神の雫のような表現は可能でしょうか?
ワインについて詳しく学んだ人たちは、神の雫のように、同じ表現をすることが可能なんでしょうか?
同じワインを飲んで同じ絵画を連想したり、「このワインはカシスの香りが一番強い」などと断定することは可能ですか?
気になったので、教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ワインの味わいや香りで、果実、たとえばカシス、ブラックベリー、ナッツ等の香り、なめし革の香りとかタバコの香り等々とか表現することは多々あります。


でも「神の雫」のように有名画家、例えばダビンチの「モナリザ」やミレーの「夕べの祈り」、モネの「日傘の女性」など、また仏像では「弥勒菩薩半跏思惟像」がワインの表現として漫画になっていること。これはあくまで漫画として読者にアピールする表現の一つと考えていいと思うのです。これは読者にとって知っているであろう有名な画家の有名な絵画をその表現のモチーフとしてることに意味があります。もしあまりにもマイナーが画家の絵画をモチーフにしても、読者の興味を喚起することはありえないからです。
これらの有名絵画がその特定のワインの表現として一般的であるとは思えません。
あくまでワイン・グルメ漫画としてストーリーの構成として楽しめばいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~。ということは、ワインを飲んで同じ絵をイメージするのにはちょっと無理があるってことですね。
「カシスの香りが一番強い」などは、優秀なソムリエならば同じく答えることは可能と解釈していいんですね(^-^)

お礼日時:2010/08/26 11:45

ソムリエのコンクールではワインを当てるだけではなく、そういう表現力も求められるみたいです。

田崎真也が優勝した時にもフランス語で熱く語っていました。

この回答への補足

ワインの銘柄やヴィンテージを当てるのは知っていたんですが、力のあるソムリエ(?)は、みんな同じ表現ができるのかを知りたかったんです。
説明不足ですみませんでした(>_<)

補足日時:2010/08/26 11:41
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紅茶の香りのイタリア赤ワインを教えてください。よろしくお願いします。

紅茶の香りのイタリア赤ワインを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソムリエです。

紅茶の香りは、イタリアワインだからするというものではないのと、その年のぶどうの出来不出来でも感じたり感じなかったりするものですから、個別商品名は上げられません。
かわりにといってはなんですが、赤ワインでメルローという品種の香りの特徴の一つが、「紅茶」とか「茶葉」と言われておりますので、イタリア産のメルローを探してみられるとご希望のものに出会えるかも?

Q辛口で濃厚な葡萄の香りがする赤ワインを探しています

以前「ペドロヒメネス」を使ったワインを飲んで濃厚な葡萄の
香りがとても気に入ったのですが、私には少し甘すぎて
あまり何度も飲みたいと思う程ではなく少し残念な思いでした。

出来れば辛口で濃厚な香りがする赤ワインを飲んでみたいのですが、
何かおすすめはありますでしょうか。

ワインはあまり詳しくなく初心者なもので、
的はずれな質問であればお許し下さい。

ぜひ回答いただけると嬉しく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ペドロヒメネスは甘口のシェリーに使われるブドウなので、スティルワインではあまりお目にかかりません。特に日本で赤はなかなかみつけづらいかも・・・
白ならペドロヒメネスを使ったシェリーでないものが手に入ります。
http://item.rakuten.co.jp/wineuki/0400002001485/

ペドロヒメネスのようなタイプの赤となると、ジゴンダス(フランス、ローヌ)でしょうかね。
グルナッシュがメインですが、シラーやムールヴェードルをブレンドして比較的アルコール度数が高いワインとなります。猛暑に耐えて摘み取られたぶどうなので、強いブドウ香とガツンとくる感じはあります。ただ、作り手によってはもう少しエレガントなスタイルに仕上げるものもありますので、エノテカなどワイン専門店で相談してみてください。ジゴンダスなら5000円ぐらいで色々選べます。

Q高級な赤ワインと安物の赤ワインの違い

欧米では高級な赤ワインの味と安物の赤ワインの味の違いが区別できるかどうかで、その人の育ちが分かるというようなことを聞いたことがあります。いったいどこが違うのでしょうか?

Aベストアンサー

安物は、香りや味に深みがなくてツンツンしますね。
高級品は、口当たりが柔らかく、色々な香りや味が混ざり合っていてふくよかです。
その複雑さが良いのですが。

また、安物はどんなに長期保管していても複雑さは出てきません。
ワインビネガーに近づくだけです。

安物でもデキャンタに移して空気を混ぜれば改善はしますが限度はあります。
まずい物はまずい。

ただ、高級品も保管の仕方が適切でないと、一気にまずくなりますけどね。

まあ、ワインは生き物ですから。

Qワインって常温保管しても大丈夫ですか? 母の誕生日プレゼントにスパークリングワインを買ったのですが、

ワインって常温保管しても大丈夫ですか?
母の誕生日プレゼントにスパークリングワインを買ったのですが、誕生日は明後日の19日です。しかしながら冷蔵庫に入れておくとバレてしまうので、比較的室温の低い押入れに隠しておくつもりなのですが大丈夫でしょうか?保冷剤などと一緒に保管したほうがいいでしょうか?
お酒は素人なのでご教授願いますm(_ _)m

Aベストアンサー

ワインビジネスに従事しています。

明後日あけるスパークリングワインならば、そのまま押し入れでOKです。保冷剤必要ありません。
召し上がる前日ぐらいから冷蔵庫の野菜室などに入れておいて、温度が6~8度ぐらいにするのがベストなのですが、それだとバレちゃうというならば、飲む30分ぐらい前に洗面器に氷と水、それに塩をひとつまみ入れて(塩を入れると氷の温度がより下がるので)その中で冷やしてもいいです。
ワインのエチケットを濡らしたくないならば、ビニール袋でエチケットに水分がつかないようにして冷やしてください。

Qワインの表現?について教えて下さい

閲覧ありがとうございます。
自分はワインは全く詳しくないのですが、薀蓄や由来などをかっこいいなあと思い、最近調べています。

そこでよくわからないのが、味などを表現
するときに、「野性的で男らしい」だとか、「可愛らしくて女性的な一本です」という言葉です。
可愛らしい…よくわかりません。女性的というのは、女性にも飲みやすい、癖の少ないという意味なのか、女性ファンが多い品種だからなのか。
野性的や、男らしいは、もっとわかりません。ウィスキーをロックで!→まあ男らしい!みたいなニュアンスなのか、重いとか渋いとかそういうことなのか…。

あと小説のシーンで、男性が女性を口説くときに「このワインは君のようだね」と言っていました。
うろ覚えですが、「強くて、クール。だけどどこか甘い。」みたいなセリフが続きました。
強いってアルコールですか、酸味とか香りですか。甘いは甘口?クールは、もうわかりません。冷やしてたからたとかなら、白ワインは全部クールになってしまいます。
後味があっさり→クール、とかですかね。

色々頭を捻りましたがさっぱりです。

どなたか、素人にもわかりやすいよう教えていただけませんか。

その他にもおしゃれな表現があれば知りたいです。
よろしくお願いします。

閲覧ありがとうございます。
自分はワインは全く詳しくないのですが、薀蓄や由来などをかっこいいなあと思い、最近調べています。

そこでよくわからないのが、味などを表現
するときに、「野性的で男らしい」だとか、「可愛らしくて女性的な一本です」という言葉です。
可愛らしい…よくわかりません。女性的というのは、女性にも飲みやすい、癖の少ないという意味なのか、女性ファンが多い品種だからなのか。
野性的や、男らしいは、もっとわかりません。ウィスキーをロックで!→まあ男らしい!みたいなニュアン...続きを読む

Aベストアンサー

極論を言えば唯の自己満足です、昔ウィスキーの輸入品がバカみたいな値段だった頃、何故こんなまずい酒が高いのか
と思った物です、だから今そんな酒は特売品で売られていますが、しかし今も昔も値段も変わらず上手いウィスキーは
有ります、オールドパー何てその代表でしょう
ブランデーにしても同じようなものだと思います、
まだ若かった頃、地元で作るワイン工場に仕事の関係で定期的に行っており、その度試飲をしていましたが
出来た年によって味が違う事は良く判りました、コーヒーと一緒にしてはワイン通に怒られるかもしれませんが、
どちらが美味しいかと言うのは判らなくても、これとこれとは味が違う、と言う事は誰でも判ります、
だからそれを続けていけば通になるのでしょうかね??
自分にとって美味しい、香りが良いなどと。
日本人にとって酒の原点は日本酒ですが3倍醸造だの、そもそも今の日本酒の訳も判らない名前分け、
純米って何本醸造って何?米と麹と酵母と水で出来ているのが日本酒だと言っても今そんな物はありません
フランスの4~5十年前のジョークにワイン作りの老人が死ぬ間際に「ああ、一度でいいから葡萄と水だけでワインを作りたかった」
と言うのが有ります、そんな昔から、混ぜものだらけだったのです、日本酒も一緒ですが。
戦前のワイン、日本酒がもし飲めたら別でしょうが今本物何て無い(もしくは手に入らない)と思って下さい、
さてそのうえで、もっと酷い事を言うと、
日本人にワインは合いません!
お正月に、数の子と一緒にワインを飲むとか、お刺身を食べながらワインを飲むとか、
それでワインが美味しいと言うのなら貴方の味覚は壊れています。
ワインだけは判らない、と言った友人がいますが彼は正直ものです。
ああ、もう一つ実に下らない話ですが、酷い風邪をひいて苦しい時にそれでもお酒が飲みたいと思う時に
日本酒もビールも勿論焼酎ウィスキーもだめな時に、ワインだけは飲めました??
何の回答にもなっていませんね?
答えは、飲んで飲んで、飲み比べて自分の味覚で探し当てるしかない、と言う事ですね。

極論を言えば唯の自己満足です、昔ウィスキーの輸入品がバカみたいな値段だった頃、何故こんなまずい酒が高いのか
と思った物です、だから今そんな酒は特売品で売られていますが、しかし今も昔も値段も変わらず上手いウィスキーは
有ります、オールドパー何てその代表でしょう
ブランデーにしても同じようなものだと思います、
まだ若かった頃、地元で作るワイン工場に仕事の関係で定期的に行っており、その度試飲をしていましたが
出来た年によって味が違う事は良く判りました、コーヒーと一緒にしてはワイン通に...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報