江戸時代の幕末~明治維新ごろ
に活躍した人物を教えてください!><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

志士201名を紹介。

幕末当時の写真つき | 幕末ガイド
http://bakumatsu.org/men

このサイトで有名な人物はカバー出来ると思います。

参考URL:http://bakumatsu.org/men
    • good
    • 1

朝廷関係


孝明天皇、明治天皇、中川宮朝彦親王、和宮、三条実美、岩倉具視

幕府関係
徳川慶喜、徳川家茂、井伊直弼、水戸(徳川)斎昭、大久保一翁、勝海舟、山岡鉄舟、?橋泥舟、小栗忠順、栗本擾雲、榎本武揚、松平春嶽、松平定知、松平容保、秋月悌次郎、佐々木只三郎、芹沢鴨、近藤勇、土方歳三、山南敬助、沖田総司、斎藤一、永倉新八、原田左之助、伊東甲子太郎、藤堂平助、松本順庵

薩摩関係
島津斎彬、島津久光、小松帯刀、西郷隆盛、西郷従道、大久保利通、大山巌、田中新兵衛

長州関係
桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞、周布政之助、伊藤博文、井上馨、品川弥次郎、吉田松陰

土佐関係
山内容堂、吉田東洋、後藤象二郎、武市瑞山、坂本龍馬、中岡慎太郎、近藤長次郎、中島信行

その他
由利公正、河井継之助、陸奥宗光、トーマス・グラバーなどなど。

ざっと、思いつくままに書き上げましたので字がまちがってるかもしれません。まだまだ沢山います。
    • good
    • 0

坂本龍馬。

今年は話題の人ですね。

たくさんいますから調べればいくらでも出てきますよ。
宿題だったら自分で調べましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治維新時に江戸時代の城は焼かれた?

江戸時代の象徴である城は明治維新で焼かれたのでしょうか? 各地に城跡とあるところはその結果でしょうか? 

Aベストアンサー

江戸時代の象徴である城は明治維新で焼かれたのでしょうか?

積極的には焼かない

江戸城は、幕末に焼けたので、そのまま。

使わない城郭は売りに出された例もある。

移築とか古材の再利用というのは、現代では少ないようだが、ちょっと昔までは多かった。
私が生まれた家も60年前に古材で作ったらしい。

なので、解体して再利用された。
天守閣などは、大きすぎて解体が大変なので残ったという例も多いようだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E5%9F%8E
1870年(明治3年)から1872年(明治5年)にかけ、城内の建造物はほとんど取り壊され、天守台には大久保神社が建てられた。

お城の跡地は、都心の中心にまとまったスペースとしてあるので、軍隊の駐屯地や役所とか学校とかに使われて、役所や学校が移転すると公園にするとかになり「城址公園」になる例も多い。

桜の名所ってのは、旧陸軍が「桜」を植えたので桜が多くなり、軍隊がいなくなったので公園になった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E5%89%8D%E5%9F%8E

1898年(明治31年) - 三の丸が陸軍兵器支廠(のち第8師団兵器部)用地となる。
1903年(明治36年) - これ以降桜が植えられ、桜の名所となる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%94%B0%E5%9F%8E

1870年(明治3年)に本丸御殿、三重櫓などを焼失。
1873年(明治6年) 廃城令によって存城処分となり焼失しなかった建造物も取り壊された。
陸軍第13師団の入城時に3000本を超す桜(染井吉野)が植栽され、現在でも日本三大夜桜のひとつに数えられる

江戸時代の象徴である城は明治維新で焼かれたのでしょうか?

積極的には焼かない

江戸城は、幕末に焼けたので、そのまま。

使わない城郭は売りに出された例もある。

移築とか古材の再利用というのは、現代では少ないようだが、ちょっと昔までは多かった。
私が生まれた家も60年前に古材で作ったらしい。

なので、解体して再利用された。
天守閣などは、大きすぎて解体が大変なので残ったという例も多いようだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E5%9F%8E
1870年(明治3年)から1...続きを読む

Q幕末から明治にかけて活躍された方の英語力について

歴史もののドラマや小説などを見たりしていますと、幕末から明治にかけて活躍された方(維新の志士をはじめ、高貴な身分から百姓出身に至る方まで)の多くの方が英語を流暢に使用しているシーンをよく見かけます。
アメリカに留学して工学を学んだとか、英国で政治学を学んだとか、外国人と商売をしたとかという具合によほど英語ができない限り大変な事をこなされています。

中学1年から英語学習を始め、人によっては高校・大学と数年以上英語教育を受けて、国営放送ではほぼ毎日英語・英会話のレッスン放送があり、街には英会話教室が氾濫しているにも関わらず今日に比べて学習環境はその比ではなく劣悪な状況だったにも関わらず、どうして流暢に英語を使って諸外国の方と対等に交渉できたのか不思議でなりません。

当時は、だれでも英語を学ぼうと思って簡単に取得できたのでしょうか。それとも、英語を簡単に取得できるような人だからこそ、後世に名を残せたのでそうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「ふしぎの国のバード」というマンガに明治初期の通訳の事情が書かれています。
リンク先でちょうどそのさわりの部分の試し読みできます。
http://epub-tw.com/24686/%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%8E%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89-1%E5%B7%BB/

このマンガで、ヨコハマピジン日本語というのを私ははじめて知りました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%B3%E8%A8%80%E8%AA%9E

私の曽祖父は幕末の父島開拓民で、ペリーの黒船が父島に寄港した際に、通訳としてサスケハナ号に乗りこんで本土に上陸してきたという変わった歴史があるもので。

幕末の日本近海は、琉球、ハワイ、ルソン、マカオ、上海を日本を掠めるように経由して、
アメリカ、イギリス、ロシア、オランダ、スペイン、フランス、中国などが入り混じった交易をしていて、日本とも関わった人間を通訳として、多重の言語でやりとりをしていたので、
学習機会がないので日本語と英語だけを流暢に話せるバイリンガルはおらず、いても外国人居留地が英語圏の人だけだけじゃないのであまり役に立たず、
現地の生活で身につけたピジン言語でのトライリンガルを複数人用意することで交渉をしていたようです。

「ふしぎの国のバード」というマンガに明治初期の通訳の事情が書かれています。
リンク先でちょうどそのさわりの部分の試し読みできます。
http://epub-tw.com/24686/%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%8E%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89-1%E5%B7%BB/

このマンガで、ヨコハマピジン日本語というのを私ははじめて知りました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%B3%E8%A8%80%E8%AA%9E

私の曽祖父は幕末の父島開拓民で、ペリーの黒船が父島に寄港した際に、通訳としてサス...続きを読む

Qもし、明治維新がなかったら・・・江戸幕府はその後のシナリオ

アメリカは南北戦争が長引き、ヨーロッパも巻き込まれ、中国は意外と強かった・・・ということにしておきましょう。

日本では、藩による独占ビジネスに成功したところ・・・薩摩藩としましょう・・・が力をつけて挙兵。九州を制圧する。同時に商人からビジネスを略奪。給料制にしてしまう。もちろん農民の借金は全部チャラにする。すると、この噂が四国、中国地方に伝わり各地で薩摩産いらっしゃいとばかり一揆が発生。混乱に乗じ、薩摩は短期間に四国、中国をも制する。
大阪商人はこれをみて青ざめ、幕府に申しでる。「今までの借金チャラにして、しかも軍資金を寄付しますので薩摩をぶっ潰してください」幕府はその金で大軍を整える。
ここで薩摩藩は扇動作戦を展開。島津に組みすれば借金はチャラ、商人の財産は没収。みんなにお金も仕事も分配します。税金はあんまり取らないし百姓を可愛がります。半分、民主主義にします。幕府は商人とグルです。悪いのは商人です。
この作戦がマンマとハマって大阪は放火によって火の海に。
薩摩は大阪まで進出。
江戸の商人たちは大阪の二の舞はゴメンだとばかりに幕府を説得。自分たちにそこそこ都合の良い条件で江戸無血開城する。
かくして島津幕府は封建制度を大幅に緩めて近代国家を樹立する。


・・・素人考えなのでたぶん、ありえないと思います。そこのところを歴史と政治に詳しい皆さん、ご教授ください。よろしくお願いします。

アメリカは南北戦争が長引き、ヨーロッパも巻き込まれ、中国は意外と強かった・・・ということにしておきましょう。

日本では、藩による独占ビジネスに成功したところ・・・薩摩藩としましょう・・・が力をつけて挙兵。九州を制圧する。同時に商人からビジネスを略奪。給料制にしてしまう。もちろん農民の借金は全部チャラにする。すると、この噂が四国、中国地方に伝わり各地で薩摩産いらっしゃいとばかり一揆が発生。混乱に乗じ、薩摩は短期間に四国、中国をも制する。
大阪商人はこれをみて青ざめ、幕府に...続きを読む

Aベストアンサー

えーとペリー来航はあったけど、その後の日米和親条約などは無かった、ということなのでしょうか?そのあたりの「明治維新に向けての外圧」がどのくらい減ったと想定しているのかがわかりません。
ので、適当に書きます。

まず外圧という点は明治維新にとって、というか薩長などが維新に向かって進んでいくのに非常に重要な推進力を持っています。したがって外圧がないのに「藩による独占ビジネスに成功したところ・・・薩摩藩としましょう・・・が力をつけて挙兵。九州を制圧する」という理由が見つかりません。他藩を軍事力で圧倒してしまっても、その後の運営は絶対にうまく行かないでしょうし、なにより尊皇攘夷という雰囲気からすれば天皇の許可を経ない九州制圧は国賊以外のなにものでもありません。
ですから、薩長だろうが他の藩だろうが、当時の「幕府を倒す思想→尊皇攘夷」という流れを無視して動くことはありえないでしょう。

また商人にスポットを当ててもかなり難しいでしょう。なにより戦争に必要な兵器や消耗品などを調達してくるのは、商人である、ということです。
 この書き方だと薩摩藩の島津公は「商人は悪者」として扱うようですが、どうやって戦争に必要な物資を供給するのでしょうか。その点がありえないし、まさか外国の商人から買うつもりではないでしょうね。そんなことをしたら九州を征服した時点で、幕府も天皇側も薩摩討伐に乗り出すでしょう。日本を外国に売り渡した国賊、になってしまうからです。

また「かくして島津幕府は封建制度を大幅に緩めて近代国家を樹立する」ということですが、そもそも藩という存在の立脚点からすれば、島津公が封建制度を緩める、または廃止する理由がまったくありません。

尊皇攘夷というのは、幕府を廃止することと、幕府を廃止しても外国に付け込まれないこと、を念頭において薩長などが連合して皇軍を組織したことから始まっています。薩長土肥という4藩連合であったからこそ「幕府廃止後の政治運営は西洋にならって民主化する」という方針ができたわけですが、薩摩藩だけでは自分たちの身分制度を否定する動きには繋がらないでしょう。ましてや藩が率先して九州を制圧するなら、その手柄は武士たちのものですから、手柄を立てた武士たちに報いるのではなく、その下の農民たちを優遇するような民主化は絶対に起きないといえるでしょう。

ですから、このような流れが起きるとすれば「どこかの藩で民主革命がおきてそれが九州全土にひろがり、九州民主政府は京都に上って、幕府に変わる民主政府の成立を交渉すると共に、幕府と対立し日本全土が民主政府側と幕藩側に分かれて戦争し、日本全土を包括する民主政府が誕生して天皇がそれを許可する」ということになるでしょう。つまりペリー以降の外圧が弱いわけですから、それを越えるだけの国内の民主化圧力が必要なわけです。

そもそも薩長土肥は幕藩体制を終わりにすること、尊皇攘夷を実現すること、は考えていましたがそれが民主政府を樹立すること、であったわけではありません。ただ、西洋列強に対応しうる政府のあり方、軍隊のあり方、ということを考えたときに封建主義の社会では成り立たず、現実的な解決策として明治政府の変革の流れとして民主化された、ということでしょう。もともと藩士であった初代の明治政府の人々は憲法も国会も「時期尚早」として作っていません。憲法は明治14年、国会が出来たのはようやく明治23年です。それまでは藩閥政治が明治政府の実態であったといえます。

このようなことから、外国の圧力もないのに、国内で商人に対する農民たちの不満が高まって民主化する、というのは実現性としてはかなり無理がある、と思います。

えーとペリー来航はあったけど、その後の日米和親条約などは無かった、ということなのでしょうか?そのあたりの「明治維新に向けての外圧」がどのくらい減ったと想定しているのかがわかりません。
ので、適当に書きます。

まず外圧という点は明治維新にとって、というか薩長などが維新に向かって進んでいくのに非常に重要な推進力を持っています。したがって外圧がないのに「藩による独占ビジネスに成功したところ・・・薩摩藩としましょう・・・が力をつけて挙兵。九州を制圧する」という理由が見つかりません。...続きを読む

Q【日本語・明治時代】明治時代の文明開化のときに流行った標語を教えてください。例 : 牛鍋を食

【日本語・明治時代】明治時代の文明開化のときに流行った標語を教えてください。

例 :

牛鍋を食わねば開化不進奴

Aベストアンサー

ちょんまげ頭を叩いてみれば因循姑息の音がする

Q【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったか

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越しの銭は持たなかったとうう説は間違いとわかる。

大金が回ってくる仕組みを火事が多いので大金を持たなかったという江戸っ子の説は矛盾に気付く。

2つ目の仮説。銀行はなかった。けれども頼母子講という少額を積み立てて大金を引き出す銀行みたいな仕組みがあったのでこれも嘘の仮説だと分かる。

最後の仮説の江戸っ子は貧乏だったという説。

江戸時代に流通していた通貨は金貨、銀貨、銭貨の3種類。

銭貨の価値は現在の価値で50円程度。

江戸時代の江戸っ子の日当が50円程度だった?

金貨の価値が20万円程度だった。

江戸時代の大工に月収は2万円。2万円/30日で日当で666円。

1日銭貨を13枚。

当時の大工は高給取りだったとすると一般庶民のブルーワーカーは大工がホワイトカラー職で現代の月収50万円職に値すると一般庶民のブルーワーカーの月収は25万円として6枚。

で、1日6枚で飯が3食で銭貨3枚が余る。で、相互会に毎日銭貨3枚を預けると月で99枚。1枚50円で5000円。

金貨が20万円なので月5000円で12人で相互会を組んでいるので年1回月収が6万円のときがある。

年1回大金を掴んでも6万円なら江戸っ子は20万円の価値がある金貨を一生見ることがなかったのかも知れない。

ということは、江戸っ子は宵越しの銭は持たないの話には続きがあって、(けど江戸っ子は銭貨を大金の銀貨に変えて貯金していた)。要するに1番価値がない銭貨を持たないで銀行(相互会)に預けて大金にするという仕組みが江戸にはあったので当時の人は江戸の仕組みを珍しく思い、「江戸には銀行という仕組みがある」ということを「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」と表現したのが真相ですかね。

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越し...続きを読む

Aベストアンサー

すごいですねえ。
いろいろ計算して、ここまで考えると、おもしろいですね。

私は、ただ、単に、
物に執着して、がつがつ貯めこむのは粋じゃない。
きっぷ(気風)がいいことが美徳、という考えが江戸では一般的だったから、
(本当にもらったら、もらっただけ使ってしまう人ばかりでなくても)
そういう気質だと、おもしろがって、または、自慢気に、言っていたのではないかと思いました。
開き直ったスローガンみたいな(笑)。
で、そういう風潮ができたのは、
やはり、長屋に住んでいるような、大部分の人が、
ぎりぎりの生活で、贅沢はできない状況だったからでしょう。

ところで、たのもし講、私が小さい頃、母がやっていましたよ。近所のおばちゃんたちと。
なつかしい言葉です。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報