お酒好きのおしりトラブル対策とは

抗うつ剤SSRIについて教えて下さい。

抗うつ剤のSSRIについてですが、通常SSRIはセロトニン再取込阻害作用がありますが、
今、国内で処方されているSSRIの中にノルアドレナリン再取込阻害作用も併せ持ってい
るものがあると精神科医のブログで拝見しました。

そのSSRIは、抗うつ作用も強いとありました。
肝心の薬剤名は記載されていません。
(SNRIのトレドミン・サインバルタでは無く、あくまでSSRIの中です!)

SNRIに匹敵するほどのノルアドレナリン再取込阻害効果があるそうです。


各SSRIの添付文書を調べてみましたが、良く分かりません。

それがデプロメール(ルボックス)・パキシル・ジェイゾロフトのどの薬であるか、ご存知の方がいましたら、教えて頂けないでしょうか?

薬品に詳しいかた、ご回答をよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

希望には沿えませんが、参考までに。




抗うつ薬はおおまかに
第一世代から第四世代にわけられます。

第三世代のSSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬
第四世代のSNRIはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬

第一世代、第二世代の薬はノルアドレナリン・セロトニン再取り込み阻害作用を目指して開発されています。
第三世代のSSRIが注目されたのはセロトニン阻害のみに高い親和性を持った薬だからです。ノルアドレナリン阻害による抗コリン作用を軽減するためにですね。
そこから更に副作用も少なく、汎用性もあるSNRIが開発されたわけです。


なので、ノルアドレナリン阻害作用のあるSSRIというのは矛盾していると思います。


可能性としては、去年発売されたNaSSA(分類は第二世代の四環系)の一種、一般名ミルタザピン、商品名レメロン・リフレックスが近いかと。ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性の薬です。


一番早く知るには、その精神科医のブログで質問してみるのが手っ取り早いかと思われます。
見つかるといいですね☆

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。

詳しいご説明ありがとうございます。
残念ながら拝見したブログでは、質問に答えられていないようです。

SSRIと呼ばれていて作用機序からセロトニン優位でも、ノルアドレナリンの再取込
阻害作用を有するものがあるらしいのです。
ですので、そのSSRIを服用していて、SNRIに変更しても効果を感じない事があるそうです。

SSRIとするかSNRIとするかは、メーカー次第でノルアドレナリンへの効能があっても
セロトニン優位であればSSRIとなっていると指摘されています。

SSRIはセロトニン再取込阻害作用するというのが常識的な考えですが、実際、患者さん
に投与するとそういう効果もあるものがあるのでしょうね!メーカーもその辺りは、添
付文書に書いて欲しいです!

NaSSAは、四環系のテラミドを一部改良されたものですよね!

その記事は、NaSSA発売以前の記事ですので、リフレックス・レメロンでもないようです。


ご回答ありがとうございました。他に回答がないか待ってみます。

補足日時:2010/08/29 14:28
    • good
    • 0

>SNRIに匹敵するほどのノルアドレナリン再取込阻害効果があるそうです。


SSRIを日本語にすれば、選択的セロトニン再取り込み阻害薬でしょ。
そのまま意味を汲み取れば、セロトニン再取り込み阻害作用が
他のモノアミン再取り込み阻害作用より強力ですで事でしょう。
他のモノアミン再取り込み阻害作用がないとは言ってないと思います。

作用機序でも
パキシル
反復投与しても5-HT取り込み阻害作用は示すものの、ノルアドレナリン取り込み阻害作用は示さず
ジェイゾロフト
本剤のセロトニン取り込み阻害作用はノルエピネフリン又はドパミン取り込み阻害作用に比べ約20倍選択的であった
ルボックス
本薬はセロトニンの再取り込みを選択的に阻害する。ノルアドレナリン及びドパミン取り込み阻害に対する選択性をIC50の比で表すとそれぞれ130及び160
パキシル以外はノルアドレナリン再取り込み阻害作用がないとは言っていないけど。
結論を言えば坑うつ剤の効果は、人それぞれで効く人は効くし、効かない人には効かないて事です。

そんなにセロトニンとノルアドレナリンに関心が有るなら
現状では「レメロンもしくはリフレックス」+「サインバルタ」の組み合わせの方が
SSRIでSNRIに匹敵する坑うつ剤なんぞより、効果は高いと思いますよ。
トレドミンはアメリカでは坑うつ剤として承認されていません。
その点、サインバルタはバリバリのSNRIタイプの坑うつ剤だそうですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

SSRIと謳われているのにノルアドレナリンにも作用するいうのに疑問を持って質問させて頂きました。

パキシル以外は、ノルアドレナリンについての記載がないようですね。
詳しく教えて頂いてありがとうございます。

抗うつ剤は、個々によって効き方が違うのも重々承知致しております。

特にノルアドレナリンに拘っているつもりもありません。


ただそういう記述が専門家のブログにあったもので、単純な疑問を質問させて頂きました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/30 11:37

薬にはもう詳しくなくなった、者です。



何故かというと、薬の知識が入りすぎたために自分に合う薬のはずが
「合わない」と判断してきたのを繰り返し薬を変え、本来正しかった治療が全て歪んでしまったからです。
わたしも昔はSSRIやSNRIだとかいろんな薬剤のことは知恵に入れていました。

自分が服用する薬を調べ、知ることは正しいことだと思っていました。
けどそれが逆に自分自身を苦しめていました。

薬についてあれこれ調べることを一切辞めると、
周囲の友人がやたらに薬に詳しすぎることが気になるようになりました。
たとえば、誰が~を飲んでいたら「あの人うつ病だね」とか。
知らなくてもいい世界にまで知ってしまいます。

もっとひどい友人は、わたしがどの種類の薬を何錠飲んでいるかで
症状の重さなども友人には分かってしまいます(実際、当たってはいなかったのですが)。

「自分はこんなに必要ないから減らしてもらう」と呟く友人は、
明らかにその量を飲んでいないともっと症状がひどくなるだろう、という状態なのに
本人にはその事実を分かっていない状況だったりもします。

言いたいことがまとまらなくなりそうなのでこの辺りにしますが、
病気を薬で治療するのは医師です。それに信じて服用するのが患者さんです。
わたしは薬の知恵を捨てることで周囲にも「凄い」と言われるほどまで回復していきました。

他の治療法の努力の成果もありますが、やたらに知識を入れてしまうと
「正しい治療も正しいものではなくなってしまう」ことを参考にしてほしかったんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

薬の知識を捨てる事で、病状が回復されたようで良かったですね!
専門家でもありませんので、あまり深い知識に惑わされるようのないように気を付けないといけませんね!
今の時代は、インターネットの普及で情報が簡単に入手出来るようになりました。
その情報が正しいか間違っているのかさえも分かりません。

詳しく知る事で逆効果にもなってしまいますので、ご回答様の回答は参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/30 11:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング