古い本(魔術書なども)を読むのが好きで、ラテン語を勉強しようと思っています。ラテン語には種類があると聞いたのですが、どんなラテン語を勉強すればいいのかわかりません。回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

初めてラテン語を勉強する人のための書籍は古典ラテン語と聖書ラテン語以外に選択肢がありません。



それ以外のアルカイック期のラテン語、中世ラテン語、近世初頭のネオラテンなどは、古典ラテン語既習でないと手が出せません。俗ラテン語はロマンス語比較言語学に興味がなければ意味がありません。

ウルガタ(ローマンカトリック教会の定訳ラテン語聖書)だけを読むのが目的なら聖書ラテン語から入るのもいいのですが、質問者さんはそうではありませんよね。でしたら、古典ラテン語です。仮に最終的に読みたい物がルネサンスあたりの時代の物であっても古典ラテン語の理解なしに読める文献はありません。

ただし魔術関係はヘブライ語、アラビア語、ギリシャ語の文献も結構あります。どうしても意味のわからない綴りがケルト語!なんてこともありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/27 22:03

まずは古典ラテン語から始めてください。

普通 “ラテン語” と呼ばれているのはこれです。書店やネット検索でも参考書は見つかります。
中世ラテン語、教会ラテン語、俗ラテン語などありますが、これらは古典ラテン語が変化したものと考えてよく、参考書はあまり種類がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかり易い回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/27 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラテン語で創造神

今小説を書いているんですが、その中でラテン語で「創造神」を使いたいんですが調べてもわかりませんでした。
「破壊の神」はわかりましたが、「創造神」がわからないので教えてくださいm(_ _)m
どの部分が「創造」で、どの部分が「神」なのかも教えてくれたら幸いです。

Aベストアンサー

どのような世界観かは分かりませんが、次のような表現で大丈夫と思います。

Deus Creator(デウス・クレアートル)

これは創造神ということではなく「神すなわち創造主」ないし「創造主である神」ということで、神という名詞と創造主という名詞を同格で並べたものです。英語でも the Creator とか Creator deity というようにありふれた creator という語にもこういう意味があります。

検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&q=%22deus+creator%22&start=10&sa=N

文字通り訳せば Deus creationis (=God of creation), Deus, qui creat omnia (=God, who creates everything) なども可能ですが名詞同格の方がすっきりしています。ちなみに同じやり方で「破壊の神(破壊者である神)」は Deus Vastator(デウス・ワスタートル)と言います。ついでにこれの検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%22deus+vastator%22&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

どのような世界観かは分かりませんが、次のような表現で大丈夫と思います。

Deus Creator(デウス・クレアートル)

これは創造神ということではなく「神すなわち創造主」ないし「創造主である神」ということで、神という名詞と創造主という名詞を同格で並べたものです。英語でも the Creator とか Creator deity というようにありふれた creator という語にもこういう意味があります。

検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&q=%22deus+creator%22&start=10&sa=N

文字通り訳せば Deus c...続きを読む

Qラテン語でラテン語

リングワ・ラティーナは英語ですよね?
じゃあラテン語で「ラテン語」はなんと言うんでしょうか?
スペルと読みをお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>リングワ・ラティーナは英語ですよね?

なぜ?

ラテン語で lingua Latina [lingwa lati:na]、英語で Latin。Latin language とも言えるが通常は Latin だけで可。

Qラテン語の素読

ラテン語の素読に適した本を教えてください。

それから、古典ラテン語や中世のラテン語があるようですが、どの時代のラテン語がおすすめでしょうか?

Aベストアンサー

ぜひ古典ラテン語の詩(韻文)に挑戦してみてください。

Vergil"Aeneis" Ovid"Metamorphoses"など叙事詩の韻律で書かれたものが手始めにはよいのでは。

Loeb Classical Libraryが入手し易く、英訳も付いています。

またstorm50さんが挙げておられる「楽しく学ぶラテン語」(大学書林)のシリーズには別に(1)の初心者向けのほうがあって、様々な作家の原典から抜き出した例文が対訳・長音記号付きで載っています。

この本は例文それぞれに出典が明記してあるというのが良いところです。お好みの作家・作品を見つけ出す参考になると思います。

Q英語のほうが日本語よりも本を読むのに有利ではないですか

英語の本は教科書や一般の小説でも、日本のそれに比べて分厚いのがありますね。また、アメリカの子どもは文字の発音の法則を身につけるまでは日本の子どもより読むのは遅いが、いったん身につけると日本の子どもよりどんどん高度な内容を読めるようになると何かの本で読んだ気がします。漢字とひらがな混じりの日本語よりも、アルファベットからできている英語のほうが内容を理解しやすいとかあるのでしょうか?特に自然科学ではそもそも未知数のx,yが英語のアルファベットですよね。長々と書きましたが、言語の違いが本を読んで内容を理解する上で大きな差をもたらすのでしょうか?両方とも同じくらい読める人はどちらで読んだほうが次々と高度な内容にいきつけるのかとかを知りたいのです。

Aベストアンサー

英語と日本語はある点で似ています。それは両語とも外来語なしで成り立たない言語だということです。

日本語はやまと言葉に漢語と漢語風の日本語(造語)が加わって成り立っています。又教育レベル、年齢に応じた用語(単語)が多く、敬語や謙譲語などが加わるため語彙が膨大に膨れ上がっています。漢語交じりの文章は書くのも読むのも負担になります。

>日本の子どもよりどんどん高度な内容を読めるようになる
英語に対する基本的な誤解がありますね。
英語であればideaという単語を幼児から大学教授までが使います。日本語では「考え、概念、観念、思想、アイデア」と使い分けなければなりません。英語と日本語の差を知らない人は幼児がideaという単語を使えば、難しい言葉を知っているのねと感心するでしょう。

日本語が難しいように子供にとって英語の発音、綴りは例外が多いため大変な努力が必要です。これは英語がフランス語経由で借用したラテン語系の単語が6割強といわれるほど多いからです。丁度漢語なしでは日本語が成り立たないように、英語はラテン語系の単語なしでは成り立たなくなっています。つまりゲルマン系の本来の単語と共に教育レベルが上がるにつれてラテン語系の単語を学ばなければなりません。

アルファベットを知っていれば文章が書けるわけでもありません。子供たちは単語ごとに覚えていく(mother, father, tree, horseなど)ので
あるレベルに達するまでは日本人が漢字を覚えるのに似ています。日本語にはひらがながあるので漢字を知らなくても表現したいことは書くことが出来ます。 英語では綴りが分からなければ書くことが出来ません。

>分厚い英語の本
これは表現の民族性の差や表現力の個人差の問題であり、日本語と英語の表現力の問題ではありません。同じ日本人でも作文やレポートで3ページしか書けない人と10ページでもまだ足らない人がいるようなものです。

このように二つの言語の優劣を簡単に論じることは出来ません。もし比較するとすれば完全なバイリンガルとして両語に同じように精通していることがスタート点になります。

英語と日本語はある点で似ています。それは両語とも外来語なしで成り立たない言語だということです。

日本語はやまと言葉に漢語と漢語風の日本語(造語)が加わって成り立っています。又教育レベル、年齢に応じた用語(単語)が多く、敬語や謙譲語などが加わるため語彙が膨大に膨れ上がっています。漢語交じりの文章は書くのも読むのも負担になります。

>日本の子どもよりどんどん高度な内容を読めるようになる
英語に対する基本的な誤解がありますね。
英語であればideaという単語を幼児から大学教授ま...続きを読む

Qラテン語の辞典

現在ラテン語の辞典として田中のを用いているのですが、中世ラテン語や学術ラテン語がほぼ全然掲載されていません。古典ラテン語の語彙以外の語彙を手広く収録した羅語辞典か、中世ラテン語・神学ラテン語・学術ラテン語等に特化した辞典か、できれば前者、ご紹介していただけないでしょうか。日本語・英語・ドイツ語ならどれでもかまいません。購入媒体もamazonその他お教えください。
自分で見つけた限りでは学習者向けlangenscheidtの1000ページ超のが情報量が多そうなのですが、未見なので購入に踏み切れません。この辞典などご存知の方、内容についてお教えください。

Aベストアンサー

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見かけることがありますが、近世以降の学術用語ではなく「スーパーマーケット」「インターネット」といった現代的な語彙を意味している場合が多々あります。統合されたヨーロッパの共通語としてラテン語を復権させようという動きと繋がっているのでしょう。

神学ラテン語から中世、近代の学術用語までを網羅した辞書というのは無理かもしれません。特化するには地理的にも時間的にも対象が広すぎます。神学なら神学の専門辞書、という形で探された方がよいかもしれません。イギリスで書かれたラテン語を専門に扱った辞書すらあります。

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見か...続きを読む

Q世界を知るにはアメリカのニュースを読むか、イギリスのニュースを読むのか

世界を知るにはアメリカのニュースを読むか、イギリスのニュースを読むのかどっちがいいですか?

Aベストアンサー

「アメリカ系の新聞雑誌」「イギリス系の新聞雑誌」を比べてどうか,というご質問でしたら,一般にイギリス系の方が国際的な印象があります。やはり,アメリカやEUを意識せざるをえないからだと思います。

日本に住んで週刊誌の Time (米) を定期購読すると,アジア版が届くはずですが,それでもアメリカ色が濃厚です。東京で Time 誌のための取材をしている日本人記者の話を聞いたことがありますが,アメリカ版本誌は彼女から見ても「アメリカの国内向け」な話題ばかりで面白くないことが多いと言ってました。

これに比べると,イギリス系の The Economist は,全世界をカバーしようとする編集方針がはっきりと見えて,はるかに国際的な気がします。

国際線の飛行機の機内でよく目にする US News & World Report という新聞がありますが,要するにアメリカ人が興味をもちそうな外国の話題がいくつか,アメリカ人特有の視点から載っている「アメリカの国内紙」です。これに比べると NY Times の国際版 International Herald Tribune はパリで編集されているので,アメリカ系とは言え,ヨーロッパやアジアのニュースが多く,NY Times の本紙とは違ってアメリカ色が押さえられています。論説・意見のページにも,アメリカ人でない人が頻繁に登場します。

英語の新聞雑誌はほかにもたくさんあるので,私が知っているいくつかのものについての主観的な印象を述べたに過ぎませんが,参考になればさいわいです。

「アメリカ系の新聞雑誌」「イギリス系の新聞雑誌」を比べてどうか,というご質問でしたら,一般にイギリス系の方が国際的な印象があります。やはり,アメリカやEUを意識せざるをえないからだと思います。

日本に住んで週刊誌の Time (米) を定期購読すると,アジア版が届くはずですが,それでもアメリカ色が濃厚です。東京で Time 誌のための取材をしている日本人記者の話を聞いたことがありますが,アメリカ版本誌は彼女から見ても「アメリカの国内向け」な話題ばかりで面白くないことが多いと言ってました。...続きを読む

Qラテン語学習者に質問

私の憶測ですが、日本でラテン語を学習する人はみんな英語を一定レベル習得し、約半数の人は フランス語またはイタリア語も既に学習されているかと思います。
そこでラテン語学習の経験のある方に質問します。
ラテン語の学習にはどんな参考書を使いましたか?
また、ラテン語学習前に英語以外で学ばれた外国語はありますか?

Aベストアンサー

>ラテン語の学習にはどんな参考書を使いましたか?

独習者のための楽しいラテン語
ラテン語4週間
ラテン語のはなし

学習したといっても初歩の初歩です。

フランス語を勉強しようとしたこともありますが
ラテン語より難しいと思いました。

>また、ラテン語学習前に英語以外で学ばれた外国語はありますか?

ラテン語系ではないですがドイツ語です。
何故か、フランス語などにはない格変化があります。

Qヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語がわかる方!

別の質問でキリスト教について教えてもらい、
ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語に少し興味を持ちました。

そこで、まず最初は数の数え方から覚えてみようとネットで探したのですが、
ギリシャ語の数字は「ミゼン、エナ…(中略)…エネヤ、ゼカ」というのは、見つけましたが
他の言語は、見つかりませんでした…(^_^;)

そこで、ラテン語・ヘブライ語での、数の数え方(0~10まで)を教えてください。
(カタカナで読み仮名を書いていただければ嬉しいです…)

また、ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語の挨拶や簡単な単語が載っているサイトや本等がありましたら、教えていただければ幸いです。
(真剣に学習を始めたわけでなく、まだ興味段階なので、あまりに高い本などは買えません…/汗)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ラテン語では、

0  nihil ニヒル(なにもない、虚無の意)
1  unus ウーヌス
2  duo ドゥオ
3  tres トゥレス
4  quattuor クァットゥオル
5  quinque クィンクェ
6  sex セクス
7  septem セプテム
8  octo オクト
9  novem ノヴェム
10  decem デケム

英語の9月から12月までが、本来7月から10月までの呼び名であったことがわかりますね。

ヘブライ語では、(聖書ヘブライ語ではなく、現代語ですが)

0  efes エーフェス
1  ekhad エハードゥ akhat アハートゥ
2  shnayim シュナーイム shtayim シュターイム
3  shloshah シュロシャー shalosh シャローシュ
4  arba’ah アルバアー arba’ アルバー
5  khamishah ハミシャー khamesh ハメーシュ
6  shishah シシャー shesh シェシュ
7  shiv’ah シヴアー sheva’ シェーヴァ
8  shmonah シュモナー shmoneh シュモネー
9  tish’ah ティシュアー tesha テーシャ
10 ‘asarah アサラー ‘eser エーセル

左が男性形、右が女性形です。
文字はここには表示できません。

まず、ラテン語では、

0  nihil ニヒル(なにもない、虚無の意)
1  unus ウーヌス
2  duo ドゥオ
3  tres トゥレス
4  quattuor クァットゥオル
5  quinque クィンクェ
6  sex セクス
7  septem セプテム
8  octo オクト
9  novem ノヴェム
10  decem デケム

英語の9月から12月までが、本来7月から10月までの呼び名であったことがわかりますね。

ヘブライ語では、(聖書ヘブライ語ではなく、現代語ですが)

0  efes エーフェス
1  ekhad エハードゥ ak...続きを読む

Qラテン語について。

最近ラテン語に興味を持ち始め
独学でもしようかなと思っているのですが
分かりやすくラテン語を学べるサイトや
翻訳(ラテン語→英語・英語→ラテン語)サイトなどをご存知の方はいますでしょうか?

Aベストアンサー

学習のガイドとしては参考に挙げたサイトがお勧めです。

翻訳サイト、といいますか辞書代わりに単語が引けるようなものならウェブ上に多数存在します。
http://www.freedict.com/onldict/lat.html などがそうです。

但し、この種の辞書は文法の基礎知識がなくては使えません。"luceat"という単語の意味が知りたくて、そのままの語形で入力しても「該当なし」です。この場合、紙の辞書の場合と同様"luceat"の意味を知るにはその1人称単数現在の形である"luceo"という語形を導き出す必要があります。

英語の辞書だって"shines"のように3単現の"-s"の付いた形や現在分詞(-ing)の形をいちいち載せてはいませんよね。英語の辞書だと動詞はその「原形」を見つけないといけません。「知識がないと使えない」というのはそういう意味です。

そういった決まりごとを覚えるのが最初ちょっと大変かもしれないけれど、フランス語だってドイツ語にだってほとんどのヨーロッパ語には最初に覚えないといけない語形変化の膨大な規則があります。ラテン語は古風なだけにきっちりしていて例外が少なく覚え易いと思いますよ。

参考URL:http://www.kitashirakawa.jp/~taro/indexj.html

学習のガイドとしては参考に挙げたサイトがお勧めです。

翻訳サイト、といいますか辞書代わりに単語が引けるようなものならウェブ上に多数存在します。
http://www.freedict.com/onldict/lat.html などがそうです。

但し、この種の辞書は文法の基礎知識がなくては使えません。"luceat"という単語の意味が知りたくて、そのままの語形で入力しても「該当なし」です。この場合、紙の辞書の場合と同様"luceat"の意味を知るにはその1人称単数現在の形である"luceo"という語形を導き出す必要があります。

英...続きを読む

Q英語の勉強方法、勉強のやり方の本でオススメの本 

英語の勉強方法、勉強のやり方の本でオススメの本があれば教えて下さい URLを教えてください

Aベストアンサー

英語上達には"王道"はないです。
また勉強法はその人の英語力にもよっても変わってくると思います。

とりあえず、参考までに一つ。

英語上達完全マップ
http://homepage3.nifty.com/mutuno/

本もありますよ。


人気Q&Aランキング