現在求職中なのですが、財務とはどのようなお仕事をするのでしょうか?
また、財務と経理は違うのですか?
教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

簡単に言えば、


経理はお金を使う方の整理の仕事、
財務はお金の調達の仕事
つまりお金の in と out に関することと思っていいでしょう。

ただし財務は、in と out のバランスも見ますから、
会社の経営を、お金の面から全般的にも見ます。

下のURLを見てください。

参考URL:http://www.ccsjp.com/kaikei/kaikei100-3.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。大変参考になりました。
参考URLは、これからも拝見させていただきます。

お礼日時:2001/04/10 01:03

 一般には、経理とは、会社における原価計算、税務、金銭・財産の管理や処理の手続きの仕事ですが、そのうち、資金繰りを中心とした借り入れ、手形、銀行口座の管理などの仕事を特に財務といいます。

財務が独立していれば、経理から、財務の仕事は除かれます。小規模の会社では経理が独立していなくて総務で行われることもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
以前勤めていた会社が小規模だったので、区別がつかなかったのですが
なるほど、企業によって色々なんですね。

お礼日時:2001/04/10 01:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在求職中25歳の女です。 できれば、経理事務に詳しい方に質問です。 経理事務希望で、内定が決まって

現在求職中25歳の女です。
できれば、経理事務に詳しい方に質問です。
経理事務希望で、内定が決まっているのですが、会計ソフトが建設業界に特化している等もあり、決め悩んでいます。
建設業界の総務事務、経理事務のサポートを担当し、5年ほど経験を積んだとしても他業種の経理事務(決算等の経験ができる会社)への転職は難しいでしょうか?

Aベストアンサー

決算ってよほどの大手企業でもない限り、自前(の経理)でやらないですよ。
経理事務だと、決算にかかわれないし。
中堅以下の企業は、ほとんどが会計士・税理士に丸投げです。
大手企業は中途採用で経理なんてめったに取らないので、
経理事務で「決算まで」のキャリアプランは無理。

経理事務の仕事の中心は
・雑費用(小口経費)の入出金、精算と記帳(台帳記入かPC入力)
・少額現金の引き出し(銀行ATM操作)
・会社通帳の記帳(銀行ATM操作)
・交通費などの経費の記帳(台帳記入かPC入力)
・領収証の管理
等々です。
建設関係だと工事台帳の記入がありますが、PC入力でほとんど出来てしまうので
経験積むほどではないです(2か月もやれば大抵のソフトは覚えられる)。

一般には経理でも財務ができる方が有利です。
銀行向けの資料(資金繰り)作りとかね。
決算書は、作れなくても読めればよいので
本屋で1冊決算関係の本買って勉強する程度です。

転職を繰り返すと、給与とか福利厚生が先細りになるので
転職ありきのキャリアプランはお勧めしません。

Q財務や経理ってどんなお仕事ですか?

自分でも調べまして、財務は資金繰りや資金の使い道を考えるような部署、経理は日々のお金の流れの記録や財務諸表作りをする部署と漠然と認識しております。

会社の規模によって、経理が全部やっていたり、財務と経理で役割が分担されていたりとするようですね。

実際にお仕事に従事されている方に回答頂ければ有り難いのですが、具体的には日々どんなことをやられているのですか?どんなスタイルで働いているのですか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

中小企業の経理と財務を担当しております。
血液の流れにたとえたお話はよく経理の本に書かれていますが、経営者や営業に経理(財務内容)を理解してもらわないがぎり実際デスク上と決算書の経理だけでは会社の血液の流れは見えません。

仕事内容としては毎日の振替伝票、入出金伝票、銀行帳、手形帳、は手書きでやっています。
それを確認と毎月の資産表作成のためPCに入力しております。
同じように毎月の支払いの為の手形や小切手の振り出し。手形決済の為の銀行への手形割引、銀行残高把握、売掛金回収、買掛金払、経費等の確認、領収証発行、税金関係、社会保険、給与計算と結構仕事は多いです。
資金繰りに問題さえないようであれば日々の流れを覚えてしまえば結構段取りよく仕事は進みます。

会社が大きく経理、財務、総務とあれば仕事はとても楽だと思います。

銀行は支店長クラスとの取引交渉があるのならば多少のおつきあいがあるほうが得ですが、一般社員であるのなら相手も営業、毎年といっていいほど担当は替わりますし、担当者によって対応も変わります。特にお付き合いする事はありません。
それに今は銀行に接待してもあまり得はないですし、
あるとすれば営業が足しげく通ってくれる位でしょうね。

中小企業の経理と財務を担当しております。
血液の流れにたとえたお話はよく経理の本に書かれていますが、経営者や営業に経理(財務内容)を理解してもらわないがぎり実際デスク上と決算書の経理だけでは会社の血液の流れは見えません。

仕事内容としては毎日の振替伝票、入出金伝票、銀行帳、手形帳、は手書きでやっています。
それを確認と毎月の資産表作成のためPCに入力しております。
同じように毎月の支払いの為の手形や小切手の振り出し。手形決済の為の銀行への手形割引、銀行残高把握、売掛金回収...続きを読む

Q中小企業経理部から東証一部上場企業財務経理部への転職

 中小企業(従業員300人規模)の経理部に正社員として3年程勤務しています。将来的に、東証一部上場企業の財務経理部にキャリアアップしたいと考えています。
 しかし、中小企業のため、連結決算等の実務経験を積むことができません。そこで、その実務経験不足を資格で補おうと思ったのですが、補えるとすればどのような資格があるでしょうか。
 個人的には、税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目の科目合格か、簿記2級と中小企業診断士の2資格の取得のどちらかと考えているのですが。
 大卒で簿記2級、TOEIC800点を取得しています。
 稚拙な質問で申し訳ありませんが、回答をお願いします。

Aベストアンサー

>税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目の科目合格か、
>簿記2級と中小企業診断士の2資格の取得のどちらかと考えているのですが。


もしできれば、日商簿記1級もあるとさらによいでしょう。
税理士の簿記論や財務諸表論では、工業簿記・原価計算が試験範囲ではないので抜けています。
製造業じゃないから工業簿記・原価計算が不要だと思っている人が多いのですが、それは大きな誤解です。

ある程度大きい規模の会社では、部門別・製品別原価計算や直接原価計算といった知識を応用し、事業部門別あるいは本支店別の比較損益計算書を作っています。
おそらく、現在の会社でもそれと同じようなことをやっているとは思いますが、そういうことを専門的に学ぶ事は非常に有益です。

また、新規事業への投資をする・しない、といった判断をするための意思決定会計というのも、将来の事業計画を企画・立案していくためには必要です。
こういう分野は税理士試験科目ではカバーしていないので、日商簿記一級で勉強するのが早道です。

上場会社ともなれば、連結会計も非常に重要です。
まずは日商一級の商業簿記で連結会計の基礎を固めて、税理士の簿財、法人税と勉強するのがいいでしょう。
最終的に法人税の「連結納税」まで押さえれば、上場会社ではかなり重宝されることと思います。
上場会社の子会社の経理部門でも、連結ができる人というのは有利だと思います。

私のみた限りではありますが、同じ新人でも日商一級を持ってる人は、事業部門別、本支店別の業績比較用の損益計算書などの作り方を教えると、そうでない人よりも非常に飲み込みが早いですね。

また、新規事業の計画案を作らせても、やはりコツを多少教えるだけでそれなりに見栄えのするものを作ってしまいますので、なかなかいいですよ。

頑張ってうまくキャリアアップできるといいですね。頑張ってください。

>税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目の科目合格か、
>簿記2級と中小企業診断士の2資格の取得のどちらかと考えているのですが。


もしできれば、日商簿記1級もあるとさらによいでしょう。
税理士の簿記論や財務諸表論では、工業簿記・原価計算が試験範囲ではないので抜けています。
製造業じゃないから工業簿記・原価計算が不要だと思っている人が多いのですが、それは大きな誤解です。

ある程度大きい規模の会社では、部門別・製品別原価計算や直接原価計算といった知識を応用し、事...続きを読む

Q経理の方よろしくお願いします。 手形を貰ったので領収書を送ったら金額を間違えてたので送り直したのはい

経理の方よろしくお願いします。



手形を貰ったので領収書を送ったら金額を間違えてたので送り直したのはいいのですが、間違えた領収書を破棄して下さいと言ってしまいました。まだ経理初めて三ヶ月とはいえ大変な事をしてしまいました・・・。税務署が入ったらやばいとか聞きました・・・。法的に私は偽装で捕まったりするんですか?また同じ方がいましたら対処法教えて下さい。

Aベストアンサー

「偽装」だなんてオーバーです。

①(誤りの)領収書の耳が手元に残ってるはずですが、その耳に「金額誤記。先方へ破棄以来」と書いておきましょう。

②(正しい)領収書の耳が手元に残ってるはずですが、その耳に「再発行」と書いておきましょう。

もし将来、税務署から照会があったら、「金額を間違えたので再発行した。先方には破棄をお願いした」と回答すればOKです。

心配要りませんよ。v(^^;

Q経理と財務の仕事について

現在の会社では経理課と財務課が組織上分かれているのですが仕事が経理の仕事と
財務の仕事がごちゃまぜになっている状態です。
私もいまいち分からないのですが、一般的な会社の経理と財務の仕事の区分を具体的に教えてください。
例えば売掛金・買掛金の管理、細かいところで小口現金の金庫を会社の大きな金庫に入れる仕事は経理?財務?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

経理の仕事は会社の経理全般を行うことです。それに対して、財務は資金調達及び入出金の管理を一般的には行います。

基本的に現金・預金など現物(小切手、手形など)を扱う部署と伝票を起票する部署を分けるのが普通です。

売掛金の管理も経理が財務より入金データを入手し、売掛金の消し込みを行う。あるいは、経理部が買掛金の支払データを作成し、実際に支払を実行するのが財務部となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報