教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

徳川治済は何故将軍に成れなかったか。

徳川11代将軍ですが、1779年に家基が亡くなった時点で、28歳(1751年生まれ)、8代吉宗の孫にあたり血筋もよい、77歳まで生きたことを考えると健康で子どもも多い、また事績を見ても性格は今一だが、政治的能力に優れ、向上心もある。
ライバル田安家、清水家にはこの時点では候補はおらず、尾張、紀州も年齢や健康状態からパス。
実際に11代将軍になった徳川家斉より血筋も年齢も体力気力も上だと思うんですが、何故将軍の座を徳川家斉に奪われたのでしょうか。
徳川家斉は8代吉宗のひ孫世代で、1781年に将軍世子になった時点でも8歳、医療の発達していない時代ですから、幼児では成人できるかどうかも怪しいし、政治的手腕も未知数、どう考えても徳川治済の方がふさわしいと思うんです。
一橋家の跡目も、豊千代という長男がいますから安泰、将軍世子になるのに何ら障害はないと思うのですが、何か理由があったんでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

田安賢丸は吉宗の孫でしたね。


間違えて覚えていました。お詫びして訂正いたします。

>この賢丸と治済は同じ世代であり、年齢も8歳しか違いませんから、
>賢丸が養子に出なかった場合、世子の有力候補であれば、
>治済も同格ですからその次点の候補、家系的に一橋家が田安家の弟と言うだけで、
>資格その他は全く同じです。

そうですね、賢丸が養子に行かなければ
田安と一橋の位置関係で賢丸の方が治済より有利でしょうが、
賢丸が脱落した以上、治済が最有力候補でおかしくありませんね。

>治済が家基の暗殺に関わったといううわさが流れ、
>家治も半ばそれを信じて治済を後継指名したくなかった、
>それで飛ばして豊千代を指名した、
>本来はこの親子を完全に外したかったが、
>治済が田沼をはじめとする幕閣を抑えているので外せない、
>精一杯の抵抗で豊千代にしたという考えはいかがでしょうか。

定信にしても、養子に行ったとはいえ、家督を継いだのは83年でしたし、
その10年の間に、74年から当主不在だった田安家に復帰するウルトラCを画策しても、
家治としては実子(家基)差し置いて世子候補に取り沙汰されていた定信には
好感を持てなかったでしょうし、協力もしなかったでしょうね。
治済・田沼意次は当然阻止しますし。
ここで尾張家は論外でしょうし、
そう考えれば、家治の妥協の結果が豊千代、と言うのは大いに頷けますね。

この回答への補足

いろいろ疑問は尽きませんが、このあたりで締め切りまたの機会にしたいと思います。

補足日時:2010/08/28 18:44
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度おつきあいいただき恐縮です。
いろいろ条件を考えると、どう考えても年齢、血筋、健康状態を考えれば、候補の1位が田安賢丸、2位が一橋治済で、後を見渡すと無理矢理に候補3位は水戸治保(実弟が付家老中山家を継いでいるので、スライドは可能)くらいですが、言うまでもなく水戸家の継承順位は低いからこれは非現実的、紀州重倫は30歳で隠居させられた異常人格で論外、尾張宗睦は年齢的に難があり自身の後継者もいない、清水家には人がいない。
消去法で行くと、第一候補の田安賢丸が消えれば候補は一橋治済しかおらず、彼がいる以上息子の豊千代が親を差し置いてという選択肢は薄いと思うんです。
そう考えると、何か成れない訳があるんじゃないか、前後を考えると家基は暗殺され、黒幕は一橋治済で、将軍家治もそう思っており、親としての恨みでこいつにだけは宗家を渡したくないと思っており、さりとて当時の権力基盤では無理に水戸治保を後継指名もできず、双方の妥協の産物として豊千代・・・という線が濃厚ではないかと思いました。

お礼日時:2010/08/26 21:46

まず家斉が治済の実子であることはご存知でしょうか?


1779年に家基が亡くなった時点では10代家治は健在であり、
我が子を次期将軍にしたい治済は
長子豊千代を家治の養子にしたのですよ。

本当は治済自身が将軍になりたかったのでしょうが、
吉宗の孫と言う意味では家治と同格、しかも一橋家当主でしたから
家治の養子になるのは無理だったのでしょう。
だからその野望を子に託したのです。

また、当時有力な将軍後継候補としては田安賢丸(後の松平定信)がいました。
賢丸は豊千代より年長の曾孫であり、
田安家は一橋家よりも格上だったので(年長の兄弟が興した家なので)
賢丸の方が有力だったのですが、
治済は賢丸を快く思わない老中田沼意次と結託し、
陰謀を巡らして賢丸を白河松平家の養子にしてしまったのです。

この回答への補足

11代の有力候補として田安家の7男賢丸がいますが、79年の時点では奥州白河藩に養子に出ており、後継候補がいません。
この賢丸と治済は同じ世代であり、年齢も8歳しか違いませんから、賢丸が養子に出なかった場合、世子の有力候補であれば、治済も同格ですからその次点の候補、家系的に一橋家が田安家の弟と言うだけで、資格その他は全く同じです。
つまり治済がNGであれば、同じ理由で賢丸も同じことで、後年松平定信が養子に出されなければ将軍になれたという話は出ないと思うんです。
武家の場合、血縁の近さが物を言いますから、10代家治と一番血縁が近く、他家に養子に出ていない候補者と言うと、治済であり、家斉はその次と言う話になります。
親子ですから、5代将軍のときのように、兄の家系甲府綱豊か弟の館林綱吉かという疑問もなく、親の治済の方が子どもの家斉より上位、また血縁が近くても越智清武のように年齢的に年を取り過ぎているとか、そういう欠点もない。
後年の「尊号事件」をみても当人はやる気はあったと思うし、田沼とも親しい間柄で、どう考えても11代将軍になれない理由はないと思うんです。

>吉宗の孫と言う意味では家治と同格、しかも一橋家当主でしたから家治の養子になるのは無理だったのでしょう。
*賢丸(松平定信)と同世代、同じ血縁ですからこれはないと思う、賢丸も田安家の当主になっていたらという話ですから。

>また、当時有力な将軍後継候補としては田安賢丸(後の松平定信)がいました。
賢丸は豊千代より年長の曾孫であり、田安家は一橋家よりも格上だったので(年長の兄弟が興した家なので)賢丸の方が有力だったのですが、
*年齢、血縁、世代を考えると、賢丸の次の候補が治済となりませんか?
賢丸が養子に出た時点で、治済か家斉かは7代将軍の候補として尾張吉通か五郎太かという違いであり、順番としては父親の治済が自然ではないでしょうか?

補足日時:2010/08/26 15:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それと全くの想像なんですが、当人がなれない訳があったんではないかと思うんです。
今日のニュースで小沢さんが立候補するようですが、民主党が衆院選で勝った時点で小沢総理と言う目も有ったと思うんですが、疑惑があってなれなかった。
疑惑は疑惑であり、事件ではないので、無理すればなれない訳ではないが、いろいろ不都合があるので、影響力が行使できる人物として鳩山氏を自分の代理に立てた。
治済が家基の暗殺に関わったといううわさが流れ、家治も半ばそれを信じて治済を後継指名したくなかった、それで飛ばして豊千代を指名した、本来はこの親子を完全に外したかったが、治済が田沼をはじめとする幕閣を抑えているので外せない、精一杯の抵抗で豊千代にしたという考えはいかがでしょうか。

お礼日時:2010/08/26 16:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング