【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

プロイセンが生まれ変わって東ドイツ…?

つい最近、ネット上で『旧東ドイツはプロイセン公国の生まれ変わりで、ドイツ連邦共和国は神聖ローマ帝国が成長した姿』と主張される方々をちらほら見かけるようになったのですが、何が起きているのでしょうか?
私は世界史が苦手で、日本史ばかり勉強していたのであまり知識が深くないのですが、高校のときに使っていた世界史用の地図帳を改めて見ると何だか位置がずれているような気がしてモヤモヤしてしまいます…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 東ドイツとプロイセン公国に直接の関係はありません。


 
 中世以来、領邦国家の連合体であった神聖ローマ帝国ではハプスブルグ家を中心とした大ドイツ主義による統一がナポレオン戦争によって破綻した後、プロイセン公国から発展したブランデンブルグ・プロシア王国を中心とした小ドイツ主義が有力となり、最終的に普仏戦争でナポレオン3世に勝利したプロシア王国は占領下のパリでドイツ帝国の成立を宣言しました。要するに統一ドイツ帝国の母体となったのがプロシア王国です。
 このドイツ帝国は第一次世界大戦の敗戦で崩壊し、ワイマール共和国が成立しましたが、敗戦国ドイツはポーランドに領土を割譲する形で西に追いやられました。この時、旧プロイセン公国のあった場所は縮小された上に、いわゆるポーランド回廊によって分割されてしまいました。
 さて、敗戦により過酷な賠償を課せられたドイツのワイマール共和国では戦後のベルサイユ体制に対する不満が高まり、それに乗じてヒトラーが政権を取り、第三帝国が始まりました。しかし、やけくそに世界戦争を始めたドイツは結局はまたしても敗戦の憂き目に会い、今度も東方領土を大きく削られ西に追いやられました。
 プロイセン公国発祥の地はソ連に割譲され、今なおロシア共和国の飛び地として存在しています。そして、独ソによる第2次ポーランド分割でソ連が割譲した分だけポーランドが西に追いやられたので、その分だけドイツの領土が削られています。よってドイツ統一前のプロイセンの領土の多くは現在のロシア領とポーランド領にあることになります。
 東ドイツは、西に追いやられて残ったドイツ領のうち、英米仏ソの四カ国で分割占領したうちのソ連の占領地域が独立したものです。ちなみに首都ベルリンも四カ国に分割占領されていたので、周囲を東ドイツ領に囲まれる西ベルリンは冷戦下では陸の孤島でした。もっとも、ベルリンは冷戦下では占領を解かれていないので、ずっと四カ国の占領下のまま(東ベルリンは違うかもしれないけど)で、それが解かれたのは東西ドイツが統一してからです。

 ちなみに、ドイツでは戦争はナチスが勝手にやったことになっているので、反省もしていないし、連合国との講和もしていません。ナチスの国家が崩壊したところを連合国が占領して、そこから新たなドイツ国家が独立したというのが建前なので。


>『旧東ドイツはプロイセン公国の生まれ変わりで、ドイツ連邦共和国は神聖ローマ帝国が成長した姿』
 
 以上のように、東ドイツとプロイセン公国には何のつながりもありませんし、西ドイツにしたって敗戦に継ぐ敗戦で旧神聖ローマ帝国の版図のごく片隅に追いやられてるだけの姿を見て、どこが成長しているのかわかりません。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすくて詳しい回答をありがとうございます。

やはり、地理的にも歴史的にもあまり繋がりが無いのですね…。危うく間違えた知識を覚えてしまうところでした。
遅くなければいいのですが、独学でもう一度世界史を勉強してみようかと思います。

お礼日時:2010/08/29 02:13

旧東ドイツはプロイセン公国の故地に位置し、


軍事力を背景にした共産党独裁の体制だったことが、
軍事専制国家として台頭したプロイセンに似ている、と取ったのでしょうかね?

