専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

真田幸村(信繁)の「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候え」の意味


この言葉の意味ってなんすか?

おしえてください。

あと、候えはこうえ
で読み方あってますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 読み方は完全に間違っています。

そうらえ。旧仮名遣いだと「さうらへ」になります。丁寧語です。
 
 直訳すれば、「関東勢は百万もいらっしゃるのに、(勇ましい)男子は一人もおられませんね」意訳すれば、「関東勢百万の武者の中に、勇敢な兵士は一人もおられないのか」となります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0% …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

皆様、回答ありがとうございます!

学校の宿題で、好きな歴史上人物を調べるのがあって

真田幸村調べていたらでてきて、意味深だったので調べました

皆様長文ありがとうございます。しかしバカな僕(中2)にはちょっと理解できなかったので、
簡単に説明してくれた、一番に回答してくれた方をベストとしていただきます。
長文かいてくれた方の文はもう少しオトナになってから活用させていただきます。

お礼日時:2010/08/28 20:11

読みと意味はNo.1の回答者様のとおりだと思います。



この言葉は大阪夏の陣の道明寺の戦いで信繁が言ったもの。
国分村の隘路で徳川勢先鋒部隊を撃破すべく出撃した豊臣勢でしたが、
予定通り国分村に到着したのは後藤基次隊のみでした。
後藤勢は奮戦むなしく撃破され、基次は戦死。
勢いに乗った徳川勢は遅れて進んできた明石・薄田・山川勢を各個撃破し、
道明寺付近で毛利勝永隊と向かい合いました。
孤立した毛利隊が全滅覚悟で突撃しようとするその時に真田信繁隊が到着。
遅参を詫び敵勢に突撃すると言う信繁でしたが
「死ぬなら秀頼様の下で」と勝永に押し留められ、
それならば、と退却戦の殿軍をかって出ます。
そして真田隊と毛利隊は攻め寄せる徳川勢を食い止め、逆に押し返し、
戦線が膠着した機を見計らって(多方面での敗報が届いたため)
四天王寺方面に引き上げます。
徳川勢先鋒部隊の指揮官水野勝成は追撃を主張しますが、他の部隊が疲労を理由に動かず、
悠然と退却する信繁が徳川勢のその様を見て質問の言葉を言ったそうです。
    • good
    • 1

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

まずは、読み方すら・・・。

「関東勢百万と候(そうら)え、男はひとりもなく候(そうら)え」です。

意味は、NO1の方の言う通り、関東の勢力(つまり、徳川方)は百万もの大軍であるのに、(勇ましい)男は一人もいない・・・と言うものです。

これは、慶長20年(1615)5月7日、大阪夏の陣の最終決戦が大阪城南方の茶臼山・岡山付近で行われました。
この時、幸村は、大阪城の外堀に面した一画に「真田丸」という城壁を築き、徳川家康と対峙(たいじ・にらみあい)しました。

幸村は総大将の秀頼に、陣頭指揮をとるように進言します。しかし、ついに最後まで指揮をとらずに終わってしまいます。業を煮やした幸村は3,500の兵を率い、松平忠直隊15,000に激突しました。そして、忠直隊を蹴散らし、家康本陣へと襲いかかりました。家康隊は混乱し、本当に後一歩で家康を討ち取ることができる、というところで勢いを取り戻した忠直隊に敗れました。

その時に真田幸村が豪語した言葉です。

なお、直筆書状に「信繁」とあり、同年代の史料に「幸村」とは出てこない。
江戸時代の軍記物「難波戦記」が「幸村」と記したのが流布したらしい。
同書がなぜ「幸村」と記したのか分からない。
他に「信仍」(のぶより)とも呼ばれるが、いずれも「藩翰譜」(はんかんふ)など後年の史料や講談本によるもので、史料としての裏付けはない。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「候」の読み方

手紙などの時候あいさつで「○○の候」というのがありますが、この「候」は「コウ」と読むんでしょうか?
前から気になっていたんですが....

Aベストアンサー

この場合は「こう」です。
「そうろう」と読むのは動詞のときです(補助動詞の場合が多い)。
「御座候」「酔って候」
送り仮名が省かれていてそのことが、目立ちませんが、
「候わず」「候いて」「候(う)。」「候(う)時」「候えば」「候え」
と並べてみれば分かります。
たとえば「春暖の候」などと言うときの「候」は「時候」という意味の名詞であって、動詞ではありません。ですから、「春暖のソウロウ」と読むことはあり得ないのです。

〔なお、「候文(そうろうぶん)」という言葉の中の「候(そうろう)」は名詞と言ってよいでしょうが、あくまでも複合語の構成要素であって、文の中で名詞として使われているわけではありません。〕

Q上杉謙信、「辞世の句」について

ご覧いただきありがとうございます。

上杉謙信の「辞世の句」、某所でチラッと見て名作だ!と思いました。
ネットで検索してみたら複数のパターンがあり、どれが本当なのかわからず、諸事情にて困っております。
私がネットで見たパターンは概ね以下のような感じです。

1.極楽も地獄もともに有明の 月ぞこころにかかる月かな
2.極楽も地獄も先はありあけの 月の心にかかるくもなし
3.四十九年 一睡夢 一期栄花 一盃酒
4.四十九年 一夢の栄 一期栄華 一盃酒
5.四十九年 夢の栄 一期栄華 一盃酒

1+3、とか、2+5、とか組み合わせ方も様々ありました。

ご教示いただきたいのは、
・諸説あるらしいですが、正解とされている「上杉謙信・辞世の句」とは?
・1+2、のパターンを見ました。「有明」、「心」、は正確には漢字でしょうか、仮名でしょうか。
・「有明の」と「月」の間にスペースが入っているものが多いです。
 「有り明けの月」、とセットになるのが本来かなと思うのですが、如何でしょうか。
・「四十九年~」について、漢詩かなと思うのですが、読み方を教えてください。
・正解の句について、現代語訳するとどういう感じでしょうか。

以上、
お心当たりお持ちの方がおられましたら、ご回答お願いいたします。

ご覧いただきありがとうございます。

上杉謙信の「辞世の句」、某所でチラッと見て名作だ!と思いました。
ネットで検索してみたら複数のパターンがあり、どれが本当なのかわからず、諸事情にて困っております。
私がネットで見たパターンは概ね以下のような感じです。

1.極楽も地獄もともに有明の 月ぞこころにかかる月かな
2.極楽も地獄も先はありあけの 月の心にかかるくもなし
3.四十九年 一睡夢 一期栄花 一盃酒
4.四十九年 一夢の栄 一期栄華 一盃酒
5.四十九年 夢の栄 一...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1です。
「四十九・・・」と「極楽も・・・」の両方を辞世の句として紹介している本やサイトがある一方で、「四十九・・・」のみ、または「極楽も・・・」のみを辞世の句として紹介しているサイトや本もあります。
だから必ずしもセットになっている訳ではないと思います。ただ、二つの説があるので両方紹介している所が多いのでしょう。

しじゅうくねん いっすいのゆめ
いちごのえいが いっぱいのさけ

私も読み方はそうだと思います。
根拠は薄弱ですが、
四十九については、昔から法要で「四十九日(しじゅうくにち)」と言いますし、明治時代ですが、「第百四十九国立銀行」というのが北海道にできた時、その読みは「だいひゃくしじゅうくこくりつぎんこう」でした。また、瀬戸内海には、いつ銘々されたかはわかりませんが、「四十島(しじゅうしま)」というのがあります。昔は「しじゅうく」と言っていたのが一般的だったのではないかと思います。
一睡は、単語で「一睡(いっすい)」があるので、そのままの読みでしょう。一期も栄華も同様です。
一盃酒ですが、またちょっと時代と言葉がづれますが、江戸時代の「草双紙」(江戸時代の絵本)に「一盃夢」という作品があります。この読み方は「いっぱいのゆめ」と伝わっています。
だから「一盃酒」も同様に「いっぱいのさけ」と読むのではないかと思います。
また、「一期栄華 一盃酒」については漢詩として紹介している本で、
「一期ノ栄華 一盃ノ酒」としていました。

NO.1です。
「四十九・・・」と「極楽も・・・」の両方を辞世の句として紹介している本やサイトがある一方で、「四十九・・・」のみ、または「極楽も・・・」のみを辞世の句として紹介しているサイトや本もあります。
だから必ずしもセットになっている訳ではないと思います。ただ、二つの説があるので両方紹介している所が多いのでしょう。

しじゅうくねん いっすいのゆめ
いちごのえいが いっぱいのさけ

私も読み方はそうだと思います。
根拠は薄弱ですが、
四十九については、昔から法要で「四十...続きを読む

Q大阪の陣のとき、豊臣方は負けずにすんだのでは?

大阪冬の陣で大阪城は落ち、豊臣は滅亡しましたが、対応を間違えさえしなければ、持ちこたえることができたのではないでしょうか?

大阪城の守りは非常に固く、徳川方は大阪城の一番外型の堀の石垣に触れることさえできず、
真田丸では多くの戦死者を出し、戦いの最初のころは豊臣方が優勢だったと聞きます。

兵力としても徳川方20万だったのに対して、豊臣方は10万で、絶望的な差ではありません。

そこで活躍したのが、大砲だったと聞きます。
昼夜を問わず、4キロから6キロ先まで届く大砲を打ち、指揮官である淀の方を精神的に
追い詰め、和睦に持ち込んだと聞きます。
大砲はめったに当たることがなかったものの、運悪く居間に落ちたものが次女数人をバラバラにして、淀の方を恐怖させたとか、柱が折れたとか。

しかし、大砲が何発撃たれようが無限ではないのだし、滅多にあたらないため大阪城の防御力を下げたり、落城させたりするような威力まではなかったと思うので、私としては、最後まで戦っていれば豊臣方が勝っていたのではないかと思うのです。。
(運悪く、淀の方のいるところに弾が落ちて、命を落とす可能性もありますが、その確率は低いと思います。精神力の戦いだったと思います)

jこの考え方について、どうでしょうか?
ご意見等、お願いします。

大阪冬の陣で大阪城は落ち、豊臣は滅亡しましたが、対応を間違えさえしなければ、持ちこたえることができたのではないでしょうか?

大阪城の守りは非常に固く、徳川方は大阪城の一番外型の堀の石垣に触れることさえできず、
真田丸では多くの戦死者を出し、戦いの最初のころは豊臣方が優勢だったと聞きます。

兵力としても徳川方20万だったのに対して、豊臣方は10万で、絶望的な差ではありません。

そこで活躍したのが、大砲だったと聞きます。
昼夜を問わず、4キロから6キロ先まで届く大砲を打ち、指揮官であ...続きを読む

Aベストアンサー

>大阪冬の陣で大阪城は落ち、豊臣は滅亡しましたが、対応を間違えさえしなければ、持ちこたえることができたのではないでしょうか?

回答・・・難しいと思います。
特に兵糧攻めにあったらもたないかと。
毛利元就による尼子の月山富田城攻めのように、2年近くの兵糧攻めにあい敗北した戦例もあります。
大阪城もそうなる可能性があるかと。
それに長期間、兵の士気を維持できるかの問題もあります。
期待されていた豊臣恩顧の大名の多くは徳川方につき、味方は劣勢。その上、大砲を一方的に打ち込まれていては…
そもそも徳川方は真田丸での敗北後に神経戦を仕掛けるようにしています。
夜に鬨の声を上げたり、鉄砲をうちかけ大阪方を眠らせないようにし、さらに大砲での攻撃です。
兵の士気をどうやって維持するのか…

一方、徳川方は兵糧不足に悩まされた事もあるようですが、これは一時的な混乱という説もあります。京を遠く離れた遠方ならともかく大阪近辺は堺など港も多く商業地帯としても発展していましたから、兵糧の確保も一旦、道筋をつければそう難しくないかと思います。

ただし、豊臣方が籠城で持ち堪えるのは難しくても、作戦によっては勝てたのではないかと思います。

そもそも「夏の陣」でさえ、真田幸村と毛利勝永らの活躍により徳川方は叩かれ、家康本陣は崩れ、三方が原の敗戦以来、初めて馬印が倒され、家康も敗北を覚悟し切腹をしようとしたという話があるくらいです。
もし豊臣秀頼が出陣し全ての予備兵力を戦線に注ぎ込んでいたら…
もし明石全登の別働隊の作戦が成功していたら…
豊臣方は家康の首をとり状況は大きく変化し勝利する事ができたかもしれません。

そういう事を勘案すると、もし「冬の陣」においても、籠城するばかりでなく機を見て南の家康本陣に対し攻撃に出ていたらどうなったか…
徳川方は大阪城の四方を囲みました。
浅野、蜂須賀、鍋島、上杉、佐竹等は東、西、北に配置されており、南に徳川方の全軍がいたわけではありません。
確かに南の家康本陣は厚いです。前衛には前田、伊達、藤堂らもいました。
しかし、兵力の減った「夏の陣」でさえ正面攻撃で家康を追い詰めたのです。
ならば「夏の陣」より兵力の多い「冬の陣」において乾坤一擲の突撃を茶臼山の家康本陣に向け行えば、あるいは家康の首をとれたかもしれません。
ちなみに真田幸村は12月20日に家康本陣への奇襲を進言しましたが採用されませんでした。

「冬の陣」では籠城策よりも、籠城策からの野戦への転換ならば豊臣方にも勝利の希望はかなりあったのではないかと思っています。

>大阪冬の陣で大阪城は落ち、豊臣は滅亡しましたが、対応を間違えさえしなければ、持ちこたえることができたのではないでしょうか?

回答・・・難しいと思います。
特に兵糧攻めにあったらもたないかと。
毛利元就による尼子の月山富田城攻めのように、2年近くの兵糧攻めにあい敗北した戦例もあります。
大阪城もそうなる可能性があるかと。
それに長期間、兵の士気を維持できるかの問題もあります。
期待されていた豊臣恩顧の大名の多くは徳川方につき、味方は劣勢。その上、大砲を一方的に打ち込まれていては…
...続きを読む

Q鯰尾形兜

鯰はなぜ戦国武将に人気があったのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

兎が好まれたのは月神信仰を表すものです。獰猛で力強いからではありません。同じように信仰を表す前立ては直江兼続という武将の冑につけられた「愛(愛染明王への信仰を表す)」があります。

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q徳川家はなぜ天皇家をつぶさなかったのか

徳川家はなぜ天皇家をつぶし、最高の権威を手に入れなかった

のでしょうか?

自分は徳川家が早い段階で天皇家を滅びさせていれば

明治維新は起きなかったのではないかと思っています。

徳川家は惜しいことをしたと思うのですが、やはり天皇家は

日本人にとって切っても切れない存在だったのでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパの王権神授説は有名ですが、中国でも漢民族の王朝の交代
に際しては、武力による旧王朝の打倒であれ家臣や姻族による簒奪で
あれ、タテマエだけでも禅譲という形式を取ったります。徳を失った
皇帝が徳のあるものに権力を譲るという「形式」ですね。イスラムは
宗教と王権が合体?していますね。前の方々も述べられているように、
要は、武力や経済力による実効支配だけではダメなんですね。

日本の場合、天皇からの権力の委任という形を取っているのが特徴で
すね。ですから、天皇家をつぶす為には、天皇に代わる権威(支配の
正統性)が必要なのです。徳川に限らず、結局のところ、力では圧倒
しても、天皇に代わる権威を見出せず、実行できなかったのだと思い
ます。

平家は都落ちに際し安徳天皇を拉致?しますが、京都には天皇家の家
長である後白河院が健在であったため、焼け石に水。
承久の乱では、北条義時が天皇家の家長である後鳥羽院の島流しを敢
行しますが、北条得宗専制ですらまだ始まってはおらず、あまりにも
時期尚早。天皇を頂点とする公家勢力・寺社勢力の息の根を止める以
前に、まだそれ以下の鎌倉「将軍」の権威で武士の統合が必要な時代。
元弘の乱の後醍醐天皇の配流と、建武新政崩壊後の南朝への攻略は、
持明院・北朝の存在を前提としたもので、天皇家抹殺の意図なし。
足利義満による皇位簒奪計画という学説もありますが、事実だとして
も未遂。
織田信長が将軍や関白などの官職を受ける意志がなかったとすれば、
どのように権威(支配の正統性)を樹立するつもりだったか、興味深い
ところ。信長自身の神格化?がそれという説も。
豊臣秀吉は天皇を中国に移し、自分はインド方面まで手を伸ばすつも
りだったとか。天皇を一国王としての地位に留め、その地位を保証す
る世界皇帝になることで、天皇を超えようとしたという説も。
で、本題の徳川家ですが‥
徳川家康の場合は、京都や大坂を掌中に置くのに時間がかかり過ぎ、
短期決戦できなかったのがネックでしょう。家光の代までに幕府も安
定し、禁中並公家諸法度などで従来の権門(公家・寺社)を幕府の法制
下に置き、武家官位と公家官位を分離するなど、色々と手は打ってい
るようですが‥
でも綱吉になると、生母桂昌院に従一位を貰って喜んでみたり‥
そうこうしているうちに将軍の継承問題、そして改革と挫折の連鎖の
時代となり、天皇家に構っている余力はない‥ 要は支配の正統性の
問題は、権力を握ったらすぐに手を打たないと、手遅れになるという
ことですね。

あと、蛇足ではありますが、源・平・藤原・豊臣などの「氏」が、
日本の場合天皇から与えられるという性格を持つという点も、天皇制
存続に関して何らかの意味を持つのかもしれません。平清盛・源頼朝
・平(北条)義時・源(足利)義満が姓を自分で決めて自称せず、織田信
長・徳川家康が源・平姓を名乗り、羽柴秀吉が豊臣姓を貰って喜んで
いるうちは、天皇の風下に甘んじるという一面を持ちます。もっとも、
姓を自分で決めて自称するとか、姓を捨てて天皇家と同じ無姓となる
という発想自体が、思考力の枠を超えるものでしょうけど。でも、信
長あたりは長生きしていたらやっていたかもしれないし‥

ヨーロッパの王権神授説は有名ですが、中国でも漢民族の王朝の交代
に際しては、武力による旧王朝の打倒であれ家臣や姻族による簒奪で
あれ、タテマエだけでも禅譲という形式を取ったります。徳を失った
皇帝が徳のあるものに権力を譲るという「形式」ですね。イスラムは
宗教と王権が合体?していますね。前の方々も述べられているように、
要は、武力や経済力による実効支配だけではダメなんですね。

日本の場合、天皇からの権力の委任という形を取っているのが特徴で
すね。ですから、天皇家をつぶす...続きを読む

Qもし現代の医者が戦国時代にタイムスリップしたら?

閲覧ありがとうございます。

迷いに迷った結果こちらのカテにしました。
質問内容はふざけているように見えますが、答えを知りたい気持ちはいたって真剣です。
よろしくお願いします。

料理人が戦国時代にタイムスリップするという某ドラマを視聴していて

「料理人ではなく医者が戦国時代にタイムスリップしたらどうなるんだろう?」

と、ふと考えました。
江戸時代にタイムスリップした某ドラマがありましたが、戦国時代となると事情も大きく変わってくるのではないでしょうか?

戦国時代の医療技術って漢方薬とか石鹸があったとか、意外と進んでいるのかな?と思いきや、
一方で病気や外科的な知識は全くなかったりとか(斬られたり刺されたら運次第みたいな)すごい偏りがあるみたいですね。

そんな戦国時代に現代の医者がタイムスリップしたらどういうことができると思いますか?

Aベストアンサー

もし現代の医者が幕末にタイムスリップしたら、というのがあの「仁」ですね。

現代のお医者さんは、レントゲンやらMRIやらの機器を使い、血液検査をしてその数値を見て診断を下します。いうまでもなく戦国時代にはそんなのがありませんから、まずもって診断ができないとなるでしょう。また、現代は処方箋を書けば薬剤師が薬を出してくれますが、戦国時代なら薬草に関する知識がなければ薬も処方できません。
だから、ある世代以下の若い医師はなんの役にも立たない可能性はあります。それにあの時代は寄生虫も多かったでしょうから、今の若いお医者さんなんて寄生虫なんか見たこともない人が多いですしね。
しかし、戦後の何もない時代に医者をやっていたおじいちゃん先生とか、国境なき医師団でロクな施設もないアフリカの貧しい国で活動した経験があるような人なら「なにもないところでなんとかやりくりする」って経験をしていますからそれなりに活躍できるかもしれません。

むしろ医師より薬剤師のほうが薬草に関する知識が豊富なのと基礎医学はひととおりやっていますから活躍できるかもしれません。骨つぎの経験が豊富な柔道整復師も活躍できるでしょう(今の若い柔道整復師は骨つぎの経験がないからつらいかもしれませんが)。いちばん活躍できるのは鍼灸師でしょうね。

ところで、日本の戦国時代はほぼあの海賊の時代でもあるのですが、海賊というとフック船長みたいに左足が棒で左手がフックになっているというアレですよね。実際に当時腕や足を切る手術が行われていたのですが、そのやり方を記録した資料が残っているんですね。
それによると、現代の解剖学の目から見て実に合理的で無駄のないやり方になっているそうです。やっぱりそういうのは経験で学び取るんですね。ただ、手術を行った人の半分は感染症で死んでしまうそうです。意外なことに「病人やけが人は衛生的な場所で取り扱わなければならない」ということを広めたのはあのナイチンゲールで、ナイチンゲールって幕末の人なんですよ。

もし現代の医者が幕末にタイムスリップしたら、というのがあの「仁」ですね。

現代のお医者さんは、レントゲンやらMRIやらの機器を使い、血液検査をしてその数値を見て診断を下します。いうまでもなく戦国時代にはそんなのがありませんから、まずもって診断ができないとなるでしょう。また、現代は処方箋を書けば薬剤師が薬を出してくれますが、戦国時代なら薬草に関する知識がなければ薬も処方できません。
だから、ある世代以下の若い医師はなんの役にも立たない可能性はあります。それにあの時代は寄生虫も多...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q日本史Aと日本史Bの違いについて教えてください。

こんにちは、疑問なのですがセンター試験の日本史Aと日本史Bとはどのような違いがあるのでしょうか?
ちょっと気になって調べてみたのですが、ほとんど日本史Bの事しか載っていませんでした。

二つの教科の違いや、選択時の有利不利などを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。

 したがって、単位数の違いにより、日本史Aと日本史Bの教科書を使い分けていることです。主に、日本史Aは、職業科の学校で使われています。

 農業高校・商業高校・工業高校など普通科以外の学校で日本史Aの教科書を採択しているケースが多いです。普通科の高校でも日本史Aで近現代をやって、日本史Bで古代から江戸まで勉強して、受験するときは日本史Bで受験するというケースも見られます。

 つまり、日本史Aでは、教科書の構成上、近現代史がメインになりますが、日本史Bでは、古代史からスタートして現代史まで扱うという幅広内容になるということになります。そういうことから、日本史Aで勉強したいようで、勉強していないところ古代史~江戸時代の内容に関しては自力で勉強することが求められます。

 【大学受験での日本史選択】
(1)センター+私大(日本史で受験)する場合
 →「日本史B」を選択
(2)センターのみの場合(日本史A・B両方選択可で2次試験で日本史を必要としない学部学科を受験の場合)
 →「日本史A」を選択(学習時間が少なくてすむ)

 ※私大受験を考えていて、日本史で受験を考えているのであれば「日本史B」を選択するのが無難です。リクルートの進学サイトのURLを載せておくので受験科目の選択に参考にして見てください。

 何らかの参考にならば幸いです♪

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古...続きを読む

Q不起訴と起訴猶予の違いは何ですか?

よく事件報道の新聞やニュースを読んでいると、不起訴とか起訴猶予という言葉を耳にしますが、どう違うのでしょうか・・・・・
実際、交通人身事故で当方、不起訴処分告知書を戴いた事があるのですが・・・・・

Aベストアンサー

基本的には、No.1、2さんの回答の通りです。

将来起訴されるかどうかと、「不起訴」「起訴猶予」はほとんど関係ありません。

「起訴猶予」も、法律上定められた処分であり、ゆるやかな「一事不再理」の原則があるとされています。

したがって、検察の運用としては、新証拠が出るとか、検察審査会が不起訴不当の結論を出すなどの新たな事情が無いと、いったんした起訴猶予を取り消して起訴することはありません。

他方、「不起訴」の場合も、新証拠が出て、再度嫌疑が生じれば起訴されます。

現実問題として、不起訴が新証拠で覆ることはあっても、起訴猶予は、犯罪事実自体の証拠はすでにあるのですから、それ以上に、情状面の重大な証拠がでるということはほとんどなく、覆ることはありえません。


人気Q&Aランキング