はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

根魚をワームで釣るためにベイトリール一式をそろえて堤防で早朝に投げてみましたが使いこなす自信がなくなってきました。一番の理由は「夜、どうやって着水を把握するのかわからない」ことです。

RYOGA1016HLにはマグネットブレーキとメカニカルブレーキがついておりそれらを最大の効きにして投げました。当然目視ができますので着水の寸前からサミングをしバックラッシュを防ぎました。16lbフロロに20gのオモリで30mは飛んだと思います。着水後は沈みが遅いため手で糸を送り出します。慣れればブレーキをもっと弱くして飛びや沈降をよくすることはできるでしょう。しかし着水が見えない状態でどうやってサミングのタイミングを計ればよいのかわかりません。

実はブレーキ最弱状態で数m先にちょっと沈ませようとしただけなのに起こってしまったバックラッシュも経験しました。解くことの困難さもわかりました。

以上のような経験から暗闇の中で使いこなせる自信がなくなってきたわけです。リール自体は今後は船でも使いますので問題はありませんが、根魚にベイトリールで使うのはちょっと・・といった感じです。スズキ釣りで慣れたスピニングならトラブル無しでできるのにあえてベイトリールを使う利点がわからないわけです。

竿が固くなったせいか底の様子はわかるような気はしました。根がかりを切るのはスピニングの時よりは面倒と思います(スプールを押さえて後ずさりというテクニックが使えないから)。

なにか誤解や使用方法に間違いがあるでしょうか?アドバイスいただけましたら幸いです。

「根魚をワームで釣るためにベイトリール一式」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (35件中1~10件)

>曰く「上体や肩が動きすぎ。

肘から先だけ動かすイメージで」。と言うことで
スピニングの時も
説明したと思いますが
右手は斜め上方に突き出す。
左手は引き付ける。

>1.4号と5号で最大飛距離に差がない
糸ふけを取ってからリールの巻き数にして90巻程度(65cm*90巻=58.5m)

要素の影響の軽重なので影響力の大きい要素が
結果を大きく左右することになります。

>2.スピニングの時からそうなのですが「ピュッ」という音がしません

キャスティング時のロッドベントの深さと返る速度次第なので
キャスティングするルアーが重く返りが遅くなれば音はしません。
ロッドベントが浅くても音はでませんし、
返す壁が体でできないとロッドも返りません。
(下半身の押さえ)
以前も説明したと思いますが
叙々に加速しないと手元が曲がりません。

>3.直線的な弾道よりは斜め上に投げたほうがよく飛ぶ(糸ふけは多いが)

以前から何回も説明したと思いますが
最大飛距離を求めるのなら
放物線運動では45度ですが
キャスティングではラインを引いていく抵抗があるので
最大飛距離の仰角は50度付近です。

>4.正面に向かって投げているつもりだが、ほぼ全て左よりに飛ぶ

練習の時に左に飛んでいないかと聞いたと思いますが
貴方の答えはほとんど右に飛んでいるという回答だったと思います。
手首の角度が起きていないこととリリースタイミングが取れていないと思います。

>1.saltmaxさんなら上記でどの程度飛んだら合格と考えますか?
同じルアーを同等のロッドで、スピニングでキャストした場合の80~90%の飛距離。
思った場所に打ち込める距離感とサミング。

>2.飛距離に差が無いのは質量差が小さいからですか?
必要な初速度まで加速できれば
空気抵抗の少ない重いルアーを仰角50度付近で投げた場合が
飛距離が大きい。

ベイトリールのメリットは
強力な巻上げ力とキャスティングアキュラシーなので
それを生かすキャスティングとは
水面に平行にキャストして正確にポイントに打ち込む(落とし込む)という
事です。
平行に強くというのはロッドベントを深く曲げるということなので
遠投の練習は不可欠ですが
仰角の高い放物線で投げて思った場所に落とす
距離感をだすのは困難です。

フォームを指摘してくれる人がいるのなら
具体的にその人に何処をどうすべきか、どのぐらいのスピードなのか
手首の角度はどうなのか
聞いて指導をお願いしたらいいと思います。
私は貴方のキャスティングを見てはいませんし
あなた自身もビデオで取らない限りどうやって投げているのか
自分でもわからないと思いますが。
それを文章で説明するということも困難ですし
回答者をミスリードしてとんちんかんな回答や
間違った回答を受けても上達しません。

この回答への補足

身近に深い理論をもって親身に教えてくれる人がいるなら理想なのですが、なかなかいるものではないし、会える機会も少ないです。

ベイトの利点は身をもってわかってきました。低い弾道で思ったところは、船の間を通すときなどに使えるようになってきました(マダマダとはいえ)。

大規模河口や海岸でヒラメやスズキを狙うときは飛距離は大切な要素です。多少左右にズレても問題ありませんから。しかし以前は右に飛んでいたのが今回から左に飛ぶようになったのは不思議です。修正します。

ロッドベントの問題はスピニング時から指摘してもらっていますが、果たして自分が曲げられているのかどうなのか、全く見当がつきません。

いずれビデオに撮って研究しようと思います。

いつもありがとうございます。

補足日時:2011/01/12 01:58
    • good
    • 1
この回答へのお礼

夏は渓流ベイトにはまってずっと行っていました。渓流だとベイトならではの強みもある程度あり楽しめました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/27 15:16

当てると触れるというのは感覚的な表現ですが


ほんの軽く触れているという程度のことです。
産毛に触れるような肌には触らないような感じですかね。

ベイトタックルで気持ちよくキャストするのは
ルアー、ロッド、ライン、その他ブレーキの調整も含めて
トータルなバランスを取るような意識が必要です。
キャスティングに一瞬待つ動作があるので
スピニングよりロッドの柔らかさに配慮すべきでしょう。
ティップの返りの早いロッドで軽量ルアーを投げるのは
スピニングに比べればタイミングが圧倒的に難しいです。
軽量ルアーにはスローアクションのロッドの方が向いています。

この回答への補足

以前から不思議に思っていたことなのですが。

ラインがスプール内でちょっと噛んだ(被った)状態になっていることがあります。直そうとしてラインを出しても噛んだ状態は先へ先へと進みいつまでも解消できません。猫が自分の尻尾の先に付いたオモチャをクルクル回って追いかける感じに似ています。

被りが進んでいくとき抵抗感があるので飛距離に影響しそうだし、高切れの不安もあります。

ラインがあまり出ていないときは被った場所からラインの先を通して解消させられますが、ラインがかなり出ているときは修正は困難を極めます。

・何故このような状態が発生するのか?
・直す方法はあるのか?
・放っておくと実害はあるのか?

以上について教えてください。

日中キャスティングの練習をしていて竿を蛇行しながら振っていることに気付きました。意外なほど真っ直ぐに振るのは難しいですが、真っ直ぐに振ると気持ちよく飛びます。

まだまだ練習します。

いつもありがとうございます。

補足日時:2011/01/23 09:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先日一緒にいた人からフォームについて指摘を受けました。曰く「上体や肩が動きすぎ。肘から先だけ動かすイメージで」。と言うことで今日は久々に川原でキャスティングの練習をしました。

竿:ブランジーノ8.5ft(MAX42g)
リール:アンタレスDC7LV ※
糸:PE1号
リーダー:ナイロン20lb、50cm
スナップ:?号
オモリ:ナス型4号及び5号
垂らし:約30cm
フォーム:静止状態からのオーバーヘッドキャスト

※Lモード(飛距離重視)。DCブレーキは中。メカはゆるゆる。ちょっと油断するとバックラッシュします

投げていて気付いたことがあります。

1.4号と5号で最大飛距離に差がない
糸ふけを取ってからリールの巻き数にして90巻程度(65cm*90巻=58.5m)

2.スピニングの時からそうなのですが「ピュッ」という音がしません

3.直線的な弾道よりは斜め上に投げたほうがよく飛ぶ(糸ふけは多いが)

4.正面に向かって投げているつもりだが、ほぼ全て左よりに飛ぶ

スナップを効かせたり、オモリを回しての投げ方だとあっと言う間にバックラッシュしますので現在の投げ方を進化させる以外ないような気がします。

1.saltmaxさんなら上記でどの程度飛んだら合格と考えますか?

2.飛距離に差が無いのは質量差が小さいからですか?

3.ピュッとなるともっと飛ぶのでしょうか?

長くなってスミマセン。よろしくお願いします。

お礼日時:2011/01/11 00:21

>一番困ったのは投げている最中に起こるバックラッシュです。

メカもマグも綿密
に調整したつもりでもキャスト時のタイミングのズレなどが原因と思われました。
本日は2回高切れ、バックラッシュ多数でした。

さっぱりわかりません。
リリースするタイミングがずれても飛ばないだけで
バックらとは無関係だと思いますが。

キャスティングする時には
クラッチを切って親指でスプールを押さえてバックスイングに入り
リリースする時には親指の力をほんの少し緩めるだけです。
常時スプールに親指は触れているのでラインが緩んで指に当たれば
多少強くスプールに触れるということだけで
親指をスプールから離してはいけません。

ペンデュラム・キャストは風があったりすれば使えない
キャスティングですし(追い風微風なら使えるかも)
たらしが短いバスフィッシング的なペンデュラム・キャストでは
飛距離を追求するには不向きでしょう。
遠心力といってもシーバスルアー程度の重量では
ロッドの空気抵抗が相殺するので
オーバーヘッドキャストでロッドのバットをきちんと曲げた
キャスティングが平均して飛距離はでるでしょう。
飛距離の根本はロッドのバットパワーと長さ、リリースする仰角で
ルアーの速度が高い状態でロッドのベントをキープして
そこからロッドが返せるかということなので
ベイトもスピニングもかわりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親指を常時当てているのはやっていませんでした。完全に離して着水あたりに触れるようにしていました。理由は摩擦により飛距離が減衰するのでは?と考えていたからです。

しかし昨日サーフでジグヘッドを何度も投げているうちに実感したのですが、親指を当てていても強くさえ当てなければ飛距離には関係ないような気がしてきました(あくまでも感覚的なものです)。

この時指による摩擦はバックラッシュをなくすエネルギーに使われているだけで、飛距離には影響を及ぼさないと考えてよいのでしょうか?

最近はメバリングもベイトで始めてます。軽いジグなので困難極まりないです。笑

いつもありがとうございます。

お礼日時:2010/12/20 10:40

>友人がベイトリールを巻くときはグリップをパーミングが必須と言うのでやって見ましたが、




丸いリールならリール側面を手のひら(パーム palm)で包んで持つことを
パーミングといいますけど。
ABUでは側面のカバーをパームカップと言います。
パーミング必須というのは
ガングリップのロッドの人が言うことではないでしょうか。

私は普通のダブルハンドグリップしか使っていません。
ロッドが動かしにくくなるので、丸いリールでもパーミングはしません。
右手小指と薬指でロッドをしっかり握って
人差し指でトリガーを引っ掛けて親指はクラッチかスプールにある状態です。
持ち替えることもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日は久々に陸で投げてみました。18gのジグヘッド+パワーシャッド4インチでの飛距離は最大40m強。リールはジリオン7.3LTD。ロッドはブランジーノ8.4ftです。

一番困ったのは投げている最中に起こるバックラッシュです。メカもマグも綿密に調整したつもりでもキャスト時のタイミングのズレなどが原因と思われました。本日は2回高切れ、バックラッシュ多数でした。最大飛距離の80%の距離の投げ方では100%キレイに決まります。

一番バックラッシュが起こりやすいのは頭上で回すペンデュラムキャストのタイミングがずれたとき。まともにいく確率が高いのが真っ直ぐ軽く振り戻しバットのシナリを感じながら真っ直ぐに振る方法。竿を後方で止めてからゆっくり重さを乗せつつと振る方法も遜色ない飛距離でした。

全ての場面でスプールは横に向けています。

要するに「フル」キャストが下手なのだとは思います。もう少し確率と飛距離を上げたいものです。電子制御の製品に関心が向かいつつあります。ベイト自体はマスマス好きになってしまいもう後戻りできません。

フルキャストについて何かアドバイスいただけましたら幸いです。

いつもありがとうございます。

お礼日時:2010/11/28 22:30

ロッドの特性によってキャスティングも変えないと


硬いロッドは速く柔らかいロッドはゆっくり曲げて返るのを待つ。
シーカヤックはやったことがありませんが
必要とされる特性としては短く柔らかいロッドの方が
取り回しがいいのではないのですか?
飛距離を求めてそれを犠牲にするのもどうなんですかね。
カヤックの仲間内のロッドはどんなのを使っているのでしょうか?
ザウルスのヨルマル70なんかは好む特性かと思いますが
既に会社がないので中古になりますし玉数も少ないでしょう。
グリップオフの2ピースなのでその辺も希望とは異なりますね。
最近、元従業員が会社を起こして再び販売を開始しているようですが
実物は確認していません。
http://www.saurus50.jp/catalog/p_sc70ym.shtml

今ベイトリールを使ってシーバスを狙っているのは
コアなアングラーが多いので
ロッド特性もパラボリック変形の
胴調子のアクションが好まれていて
グラスソリッドなんかも売られているぐらいで
硬めのロッドは品物が少ないと思います。
硬いロッドと伸びないPEの組み合わせはバラシを生むので
スタードラグはファイトしながらでも触って調整した方がいいと思います。

この回答への補足

今日ランカーを初めて釣りました。約90cm。グリップで持ち上げて重さで手が震えました。当然ベイトタックルです。ますますベイトが好きになってきました。ラインは五十肩さんが推薦したG-SOUL SSがコシとハリがあってよかったです。あえてナイロンも入れたのがミソみたいですね。2号を使いましたがこのくらいがトラブルが解けやすくていいかもしれません。

さて、友人がベイトリールを巻くときはグリップをパーミングが必須と言うのでやって見ましたが、投げるたびに持ち直すのが面倒くさいし、巻かれたラインがグローブにこすれて音がするのですぐにやめてしまいました。確かにバス釣りの動画ではこのような持ち方をよく見ます。スズキでも必要なのでしょうか?目的もよくわかりませんが重さだけは軽く感じました。

よろしくお願い致します。

補足日時:2010/11/14 19:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だいぶ間が空いてしまいましたが・・

軽量スプールに交換後に軽量ルアーを投げる場合にマグブレーキと自動遠心ブレーキは、どう違うのですか?自動遠心は調整がやりやすく設定の状態が目に見えるので気に入ってますが、マグブレーキの方がスプールの質量が軽くなるし機械的抵抗がないので飛びそうな気がします。

使い分けが必要だというのでしたら具体的な場合まで教えていただけると助かります。

自分としてはバックラッシュせずに飛距離が伸びれば・・というムシのいいことを考えています。

いつもありがとうございます。

お礼日時:2011/04/21 16:07

>どの程度まで巻けばよいのでしょうか?



試してみればいいのでは。

平らに巻けるのなら巻けるだけ。
スプールの縁にラインは無いのですか?
大抵はエッジから2~3mmのところに目印のラインがあると
思いますがそれを隠さない程度に巻けばいいと思います。
レベルワインダーが縁まで行くのならそれでいいですが
真ん中が高くなるようならその分の裁量して低くすると
いうことではないでしょうか。
慣性モーメントは質量かける腕の長さの二乗なので
腕が長い=直径が大きいほどスプール軸に掛かる力が大きいと
言うことで
同じスプールを使うのなら
外周に近い位置に力を加えた方が軽い力で動くということです。
ナロースプールなら結果は飛距離で顕著だと思いますが
浅溝スプールではさほど差がでないでしょう。

昨日の質問で
細糸同士の結束なら
ブラッドノットでも電車結びでもと答えたのですが
試験してみると
異種素材の結束ではブラッドノットは期待はずれでした。
電車結びは以外に強く結果にばらつきが少ないです。
「根魚をワームで釣るためにベイトリール一式」の回答画像30

この回答への補足

現在はテンリュウの7.6ft、7-28gの竿を使っていますが、20gを超えるルアーが大変不満な投げ味です。結果的には15gと同程度しか飛びませんし、その感触がグンニャリした感覚で到底気持ちよく投げられるとは言えません。昔からまっくすさんが何度も言っていることがよくわかります。投げられると気持ちよく投げられるは違います。

シーカヤックでは通常予備タックルを積むのが一般的なのでもう1セット買おうと思います。

リールはもう1つ高速型を追加で買ったのでテンリュウはコレと組み合わせます。リョウガは新しく買う竿と組み合わせます。20-25gを気持ちよく投げられるタックルにしたいです。長さは7ft内外で真ん中で別れる2ピースが理想です。

なにかオススメはないでしょうか?バス竿が使えれば選択肢が広がるかもしれませんが、本当にバス竿が使えるかもよくわかりません(人により意見が違う)。主眼はあくまでミノーやバイブを泳がせてスズキを釣ることです。

よろしくご指導お願いします。

補足日時:2010/11/07 22:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

RYOGAはスプールのフチがテーパー状になっててテーパーが終わると平面部分が中心まで続いています。

その平面部分いっぱいまで巻いてみました。下糸はナイロン2号です。巻き初めと巻き終わりの巻取り量の違いには驚きました。高速リーリングしたい人は一杯巻かないとウソですね。

この状態まで巻いても巻き取られた糸は平らな状態ですのでレベルワインダーはなかなか高性能なのでしょうか?

ちなみに下糸とPEラインはオススメの電車で結んで上にテープを貼っておきました。

ところで図は異なる円周上から放出される場合のパフォーマンスの違いを示したものですね。F1とF2の違いが画像の質がわるくハッキリ読み取れませんでした。本来はF1が長く表示されると思います。

今週末は風邪で久々に釣りをしないで過ごします。まっくすさんもお体に気をつけてください。来週は今回の糸巻の違いによる差を実感できるかどうか楽しみです。

いつもいつもありがとうございます。

お礼日時:2010/11/07 10:04

>バックラッシュの1種なのか、ピョン吉によるトラブルなのか、いわゆる食い込みによるものか、原因と対策をご推察願えれば幸いです。



わかりませんね。
その様な経験がないので。
ラインを出して解いてみれば原因が見られるのでは。
巻き取りのラインテンションにむらがあると
スピニングでもベイトでもPEだとトラブルので
巻きの緩いところがひどくならないうちに
ラインをつまんで締めないと食い込みも
ぴょん吉にもなりますね。
食い込みだと逆巻きもあると思いますが。
ルアーをピッピッと小気味よく動かすには
ラインスラッグがでて当たり前で
むら無く巻き込むというのは困難なので
巻き込むときも親指を軽くあてて
ラインの状態を触って調べるか
タイミングを見計らって時々締めるということしか
ないと思います。

釣り場について最初にクラッチを切る時に
ラインを緩めないで硬いクラッチを無理に切ると
破損するのでドラグを緩めてからクラッチを切った方が
いいと思います。
スピニングを手放すことも無いと思いますが
趣味なのでベイトリールのような
いろいろ面倒なことがあったりする方がおもしろいでしょう。
大分ベイトにはまってきたようなので
年明けは
サクラマスなどはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラインの巻取り量なんですが、どの程度まで巻けばよいのでしょうか?スピニングの時は下糸の長さを厳密に求めてエッジに10円玉の厚みを残すところまで巻いていました。巻きすぎはトラブルの素でした。

ベイトリールではスプールに巻かれたラインが

・細い状態→同じ距離でも回転数が多くなり、飛ばなくなる。バックラッシュの危険が増す
・太い状態→スプール重量が増えるので飛ばなくなる。バックラッシュの危険が増す。

との2つの意見がネット上にあり困ってしまいました。

適度な量はエッジから何ミリ程度なのでしょうか?仮に下巻きが必要な場合は何が適当でしょうか?

※サクラマス、絶対挑戦します!

いつもありがとうございます。

お礼日時:2010/11/06 01:02

>さてベイトの新たな魅力にも気づきました。

とにかく手返しがイイですね。慣れるとスピニングがかったるくなるのは間違いないでしょう。

それはサーフのヒラメの時に回答したように
ベールを起こす動作が必要ないので
巻き上げたらクラッチ切って即キャストになりますね。

>スピニングタックルでしか成立しない釣りはあるのでしょうか?

う~ん。
リールの歴史自体が両軸リールから始まって
クローズドフェイススピニングがでて
インスプールスピニングになって
アウトスプールのスピニングというのは1980年代からだと
思います。(確認はしていません)
開発要求はメンテナンス性の向上と
飛距離の追求、巻き上げ速度の向上というものだと思いますが
ベイトリールは手で包んで持つので
メインギヤのサイズはボディよりも大きくはなれない為に
手で持つタイプのベイトリールでは巻き上げ長は限度がありました。
(最近はボディを変形させて大きなマスターギヤを入れていますが
非常に美しくないと思っています。
メーカーには遊星ギヤを組むとか技を見せろと言う気持ちです)
アウトスプールスピニングではローターアームが手の下を回るので
手に接触しないようにするには
ある程度のリールフットの長さは必要となり
形としてはこうなんでしょうけど。
ベイトは巻き上げのバランスもいいですし
中型スピニングで大物がヒットすると
テンションのバランスが悪くてちょっと不安ですね。

私は
ABUのAmbassadeur を10数個使っています。
人に強いる面もありますが質実剛健なので
道具として気に入ってます。
中上流域では問題なくベイトリールも使えますが
小渓流でベイト使うには
軽いルアーを扱うのに訓練が必要ですし
雰囲気を楽しむのは別として
巻き上げ長が短いので
アップキャストでスピナーのブレードを回すのは難しいです。
(小型のスピニングでも回せるのは限られた機種です)
流れがあると釣りになる場面、場所、キャスト方向が結構限定されるので
何処でも使えるということではなく
予め知っている所以外ではスピニングを持ちますね。

青物やシーラのキャスティングなども
巻き上げ速度が確保できないと成立しないと思います。

ベイトってきちんと使えると武器になるでしょう。
でもちゃんと練習しないとそれは得られないものなので
金を出して買ってくれば即投げれるスピニングとは
違うぜって気分になりませんか。

ベイトにとことん拘るのも好し
PE、ナイロン。ベイト、スピニング適材適所で
選択するも好しということではないでしょうか。





 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日不可解な現象2回が起こりました。

キャストしルアーがほんの少し飛んだところで突然ルアーが止まりました。リールを見るとバックラッシュを解こうとして失敗して固く巻かれた状態のようにとなっていました。D社の1.2号ベイト専用PEラインです。発生のタイミングからなんとなくスピニングリールでのボップ?現象に繋がるものを連想しました。直前までジャークを入れたリーリングでした。

メカもマグもキッチリ調整を入れて投げていました。

トラブルらしいトラブルはこの2回だけです。

バックラッシュの1種なのか、ピョン吉によるトラブルなのか、いわゆる食い込みによるものか、原因と対策をご推察願えれば幸いです。

余談ですが。バラシ8本スズキ6本の新記録でした。スピニングリールは手放してベイトリールだけで運用しようか!なんて野望も出てきています。

いつもありがとうございます。

お礼日時:2010/11/04 16:36

ベイトリールは機構上ラインが撚れません。


スピニングのようにキャスティング時に
円錐上にラインがでてバッドガイドで収束するということではなく
直線状に出て行きます(フロロのように巻き癖がついていれば
同じ様に見えるが)
なのでガイドも小径です。
ラインが円運動せず、遠心力もかからず
振幅をもっていないので
ガイド絡みのトラブルはほとんど起きません。

>セッティング時にメカを緩めすぎていたのを忘れて無造作に糸を引き出して超バックラッシュを起こし

以前の回答で
PEだと
使ったらメカニカルブレーキは締めておく癖をつけろと
一回の不注意で一日が終わると書いた意味がわかったでしょう。

移動途中やガイドにラインを通すときとか
不用意にブレーキを切る(切れる)と一瞬でバックらします。
ラインにハリがないので
下糸に噛んで逆に巻いたりもするので
解くのはなかなか困難で復旧に時間がかかって
能率が悪いからみんながPEは
練習には勧めなかったのですよ。
使い方も不慣れなうちからPEでやっていると
嫌気がさしてしまうと思います。
練習を積んだ今ならその意味もわかるでしょう。

船の上でバックらを直そうとするとテキメンに酔うので
スペアタックルを使って、後から陸で直した方がいいと思いますが
貴方の様に自分で操船していると酔わないのかもしれません。

スプールがふかふかの状態になったとき
そのまま投げていると重篤なバックらになるので
時々、
比重の高いルアーをブレーキをきつめにしてキャストして
ラインをつまんで巻き取ってスプールを締めてやった方が
いいと思います。

この回答への補足

PE2回目でまたもや重篤なバックラッシュに遭遇しました。軽いルアーでメカを調整した後、うっかり重いルアーをフルスイングして・・。本当に神経を使わないといけませんね。糸を直しながら周囲を見る習慣があれば船酔いはありません。流されながらする釣りなので周囲を見渡すのは義務に近いのです。

さてベイトの新たな魅力にも気づきました。とにかく手返しがイイですね。慣れるとスピニングがかったるくなるのは間違いないでしょう。

ところで気になってきました。スピニングタックルでしか成立しない釣りはあるのでしょうか?キスの投げ釣りなどはその一例になりそうな感じですが。私は以前からスピニングリールは形に違和感があり、特に収納時に足の納まりの悪さを意識してしまいます。対してベイトリールは体積が小さく好感が持てます。この際ベイトタックルに全面移行してもイイかなと。飛距離とバックラッシュとドラグの効きが欠点でしょうか。

私は疑似餌釣り以外にそれほど興味がありません。いずれは渓流魚にも挑戦したいです。お説をお聞かせ願えれば幸いです。

補足日時:2010/10/25 17:43
    • good
    • 0

>今日は手漕ぎのボートから


>質問が飛ばない原因です。

座って投げているのなら下半身が使えないので
ボールを投げても飛距離はでないと思いますが。
後はボートのサイズですね。
貴方がキャストした時に
ボートが逆に動くようなサイズのボートでは
キャスティングの反力が取れないので
力が打ち消しあって飛びません。
キャスターの付いた椅子でボールを投げるのと同じ状態でしょう。
キャスターの付いた椅子の上で本当にキャスティングすれば
キャストする方向と逆に椅子が回転して
ラインが出て行かないのでバックらしまくると思います。

キャスティング動作自体が重心を移動させたりボートを回転させるので
ボートが緩く流されている状態で進行方向にキャストすれば
少しは、ましになるでしょう。

東京湾で
シーカヤックフィッシングを楽しんでいるグループの
HPが参考になると思います。

ベイトリールでのシーバスフィッシングは最近は下火ですが
(ダイワが最近またリリースしていますが)
コアなアングラーには根強い人気があって
過去に販売されたベイトロッドが中古市場でも高額で取引されています。
ウエダのCPSベイトやザウルス70ヨルマル、サクラマス用のUエフェクトや
トラウトプラッギングベイトなどですが。
ABUやスミスも結構品物がでていますし
テンリュウはソルトのベイトロッドのバリエーションが
豊富で継続して販売をしています。
岸からのロッドなら8.6ftが種類が多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テンリュウのMP76L-BC(7-28g)にPE1.2号+フロロ25lb1ヒロをfgノットで結束しレンジバイブ15gをシーカヤック上から投げてみました。飛距離は30m強(ラインの色から測定)。

驚いたことがノット部がリール手前まで来ているのにガイドへの絡まりトラブルが皆無だったことです。スピニングではせいぜいトップガイドを通す程度でそれ以上入れると格段にトラブルが多くなります。最近はリーダーを30cm程度に抑えてガイド外にすることにしていました。

それがベイトでは上述の状態でトラブル0なのです。おそらく放出される糸の状態が波打たないことと関係ありそうな感じがします。見解をお聞かせ願います。

ちなみにセッティング時にメカを緩めすぎていたのを忘れて無造作に糸を引き出して超バックラッシュを起こし高価なラインを10m近く失いました。キャスティング時のバックラッシュは数回で軽度のものばかりでした。またちょっと自信がついてきました。

いつもありがとうございます。

お礼日時:2010/10/19 03:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q堤防や磯で根魚をワームで狙う場合の釣法全般について教えてください。今回

堤防や磯で根魚をワームで狙う場合の釣法全般について教えてください。今回は下記タックルを流用しましたが根がかりするとFGノットを都度組まねばならずメンドウでした。ジグヘッドでのリフトアンドフォールは根がかりが多すぎて使い物になりませんでした。言うまでもなくラインもリールも強すぎと思います。

今回のタックル
ルアー竿:1-10g
リール:D社2500R
PE:0.8号16lb
ナイロンリーダー:20lb
中通しシンカー:7g
ビーズ玉
オフセットフック:1/0
ワーム:3‐4inch

以上を使いリフトアンドフォールで底を引いてかろうじて25cmのソイが1匹かかりました。そこでは最大で50cm弱のアイナメがかかるそうです。

特に知りたい点
・ラインはフロロなのか?ナイロンなのか?
・lb数は?
・テキサスリグの他に適当なリグは?
・リフトアンドフォールでなくズル引きは有効か?
・根魚は真夜中なのか?マズメ時なのか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラインはフロロが良いと思います。
理由は牡蠣ガラは別ですが、ナイロンは伸びた状態で擦れるとフロロより切れやすいから。
正確に言うと伸び率が高いので伸びやすく少しの事で切れやすいと思っていて、
とにかく自分の釣りでは伸びは+方向に作用しません。
太さは16lb又は20lbで大体の場所は可能だと思います。
ノットを組むのが面倒ならメインラインをフロロにするべきです。
底物師の知り合いはケーソンの継ぎ目や穴に入れてエラを張られようが引きずり出しています。
記憶ではPE8号で(笑)

テキサスリグより根掛りが少ないと言うかワームをロストする率が低いのは
捨て錘方式の胴付き仕掛け、いわゆるダウンショット。
底を取ってる限り同じように引っかかります。
回収出来る出来ないはラインの太さやフックの細さ次第。
バス釣りをやっていた昔からやってるやり方は
シンカーが挟まった時に煽って外せる程度に手で固定、ペンチで挟みません。
海では塩分濃度の関係でほぼ効果がありませんが、
外れた際にノーシンカー状態となりフォールで食わすと言う二次効果もありました。
最低限のズレ防止で結びコブを一つ。
ウォーターグレムリンの#2~5辺りを揃えておけばよいでしょう。
軽く小さいシンカーのほうが根掛りも少ないので、
ロスト率が低いのなら小さくて済むタングステンシンカーがお勧め。
同じくジグヘッドもありです(オフセットタイプもありますし)

ボトムを叩くボトムバンピングやリフト&フォール(スイミング)、ズル引き、ステイ、
中層スイミング、リグやワームでアクションのさせ方は変わってきます。
ボトムを嘗め回せば釣れると言うものではありませんので。

