高圧受電用の6600VのCVTケーブルのシールドのメガー値について質問です。

シールドのメガーが23MΩ(500Vレンジ)です。
1年前は28MΩです。

ケーブルは、設置後19年です。
芯線は50000MΩ以上です。
昨年の直流ケーブル診断では、キック現象、成極指数等異常ありません。

ケーブルの長さは約100M位。

シールドのメガー値が低いので、「要注意」の報告をしなければいけないのか、
悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>シールドのメガーが23MΩ(500Vレンジ)です。



勘違いでしたらすみません。
高圧ケーブルで、500Vレンジでいいんですか?

この回答への補足

もちろん芯線は1000Vです。
シールド(アース)は、接地を浮かして通常500Vで測定します。

補足日時:2010/08/24 21:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

CVT」に関するQ&A: 車 CVTオイルは交換する?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16V

抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16Vを加えたときの回路に流れる電流Iとその大きさおよび位相角を求める詳しい途中式教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次のサイトに解説記事がありますので参考にして下さい。
http://www.itoffice.jp/ITOFFELC3.htm
新人のための電気の基礎知識(交流回路)

5.2.ベクトル・複素数:数学の基礎1A-(1.9.複素数・ベクトル参照)
5.3.RLC回路 (瞬時値・位相の関係は5.4.位相参照)

1.9.複素数・ベクトル
公式・(a+jb)/(c+jd)=(ac+bd)/(c2+d2)+j((bc-ad)/(c2+d2))

求める電流は次のようになります。
I = V/Z = V/(R+jXL) = (12+j16)/(5+j3)
後は複素数の割り算ですので直ぐに求まると思います。
電流の絶対値は3.43Aです。

Q 抵抗8Ω、誘導リアクタンス6Ωを直列に接続した回路に、100Vの電圧

 抵抗8Ω、誘導リアクタンス6Ωを直列に接続した回路に、100Vの電圧を加えたときの皮相電力〔VA〕は?

Aベストアンサー

>抵抗8Ω、誘導リアクタンス6Ωを直列に接続した回路
●合成インピーダンスは10Ωとなります。

>100Vの電圧を加えたときの皮相電力〔VA〕
●流れる電流は10A、したがって皮相電力は1,000VA

Q抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=6Ω、容量リアクタンスXc=2Ωの

抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=6Ω、容量リアクタンスXc=2Ωの並列回路のアドミタンスを複素数で示し、また、この回路に100Vの電圧を加えたとき、電源から流れる電流の大きさを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アドミタンス Y=1/R+1/(jXL)+1/(-jXC)=1/5-j1/6+j1/2=1/5+j1/3。
I=YV=20+j100/3 。
|I|=√(20^2+(100/3)^2)=√(13600/9)。

QR=40Ω、XL=40Ω、Xc=70Ωの合成インピーダンスZを求めよ←わかる方求める式だけでもいいの

R=40Ω、XL=40Ω、Xc=70Ωの合成インピーダンスZを求めよ←わかる方求める式だけでもいいので教えてください

Aベストアンサー

直列なら
Z=R+j(XL-Xc)=40-j30 Ω
念のため、絶対値は
|Z|=√(40^2+30^2)=50 Ω

Q【実用電気】 目安 低圧受電の場合と高圧受電の場合

よろしくお願いいたします。

低圧受電:3A=1KW
高圧受電:1A=10KW

が目安値だといわれました。

受電盤の電流計を見て、低圧受電盤で600Aだったら約200KW。
そこでトランスの容量が750KVAだったらまだ300KW約900Aまで増やして大丈夫だといわれました。

とても解りやすく、増設するときにとても役に立つと思いました。

しかし、どんな計算で低圧の場合3A=1KW、高圧の場合1A=10KWというようになっているのでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3相電力は次の計算式により求めることができます。

3相電力P(W)=√3×電圧E(V)×電流I(A)×力率cosφ

力率cosφ=1.0として、電力を計算しますと次の値となります。

低圧電力P(W)=√3×200(V)×3(A)×1.0
低圧電力P(W)≒1,039(W)=1.04(kW)

高圧電力P(W)=√3×6000(V)×1(A)×1.0
高圧電力P(W)≒10,392(W)=10.4(kW)

以上の結果から、目安の値がでたのではないでしょうか!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報