お酒好きのおしりトラブル対策とは

不動産の契約者と保証人について





母と妹が現在住んでいるところは

アパートです 父が生前中に不動産契約から

申込者として申し込み保証人に父の知り合いの方を保証人にしていた

ようなんですが この保証人の方が父よりも先に亡くなられて

今回契約者の父が亡くなったので

新たな契約書を作成しろと不動産屋さんが言って来ています。

で・・・生前中から父が家賃を滞納していたこともあり

現状通常家賃の45000円に+1万円で滞納の遅れを支払っており

今回も母と妹が8月分を支払っています。(約25万円ぐらいの滞納で支払いの残りがあと9か月分)

でこの新たな契約書の作成なんですが

契約者は母なり妹なりでもいいとは思います。

問題は保証人なんですが

親子間などで例えば自分が保証人とすることが

絶対許されないものなのでしょうか?

不動産屋さんはどうも私どもの足元を見て

第三者の保証人と言うことを強調してきているだけに過ぎないと思うのですが

第三者で保証人になっていただける方などそんな簡単に知り合いなどに

頼めれるものでもないと思うのですが・・・

不動産屋さん独自の判断としてその契約を強調するなら

それにたいして第三者の保証人など無理であることを

理解していただくことは不可能なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

通常なら身内の保証人でも納得するんでしょうが、今回は信用が無いのでしょう。


保証人が亡くなられた時に通知して新たな保証人を立てる事もしていないようですし、滞納もしている。

身内なら一緒に逃げる可能性がありますから、信用できないのでしょう。

第三者にも頼めないほど、個人的な信用の無い人に貸したくは無いというのが大家側の本音でしょう。
追い出したくても簡単には追い出せないのが、いまの賃貸契約ですから。


理解してもらうのは不可能でしょう。
それを主張すればするほど信用を失いますから、あなたの思惑とは逆に、大家が契約をしたくなくなるでしょうね。
契約する義務は無いし。


あなたの収入証明を提出して、滞納分の家賃を一括で支払うなどすれば、大家も譲歩してくれるかもしれませんね。
    • good
    • 0

法律どうこうの問題ではないんです。


保証人とは、相手が同意する相手しか駄目なんです。


家賃に一切滞納が無ければ、家賃をきちんと払っていれば追い出すことはできません。
ですがこれだけ滞納が激しいとなると、今明け渡し訴訟があってもおかしくないというか、あって当然なんです。
相手の理解の得られるよう動くしかありません。

相手はいつでも明け渡し訴訟が可能です。
ただそれだと滞納家賃が解消できない恐れと、明け渡しさせる費用がかかるから、今の対応なんです。
相手がどこで損きりして強硬手段に出るかわかりませんが、常識的に考えればあなたの主張を通すことは難しいでしょう。

ただすでに20万以上の滞納で新たな保証人を付けることも不可能でしょうし、相手もそれはわかっているでしょうからねえ。
時機を見て追い出す腹積もりか、現状のまま滞納分を支払い終わるのを期待しているのか、相手の腹を読みかねます。
ひたすら頭を下げつつ様子を見るしかないといったところでしょうか?

せめて滞納分の支払いを2万5千円にしたらどうですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング