大岡昇平さんの『野火』と言う本を読もうと思っています。この本の感想や主題など『野火』についてなんでも良いので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以前教科書で読んだ気がしますが、あまり覚えていません。


でもなんか強烈だったのは覚えています。
もう調べたかな、感想載ってるみたいです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101065 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にしてみます。

お礼日時:2003/07/28 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「野火」で、何故、主人公は最後、人肉を食してしまったのでしょうか?

「野火(大岡昇平/新潮社)」で
主人公の田村は、最初は人肉を食べることを拒否していましたが、最後には永松に「猿の肉」だと言われて、食してしまいました。

田村には「猿の肉」の正体が分かっていた筈なのに、何故、食してしまったのでしょうか?

生存本能が道徳心に勝った、と言うことかとも考えましたが、それにしても、何故、最後には勝ってしまったのかが分かりません。

「野火」と言う作品の複雑さ故に、簡単に言うことは困難だと思いますが、お教え願えないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ひきつづき『野火』、核心にはいってきましたね^^
前回は書いてあることをそのままたどればよかったのですが、今回はそうもいきません。
まず、「三十三 肉」の章の該当個所で主人公に起こったことを確認しておくと、

その食物が何であるかを直感しながら、拒むことをせず、喰べてしまった。
そのとき「いいようのない悲しみが、私の心を貫いた」
「何かが私に加わり、同時に別の何かが失われて行くようであった」
けれども「私の左右の半身は、飽満して合わさった」

ここにあるのは、倫理観が、生きようとする本能に負けた瞬間です。
質問者さんのおっしゃるとおり、これ以外に読みようがないように思います。
悲痛な満足感を、いやおうなく覚え、味わってしまった。

なぜなのか。
たぶん、それは、人間だから。

なんだ、当たり前じゃないか。

ええ、そうなんです。
そしてそれが人間の「罪」なんです。

この小説には、あちこち聖書(旧約聖書)からの引用があることにお気づきと思います。
前回のご質問にからむ De profundis もそうでしたし、そもそも小説のトビラに掲げられた、
「たとひわれ死のかげの谷を歩むとも/ ダビデ」も有名な詩編の一節です。(詩編23)
作者から読者への、つよい示唆が喚起されています。

聖書の標準的解釈によれば、(以下《 》内は日本聖書協会発行の新共同訳から引用)
人間は全知全能につくられたのではなく、自由意志を持つものとして創られた。
エデンの《園の中央に生えている》《善悪の知識の木の果実》を、
神の言いつけどおり食べないでいるか、食べてしまうかは、アダムの自由意志です。
そうして人間は神のように完全ではないので、必ずどこかでまちがえる。つまり原罪を負う。
《女は実を取って食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた》そして楽園を追放される。
『野火』の主人公も、まさにそうなったのです。

急いでつけ加えなければならないのは、この主人公はキリスト教徒ではないということです。
当時言うインテリで、旧約聖書にも少年のころから親しんでいた、という設定になっていますけれども、
知識はともあれ、まずは日本人一般の信仰心、もしくは無宗教性から遠く離れていないと思われます。

なぜなら信徒であるなら、十字架のかかる会堂のなかで、怒りにまかせて人を殺したりはしないでしょう。
(教会に閉じこめられた信徒が、生理現象による排泄物で堂内を汚すことができないという、
ただそれだけの理由で外に出ようとしてもがき暴れ、銃殺された悲劇は現実に多くあったことです。)
しかもいくら戦時下の突発の事態とはいえ、相手は女性、無辜の非戦闘員。
主人公はここでも大罪を犯しています。

そうしてもうひとつの殺人、永松を撃つときには、「私はもう人間ではない。天使である」
神の怒りの代行者だとまでうそぶくのです。(第三十六章)
この驚くべき自己正当化。都合の悪い記憶はすべてぬぐい去りながら。
「この時私が彼を撃ったかどうか、記憶が欠けている。しかし肉はたしかに喰べなかった。喰べたなら、憶えているはずである」


もちろん、小説が、それも世にすぐれていると認められた小説が、ただひとつのキーワードによってすべて開いてしまうわけがありません。
「愛は愛よりはるかに豊か」とシャルドンヌは言いました。
もしフロイトの精神分析学ですべての謎が解けてしまう小説があったとしたら、
その瞬間には驚いて膝を打つかもしれませんが、次の瞬間にはあほらしい詰まらなさに襲われるでしょう。
人間の神秘は、精神分析の一学説よりは、もう少し広く深いであろうと文学を読む者は信じているからです。

長くなったので他の事には触れませんが、この点から見て、この『野火』という小説は、
神なき国への痛烈な批判となっていると思います。
狂人となった主人公が「男がみな人喰い人種であるように、女はみな淫売である。各自そのなすべきことをなせばよい」(第三十八章)と言い放ちながら、一方で、
「しかしもし私が天使なら、何故私はこう悲しいのであろう」(第三十九章)と、いぶかっています。

小説が発表された当時の読者は、それは昭和20年代の後半のことですが、まだなまなましかった戦時中の記憶を省み、今ある戦後の状況を眺めわたして、心安らかではなかったでしょう。
「今=ここ」という時間および空間概念しか持たない日本人の特性(加藤周一『日本文化における時間と空間』での指摘。結論。)は、21世紀に入った現在でも、あまり変化しているように思いません。
つまり、この小説『野火』は、すぐれて今日的な課題を失っていないのです。

最後に、私はいささかもキリスト教徒ではないし、それ以上に、一神教が良いとも思っていません。
あれはあれで大変困難な課題を山積しているのはご存知のとおりです。
ただ、異文化に触れることは、自分たちの足元を照らし出してみることでもあり、この点において有益です。
作者、大岡昇平氏も、日本人、ひいては「人間」を追究するためにキリスト教を用いたのだと思います。

以上、あくまで文学の素人の私見、感想文の一つです。含んで参考としてくださいますように。
長々と失礼しました。

ひきつづき『野火』、核心にはいってきましたね^^
前回は書いてあることをそのままたどればよかったのですが、今回はそうもいきません。
まず、「三十三 肉」の章の該当個所で主人公に起こったことを確認しておくと、

その食物が何であるかを直感しながら、拒むことをせず、喰べてしまった。
そのとき「いいようのない悲しみが、私の心を貫いた」
「何かが私に加わり、同時に別の何かが失われて行くようであった」
けれども「私の左右の半身は、飽満して合わさった」

ここにあるのは、倫理観が、生き...続きを読む

Qある関心から『周禮』と『周禮注疏』を読みたいと思っています。 もし注釈本やそれに準じるものがあったら

ある関心から『周禮』と『周禮注疏』を読みたいと思っています。
もし注釈本やそれに準じるものがあったら教えて下さい。
無ければ自分で読まないといけないのですが、私は漢文を白文から読んだことがありません。
古典籍を読むために役に立つ知識や書物、読むために必須の辞書類などがあったら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

周礼については詳しく無いのですが、例えば東京都立図書館で蔵書検索をかけると 
11
[ 和図書 ] 周礼通釈 下
本田二郎/著 -- 秀英出版 -- 1979.11
12
[ 和図書 ] 周礼通釈 上
本田二郎/著 -- 秀英出版 -- 1977
中央
15
[ 和図書 ] 周礼経注疏音義校勘記 下
加藤虎之亮/著 -- 無窮会 -- 1958
中央 
16
[ 和図書 ] 周礼経注疏音義校勘記 上
加藤虎之亮/著 -- 無窮会 -- 1957
等が出て来ます。
お近くの図書館で検索をかけてみてはどうですか?

Q邦画プーサン(市川崑監督1953)のプーサンとは何ですか?

邦画プーサン(市川崑監督1953)のプーサンとは何ですか?

見たことは無いです。ただ、題がプーサンとありますが、プーサンとは何ですか?なにか、気がかりなんですが・・・。ネットで調べても分かりませんでした。

Aベストアンサー

横山泰三さんの「プーサン」と云うのは、毎日新聞夕刊の昭和26年から28年12月29日まで連載されていた四コママンガで、風刺性の強い内容だったようです。

もともと、新聞の四コママンガと云うのは唐突に始まり、あまりキャラクターの説明などをしないものです。

さらに、鼻が大きく禿げているプーサンと云うキャラクターは、ある時は警官、ある時は天気予報官、又あるときは塾の先生だったり、選挙候補者だったり…と、その時々の社会風刺をする為に、色々職業も変化して登場していたようで、作者に言わせると「プーサンは、このマンガを見ている読者一人一人なのさ」と言う事らしい。

市川崑監督の「プーサン」は、この新聞マンガ「プーサン」と、サンデー毎日に連載されていた同じ作者の「ミス・ガンコ」と云う別のマンガのキャラクターを一緒に共演させたもので、プーサンこと野呂米吉を演じたのは伊藤雄之助、ミス・ガンコこと金森カンコを演じたのは越路吹雪でした。

映画でのプーサンは安月給で冴えない受験予備校の数学の講師だったのですが、首になり失業生活に…、ミス・ガンコの方は銀行に勤めている活発で負けん気の強い戦後女性と云う対照的な設定になっています。

この二人のラブストーリーと言う映画オリジナルの展開をベースに、マンガ「プーサン」独特の世相風刺を取り入れた内容になっています。

映画の野呂米吉は髪の毛もふさふさで、マンガのプーサンと外見的な共通点など何もないのですが、当時の再軍備で、きな臭くなって来た時代性を皮肉ると云うテーマ性はマンガそのままだったようです。

映画の中での野呂米吉は、特に人から「プーサン」などと呼ばれていなかったと思いますし、金森カンコの方も「ミス・ガンコ」などとは呼ばれていませんでした。

ですから「プーサン」と云うのは、特定個人の名前と考えるより、この風刺映画全体を象徴するネーミングだったとでも考えた方が良いのかも知れません。

横山泰三さんの「プーサン」と云うのは、毎日新聞夕刊の昭和26年から28年12月29日まで連載されていた四コママンガで、風刺性の強い内容だったようです。

もともと、新聞の四コママンガと云うのは唐突に始まり、あまりキャラクターの説明などをしないものです。

さらに、鼻が大きく禿げているプーサンと云うキャラクターは、ある時は警官、ある時は天気予報官、又あるときは塾の先生だったり、選挙候補者だったり…と、その時々の社会風刺をする為に、色々職業も変化して登場していたようで、作者に言わせると「プ...続きを読む

Q【宗教】三蔵ってなんですか?三蔵法師が書いた本が三蔵ですか?Amazonで三蔵という本を買い

【宗教】三蔵ってなんですか?

三蔵法師が書いた本が三蔵ですか?

Amazonで三蔵という本を買いたいのですが、三蔵が何なのか分からないので教えてください。

律蔵、経蔵、論蔵が書かれた三蔵という本?を探しています。

Aベストアンサー

三蔵(さんぞう、巴: Tipitaka, ティピタカ、梵: Tripiṭaka , トリピタカ)
は、仏教用語一覧で、仏教の聖典(仏典)の総称。原語は、Ti, Triは「3」、pitaka は「籠」で、3つの籠という意味である。

三蔵は、以下の三種から成る。

律蔵(巴・梵: Vinaya pitaka(ヴィナヤ・ピタカ)) - 僧伽(僧団)規則・道徳・生活様相などをまとめたもの

経蔵(巴: Sutta pitaka(スッタ・ピタカ)、梵: Sutra pitaka(スートラ・ピタカ)) - 釈迦の説いたとされる教えをまとめたもの

論蔵(巴: Abhidhamma pitaka(アビダンマ・ピタカ)、梵: Abhidharm pitaka(アビダルマ・ピタカ)) - 上記の注釈、解釈などを集めたもの

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%94%B5

パーリ仏典(パーリ語仏典、パーリ聖典、Pali Canon)、あるいはパーリ三蔵(Tipitaka, ティピタカ、「三蔵」のパーリ語表現)は、南伝の上座部仏教に伝わるパーリ語で書かれた仏典である。北伝の大乗仏教に伝わる漢語・チベット語の仏典と並ぶ三大仏典群の1つ。

パーリ経典(パーリ語経典)とも呼ばれることがあるが、「経典」(sutta, sutra)は通常、仏教においては「三蔵」の内の「経蔵」(sutta pitaka, sutra pitaka)典籍を意味する語なので、これだと「仏典」よりも狭い限定的な意味のニュアンスを持った表現となる。(ただし、パーリ律の戒律解説部分を「経分別」(Sutta-vibhanga)と呼ぶことからも分かるように、三蔵が整備される前の古い段階では、律も含めた典籍全般を「経」(sutta)と呼んでいたとも考えられる。)

日本でも戦前に輸入・翻訳され、漢訳大蔵経(北伝大蔵経)、チベット大蔵経に対して、『南伝大蔵経』『パーリ大蔵経』(パーリ語大蔵経)などとしても知られる。

律蔵

詳細は「律蔵 (パーリ)」を参照
律蔵(Vinaya Pitaka(ヴィナヤ・ピタカ)):戒律
経分別(きょうふんべつ、Sutta-vibhanga) - 波羅提木叉(Patimokkha、僧団内規則、具足戒)の解説
大分別(Maha-vibhanga) - 比丘戒
(1. 波羅夷(Parajika) 2. 僧残法(Sanghadisesa) 3. 不定法(Aniyata) 4. 捨堕法(Nissaggiya pacittiya) 5. 波逸提法(Pacittiya) 6. 提舎尼法(Patidesaniya) 7. 衆学法(Sekhiyavatta) 8. 滅諍法(Adhikarana-samatha))
比丘尼分別(Bhikkhuni-vibhanga) - 比丘尼戒
(1. 波羅夷(Parajika) 2. 僧残法(Sanghadisesa) 3. 捨堕法(Nissaggiya pacittiya) 4. 波逸提法(Pacittiya) 5. 提舎尼法(Patidesaniya) 6. 衆学法(Sekhiyavatta) 7. 滅諍法(Adhikarana-samatha))
犍度(けんど、Khandhaka) - 僧団運営規則
大品(Maha-vagga)
(1. 大犍度(Maha-khandhaka) 2. 薩犍度(Uposathak-khandhaka) 3. 入雨安居犍度(Vassupanayikak-khandhaka) 4. 自恣犍度(Pavaranak-khandhaka) 5. 皮革犍度(Cammak-khandhaka) 6. 薬犍度(Bhesajjak-khandhaka) 7. 迦絺那衣犍度(Kathinak-khandhaka) 8. 衣犍度(Civarak-khandhaka) 9. 瞻波犍度(Campeyyak-khandhaka) 10. 拘睒弥犍度(Kosambakak-khandhaka))
小品(Culla-vagga)
(1. 羯磨犍度(Kammak-khandhaka) 2. 別住犍度(Parivasikak-khandhaka) 3. 集犍度(Samuccayak-khandhaka) 4. 滅諍犍度(Samathak-khandhaka) 5. 小事犍度(Khuddakavatthuk-khandhaka) 6. 臥坐具犍度(Senasanak-khandhaka) 7. 破僧犍度(Sanghabhedakak-khandhaka) 8. 儀法犍度(Vattak-khandhaka) 9. 遮説戒犍度(Patimokkhatthapanak-khandhaka) 10. 比丘尼犍度(Bhikkhunik-khandhaka) 11. 五百結集犍度(Pancasatikak-khandhaka) 12. 七百結集犍度(Sattasatikak-khandhaka))
附随(ふずい、Parivara)

経蔵

詳細は「経蔵 (パーリ)」を参照
経蔵(Sutta Pitaka(スッタ・ピタカ)):経典本体
長部(じょうぶ、Digha Nikaya(ディーガ・ニカーヤ))- 長編の経典集
戒蘊篇(Sīlakkhandha-vagga)
(1. 梵網経(Brahmajala-sutta) 2. 沙門果経(Samannaphala-sutta) 3. 阿摩昼経(Ambattha-sutta) 4. 種徳経(Sonadanda-sutta) 5. 究羅檀頭経(Kutadanta-sutta) 6. 摩訶梨経(Mahali-sutta) 7. 闍利経 (Jaliya-sutta) 8. 迦葉師子吼経(Mahasihanada-sutta) 9. 布吒婆経(Potthapada-sutta) 10. 須婆経(Subha-sutta) 11. 堅固経(Kevatta-sutta) 12. 露遮経(Lohicca-sutta) 13. 三明経(Tevijja-sutta))
大篇(Maha-vagga)
(1. 大本経(Mahapadana-sutta) 2. 大縁経(Mahanidana-sutta) 3. 大般涅槃経(Mahaparinibbana-sutta) 4. 大善見王経(Mahasudassana-sutta) 5. 闍尼沙経(Janavasabha-sutta) 6. 大典尊経(Mahagovinda-sutta) 7. 大会経(Mahasamaya-sutta) 8. 帝釈所問経(Sakkapanha-sutta) 9. 大念処経(Mahasatipatthana-sutta) 10. 弊宿経(Payasi-sutta))
波梨篇(Pathika-vagga)
(1. 波梨経(Pathika-sutta) 2. 優曇婆邏師子吼経(Udumbarika-sutta) 3. 転輪聖王師子吼経(Cakkavatti-sutta) 4. 起世因本経(Agganna-sutta) 5. 自歓喜経(Sampasadaniya-sutta) 6. 清浄経(Pasadika-sutta) 7. 三十二相経(Lakkhana-sutta) 8. 教授尸伽羅越経(Sigalovada-sutta) 9. 阿吒曩胝経(Atanatiya-sutta) 10. 等誦経(Sangiti-sutta) 11. 十上経(Dasuttara-sutta))
中部(ちゅうぶ、Majjhima Nikaya(マッジマ・ニカーヤ))- 中編の経典集
根本五十経篇(Mula-pannasa)
根本法門品(Mulapariyaya-vaggo)
師子吼品(Sihanada-vaggo)
譬喩法品(Opamma-vaggo)
双大品(Mahayamaka-vaggo)
双小品(Culayamaka-vaggo)
中分五十経篇(Majjhima-pannasa)
居士品(Gahapati-vaggo)
比丘品(Bhikkhu-vaggo)
普行者品(Paribbajaka-vaggo)
婆羅門品(Brahmana-vaggo)
不断品(Anupada-vaggo)
分別品(Vibhanga-vaggo)
六処品(Salayatana-vaggo)
有偈篇(Sagatha-vagga)
蘊篇(Khandha-vagga)
大篇(Maha-vagga)
一集(Ekaka-nipata)
二集(Duka-nipata)
三集(Tika-nipata)
四集(Catukka-nipata)
五集(Pancaka-nipata)
六集(Chakka-nipata)
八集(Atthakadi-nipata)
九集(Navaka-nipata)
十集(Dasaka-nipata)
十一集(Ekadasaka-nipata)

論蔵

詳細は「論蔵 (パーリ)」を参照
論蔵(Abhidhamma Pitaka(アビダンマ・ピタカ)):解説・注釈
法集論(Dhamma-sangani)
分別論(Vibhanga)
界論(Dhatukatha)
人施設論(Puggalapannatti)
論事(Kathavatthu)
双論(Yamaka)
発趣論(Patthana)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AA%E4%BB%8F%E5%85%B8

三蔵(さんぞう、巴: Tipitaka, ティピタカ、梵: Tripiṭaka , トリピタカ)
は、仏教用語一覧で、仏教の聖典(仏典)の総称。原語は、Ti, Triは「3」、pitaka は「籠」で、3つの籠という意味である。

三蔵は、以下の三種から成る。

律蔵(巴・梵: Vinaya pitaka(ヴィナヤ・ピタカ)) - 僧伽(僧団)規則・道徳・生活様相などをまとめたもの

経蔵(巴: Sutta pitaka(スッタ・ピタカ)、梵: Sutra pitaka(スートラ・ピタカ)) - 釈迦の説いたとされる教えをまとめたもの

論蔵(巴: Abhidhamma pitaka(アビ...続きを読む

Q南方での戦闘を描いた日本映画はありますか?

一、二年前からNHKで『証言記録 兵士たちの戦争』というドキュメンタリーが放送されていますが、それを見て、フィリピンやニューギニアなど、南方での戦線の過酷さをはじめて知りました。
そこで、南方での戦闘を描いた日本映画があれば、と調べてみましたが、あまり見当たりません。唯一観たのが、大岡昇平原作・市川崑監督の『野火』だけです。それ以外の映画で、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに少ないですね

主なものとしては「軍旗はためく下に」
「南の島に雪が降る」
「大日本帝国」ぐらいでしょうか

Qプーシキン『スペードの女王』主題について

プーシキンの書いた
『スペードの女王』について
主題とナポレオンの意味についてレポートをまとめなければ
なりません。また、オペラと原作の違いについても
まとめなければなりません。明日までなのでどんな些細な事でも
結構ですので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

チャイコフスキーの作品の中でもちょっと地味な曲ですが、そのせいであまり参考となる資料もありませんでしたが、参考URLは少し参考になるでしょうか。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ty7n-hszm/wien/bastille.html

Q怖い映画のCMの動画を探しています。

タイトル通り
怖い映画のCMの動画を探しています。
2000年~現在2013年の日本で
放送されていた怖い映画のCMの動画を
探しています。
日本、外国の映画なんでもOKです。
昔のCMの映画の名前が思い出したくなって
質問したのと、CMの中に前に質問した映画の
タイトルが出てくるかもしれません!!

YouTubeのリンクを貼ってくれると嬉しいです。
お願いします!!

Aベストアンサー

 iTunesで検索
 映画カテゴリー>一覧、または検索>ホラーカテゴリの各ページを開いて、trailerをクリック

Q『水虫魂』という野坂昭如の作のタイトルは何と読みますか。

『水虫魂』という野坂昭如の作のタイトルは何と読みますか。どなたかに教えていただけないでしょうか。ありがとうございます。

Aベストアンサー

そのまま、「みずむしだましい」です。

Q野火での、猿の肉について

大岡昇平の小説「野火」で、永松が「猿の肉」と言っていたのは、人肉なのでしょうか?

Aベストアンサー

そうです。

Q大学の課題でこの本のについてレポートを書きなさいという課題が出ました。ただし感想文にならないようにと

大学の課題でこの本のについてレポートを書きなさいという課題が出ました。ただし感想文にならないようにとのこと…
バリバリ文系の大学でその本の内容も人生を豊かに生きるための心得みたいなかんじなのですが、どう頑張っても感想文にしかならなく無いですか?
その作者の意見に対しての自分の考えとはすなわち感想文では無いのでしょうか…?
無知でお恥ずかしいのですが教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

感想文は読んでみて、他人にこんな面白い内容の本でした。
特にこの部分は感動しました。読んでみませんか?
と言うような本のアピールのようなもの。
小学生レベルならこれでいいと思いますが・・・
レポートなら大学レベルで書かないとまずいですね。
同系統の他の本との比較論とか哲学者の言葉の引用とかを
盛り込んだらいかがですか?
発展して、世界で一番幸せな国と中国、北朝鮮、日本との
比較論とかどうでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報