最新閲覧日:

西郷隆盛について教えてください。

そのまま書いてくれてもよろしいですが、
参考になる資料とかURLをUPしてくれるとうれしいです。


沢山のコメントまってます

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(2)の者ですが西郷の逸話について1,2、つ書いておきます。

西郷はかなり貧乏しておりました明治維新後かなりの給料をもらてましたが自分の為に使いませんでした、奥さんが(家の雨漏りがあまりひどいので、西郷に雨漏りを直して欲しい。)と訴えたのですが西郷は、金の無駄!お前はまだわからんのか!と怒鳴ったそうです。西郷は給料を殆ど若者たちの教育のために使いました。
又、政堂に向かうのに、握り飯だけ腰に下げ歩いてかよったそうです。ほかの役人は馬車などで向かう中、やはり薩摩隼人の血ですね。。とにかく逸話の多い人で私利私欲の無い人は西郷が一番でしょう。
    • good
    • 0

ん~、西郷隆盛についての質問、海音寺潮五郎の(大西郷伝)が良いと思いますよ。

海音寺潮五郎は鹿児島県大口市の郷士の出身、この人が一番西郷について良く調べ多く書いています客観的に見ていますし、薩摩隼人の性格についても面白いですね、オススメデス。
    • good
    • 0

ウィキのURLを貼り付けておきます。

かなり詳しく書かれているので、OKかと。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%B7% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西郷隆盛の銅像

上野の西郷隆盛の銅像についてお聞きします。
テレビなんかでもよく言われていますが、あの銅像って、できた当時、西郷の奥さんが「うちの人と全然似てません」みたいなことを言ったそうです。
そこで疑問なんですが、奥さんが「全然似てない」と言った時に、
「じゃあ、どんな顔だったんですか?」とか聞かなかったんですか?
聞いておけば良かったんじゃないんですか?

Aベストアンサー

>「じゃあ、どんな顔だったんですか?」とか聞かなかったんですか?
>聞いておけば良かったんじゃないんですか?

 一説によると あの像を見た奥さんは、
かなり、「取り乱した」という話もあります。

 アナタは、そんな取り乱した女性に対して
「どんな顔だったんですか?」と平然と聞けますか?
http://pleasure-bit.com/1048.html

 仮に取り乱していなくても
<除幕式>の祭典の際中に「どんな顔だったんですか?」なんて
まともな、人間なら聞かないわな~

 聞いたところで どうするの?
似顔絵でも書いて銅像を作り直すの?

 あの銅像が作られた経緯を考えたら
作り直しなんて余程バカか、責任感のある奴しかやらんだろ

 大日本帝国憲法発布に伴う大赦によって
西郷の「逆徒」の汚名が解かれたのをきっかけに、
吉井友実ら薩摩出身者が中心となって建設計画が立てられ

・宮内省より500円を下賜
・全国2万5千人余の有志の寄付金で建立

 この金額と善意が無駄になりますがな~

Q西郷隆盛の正妻 糸との三男

正妻 糸さんとの間の子供、三男の酉三の

西南の役後の人生は、どうだったのでしょうか?

長男 寅太郎、次男午次郎と 島の妻愛加那の子供 菊次郎と菊章の

その後、、は、わかるのですが、

酉三だけがどのようになったのかが分かりません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

三男酉三は、系図からみると早く死去していると思われます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%B7%E8%8F%8A%E6%AC%A1%E9%83%8E

Q西郷隆盛の能力について

維新後の西郷隆盛は政治力を失い、しばしば現実とは遊離した言動をするなどして周囲からは人が変わったようだ、と言われたようですが、そもそもそれが西郷の本当の能力だったのではありませんか?

西南戦争勃発の際、弟の西郷従道が、「幕末の兄の業績は私や大山巌などの献策によるもので、桐野利秋らに補佐された今の兄は大したことはない」といったような発言をしていますね。
また、勝海舟は西郷を指してのことではないが、「勢いを背負った者は実体よりも大きく見える。時代が定まってしまえば大した人物でない場合がしばしばある」とも言っています。
西郷は、もちろんそれなりに有能だったのでしょうが、薩摩人や日本人が好む雄偉な風貌と人好きな人物像により、周囲が勝手にその能力以上に持ち上げてしまった。
幕末の西郷の実力とは、要するに薩摩藩、薩摩士族の力であって、西郷個人の実力ではなかった。
その人となりを見るには、その人がどういう人を重用しているかも一つの判断材料と言いますが、軍事も政治も無能な桐野利秋や篠原国幹、チンピラのような辺見十郎太らを可愛がり重く用いた西郷は、しょせんはその程度の人間だった。
遣韓論での敗退や下野後の無気力な行動、西南戦争の完敗がその全てを物語っています。
多少、大袈裟な表現をしましたが、西郷に対するこの評価は妥当ですか?

維新後の西郷隆盛は政治力を失い、しばしば現実とは遊離した言動をするなどして周囲からは人が変わったようだ、と言われたようですが、そもそもそれが西郷の本当の能力だったのではありませんか?

西南戦争勃発の際、弟の西郷従道が、「幕末の兄の業績は私や大山巌などの献策によるもので、桐野利秋らに補佐された今の兄は大したことはない」といったような発言をしていますね。
また、勝海舟は西郷を指してのことではないが、「勢いを背負った者は実体よりも大きく見える。時代が定まってしまえば大した人物...続きを読む

Aベストアンサー

西郷隆盛の能力は、そのカリスマ性にあると
思います。
人に担がれる能力ですね。

人を集めることが出来る、求心力です。

こういう人は、実務能力があまりありません。

人を集めることは出来ますが、具体的な戦略、
戦術となるとまるでお粗末になります。
それを補うのは参謀であり、側近であるわけです。

求心力のある人物がいて、有能な補佐官がいる。
そうして初めて大きな仕事が出来るのです。
どちらかが欠けても、ダメになります。

そういうことで、質問者さんの指摘は当たっている
と思います。

Q西郷隆盛は、薩摩に偏愛があったり、他人に担がれやす

先日,このカテの質問で、“西郷隆盛とかいうクズ”を興味深く読みました。
その中の回答で、気になったところがあります。
私は、当面鹿児島には行きませんので、自由に書かせて頂きます。
お二人の方から、次の回答がありました。
<そもそも挙兵したのは西郷の意思によるものではありません。自分の作った私学校の学生たちの決起に対して、自分は知らぬ顔は出来なかったのでしょう>
<彼を信奉する若者達に担ぎ出されて、やむなく戦陣に臨んで破れたのです。>
質問したいことは、以下の3項です。
1.彼は、薩摩への思い入れ(悪く言うと、偏愛)があったのですか?
2、彼は、他人に担がれやすい(良く言うと、他人のことをよく聞く)人でしたか?
3、上の2項は、たまたま西南の役のみのことですか?あるいは、彼の一生に付いて回った(人柄)のですか?

Aベストアンサー

今日は。

60代の歴史好きの主婦です。

西郷隆盛ですが、私はあまり好きではありません。

15代将軍 慶喜も「長州は、最初から反幕だったから恨みはないが

薩摩(西郷隆盛)は、最初、味方だったのに、途中で掌を返して裏切った、、

だから、薩摩は、絶対に許せない、、」と常々、語っていたそうです。


平成の世に生きてる私達の感覚で140年以上も前の人の考えは

理解の範囲を超えてる、、、ということです。

西郷にとって、国(この場合、日本ではなくて薩摩)は、絶対のものだった、、。

だから、自分が育てた私学校の若者のことは放っておけなかったのだと思います。

担がれた、、ということではないでしょう。

表面的にはそのように見えても、「わが子」とも思える にせどん(好青年)の

決起は、自分の思いと同じだったのだろうと思います。

Q日本で、担がれた人物は、関東の武士に担がれた、源頼朝・郷土の若者に担がれた、西郷隆盛でしょうか?

司馬遼太郎を読んで触発されました。
一部省略しますが、
“韓は、劉邦という現在の江蘇省の農家のうまれの人物をかつぐことによって興された。”
という部分です。
かつぐというところが、気になりました。
日本で、担がれた人物は誰だろう、と考え、次の二人を思いつきました。
1.源頼朝;北條氏などの関東の武士に担がれて、蜂起した。
2.西郷隆盛;郷土の若者に担がれて、西南戦争に乗った。
質問は、①二人は、担がれたに該当しますか?
②他に該当する人物は何方ですか?

Aベストアンサー

秀頼に関しては、担がれた悲劇。他の織田や今川の関係者たちは、欲を捨てたゆえに、生涯をちゃんと終えることができました。

徳川家康に関しては、信長失脚あたりまで。それ以後は新規召抱えの家臣が増えて、御輿の役割は急激に減ってます。

幕末の薩摩藩では、土佐の個々が脱藩して活動の限界を反面教師にして、藩主を御輿に担ぐ方向に進んでいます。当の藩主が不慮の死を遂げて、次の藩主にも接近という形は、節操がないようにも見える。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報