昼よる関係なく釣れます。
堤防の底物師曰く、クエはマヅメ時が食うとか(過去の経験上)。
潮位も気にする必要があります。
満潮時だと足元でも釣れますし、地域にもよりますが干満の潮止まりが良いことが多いです。
潮位差が大きく潮流が速い地域やエリアならなら潮止まりが狙い目かもしれません。



自分が使っているタックル
(タコやクエが釣れる可能性がある為強めのタックル)
ベイトタックル
ロッド 66MHか70EXH
リール 7.0のハイギア
ライン PE2.25号 リーダーフロロ30lb以上 場合によってはナイロン60lb
    フロロ直16lb~20lb 
    場合によってはファイティングリーダーとしてより太いのを少し接続します。

スピニングタックル
87ML(シーバス用を流用)
ライン PE1.5号 リーダー30lb

シンカー 1/4oz~1oz
フック #1/0~3/0
ワーム 3in~5in
その他
テキサスリグのシンカー固定用ゴム
(着底時にシンカーだけが穴が落ちないようにとすり抜け率を上げる為に使用しています)
ビーズ(素材は色々)
ブラスやタングステンシンカーの場合は音の出やすいガラスビーズ

ラインはフロロが良いと思います。
理由は牡蠣ガラは別ですが、ナイロンは伸びた状態で擦れるとフロロより切れやすいから。
正確に言うと伸び率が高いので伸びやすく少しの事で切れやすいと思っていて、
とにかく自分の釣りでは伸びは+方向に作用しません。
太さは16lb又は20lbで大体の場所は可能だと思います。
ノットを組むのが面倒ならメインラインをフロロにするべきです。
底物師の知り合いはケーソンの継ぎ目や穴に入れてエラを張られようが引きずり出しています。
記憶ではPE8号で(笑)

テキ...続きを読む

Qハードロックフィッシュの事です。ちゃんとした道具が欲しいんですけどロッドが8フィートで1万円から

ハードロックフィッシュの事です。
ちゃんとした道具が欲しいんですけど
ロッドが8フィートで1万円から2万円で
リールがスピニングリールかベイトどちらがいいですか?
またpeラインは0.8号を買おうと思っています。
ロッドは柔らかい方がいいですか?
おすすめなどがあったら教えてください!
できればカッコいいのをお願いします!笑

Aベストアンサー

こんばんわ。
ロッドに関しては、ダイワやシマノ、アブガルシアやバレーヒルなど、実に多くの会社が参入しているジャンルですし、人それぞれに好みがありますので、特定の物を一押しするのが難しいですね。

ですから、今迄に私が使ったこと、触ったことがあるロッドを紹介させて頂きますね。

・アブガルシア ソルティーステージ ロックフィッシュ
SXRS-802M-KR(スピニング)
・アブガルシア ソルティーステージ ロックフィッシュ
SXRC-702M-BF-KR(ベイトフィネス)
リンク http://www.purefishing.jp/product/rod/abugarcia/salt_rod/salty_stage/salty_stage_rock_fish.html

・ダイワ HRF KJ 85MS(スピニング)
・ダイワ HRF KJ 71MHB(ベイトフィネス)
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/hrf/index.html

・シマノ 専用ロッドに該当なし

ここまでズラズラと書きましたが、私は過去にアブガルシアのソルティーステージ ロックフィッシュXRS-802-KRを使用していましたが、バッドに張りがあるブランクで、一刻も早く魚を根から引き離さないといけないロックフィッシュゲームに大変向いているロッドだと思います。

ダイワの物に関しては店頭で触っただけですが、少しティップからベリーにかけて柔らかめに出来ており、食い込ませるような釣りでは良いと思います。

ですからこの事を踏まえて、
・根から強引に引き離す様なスタイル→アブの物
・柔らかいティップで食い込ませるスタイル→ダイワの物
という使い分けでよいでしょう。
オーソドックスなのは前者ですかねー。

リールに関しては、私は50アップのキジハタ釣れる訳でなければスピニングを使用します。
基本的にスピニングのバーサタイル性はオーソドックスですし、扱い易さからスピニングをお勧めします。

この釣りは根から強引に引き離す場面が多用されますので、リールには相応の剛性が求められます。
また、リールに軽さを求める釣りでもない為、少し重くても金属製のリールをお勧めします。
一応書いておきますね。

・ダイワ 14エクセラー 実売8000円程。
エアローター、スーパーメタルボディ、UTD搭載。
最低でもこのクラスがよいでしょう。
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/spin_rl/exceler/index.html
・ダイワ 15フリームス 実売12000円程。
エアローター、マグシールド、ATD搭載。
マグシールドによる耐久性で、長く使えます。
http://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item/special/2015ss/freams2/1239643_5384.html
・ダイワ 16セルテート 実売43000円程。
エアローター、マグシールド(フル実装)、ATD、マシンカットデジギアII
ダイワ社の最高峰リールのうちの1つです。
私も使用していますが、ボディの精度が違いますし、ほぼノーメンテでも巻き心地が変わりません。
http://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2016ss/certate/technology.html

・シマノ 12アルテグラ 実売12000円程。
マグナムライトローター、X-SHIP、A-RCスプール搭載。
少し古いモデルですが、入門機にはちょうどいいですね。
http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/3015
・15ストラディック 実売18000円程。
ハガネギア&ハガネボディ、コアプロテクト、G-フリーボディ搭載。
私はエギングに使用していますが、巻き心地がかなり良いです。
このクラスから買われると良いと思います。
http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4073
・15ツインパワー 実売35000円程。
ハガネギア&ハガネボディ、コアプロテクト、G-フリーボディ、リジットサポートドラグ搭載。
このモデルはストラディックのリジットサポートドラグ版という認識で良いでしょう。
ロックフィッシュにこのクラスは必要有りませんが、剛性が高いです。
http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/3823

番手に関しては、シマノがc3000、ダイワが2500番サイズが良いでしょう。
お勧めはストラディックですが、予算が足りるなら16セルテートが良いと思います。
釣り場で意外と目立ちますし、私的にはかっこいいと思います。

長々と書きましたが、ロックフィッシュはロッドよりリールの剛性が重要だと思います。
お財布と相談しながらなるだけ良い物を選ばれると良いでしょう。

長文、失礼いたしました。

こんばんわ。
ロッドに関しては、ダイワやシマノ、アブガルシアやバレーヒルなど、実に多くの会社が参入しているジャンルですし、人それぞれに好みがありますので、特定の物を一押しするのが難しいですね。

ですから、今迄に私が使ったこと、触ったことがあるロッドを紹介させて頂きますね。

・アブガルシア ソルティーステージ ロックフィッシュ
SXRS-802M-KR(スピニング)
・アブガルシア ソルティーステージ ロックフィッシュ
SXRC-702M-BF-KR(...続きを読む

Qロックフィッシュ(アコウ、カサゴ)とエギング兼用のスピニングロッドを購

ロックフィッシュ(アコウ、カサゴ)とエギング兼用のスピニングロッドを購入しようと考えてます。

瀬戸内で夜にアコウ・カサゴなどをワームで楽しんでるロックフィッシュ初心者です、エギングはたまにやってる程度です(エギング:ロック 2:8くらい)

餌でやってたんですが去年からアコウなどをルアーで狙い始め、その時の主流のタックルはエギアリストという安い8fエギ竿(3号のエギまで?)とナスキーC3000かダイワの2500番に1.5号のPEを巻いて、3~10gのシンカーのテキサスリグ・ジグヘッドで主にボトムで本命のアコウを狙ってました。
がしかし30センチくらいからのアコウは引きが強くロッドかリールにパワーがないのか腕が無いのか、取り込むのに苦労しよく根に潜られてましたです。(^^;
しかも事故でロッド折ってしまいました。(T-T)

最近シーズンインしたんで扱いやすく食い込みも悪くなく感度も良いロッドをまれに来るデカいヤツに備えてもう少しパワーのあるスピニングロッド新調しようようと考えてます。(専用ロッドは考えてません)
スピニングリールにPE1.5を巻いて3~10gのルアーを多様するならば・・

・エギングロッドの方が使いやすいでしょうか?。

・エギングロッドならば8fくらいでエギ2.5号~4号くらい使えMHぐらいがいいでしょうか?。

・近くの店に半額でダイワのエギ竿INFEET-X'TREMEがあってかなり気になってるのですがロックフィッシュにはいいですかね?

・リールは4000番くらいにした方がいいでしょうか。

初心者なんでわかりにくい質問ばかりかもですみません、予算は一万円前後と考えてるんででお勧めのロッドがあれば教えてください。他にアドバイスなどあればよろしくお願いします。m(__)m

ロックフィッシュ(アコウ、カサゴ)とエギング兼用のスピニングロッドを購入しようと考えてます。

瀬戸内で夜にアコウ・カサゴなどをワームで楽しんでるロックフィッシュ初心者です、エギングはたまにやってる程度です(エギング:ロック 2:8くらい)

餌でやってたんですが去年からアコウなどをルアーで狙い始め、その時の主流のタックルはエギアリストという安い8fエギ竿(3号のエギまで?)とナスキーC3000かダイワの2500番に1.5号のPEを巻いて、3~10gのシンカーのテキサスリグ・ジグヘッドで主にボトムで...続きを読む

Aベストアンサー

ロッドは8ftくらいが扱いやすいと思います
エクストリームはチタンフレームなので9ftでも扱いやすそうですねー
ロッドはエギングとロック兼用なら感度を求めても、パワーを求めてはいけないと思います
竿さばきでカバーしましょう
根魚が入るところは根掛かり多いものです、逆に言うと根掛かりが多い地形がロックフィッシュ多し!
底を攻めていれば多分どんなロッドでも根掛かりしますよ
根掛かりはロッドパワーでなく、感度で回避しましょう
来た!と思ったら合わせ入れて「うりゃ、りゃりゃりゃりゃー」ってゴリ巻きです
他に「a・ta・ta・ta・ta~」ていうのもおすすめー
短いロッドならラインを張ったまま、一撃必殺でガツン!と後合わせを入れてー、気絶させてから浮かせるという荒技も有ります(へたにやるとフックアウトします・・・笑)
カサゴはアホ魚なので、底をはわせると、のこのこついてきて、アタックしてきますが、クエ・ハタ系って、回収しようと早巻きしてたら、掛け上がりでガツン!と来る感じしませんか?
足下でこれやられると「大きかったのに~」ってバラシあるんですよねー
足下まで駈け上がりがある場所では、手前に来れば来るほど早巻きが必要ですよねー
リールはダイワ・カルディアKIX2508すすめー
一巻き70cmの大きいスプールで、PE1.5号200m巻けます
どうせなら3500番買って、青物とロックの兼用リールにするといいですよ
でかいの釣れますように

ロッドは8ftくらいが扱いやすいと思います
エクストリームはチタンフレームなので9ftでも扱いやすそうですねー
ロッドはエギングとロック兼用なら感度を求めても、パワーを求めてはいけないと思います
竿さばきでカバーしましょう
根魚が入るところは根掛かり多いものです、逆に言うと根掛かりが多い地形がロックフィッシュ多し!
底を攻めていれば多分どんなロッドでも根掛かりしますよ
根掛かりはロッドパワーでなく、感度で回避しましょう
来た!と思ったら合わせ入れて「うりゃ、りゃりゃりゃりゃー」っ...続きを読む

Qカサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっ

カサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっちがいいですか?夜ルアーでもつれますか?

Aベストアンサー

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売していますのでそちらを使ってみるのもよろしいかと
思います。
釣りに出かけるのであれば、夜がお勧めです。昼でも釣れますが夕方から夜にかけてか深夜から早朝が
魚のお食事タイムですのでそのぐらいの時間帯に釣り場に着いているのが理想です。
しかしながら潮の加減もありますので、その日の満潮干潮ぐらいは調べてから釣り場に向かったほうが
良いでしょう。
あとルアーでも十分に狙えます。カサゴ用のワームも販売しています。夜に行くのならばグロー系(蓄光タイプ)のもの、日中であれば赤系のものがお勧めです。根魚は甲殻類(魚全般に言えることなんですが)を好んで食しますのでエビまたはカニをモチーフにしたワームを選ぶと良いでしょう。
ただしルアーで狙うときに辛抱強く釣ってくださいね。そう簡単に食いついてはきてくれません。
根魚は足で釣果を稼ぐものだと僕は考えています。テトラ帯や岩礁帯の隙間にルアーを落としこんで
2.3回ふわふわと餌を見せつけて反応がなければ次の穴へという具合に足で距離を稼いで釣りましょう。
おっとつり方を書いてなかったですね。カサゴのつり方にはいろいろ種類があるのですが、2.3ご紹介
しましょう。ルアー釣り:6ft~7.5ft前後の先調子の専用ロッドに1000番~1500番クラスのリール
ラインは2~6ポンドぐらいを100M前後巻いておけばよいでしょう。針はジグヘッドの1~2.5g前後
ルアーは好みもありますが、エビ系の一袋300~500円前後のものを購入していざ釣り場へ、
釣り場に着いたら、釣り場の地形を確認していそうだなというところのめぼしをつけてタックルを準備し
私はテトラ帯であればほぼ真横に投げてテトラの沈んでいるところを沿わすようにリールを巻いてきます
そのとき底のずるずるという感触で地形の形状を把握して何度か投げてあたりがなければ次の場所に移動します。いれば必ず食いついてきます。引きが強く餌を加えたら自分の住処に戻ろうとするので多少強引でも当たりがあったら引っこ抜くというイメージでフッキングするようにします。ラインには常にテンションをかけておくほうが良いでしょう。
餌釣り:カサゴは雑食系なのでゴカイ等も食べます。私は漁港の船着場で竿を出すときには、好んで同付き仕掛けを多様します。同付き仕掛けは釣具やで確認してください。市販で作ってくれてあるものもあります。竿はぶっちゃけなんでもOK。昔はバス竿で釣ってました。餌は青イソメやカニ、湖産エビ等なんでもいいです。ポチャンと落として数回上下してしばらく待つを繰り返しているとカサゴ以外にもいろいろ
釣れますよ。出来れば漁港であれば、ふちギリギリに落とすほうが良いと思います。これも足で稼ぎましょう。あと穴釣りというのがありますが、1M前後の竿にリールをつけてテトラや岩の穴に落としこんで
釣るつり方ですが、市販にブラクリし掛け(オモリに直接針が結んである仕掛け)というのがありまして
ラインに結んだ針に餌をつけて落としこんであとは同じです。冬場は余り穴から出ないので有効なつり方ですね。
そうそう季節を聞かれてましたね。カサゴは年中つれます。水温が低くなった冬場でも関係なく釣れるので、冬場に釣りものがなくなった釣り人はよくカサゴを狙います。私もその一人・・・
長々とすみませんでしたがぜひ参考にしてみてください。
あとどこがよく釣れるかは、近くの釣具屋できくと大体の居場所は教えてくれますよ。
ほいじゃがんばってくださいね。

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売してい...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Qバサーがベイトリールを多用するのは何故?

ブラックバスの雑誌を読んでみると、記事に登場する人の多くがベイトキャスティングリールを使っています。

僕はバス釣りはやりませんが、大型プラグやスピナーベイト等、引き抵抗の重いルアーを多用する釣りだというのはわかります。

ですが、小さいプラグやソフトルアーをノーシンカーで投げるときだってあるはずです。
飛距離が必要なときもあるでしょう。

そういった情況ではスピニングの方が有利なんじゃないかと思いますが、バス業界でのベイトリールを使う方が多い理由を聞かせてください。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行程を2つも省略できちゃう。
オカッパリでもボートでも基本ポイントを一つでも多く叩くのが釣果を上げる基本だから気がつけば丸1日釣りをして1000投前後キャストする、こんだけキャストしていると2行程が結構面倒臭くなってくる。
でも昔、それこそほんの10年位前までは「ベイトで7gをキャストできればそのリールは優秀」と言われていて、7g以下はスピニング、と使い分けるのが当たり前でした。がアンタレスやTDが超軽いスプールと優秀なブレーキシステムを発表してから5g前後のもの(4インチヤマセンコーがこれくらいの重さ)くらい普通に投げられるようになっちゃった。だからスピニングはオニ軽いリグやオニ小さいプラグくらいしか必要ない、キャストの基本さえしっかりできていれば全部ベイトでも頑張ればいけちゃうようになっちゃった、というわけ。
最近のベイトリールは軽いルアーでもスピニング並みに投げられちゃうんです。ただし軽いのを投げる用のロッドと、ベイトキャスティングの基本がしっかりできていれば、の話ですが。

しかしベイトには落とし穴があって、着水してから着底するまでの間(フォーリング)のアタリを取るにはサミングのタイミングを遅らせたりラインを繰り出してやらなければならないという面倒臭い手間が掛かります。しかしスピニングだとベイルを戻さなければラインは出っ放し、ラインの動きに集中する事ができるというわけ。適材適所で使い分ける、という事ですね。

本当はイトウやサクラマスでもベイトを使うと手返しが早くなってよろしいのですが、他のルアーでは概してずっと使い慣れたスピニングのほうが良い、という人が多いのが実情ですね。「なんかキャストが難しそう」っていう先入観もありますしね。
また釣り味というのも大きい、と個人的には考えています。メカニカルな部分だけを見れば最近じゃ1:7のギヤ比のベイトまであるので圧倒的に釣りを有利にしてくれるベイトのほうが優秀、となりますがある程度釣り人を不利にしたほうがゲームそのものは白熱して面白くなります。バレるかもしれない、とハラハラドキドキしたほうが釣った喜びは大きい、と。この目線で見るとバス釣りって言うのは…忙しくてせっかちな釣りなんですね。

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行...続きを読む

Qバックラッシュしにくいベイトリール

バックラッシュしにくいベイトリールのアドバイスをください。

現在、バスフィッシング歴1年です。
ベイトリールはシマノ スコーピオン1000を使用しています。

かなり昔のモデルですが、4×4SVS 等のブレーキ調整機能が売りのようで
がんばって練習をしています。しかし、風が強い日やライトリグなどの時に
まだまだバックラッシュを起こしてしまい回復時間を要します。

本来は練習で自身の腕を上達もさせたいところなのですが、
もしリールの機能で素人でもそれなりにバックラッシュを回避できる
お勧めリールがあれば教えていただけませんか?

正直、時間があまりとれず釣行に出る頻度も少ないため、
ある程度の費用で手軽にバックラッシュを抑えて数多くのキャスティングを
楽しめたらありがたいなと。。

予算はできれば新品10000円相当を想定していますが、
それなりのメリットが見いだせれば20000円台も見据えています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論を先に言うと
残念ながら新品購入価格1万円で希望に沿えるリールは無いです。
飛距離・バックラッシュのし難さ等は価格に比例すると思ってください。
各社実売で25000円以上のクラスのリールなら
軽量なルアーをキャストしやすいモデルが多くなってきます。
シマノだとスコーピオン1000XTやスコーピオンDC辺りからではないかと。
バックラッシュをデジタルコントロールで抑制するDCリールの中でも
スコーピオンDCはエントリークラスである為か
DCタイプの上位クラスほどの飛距離は見込めないのが欠点だけど。

お使いのスコーピオン1000は現在では飛びぬけた性能はありませんが、
サイドカバーを開けなくてもブレーキ調整できる使いやすくて良いリールです。
1000は1500と比べて軽量ルアーが使いやすくなってますし。

問題のバックラッシュがキャストの仕方や
リールのコンディションやロッドの硬さに起因しているのか不明です。
リールは中古で購入された物でしょうか?
スプールシャフトの汚れを取ったりベアリングにオイルを注す等の
メンテナンスも必要かと思われます。
ライトリグの認識がどの辺りの重量か判りませんが、
シンカーは7g程度を下限として力んでキャストしないようにする。
セットしている竿の硬さにもよるでしょうけどML以上の硬さなら
ブレーキセッティングは強めで飛距離は慣れるまで諦める。
酷いバックラッシュでなければ親指の腹でスプールを押さえ
ハンドルを2~3回転させその後ラインを引き出すだけで
バックラッシュは解きやすくなります。
必要以上にバックラッシュをすると糸癖により
同一箇所でのバックラッシュの率が高まりキンク(ラインの折れ)により
ラインが切れてしまいます。
太いラインのほうが解きやすいですが、
抵抗も大きいので軽い物を投げる事が多いならラインは10lb程度とする。

上達する為の練習も必要なのでしょうけど個人的にはどうだろうと言う感じ。
やっぱり釣りをしながらのキャストが無駄が無いです。

結論を先に言うと
残念ながら新品購入価格1万円で希望に沿えるリールは無いです。
飛距離・バックラッシュのし難さ等は価格に比例すると思ってください。
各社実売で25000円以上のクラスのリールなら
軽量なルアーをキャストしやすいモデルが多くなってきます。
シマノだとスコーピオン1000XTやスコーピオンDC辺りからではないかと。
バックラッシュをデジタルコントロールで抑制するDCリールの中でも
スコーピオンDCはエントリークラスである為か
DCタイプの上位クラスほどの飛距離は見込めないの...続きを読む

Q遠投ロックフィッシュについて

ゴロタ浜のような所でワームを遠投してアイナメなどを狙いたいと考えています。

タックルはとりあえず手持ちのクロステージ962ML(ルアー10~30g)に
PENNスピンフィッシャー5500SSかアボセットG4000(ナイロン4号160mサイズ)を予定しています。
シンカーは18~30g位を使う予定です。

この場合ラインは何を選んぶといいでしょうか?
PEを使う場合は何LB位がいいでしょうか?
また、リーダーはナイロンとフロロどっちがいいでしょうか?またリーダーは何LB位がいいでしょう。

また、フロロを使用した場合はPEに比べて大きなデメリットはあるでしょうか?
リールが大きいので太めのフロロを使ってもそれほどトラブルは出ない気がしますがどうでしょう。
もしそうなら何LB位がいいでしょうか?

さらにさらにこのようなスタイルの釣りをやっている方がいましたらアドバイスなどもらえるとうれしいです。

何かと質問が多くなってしまいましたがどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はアコウ狙いでPEの16LB+ナイロン3号を基本線として使ってます。
アイナメも磯場で狙う場合は同じタックルでやってます。

メインラインは、フロロやサスペンド系ナイロンは沈みやすいので、ゴロタ浜のような足場が低くて遠浅の場所ならワームを浮かすのが難しいと思います。
自分では浮かしているつもりでも、底ズルズルで根掛かり多発が予想されます。
そういう意味で遠投するならPE、近場ならPEかフロート系ナイロンのほうが掛かりがいいし、ラインが底ズレする事が少なくなると思います。

リーダーはナイロンもフロロも4号以上を使えばいいと思うけど、根掛かりが多い釣りなのでリーダーを切りやすくする為にわざとナイロン3号を使ってます。
4号以上を使ってPEが高切れしたらすごいショックだし。
これでも40cmのアイナメ、88cmのシーバス、50cmのハマチだってガチで釣ってるから、リーダーをこまめに替えていけば十分です。
(もっともこれは外道でヒットしたもので、他の魚をメインで狙う時は状況に応じて太くします)

アイナメは専門に狙ってないので、ワームはアコウ用に買ったものを流用してますが、太めの2~4インチがいいと思います。
色は赤、茶、オレンジ、白、ピンクでヒットした事があります。

シンカーは状況によるけど、殆ど10gまでです。
リフト&フォールの釣りなので、着底がわかる範囲で可能な限り軽くしたほうがいいです。
最初から遠投せずに中距離くらいで着底を感じ取る練習をしたほうがいいかも?

もう1つ、フリーフォールの場合、シンカーを固定しないほうがいいです。
シンカーが先に着底して、後からワームがヒラヒラと落ちていくところにヒット!とかありますので。

そしてフォール中に喰うので当たりはわからない事が多く、しゃくる時にガツンと来ます。

あと、テキサスリグにでっかいビーズ玉、これあったほうがいいです。
音に反応するらしく、ボトムバンピングでシンカーとビーズ玉がガチャガチャとぶつかり合ってると、すぐに気付いてくれるとか。
そして、自分のテリトリーに入ってきた瞬間に喰いついてきます。

アクションですが、アイナメは(アコウも)上から落ちてくるものにものすごく興味をひくので、派手なボトムバンピングが基本です。
着底したらすぐにエギングばりにしゃくって2mくらい浮かしてからフォールします。
これの繰り返しです。
ちなみにスイミングでヒットした事無いです。

最後に・・・9.6fは硬くて長くない?
ボトムバンピングの連続だから疲れると思いますよ。
エギングタックルを流用して、リーダーを少し太くしてもいいと思います。
ちなみに私はダイワのモアザン9Fをマルチ(シーバス+ハマチ+アコウ(アイナメ)+ヒラメ+サクラマス・・・)で使ってます。

まぁこんなとこかな。

私はアコウ狙いでPEの16LB+ナイロン3号を基本線として使ってます。
アイナメも磯場で狙う場合は同じタックルでやってます。

メインラインは、フロロやサスペンド系ナイロンは沈みやすいので、ゴロタ浜のような足場が低くて遠浅の場所ならワームを浮かすのが難しいと思います。
自分では浮かしているつもりでも、底ズルズルで根掛かり多発が予想されます。
そういう意味で遠投するならPE、近場ならPEかフロート系ナイロンのほうが掛かりがいいし、ラインが底ズレする事が少なくなると思います。
...続きを読む

Qアブガルシアとはどんなメーカーなんでしょうか?

今まで沖釣りをメインにやってきて、特に道具に強いこだわりもないため無難にシマノやダイワの製品を使ってきました。

最近ルアー(ソルトウォーター)を本格的に始めたい思いルアー用品をいろいろ物色していますが、沖釣りでは見掛けないメーカーがいろいろあるんですね。

その中でアブガルシアというメーカーが少々気になっています。
海外(欧州)メーカーでデザインも良いので高級かと思いきやリーズナブルな印象を受けます。店頭でもかなり割り引かれて販売されているのをみかけます。

「海外メーカーでデザインが良い」=ドイツ車のような高級品・高性能と安易に想像してしまうですが、アブガルシアに関してはデザイン重視で性能は値段相応といった感じのメーカーなんでしょうか?
あるいはイタ車のように当たり外れの大きいメーカーなのか?

詳しい方、ご教授ください!

Aベストアンサー

こんにちは。

ABU・・・ベイトリールが有名ですね。
25年位前から、国産メーカーの性能と品質が良くなりダイワやシマノで十分に成りましたが
昔はベイトって言うと、ABUって位定番でした。
コレクターも多く、未だに「ABUじゃなきゃリールじゃない」って熱狂的なファンも居ます。
今でこそ、安価で購入できますが、昔は国産品の2,3倍の価格が付いていましたよ。

今となっては、性能に関しては可も無く不可も無くです。
他メーカーでも同じですが、同じメーカーでも販売ブランド内での売価が性能差と言えるので
何を選ぶかによりますね。
*ベアリングとかは、高い機種も安い機種も同じ物を使っている事が多いです。
 数の差が価格差っぽい所が有ります。

釣りに対する姿勢が分かりませんが、趣味の物なので“気に入ったデザイン”とかで
選んでも良いかも・・・


http://www.purefishing.jp/abugarcia/

Qバスロッドで海釣りできる??

バスロッドで海釣り(堤防あたり)できますか??

 もしできるとすれば、硬さはLかMLどちらの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんの言われるように長さは問題になることもありますが、前回の回答の様に6フィート6インチのバスロッドなら問題なく使えます。
ルアーなら釣る魚種によってはLではなくULが良かったり、MLではなくMHが良かったりしますが、扱いやすくて平均的なのはMLだと思います。一本のみなら私ならMLにします。

チョイ投げ(餌釣り)メインであれば投げたいおもりに竿を併せる必要があります。
MLなら5~28g、7~30g程度のルアーウエイトが標準です。
ルアーウエイトで1オンス=28gとすると約8号のおもりが該当します。


ここからは参考までに。

ULやLで釣りやすい魚種、メバル、カサゴ、アジ、メッキ、シーバス(セイゴクラス)仕掛けは1~2g程度のジグヘッド+2インチ程度のワームなど。
MLやM、MHで釣りやすい魚種はシーバス(ハネクラス以上)、カサゴ、ソイ、アイナメ等の若干大型の根魚向けだと思います。シーバスなら7cm~のミノー、根魚ならジグヘッド+3インチ程度のワーム。
あくまでも釣りやすい程度に考えてください、上手な人はLでもMでも関係なく釣りますから。

バスロッドとシーバスロッドの強さや調子はよく似ていると思います。
バスロッドのML=シーバスロッドのML程度です。
この先、もしも購入予定でしたらMLのシーバスロッド(胴調子)かエギングロッド(先調子)にして8フィート程度の竿を選んでおけば海では色々(シーバス、エギング、ライトジギング、チョイ投げ、ボートキス釣り、投げのイイダコ釣り等)使えます。
バスには長すぎると思いますが・・・。
お勧めの竿はダイワのエギングロッド E-GEEの83MLです。
この竿は今年色々使いましたがコストパフォーマンスも良いと思います。
(PEラインが使えるFujiSiCガイド+ステンレスガイドフレーム)
同価格帯(1万円程度)の竿は基本的にどのメーカーでも仕様はあまり変わらないと思いますので、デザインや好みのメーカーで選んでも良いと思います。
予算オーバーと思いますが、これ以下の竿はSiCガイドがトップだけだったり、全ガイドがハードガイドだったりします。

メバリング目的でしたら何も考えずにメバリング用のソリッドティップの竿を選んでください。長さは7フィート3インチか7フィート6インチが扱いやすいです。
メバリングの竿はバスにも使えないことはないです。30cm以下のバスなら釣ったら楽しいですよ。投げられるルアーが限られますが。

ちょっと短いですが、大手の釣具店に置いてある赤や、青、緑色のグラス100%の安い竿も色々使えて楽しいみたいですよ。鱒レンジャーといった名前で売っていたりします。管理釣り場や、メバリングで使えます。あくまでサブとして考えて欲しいですが。

#1さんの言われるように長さは問題になることもありますが、前回の回答の様に6フィート6インチのバスロッドなら問題なく使えます。
ルアーなら釣る魚種によってはLではなくULが良かったり、MLではなくMHが良かったりしますが、扱いやすくて平均的なのはMLだと思います。一本のみなら私ならMLにします。

チョイ投げ(餌釣り)メインであれば投げたいおもりに竿を併せる必要があります。
MLなら5~28g、7~30g程度のルアーウエイトが標準です。
ルアーウエイトで1オンス=28gとすると約8号のおもりが該当...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング