薬価は発売から年月が経つにつれて下がる傾向にあります。昔ながらの良薬で、今でもよく使われる薬で、かなり安くなって、製薬会社にとって、採算が合わなくなっているものもあります。(それまでに稼いでいるからよいのかもしれませんが)昔ながらのよい薬でもなぜ薬価は下がるのでしょうか?よい薬は、高くても使うわけであるし、市場原理から言うとおかしなことではないでしょうか。(最も、日本の医療はそもそも市場原理にのっとっていないことが多いが。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず、薬価は上がることもあります。


薬価が下がる理由について。
 薬価(公定価格)よりも医療機関に納入される価格は安く、この薬価
 差益を見込んで経営をする医療機関が多いのが現状ですし、この差益
 が無くては経営が成り立たないといった構造上の問題があります。
 しかし不要な投薬―薬漬け―の批判が社会的に高まり、実納入価格と
 薬価の乖離を少なくして薬価差益に頼らない経営、医療にして行こう
 として定期的に薬価の見直しをしているのです。
 しかし実際は保険財政上の意味合いが強いです。
薬価改定のしくみ
 薬卸業者から提出された納入価格から実勢価格を算出し、それに
 旧薬価の2%を足した値段を薬価とします。100円の薬が90円で
 売られていた場合次回の薬価は92円となります。
 競争力のある薬で納入価が高い場合薬価が下がらない事もあります。
 製造コストよりも薬価が安くなった場合は薬価が上がる事もありますし
 メーカーが製造を中止する事もあります。
    • good
    • 1

薬にもいわゆる特許みたいなものがあります。

(正確には違うのですが)ただ薬価が変わらないでいると、その薬を元により良い薬を他の会社が開発するのに膨大な金額を支払わなくてはいけません。また、いわゆる製薬業は建前としては営利目的であってはいけないという理念があります。そういう理由で薬価は下がり続けます。おっしゃるとおり、採算が合わなくなって、製造中止された薬もあります。この辺は私もおかしいとは思います。また多くの人が服用する薬ほど国はもとから薬価を押さえます。国の経済状態に影響されている今のシステムは絶対に納得できませんね。
    • good
    • 1

shoyosiさんの回答と同様ですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「医療制度について一言!:98/06/27」

キーワードとしては「ジェネリック」・「後発品」・「ゾロ(品)」は同じです。
日本の医療問題の中の「薬価制度」に関する問題ですね?

最近も「後発品メーカー」が新聞で一面記事の宣伝をしてました。
後発品を使用しないために、医療費が高くなっていると・・・。

ご参考まで。

参考URL:http://www.nnc.or.jp/~ken/bbs/bbs.htm
    • good
    • 0

 新薬を開発した製薬会社は6年間独占して製造・販売することが認められています。

6年過ぎますと、開発コストを負担していない後発社が似たものをつくり、価格が下がります。価格が下がりますと、病院などは差益のある、高い新しい薬を無理をしてまでも使うようになります。

 なお、下のURL以外に
http://www.dkb.co.jp/houjin/report/keizai/199702 …
にも参考記事が載っています。

参考URL:http://d-inf.org/drug/zorohin.html
    • good
    • 0

以前に朝日新聞にこのことが掲載されていました.安くてよい薬も採算が合わなくて製造中止になるものがあると.労働厚生省の保険薬政策でなってしまっているように思います.下記のHPがあります



参考URL:http://www.inamori.com/pa.html
    • good
    • 0

通常、製品には広告費等がふくまれていますが


知名度等が上がったなどの理由で広告をする必要がなくなり
その分安くなっているのではないでしょうか?
昔、薬屋さんで同じような事を聞いてそう言っていました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬価のデータベース

薬価を検索できるサイトでは無く、薬価をデータとして公的に入手できところはありませんでしょうか。

Aベストアンサー

昔、電子カルテを自分で作ろうとしてた時、下記HPの医薬品マスタをひっぱってきてつくりました。たぶん、まだ有効と思う。

参考URL:http://www.iryohoken.go.jp/shinryohoshu/downloadMenu/

Q薬価について

薬価について調べたいのですが、そのようなサイトのURLをどなたかご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

こちらはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.naganokenyaku.or.jp/OldWeb/syuusai.htm

Qヘブスブリンの薬価

ヘブスブリン-IHの薬価が至急知りたいのですが、
手元の資料がないので、誰か教えてください。

Aベストアンサー

手元に薬価本があったりしますので。

1000単位 5ml 1瓶  40,868円です。

Q薬価について

初歩的な質問ですいません。保険薬以外で、薬価のあるものってあるのですか?

Aベストアンサー

ありません。臨床治験で用いる薬もまず、未承認薬なので薬価がつくことはありません。

Qお願いします。教えてください。薬価の関して。

先ほど、同様な質問をしましたが、締め切りました。その理由は私の質問内容が不十分だと判断した為です。以下文章は保険診療を無視して検討ください。

率直にお聞きします。CML治療薬「グリベック」は諸外国と比べかなり高い薬価を所得しています。ただ単にその薬剤を個人輸入しますところ、日本と比べかなり安く購入できます。それもかなりの差です。それはなぜか?

2~3年前でしたでしょうか?抗癌剤の、「パクリ...」正直覚えておりません。この医薬品は、当初その薬価の低さに憤慨し、且つ抵抗し高薬価を所得したと聞いております。このようなことが起こるのはなぜなのか?

一般の方、経験者の方、専門の方、何方でも結構です。教えてください。

Aベストアンサー

保険診療を無視しろとkuaainaさんは言われますが、日本は国民皆保険の国政であり『無視など笑止』です。できっこない前提、そんなことを前提としたら日本の医療に対する回答などできないですよ。

日本の薬価制度というのは『全ての医療機関が同等の価格で入荷できかつ国民全てに対し平等な使用が出来るような価格』と建前上決められています。そのため同様な薬効をもつ薬に対してはある程度今までの供給実績やその安定性を加味してその薬剤価格を決定されています。そのため同一薬効をもつ薬剤であればその競合と安定性が増すためもあって薬価は下がりますし、また開発経費の減価償却分などを加味して行き渡った古い薬剤の価格はどんどん下がります。一方、一時期の抗ウイルス剤や開発当初の抗がん剤などはその開発に見合った額と安定供給に見合った金額が設定されるのは『健康保険診療』であるからこそです。
厚生省と薬剤企業の間で、薬価に関わる攻防があるのは事実ですが、建前は上記によって説明されます。企業にとっては利益追求するのは当然のことですし、厚生省としてはなければ困る有用な薬であれば保険財政悪化の中にあっても国民の健康のために認めざるを得ない一面があるんです。『高くないならいっそのこと日本では売らん!』ということがありえるんです。また自由診療と違って、街中では500円だけれどもどっかの僻地では5000円の薬があってはならないのが日本の医療制度なんです。

一方、個人輸入で価格が下がるのは何もグリペックの問題だけではありません。バイアグラだってそうでしょ。他の薬剤だってみんなそうなんです。しかし『日本の保険診療』=『日本の定めた医療』を受けるに当ってはこれが正統な価格なんです(変更の余地、改善の余地はあると思いますけれど)。少なくとも個人輸入した薬剤に対して保険医療機関がその副作用対策や服用方法などのアドバイスをすることはありません。(それを保険請求することは認めれれません)それは保険診療のルール違反ですから、もししているところがあれば本来告発するべきです。
医師の指導なしに・・まあ、個人が個人の責任で使うぶんには知ったことではないですよ。

保険診療を無視しろとkuaainaさんは言われますが、日本は国民皆保険の国政であり『無視など笑止』です。できっこない前提、そんなことを前提としたら日本の医療に対する回答などできないですよ。

日本の薬価制度というのは『全ての医療機関が同等の価格で入荷できかつ国民全てに対し平等な使用が出来るような価格』と建前上決められています。そのため同様な薬効をもつ薬に対してはある程度今までの供給実績やその安定性を加味してその薬剤価格を決定されています。そのため同一薬効をもつ薬剤であればその競合...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報