【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

言葉が不自由な祖母と意思疎通を図る方法について


こんにちは。
祖母が脳の病気で、言葉が不自由になりました。
話そうとしても、「アーアー」という音は出ているのですが、見ている私達家族は上手く理解できず祖母の意図をなかなか汲み取ってあげることができません。
私が「ご飯食べたか、って聞いてるの?」・「畑のこと?」と色々思い当たることを聞くのですが、首を振られます。
(祖母は耳は不自由ではありません、痴呆症にも今のところなっておりません)

筆談は、身体があまり動かせないので困難です。
言葉が不自由な方の専用の「文字パネル」や、このような場合に使用できるものをインターネットでも探してみたのですが、見つからない状況です。

もしお詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか?
どうぞヨロシクお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは、医療従事者です。



おやさしいですね。


文字ボードは購入しなくても、自作すればいいのではないでしょうか。
ひらがな50音を大きめの厚紙に見やすいように書けばいいのです。

後は、ありえそうな事柄を数種類まとめて載せるとか。
思いつくのは「かゆい」「取って」「痛い」
「おむつをかえる」「薬を飲む」
「おとうさん」「おかあさん」「・・ちゃん」
などなど、絵柄付きでのせます。
後はご本人が希望されそうな内容をチョイスして、
おばあ様専用の文字ボードの完成です。

最近は、パソコンの中にイラストがたくさん入っていますから
わかりやすそうで、お好きそうなものをえらべばいいでしょう。
絵を指し示しながら「かゆいの?」などとコミュニケーションをとる、とか
おばあさまが文字や絵の意味が分かれば指していただくとか。

あとは、
50音を自作するのが大変なら、
幼児用のあいうえお表を利用するという手もあります。

福祉用のものはなかなか高価なものが多いので、
コスト削減には職員の子供さんのそうしたものを利用していました。

ただ、脳血管障害の方の傷害された場所によっては
言葉の意味は理解はできても
文字が読めなくなる方もいらっしゃいます。
そういう方には文字ボードが使えない方もおられることを
蛇足ながら付け加えさせていただきます。

私はこれまでの経験から
人間「必要とされている」という思いが何よりの薬だと信じています。
まったく無反応だった方が、
毎日の話しかけるなどを続けてているうちに
笑顔がみられたり、話をされた方もいらっしゃいます。
当然その方の状況にもよりますが、
おばあさまといいコミュニケーションができるようお祈りいたします。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

場所によっては文字が読めなくなる場合もあるんですね・・・。
祖母の場合はまだ分からないのですが、今冬に帰省する際に絵や文字つきのボードを作っていこうと思います。
専門の機器はちょっと高価で経済的に厳しいので・・・。

最後のお話、とても心に沁みました。
医療従事者の方からの経験談を伺えて、本当にありがたく思います。
とても参考になりました。
ご回答いただきましてありがとうございました。

お礼日時:2010/09/04 21:08

以前、お体の不自由な方のコミュニケーションについての類似?質問にアドバイスしたことがあります。


参考になるかどうかわかりませんが、URLをお知らせします。http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6040903.html(類似?質問)

http://maroon.way-nifty.com/welfare/2008/07/post …(身体障害者手帳関係)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5307069.html(身体障害者手帳関係)
http://www.pref.kyoto.jp/shogaishien/resources/1 …(5ページ:身体障害者手帳関係)
http://maroon.way-nifty.com/welfare/shougai_tech …(5・12・13ページ:身体障害者手帳関係)

http://talkassist.meidensoftware.co.jp/ta/ta_wha …(携帯用会話補助装置)
http://talkassist.meidensoftware.co.jp/ha/(意思伝達装置)

意思伝達装置は、ごく大雑把にいうと、障害をもった方が使いやすいように工夫されたパソコンです。
入力方法やソフトも工夫されたものがいろいろあります。
機器は高額ですが、重度の障害をお持ちの場合は、障害者自立支援法の補装具費や日常生活用具の制度を利用できる場合もあります。
市町村の障害福祉課や身体障害者厚生相談所に相談して、アドバイスをもらうこともできるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん調べて頂きましてありがとうございます。
URL拝見いたしました。
特にトークアシスト、ハートアシストという装置は初めて知りました。
やはりこのような専門装置は有能な分高額になりますよね。
文字ボードなどを試してみて、祖母の状態・諸々を見てから検討しようと思います。
ご回答いただきましてありがとうございました。

お礼日時:2010/09/04 21:09

言葉が出てこない原因によって対処方法が変わります。


1.構音障害
  発音はできませんが言語能力はあるので、文字パネルなどで意思疎通できます。
  私が構音障害の方と接したときは、誰かが手作りした文字パネルをつかって1文字ずつ
  文字(ひらがな)を指差してもらいました。
2.運動性失語症
  運動性失語症の場合、言葉自体が出てこないので文字パネルなどの使用は難しいそうです。
  私は運動性失語症の方と接したことはありませんので、実際にどのように意思疎通をしているのかは
  分かりませんが、「はい」「いいえ」で答えられる質問を積み重ねて意思を読み取るように
  習いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

障害の原因によって対処方法が変わるんですね。
担当医師に詳しく伺ってないので、祖母の場合どうなのかわからないのですが、とりあえず文字ボードを試してみようと思います。
ご回答いただきましてありがとうございました!

お礼日時:2010/09/04 21:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q声を出せない人の意思表示に便利なもの

先日イトコ(12歳・女子)が声帯をとる手術をして、現在声をだせない状態です。
身体的にも障害があり、ホワイトボードなどに字をかけませんし、一人で歩くこともできません。
叔母がつきっきりで介護をしていますが、農業もやっているので、
畑に出たときとか家の中を掃除しているときとかに
彼女が叔母を呼びたいときに便利な機械があったらいいな、と言っています。
何かよい機械や、彼女の意思が伝わるようなものがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。はじめまして。

先ず、農作業に出ておられる家族を呼ぶのであれば、ワイヤレス・ナースコール(先の方が仰っておられるチャイム等)ですね。但し安価なものは到達距離が短いのが難点です。

その家族が携帯電話を持っているのであれば、少し値は張りますが「緊急通報装置」というものがあります。ワイヤレス子機(腕時計やペンダントの形)のボタンを押すと、予めセットしておいた電話番号に自動で電話をかけて、録音しておいた音声も流せるものです。
通話先を119番限定にしてであれば、福祉施策の補助で無料利用可能な事もあります。でも御家族へのコールが目的ですと5~10万円位で購入となるかと…少しは補助金が出る市町村もあるかも知れません。

次に、コミニケーションに関してですが、特に脳の言語野の障害ではないので、#1さんが仰るように50音表(コミュニケーションボード)が使えると思います。
もし、指し示す手がすごく震えるとか、思うように示せない というのであれば、透明なアクリル板などに50音表や良く使う単語を書いておいて(アイ・トランスファーまたはイートランと言います)、ご家族はその裏側に立って、本人の視線の動きでどの文字を見ているか判断しながら「これ?これ?」と確認しながらコミニケを取ります。

また、50音が書いてあって各文字のボタンを押すと「あ」とか「い」とか、本人に代わって声を出してくれる「トーキングエイド」という福祉機器があります。そのままではボタンが小さくて上手く押せない時には、それに接続する大きなキーボードも別売であります。
この機械があれば、電話をかける事が可能なら電話先の人ともコミニケが取れます。(新型はパソコンに繋ぐ事も可能ですのでキーボード代わりにも出来ますよ。)これは障害福祉制度の助成金で購入出来ると思います。
(これと同様に音声を出す機械は玩具屋で4000~10000円位で買う事も出来ます。パソコンやプリンタには繋げませんが)

もし手指の細かい動きがし難くてボタン操作が不可能な場合には、重度意思伝達装置(コミュニケーションエイド)という福祉機器を使います。これでしたら、手でスイッチを握るとか、足で大きなスイッチを押すとか、アゴでスイッチ棒を触るとか、利用し易いタイプのスイッチを単純操作出来れば、先のトーキングエイドのように読み上げる事も出来ますし、メールも送れますし、日記や原稿も書けます。難点は文章作成に時間がかかることです。
これも適用であれば、市の補助で買えます。
ちなみに、日立やIBMが製品を出していますが、似たようなモノで試してみたければ無料ソフトをパソコンにインストールしてマウスのクリック操作でやってみる事も可能です。(下記URLから入手できますが、文章保存等は出来ません)

#4様がお奨めしておられるように、言語聴覚士や作業療法士・理学療法士・医師の意見を聞きながら良い方法を選択されますようお願いします。
例えば相談を受けた或るメディカルスタッフがスイッチ操作を優先してしまったために、その操作をおこなうための筋肉の緊張異常が増悪してしまい、関節が伸ばせなくなってしまい、寝たきりになって、床擦れが出来て… なんていう事例も沢山ありますので…専門家の意見は確認してください。
その際必ず「筋緊張異常増悪を抑制するという観点」についての考察をお忘れなく!(←結構、気にしないお馬鹿が多いです。泣)

以上、長々と失礼しました。ご親戚の方が良い生活を送れるように応援いたしております。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se186724.html

こんばんわ。はじめまして。

先ず、農作業に出ておられる家族を呼ぶのであれば、ワイヤレス・ナースコール(先の方が仰っておられるチャイム等)ですね。但し安価なものは到達距離が短いのが難点です。

その家族が携帯電話を持っているのであれば、少し値は張りますが「緊急通報装置」というものがあります。ワイヤレス子機(腕時計やペンダントの形)のボタンを押すと、予めセットしておいた電話番号に自動で電話をかけて、録音しておいた音声も流せるものです。
通話先を119番限定にしてであれば、福祉施...続きを読む

Q言葉を話せない方とのコミュニケーション

はじめまして、こんにちは。
私は先週から特別養護老人ホームに実習に行っています。
担当のフロアには20名の利用者さんがいます。
重度の利用者さんばかりで、ほとんどの方が寝たきりです。
そのうち言語的コミュニケーションがとれる方は3人しかいません。
喋りはしませんが、私を見て話を聞き、頷いて下さる方は他に3人います。
喋れない利用者さんにも話しかけてみたのですが、全くの無反応でどうしたらいいのかわからず、その後は喋れない方とのコミュニケーションを避けてしまいました(>_<)
目も開けないし、表情もまったく変わらない。
食事も胃ろうなので経口的に摂取していないです。
そんな方とのコミュニケーションはどうとればいいのでしょうか??
アドバイスをくださいm(_ _"m)ペコ

Aベストアンサー

喋れない、頷けない、意思を示す方法を持たないとしても、きっと色々して欲しいことやしたい事があるでしょうね。
私はSCU(脳外科領域の集中治療室)勤務なので、そのような患者さまがとても多いです。
また、喋れても感覚性の失語(会話が成り立たないが喋るのは喋る)や、聞く事や動く事はできるけれど言葉を認識できない人なども多いです。

言葉を認識できて、極わずかでも反応できる(開閉眼、指を動かす、開閉口など)のであれば、YesNoのどちらかを決まったアクションでしてもらい、Y/Nで答えられる質問をするとコミュニケーションとれます。
他にジェスチャーや絵、文字盤を使う方法もあります。

まったく言葉を認識できないが動けるという場合、ジェスチャーや絵などが有効な場合もあります。
こちらからのアプローチに興味を示さない場合、行動や仕草に注意して、この仕草の時はこれがしたい、この動作を始めたらこれがしたいという事など、行動とニードをまとめてノートとかに残しておく方法もあります。

意識レベルが低く、刺激に対して僅かに動きがある程度の場合、高次欲求については事実上分かりません。生理的なレベルでの欲求(失禁していたらきれいにする、清拭や入浴で体を清潔に保つなど)に応えるくらいですが、言葉を分かっているけれど動けないと考えて接する事が必要になると思います。予測的なニードにはなってしまいますが、苦痛の除去・安楽の確保、人間らしい生活、1日のリズムをつけるなど、喋れる人と変わりなく接したら良いと思います。
そしてこのような状態の方の場合、家族との関わりが重要になってきます。
家族がその人に何をしてあげたいか、家族にとってその人の存在(役割)などが間接的なニードになって来ると思います。

実習中ということで、その期間だけでコミュニケーションが図れるようになるのは難しいと思いますが、職員の方は学生さんほど密に接する事ができないので、色々気付くチャンスはあると思います。
そちらの職員の方からどのような関わりをしているか聞き、また自分が発見した事などあれば職員の方に返すと良いでしょう。

喋れない、頷けない、意思を示す方法を持たないとしても、きっと色々して欲しいことやしたい事があるでしょうね。
私はSCU(脳外科領域の集中治療室)勤務なので、そのような患者さまがとても多いです。
また、喋れても感覚性の失語(会話が成り立たないが喋るのは喋る)や、聞く事や動く事はできるけれど言葉を認識できない人なども多いです。

言葉を認識できて、極わずかでも反応できる(開閉眼、指を動かす、開閉口など)のであれば、YesNoのどちらかを決まったアクションでしてもらい、Y/Nで答えられる質...続きを読む

Q話せない人との会話

前にテレビで、まばたきしか出来ない人と、会話(?)しているのを見ました。
まず、「あ、か、さ、た・・・」を選び、行が決まったら、「あ、い、う、え、お」の文字を選び、それを繰り返して、「お・は・よ・う」など、単語を作っていくというやり方でした。
このやり方が何と言うものなのか、すでに、手話のように確立されているものなのか、わかりませんが、何でもいいです、ご存知の事を教えてください。
どうしても、義父と会話がしたいです。

どこに投稿したらよいのかわからなかったので、ここに投稿しました。

Aベストアンサー

私も観たことがあります。
確か老夫婦で、旦那さんが病気で奥さんが看病をするのに、まばたきで会話ができるように
なってからは意思疎通ができるようになって、今では嫌口(文句)まで言えるほどになった^^
というような感じの番組だったのではないですか?

それだとすると、あの会話法はあのご夫婦が何とか会話できるようにと二人で考え出したもの
だと言っていたと思います。

まず初めに、まばたきが1回だとア行、2回だとカ行、要はア・カ・サ・タ・ナを表わすと。
それから次が、1回だとア段、2回だとイ段というようにしていると言っておられました。
例えば「めし」なら、マ行なので7回まばたきをし、休憩して次に4回まばたきをすると
いったような会話の仕方だと思います。

あと、うろ覚えですが、イエスが1回とかノーだと2回とか何かおっしゃったような
記憶があるのですが・・・。これははっきりしません。すみません。

意思疎通ができると義父さんの希望を聞いてあげられますものね。
うまくいくといいですね。

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。

Q胃ろうを拒否した場合

76歳の父親です。2年前に交通事故にあい、左手、足がほとんど動きません。嚥下も難しく、6月から誤嚥性肺炎を起こし、医師からは胃ろうを勧められています。意識も多少わからなくなって自分で判断がつきにくい状況です。

胃ろうについて基本的な説明は医師や看護婦さんから丁寧に教えていただきました。ただ、本人がまだ意識がはっきりしている時から、胃ろうなどの処置はしないでほしいと何度も強く言われていました。今も本人は拒否しています。
娘の私としては、長く生きてほしいというより、本人の希望通りで、苦痛を伴わない生活を少しでも送らせてあげたいと思うのですが、胃ろうを拒否した場合、餓死のような大変な苦痛が伴うのでしょうか?現在では一日にゼリーを一つ、むせながら食べるのがやっと、という状況です。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この6月に義父を見送りました。
うちも誤嚥性肺炎を起こし、胃ろう対象です、といわれましたが、ホームの看護師さん、スタッフ、主人のかかりつけ医とたくさんの方に相談したところ、皆、胃ろうは勧めない、とおっしゃっていました。
口から物が食べられなくなったら、寿命で良いのではないか、と。親を餓死させる気か!といわれそうだが、健康なひとがお腹がすいてひもじくて死んでいくのとは違う、口から物が入ってこなくなると、徐々に身体の機能が落ちて枯れたようになって死んでいく。今までたくさんの方を見送ってきたが、これが一番自然で苦痛の少ない死に方のように感じる、いわゆる老衰です、とおっしゃっていました。
うちでは胃ろうと経鼻栄養は拒否し、抹消点滴と中心静脈栄養を選択しました。中心静脈栄養も再考の余地がありますが、これで家族が覚悟できる時間が取れた、と思います。
ちなみにネットで探した統計で確実ではありませんが、余命
抹消点滴のみ、2-3ヶ月、
IVH    半年から1年
胃ろう    2年から4年
感染症や合併症が起きない場合です。
私たちもさんざん悩みました。でも決定権は家族と本人にあると思います。 

この6月に義父を見送りました。
うちも誤嚥性肺炎を起こし、胃ろう対象です、といわれましたが、ホームの看護師さん、スタッフ、主人のかかりつけ医とたくさんの方に相談したところ、皆、胃ろうは勧めない、とおっしゃっていました。
口から物が食べられなくなったら、寿命で良いのではないか、と。親を餓死させる気か!といわれそうだが、健康なひとがお腹がすいてひもじくて死んでいくのとは違う、口から物が入ってこなくなると、徐々に身体の機能が落ちて枯れたようになって死んでいく。今までたくさんの方...続きを読む

Q姉47歳が脳梗塞で要介護5。今後の行き先の施設で悩んでます。

今年の1月に姉が脳梗塞になりました。その後リハビリ病院へ転院して、
この9月で半年になり次の行き先を探している所です。
姉の状態は、「要介護5」で意識はハッキリしていて、寝た状態で両手両足を動かすくらいは出来ますが、
自分で起き上がったりは出来ません。
最近、声も出るようになってきましたがソレを聞き取るのは、まだ困難な状態です。

ただ、この1~2ヶ月の間で、大分、精神的に安定してきた感じで、身体的にもリハビリが進んでいるような
感じで、今後もリハビリを重点に考えたいと思っています。
また、両親が高齢で、尚且つ父も認知症が出てき始めたので、以前のように自宅へ帰る事は困難です。

そこで、この先に移る施設として老人保健施設や身体障害者施設というのを紹介されたのですが、
老健ではリハビリは出来ますが、当然ながら高齢者ばかりで、一方、身障は年齢層は若いものの、
姉の容態から受け入れが困難だったり、脳性麻痺の方が多かったり…。
当方は大阪市内ですが、仮に受け入れの施設があった場合でも、かなり田舎だったり…。
私も20件近く施設を回って話を聞いてきましたが、中々、ピンと来る所がありません。

最近、若い人でも脳梗塞などの発症が多くなってきたと言われますが、
皆さんは、どうされているのでしょうか?
やはり、高齢者の中でリハビリをされているのでしょうか?

姉が今後、何処まで回復するのか?分かりませんが、姉は独身なので、
後々には同世代の障害を持った方々と共同生活出来るような所で過ごした方がイイのかな? 
と思ったりもするのですが…。

何かアドバイスを賜れたら幸いです。

今年の1月に姉が脳梗塞になりました。その後リハビリ病院へ転院して、
この9月で半年になり次の行き先を探している所です。
姉の状態は、「要介護5」で意識はハッキリしていて、寝た状態で両手両足を動かすくらいは出来ますが、
自分で起き上がったりは出来ません。
最近、声も出るようになってきましたがソレを聞き取るのは、まだ困難な状態です。

ただ、この1~2ヶ月の間で、大分、精神的に安定してきた感じで、身体的にもリハビリが進んでいるような
感じで、今後もリハビリを重点に考えたいと思って...続きを読む

Aベストアンサー

保険制度は世帯単位で算出される仕組みになっています

だから世帯を分けることで、世帯分離され負担が軽減されます

お姉様については、障害年金の取得が必要だと思います
既に病院からも教示されて手続きされていると思いますが、年齢的に年金もなく収入が途絶えている状況だと思いますね。

高齢者の施設で若年の認知症を中心に受け入れる加算も新設されました。

ただ、気になるのは
年齢的に高齢者と同室は無茶です
しかし、個室になれば居室料の負担が発生します
収入に応じて限度額もありますが、収入の範囲内で生活が可能かどうかは施設に相談が必要です。

リハビリについては、施設の対応になります
個人的には格段の配慮を持って取り組む必要があると考えていますが、これも施設に相談してください。

*世帯分離の話も施設の相談員が教えてくれると思うので、早目に連絡して面接日を予約する事ですね。

複数の施設へ相談してみてください。

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q癌の末期症状を教えてください。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している感じです)せん妄らしき意識障害もしばしばみられます。微熱も続いています。
数日前からは痰がよくからむようになってきました。息苦しい時もあるようです。目も見えにくくなっているようです。

このような病状なのですが、どういう状況にあると考えればいいのでしょうか。主治医の先生に聞いても的を得た答えを得られずにいます。
また今後はどういう状態に気をつければいいのでしょうか。
少しでも楽になるように、私たち家族は何をしてあげればよいのでしょうか。
どんな小さなことでもいいです。ご存知のことがあれば教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している...続きを読む

Aベストアンサー

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最も考えられますが他の場所への転移、浸潤、潰瘍形成などによる出血の可能性もあります。 
せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状は癌の末期にはしばしば出現します。疼痛コントロールがうまくいっていないときは出現の頻度も当然高くなります。
熱については、一般的に感染に伴うものと癌による腫瘍熱の二つが最も考えられます。
痰や呼吸困難は、呼吸器感染症の合併もしくは心不全徴候などの可能性があります。

この状態であれば御本人の苦痛をいかに取り除くかは、ご家族ばかりでなく医療側の比重が大きくなると思います。
まずは、御本人の意識を保った状態で苦痛を取り除くことが目標ですが、それが困難になればある程度鎮静させ意識レベルを落とすことも必要になります。肺に転移しているようですが、呼吸不全が進行してくると酸素投与だけでは呼吸困難が改善されないこともあり、そのような場合は体力の消耗がはげしく悪循環に陥りますから、積極的に鎮静させます。結果的に、ご家族との直接の会話はなくなることも多いですが、話すことができなくても完全に意識をなくしているとは限りませんから、気持ちの平安のためにも御本人に話しかけてあげることが大切だと思います。
最終的な症状は、血圧が下がる、尿の出が悪くなる、呼吸が浅くなるなどです。自分で痰を出すことができなくなると、常に痰が詰まることによる窒息が心配になります。喘鳴が強くなったときは、すぐに痰の吸引をしてもらうようにして下さい。

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最...続きを読む

Q脳梗塞で植物人間になった人の入院先について

私の義父が二度目の脳梗塞で倒れました。今回で脳の3分の2がダメージを受けたことになり、医学的には植物人間との診断です。
現在10日程度過ぎており脳の腫れのリスクはほぼなくなりました。気道確保の処置がなされておりますが、これは一時的なもので、呼吸と痰の除去用に気管切開の上チューブを取り付ける予定です。
基本的には自力呼吸はできるようですが今後食事は流動食を与え、痰を除去するという介護になろうかと思います。
今後の課題は、上記の状態のままでどう介護するかですが、恐らく完全介護の病院に入ると思いますが、現在の病院のICUから一般病棟或いは他の病院に転院するにあたり、不安点が二つあります。アドバイスをいただけると助かります。
(1)費用の問題 66歳の高齢であり、重度の身障者である当人が完全介護の病院に入院するとどの程度の負担があるのか、義母が心配しております。
(2)期間の問題 実際に入院するに当り、どの程度の期間入院できるのか、何かガイドラインはあるのでしょうか。また、上記のような状態で自宅での介護というのは有り得るのでしょうか?
最終的には主治医の説明を聞いて判断するつもりですが、主治医の説明を正しく理解するためにも上記の情報はあらかじめ頭に入れておきたいと考えております。

私の義父が二度目の脳梗塞で倒れました。今回で脳の3分の2がダメージを受けたことになり、医学的には植物人間との診断です。
現在10日程度過ぎており脳の腫れのリスクはほぼなくなりました。気道確保の処置がなされておりますが、これは一時的なもので、呼吸と痰の除去用に気管切開の上チューブを取り付ける予定です。
基本的には自力呼吸はできるようですが今後食事は流動食を与え、痰を除去するという介護になろうかと思います。
今後の課題は、上記の状態のままでどう介護するかですが、恐らく完全介護の病...続きを読む

Aベストアンサー

うちの母も脳出血で3回倒れ、いわゆる植物状態です。
初期の頃は痰が多く、吸引のために気管切開をしていました。
最近は痰の量が減ったため、気管切開用の器具は外してしまい、口鼻から吸引しています。
食事は流動食で、植物状態になってから14年になり、現在67歳。
娘の私一人で養っているため、仕事の都合上、今までずっと病院でお世話になっています。

介護保険が始まるまでは、やはり一般の病院に入院しており、3か月毎に転院しておりました。
「家族の常時つきそい」が条件で、無理な場合は、入院付き添い専用の「家政婦さん」を実費でつけてください、という病院がほとんどでした。
しかし最近では「家族の常時つきそい」「家政婦さん」は禁止になった病院が多いようで、病院側の「完全看護」になり、家族は面会時間のみ面会できるシステムのようです。
※これは私の地方だけのシステムかもしれないので、ご参考までに。

一般の病院は3か月毎に退院・転院を促されるし、気管切開をしていては老人ホーム・特養 は入れてくれません。
介護保険が始まってからは「要介護5」に認定されたため「療養型医療施設」にお世話になっています。
こちらでは3か月毎の転院を促されることはありません。
いわゆる老人病院で、寝たきりや痴呆の老人がほとんどですが、老人ホーム・特養と違って医療行為もしてもらえます。
どちらにしても介護保険をご利用することになると思いますので、まず区役所の介護福祉課で、要介護認定の申請をされることをオススメします。
※ただ、2011年をメドに、国は「療養型医療施設」を無くして行く方向らしいので、基本的に家庭で介護するしかなくなって行くようです。

介護認定のランクによって、かかる費用は変わってきます。
うちの場合は「寝たきりのままずっと安定していて、大きな医療行為はない」状態で、「世帯全体が非課税で年収80万円以下」の本人のみの独居世帯で、介護保険利用料・食費・居住費・その他雑費で、毎月11-13万円かかっています。
「高額介護サービス費」払い戻し制度もありますので、極端に高額になることはありません。

役所に届けている「世帯」に、他に収入のある家族がいると、世帯収入が上がるため、毎月かかる費用もはね上がりますので、ご注意を。

これから色々大変だとお察ししますが、お互いがんばりましょう。

参考URL:http://www.kaigo-nagoya.com/

うちの母も脳出血で3回倒れ、いわゆる植物状態です。
初期の頃は痰が多く、吸引のために気管切開をしていました。
最近は痰の量が減ったため、気管切開用の器具は外してしまい、口鼻から吸引しています。
食事は流動食で、植物状態になってから14年になり、現在67歳。
娘の私一人で養っているため、仕事の都合上、今までずっと病院でお世話になっています。

介護保険が始まるまでは、やはり一般の病院に入院しており、3か月毎に転院しておりました。
「家族の常時つきそい」が条件で、無理な場合は...続きを読む

Q肺炎の急変について

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。

転院の前日に38度強の熱が出ましたが主治医は転院は問題ないとのこでしたが転院当日先方の病院へ経過を連絡し確認したところ経過観察のため転院を延期し検査を依頼されました。(当日は熱は下がっていました)

その依頼により、胸部レントゲン血液検査が行われました、結果炎症反応9とかなり高状態で1週間程度の経過観察と言われました。

その翌日の朝、病院から態急変したとの連絡で駆けつけたところ父は酸素マスクをつけ呼吸も浅く非常に苦しそうにしておりました、意識はない状態で、一時的に心停止に近い状態であったと伝えられました。

その後医師より、レントゲンを見せられ昨日の朝のレントゲンでは肺炎の大きな広がりはなかったが、今朝のものは胸いっぱいに肺炎が広がっており非常に厳しい状態ですと言われ、現実に翌日の夕方に息をひきとりました。

そこで、ご意見をお願いします
1.誤嚥性肺炎だろうと言われました、肺炎は僅か半日足らずで死にいたるほど急激に症状が進むものですか?

2.転院の2日前に(亡くなる3日)に付き添っていたとき息が苦しそうで肩で息をし、手足が先日までとは違いすごく冷たくなっていました、これは肺炎の兆候として治療に反映はできなっかたのしょうか?

3.入院中37度強の熱が1日をとうして出たり出なかたりしていましたが。これは肺炎を起こしているサインとして予防的な治療の目安にはならなかったのでしょうか?

高齢での肺炎は非常に厳しいものとは分かっているつもりですが、なにかもやもやしたものが拭い去れずこの場をかりて質問をさせて頂きました、出来れば医療関係者のかたの率直な意見を頂ければと思います

宜しくお願いします。

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。
...続きを読む

Aベストアンサー

1、まず誤嚥性肺炎、特に高齢者の場合は予後が悪く、急激に換気障害に陥り、あっという間に死亡してしまうことは確かにあります。うっかり喉にものが入っただけのように感じるかもしれませんが、極めて重病なのです。ましてや、脳梗塞などがあり、異物を排除できない上に高齢という極めて状態がよくない場合はなおさらです。
2,3、高齢の場合は肺炎の兆候は出にくく、発熱も殆どない場合も少なくありません。手が冷たかっただけではサインとしては目安にはならなかったと思います。看護師が定期的に体温を測っているはずで、急激な低下や上昇があれば通常は主治医に報告がいきます。このあたりは主治医に詳しく再度説明して頂いてください。その方が納得いくと思います。


人気Q&Aランキング