ラップサイディングは雨漏りしやすいと言われました。

たびたびこちらでお世話になってます。
新築計画中の者ですが、外壁材についてお知恵をお貸しください。

当初、外壁はサイディングボードの「よろい調」といものにする予定でした。
しかし、希望の色が規格品にないということで、無塗装品に指定色で塗装を考えましたが、
50万円UPすると工務店に言われました。

そこで次に「ラップサイディング」を考えたのですが、工務店は、
「ラップサイディングは日本の気候に合わない。海外の雨の少ない地域ならよいが、
梅雨のある日本にはむかないし、最近のゲリラ豪雨のように横から吹き付ける激しい雨
によって、雨が侵入する。施工も大変だし、扱ってるメーカーも少ないからやめたほうがいい」
と言われました。

納得いかない気持ちでしたので、メーカー(東レ)に問い合わせたところ
「サイディングの種類によって雨漏りしやすいということはない。どんなサイディングボードを
使っても横雨にたいしてはサイディングの裏側に水は入る。そのために防湿シートを施工するし、
水が抜ける穴もつける。」
というものでした。
メーカーだから、悪い事は言わないのは当然かもしれませんが、工務店側の言い分は本当に
正しいのでしょうか?

ラップサイディングって、施工がそんなに難しいのでしょうか?
工務店がやけにラップサイディングをいやがっているのは何なのでしょうか?
施工の技術に自信がない?
それとも本当に雨漏りするので施主側のことを思って言っている?

土地にくっついている工務店なので、変更することはできません。
この工務店にやってもらうしかありません。

ラップサイディングは雨漏りしやすいのか?
ラップサイディングは施工が難しいのか?

この2点についてお知恵をお貸しください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

昼休み前から・・・・自分の投稿記事で気が気で無かったのですが・・・・


 #1です。 追加で書き込んだ 回答で やっぱりミスってました。すんません!!。

窯業系サイディングの 施工後の収縮率ですが・・・単位を間違ってました。
通常品で 4‰( %0 パーミル 1000分の1)= 0.4% 3Mの板で 12mm
セラディール18 で 1‰( %0 パーミル 1000分の1)= 0.1% 以下 3Mの板で 3mm以下
となります。

取り急ぎ・・・以上訂正致します。
  
  
    • good
    • 1

ラップサイディングを使用すると言う事は輸入住宅の様なお家を検討されているのでしょうか。


ラップサイディングは、施工費もスタンダードなサイディングに比べ若干コストUPですし、ランニングコスト(将来的な塗り替え)もかかってきますし。
 雨漏れの問題については、他の回答でもある様にサッシ周りのコーキングの劣化が一番多い諸問題ではないでしょうかね。
 これは万が一ですが、中間部の板がキズ付いた場合は部分的に取替えが不可能です。これは施工上の問題ですが、上に重なった部分に下板の釘が打ってあるためです。
 ラップは見た目もかわいいお家に仕上がるので個人的にはすきですが、後のメンテナンスを考えると少し考えてしまいます。
住宅ローン以外にメンテナンス費用も考えると、なるべく余分な費用は出したくないですからね。


参考までですが、そういったお家に似合う外壁は他にもいろいろあると思いますよ。
 
  http://frc-sto.com/  ここのstoと言う塗り材はほんとにスゴイと思います。

参考URL:http://frc-sto.com/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅くなりすみませんでした。

>ラップサイディングを使用すると言う事は輸入住宅の様なお家を検討されているのでしょうか。

まさしくそうです。

紹介いただいたstoもなかなかいい感じだと思いました。
ただ、濃い茶色の壁に白の窓枠をイメージしています。
白い壁だと、stoも考慮に入れたかもしれません。

お礼日時:2010/08/31 00:19

【追加情報】・・・#1です。


ラップサイディングの大きな特徴としては 基本的には横貼りサイディングですが 横方向のジョイントも 相ジャクリですので 普通のサイディングの様な ”縦目地 ”が有りません。したがってコーキングは サッシ廻りのみになり これが好まれるポイントでも有るのです。

尚 ”ヨロイ調 ”は クボタ松下外装建材の ”セラディール18 ”で出てますね。この材料は 横貼りですので 横方向のジョイントは 縦目地ができて コーキング納まりとなります。板の模様が ”ヨロイ調 ”になるのです。
このセラディール18 は素材自体が特殊で 特に寒冷地での ”凍害 ”には大変強く 施工後の収縮も少ない・・・通常窯業セメント系では 4%程 縮みます(3Mの板なら 12mmですので 縦目地1本程)この製品では 1%以内ですので 縦目地のコーキングが切れにくいのです。欠点は 粘りが少ないので 衝撃に弱いのです。
が・・・鉄骨系の建物でも 直ビス留め施工が出来るので 公共的な建物では 良く採用されてます。少し高いので特徴を良く理解出来てないと 採用し辛い商品でも有りますが、一度使うと ファンになって 引き続き此を採用される設計者も多いです。(特許製法でしたが もう切れてるかな?)

ヨロイ貼りサイディングの基は #2 の方が書かれてる アメリカンタイプの ”木質下見板 横貼り ”ですが 防火サイディングですので 消防法でも大丈夫です。(木材は 防火材ではありません!! ので使える地区が限定されます。)

以上追加情報でしたが 詳しくは 各メーカーサイトの カタログで確認してみて下さい。
   不明な箇所の説明は 経験上で解る範囲お答えしますので・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧な回答を度々ありがとうございます。
お礼が遅くなってすみません。
言いわけではないですが、土曜は建築家の無料設計相談へ出かけ、
そのあと工務店との打合せ(なんと4時間)、日曜日はその工務店が
現在建築中の建築現場を数か所見学して断熱材など見て回るなどして、猛暑の中疲労困憊してました。

打合せ時に、工務店にラップサイディングの件聞いてみました。
単刀直入に「外壁屋さんはラップサイディングの施工になれていますか」と。
答えは「慣れているとは言えない」ということでした。
とりあえず東レの見積もりを取ってもらことにしましたが、ラップサイディングは割高になると言われました。

よろい調のクボタのサイディングは、その工務店では「標準仕様」となっているため、
色を規格品にできれば安く上がりますが、「こげ茶」がないので別途塗装代が50万かかります。
でも、なかなか優れた外壁材なのですね。

ただ、雰囲気はラップサイディングのほうが出るような気がしています。
土曜日に会った建築家からは「ラップサイディングってなんですか」と言われました。
それくらい、現在ではあまり使われていない外壁材なのでしょうか・・・
「10年くらい前に流行った」とかも言われます。ですから詳しい事を聞ける人がなかなかいません。
”流行遅れの家”に見えないかも心配です。
建坪30坪の小さな家ですので、塗りの壁よりもラップサイディングのほうが雰囲気のある
たたずまいが醸し出せると考えていますが、考え違いでしょうか。

長々と書きましたが、詳しく教えていただいて感謝しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/31 00:41

体に害のない塗料です。

    • good
    • 1

ラップサイデインングについて検索してみました。

東レACEがヒットしました。
下見板貼りの工法のようですね。現在建材は平面でできているようなきがします。
横貼り下見板の場合は水切取り付けその上から横の板を取り付けていくと思います。
通常外壁材の下には防水性通気シ-トが貼られていて、はいった水を通気シ-トから
下の方ににがす使用になっております。たぶんラップ→重ねる サイデイング という意味だと思います。
たぶんそのような建物になれていない工務店さんではないでしょうか?
ただし木造りの防水通気シ-トを完全に止める必要があると思います。通常はジョイント面、サッシ取り合い面
水切面を必ず専用テ-プでしっかりと固定したほうが良いと思います。見えないからとおろそかにすると
後で雨水が入り内部に漏水するおそれがあります。これは防水通気シ-ト施工の注意点です。
それともうひとつは現場塗装をなにでやるかです。塗装品で工場出荷する場合は、完全に塗装が発散して
特定有害物質をほとんど発生しないと思いますが、現場塗りだと塗料によって発生し子供さんに対してアレルギ
をおこし、被害を発生させます。叉10年程度で塗りかえるともインタ-ネットの中には、書いてありました。
たぶん塗装業者も腕が良くないと不良部が発生します。なぜなら板を重ねていくので板小口塗装をしなければ
ならないからです。叉現在は外壁塗装材もほとんど溶剤系ではなく水性系塗料を使用しています。
これもシックハウス等に対する対応のためです。木材ということは、防腐処置も必要なので、その対応した
塗料が必要になります。通常木部だとキシラデコ-ルとかの防腐型塗装材を使用するのはそのためだと思います。
ラップサイデイングは工事したことは、ありませんが、木造りの保育所1000m2程度の建物の外壁でヒノキ板の
横張り下見板の工事はしたことがありますが、雨がもったという苦情は5年程度たちますがきておりません。
その時の塗料はワインからとったドイツ製塗料を使用しました。体に害の塗料でした。
    • good
    • 3

なかなか回答が付きませんね。


ラップサイディング・・・懐かしいですが 最近はあまり需要が有りません。
今では ”東レ ”だけでしょうか? 以前は各メーカーで発売してましたが・・・

一般的に 数多く採用されてない材料ですので 施工経験者が少ないのです。
ラップサイディング独特の納まりポイントが有り、此に馴れない職人が施工すると雨漏り事故を起こすことはあり得ます。特に 壁面の 出入り隅 での張り方で サイディングを 張る前に準備として施錠しないとならない事(コーナー捨て水切り)なんですが これが結構安易に施工されてる事が多く 横殴りの雨では 雨漏りします。

また 形状が ”段々鎧 ”になるので サッシとの取り合いも 馴れないと 普通の横貼りサイディングと同じ調子で納めると 雨漏りを起こして仕舞います。いずれも 雨漏りを直すには 一度サイディングを剥がさないと根本的な解決は出来ないのです。
多分 工務店さんは 過去に苦い経験をされたのでしょう。

ラップサイディングは雨漏りしやすいのか?
ラップサイディングは施工が難しいのか?
を納得の行くまで 工務店さんから 説明をうけて下さい。
もし、工務店さんが手配する サイディング屋さんに 施工上の自信が無いようなら 東レでは工事も手配して呉れる筈ですので 工務店さんと相談の上 外壁だけ ”メーカー直工事 ”で行かれたら如何でしょうか?

工務店を変更出来ないなら 良く話し合って納得の行く説明をしてもらいながら進めるか・・・・
第三者の 建築士に 管理を任せることも 考慮するのが良いと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

なるほど・・・
工務店が「商品に欠点がある」というのは、「施工に自信がない」
という事なんでしょうね。

外壁だけメーカー工事ってすごく引かれます。
値段も高くつきそうですよね・・・・

工務店に納得いくまで話を聞く。というところから始めたいと思います。

お礼日時:2010/08/28 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q靖国問題のデメリットとは?

靖国問題のデメリットを検索したのですが、これといって見つけることができませんでした。

一方メリットはいくつか見つけることができました。

なので、よければデメリットを教えていただきたいです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

旧満州に行ったことがあるのですが、神社がありました。そこで、年輩の中国の方と話したのですが、お祈りをさせられたそうです。また、日本人と中国人で居住区が分けられていたそうです。日本人に対して好意を持っているようでしたが、その方の少年時代の心に深く刻まれていることは間違いないでしょう。詳しくは分かりませんが、そのような神社が1箇所(中国)だけとは思えません。靖国神社だけが問題なのではなく、外国人にとっては日本軍国主義の象徴的なものであることは間違いないでしょう。したがって、靖国神社というハードの問題として捉えるのではなく、外国人の心に刻まれた戦争の傷跡を象徴するものとして捉えるべきでしょう。私は南方の国々には行ったことがないのですが、同じようなものがあるのではないでしょうか?

Q失礼します。 この度新築する計画をしてます。 新築に当たり迷信に不安を感じています。年まわり、木を倒

失礼します。
この度新築する計画をしてます。
新築に当たり迷信に不安を感じています。年まわり、木を倒す事、その他色々です。こんな私に、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その不安を忘れろ、不安を忘れろと言われたことも忘れろ、不安を忘れろと言われたことを忘れろと言われたことも忘れろ。

全ての不安は自分の中にあるものだから、それだけのこと。
良い家できますように!

Q社会保険と民間保険のメリット・デメリットとは何ですか?

社会保険と民間保険のメリット・デメリットについて
お伺いしたいのですが、

社会保険が強制加入、民間保険が任意加入という
一般的なことの他、

社会保険の健康保険ならば、半額を事業主が負担してくれたり、
傷病手当金という休業補償を受けることができる、とお得なようですが、民間保険に比べてデメリットってあるのでしょうか?
調べてみましたが、強制加入くらいしか分かりませんでした。

逆に民間保険はがん保険など社会保険に比べて、メニューが豊富だと思いますが、社会保険に比べてメリット・デメリットはあるのでしょうか?

やっぱりそれぞれの保険とも一長一短で
限界はあるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 社会保険と民間保険は相互に代替できるものではないためメリット/デメリットの比較は困難と思われます。

 参考URL等みれば理解できるのではと思います。

 私が理解している範囲では....
 医療機関にて治療行為を受けた場合、民間保険の多くは入院/通院期間や、治療内容の大まかな分類で保険金が支払われることが多いようですが、社会保険の場合、使った薬から検査内容、治療内容に基づき社会保険で一定の割合で治療費を負担し残りを医療機関で治療を受けた人自身が支払います。
 治療内容は医療点数で定められており、疾病などの種類により適応できる治療内容が定められています。そしてそれぞれの治療行為に関する医療点数も定められています。
 社会保険を使わず自由診療ということも可能ですが、原則として(例外は幾つかあるようです)は社会保険の診療と自由診療を混合した形で治療を受けることはできません。

 国内においては社会保険の場合は基本的には傷病手当金等自分で申請して受給するもの以外には治療時に自動的に負担するようなシステムです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA

 社会保険と民間保険は相互に代替できるものではないためメリット/デメリットの比較は困難と思われます。

 参考URL等みれば理解できるのではと思います。

 私が理解している範囲では....
 医療機関にて治療行為を受けた場合、民間保険の多くは入院/通院期間や、治療内容の大まかな分類で保険金が支払われることが多いようですが、社会保険の場合、使った薬から検査内容、治療内容に基づき社会保険で一定の割合で治療費を負担し残りを医療機関で治療を受けた人自身が支払います。
 治療内容は医療点...続きを読む

Q新築建築中の雨漏り

少し前から屋根施工について質問させて頂いているものです。

19日(火)屋根工事(大工)晴れ
20日(水)瓦工事 晴れ
21日(金)本日朝 雨 

本日朝屋根裏を見たところ
木が濡れている形跡が所々あります。。。
工法はルーフィングをして瓦を乗せるやり方です

瓦のメーカーは 丸栄
プラウドUU40ハイパーZ
になります。

これは正常なのでしょうか?
HMには又適当な事を言われてそのままになりそうな気がします
どうしたらいいのか本当に分からなくなってきました。
HMでは頼りにならない場合どうしたらよいのでしょうか?

どうか、良きアドバイスよろしくお願いします(ペコ

Aベストアンサー

本来ルーフィングをひけば、それのみで雨には対処できるぐらいルーフィングの性能は高いです。まして、その上に瓦が既に載っているのですからその下の構造用合板を通して垂木、母屋等が濡れているというのが
信じられません。
考えられるのは、瓦が割れて、雨がルーフィングの上へ落ち、そのルーフィングの取り付け方が悪くて(重ねが充分取れていない等)雨がルーフィングの中に回り込み、合板の上に落ち、またその合板の施工が悪くすき間が空いていてそこから雨が漏れて垂木等にかかったぐらいですかね。もし、憶測があっていれば、屋根は一からやり直してもらわないと根本的に雨漏りは直りません。HMに原因追及をしっかりやらせて下さい。構造と水仕舞いは住宅の基本です。ここを押さえて置かないと寿命の短い建物になってしまします。

Q借地権付きの土地のデメリットとは?

借地権付き土地を購入し住宅ローンを組み注文住宅をたてたいのですが、一般的に言われてるデメリットは50年後更地にして地主に返却となりますがその他にデメリットはありますか??ま

Aベストアンサー

宅建業者です。

他回答通り、住宅ローンを借りる金融機関の選択肢が無いのがまずは当面の問題ですね。土地に抵当権を設定できないので借入出来る額が少なく、金利も高い上に、多くの金融機関に承認されないという問題があります。

それをクリアしたとして、書かれている通りの更地返却の問題。
相談役である私のお客さんの中で、80歳にして更地返却を求められている方がいますが、その歳で家を失うのはいかがなものか。旧借地法に守られ契約は持続していますが、新借地借家法の元での契約ですから、更新不可であれば、おのずと返却を迫られる。

30歳で借地権を買い、60歳で建替えを予定した方が、ローンを借りられないという問題にも遭遇しています。借地は土地に抵当権を設定できないからです。
大規模リフォームをしようともしましたが地主が承諾がとれません。その理由は建物の寿命が延びる事で借地権の更新を拒否できないためでしょう。新借地借家法は、建物の寿命が延びようが借地権の更新が出来ない契約ですと、いずれ土地は返却をしなくてはなりませんが、リフォームや増築での地主の承諾を得ると言う面倒な手続きが待っている事には変わりありません。
もちろんリフォーム程度ですと、承諾が無くても強引に行ってしまう方もいますが、増築などですと差し止めを起こされる事も稀にあります。

地主の承諾は、借地権や建物の売買時にも必要ですし、承諾料を支払う必要がある場合が多く、初期投資は安く済んでも、最終的には高くつくと言う事も無きにしも非ずです。

私の地域で、現在の土地価格が約1000万円の物件に、毎年50万円近い借地料を支払っている別荘地があります。土地価格が下がったためにバランスが悪くなっただけですが、その借地権を売って他に安い土地を買いたいと思っても、売る事がままならないため、借地料を滞納するか、まだ使える家を解体して無償にて借地契約を解約している家が相当数あります。

もちろん、これは最悪の例をあげているだけですが…。

宅建業者です。

他回答通り、住宅ローンを借りる金融機関の選択肢が無いのがまずは当面の問題ですね。土地に抵当権を設定できないので借入出来る額が少なく、金利も高い上に、多くの金融機関に承認されないという問題があります。

それをクリアしたとして、書かれている通りの更地返却の問題。
相談役である私のお客さんの中で、80歳にして更地返却を求められている方がいますが、その歳で家を失うのはいかがなものか。旧借地法に守られ契約は持続していますが、新借地借家法の元での契約ですから、更新不可であ...続きを読む

Q(続)新築2年目の雨漏りの補修義務について

いつもお世話になっております。
前回「新築2年目の雨漏りの補修義務について」で質問させて頂いた物です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7159098.html
状況が少し変わりましたので新たに質問させて頂きます。

築2年の木造一戸建てで雨漏りによって構造部に雨がしみこんで壁内部の柱やフローリング下の構造用合板に黒カビが生えてしまいました。
修繕方法としては、まず外壁のコーキングが不十分でそこから水が浸入している事が判明した為、その部分のコーキングの修繕を行っていただきました。
また黒カビが生えている柱と窓枠下の構造用合板については、カビの漂白剤で殺菌し、窓枠下以外の構造用合板については構造用合板自体をめくって交換してもらうことになりました。
非営利法人の建築士2人が所属している住宅相談にも電話で相談し、その様な対応で良いのか確認した所、その対応で問題が無いとの回答でした。

しかし確かに表面上の黒カビは漂白剤により少し薄くなったのですが、まだまだ跡が残っておりますし、今後広がらないのか不安です。
そこで建築業者に聞いた所、木も腐ってないし水が入ってこなければこれ以上広がる事は無いとのことでした。
しかしカビが発生した柱と接している窓枠下の床の構造用合板もカビが発生しているのですが、今は乾いているが指で押すと柔らかいのです。
これは中までカビが浸食し、腐っているのではないかと思います。
この構造用合板は窓枠の下からベランダの先まで繋がっている板になっているそうで、この板自体は交換が出来ないと言われました。
柱についても同様で補強は出来るが、交換は出来ないという事でした。

窓枠下の構造用合板については交換出来ないものなのでしょうか?
もちろんこれをやろうと思ったら外壁を剥がして窓をはずしてベランダの防水を剥がして全てやり直すという事になるので非常に手間と時間とお金がかかるんだろうなというのは素人の私にも分かります。
建築業者としてはそこまでの補修をする義務はないという事なのでしょうか?
しかし、当住宅は10年保障に加入しており、それを使えば全て治せるんではないのでしょうか?
保険は使わずに業者は自分達でやると言っていますが、何故保険を使いたがらないのでしょうか?

文章が分かりずらく大変読みづらいと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

いつもお世話になっております。
前回「新築2年目の雨漏りの補修義務について」で質問させて頂いた物です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7159098.html
状況が少し変わりましたので新たに質問させて頂きます。

築2年の木造一戸建てで雨漏りによって構造部に雨がしみこんで壁内部の柱やフローリング下の構造用合板に黒カビが生えてしまいました。
修繕方法としては、まず外壁のコーキングが不十分でそこから水が浸入している事が判明した為、その部分のコーキングの修繕を行っていただきました。
また黒カビが生...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして

質問に記載されている保険は、住宅瑕疵担保履行法による『住宅瑕疵担保責任保険』の事ですね。
その保険は、火災保険や、地震保険などと、趣旨が違います。

住宅瑕疵担保責任保険は、購入された方を守る為の法律です。内容を簡単に説明すれば、新築から10年間は、建築した建設業者に決められた部分などの瑕疵が有った場合は、建設業者又は売主が責任を持って修理する事を、国の法律で決めました。
しかし10年の長い間で、建築業者又は売主が倒産などで、建築した建物に責任を持てなくなった場合に、保険が発動され、最高額2000万円から、免責の費用を差し引いた部分までの費用が、保険法人などから支払われます。

また、瑕疵を発見して、補修等の請求(この場合は修理の依頼)を建設会社にした場合、修理をしなかったり、トラブルが発生した場合は、指定住宅紛争処理機関に1万円を支払って申請を行えば、調停、仲介をしてくれるという内容です。

また保険には免責事項が数多く有ります。(建築会社もこの免責が有った場合は保証しません)
参考アドレス → http://www.how.or.jp/kasitanpo/insurance/index.html

この免責事項での一例ですが、建設会社又は売主と購入者がもめる理由は、地震、台風などの免責事項が影響して発生した瑕疵項目か、明らかに建築当初からの瑕疵項目かの判断が、非常に難しい事です。その為に紛争が起きた時に調停などでしっかりした判定が必要になって来るのです。

10年間何も問題が起きない建物が、1番良いのですが、その様な建物は希にしか有りませんので、新築から2年目なら、四会連合協定(民間工事は、この協定を元に工事契約を行いと理解して下さい。詳しくはネット検索して下さい)での担保期間でもあり、施行した建築会社も企業のプライドや、責任などで補修を行ったりしますが、やはり免責事項がその中に入ってくると、補修を行わない場合が有ります。

色々記載しましたが、まとめますと漏水が有った場合の修理は、元の建設会社又は売主に責任があり、その業者が修理を行い修理費用を負担すると言う事です。
そこでもめた場合は、住宅紛争処理機関が仲介になって、購入者と建設会社又は売主の間に立ち・調停・仲裁を行いますという内容の保険です。

その為、建築業者は自分たちで費用負担が発生する為に出来る限り、最小限の補修範囲にして置きたかったのでしょう。

しかし、とても気になる部分は、指で押さえると軟らかい部分が有りますと言う部分です。

記載された内容では、今後問題が起きる可能性が有りますので
1,内容を書類で記録して、現況を確認した人物などの署名捺印をもらって置きましょう。
2,書類には必ず日付を入れて置きましょう。
3,確認をしている写真を取りましょう。
4,指で押さえたら軟らかい部分に対しての説明を建築業者から、書面により頂きましょう。
5,その他、気が付いた部分は記録として残しましょう。

建築業者は、漏水の対応をスムーズに行っているので、特に悪い業者では無いと思います。
しかし気になる部分は(さわると軟らかい)、通常あり得ませんので、建築業者さんに、説明をしてもらった方が良いと思いますよ。

はじめまして

質問に記載されている保険は、住宅瑕疵担保履行法による『住宅瑕疵担保責任保険』の事ですね。
その保険は、火災保険や、地震保険などと、趣旨が違います。

住宅瑕疵担保責任保険は、購入された方を守る為の法律です。内容を簡単に説明すれば、新築から10年間は、建築した建設業者に決められた部分などの瑕疵が有った場合は、建設業者又は売主が責任を持って修理する事を、国の法律で決めました。
しかし10年の長い間で、建築業者又は売主が倒産などで、建築した建物に責任を持てなくなった場...続きを読む

Q外来魚の販売禁止によって起こるデメリットとは?

外来魚の販売禁止をするか否か、という問題を最近よく耳にするのですが、私は外来魚は生態系を破壊する物だし元々日本に居なかったものなのだから販売禁止をしてもデメリットはないと思うのですが、
外来魚の販売禁止に反対している人々にとっては、外来魚の販売が禁止になるとどういうデメリットが起こるのでしょう?

Aベストアンサー

 「自分たちが楽しめなくなる」というデメリットでしょう。

 「反対活動」に「正当性」は必ずしも必要ではありませんから。

Q新築の際屋根の「谷」は雨漏りの原因になるので避けるべきか

住宅メーカーで新築計画を進めています(木造軸組工法)。間取りの関係から、切り妻の屋根のほぼ中央部に7メートルくらいの「谷」ができています。角度はいずれの屋根においても45度くらいの方向で、両屋根に降った雨の相当量がこの「谷」に流れ込みますが、住宅関係の本の数冊に「谷」は雨漏りの原因になるので避けるべきと書かれています。もっとも、住宅メーカーの担当者に尋ねると、施工をしっかりするので問題ないと言われました。「谷」ができないような屋根の図面も検討してもらいましたが、寄棟を半分で切ったような形状になり、正面からは大きい切り妻の良い形なのですが、左右から見ると不恰好になります。やはり、「谷」はさけるべきでしょうか?

Aベストアンサー

谷樋について、屋根施工側からの意見を言わさしていただきたいと思います。
図面を見たわけではないのでしっかりしたことが言えませんが、切妻の屋根と切妻の屋根の間に谷樋があってそこの間の7メートルの谷樋のことを心配しているとのことと思います。
施工側からすれば、できればこのような谷樋(箱樋)はなくしていただきたいのが本音です。
私どもでは、デザインよりも安全性を重視したいからです。
なぜなら通常施工がしてあっても外的要因で雨漏りが多いのです。
よくあるのが、鳥の巣が落ちてドレン(樋の落とし口)がつまる。スーパーのゴミ袋が風で飛んできてつまる。落ち葉が積もってつまる。等あります。また、雨漏りだけではなくて結露にも注意して施工する必要があります。
こういった雨漏りは、外的要因になるため補償対象外になります。
どうしても谷樋が必要で勾配が少ししかとれない場合は、通常のV谷樋よりも雨量的に多い雨にもたえる箱樋に変えること。
とくに雨が集中する場所には有効です。
樋の落としは出来れば左右2箇所とること。
板金の箱樋に結露対策を考えること。
ドレン周りにゴミつまり対策のよりドレンより一回り大きい網等をつけること。
定期的に樋の内部を掃除すること。などです。
ご参考になりましたでしょうか。

谷樋について、屋根施工側からの意見を言わさしていただきたいと思います。
図面を見たわけではないのでしっかりしたことが言えませんが、切妻の屋根と切妻の屋根の間に谷樋があってそこの間の7メートルの谷樋のことを心配しているとのことと思います。
施工側からすれば、できればこのような谷樋(箱樋)はなくしていただきたいのが本音です。
私どもでは、デザインよりも安全性を重視したいからです。
なぜなら通常施工がしてあっても外的要因で雨漏りが多いのです。
よくあるのが、鳥の巣が落ちてドレン(樋...続きを読む

QODAのデメリットとは?

ODA(政府開発援助)に詳しい方、教えてください。

日本がアフリカへのODAの額を増やすことで、何かデメリットはあるでしょうか?

Aベストアンサー

ODAはドル建てで行うでしょうから、既に保有している外貨預金準備高から拠出すれば別にわざわざ新たな
借り入れを行う必要などないでしょうに。

デメリットがあるとすれば、折角支出したODAを戦争に使われる、とか本来の目的のために利用されず、支出
先の支配者の懐に大部分が入ってしまう、とか、昔あったみたいに、先方の教育をきちんと行わずに日本企
業が撤退して、ODAで開発されたものが無用の長物と化してしまう、とかそんなレベルじゃないですか?

Q新築1戸建を購入しましたが3年で雨漏りがあります。

3年ほど前に新築一戸建てを購入し、現在まで大きな問題も無くすごしてきましたが、昨日の雨で雨漏りが・・・。
今まで台風などありましたが、特に水が出るわけではありませんでした。
新築を購入し1年目、2年目はアフターメンテナンスで保障してくれましたが、3年以上たったら自費なのでしょうか・・・?
大掛かりな修理になったら金銭面が不安なのですが、何か法的に決められている保障期間とかはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

新築住宅の場合は、平成12年(2000年)4月1日から、工事請負契約や
売買契約において10年間の「瑕疵担保期間」が義務づけられるように
なりました。

まずは契約書の確認とハウスメーカーへご連絡・相談してみてはいかがでしょうか?
適切な対応をしてもらえないようであれば消費者センターとか行政に
ご相談して下さい。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング