江戸時代の幕末~明治維新ごろ
に活躍した人物を教えてください!><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

志士201名を紹介。

幕末当時の写真つき | 幕末ガイド
http://bakumatsu.org/men

このサイトで有名な人物はカバー出来ると思います。

参考URL:http://bakumatsu.org/men
    • good
    • 1

朝廷関係


孝明天皇、明治天皇、中川宮朝彦親王、和宮、三条実美、岩倉具視

幕府関係
徳川慶喜、徳川家茂、井伊直弼、水戸(徳川)斎昭、大久保一翁、勝海舟、山岡鉄舟、?橋泥舟、小栗忠順、栗本擾雲、榎本武揚、松平春嶽、松平定知、松平容保、秋月悌次郎、佐々木只三郎、芹沢鴨、近藤勇、土方歳三、山南敬助、沖田総司、斎藤一、永倉新八、原田左之助、伊東甲子太郎、藤堂平助、松本順庵

薩摩関係
島津斎彬、島津久光、小松帯刀、西郷隆盛、西郷従道、大久保利通、大山巌、田中新兵衛

長州関係
桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞、周布政之助、伊藤博文、井上馨、品川弥次郎、吉田松陰

土佐関係
山内容堂、吉田東洋、後藤象二郎、武市瑞山、坂本龍馬、中岡慎太郎、近藤長次郎、中島信行

その他
由利公正、河井継之助、陸奥宗光、トーマス・グラバーなどなど。

ざっと、思いつくままに書き上げましたので字がまちがってるかもしれません。まだまだ沢山います。
    • good
    • 0

坂本龍馬。

今年は話題の人ですね。

たくさんいますから調べればいくらでも出てきますよ。
宿題だったら自分で調べましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の藩の領地地図

江戸時代の全藩の領地地図を教えてください。
細かいのでお願いします。(飛び地など)
あと、天領も出していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

無理です
あなたが考えている以上に細かいので
一つの地域に
Aさんの田んぼはポコポコ藩領
Bさんの田んぼはニョロニョロ藩領
になている地域があります。

一石しか無い場所ってのがあるんですよ
今風でいう一坪地主
それを地図にしていくのは無理です
そもそも地図があった訳ではなく、言い伝えで私の家はXX藩領だったというレベルでしかないからです

Q江戸時代幕末~明治時代の漫画・サイト

幕末から明治時代にかけての動きがわかりやすい漫画かホームページはないでしょうか?
漫画では「お~い竜馬」くらいしか読んだ事がないです。
あれはだいぶ脚色されてるとの事らしいのですが、それすらもわかりませんでした。
新撰組や白虎隊、西南戦争なども知りたいです。

Aベストアンサー

私もオススメは「風雲児たち」です。
私も幕末通を自認していますが、風雲児たちを読んで、
いろいろと勉強になることが多くありました。

「るろうに剣心」はね~。
創作物と割り切って読む分には面白いですが、あれが
史実だと思っては絶対にいけません。(;^^)

あと日本史全般になりますが、
『そうだったのね!日本史』
 http://www.geocities.jp/sou_nihonshi/
もオススメします。
(漫画じゃないですが、普通に読んでも面白いサイトです。^^)

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q日本の戦国時代~江戸時代初期・明治維新までの砲弾

戦国時代の大砲(大筒)の弾って、今で言う所の徹甲弾(攻城用弾)だと思うのですが、時代劇や大河ドラマでは、砲弾の対地着弾付近の侍・武士・兵士が吹き飛ばされて死傷する描写が多数見られます。
また、幕末の外国船の砲弾も、鉄球弾であり、榴弾ではなかったと思います。
しかし、炸薬が内蔵されていない鉄球である砲弾が近くに落ちても、大したことないと思います。
実際は、榴弾やそれに近い炸薬の内装された砲弾だったのでしょうか?

Aベストアンサー

視聴者にわかりやすくするための一種の演出効果なのでしょう。
それに、時代劇に限りませんが、日本のドラマ制作では軍事関係の考証は
軽視される傾向にあるので、そういう考証すらせずに単純に爆発させている
可能性もあります。

Q【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩

【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩に同じ家紋の藩があるのはなぜですか?

しかも遠い地域の藩に同じ家紋がある理由を教えてください。

隣りの藩が同じ家紋はあり得るがなぜ遠い他の地に同じ家紋が点在しているのか。藩名も共通点がなく全然違う。

それと現在の各家庭には冠婚葬祭時に着る和服にそれぞれの家紋を持っている。

この現在の家紋は江戸時代の藩の家紋が引き継がれているのでしょうか?

今の家庭の家紋を見れば、江戸時代にどこの藩に仕えていたか分かる?

けど江戸時代の300藩の家紋に存在しない家紋を使っている家庭もある。

江戸時代に存在しなかった家紋が江戸時代以降に作られて自分の家族の家紋として使っているのも不思議です。

藩制はなくなり藩はないのに存在しない藩の家紋をわざわざ作って今も疑いなく使っている家庭は何者なのでしょう?

Aベストアンサー

まず江戸時代300藩とは言いますが、分家や一族も別々に数えて300藩ですから、同じ家紋を持つ藩が有っても当然です。
また、功績を立てた部下には主君から何かしらの家紋を下賜された武将もあり、また他家と差別化を図るために家紋をゴージャスにするなど色々とあったようです。

江戸時代では士農工商の身分制度で、武士以外は苗字を名乗るのは公式には禁じられていましたが、
家紋は特に規制されていなかったようですね。遊女・芸人でも使用したと言いますね。
もちろん葵の御紋は禁止だと思いますが…。

Q江戸時代と明治維新時代

すみませんですけど、昨日の質問がいい加減です。
江戸時代と明治維新時代の区別が、例えば、江戸時代の将軍さまが社会の最高権力者、明治維新時代社会の最高権力者が天皇さまです。それから、まだ何か重要な区別ありますか?
どうも

Aベストアンサー

根本的に違います
身分制度、士農工商/四民平等
和魂洋才
富国強兵
廃藩置県
納税方法

明治もどこまでを指すかによって違います。

小学校6年生や中学校の歴史の教科書にいろいろ書いていると思います。

Q江戸時代の「藩」の呼び方について

我々が歴史を勉強するとき「○○藩」と呼ぶ「藩」ですけれど、これは後世の学者がそう名づけたとのことで、江戸時代には「藩」と呼ばれていなかったと聞きました。

それでは江戸時代には藩のことを何と呼んでいたのでしょうか?ご存知のかたおりましたらお教えください。

Aベストアンサー

藩の字は中国から伝わり、室町時代には使われましたが、現在の盛岡藩のような使われ方はしませんでした。
徳川幕府は大名は将軍から領地、住民を貸与されている形をとりましたので、土地につながる藩の字を避けたのでしょう。
徳島藩内といわず、松平阿波守領内といいます。
徳島藩士でなく松平阿波守家臣(家来、家中)です。    徳島藩邸でなく松平阿波守(様、御)屋敷です。    松平阿波守邸ともいわれました。
ただ非公式には一般名として、藩主、藩士、主藩、支藩は使われることも少しはあったようです。   

これが崩れたのは江戸末期になり、藩士が大名の家来の意識が薄れ、土地の侍の意識が高まったからです。
幕末になり長州藩士桂小五郎などと名乗る人がふえ、藩、藩士の言葉が普及し、明治維新で大名領を藩名、のちに県名に変えることになりました。

以上は武士の話で庶民の間では、公式名でない、水戸様、加賀様というようなことも普通でした。

Q明治維新の頃の幕臣で著名&活躍した人物は?

貴方は誰を一番に思い浮かべますか?
その理由は?



※主な候補者

近藤勇・土方歳三・勝海舟・榎本武揚・渋沢栄一・福地源一郎・徳川慶喜・松平慶永・松平容保etc

Aベストアンサー

お礼に対して回答したい

>薩長(土肥)中心に、維新前後に活躍した人物は多く、資料やエピソードも豊富なのだが、幕臣(将軍直属の家来)並びに非薩長旧体制派の中にも、維新以降の国家&国体創設に貢献した人物が多くおられるだろうと思い、皆様にお教え願いたく質問を致しました。

指摘には概ね賛同するしかない
小生は歴史教育者として常に思慮することとして、幕末・明治維新の薩長・新政府側のインフレ評価の適否について違和感と拒絶感を感じることが多い

よくよく薩長・新政府側は高い評価されるが、その評価の妥当性は概ね批判している
例えば講座派と呼ばれる人々は、マルクス主義的視座で明治維新を市民革命として捉え好意的評価に至るし、皇国史観・国学に近似する思想家は、天皇を主軸した国家体制へのシフトに全く嫌疑を持たず評価している
小生からすれば、薩長・新政府の要人たちは、常に野蛮であり粗暴であり、論理思考として常に劣っている存在でしかない
冷静に歴史を俯瞰してみれば、幕末の戊辰戦役は、未曾有の国内内紛であって、多くの維新志士達が指摘した「列強の侵入」と許しえ、助長する内紛であった、と見るのが可能だろう
しかも、薩長は英国・幕府はフランスの支援を受けていた時代背景を思慮すれば
典型的な英仏の植民地代理戦争の要諦を為している。(維新史では、「代理戦争史観」)
列強が植民地支配する場合においてもっともパターン化された『植民地の内紛に乗じた』という形状を戊辰戦役は見事に体現している、とも言える。
(慶喜が代理戦争を見抜いた、とは言い切れないが、全面闘争になった場合を軽視するべきではないだろう)
そして、極めて重篤な問題として、新政府側は、最終的には、幕府の海軍に勝つことが出来なかったわけである。それも圧倒的に劣勢であった事実がある
当時において日本の国防の主軸は、海軍力であることは小学生でも理解できるだろう。
戊辰戦役では、陸上部分での新政府の優性だけが指摘されるが、幕府側が海軍力で常に優性であった事実を振り返る識者は少ない。
同時に、”代理戦争史観”を理解するために必要な世界史的教養が乏しいのが、現在の維新史学会の現場であることも指摘できるだろう。

色々指摘したことがあるのは山々だが、これだけは、指摘しておきたい

明治維新においてもっとも活躍しえた人物のもっとも間違いない回答は、

苦しい社会事情にも関わらず、それに耐え偲んできた一般庶民であろう。
地租改正などの抜本的な社会変革については、あまり指摘されないが日本の長い歴史からして、地租改正時ほどの高い税率の時期はない。8公2民の紀州徳川家と比較しても、搾取的とも言えるだろう
明治維新は士族の社会革命という視座だけで理解されるが、文明開化という『プチ文化大革命』の荒業の影で多くの日本古来の習俗が否定された。その否定の背後で多くの庶民が生活基盤や社会習俗の変化を強制されたことを考えれば、当時の一般庶民の苦しみは想像するに大きなものだろう。
小生は、マルクス主義的な史観を許容している部分もあろうが、間違っても、偉ぶっているだけの政治家の功績は、功罪でいえば、罪の方が大きいとしか思えない。

特に長州藩の松下村塾の門下生にはその傾向を強く指摘しえるものである
例えば、伊藤博文は大日本帝国憲法の起草者として認識されているが、文献からしても井上毅(”馨”ではない)が強くかつ巨大な影響力を持っているのは明らかであるように、新政府の要人でも薩長閨閥は『功を盗んだ』という部類の批判も可能かつ適切な場合が多い

小生は明治維新の立役者としては、水戸藩というパイオニアを根底にして評価する思想的背景を重視する立場である。ポっと出てきただけの長州藩などは「奇兵隊」みられるように結果論だけの話であって、行き当たりばったりの成功に過ぎない彼らの功績など評価しようとは到底思えない。
結局、社会の根底はマイノリティである政治家に依拠するものではなく、それを支える庶民・大衆の功績であるべきであって、その思想が不適切である理由もないだろう。
歴史はフィクションであって、偏ったフィクションで史学は出来上がることがありえる。その典型例が明治維新であって、歴史小説との共鳴作用で、明治維新・幕末は虚偽・偽証を交えて無知・魑魅魍魎が跋扈する世界になっている
歴史教育的に中立であろうとする小生からすれば、これほど指導しにくい時代は現代史と大差ないし、出来れば教えたくない
しかし、歴史とは人間の認識で創造されうるものであることを許容するしかないわけだが、正直いって、陳腐な歴史認識ばかりで反吐が出る

まぁ、質問者の見解には概ね同意するが、身分立場を超えた人間が活躍した時代、という評価もありえることは思慮してほしい
もっとも、薩長は身分立場に「こだわり続けた」部類であることは、割愛しておこう

なお、対外的には、小生は、明治維新の原動力としては、適塾の塾生をあげるようにしている
(もっとも福澤諭吉は絶対的に除外するが・・・)

以上

これでもかなり割愛しているのだが、指摘したいことがありすぎて、困る

お礼に対して回答したい

>薩長(土肥)中心に、維新前後に活躍した人物は多く、資料やエピソードも豊富なのだが、幕臣(将軍直属の家来)並びに非薩長旧体制派の中にも、維新以降の国家&国体創設に貢献した人物が多くおられるだろうと思い、皆様にお教え願いたく質問を致しました。

指摘には概ね賛同するしかない
小生は歴史教育者として常に思慮することとして、幕末・明治維新の薩長・新政府側のインフレ評価の適否について違和感と拒絶感を感じることが多い

よくよく薩長・新政府側は高い評価されるが、そ...続きを読む

Q江戸時代 幕府や藩について

江戸時代 幕府や藩について
幕府や藩は、一揆や打ちこわしに対し、どのような対処をしたのですか?
また、そもそも藩って何ですか。

Aベストアンサー

 藩の統治は大名の権限なので、幕府が直接、口を出すことではなかったと思います。現に、改易になった諸藩の記録をみても、百姓一揆が原因とされているのは、徳川15代を通じて1件だけのようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%B9%E6%98%93

 それでは、百姓一揆の発生件数はというと、記録に残されているだけで、およそ3,000件にのぼります。多くの場合、領主は条件をのんで事件を解決し、あとで首謀者を呼び出して処罰するのが通例のようです。しかし、幕末になると一揆が激増し、武力ではとても抑えられなくなりました。

 藩とは、幕府の小型版といえばいいでしょうか。幕府自体、700万石の大大名でした。なお、藩という名称は、明治以後に一般に用いられるようになりました。

Q幕末から明治維新の時代をどのようにお考えですか?

 今、幕末から、明治維新に関する本をいろいろあさって読んでいるのですが、読んでいるうちに、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の「餅つきの例え」を思い出しました。漠然とした記憶なので、調べてみると「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 食うは徳川」ということでした。江戸時代の狂歌(私は、狂歌というのがどういうものか知りません。現在のサラリーマン川柳みたいなものでしょうか?そもそも、歴史とか、文化にはオンチです。)なのだそうですが、これを「幕末から明治維新の時代に登場する人物や、出来事・事件に当てはめたらどんなことが言えるのだろうか?」という疑問というか、興味が、ふと湧いてきました。

 「戦国から江戸に至る時代」が単純だったとは思いませんが、「幕末から明治維新の時代」というのは、藩の立場、登場人物、思想の変化、事件の背景など、かなり複雑だった(わずかに本を読んだだけの知識に基づく個人的な印象)ような気がしますので、 単純に

  「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 食うは徳川」

などというようなことでは表現できないと思いますが、日本の歴史に関心を持たれている方が、「幕末から明治維新の時代」をどのようにとらえておられるのか、「教えてほしい」という気持ちになり、質問しました。

 幕末から明治維新の時代を「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 食うは徳川」というようなフレーズで表現していただければ、おもしろいと思いますが、「天下餅」という単語や、「天下餅=総理大臣(伊藤博文)」などという、人物に当てはめることにもこだわりません。明治維新を表現する興味ある「いいまわし」を教えて下さい。既存の「いいまわし」だけでなく、普段考えておられることなどをご回答いただければ、これから、勉強するに当たって参考になると思います。<(_ _)>

 今、幕末から、明治維新に関する本をいろいろあさって読んでいるのですが、読んでいるうちに、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の「餅つきの例え」を思い出しました。漠然とした記憶なので、調べてみると「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 食うは徳川」ということでした。江戸時代の狂歌(私は、狂歌というのがどういうものか知りません。現在のサラリーマン川柳みたいなものでしょうか?そもそも、歴史とか、文化にはオンチです。)なのだそうですが、これを「幕末から明治維新の時代に登場する人物や...続きを読む

Aベストアンサー

「黒船がつき 薩長でこねた日本餅 裏で仕掛けて 食うはイギリス」

明治維新は、産業革命後の近代化を迫られた日本という視点で見るので、てんやわんやしているように見えますが、基本的は政治の体制が徳川家から薩長連合に代わっただけで、天皇の存在は基本的には権威のみで変わらず、各藩の大名も爵位をもらって存続していますので、大きく階級を入れ替える革命とは全く異なっています。
薩長出身の政治家たちは結局大名家には頭が上がらずのままでした。

明治維新の発端とされているのは黒船です。当時アメリカは遅ればせながら植民地化をもくろんでいました。しかし、アメリカがこじ開けた日本の門戸ですが、その前後で薩長などを裏から支援したグラバーさんはイギリスの武器商人で、ロスチャイルド系のマセソン商会の代理人という立場です。かれはイギリスが中国を支配したタイミングで日本に来て、同様に内乱を仕掛けるために長州藩士の留学を手伝ったり、竜馬をけしかけたりしています。

ロスチャイルド系のイギリス資本はアメリカでもこのタイミングで南北戦争を仕掛けていて、せっかく黒船で切り崩しに来た(1953年)アメリカも、南北戦争(1961~1965)で植民地開拓どころではなく、この間にイギリスが馬関戦争の戦後処理で主導権を握りつつ安政五箇条条約(典型的な不平等条約)を結び、交易を盛んに行いました。
アメリカは自国内の戦争でこの機会を活かせず、イギリスが日本の交易の8割がたを握りました。
なぜアメリカからイギリスに?という問いが出ますが、実質裏でイギリスはずいぶん動いていたのです。グラバーさんなど有名人が多いのに、日本史ではここを明確に教えませんよね。

「黒船がつき 薩長でこねた日本餅 裏で仕掛けて 食うはイギリス」

明治維新は、産業革命後の近代化を迫られた日本という視点で見るので、てんやわんやしているように見えますが、基本的は政治の体制が徳川家から薩長連合に代わっただけで、天皇の存在は基本的には権威のみで変わらず、各藩の大名も爵位をもらって存続していますので、大きく階級を入れ替える革命とは全く異なっています。
薩長出身の政治家たちは結局大名家には頭が上がらずのままでした。

明治維新の発端とされているのは黒船です。当時アメ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報