人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

社会人が海外で建築を学び、就職したい。

はじめまして。
私は、現在アトリエ事務所で意匠系の仕事をしている21歳の男です。
事務所に入る前は、土木の高専でした。
五年生の時、アトリエ事務所を営んでいる非常勤の先生から、私が建築に興味を持っているのと、趣味の絵が面白いとの理由で、事務所に就職し、今に至ります。

最近になり自分の視野を広げるため、海外に出て建築を学び、できればその国で就職をしようと思うようになりました。
しかし、一旦社会人になったものが、どういうルートでこのような道を進んで行けば良いのかがわかりません。
 自分はお金の余裕も英語力もないため、留学は保留にして、ワーキングホリディで語学力を身につけつつ、寿司屋等のバイトで生活費を稼ぎ、アトリエ事務所に入る機会を伺うという形でいこうかとも考えています。

私は建築以外に造形やアートにも関心があるため、いざ行くとそちらに興味が湧くかも知れませんが。。。

駄文で申し訳ないです。
かなり無理がある内容ですが、そちらの方面に詳しい方、もし宜しければアドバイス等頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

そちらの方面は詳しくないのですが、レスがつかないようなので。



海外就職に必要なものは学歴と職歴と運です。もちろん語学と根性は必須ですが。
外国人が働くには就労ビザか永住権が必須なことはご存知だと思いますが、就労ビザの取得条件は「不足している業種、専門職、学歴と職歴(特に専門職として認められるような長期の経験)」です。
つまり、まず学歴と職歴ありきなんです。
海外では、日本のように徒弟制度でOBTをするのではなく、大学や専門学校で実践を学び、在学中に実習やインターンをしてから就職するからです。


就職されて未だ1年なんですよね? そして、高専での専攻は建築ではないのですよね?
ということは、学歴も経験もお持ちでないヒヨっ子なので、海外で就職するのは厳しいです。

特に、ワーホリでアトリエ事務所へ入れるチャンスというのは、ものすごく低いと思われます。
(1)学歴が足りない、(2)経験が少ない、(3)語学力が低い、(4)ワーホリは1ヶ所で働ける期間が限定されている、というのが理由です。
言葉のハンデのある外国人は学歴と職能で武装しなければ、現地人に太刀打ちできないんですよ。

ワーホリで見つかるバイトは主としてサービス業や肉体労働であり、仕事に使えるようなレベルの語学力が身につくと思わない方がいいと思います。スラングは上達しますけどね(笑)。
「語学は行けば何とかなる」というのは幻想です。
普通の日本人がワーホリに行って身につく英語力というのは、日常会話レベル、海外旅行に困らないレベルがせいぜいです。
ワーホリって、あくまでも「ホリデー」なんですから。

つまり、お金に余裕がなければ、バイトして生活するだけがイッパイイッパイで、そのまま帰国となる公算が高いです。
帰国せざるをえなくなったときのことも考えて、今の職場を確保しておくべきでしょう。

だから、今の先生に「海外へ武者修業へ行きたいけど、帰国後に戻ってきてもいいか」と相談されてみてはどうでしょうか。
海外就職が成功しなくても路頭に迷う心配がなくなります。
それに餅屋は餅屋です。ひょっとしたら、海外にツテやコネがあって紹介してくれるかもしれません。

でも、「お前はまだまだ未熟、海外なんて無理」と言われたら、素直に従い、専門家である先生が太鼓判を押してくれるまで、世界に通用するような職能を身につけるまで、自分を磨くことをお勧めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング