生命保険の契約を検討する時、生命保険会社から検討材料として、保険設計書をもらうことがあります。
金融監督庁では、この保険設計書の保存と、保険契約者や当局から請求があったときに、即時検索して閲覧できるようにすることを義務つけたと聞きましたが本当でしょうか。
もし、本当なら該当の法律、政令等も併せて教えていただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 「金融商品の販売等に関する法律」というのが、そうですが、法律では、保険設計書の保存は義務付けられてはいませんが、生保協会の取扱指針により、保険設計書を含む募集データ、契約データの開示、即時検索して閲覧できるようにすることを規定しています。



(法律)
http://www.fsa.go.jp/notice/noticej/kinyuusyouhi …
(取扱指針)
http://www.seiho.or.jp/sisin/mokuji.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三字熟語とか4字熟語を調べるには、 国語辞典で合ってますか?

三字熟語とか4字熟語を調べるには、
国語辞典で合ってますか?

Aベストアンサー

国語辞典では足りません、四字熟語辞典がいいでしょう。歳をとると知ってて当たり前、となるから必要ですね。
恋文を書くにも便利だけど、今やなんでもスマホですからね、でもスマホって信用出来ますか?我々昭和の漢字世代が見ると、時々怪しいのもあります。
大切な恋文はちゃんとした辞書を使いましょう。引くのが大変?でもストライクゾーンは何処にあるか、は知らなくてもいいから大切に考えた文、というのは心に訴えます。

Q生命保険契約者の変更について

知人より相談されました。
知人は会社の社長をしておりましたが、この度経営が苦しく自己破産を会社が申請しました。ここで質問ですが、この社長個人が掛けていた個人(社長本人が契約者で被保険者も社長本人、受取人は奥さん)の生命保険金(積み立て型)は掛けていくことができなくなるので契約者を社長本人から社長の娘さん(社外の方)に変更したいのですが、可能でしょうか?この生命保険は担保等にはもちろん入っていません。

Aベストアンサー

1.社長個人も自己破産なら、生命保険の積み立て額は資産として、勝手に処分できない。
2.そうでないなら、娘へは、贈与になるので、娘が贈与税を払うことが前提。3.そして、生命保険会社の約款で、契約者変更が認められているか、確認が必要。

Q潜在意識という4字熟語は、おかしい?!

駿台文庫の「現代文頻出課題文集」について質問です。

この本のP126の評論に潜在意識というのがあって、国語辞典で調べてみると「自分では、少しも意識していないが、その人の行動や考えに影響を及ぼしてる心の

働き」と書いてあったのですが、この意味なら潜在心理とかになりませんか?潜在(潜んでいる)のは、心の働きなわけですし(1)

また、この4字熟語が具体的にどういう現象をさすのかが?です。そんなことってあるのか?という感じです。

だれか、詳しい人は、教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。
潜在意識とは「活動はしているが自覚されない心理現象」と定義されます。質問者さんの仰る通り、心の深層に潜在しているのはその働きです。

意識といいますのは「随伴現象」であり、脳内で作られる心象を自覚するために発生するものです。ですが、実際に意識の中で扱われるのはほんの一部分でしかなく、我々の脳内に自覚されない心理現象の存在することは明白です。潜在意識とはこれを指します。
では、意識というのが自覚を行うための現象であるならば、自覚を行わない潜在意識に意識は発生していないということになります。ならば、意識の在る無しに関わらず我々の脳内に何らかの心理現象が発生するのであるならば、それは顕在・潜在ではなく、「意識・無意識」によって区別されなければなりません。

我々の脳内に無意識が存在するというのは、それは意識に上らない心理現象を扱う機能が構造的に存在するということです。無意識行動といいますのはその結果であり、これは「無意識領域」の働きによるものです。これに対しまして、意識行動が執られるならば更に意識領域の働きが加わることになり、そこに自覚という現象が伴います。
では、同様にこれを「潜在意識領域」と捉えたらどうなるでしょうか。ところが、我々の脳内には記憶情報など、意識に上る前の「前意識」というものが格納されており、これでは決して意識に上ることのない無意識領域の定義と区別することができなくなってしまいます。
このように、最初に述べました通り潜在意識とは即ち心理現象であり、その働きとは、厳密には無意識領域の機能として脳内に存在するものです。ですが、潜在意識といいますのは意識を中心とした考え方であり、意識と対比するならば分りやすいのですが、これでは脳内にその存在や構造を示すのには不十分です。このため、ここでは意識ではなく、常に無意識を中心とした考えが優先され、従来の心理学で潜在意識という用語が用いられることはほとんどありませんでした。

恐らく、これが潜在意識という言葉の位置付けであり、厳密には学術用語ではないです。因みに「顕在意識」という言葉は国語辞典にも載っていません。
ご質問を拝見したときから気になっていたのですが、質問者さんがお調べになった「考えや行動に影響を及ぼす」という部分は、これはどう見ても潜在意識の定義には不必要な拡大解釈に当たり、わざわざこのような説明を載せている辞典はちょっと珍しいです。今では頻出文例でも扱われるほど巷に飛び交っており、専ら経営学や能力開発などの分野に派生していますが、ただ単に都合の良い解釈として用いられているものも少なくありません。経営学や能力開発といいますのは人間の営みを扱う学問です。ですが、それが必ずしも人間にとって都合の良い結果になるとは限りません。このため、ここで都合の悪い部分を改変してしまいますと、科学としての客観性が著しく損なわれる結果となります。

こんにちは。
潜在意識とは「活動はしているが自覚されない心理現象」と定義されます。質問者さんの仰る通り、心の深層に潜在しているのはその働きです。

意識といいますのは「随伴現象」であり、脳内で作られる心象を自覚するために発生するものです。ですが、実際に意識の中で扱われるのはほんの一部分でしかなく、我々の脳内に自覚されない心理現象の存在することは明白です。潜在意識とはこれを指します。
では、意識というのが自覚を行うための現象であるならば、自覚を行わない潜在意識に意識は発生してい...続きを読む

Q貸金業者と生命保険契約との関係について

貸金業法第12条の7(生命保険契約等の締結に係る制限)で, 「貸金業者は、貸付けの契約[中略]の相手方又は相手方となろうとする者の死亡によつて保険金の支払を受けることとなる保険契約を締結しようとする場合には、当該保険契約において、自殺による死亡を保険事故としてはならない。」とあります。
この条文は貸金業者が生命保険契約の当事者であるかのような規定の仕方をしていますが,貸金業者はあくまで受取人であって,保険契約の当事者ではないような気がします。
貸金業者がこのような生命保険契約の当事者となることがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>業者はあくまで受取人であって,保険契約の当事者ではないような気がします。

 保険契約では、契約者、被保険者、受取人という登場人物がでてきますが、それらがすべて同一人物である必要はありません。契約者(当事者)は、保険会社及び貸金業者、被保険者は借主、受取人は貸金業者という保険契約も有効です。

>貸金業者がこのような生命保険契約の当事者となることがあるのでしょうか?

消費者信用団体生命保険というのがあります。

参考URL:http://www.seiho.or.jp/data/other/syouhisyasdansin/index.html

Q4字熟語

鏡自不照とはどういう意味でしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「鏡は自らを照らさず」とか、「鏡は自らを照らせず」とかの意味ではないかと思いますが・・・。
「周囲を照らしている鏡は、周辺のことは隅から隅まで見て理解できるが、自分のことを照らすことは出来ない。したがって、周囲のことがわかっている割に、自らのことは見えていない」と解釈しました。

*「世間のことは判っている人でも、自分のことは判らないものだ」という解釈なのでしょうか?

全く知らない熟語ですが、そのように字面からは受け取れます。

自信なし!参考にはならないかも。

Q生命保険の過去の契約の開示に付いて

11年程前に亡くなった者の兄弟が、相続人として亡くなった者の生命保険の契約内容と支払者の開示を、求める事が出来るのでしょうか。
弁護士さんでは出来るのでしょうか。
生命保険の記録が残っていたと仮定してです。

Aベストアンサー

保険契約の内容については,相続人であれば開示するでしょう。

受取人については,保険会社によっては,開示請求者以外が受取人として指定されていたような場合には,第三者である受取人の個人情報ということで,開示しないケースもあります。

Q4字熟語

一龍一蛇の読み方と意味は

Aベストアンサー

イチリョウイチダ

時の流れのままに自在に変化し、一つの立場に執着しない

Q破産直前に契約者変更した生命保険も解約させられる?

タイトルどうりなんですが、いま叔父が大変な状況にあってます。
おおよそ2億くらいの借金を作って、家族(子供も)の貯金もすべて使ってしまってる状態です。
資産も財産も何もありません。
持ち家がありますがローンが残っておりなくなるのは確実です。
弁護士さんに相談するちょっと前くらいにせめてもの思いで生命保険(死亡保障)の契約者(叔父本人)と受取人(奥さんで借金の保証人)を息子さんに変更したそうです。
2つで合計600万くらいの死亡保障だそうです。
本人名義だと解約返戻金で返済しなければいけなく、解約させられますよね?
でも破産するときは子供名義になっているわけですから解約させられることはないのでしょうか?
それとも保険会社に連絡して調べられ、取られてしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

重要な点を少々書き込みます。

1.破産する前に保険名義等を変更する事は資産隠しに当たり、裁判所や債権者にバレると免責を受ける事ができなくなります。
それほど破産時の資産隠しは重い事なんです。

2.保険の解約返戻金についてです。
生命保険の解約返戻金がある場合ですが、必ずしも解約しなければならないということはありません!!
解約返戻金の8分の1~4分の1にあたる金額を都合付ければ、解約しなくても良いです。

資産価値のある物について、破産前に変更すると資産隠しの疑いが掛かる事もありますので、正直に申告するのがよいとおもいます。
破産しても免責にならなければ何にもなりません。

Q書道で書くかっこいい言葉

習字で書いてあったら『こいつはすげぇぇ!!』と思うような字があったら教えて下さい!!!
2文字~4文字のでお願いします!!!!

Aベストアンサー

ベタなところでは「風林火山」とか?

他、4字熟語から探してみればいいのでは?
http://blogs.yahoo.co.jp/jack91g

ちなみに大人で書道している人は6文字以上がほとんどだと思いますよ。

風林火山も文章ごと書きます。
「疾如風徐如林侵掠如火不動如山」

Q契約が取り消された場合の第3者は即時取得する?

制限能力者Aからかばんを買ったBが、今度は善意のCにそれを売った場合、Aが制限能力を理由に取引を取り消したら、Cはかばんを即時取得するのでしょうか?
(即時取得の要件は整っているとします。)
つまらない質問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

即時取得が成立すると思います。

この場合、BC間の売買が、Aの無効主張の前後を問わず、Cは即時取得の要件を満たした場合に、初めて所有権を取得することになる。

(1)Cが取消前の第三者の場合
BからCへの売却後に、Aが未成年であることを理由としてAB間の売買を取り消した場合については、Cが目的物を買った時点では売買契約は有効になされており、即時取得は問題となり得ないのではないかという疑問もあるが、無効・取消後には即時取得が適用されることとの均衡上、この場合も取消の遡及的無効の結果、Cは無権利者と取引したものとして、即時取得の要件を満たせば所有権を取得すると解するのが一般的見解といえる。

(2)Cが取消後の第三者の場合
AがAB間売買を取り消し、Bは無権利者となっているので、即時取得は成立する。

以上です。
長文になり、分かりずらかったらごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報