そして旧西ドイツはプロイセン以外のドイツ諸侯の領地だった地域に位置し、
連邦制をとっていることが、緩やかな諸侯連合だった神聖ローマ帝国に似ている、と。

もし↑の理由で、質問者様が疑問を感じている主張を作ったととすれば、
それは現象論から導き出した短絡的な結論にすぎない、と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

いえ、何というかどうやら国を擬人化している漫画のファンの方々が公式の擬人化のキャラクターを元に造った設定らしいようで、途中で消滅してしまった国家のキャラクターをもう一度甦らせたくて創作されたのかもしれません。
その話を漫画と全く関係の無いところで幾度か大声で話しているのを耳にしたり、様々なところで書いたりしているのを見かけたりしたために混乱してしまいました…。

お礼日時:2010/08/30 16:18

初めて聞いた話ですが、なんともはやいいかげん以上にヒドいデマですなあ。


それは日本史でいうところの「北朝は出雲王国の生まれ変わりで、南朝は邪馬台国が成長した姿」というようなものですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

何て分かりやすい例えでしょう…。
日本史でもこのようなことが起こらないといいのですが…。

お礼日時:2010/08/30 01:35

 デマです



神聖ローマ帝国に関しては、むしろ領土的には大幅退化しています。
神聖ローマの最盛期には、西欧全土に影響力を持った時代がありますから、神聖ローマとドイツ連邦共和国は似ていませんし、民族構成から領土まで別物です

プロイセンがドイツ連邦の母体という指摘ならば首肯できますが、東ドイツはミニ国家で、プロイセンとは比較にならないほど小さいものです。

基本的に、ネットにある歴史教養はデタラメが多いので真に受けない方がいいです。
どうせ、知ったかの歴史教養ばかりですから・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

国の擬人化漫画と共に調べ直して、何となく原因は分かりました。
しかし、ヘタリアの熱心なファンの方々は世界史に興味を持っている人が多いだろうと思っていたので、ファンによる新しいファンタジーな設定に何だか頭が痛くなってきました…。

お礼日時:2010/08/30 01:17

「アクシズパワーズ・ヘタリア」という歴史を題材にしたギャグマンががありましてな。



…おそらく、その内容を誤解したものでありましょう。

ご存知の通り、ヨーロッパの国々は中世以降複雑に離散集合を繰り返しており、そういった歴史の中で現れたり消えたりした国々を現代のそれと直接結びつけるのはかなり無理があるのですが、国が擬人化されたキャラクターが一人歩きした結果そういった誤解が生み出されたものと考えられます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/Axis_powers_%E3%83% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ヘタリアは一応知っていましたが、しばらく変な人が周囲に増えすぎて遠ざかっている間にこんな突拍子もない知識が出回る元になっていたとは…。
公式の漫画ではこのような話を見たことがなかったのですが、やはり二次創作で広まったのでしょうか?

同人や二次創作と関係の無い、少しでも世界史と関わる講義があるたびにその話を耳にするので、何だか私としてはあまり嬉しくありません…。

お礼日時:2010/08/29 01:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツとは…?(プロイセンとの違い)

歴史の教科書を読んでいると、ドイツという国が生まれたという記述なしに「ドイツ」という表記が出てきます。

たとえば、ナポレオンとの戦いに敗れたのがプロイセンだと書かれながらすぐ下で
(ナポレオンとの)「戦争の敗北で自信を喪失したドイツ人に対して、哲学者フィモテは「ドイツ国民に告ぐ」という講演でドイツ人の愛国心情を鼓舞した。」(改訂版 詳説世界史研究、山川出版、2009年、P352)

とあったり、いきなり「ドイツ統一運動」という言葉が出てきます。
世界史は苦手なので記憶違い、読み飛ばし等々あるかとは思いますが、ドイツとは一体いつできた国なのでしょうか?
ドイツの正式名称はドイツ連邦共和国ですが、様々な民族の集合体をドイツというなら、そのドイツという概念はいつ生まれたのでしょうか?また、プロイセンの敗北がドイツ人の敗北とイコールになるのはなぜでしょうか?

下手な説明で申し訳ありませんが、ドイツとプロイセンの違いを説していただけたらと思います。

Aベストアンサー

ドイツというのは神聖ローマ帝国から、オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・リヒテンシュタイン・スイス・イタリア・オーストリアなどが離脱していった残りの部分といった概念です。厳密な説明は避けますが、大雑把にいえばそういうことになる。神聖ローマ帝国はその末期には国としての実態がなく、実際は封建領主の集まりみたいになっていました。名目的にはハプスブルク=ロートリンゲン家のフランツ2世が神聖ローマ皇帝でしたが、ナポレオン戦争の時代に、弱小封建領主がライン同盟を結成し、ナポレオンを盟主と仰いで、帝国からの離脱を宣言して、それを受けてフランツ2世が帝国の解散を宣言します。こうして19世紀初頭に神聖ローマ帝国は名実共に滅亡してしまいます。

『ドイツ国民に告ぐ』で有名なフィヒテはライン同盟に参加したザクセン王国で生まれたドイツ人です。『ドイツ国民に告ぐ』として知られる演説が行われたのは神聖ローマ帝国が解体して、プロイセン・オーストリア・ライン同盟(ナポレオン配下)といった具合に三分割された時のことなのです。

ドイツは様々な民族の集合体ではありません。東フランク王国の時代は様々な民族の集合体だったといえるけど、その後の歴史によってドイツ人という民族的アイデンティティを持つようになったのです。

念のため付け加えれば、オーストリアは多民族国家でした。オスマン帝国の脅威に対抗する為にチェコ人、スロバキア人、ハンガリー人などがドイツ人であるハプスブルク家の支配に服したといった国がオーストリアでした。

ドイツの歴史は滅茶苦茶煩雑なので、ここでは極めて大雑把な説明に留めていることを理解してください。

19世紀後半になると分裂していたドイツに統一の機運が生まれるのですが、異民族を含むオーストリアも含めた統一ドイツにするのか(大ドイツ主義)、オーストリアを除外したプロイセン王国と旧・ライン同盟諸国だけで統一ドイツを結成するのか(小ドイツ主義)という議論が起こります。

元々オーストリアは神聖ローマ帝国に関係なく、ハプスブルク家が帝国の領域外に領土を広げてチェコ人、スロバキア人、ハンガリー人などを抱え込んだから話がややこしくなっている訳です。

オーストリアを除外して、統一ドイツの盟主となりたいプロイセン王国は小ドイツ主義を唱える。統一ドイツの盟主になりたいオーストリア帝国は大ドイツ主義を唱える。旧・ライン同盟諸国は小ドイツ主義派と大ドイツ主義派に分かれて、それぞれプロイセン支持、オーストリア支持に回ります。その対立が普墺戦争に至った理由な訳です。

とりあえず説明はここまで。まずいっておきたいのは教科書も参考書も滅茶苦茶大雑把な地図に過ぎないといったことです。教科書は、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、アメリカ大陸ぐらいしか記述されていない、いい加減な地図みたいなものなのです。教科書は勉強の取っ掛かりにはなるけど、そんなものを何回読んだ所で、絶対的に歴史など分かるわけがない。教科書を取っ掛かりにして後は自分で細かいところを調べて補ってください。それは私の回答についても同じです。それが歴史の勉強です。

ドイツというのは神聖ローマ帝国から、オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・リヒテンシュタイン・スイス・イタリア・オーストリアなどが離脱していった残りの部分といった概念です。厳密な説明は避けますが、大雑把にいえばそういうことになる。神聖ローマ帝国はその末期には国としての実態がなく、実際は封建領主の集まりみたいになっていました。名目的にはハプスブルク=ロートリンゲン家のフランツ2世が神聖ローマ皇帝でしたが、ナポレオン戦争の時代に、弱小封建領主がライン同盟を結成し、ナポレオンを盟...続きを読む

Qスペインとポルトガルの関係???

日本史専門なので、世界史は少ししか知識しかありません(^_^;)

「スペイン」と「ポルトガル」について質問です。

1、スペインとポルトガルは日本と韓国のように仲が悪いのでしょうか?それとも中国と朝鮮のように属国関係なのでしょうか?

2、スペインとポルトガルは昔、1つの国だった時期があったのでしょうか?

3、スペインとポルトガルの建国経緯を教えて下さい。

4、スペインとポルトガルの違いに関するトリビアがあれば教えて下さい。


誰か世界史の理解が深い方がいれば、ぜひご教授下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スペインとポルトガルとの関係ですが、兄弟のような関係にあります。
仲良くしたり、戦争をしたりしますが、相互に相手を追い詰めるような事はしません。
戦争でも、自分の主張が通れば、すぐに和解となります。
しばしば戦争を行うため、相互の王家は、相手国の王家から、妻を求める事が多々ありました。

ポルトガルは、現在のスペインの前身であるレオン・カスティジャ王国の一部、ポルトガル伯領として建国されています。
その後王号を認められ、ポルトガル王国となります。
その後1580年ポルトガルの王家の直系が絶えたため、スペイン王フェリペ2世が、母がポルトガル王家出身を理由に、ポルトガル王位を兼ねます。
フェリペ4世の時代に、ポルトガルで、反スペインの反乱が起こり、1640年外交的手回しにより、スペインからの独立に成功します。

スペインの元となるのは、西ゴート王国がイスラム軍に滅ぼされた時に、西ゴートの貴族ペラージョの亡命政権が、718年アストリアス王国を建国したのが始まりです。
子の他にも、バスク地方には、バスク人のナバラ王国、カタルーニャには、スペイン辺境伯領があり、イスラム軍と対峙していました。
アストリアス王国は、現在のレオン周辺を手に入れ、914年レオン・アストリアス王国となります。
その後ナバラ王国が強大化し、レオン王国との国境地帯を奪い、そこに1035年カスティジャ王国を設立します。
この当時、スペイン辺境伯は、カタルーニャ伯となっています。
1037年カスティジャとレオンは、同君連合の形で統一されます。(実質的にカスティジャによるレオン王国の併合)
1469年カスティジャ王女イサベルとナバラから分離し、カタルーニャを併合したアラゴン王国王子フェルナンドとの結婚により、1479年ヒスパニア王国(スペイン王国)が成立します。
1492年イスセム最後の拠点グラナダを併合し、1512年ナバラを併合し、現在に至っています。

ポルトガルは、ナバラ王国のサンチョ大王が、997年ポルトをイスラム軍から奪回した事に端を発します。
1139年ポルトガル伯アルフォンソが王位を認められて、ポルトガル王国が設立されます。
その後ポルトガルは、1147年リスボンを占領しそこに首都を移して現在に至っています。

スペインで有名なワインは、辛口のヘレス(シェリー酒)ですが、ポルトガルでの有名ワインは、ポルト(ポート)ワインです。
スペイン人とポルトガル人は、通訳不要で、自由に意志交換ができるくらい似ていることばです。

スペインとポルトガルとの関係ですが、兄弟のような関係にあります。
仲良くしたり、戦争をしたりしますが、相互に相手を追い詰めるような事はしません。
戦争でも、自分の主張が通れば、すぐに和解となります。
しばしば戦争を行うため、相互の王家は、相手国の王家から、妻を求める事が多々ありました。

ポルトガルは、現在のスペインの前身であるレオン・カスティジャ王国の一部、ポルトガル伯領として建国されています。
その後王号を認められ、ポルトガル王国となります。
その後1580年ポルトガ...続きを読む

QAxis powers ヘタリアの日本での人気CPと海外での人気CPに

Axis powers ヘタリアの日本での人気CPと海外での人気CPについて

結構前に、ヘタリアで王道CPといえば?という質問にほとんどの方が「米英・英日」と回答しているのを見た事があり、そして中でも一番人気は米英だと知りました。
しかし最近では、ニコ動やコミケでも英日の方が多く(タグで検索したら動画の数は英日が600、米英が500くらいでした)、コミケでも米英は多いですが英日の方が多く感じます。
最初の頃は米英が一番人気だったのに、いつから、何故英日の方が人気になったのでしょうか?

↑私は、米英は本でも動画でもこの2人だけの作品が割りと多く(たまに+仏や←仏もありますが)、英日は英日・米日の三つ巴や独日・普日の三つ巴、そして裏枢軸やセカキク等、英日だけというより三つ巴や総受けのものが多いから、動画も多いし(セカキク動画の中の数あるタグの中に英日があったり)コミケでも目立つのではないのか、と考えています。
これは私の勝手な考えなので、もし理由を知っている方がいたら是非教えて下さい。
(しかしコスプレは米英コンビの方が多く、米英のほうが長蛇の列が出来ているのを良く見ます。前にイベントに行った時も米日英と並んでいたレイヤーさん達に、「英を真ん中にして並んで頂きたいのですが…」と頼んでいた方が多く、驚きました。どちらのほうが人気なのか分かりません…)

そしてまたニコ動を見ていて思ったのですが、海外の腐向けコスプレシリーズのタグを押して見た所、米英しかありませんでした。(海外の方が海外のイベントで米英結婚式を挙げたり、突然キスをしたり←女同士も男同士もありました、米英ドラマを作ったり、結婚式の開催記念PVを作ったり…)
様々な国で行われていて、海外では英日ではなく米英が一番人気なのか?と思いました。
何故日本では英日、海外では米英が人気なのでしょうか?
どなたか教えて頂けると嬉しいです。
※私は米英アンチ・英日アンチではありません。

Axis powers ヘタリアの日本での人気CPと海外での人気CPについて

結構前に、ヘタリアで王道CPといえば?という質問にほとんどの方が「米英・英日」と回答しているのを見た事があり、そして中でも一番人気は米英だと知りました。
しかし最近では、ニコ動やコミケでも英日の方が多く(タグで検索したら動画の数は英日が600、米英が500くらいでした)、コミケでも米英は多いですが英日の方が多く感じます。
最初の頃は米英が一番人気だったのに、いつから、何故英日の方が人気になったのでしょうか?

↑私は、...続きを読む

Aベストアンサー

詳しくはわかりませんが…
英受・日受・普受が最も多いいわゆる王道CPですね
しかし動画数だけで判断することはできません。絵師の数=人気度とは限りませんから。
文字書きは動画を投稿できませんからね。
ちょっと検索してみましたがpixivでは米英と英日、アルアサと朝菊どちらも米英の方が多いです。
某サーチでも米英の方が多いです。
真実はわかりませんが、英日の人に絵師が多いまたは動画作成能力に優れている人が多いだけなのではないでしょうか?
オフでも漫画以外はほぼ売れません。ネットから出てこない文字書きは多いと思います。

日本と海外で反応が違う可能性としては自国関連のCPが好きなのではないかということですね。
日本がロリコン大国であることが原因というのもあるかもしれません。
商業BLを見てもなよっとしていて頼りがいがなく正直女と見分けつかない、という男が受けとして好まれる傾向にあることがわかります。
が、海外ではそうではないかもしれません。
男は男らしい体格の方がいいとか。

Q東ドイツと西ドイツでの価値観・国民性の違いについて

あまり歴史には詳しくないのですが、

東ドイツ=社会主義
西ドイツ=資本主義

といったイメージを持っています。

ドイツが分断されていた年月は、歴史全体から見れば僅かですが、当然、両国での教育や国民性は異なっているかと思います。

それぞれの国の教育による価値観や、国民性は、それぞれどういったものであったのでしょうか。

また、東ドイツが西ドイツに吸収されて今のドイツができたようですが、西ドイツと今のドイツの価値観と国民性には、根本的な違いはないのでしょうか。

Aベストアンサー

東ドイツ=DDR=Deutsche Demokratische Republik=ドイツ民主共和国=共産主義
西ドイツ=BRD=Bundesrepublik Deutschland=ドイツ連邦共和国=民主主義

東ドイツの教育は普通の授業と平行して、職業訓練も重要視されていました。
例えば、秋になると、農家の収穫を手伝うとか、Lehring, Geselle, Meisterと言った職人の見習い制度も重視されていました。

西ドイツでは保育園、幼稚園が不足していましたが、東では、保育園、幼稚園が充実していたようで、働きたいが、子供を預けられないといった心配はほとんど無かったようです。

西ドイツでは学校で初めて習う外国語がラテン語か英語ですが、東ドイツでは、ロシア語か英語、ラテン語でした。ですから、東出身の人はロシア語が分かる人がけっこういます。

また、東ドイツでは、SED=Sozialistische Einheitspartei Deutschelands=ドイツ社会主義統一党だけが、政党で、この政党党員の子供と、農民の子供が大学に行け、そこの党員でない人の子供は優秀でも大学に行けませんでした。

また、Abi(Gymnasiumの卒業試験)で彼らは、SEDをたたえる論文を書かなければ、大学に行けなかったそうです。

そして、例えば、農民の子が無事大学を卒業して、エンジニアになったとして、その人がSEDの党員でなければ、いくらその子供が優秀でも大学には入れてもらえない仕組みになっていたそうです。
もし、党に入っていない人の娘が優秀で、大学に行きたいのに行けないとかになると、身近な西ヨーロッパから来ている外国人とその娘が、偽装結婚して、彼の本国から西ドイツに渡って西ドイツの大学へ行くなどと言うこともあったようです。
教育自体は、西ドイツよりも東の方が良かったようです。

嘗て、東ドイツはオリンピックでメダルを多く稼いでいましたが、彼たちはSEDの格好のプロパガンダで、子供のころから、ドーピング漬けにされていた人達がほとんどで、ドイツ再統一後は大きなスキャンダルになっていました。
フィギュアースケートのカタリーナ・ヴィットはよくホーネッカーと雑誌などの写真に写っていて、プロパガンダの代表だったとも言える人です。

国民性の違いといって、バイエルン人と東プロイセン人との違いは無いと思います。ただ、地理的な関係で東プロイセンの人の引揚者が、東ドイツには多かったと思います。

東ドイツの時代は、友達や隣人がお互い見張っていて、スパイさながらの写真を撮って密告するなど、日常茶飯事、平気でやっていたようです。ですから、人を信じない人が多かったのではないでしょうか。

東ドイツでも東ベルリンでは、夜8時のARD(西ドイツの1チャンネル)のニュースが見る事が出来ました。西からの新聞、雑誌、出版物は禁止で、バナナ、オレンジ、チョコレート、コーヒーは市場にありませんでした。当時の東ベルリンのアレキサンダープラッツの喫茶店ではインスタントコーヒーで、その広場のスーパーでは、脂身の多いサラミーソーセージとラベルの貼っていない缶詰ばかりが目立っていました。缶詰は買って帰って、どうやって中身を判断するのか不思議に思ったものです。チェックポイント・チャーリーの国境を越えた東側は廃墟のビルしか見えず、人の気配が全くしない感じの所でした。

また、壁が崩壊する前、ハンガリーがオーストリア国境を開けると言った時に自分達の子供を置き去りにして、逃げた親が多くいて、壁の崩壊直後、当時のコール首相夫人が自らバスを運転して、その子供達を救いに行ったのは有名な話しです。

現在、嘗てDDRだった地方は、西よりも、目だった産業も無く、若者の失業率も高く、ザクセン州などはネオナチなどに走る若者がけっこういます。最近は親子3代ネオナチなんていうのもあるようです。

ベルリンの現在の国会議事堂内に国境線がありました。
そして、その脇に川が流れていて、鉄格子で仕切られている横に、十字架がいくつもあって、見れば、その前の年に撃たれた人のものもありました。30年前の話です。皆自由に行き来できる、いい時代になりました。

東ドイツ=DDR=Deutsche Demokratische Republik=ドイツ民主共和国=共産主義
西ドイツ=BRD=Bundesrepublik Deutschland=ドイツ連邦共和国=民主主義

東ドイツの教育は普通の授業と平行して、職業訓練も重要視されていました。
例えば、秋になると、農家の収穫を手伝うとか、Lehring, Geselle, Meisterと言った職人の見習い制度も重視されていました。

西ドイツでは保育園、幼稚園が不足していましたが、東では、保育園、幼稚園が充実していたようで、働きたいが、子供を預けられないといった心配は...続きを読む

Q銀髪って実際いるの?

アニメやゲームなど、二次元のキャラクターにすっかり定着した「銀髪」。
銀髪キャラって美形が多いから私も好きなのですが、そういえば現実世界で銀髪という人を見たことがないのですよね。

そこで質問なのですが、病気や老化現象や人為的なものを除き、天然の銀髪という人たちって本当にいるのでしょうか?
できればどの人種や民族に多いのかを教えていただければ、とても参考になります。

Aベストアンサー

いわゆるアルビノと呼ばれる色素が欠乏された方に銀髪に近い方がいらっしゃいます。

画像は Edgar Winterというキーボード奏者。お兄さんはギタリストの Johnny Winter。因みに隣(左)は Paul McCartneyです。若い頃はもう少し銀系が強かった気がしますが、良い画像が見付かりませんでした。今は白髪に近いです。


人気Q&Aランキング