和宮の大奥での生活が描かれている文献。ジャンルは問いませんのでお心当たりのある方教えてください。お願します

A 回答 (2件)

和宮本人が書いた『静寛院宮御日記』、若しくは和宮のお付の女官(庭田嗣子)が書いた『静寛院宮御側日記』はいかがでしょうか。

和宮の大奥での生活が詳しく書かれているのは、後者の『静寛院宮御側日記』だと思います。
両方とも活字に起こされているので読むことは比較的容易いと思います。
大きな図書館、または大学図書館には所蔵されていると思うので、興味がお有りでしたら、是非一度御覧になってください。
人の手が入っていない一次資料ですので、お薦めです☆
    • good
    • 0

和宮の大奥の生活が書かれているかどうかはちょっと分かりませんが、和宮についてなら、吉川弘文館から出ている「人物叢書」に「和宮」というのがあります。

価格は税込みで1837円。図書館などにいけばあると思います。詳しくは下の吉川弘文館の出版図書分野別検索のHPで見てみてください。

参考URL:http://www2.books.or.jp/asp/cat/cat.asp?sc=8713
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイマドキの学生さんに質問です。私が学生だった数十年前は、友達と交換日記をするのが流行っていました。L

イマドキの学生さんに質問です。私が学生だった数十年前は、友達と交換日記をするのが流行っていました。LINEやFacebookなどの便利なアイテムが普及しているイマドキの学生さんは、交換日記をしていますか?教えてください。

Aベストアンサー

高校生です。
私は中学生の時使わなくなったノートに友達と1日1ページで交換日記みたいなものをしていましたが、1週間位でやめてしまいましたね(・・;)

Q和宮降嫁のルート

和宮降嫁のルートですが、大河によると中仙道を通ったらしいですね。

これが疑問なのですがなぜに中仙道なのでしょうか?
一番楽なのは船ですが、公武合体を喧伝するなら大名行列のように陸路を選ぶこともあるでしょう。
それにしても中仙道とは奇異です。
普通は東海道でしょうし、中仙道上に薩摩や水戸があるわけでもありません。いったいどういう意図があったのでしょうか?
途中に見せ付けてやりたい藩でもあったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>これが疑問なのですがなぜに中仙道なのでしょうか?

(1)最大の要因は「警護」のしやすさ、からでした。わざわざ山の中を通るわけですが、「公武合体」に反対する者が襲撃してきても、東海道のように広い路では、刀が振りやすいし、一気に集団で襲って来ることも考えられます。
(2)そこで、中山道を通ったのは、集団で襲って来たとしても、狭い山道ですので、一気に押し寄せてくることができない。刀も十分に振り回せない。などなど、で「わざと」道幅の狭い中山道と決定したのです。
(3)また、海路を使用しなかったのは、当時は、すでに諸外国の船が日本の沿岸まで何隻も集まっており、「攘夷」を唱える朝廷としては、外国船の襲撃も恐れました。
(4)さらに、和宮が京都を出立したのは、文久元年(1861)10月20日ですが、現代の太陽歴になおすと、11月の下旬になります。当然、「しけ」なども多かったので、これは「却下」。
(5)そして、東海道を通らなかったわけは、NO2.の方も言われているように、河川が多く、大風(台風)のシーズンではありませんでしたが、やはり、大雨で川の増水による「川止め」なども予測されました。
(6)「前例」が大きくかかわった。
和宮以前に公家の姫君が江戸へ下った「例」があり、「警護」が行き届いている・・・との「評判?」が存在しました。
享保16年(1731)に、比宮(なみのみや)が9代将軍家重へ嫁す。
寛延2年(1748)・・・五十宮(いそのみや)が10代将軍家治へ嫁す。
文化元年(1804)・・・楽宮(ささのみや)が11代将軍家慶へ嫁す。
天保2年(1831)・・・有宮(ありのみや)が13代将軍家定へ嫁す。
嘉永2年(1849)・・・寿明宮(すめのみや)が13代将軍家定の後妻に嫁す。
(7)和宮の一行は、京都方(京都近辺の諸藩から集められた)1万人、江戸よりの派遣1万6千人。その他に持参した品物を運搬する人足等を入れると3万人余りにもなり、延べ12の藩が輿を守った。行列の長さは約12里(50~60Km)にもおよび、通り過ぎるまでに4日もかかった、と言われています。
そして、街道筋では、「伝馬役以外は一切の外出禁止令が出され」「女は姿を見せないこと」「通行を上から(2階などから)見ないこと」「商家の看板は全て取り外すこと」「2階は雨戸を閉じること」「犬や猫はたまた赤子も泣かせてはならないこと」などなど、幾つもの「禁止令」が出され、それを可能にできるのは人口も少ない中山道だけであった。
(8)不吉な「語呂合わせ」。
東海道で富士山の眺望がもっとも素晴らしいと言われたのが「さった峠」(現:静岡県由比町)。当時で言えば、多くの見物人が押し寄せました。そして、この「峠」を絶対的に越さなければ江戸へは行けない。「さった」=「去った」で縁起が悪かった。
ごめんなさい、「さった峠」を漢字で入力しましたが、なぜか「文字化け」をしますので、平かなで書きました。

>>途中に見せ付けてやりたい藩でもあったのでしょうか?

この回答は「ありません」でした。それよりも、通過する諸藩では、逆に、沿道の整備(橋の修復や道路を掃き清める)などで、大きな出費でした。

(よもやま話)
(1)宿場も大混乱。
和宮が宿泊する宿では、壁を新しく塗り替える。襖(ふすま)や戸棚も全て「京風」に取り替える。畳表を取り替える。さらに、その上に「真綿」を敷き詰めて、縁の下から槍などで突かれるのを防いだ、と言われています。
(2)小さな宿場町は、もっともっと、大大混乱。
美濃太田宿(現:岐阜県)は小さな宿場町でしたので、記録では、人足7,800人、馬280頭、寝具類7,400枚、枕1,400個、飯椀8,000個、汁椀5,200個、膳1,000人分、皿2,000人分を新調したり、近隣の豪農の家々から集めた、という記録が残されています。
(3)2つの宿が協力。
和宮が通過した頃、中津川宿は、人口928人、家数228軒、旅籠29軒。そして、次の宿場の落合宿は、人口370人、家数75軒、旅籠14軒、と、それぞれが小さかったためと、約1里しか離れていなかったので、この2つの宿場は共同で行列を受け入れました。なにせ、行列は約12里もありましたから・・・。そして、一行が1泊しただけで252両もかかった、と、記録では伝えています。
(4)紅葉の一枝。
美濃の呂久川付近を一行が通過中、道端にひれ伏していた土豪が、一枝の紅葉を差し出すように頭の上に持ち上げていた。和宮にも輿の御簾(みす)から見えたらしく、ただ輿に揺られるだけで何の楽しみも無かったためか、輿を止めて、土豪から一枝の紅葉を受け取った。そして、
「落ちて行く 身と知りながら 紅葉(もみじ)ばの 人なつかしく こがれこそすれ」
と和歌を詠んだ、と言われています。
(5)10月20日、京都を発ち、江戸へ入ったのは、11月15日。約25日の行程であった。

あなたの「お役に」たてたでしょうか。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>これが疑問なのですがなぜに中仙道なのでしょうか?

(1)最大の要因は「警護」のしやすさ、からでした。わざわざ山の中を通るわけですが、「公武合体」に反対する者が襲撃してきても、東海道のように広い路では、刀が振りやすいし、一気に集団で襲って来ることも考えられます。
(2)そこで、中山道を通ったのは、集団で襲って来たとしても、狭い山道ですので、一気に押し寄せてくることができない。刀も十分に振り回せない。などなど、で「わざと」道幅...続きを読む

Q【iPhoneアプリで日記を付けたい】iPhoneアプリで日記を付けたいです。 オススメのアプリあ

【iPhoneアプリで日記を付けたい】iPhoneアプリで日記を付けたいです。

オススメのアプリありますか?

Aベストアンサー

間違えました、瞬間日記です(ーー;)

Q皇女 和宮が詠んだ和歌を教えてください。

和宮の歌は、どこかやさしく切ない感じがして、自分としてはとても好きです。
自分は、

・惜しましな君 と民とのためならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも

・空蝉の 唐織り衣 なにかせん 綾も錦も 君ありてこそ

・落ちて行く 身と知りながら もみじばの 人なつかしく こがれこそすれ

・哀れぞと 見ませすべ神 ませし世の 御影をだにも 知らぬうき身を

・住み慣れし 都路出でて けふいく日 いそぐもつらき 東路の旅 

・三瀬川 世にしがらみの なかりせば 君諸共に 渡たらしものを

・着るとても 今は甲斐なき 唐ごろも 綾も錦も 君ありてこそ

の和宮が詠んだ歌を知っていますが、このほかにも
知っている方はいませんか。教えてください。

Aベストアンサー

全く詳しくはありませんが、興味深いので探してみました。
こちらのサイトが参考になると思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-ymst/yamatouta/sennin/kazunomiya.html


『静寛院宮御詠草』 より

・袖に置く涙のつゆにうつしませ逢ふがまほしと恋ふる御影(みかげ)を

・ことしこそのどけさおぼゆ去年(こぞ)までは春を春とも知らざりし身の

通釈と補記が載っていますので、詳しくはリンク先でお読み下さい。


ご質問に挙げられていた「惜しましな~」と、「空蝉の~」については、上記の歌集から漏れていますが、和宮の歌として伝わる作なのだそうです。
歌が詠まれた背景もリンク先に解説があります。

ちなみに、最初にご紹介させていただきました、静寛院宮(和宮)はこちらの
【千人万首】http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-ymst/yamatouta/sennin.html
        の、《2.江戸時代二》からのリンクです。 

リンク先、ホームページのトップページはこちらです。
【やまとうた】http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-ymst/yamatouta/index.htm

全く詳しくはありませんが、興味深いので探してみました。
こちらのサイトが参考になると思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-ymst/yamatouta/sennin/kazunomiya.html


『静寛院宮御詠草』 より

・袖に置く涙のつゆにうつしませ逢ふがまほしと恋ふる御影(みかげ)を

・ことしこそのどけさおぼゆ去年(こぞ)までは春を春とも知らざりし身の

通釈と補記が載っていますので、詳しくはリンク先でお読み下さい。


ご質問に挙げられていた「惜しましな~」と、「空蝉の~」については、上記...続きを読む

Q日記のフリーソフトを探しています。

日記をつけたいと思い、フリーソフトを探しているのですが、何か良いフリーソフトを知っている方、教えてください。日記をつける頻度は毎日ではなく、気づいた時につける程度で、普通の日記ノートのパソコン版みたいなやつを探しています。OSはXPです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

みなさんいろいろなソフトを使ってるんですね。

私のお勧めは「しばやん日記」です。

わかりやすい作りでとても使いやすいです。
現在は落ち着いているのでバージョンアップはないようですが、
作者のHPにサポート掲示板があり困ったときには助けてくれます。

このソフト、ヘルプがとても面白いのでそれを読むだけでも価値ありかも(^^;

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA017625/

Q和宮の降嫁行列が50Kmにもなったのはなぜ?

和宮の降嫁するさいの行列が50Kmにもなったといわれえいます。
これは事実なのでしょうか?
50Kmは半端な距離がありません。
宿に泊るにして、とうてい一箇所ではすまないでしょう。
行列のに人数はどれくらいだったでしょうか?
1万人いたとしても、数Kmもあればよい気がします。
またそんな人数は必要ないのではないでしょうか?
お供が千人いたとして、それの警護が3千人で事足りるのではないかと思いました。
50kmは話が大きくなってしまっただけでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 yoshinobu_09 さん こんばんは、参考までにご覧ください。

 皇女和宮の降嫁は、舟による渡河がない中山道を使いました。ただし、諸荷物
道具の類は、出立に先立ち、東海道を経由して別途輸送されました。

 従って、行列はある程度の荷物は軽減されていました。とは言え、舟を使わず
といえども、中山道は、中部山岳地帯を貫く街道で難所も多く、例えば、当時の
和田峠など、人のすれ違いがやっとというような険阻な山道もありました。
 そもそも、五街道が制定された当時、道幅も決められたのですが、宿場内はと
もかく、山中では馬のすれ違いが出来ない箇所までありました。
 そういう所を、とんでもない人数の行列が通ったのです。

 加賀前田家(初めの頃は木曽路を通っていた。)など、大人数の大名行列も同
様でしたが、行列の先頭から最後尾までが数珠繋ぎに列を組んでいたわけでは
ありません。

 先ず、宿泊場所の確認・手配に始まり、先触れ、警護、本隊などに分かれ、そ
れぞれに人足・荷駄が加わるわけですから相当の人数・行列になりました。
 このような人数を受け入れられる宿泊施設といいますと、「大概帳」によります
と、当時、木曽路で比較的規模が大きかった妻後宿であっても、旅籠の数は大
小あわせても31軒しかなく、相当手際よく各宿場に手配できたとしても、行列の
大半は野宿をせざるを得なかったと思われます。

 では、どれくらいの人数であったかといいますと。文久元年(1861年)10月20日に京を出立し、草津から中山道経由で江戸に向かったとき、その行列
の規模は、朝廷方数千人、幕府方1万5千人、人馬の継立て1日平均2万5千人
が動員されたといいます。

 実際の行列の長さを正確には存じませんが、こう書いてまいりますと、50キロ
という規模は、あながち誇張ではないであろうと思いますが、如何でしょう。

 yoshinobu_09 さん こんばんは、参考までにご覧ください。

 皇女和宮の降嫁は、舟による渡河がない中山道を使いました。ただし、諸荷物
道具の類は、出立に先立ち、東海道を経由して別途輸送されました。

 従って、行列はある程度の荷物は軽減されていました。とは言え、舟を使わず
といえども、中山道は、中部山岳地帯を貫く街道で難所も多く、例えば、当時の
和田峠など、人のすれ違いがやっとというような険阻な山道もありました。
 そもそも、五街道が制定された当時、道幅も決められたのです...続きを読む

Q頭の良くなる日記の書き方ってないですか?

心機一転して4月から日記を書こうと思っているのですが、
ただダラダラと書くのは面白みがないので工夫(?)しようと思ったのですが

・(文章の構成を考えたりすることによって自然と)賢くなる日記の書き方
or
・大学での論文等の練習になるような書き方

ってないですか?
あなたが思いついたり実践している日記の書き方があれば教えてください
できれば1日に20分くらいしかかけたくないです

Aベストアンサー

私自身、長らく日記を書いていないのですが、ご参考まで。
論文の練習、つまり他人に読まれる事を前提にした日記として説明しますので、
誰にも読まれたくない事や自分流の書き方を模索するという場合には適さないかと思います。

・テーマを決める
1日で起きた出来事をすべて羅列するよりは、テーマを絞って書いた方が文章として読みやすいです。
全ての文章が直接的・間接的にテーマとかかわるように意識した方が良いかと思います。

・全体の構成を考える
起承転結でも序破急でも三段論法でも何でもいいので、構成を考える事が重要です。
そうすることによって、文章にメリハリが出ますし、全体の流れもまとまって読みやすくなります。

・主観と客観を意識して書く
日記なので主観を書く事が多いかと思いますが、
客観的に表現する事によって文章が豊かになり、主観も際立つかと思います。

・文字数を意識する
例えば1日1ページのみにとどめる等のルールを自分で決めてもよいかと思います。
曜日によって変えても良いかもしれません。

最初は日記を1か月続ける事に専念した方が良いかと思います。
1か月も続けば、文章をどう書くかに意識が向けられるようになりますので、一つずつ意識しながら書いていけばよいかと思います。
そのうち、日常生活に対しても洞察力や好奇心が付き、文章にも躍動感や細かな考察を展開できるようになると思います。

以上です。

私自身、長らく日記を書いていないのですが、ご参考まで。
論文の練習、つまり他人に読まれる事を前提にした日記として説明しますので、
誰にも読まれたくない事や自分流の書き方を模索するという場合には適さないかと思います。

・テーマを決める
1日で起きた出来事をすべて羅列するよりは、テーマを絞って書いた方が文章として読みやすいです。
全ての文章が直接的・間接的にテーマとかかわるように意識した方が良いかと思います。

・全体の構成を考える
起承転結でも序破急でも三段論法でも何でもい...続きを読む

Q桶狭間の戦いについて詳しく述べてある参考文献を教えて下さい。

桶狭間の戦いについて詳しく述べてある参考文献を教えて下さい。


出来るだけ多く教えて頂きたいです。

最近信長に興味を持ち始めました。

もしよろしければ教えて頂く際、それぞれに述べられている桶狭間の戦いの考察の違いについても教えて頂けたら幸いです。


では回答お待ちしております。

Aベストアンサー

藤本正行『【信長の戦い(1)】桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった』(洋泉社新書y 2008)

上記の著書が近年ではまとまった桶狭間の戦いの研究書だと思います。
『信長公記』に基づく「正面攻撃説」の論者ですが、「正面攻撃説」批判への反論や他の諸説についても言及されていますので、その中で興味のある説があれば、参考文献から参照されるとよろしいかと。
ただ、信長を天才視する従来の歴史観ではなく、過大評価ではない等身大の信長に迫ろうとする観点で著されていますので、小説などの一般的な信長像から興味を持たれたのであれば、ギャップが大きすぎるかもしれません。
なお、

谷口克広『織田信長合戦全録』(中公新書 2002)
同『信長の天下布武への道』(吉川弘文館 2006)

これらの著書も合戦の経過について詳細に記述されています。

Q凸版印刷さんは、理不尽な圧迫面接??

就活の身で、候補の上位に凸版印刷さんが入っています。
インターネットで調べていたら、理不尽に自分を否定される、泣かされるなどの「圧迫面接」があると見ました。その反面、自分をよく見てくれる、自分を深く掘り下げられるだけで、意味のある面接であり圧迫とは違う、という意見も見ました。

いくら試験のようなものとはいえ、理不尽に人格を否定することはやってはいけないことだと思っています。人柄が良い人が多い、人を大切にするという意見を多く聞いて凸版さんを志望したところもあるので、もし理不尽な圧迫であるという噂が本当なら、ショックです。セミナー等で社員さんにお会いした時も、そんな理不尽なことを言う人はいなくて、好感度は良かったです。

もうすぐ選考なのですが、本当にここで良いのだろうか...という思いが抜けず、このまま選考に入りたくありません。事業と社員さんの人柄共に凸版さんに惚れていただけに、かなり落ち込んでいます。

凸版さんの社員さんの雰囲気についてご存知の方、凸版さんの選考を受けたことがある方、ご意見をください。本当に、良いと思っていた会社が人を理不尽に否定するなんて信じたくない...かなり落ち込んでいます...。

就活の身で、候補の上位に凸版印刷さんが入っています。
インターネットで調べていたら、理不尽に自分を否定される、泣かされるなどの「圧迫面接」があると見ました。その反面、自分をよく見てくれる、自分を深く掘り下げられるだけで、意味のある面接であり圧迫とは違う、という意見も見ました。

いくら試験のようなものとはいえ、理不尽に人格を否定することはやってはいけないことだと思っています。人柄が良い人が多い、人を大切にするという意見を多く聞いて凸版さんを志望したところもあるので、もし理...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

あなたが「圧迫面接」されたのならば、落ち込むのも分かるのですが…
ネットの情報は「人のうわさ話」と一緒です。

他人の「色々な事情を隠しての」情報と、自分が実際に「見て聞いた」情報と、あなたはどちらを優先させるのでしょう?

Q天璋院と和宮

和宮の旦那は篤姫が産んだ訳ではないのに、この二人は何故、姑と嫁になるのですか?

Aベストアンサー

>和宮の旦那は篤姫が産んだ訳ではないのに、

養子です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報