私は、多重人格ではないでしょうか・・・。
毎日、人の前では笑顔で明るい私なのですが、ひとりぼっちになると苦しくなります。すべてを捨てて逃げ出したくなります。
学校に行くまではものすごく憂鬱なのに、行ってしまえば違う私になりきっているので、辛くないのです。
でも、帰ってくると、また苦しくて・・・。
なにが苦しいっていうわけではないのですが、とにかく頭が痛いみたいなもやもやした気分になるんです。
でも、次の日の朝になると前の日の記憶はほとんどありません。
友達となにを話したか、楽しかったかイヤだったか・・・あまりわかりません。
授業のことはノートを見れば思い出します。
でも、なにも思い出す材料がなければ忘れてしまいます。
人間なんてそんな生き物だと言われればそれまでなのですが、なんだか・・・こういうのって二重人格なのではないかと思ってしまいます。
そして、こうやって冷静に自分を分析している私を含めて、多重人格なのでは・・・と思うのです。
なにか良いアドバイスをください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ニュージーランドの大学に勤務する者です。

心理学の修士課程は卒業しましたが、臨床についてはまだ勉強中の身です。未熟とは存じておりますが、ご質問の内容がたいへん気にかかりましたので、回答させていただきたいと思いました。

まず、お悩みであれば、一度専門家(臨床カウンセリング)の先生にお話ししてみることをお勧めしたく思います。それだけで心がだいぶ軽くなることもありますし、自分の症例について、正しくアセスメントしていただくことができますから。心の問題はなかなか判断が難しいのです。

思い悩んでいる時に自分の症例にぴったりはまるような説明を書籍やインターネットで見つけたりすると、実際はそうでない場合もあるのに、「ああ、自分はこの病気なんだ」と思い込んでしまうケースがあります。この「思い込み」は、特に心の問題ではとても大きな影響力を持ちますから、慎重な態度で望むことが必要です。

ご質問の文面を拝見している限りでは、とても悩んでいらっしゃること、辛く感じていらっしゃることがよくわかります。ですが、二重人格(あるいは多重人格)であるかどうかは、私はこれだけではあまりそうは思いません。人格障害を見極めるためには多くの観点から症例を考える必要があるのですが、ご質問を拝読するかぎり、あまり該当するようには思いません。しかし、苦しんでいらっしゃるのは間違いないように思いますので、専門家の先生とお話ししてみるのは、よいことだと思います。

他人の前と一人の時とでは別人のように振る舞っている自分を見つけたり、あるいはそうやって観察している自分自身に気がついて心寒い思いをしたりする、ということ自体は、人間の心の働きとして、決して異常ではありません。集団の中で生きていかなければならない「社会的存在」である人間は、生まれた時から、さまざまな人間関係の中で、幾層にも心の断面を発達させていくのです。その過程で、あなたが自分の心の中に相矛盾するような側面を見つけることがあるとしたら、それはむしろあなた自身が真摯に自分を見つめようとしていることの現われで、とても大切で意味のあることであると思います。

しかし、二重人格、多重人格ということではなかったとしても、先にお答えの方へのお礼の中であなたが書かれているように、いじめを受けた経験があること、それがもとで登校できなかった時期があったこと等が、現在のあなたの苦しみに結びついている可能性はあると思います。その意味でも、専門家の先生にお話しされることは必要ではないかと思います。

長くなりましたが、私の意見では、あなたはおそらく人格障害ではないと思うということと、また心の健康のために、専門家に一度お話しされることをお勧めすることをもう一度お伝えして、回答とさせていただきます。
    • good
    • 0

ookaiさんのお答えにある「解離性障害」の経験者です。


多重人格は「解離性同一性障害」なのですが、私の場合は「演技型人格障害」という診断が出ています。

なにか「こころ」に圧力がかかりすぎると、記憶が飛んだり、意識が無くなったり、意識が無いまま出かけてて気がつくと別の場所にいたりとか、発作的に起こるので困ってます。
この解離性障害が、ひとの関心を引きたいがために起こるので「演技型人格障害」だと医者は言うのです。自覚は無いのですが、意識半分・無意識半分の状態だそうです。

もし、はっきりさせたいのなら、心療内科か精神科の受診を勧めます。

少なくとも、私の個人的な意見ですが、多重人格では無いと思います。
    • good
    • 0

私が思うにあなたは多重人格ではなく,解離性障害では以下と思います。

多重人格とは解離性同一性障害といい,解離性障害の一つなのであながち大はずれとは言えませんが,解離性障害の中にもいくつかありますが,その全体的な特徴としては,心がまとまっていない(統合されない)という事になります。
 多重人格とは,二つ以上の異なったアイデンティティ(人格)を呈するものであって,これらのアイデンティティもしくは人格状態が交代して現れ,その人の行動をコントロールするものを言う。また,大抵の場合本人は交代人格の存在に気付いていない場合が多い。人格交代の際には頭痛を訴える人が多く,時間や記憶が断続的になってしまう。
 この多重人格というものはその原因の多くが,幼児期のトラウマにあるといわれています。もっと言えば,性的虐待が特に多いそうです。
 また解離性障害の原因としては,抑圧された感情にあると考えられます。
 私はトラウマという観点から解離性障害を見てきましたので,解離性障害については余り詳しくは言えませんが,こんな所ではないでしょうか?
 m-sumiyaさんの場合は,多重人格までは進んでいないか(新しい人格を形成するまでに至っていない),または別の解離性障害,またはその他の神経症の症状と思います.
 以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本当によくわかりました。

でも、どうしたらよいかわからないです。
夜になると苦しくなるのですが、昼間は普通なんです。
医者に行っても、たぶん昼だと・・・しかも、人を前にすると、自分がどんな風に苦しいのか伝えることができません。
本当はつらいのに、つらくないと言ってしまいます。

お礼日時:2001/04/10 16:46

考えすぎじゃないのかな?  


って思います。

特に思春期の年頃って、そんなもんじゃないんでしょうか?(経験から)

もしかすると、気づかぬあいだに、誰かに恋をしてるのかも(笑)。
いや、冗談抜きで、真剣に。

だから、あんまり気にすることないと思うよ。・・・アドバイスになってなかったらごめんなさい。


それと、二重人格っていうのは、それとはかなり違うと思います。というか違います!!
そうやって、自分を見つめることができるということは、正常な証拠なんですよ。

それで、質問の結論ですが、二重人格は本当に存在します。
親の身内にいます(笑)。
その度合いにもいろいろあると思うんだけど、身近なところではストーカーとかも、そういうものに入るんじゃないのかな?
それがひどくなると、精神分裂病?とか言われて、精神の病と診断されるんですよね。

だから、あなたは普通なんです。
みんな、大なり小なり、いろいろ自分を見つめるものですから。

ではでは。
    • good
    • 0

多重人格は確実に存在します。

多重人格によって悩まれてる方も多いですよ。しかし多重人格の症状とはその人とは思えないような人格が表れ、大抵はあまり良い人格は表れません。そしてほとんどの方が発症している間の自分の言動を覚えてらっしゃらない場合が多いようです。

m-sumiyaさんの場合ですが、それはおそらく多重人格障害ではないと思います。
私の憶測にしか過ぎませんがm-sumiyaさんは現在、学校や家庭において何か辛い問題を抱えてはいませんか?もしくは家庭内で辛い過去の経験があるのではないでしょうか。一度自分のことをよく見直してください。そして何かひっかかるものが見つかったら目をそらさずしっかりとその原因を見つめてください。いくつかの原因が思い当たると思います。
辛い現実から逃避したい感情がm-sumiyaさんのような状態を引き起こすことがあります。現に私がそうでした。
私は学校での辛い経験からm-sumiyaさんと同じような状態に陥ったことがあります。私も学校へ行くのが嫌になるんだけども、登校時に友達と会うとコロッと元気な自分に着替えるような日々が続いていました。しかし胸の奥は常に悲しみに溢れ夜中は毎日理由も分からず涙が止まりませんでした。そうした悲しみから自律神経を失調させ、慢性的な呼吸困難や腹痛炎を誘発しました。
そんな私が精神科へ行こうと思ったのはある日の出来事でした。
私はおもむろに夜中に起き、そのままふらーっと階段まで近寄っていたのです。私の部屋は2階だったのでかなりの高さがあるのですが、無意識のうちにそこから飛び降りていました。今考えると何かが憑いていたのかもしれません。とても恐い思い出です。
その後病院の精神科にてカウンセラーの先生に相談しました。そして少しづつ回復し、今では私を救ってくれたカウンセラーの道を目指しています。

m-sumiyaさんも自分で悩まず精神科にて専門家の先生に相談を聞いてもらってください。心の問題は自分一人で解決しようと思ってもなかなか上手くいかないものです。あまり考えすぎると悩みはもっと大きくなってしまいますよ。

人間は「悩みを楽しむ」性質があります。今自分が悩んでいることを無意識のうちに楽しんでいる、つまり「悲劇のヒロイン」になろうと思う性質です。しかしこれでは何の解決にもなりません。解決のためには"悩む"のではなく"考える"ことが重要です。くれぐれも悩みの糸に縛られないように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、seteraさんと同じ現象が起きています。
意味もなく夜中に涙が止まらなくなって、震えだしたりします。

私がこのような性格というか症状というかになったのは、中学時代の激しいいじめで登校拒否になった後からです。
でも、もう克服したと思っています。
自分の性格がよくわからない・・・それはあるのに、何も悩んでいないから医者になんか行きたくない・・・・。
そういうカンジです。
いじめにあっている時から、体調が悪くなり、たくさんの検査をしました。
今も夏休み、冬休みなどの休みごとに検査をしています。
・・・・実はたった今は、食事が取れない状態です。
なにも食べたいと思えない・・・。
でも、そんなの普通にあることなんだって思い、毎日、普通に生活しています。
・・・やっぱり、この時間じゃなにを言ってるのかわかんないや♪
ということで、また・・・。

お礼日時:2001/04/09 18:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多重人格や解離性同一障害の患者は、頻繁にその症状が起こるのでしょうか?

多重人格や解離性同一障害の患者は、頻繁にその症状が起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

起こると思いますが、いろいろな症状がありますので、一概にどの頻度でとはいえないと思います。

私は、?多重人格?を見た経験がありますが、必ずしも同じ人格が出ているとはいえずに、ストレスなどのなにか?きっかけ?で出てくるみたいです。

どちらかといえば、?精神的に弱い人?が耐え切れずに、現実には存在しない人格を生み出すみたいで、?失調統合症?などのように、記憶が都合よく書き換えられているような感じがあり、何人分の人格が存在しているのか?ここが正確には読み切れませんでしたので、病気の進行具合によるのだといえます。

Q多重人格の人格について

今TVで多重人格者の特集をやっているのを見て
いくつか不思議に思う点がでてきました。
過去に知ったビリーミリガンなどの人物の他人格についてです。

個々の人格はそれぞれ人生といっていいほどの経歴を
もっているようで、またオリジナルの人格が知りえない
言語などを話す人格も存在します。

個々の人格の人生経験などはオリジナルの人格などが
見聞きしたものから形成するのでは?とも考えましたが
他言語を話したりというのはどうなのでしょうか?
本やTVで吸収できるレベルを超えてまったく別の国の
人間が乗り移ったかのようだと。

心霊現象だと言ってしまえばそれまでですが
心理学的、医学的には他の人格の経験や経歴は
どうやって形成されていると考えられているのでしょうか?

長文になりましたが、情報をお持ちでしたら
教えていただけるとありがたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
私は番組を見ていないのですが、多重人格を不思議な心霊現象としてとりあ
げるテレビ番組や雑誌記事などが、今の世の中でもまだ多いですよね。

医学の世界では、解離性同一障害、という分類で呼ばれて、研究が進んでい
ます。

医学的には、どの患者さんでも過去のものすごい悲惨なストレス体験が引き金
になっていることが判明していますが、「ものすごい悲惨」なのか、「そんな
程度でたいした事無いじゃないか」という心のモノサシは十人十色ですので、
本人もそんな苦しい過去だと思っていないことも多いようです。

「解離性同一障害」というキーワードでいろいろ勉強してみると、鍵がみつ
かると思いますので、どうぞお試しください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/4875/bunrui/kairi.htm

Q多重人格? いくら場所や時間帯とかで性格が違って多重人格っぽくても記憶を共有してたら多重人格じゃない

多重人格?
いくら場所や時間帯とかで性格が違って多重人格っぽくても記憶を共有してたら多重人格じゃないですよね?

Aベストアンサー

多重人格というのは
解離性同一性障害
というものであり、
自分の嫌な記憶が切り離されて
もう一つの人格のようにして現れるものなので、
記憶が共有されているのならば
多重人格ではないと思います。

Q多重人格って…

こんにちは。

つい先日、友人♀に「私は多重人格者だった」と告白されました。それは諸事情から同居している、多重人格の友達♀に指摘されて気付いたそうです。
友人は他の人格とコミュニケーションがとれているようで「私の中の人たちはみんないい人」とか「私がいないときでも”私”のフリしててねって言ってあるから♪」とか言っていました。

複雑なことには、
友人には恋人(私の親友)がいるのですが、
同居人の中の男人格と、
友人の中のもう一人の女人格が恋愛関係になったらしく、
身体的には公認の浮気をしているような状態だとか。

ただ、唐突にそんなことを言われて、私は正直戸惑っているし、信じられない気持ちもあります。医者に行って来いと言いたいのですが、彼女は同居人ともども行く気がさらさらないようで…。

とりあえず、こういう事態はありえるのでしょうか?
客観的にみたとき、どう思われますか?
また、この事態を判断するために、参考になる本などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

まず、病名については医師が診断しているわけではないので、その方が本当に「多重人格」かどうかは誰もわかりません。多重人格の友人や、ご本人が勝手に思っているだけということになると思います。

また、そういった症状??があっても、本人・家族・同居されている方など、誰も困っていないのでしたら病院に行く必要性があるのかもわかりません。

誰も困っていないけれど、友人として心配・もしくは
どう対応していいのかわからないといったところでしょうか?

それでしたら、医師ではないので友人として普通に接していればいいのでは?
素人の方が調べてどうしたらいいかと考える必要はないと思います。

出来る事は、もしご本人が辛いと相談に来たら受診を勧めることぐらいだと思います。

ちなみに、「多重人格性障害」を今は「解離性同一性障害」と言います。参考まで。

Q多重人格だと友達二人に言われました、どうしたら自分が多重人格だとわかりますか?

多重人格だと友達二人に言われました、どうしたら自分が多重人格だとわかりますか?

Aベストアンサー

おそらく質問者さんのお友達は多重人格ではなくて二重人格だと言いたかったんでしょうね。

二重人格をウィキペディアで調べれば、質問者さんが二重人格に当てはまるか調べることができます。

多重人格っていうのは、PTSD (心的外傷後ストレス症候群)などの強いストレスから自分を冒険するために生まれてしまった全く違う人格ですので、二重人格とは意味が全く違います。

Q多重人格って・・・

前自殺未遂しようとした彼女のことなんですが・・・
彼女が多重人格障害で・・どうやらそのもう1つの人格に支配されたいと言って今日もう委ねると言い出してしまいました・・・

今日お別れのメールを送られ・・・大好きな~へっていうメールがきて・・・もうなにをすればいいか分かりませんでした・・・

人格障害とはそのようなものなのでしょうか。
そして私はどうすればいいのでしょうか・・・
弱い人間のする質問だと笑われるかもしれませんがどうすれば良いか本気悩んでいます。
彼女に好きだという気持ちはありったけぶつけました・・・それで分かってくれたかどうかは分かりません・・・
どうか皆様の知恵を貸していただけないでしょうか?
お願いします・・・

Aベストアンサー

まず、お医者さんにはみてもらっているんですか?
診てもらってないなら、相談したほうがいいと思います。
本人が多重人格だと言っていても、本当にそうかは分かりません。
乖離性同一性障害って見抜くのが難しいんです。
(乖離性同一性障害とは俗に多重人格と呼ばれる症状の名称です。)
たとえば総合失調などにおける虚言と区別がつかない。
単に嘘言ってるだけかもしれないでしょ?
本当に人格が多重化しているかを明確に見抜く術がない。
本人がそう演じているだけかもしれない。
また、境界例という症状もあります。
境界例は説明するのが非常に難しいので

http://homepage1.nifty.com/eggs/

ここの解説を読んでみてください。
自殺未遂は症状のひとつとして挙げられています。
ようは、多重人格だと本人がいったから絶対そうというわけではないんです。
小説のように簡単に「多重人格」なんていえない。

彼女の病気をちゃんと知る事が、必要なんじゃないかと感じました。
そうしたら対策や治療法が分かるかも。
それにたいして協力も出来るし、もっと力になって挙げられると思うのです。
素人にはこんなアドバイスすることしか出来ませんが、頑張ってください。

まず、お医者さんにはみてもらっているんですか?
診てもらってないなら、相談したほうがいいと思います。
本人が多重人格だと言っていても、本当にそうかは分かりません。
乖離性同一性障害って見抜くのが難しいんです。
(乖離性同一性障害とは俗に多重人格と呼ばれる症状の名称です。)
たとえば総合失調などにおける虚言と区別がつかない。
単に嘘言ってるだけかもしれないでしょ?
本当に人格が多重化しているかを明確に見抜く術がない。
本人がそう演じているだけかもしれない。
また、境界例とい...続きを読む

Q多重人格性障害について

私は、多重人格というものに最近とても興味が湧いています。多重人格になる人は、女性の方が多く、その比率は女性:男性で3:1から5:1と言われています。ではなぜ、女性の方が多重人格になりやすいのでしょうか?私は、女性の方が男性よりも体力的(肉体的?)な面で弱いからなのではないか、そして多重人格になる原因も、何か関係しているのではないか、と思います。一般的に、多重人格になる原因というのは、幼い頃にうけた虐待などが挙げられています。本当にそうなのでしょうか?

みなさんはなぜだと思いますか?皆さんの意見を是非教えて下さい。

Aベストアンサー

『記憶を書きかえる―多重人格と心のメカニズム』の本 今日手にはいってざっと斜め読みしました。


女性に多い というか ほぼ女性であるというのはジェンダーに問題があるのではないかと推論されていました。

例えば解離性同一性障害といえば、記憶の欠如が揚げられると思います。
例えば昼休みに外に出たらとても天気がいい。
うきうきして公園を散策して、爽快な気分になって会社に戻る。
「一体どこほっつきあるいていたんだ!」と叱咤され、初めて時計を見ると3時を回っている。
「どこをほっつき歩いていたと聞いているのだ」と詰め寄られても説明できない。
公園に行ったのは覚えているが、そんなに時間がたっていたという自覚が無い。
確かに子供達を眺めていた。
ぼんやりと眺めていた。
どうして時計を見なかったのだろう。。。。
混乱していくうち「私が悪いんじゃない 犯人は別にいるんだ」とした場合、それを裏づけるために彼女はさらなる理由付けを探します。

精神科にびくびくしながら行くと「子どもの頃はどうでしたか」と聞かれる。
「えっと 普通でした。でも夜が怖かったです」
すると医者の目がキラリと光った。
「えっと 両親がいつも喧嘩していて、喧嘩の後パパが部屋に入ってきて・・・」
さらに医者の目がひかった。
後は医者がどういうものを望んでいるのか察知して、医者が関心を持つ話題を『創り上げる』
創り上げていくうちに、本当に起こったんじゃないかと思えてくる。
そうだ これは幻ではない 本当に起こったんだ 性的虐待が。

後はそのコツを体得したので、さらさらとぼんやりする性格を別の人格に乗っ取られていたから記憶が無いと言ってしまえば、医者は珍しい症例として注目して丁寧に扱ってくれ 平凡ではない 自分は特別なのだと思えてきて、疾病利得を獲得できる。
医者という権利ある人が、自分のようなものに強い関心を抱いてくれる。
初めての体験だ。他人から振り向かれるなんて。
楽しい!
↑  ↑
こういう人も結構いやかなりいるのではないかと思います。
偽解離性同一性障害。

こうなった原因は医者もそうだけど、本人にも責任がある。
どっちもどっち。


似たようなことで20年前に魔女狩ならぬ20世紀の大親狩りがアメリカで起こりました。
つぎつぎと女性達が「子どもの頃 親に性的虐待を受けたことを思い出した。そのせいで解離性同一性障害になってしまった 責任を取れ!」
退行催眠治療のブームで、その治療法に沢山人が群がり、大性的虐待被害者の群れが一気に裁判所に押し寄せました。
アメリカの混乱です。
そのブームの火付け役となったのが、ハーマン女史。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/listmania/list-browse/-/TMCFRZT8DV37/qid=1115751851/sr=5-2/ref=sr_5_10_2/249-8638814-7281168

そして、それに対抗したのがロフタス女史。
ほぼ一騎打ち。
ロフタスは人は体験していないことを体験したと記憶することができることを立証しました。

今度は親狩りではなく、精神科医や精神分析医・カウンセラー狩りが始まりました。
偽記憶症候群被害者の会が結成され、訴えられた年老いた加害者とされた人たちが、彼らを裁判に訴えだしました。

ハーマン女史自身は被害妄想に陥り、自分は悪魔崇拝集団に狙われていると思い込み、警察に何度も被害届けを出し始めました。
自分が作ったものに自分が陥ってしまった。
その苦しみを自分が味わう番になった。


で、不思議な事にアメリカの法曹界ではハーマンにそういう治療をすることを禁じる判決を下すと 途端に親狩りブームは一気に下火になったばかりか、記憶 つまり偽の記憶が消えていったんです。
どうでもよくなって心を悩ますこともなくなったんです。

グループセラピーと称するものも、クライアントの症状を100%悪くしてしまいました。
金がつきていけなくなった人から、徐々に洗脳は解けていきました。

ということからすると、解離性同一性障害になった人の特効薬は、そういうの つまり カウンセリングとか心療治療とかいう類のものに決して近づいてはならない ということのように思えました。
そして自分の人生に責任を持つこと。

  「もう 十分犯人を痛めつけたんだから(実の親)もうそれくらいでいいでしょう。
これからは、自分の人生を自分で創り上げてください。」
↑ ↑ ↑
こういう臨床心理士に会えば、もし 自分が本当に可愛いのなら、親狩りはもうやらなくなるのではないかと思うし、解離性同一性障害のせいで と責任転嫁しなくなり、もう分裂しなくなるのではないかと思えます。

全部が全部じゃなく 脳の障害で記憶が抜け落ちる人もいるでしょう。
でも、多くの解離性同一性障害の人は、自分がそう思い込んでいるだけで、健康な人なのではないかと思えます。
手放すことに成功した人から、なくなっていくように思えます。
依存が強い性格の人は、かなり難しいのかもしれません。
常に誰かのせいにして自分の人生を代わりに誰かが歩むべきであり 自分は背負われてあるく弱者である と言う事を叫び続けたい人は、死んでもやめないと思います。
自分がスペシャル・特別な人間であるという誇大虚栄心がある人も、手放さないと思います。

人間の心はあまりいじると破壊されるってホントだなって思えました。
とかく自分の本当の正体はなんなのかって知りたいものです。
その過程で混乱してこれは自分であるはずがないと誰かのせいにしたくなるって心理わからないわけではないですが、自殺するまで病んでしまっては、やりすぎだと思うし、自分がよかれと思ってクライアントの心をいじって破壊してしまっては治療者じゃなく加害者ですから、、、、
アメリカでどうしてこれほど爆発的に増えてしまったのかは、心理療法が盛んだからだと思います。
その人たちが俄仕込みの手法で、偽記憶を作らせてしまった。

ハーマンは精神科の医者で教授ですが。特徴はなんでも性的虐待にしたがるという奇妙な性癖を持っていたわけで、これが拍車をかけた。まさか偉い教授が人を破滅させるような療法をするとは誰も予測できなかったし、ハーマン自身もこれが最善の治療法だと信じており、まさか人の心に偽の記憶を作らせていたとは知らなかった、というか 今でも自分のやり方は正しいと言っているようです。
でも法律で禁じられちゃいました。


日本もこの手の治療というかやることに資格はいらなかったように思います。
数週間の講座を聞いた新人が人の心の闇を探ろうとするから怖いものです。
医学の知識も無いまま、週末講座で学んだ事を元に開業するのだから怖いです。

そういうわけで、アメリカと日本は20年ほどズレているそうですから、やがて日本でもブームになって金儲けがはやって 多くの人が親狩を始めるかもしれません。
その前に資格の整備を充実させないと、えらいこっちゃになると思えました。

長くなったついでに書くと、彼らら治療者は悪意があってやってたわけじゃなくて、改善すると信じてやってきたわけで、彼らからみるとクライアントと信頼関係ができたことで、治療がうまくいっていると思ったんです。
第三者からみると壊れていっているとしか思えなかったのに、彼らは過去と闘っており混乱しているだけです って思い込んでしまっていたので、未だに対決は続いているようです。
悪意がなくても結果悪くなれば、やめる勇気を持って欲しいです。

『記憶を書きかえる―多重人格と心のメカニズム』の本 今日手にはいってざっと斜め読みしました。


女性に多い というか ほぼ女性であるというのはジェンダーに問題があるのではないかと推論されていました。

例えば解離性同一性障害といえば、記憶の欠如が揚げられると思います。
例えば昼休みに外に出たらとても天気がいい。
うきうきして公園を散策して、爽快な気分になって会社に戻る。
「一体どこほっつきあるいていたんだ!」と叱咤され、初めて時計を見ると3時を回っている。
「どこをほっつ...続きを読む

Q多重人格は演技ですか?

一人の人間に
性別も年齢も違う人格が入り込むってどういうことでしょうか?

”こっくりさん”も
やってるほうが知らない情報は答えられませんが
(英語が出来ない人に英語の回答は絶対無い)
仕入れた情報を無意識に組み合わせて人格を作っているだけですよね?

Aベストアンサー

多重人格障害は演技でなく精神の病気です。
自分という人格がいなくなって、全く別の人格が出てきてしまう病気です。

私は現在、うつ病ですが、境界性人格障害(ボーダーライン)よりうつ病を併発してしまいました。
境界例であるため様々な精神的症状が体に出てしまい、離人症や軽いパニック障害も持っています。

以後、あくまでも、私の経験からの推測なので、参考程度に読んで下さい。

私には多重人格障害になってしまう人の気持ちがよく分かります。どうしてなってしまうのかということですが、簡単に言ってしまえば、現実逃避によってだと感じています。

私は大きな心理的ショックを受けた体験を思い起こしたり、その体験がフラッシュバックしてしまったときに、その苦痛から逃れたいという感情が無意識のうちの出てきて、気がつくと、自分の意識が後ろのほうに遠のいて自分が自分ではないような状態になることがあります。体じゅうの力が抜けて、だらーっと壁に寄りかかって、意識が後ろのほうに言ってしまって、自分の手を見ても、自分の手には見えず、全く別の人の手に見えてしまうことがしばしばあります。これが離人症というものなのですが、多重人格障害の場合は、ただ単に意識が後ろのほうに遠のいて自分が自分ではないような感覚になるのではなく、さらに進んで本当に自分の意識がなくなってしまって、別の意識を持った別の人格を持った人格が現れてしまうのだと思います。

つまり、自分の目の前にある精神的苦痛から逃れたいがために、自分の意識が遠のいてなくなり、目の前の精神的苦痛に耐えることができる能力を持った別の人格が現われ、苦痛に耐えられなかった「自分」という人格を守っているのです。
もう「自分」という人格は目の前の苦痛に耐えることはできないんです。できないから、意識が遠のき、現実から身を引き、その現実に耐えられる強い力を持った人格が勝手に現れる、こういうメカニズムなのかなぁと、不思議なのですが、私は感じます。

ほんとうに私の推測なのですが、私には、多重人格障害の人の気持ちやメカニズムがすごくよく分かり共感できるので、何かの参考になるかなと思ってこんなことを書きました。

参考までにお願いします。

多重人格障害は演技でなく精神の病気です。
自分という人格がいなくなって、全く別の人格が出てきてしまう病気です。

私は現在、うつ病ですが、境界性人格障害(ボーダーライン)よりうつ病を併発してしまいました。
境界例であるため様々な精神的症状が体に出てしまい、離人症や軽いパニック障害も持っています。

以後、あくまでも、私の経験からの推測なので、参考程度に読んで下さい。

私には多重人格障害になってしまう人の気持ちがよく分かります。どうしてなってしまうのかということですが、簡...続きを読む

Q多重人格症について

先日私がした質問(夢判断)で回答を下さった方から夢の内容について”多重人格症の軽い前兆があります”と聞きとても動揺してしまっています。多重人格症の前兆は夢の中以外でどういう形であらわれるでしょう?またこの病気について色々教えていただけませんか?自分では確かに自分の中で悪く思ってしまう自分とか良い自分とか・・いるとは思いますが、まさか多重人格症の傾向があるとは全く思っていませんでした。

Aベストアンサー

まず多重人格の定義ですが、精神医学的には解離性障害に相当すると思われます。
多重人格との呼び名のほうが一般受けするので使われていますが、専門家なら軽々に多重人格とは言わないと思いますが・・
解離性障害とは、文字通り人格がいくつかに分かれることで(日本では大体の場合が2つです)もうひとつの人格出現を当人が認識している場合と、そうでない場合があります。
よく言われる、記憶喪失(全生活史健忘といいますが)も一種の解離性障害といえます。
解離性障害の場合、精神分裂病と異なり、自らの状態について病識があり、かつ悩んでいます。
原因はいろいろな場合がありますが、当人の人格が差し迫った現実を見つめるのには余りにも耐え切れないときに(どうして耐えられないのかが本質的問題ですが)、解離することが多いようです。

また、夢との関連ですが、夢は無意識の世界であり、顕在意識での出来事が睡眠中夢の中に出てくることはありえますが、解離性障害が夢判断で分かるとは思われません。反対に、夢のような無意識下では、精神分裂病のように自我障害でもない限り、むしろ顕在意識で解離した部分も混合されやすく、もうひとつの人格が現れることは考えにくいと思います。ご参考までに。

まず多重人格の定義ですが、精神医学的には解離性障害に相当すると思われます。
多重人格との呼び名のほうが一般受けするので使われていますが、専門家なら軽々に多重人格とは言わないと思いますが・・
解離性障害とは、文字通り人格がいくつかに分かれることで(日本では大体の場合が2つです)もうひとつの人格出現を当人が認識している場合と、そうでない場合があります。
よく言われる、記憶喪失(全生活史健忘といいますが)も一種の解離性障害といえます。
解離性障害の場合、精神分裂病と異なり、自ら...続きを読む

Q境界性人格障害、自己愛性人格障害とは

境界性人格障害、自己愛性人格障害この2つは具体的に言うとどの様な人間でしょうか?
どなたか分かりやすく、人物像教えてください

Aベストアンサー

ものすご~く簡単に言ってしまえば、
境界性・・・自己否定が強すぎる
自己愛性・・・自己肯定が強すぎる
という状態です。
境界性は自分で自分を大事にできないため他人からの愛情を底なし沼のように欲しがりますし、
自己愛性は自分が特別でないと気がすまない(ナルシストとも言いますよね)ため、他人からも特別扱いされないと不満です。

全く逆の症状を見せているように感じますが、どちらも「異様なほど愛情を欲している」という点で根本は同じと言えるようです。
愛情を他人から補おうとするか自分で補おうとするか、というところが違うわけで、境界性と自己愛性は表裏一体とも言えそうですね。
実際、境界性であった人が自己愛性に変わったり、その逆のパターンも見られるそうです。

具体的な人物像は既にURLが挙がっていますので省かせていただきますm(_ _)m


人気Q&Aランキング

おすすめ情報