010/09/03 16:42

あはは~、大丈夫ですよ。


かの細木数子氏も、大殺界の時に数々の成功を収めてるんですから。
クラブ、子ども洋服店、銀座のバー、これらは大殺界の時にオープンしましたが
いずれも成功。
大殺界の時にギネスに載ったり占い本のミリオンセラーも多発しています^^

参考URLを見れば、もっと元気が出てきますよ。
ついでにリンク先の「予言・占い」→「細木和子と六星占術」→「六星占術と大殺界」
にも目を通していただければ、なお安心できると思います。

参考URL:http://www.nazotoki.com/iikotoatta.html
    • good
    • 0

結婚しないほうがいいでしょう


私は占い等まったく信じませんが、こういう質問をされている時点で相談者は気になるのでしょう。悪いことがあればそのせいにする可能性があるので、やめたほうが無難じゃないですか?
個人的には占い等は話をする際のねたのひとつだと思います。世の中の人が1/12等に分かれるなんてばかばかしいにもほどがあると思います。また、国によって北を嫌ったり(北半球)南を嫌ったり(南半球)というのもあります。統一性が無いものを信じるのは???
    • good
    • 2

細木数子さんなら絶対ダメだというでしょうね。

しかしあの人の価値観は主に裕福になることが目的ですから、もしあの占いが的中するとしても、お金に関することでしょう。なにしろ十万円のハンバーグを食べて喜ぶ人ですから。いったい何を考えて生きてるんだか、私にはさっぱりわかりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大殺界の時期に結婚してもいいですか

今年から大殺界に入りました。結婚を考えている人がいて今年結婚したいなと思っているのですが、
占いでよく大殺界の結婚はやめたほうがいいといわれることが多いですよね。

もし大殺界に結婚された方などいたら実際どうでしょうか。
皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

大殺界で妊娠結婚したものです。ちなみに旦那は後厄。
結婚は正直どうだろう…幸せなようなそうでないような…普通の結婚ではあり得ないようなこともありましたが、今は至って普通の生活です。普通ほど幸せなこともないでしょうね。
というのはおそらく大殺界で出産をしたからその運気がすべて息子に持っていかれたのだと思います。なのでなのか今年で大殺界を抜けましたが大きな怪我や病気も何もなく過ごしていました。
ただ、息子にとっては最悪な人生になってしまうかもしれないと考えると、考えがなかったかなと思います。
というのが私は母が大殺界の時に産まれた子供ですが、母とは馬が合わないし貶されて貶されて細くて折れそうな橋を渡っているような学生時代でした。結局は折れずに渡りきれたのは母のおかげですが、大殺界や自分の運命(?)を知らずにいたら折れてどん底に落ちて今の自分はないのかなと思います。結局今では母とは普通の仲でいますし…意見は合いませんが(笑)
おそらく私と息子の間も馬が合わないのだと思います。しかし、知ってて接するのと知らずに接するのは違うかなと思います。
そして私も妊娠して結婚する前にかかりつけの占い師の方に相談したら、結婚といういい運を流すことで大殺界の悪い流れをくい止めるパターンもあるよと教えてくれました。
そういういい運を流すにはそれなり以上の努力も必要です、トピさんにそれが出来たら幸せな結婚生活を迎えれると思いますよ。
思ったときが吉とも言います。思い切ってもいいとは思いますよ。

大殺界で妊娠結婚したものです。ちなみに旦那は後厄。
結婚は正直どうだろう…幸せなようなそうでないような…普通の結婚ではあり得ないようなこともありましたが、今は至って普通の生活です。普通ほど幸せなこともないでしょうね。
というのはおそらく大殺界で出産をしたからその運気がすべて息子に持っていかれたのだと思います。なのでなのか今年で大殺界を抜けましたが大きな怪我や病気も何もなく過ごしていました。
ただ、息子にとっては最悪な人生になってしまうかもしれないと考えると、考えがなかったか...続きを読む

Q六占星の地運の相性について

六占星術での地運の相性で、あるサイトで三浦友和&山口百恵夫妻について載っていて、
三浦友和にとって山口百恵は「減退」。山口百恵にとって三浦友和は「陰影」で「相性殺界」と呼ばれる最悪の相性にもかかわらず離婚の危機などなく現在に至っているとありました(細木数子の本の中でも過去に何度か「相性が最悪」と書かれていたそうです)。
そこで他にも地運の相性が悪くてもうまく行っている著名人の例をご存知ないでしょうか?
なぜそのような例を知りたいかというと、現在の私の彼女と私は地運の相性がお互いに「停止」にあたります(お互いに木星人(-)の零合星人)。
このことが理由で私の母親が結婚に絶対反対で彼女に会ってもくれなくて困っています(身近な人達を調べて地運の相性が悪い場合は結果的に離れてしまっているとかで)。
そこで六占星術の相性が全てではないことを何とかわかってもらう参考にしたいのでご存知の方がいたら教えていただけませんでしょうか。
長くなりましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>そこで他にも地運の相性が悪くてもうまく行っている著名人の例をご存知ないでしょうか?

知ってますよ~。
最近結婚したばかりのカップルだと説得力がないので、20年以上続いているおしどり夫婦を紹介しますね。

まずは中村雅俊&五十嵐淳子 夫妻。
このカップルの地運の相性は、共に「健弱」の小殺界。六星占術の設定では相性殺界です。
でも、結婚25年の「銀婚式」夫婦の手本となる著名人に贈られる「JAL銀婚旅行ベストカップル2004」に選ばれるほど仲の良いカップルです。もちろん離婚なんてしてません。

つぎは黒川紀章&若尾文子 夫妻。
この2人の地運の相性は「減退」と「乱気」。相性殺界です。
細木数子も結婚当初は、このカップルの「離婚」を予言しましたが、見事にハズしました(笑)。
結婚後20年以上経ってますが、離婚の噂など聞きません。現在では細木数子も触れなくなりました(笑)。

つづいては加山雄三&松本めぐみ 夫妻。
この2人の場合は共に地運の相性が「停止」。相性殺界です。
しかし夫婦仲は◎。「理想の夫婦」などのアンケート調査などでは、よくランクインしますね。おしどり夫婦です。

最後は長門裕之&南田洋子 夫妻。
この2人の地運の相性は「陰影」と「減退」。こちらも相性殺界。
細木数子も過去には、このカップルが「昭和59年に離婚の危機」だと予言したことがありますが、見事に撃沈しました(笑)。
「おしどり夫婦」の代名詞的なカップルですからね。まぐれ当たりでも万が一当たればスゴイ宣伝効果があります。でもハズしました。人生はそんなに甘くないんですね(笑)。

ちなみに「相性が最悪」だと占っておきながら上手くいっているカップルは上記に紹介したとおりですが、実は逆のパターンもあります。
つまり、細木数子が「うまくいく」「相性が最高」だと占っておきながら、結局離婚しちゃったカップルです。

一例目は 石坂浩二&浅丘ルリ子 元夫妻。
このカップルについては『新・自分を活かす相性・殺す相性』 (ワニ文庫)の中で、「対照の妙で理想的組み合わせ」の代表例として取り上げていました。でも離婚しちゃいましたけど(笑)。

次は森進一&森昌子 元夫妻。
このカップルに至っては、わざわざ“細木数子の占いによるアドバイスに従って”結婚の年を決めたにもかかわらず、結局離婚しちゃいました(笑)。
ちなみに前出の本では「0からのスタートで最高の可能性」のカップルの代表例として挙げられており、自分のアドバイスを聞き入れたんだから幸せな結婚生活を送れるとも書いていました。
面目丸つぶれですが(笑)。

いかがでしょうか。
現実には細木数子の占いのとおりに結婚しても上手くいってない例があります。また逆に、最悪だと言われても上手くいっているカップルも現実に存在します。

これらの事実を見てつくづく思うのは、六星占術に振り回されることほどバカバカしいことはないということです。

質問者様が、お母様を上手く説得できることを祈っております。
※同一サイトですので既にご覧になったかもしれませんが、参考URLは相性以外の「ハズレ」の実例です。(全7星人分)

参考URL:http://www.nazotoki.com/iikotoatta.html

こんにちは。

>そこで他にも地運の相性が悪くてもうまく行っている著名人の例をご存知ないでしょうか?

知ってますよ~。
最近結婚したばかりのカップルだと説得力がないので、20年以上続いているおしどり夫婦を紹介しますね。

まずは中村雅俊&五十嵐淳子 夫妻。
このカップルの地運の相性は、共に「健弱」の小殺界。六星占術の設定では相性殺界です。
でも、結婚25年の「銀婚式」夫婦の手本となる著名人に贈られる「JAL銀婚旅行ベストカップル2004」に選ばれるほど仲の良いカップルです。...続きを読む

Q大殺界に出会い

大殺界に出会った相手と結婚された方、もしくは長く付き合われている方いますか!?

大殺界に出会っても長く続かないと聞いたのですが、あまり信じなくてもいいでしょうか??

Aベストアンサー

私は大殺界の時に旦那と知り合い、大殺界明けての2月に婚姻届を提出しました。

この大殺界の3年間と、女の厄年である前厄・本厄・後厄も3年間重なってしまいまして、あの時は細木さんの番組が絶頂期だったから、多少は気になりましたよ^^

結婚して3年経ちましたが、旦那と仲はいいと思うし、30代後半で子供を授かりました。

私は大殺界は特に何もなかったし、健康だし事故怪我に遭わなかったし、むしろ旦那に出会えてよかったです。

細木さん自体怪しい人ですよ。
彼女は水商売していてお店で知り合った有名な占い師の愛人をしていたのでしょ。彼から学んで自分があみ出した占いのように言っているけど、0学占いをそのまま盗んでますしね。

私だって誰だってこれからいろんなことで失敗するかもしれないんですから、あなたが信じた人なら結婚してみていいんじゃないかな^^

何か気になるようでしたが、神仏に守っていただけるよう、神社でご祈祷してみてはいかがでしょうか。

Q大殺界の人との付き合い

細木数子の六星占術で大殺界の人と一緒にいたりすると
パワーダウンすると聞いたことがあります。
本当なんでしょうか?あまりそのような人と遊んだり会ったりしない
ほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

私、大殺界に結婚しましたが、夫に何の影響も出ていませんし、自分もいたって平穏です。
占いって『当たるも八卦当たらずも八卦』で参考程度な代物ですよ。

占いの結果より、占いにこだわる人と一緒にいる方が人として人生誤りそうな気がしますが(笑)

Q大殺界で結婚した方。

 六星占術の大殺界で、結婚された方、教えてください!
 大殺界での結婚は、良くないと言われてますが、うまく行かず、必ず離婚してしまうのでしょうか? 
結婚後の生活は、どうですか?
 私の場合、どうしても大殺界中の結婚になってしまうので心配です。

Aベストアンサー

再度、#7です。

結婚すると、家庭の柱になるのは旦那様です。
だから、旦那様の運気がいいときに結婚するのがいいらしいですよ!
来年は立花ということで、イイんじゃないでしょうか!

victoriatyanさんの運勢も旦那様の運勢に影響受けて
良くなると思いますよ!!

お幸せに♪ヽ(´∀`)ノ

Q大殺界中に転職、引越しをしてしまったらどうすればよいでしょう?

私は細木数子さんの六星占術によれば火星人のーなのですが、去年は年運、月運ともに停止という真っ只中に転職と引越しをしてしまいました。これは後で知ったのですが振り返れば大殺界中に二台もの車を廃車にしてしまったり、仕事でのトラブルが続発したりと散々だったことから、あまり軽視はできないような気がします。
そういった大殺界中にしてはいけないことをしてしまったときの解決方法というか対処方法はどうすればいいのか調べてみてもよく解りませんでした。
どなたか知っている方がいれば教えて下さい。不安で仕方ないので助けてください。また転職は必要なのかと考えています。

Aベストアンサー

こんにちは。
もうご存知かもしれませんが、斉門見さんの四柱推命占いのメールマガジンです。
無料相談コーナーがあり、それぞれの相談やそれに対する専門家の斉門先生のアドバイスが参考になります。
もしご存知なかったらどうぞ。
バックナンバーも公開されています。

参考URL:http://www.mag2.com/m/0000098704.htm

Q大殺界で結婚(又はお付き合い)された方へ

来年から大殺界に突入する38歳独身女性です。
なるべくなら今年中にお付き合い&結婚したいのですが、無理がありますよね~(A^_^;)
なので、占いはハズレる人もいるんだ♪という確信を持ちたいんです。

そこで大殺界で結婚された方 (又はその頃お付き合いを始めた方) に質問です。

●結婚されて、何年くらい経っていますか?
●今、幸せですか?

と、こんな感じです。
お手数ですが、ご回答よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。
私の例で良ければご参考に。
ただ、私は霊合星なので正反対の運気も影響受けるそうです。
一応正反対の運気は、( )で書いておきますね。

一回目の結婚(4年のつき合いで結婚、結婚生活4年で破局)
つき合い始め 陰影(健弱)
結婚 緑生(財成)

2回目の結婚(1年半のつき合いで結婚、現在6年目)
つき合い始め 財成(緑生)
結婚 陰影(健弱)

こんな事を調べたのは初めてだったので
ちょっとビックリの結果ですね。
私の例だけで言うと、結婚する時期より
出会う時期の方が大事なのかな。
結婚はまぁ形式ですからね。
今現在とても幸せですよ。

結論としては、今年中に素敵な人と出会って
結婚は急がなくてもいいのかなって感じです。

でもこれは一種の統計学なので
本当に当たるも八卦当たらぬも八卦です。
人生何事も原因があって結果があります。
良い行いをしていれば、何があっても大丈夫。
苦難は必ず来ますが軽く乗り越えられますよ。
自分の事ばかり考えずに、常に人の事、人の気持ちをを考えながら
行動していけば必ず幸せになります!!!

ぜひ幸せになってくださいね。 

こんにちは。
私の例で良ければご参考に。
ただ、私は霊合星なので正反対の運気も影響受けるそうです。
一応正反対の運気は、( )で書いておきますね。

一回目の結婚(4年のつき合いで結婚、結婚生活4年で破局)
つき合い始め 陰影(健弱)
結婚 緑生(財成)

2回目の結婚(1年半のつき合いで結婚、現在6年目)
つき合い始め 財成(緑生)
結婚 陰影(健弱)

こんな事を調べたのは初めてだったので
ちょっとビックリの結果ですね。
私の例だけで言うと、結婚する時期より
出会う時...続きを読む

Q細○数子占い 大殺界の時の離婚は??

こんにちは、みなさんに質問があります!
私は細○数子さんの占いでは土星人+で、今年から大殺界にあたります。

細○数子さんの話だと、大殺界のときは結婚、出産、転職などはしないほうがいいという話でしたが、離婚はどうなんでしょう??

私はあまり主人とうまくいっておらず、今すぐにではなくても離婚しようか決めかねています。(理由:簡単に言えば思いやりがなく感じる、だらしない、私を愛していない様子、盗撮魔だった等)

でも大殺界は3年です。あと3年も我慢できるか^^;
すごーく気にしているわけではないのですが、ちょっと気になります(笑)。

どなたかわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>以前渋谷でよく当たると評判の占い師には、「離婚は間違いない。
>戌年(来年)が危ない」といわれました。

 その占い師の方が、占星術系の占いの方で、生年月日時や身体的特徴などを確認された上で判断していたのであるならば、結論として正しい可能性が高いと思います。
 ただ、私ならこの様なことは言いません。当たるかどうかは別にして、これだと相手に「来年自分は離婚する」という、ある種の「暗示」というか「呪い」をかけてしまうことになるからです(細木さんはよくやりますが)。
 また、占星術系の占いでも生時の要素を考慮しないものは、信頼性は薄いとお考え下さい。

 占星術系以外の占い、例えば、タロット、霊感、易占、人相、姓名判断などの場合、その方の技量によって精度が変わりますので、ここでは分かりません。

 ここgooの掲示板上では具体的な占い行為は禁止ですが、Yahoo掲示板の占いのカテゴリでは、自由に占ったり占われたりしています。回答者は玉石混淆で責任は持てませんが、そちらの適当なトピをお選びになって改めて占いの依頼をしてご覧になっても良いのではないかと思います。下にYahoo掲示板>占いのアドレスを示しておきます。


>今日も細○さんの番組を見ましたが、あまり占いではなく
>人生相談や、>自分の意見を述べるだけの番組になって
>しまったような気が・・・。

 あの方は、元々自分で本当に占いをすることは出来ないと思われます。おそらく元ネタは前回もお話したように和泉宗章氏の本と思われますが、あの本の内容程度では、細かいことは分からない上に、『算命学』はそもそも生時を考慮しない占いであるために精度が悪すぎるのです。
 基にしている『算命学』自体が、細かいことが分からず精度が悪いため、占星術とは関係の無い、先祖供養だとか、因果だとか、カビの生えたような戦前の歪められた儒教道徳や倫理観などを持ち出して、人々を煙に巻いているだけなのです。
 他に、人相や姓名判断なども慌てて知識を詰め込んだようですが、私が見たところ、全て入門書程度の知識レベルしかないようです。

 自分が占うことが出来ないことを誤魔化すために、脅したりすかしたり、その人の命とは無関係の一般論を持ち出して押しの太さと口の上手さで相手を言いくるめているのです。テレビは、話題になって視聴率さえ取れればそれで良いという考えが支配的なようで、そのためにあのような人でも使うのです。


>その上男は浮気くらい出来ないとダメだ、みたいな発言してた
>こともありました。そんなこと全国ネットで言っていいんで
>しょうかね??
>女は我慢しろってことかしら・・・。

 あの方は元々、クラブやバーを経営し、男の酔客相手の商売に長けている方です。確か15か16でホステスとして働き出し、17歳で新橋辺りに店を開いたはずですので、その開業資金は当然、金持ちのどなたかに出してもらったのでしょう。

 クラブやバーのママの立場からすれば、自分のところに来るお客はみんな家に奥さんがありながら、美人(?)の自分のところに遊びに来ます。また、遊びに来てもらわなければ自分の口は干上がってしまいます。

 だからこそ、「男はみんな浮気者で外に女(細木さん)でも作れるくらいでなければ男としての価値が無い」、「男・亭主が浮気をするのは当り前なのだから、女(細木さん)のところに来ている間、奥さんは家で黙って待っていろ(何も自分は亭主と結婚しようと思っている訳ではない。金さえ貢いでくれれば良いのだから)」という論理になっていると考えます。

 つまり、私の見たところ彼女の発言の多くは、クラブやバーのママの立場から見た自己弁護または自分の行動の正当化の論理にしか過ぎません。

 男女を問わず浮気癖のある人はいますし、男女を問わず、家に閉じこもっていることは性に合わない人もいます。それら個人個人の特質や命の違いについて知ることが出来ないために、あのような本当に人の命を見ることができる人であれば絶対に言わないし考えもしないような、知らない人が聞くともっともらしく聞こえる独善的な一般論を、平気で偉そうに喋り捲ることができるのです。

 また、彼女は、自分は離婚経験があり子供も持っていないくせに「離婚はするな」「子供を持て」とよく言います。占星術に長けた者ならば、子宝の数や恋愛・結婚運などについても分かります。子縁の有無など見もせずに(自分では占えないから)、「子供を持て」というのは無責任窮まります。


>いつ離婚すべきか・・・。迷います。

 あまり他人の暗示に惑わされること無く、じっくりとお考えになられれば良いと思います。

参考URL:http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=topics&board=1835574&sid=1835574&type=r

>以前渋谷でよく当たると評判の占い師には、「離婚は間違いない。
>戌年(来年)が危ない」といわれました。

 その占い師の方が、占星術系の占いの方で、生年月日時や身体的特徴などを確認された上で判断していたのであるならば、結論として正しい可能性が高いと思います。
 ただ、私ならこの様なことは言いません。当たるかどうかは別にして、これだと相手に「来年自分は離婚する」という、ある種の「暗示」というか「呪い」をかけてしまうことになるからです(細木さんはよくやりますが)。
 また、...続きを読む

Q大殺界が始まるのでどう過ごせば良いですか?土星人+です。

全く占いに無頓着だったのですが、友人がこの占いがとても当たるからと私を調べた所、
土星人+で大殺界が始まっているそうです。
とにかく最悪だと聞いていますが、この期間というのは性格にはどう把握すれば良いのでしょう?
またどんな事に気を付けて過ごせばよいか、悪い事ばかりなのか、等々、
とても心配なので色んなアドバイスお願いします。
またこの期間中は結婚は無理でしょうか?

Aベストアンサー

>土星人+で大殺界が始まっているそうです。

 私の過去の六星占術関連の質問に対する回答をご覧頂ければ、『六星占術』が『四柱推命(しちゅうすいめい)』で言う「空亡(くうぼう)」または「天中殺(てんちゅうさつ)」の種類による分類に過ぎず、『四柱推命』の本を読めば『六星占術』のカラクリがお分かりになるであろうことがお分かりになると思います。とにかく、『六星占術』とそこで言っている「大殺界」は、全くのデタラメですから信じないで下さい。

 土星人というのは、プラスであろうとマイナスであろうと、生まれた日の干支(かんし:十干と十二支のこと)から見た「空亡(天中殺)」が「戌亥空亡(天中殺)」になっているということだけのことで、細木氏の六星占術とは、「空亡(天中殺)」の種類による分類に過ぎません。

 今から25年ほど前、和泉宗章という方が『算命占星学入門』『天中殺入門』という本を出しました。その本の中で、「天中殺(空亡)」の時期は何が起こるか分からない、とにかく新しいことはしないで静かにしているように、という趣旨のことが書かれていました。
 細木氏の本は、基本的にはこの和泉氏の本のパクリですが、内容的には滅茶苦茶です。

 和泉氏の本は、基本的には『算命学(さんめいがく)』の理論に比較的忠実に従ったもので、『四柱推命(しちゅうすいめい)』に比べれば精度は格段に落ちますが、それでも他の占いに比べればそれなりに信頼性の高い占いです。
 ちなみに、『算命学(さんめいがく)』と『四柱推命(しちゅうすいめい)』は、生まれた時間の要素を考慮するかしないかの違いがあるだけで、基本的には原理原則はほとんど同じです。しかし、生まれた時間の要素が欠けているために、『四柱推命(しちゅうすいめい)』に比べて精度は極端に落ちるのです。大まかな性格程度のことならば当たらずと言えども遠からずの結果を導き出すことが出来ますが、それ以外のこと、例えば、いつが良い時期だとか悪い時期だとかなどは、ほとんどアテにならない結果しか得ることはできません。

 それはともかく、和泉氏は、「天中殺」に関する考え方の部分だけは独自の発想の下で本をお書きになったのですが、その独自の発想部分が間違っておられ、結果的に人々を恐怖に陥れ、日本中に「天中殺ブーム」を巻き起こすことに成功し、本は飛ぶように売れたものの、この本を原因とした自殺者が全国で相次ぎ、深刻な社会問題となりました。その後、和泉氏は、長島茂雄氏に関する占いが外れたのをきっかけに、「占いは当たらない」「私は占いから足を洗う」として断占宣言をし、事態は収束に向かいました。

 しかし、『算命学』の学派に属する方でも、和泉氏の「天中殺」に関する主張に賛成する人は当時からほとんどいませんでした。

 この、一つの占いが一大ブームを巻き起こし、本が爆発的に売れたことに細木氏は目を付けたのでしょう。その騒動の1年ほど後に出て来たのが、細木氏の『六星占術』「大殺界」です。

 内容は、和泉氏の本の中のまじめな占い部分を全てカットし、単に人々を「空亡(天中殺)」の種類のみで分類しただけのもので、しかも、「空亡(天中殺)」と「大殺界」が同じものであることをカムフラージュするためか、和泉氏の本で悪い時期とされる時期を十二支で1つ分増やして3つ分とし、さらに中殺界やら小殺界やらを創作して悪い時期を増やして人々を恐怖に陥れ、それらの時期に何か悪いことが起きれば、知らない人はあたかも細木氏の占いが当たったかのように思わせるという、実にうまい工夫がなされています。

 金儲けの仕組みとしては、実にうまい仕組みを考えたものだと思います。

 これまでのお話でおおよそのことはお分かり頂けたかと思いますが、土星人ということは、来年からが本来の「空亡(天中殺)」の時期であって、今年から「大殺界」が始まっているというのは、細木氏が自分の商売のために作り出しただけのものです。

 また、「空亡(天中殺)」というのは、推命術を用いる上においての一つの判断要素に過ぎず、良い方向に作用することもあれば、悪い方向に作用することもあります。また、ある条件を満たせば「空亡(天中殺)」は解かれますし、そもそもそれ単独では何の意味もなさないものなのです。それを和泉氏は、「天中殺」単独で何らかの判断が出来るものと勘違いして本を出したために、日本中を混乱に陥れたのです。

 そして、細木氏は、もっともらしい理屈を色々とこねてはいますが、人々の恐怖心を利用して、自分が儲けるためにデタラメな商売をしているだけの人間です。


>とにかく最悪だと聞いていますが、この期間というのは性格にはどう把握すれば良いのでしょう?

 これまでの説明でお分かりと思います。
 人によっては確かに悪い事が起きる人もいますが、逆に良いことが起きる人もいますし、全く何も特別なことは起きない人もいます。なにしろ、「空亡(天中殺)」の要因だけでは何の判断も出来ないのですから。したがって、「大殺界」や「空亡(天中殺)」の時期だからといって、特別には何も考える必要はありません。
 「最悪の時期」という考え方そのものが間違っているのです。

 tobeyhanaさんに、「当たるから」と紹介したお友達も言うなれば被害者です。そのお友達に、「六星占術って、『算命学』や『四柱推命』、特に和泉宗章って人が25年ほど前に出した『算命学』関連の2冊の本のパクリらしいよ。しかも内容は全くのデタラメなんだって。『四柱推命』の入門書を少し読めば、『六星占術』のカラクリが分かるらしいよ」と教えて上げて下さい。これ以上、被害者を出さないためにも。

>土星人+で大殺界が始まっているそうです。

 私の過去の六星占術関連の質問に対する回答をご覧頂ければ、『六星占術』が『四柱推命(しちゅうすいめい)』で言う「空亡(くうぼう)」または「天中殺(てんちゅうさつ)」の種類による分類に過ぎず、『四柱推命』の本を読めば『六星占術』のカラクリがお分かりになるであろうことがお分かりになると思います。とにかく、『六星占術』とそこで言っている「大殺界」は、全くのデタラメですから信じないで下さい。

 土星人というのは、プラスであろうとマイ...続きを読む

Q厄年と大殺界、重なっても大丈夫?

私は来年から前厄、大殺界に入ります。それらが重なることに最近気付き、ビックリと不安でいっぱいです。
迷信と占いだとは分かってはいるものの、三年間なにが起こるのかと本当にこわいです。
同じように厄年となにかが重なって大変だった方いらっしゃいますか?

今さらですが、厄年ってどういう意味なのでしょう。厄払いしたらチャラになるのでしょうか。

Aベストアンサー

気になる様なら、厄払いをするのも良いと思います。
因みに私は前厄と小殺界、旦那が中殺界の年に結婚し他地方に引っ越しましたが夫婦仲は良好です。
なので、結婚にあたってそこまで気にする必要な無いと思います。
それよりも、質問者様は今年30歳ですが、これから子供を作って温かい家庭を築くに当たって、年々子供ができにくくなるでしょうし、結婚を遅らせる事が人生にとって有意義になるとは言い切れません。
大殺界とか厄年、天中殺などは、新しいものごとを始めるには良くない時期とか言うけれど、人生のほとんどはなんらかの厄年にあたるのですから、いちいち気にしていたらキリがありませんし、何かにつけてチャンスを逃してしまい、後悔しがちな人生になると思います。
占いなんかに振り回されず、自分らしく、効率を優先して、悔いのない人生を歩んでください。
自分の運命を決めるのは占いなんかじゃなく自分自身ですから、自信持ってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング