英語の発音が外国人みたいになるようにするには何年かかりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

やはりその国の人が話す英語を注意深く聞いて真似すればよろしいかと存じます。

通常電話の先で英語を話す方の発音で出身国がわかります。それほどたとえば日本人の英語も、インド人の英語も、中国人の英語も特徴的ですので、その特徴をつかめば日本人でもインド人ぽく話がある程度できるようになると思いますが、上に申し上げましたように発音はお国の手形のようなところがありますので、自分の発音を治すのはかなりの時間がかかると思います。

日本人の方の英語も留学先や滞在先で変わってきます。米国で英語に接してきた人は、英国から帰ってきた日本人の英語はきざに聞こえます。オーストラリアの英語は私はついてゆけないという気持ちになります。

先ほどの回答と少し矛盾しますが、お国なまりはなかなか抜けないと思います。個人的には私はLとかR,THに気御付けてはっきりと話して理解していただく努力を積み重ねることで、わかりにくさをご容赦願っています。つまりお国なまりはそれはそれでよろしいのではないかというのがお勧めです。
    • good
    • 2

 ほかの方のことは分かりませんが、僕ならXXX年かかります。



 XXXには8を寝かせた記号を入れます。ですから他のことを先にしています。
    • good
    • 0

ネイティブみたいになるのは難しいですが、ちょっと母音に気をつければ、一日で日本人のカタカナ英語ぽくない発音になれますよ。



まずaは基本的にアとエの中間の音。aeという発音記号で表されます。vacationを無理やりカタカナで書けばヴェケイシュンです。またpathはペス(スはthの発音)です。adamはエデムです。
erやirはアとウの中間の音。口はウの形でアと発音する感じ。terminalはトェーミナルです。girlはグェールです。
oは伸ばさないときはエとオの中間の音、伸ばすときはアウと発音する。pentagonではペンテゲァン、boyはブァゥイです。英語には日本語のオに相当する母音はありません。

あとはthの発音とr/lの発音をしっかり練習すること、大きな声ではっきりゆっくり大げさに話すこと、たったこれだけであなたの英語の発音はそれっぽくなります。

以上なんちゃって英語発音講座でした。
    • good
    • 0

おそらく何年やっても、外国人のような発音になるのは無理だと思います。


これは、長く日本に住んでいる外国人の日本語の発音が日本人と同じよう発音できないのとおなじです。


それと、誤解されているようですが発音だけよくなればいいというものではありません。
リンキング(リエゾン)ができていないと不自然ですし、文全体での強弱などがないと単語の発音は完璧でも通じないこともあります。

なので、発音はネイティブのような発音を目指すのではなくて、ネイティブに通じる発音とリンキング等を総合して修得することをお勧めします。これなら早い人で1年位で習得できるのではないでしょうか。

↓この方の説明は分かりやすいですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=SUfeX78GBao&featu …
http://www.youtube.com/watch?v=TltnBCH-L-g&featu …
http://www.youtube.com/watch?v=SUfeX78GBao&featu …
    • good
    • 0

どこまで英語的な発音になるかは、個人差が非常に大きいです。


「英語が喋れる=発音が良い」でもないのです。
逆に、発音が良ければ会話力が高いのかというと、そうでもないです。

本人が気にしない限りは日本語訛りが強いままです。
それでも話す内容や言葉遣いがきちんとしていて話が通じれば問題はないし、発音だけ真似して中身が伴わないよりも、訛りがあってもきちんと喋れるほうがむしろ良いと思います。

専門の発音レッスンを受けたらどうか分かりませんけど、ただ普通に英語を勉強しているだけだと、発音を気にする人と気にしない人といます。
また、気にしているつもりでもどこがどう違うのか自分で判ってなさそうな人もいるし、こう言ったらなんだけど、発音が良くないことに気づいていないのではないかしら・・・・・という人もいます。
モノマネの才能みたいなものらしいです。

関連記事がありますのでご参考に。
http://www.hbs.ne.jp/home/saso/toeic%20item9.htm
http://www.hbs.ne.jp/home/saso/toeic%20item17.htm

私は19歳から週1回スペイン語を4,5年習いました(自習もしました)。英語より発音は簡単なのですが、それでも発音やイントネーションの良し悪しには個人差があります。
やめて15年以上してからまた復習のために3ヵ月コースに通ったことがあるんですが、同じ語学力(初中級ぐらい)の他の生徒の中では発音は良いほうでした。

ということから考えると、4,5年やればそれっぽくなって来るんじゃないでしょうか?
その先も努力を続ければ発音は改善します。大人になってからも進歩はします。

スペイン語だけかと思われるといけないので念のため書いておくと、英語の発音も、自分で言うのも何ですが文章を見ながらの朗読はうまいほうです。スピーキング力は高くありませんが。
    • good
    • 0

あなた次第だと思います。

    • good
    • 0

日本でも、子供になにかを、訪ねると、「何も、返事が返ってこない」事が、多いように、人と話をするまでは、けっこう、時間がかかると思います。



たぶん、子供が、言葉を話せるように、なるまでの時間と、同じぐらいは、かかると思います。

外国人みたいな、感じになってくるのは、3-5年ぐらいは、かかると思います。

基本的な礼儀を知らないと、ケンカをしたり、家を追い出されたり、お金を、だまし取られたり、アメリカ人が嫌いになったり、する時もあります。


楽に英語を覚えられる、環境は、まだないと思います。
    • good
    • 0

通訳です。


ネイティブ並みということですよね?

子供の頃ならだれでもなれる。
高校一年生くらいなら苦労するけどなれる。でも日本人社会にいればなれない。
大学一年生なら才能がないとダメ。
30歳ならほんの一握りの人しかなれない。
50歳ならもうだれもなれない。
    • good
    • 0

上達するかどうかは質問者様の耳の能力が一番効きます。


耳がよくないと「英語」の発音が「外国人」みたいに・・などということになるのです。

外国人の中でも英国の標準語が話せる人、アメリカのニューヨーク風の発音をする人、スペイン系の発音をする人・・・千差万別です。

良く耳を傾けて日本人の話す英語(・・これは比較的わかりやすいと思います。)、例えばCNNの白人ノアナウンサーの英語、また黒人のアナウンサーの話す英語・・・・。

この違いがわかれば、英語が英語圏の一般知識人にわかる英語の発音がわかるようになります。
(ここまでは早ければ3カ月ですが永久に出来ない人もいます。)

後はそれを真似するのですが、日本人と根本的に違うのが唇の厚さです。
これはかなり訓練により近い音を出すことは出来るのですが同じ音にはなかなかなりません。
(近い音が出せるまで1カ月から・・これも永久に出来ない人もいます。自分の耳が自分声の差を聞けないからです。)

英語はコミュニケーションのツールと割り切って、通じればいいと考えればいいと思います。

基本はrとlの区別。th音、sとshの区別。
母音は難しいですがウ音でしょうか・・。
    • good
    • 0

よく言われていることですけど、子供のうちはすぐに聞き取りも発音も良くなるのに、大人になってからはなかなか難しいらしいです。



わたしはもう50歳なんで、ほとんどあきらめているんですけど、やっぱりぺらぺら英語が話してみたいと思い、いろいろな教材を調べましたが、下記のサイトで紹介しているのが、一番ネイティブの発音を意識しているようでした。
参考までに見てください。さらにためしてみて、やっぱり良かったら教えてくださいね。

参考URL:http://orange.ap.teacup.com/nikkei225/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。 発音博士というアプリを使用して英語の発音の

英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。
発音博士というアプリを使用して英語の発音の勉強を
しています。
別にsiriでも構わな位のですが、clerkという単語を発音しても絶対にrと認識されます。
*発音博士というアプリでは自分の発音をアプリ側が
認識した発音記号を提示してくれます。大体rrってでます。

サイトで何度もlの下の動きを確認したり、youtubeでもみました。前歯の付け根に下をつけて発音など。
また自分でも色んの位置に舌先を持ってきたりいく通りもの発音をためしましたが、だめです。。
もともとの滑舌のせい?!
こう発音したらlと認識するよ!っていうのがあれば是非ご教授願います。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

クラークのクを、くぅと発音せずに、短くkと言って、kの続きにエル(L)を発音できているでしょうか
klです
その次は、ゥぁー音です ゥぁーRです

ロンドンは正しく発音できますか

everybody loves raymondは正しく発音できますか

Q普通のアメリカ人並みに英語が喋られるようになるには何年くらいかかる?

現在中学生でいずれアメリカに住みたいと思っています。
普通のアメリカ人並みに英語が喋られるようになるには
どれくらいかかるでしょうか?
人それぞれでしょうけど平均的な年月を教えて下さい。

Aベストアンサー

環境次第です。
英語しか話せない人に囲まれていれば、あっという間に上達します。
日本語が使える環境にいると、やはり数年くらいかかるのではないでしょうか?
私は中学から義務教育で英語を学び始め、苦手を得意に変え、日常会話が不自由なくできるようになったと感じたのは、10年以上たってからです。その間は学校で習う英語、受験で必要な英語、に加え、英会話の練習(スクールに通う、ラジオ講座)、海外旅行や海外での勉強(英語を使って何かを勉強する、語学のための海外渡航じゃないです)などで努力して、やっと「あ~、あたしって、そこそこ英語が話せるかも」と思えるようになりましたし、向こうの方からも「英語できるね」と評価してもらえてます。でも「英語できるね」っていう評価は「(日本人のわりに)英語できるね」という意味ですよ。日本人に対し「あなた日本語上手ですね」って、ほめないでしょ?
だから、子供の頃から、英語の環境で育たない限り、アメリカ人のように英語は話せないのかもしれません。だけど、日本人らしい英語でも、自分の思うことを伝えれて、相手の言いたいことが理解できればOKだと思います。そのためには、日本語の語彙力や、日本語で思考する力をつけることも大事です。
話がそれてしまいましたが、すいません。
しっかり勉強して、アメリカで生活する!という夢をかなえてくださいね。

環境次第です。
英語しか話せない人に囲まれていれば、あっという間に上達します。
日本語が使える環境にいると、やはり数年くらいかかるのではないでしょうか?
私は中学から義務教育で英語を学び始め、苦手を得意に変え、日常会話が不自由なくできるようになったと感じたのは、10年以上たってからです。その間は学校で習う英語、受験で必要な英語、に加え、英会話の練習(スクールに通う、ラジオ講座)、海外旅行や海外での勉強(英語を使って何かを勉強する、語学のための海外渡航じゃないです)などで努力...続きを読む

Q【英語の発音とリスニングについて質問です】 英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確

【英語の発音とリスニングについて質問です】
英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確信している方々に質問です。

僕は発音できなくても聞き取ることは可能だと思っています。

僕は現在英語習得のために勉強している最中です。僕の経験上、先に発音を練習する事でリスニング能力は確かに向上すると思います。

しかし、発音できない状態でも正確に聞き取ることは可能だと思います。

現に構音障害を持っている人でも正確に聞き取っています。
構音障害とは体の構造上、正しい発音が出来ない人(器質性構音障害)や幼少期に身に付けた誤った発音が治らない人(機能性構音障害)等のことです。

なので、発音できなくても正確に聞き取ることが可能だということが証明されています。

もし「発音できない音は聞き取ることができない」が本当であれば、先天的な器質性構音障害を持った日本人の方が日本語を正確に聞き取っているという事実が説明できません。

「発音できない音は聞き取ることができない」のではなく「発音の仕方を知らない音は聞き取ることができない」というのが正しいと感じています。
これだと構音障害を持っている方々の状態にも当てはまりますよね。

なので、「発音できない音は聞き取ることができない」と確信している方々には「発音の仕方を知らない音は聞き取ることができない」と考え方を改めてほしいと思っています。

発音の仕方さえ分かれば聞き取ることが可能だと思っています。
リスニングができないという人は、発音が正しくできなくても発音の仕方さえ知っていれば、勉強(静聴など)を続ければいずれ正確に聞き取ることができるのではないかと思っています。

(もしかしたら発音の仕方すら知らなくても正確に聞き取ることが可能なのではないかとも思っていますがこれは特に根拠はありません。
大した根拠はありませんが、先天的な器質性構音障害を持っている方々に聞いたところ、過去に日本語の発音の仕方を学んだという人が僕の周りには一人もいないからです。)

ただ、この僕の考え方も間違っているかもしれません。

前置きが長くなりましたが
英語を習得するにあたり「発音できない音は聞き取ることができない」と確信している方々に聞きたいのですが
上記の僕の考えを見ていただいた上で、それでも「発音できない音は聞き取ることができない」と言い切れる人はその理由を教えていただきたいです。
僕の考えが間違っているのなら、やはり僕も考え方を改めたいので。

宜しくお願いします。

【英語の発音とリスニングについて質問です】
英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確信している方々に質問です。

僕は発音できなくても聞き取ることは可能だと思っています。

僕は現在英語習得のために勉強している最中です。僕の経験上、先に発音を練習する事でリスニング能力は確かに向上すると思います。

しかし、発音できない状態でも正確に聞き取ることは可能だと思います。

現に構音障害を持っている人でも正確に聞き取っています。
構音障害とは体の構造上、正しい発音が出来ない...続きを読む

Aベストアンサー

> 大人になってからでは、やはり発音できなければ正確に聞き取ることができないかもしれないということです。

まさにそういうことです。
母語ではなく、勉強して習得する第二言語の話です。
例えば、/r/ と /l/ の区別は、
1.自分で正しく発音できる。
2.自分の発音で、耳が区別できる。
3.耳で区別できるから、ますます発音がヨクナル
という好循環を呼びます。

逆に、自分で区別して発音できないと、どうしても母語に引っ張られてしまい、区別がおろそかになります。
つまり、
1.正しく発音できない。
2.自分の発音で聞き取る練習ができない。
3.ますます聞き取れない。
という悪循環に陥ります。

これをやや大げさに言うと、「発音できない音は聞き取ることができない」ということになるのです。

たとえ障害があったとしても、やはり幼児から聞いている母語は違いますよ。
ちなみに、聴覚障害の場合は、やはり正しく発音するのは不可能とは言わないが、非常に難しいと言わざるを得ない。
聞き取れないので、正しい発音ができないわけです。


> 「英語習得に才能は関係ない」

これはまあ、障害がないのが前提ですね。
「コツさえつかめば、速く走れるよ」というのは、真実だとは思いますが、まさか乙武さんにそうは言わないでしょう。

> 大人になってからでは、やはり発音できなければ正確に聞き取ることができないかもしれないということです。

まさにそういうことです。
母語ではなく、勉強して習得する第二言語の話です。
例えば、/r/ と /l/ の区別は、
1.自分で正しく発音できる。
2.自分の発音で、耳が区別できる。
3.耳で区別できるから、ますます発音がヨクナル
という好循環を呼びます。

逆に、自分で区別して発音できないと、どうしても母語に引っ張られてしまい、区別がおろそかになります。
つまり、
1.正しく発音できない。...続きを読む

Q英語を英語のまま理解する事について。 よく、英語を出来るようにするには訳すのではなく英語を英語のまま

英語を英語のまま理解する事について。
よく、英語を出来るようにするには訳すのではなく英語を英語のまま頭の中でイメージしろという話をよく聞くんですが正直言って無理じゃないですか?
確かに、名詞、特にAppleなどの名詞なら頭にぽんと浮かばせる事は出来ると思いますが以下の文章

Some critics argue that all television is harmful to children.

「全てのテレビは子供に有害であると主張する批評家もいる。」こんな堅苦しい文章をどうやって訳さずに頭でイメージしろと言うんでしょうか。
私は少なくとも日本人には無理だと思います。
皆さんは英語のまま理解する事についてどう思っていますか?

Aベストアンサー

No. 3 です。

> とりあえず、英長文の中で単語、文法、構造などを全て理解してスラッシュリーディングでなるべく英語のまま何度も読んでたら本当に微かですがモヤッと訳さなくてもイメージ出来たのですがこれは一歩前進したという事でいいんでしょうか?

そうですね。主語と動詞に注目するのはそれらが文章の「核」だからです。[主語] が [動詞] をする。

何かが何かをする。

Some critics argue that all television is harmful to children.

の場合は、Some critics が argue する。何を? that 以下のこと (塊) を。... のように順番通りに、しかも一語一語ではなくある程度の塊 (チャンク) を意識しながら読んでいきます。(主語と動詞が何かを取り違えると文章の意味が取れなくなります。) 慣れてくればここで書いているような日本語のト書きさえ頭に思い浮かべる必要もなくなります。また、文型は何かを意識することなく理解できるようになります。

ただし受験用の英長文を読んでいる限りは自然な英語表現に慣れることはないと考えてください。ネイティヴが最初から英語で書いた文章ではないからです。ネイティヴが書く英文といえども、インターネット上にはコメント欄に見るような句読点もない無茶苦茶な文章がありふれています。プロが書いた小説を私が勧めるのはそのためです。受験勉強している最中はそういうものを読んでいる時間はないでしょうが、もし受験勉強から解放されても英語の勉強を続ける意志がおありなら是非多読・多聴をお試しください。

https://youtu.be/oB-CmXi8wWA

No. 3 です。

> とりあえず、英長文の中で単語、文法、構造などを全て理解してスラッシュリーディングでなるべく英語のまま何度も読んでたら本当に微かですがモヤッと訳さなくてもイメージ出来たのですがこれは一歩前進したという事でいいんでしょうか?

そうですね。主語と動詞に注目するのはそれらが文章の「核」だからです。[主語] が [動詞] をする。

何かが何かをする。

Some critics argue that all television is harmful to children.

の場合は、Some critics が argue する。何を? that 以下のこ...続きを読む

Q【英語の発音について】 iPhoneのSiriをアメリカ英語に設定してbadlyの発音練習をしている

【英語の発音について】
iPhoneのSiriをアメリカ英語に設定してbadlyの発音練習をしているのですが、Siriがbatteryと認識してしまいます。

badlyがbatteryではなく正確にbadlyと認識できるようなコツがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

badly
dとtの発音は舌の動きは同じなので、確り濁ること、

Lの発音も上前歯の裏に舌を当てて発音する事ではないでしょうか。

dの発音の直後のLは舌が後ろに行きやすくしたで音を反響させてしまうとrと認識されてしまいやすくなるでしょう。

dとLの発音を意識してみましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報