dポイントがお得になるネット回線は?

私は高1で、弓道を5月から始めたばかりの初心者なのですが、

いつも矢こぼれから矢が落ちてしまい、失になってしまい困っています。

妻手はけっこうひねれていると思うのですが…

そして今度、矢こぼれを気にしているとどうしても引きが小さくなってしまったり、握りすぎて矢筈が弦から取れてしまったりします…

これらの改善点を
教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

初心者の矢こぼれも数年経験者の矢こぼれもおおよそ原因は等しく、かけで大三または引き分け時に矢を押す傾向にあります。


妻手をひねっていても手首でひねっていてはだめです。

ひねりとはあくまで腕をひねる。
つまり、打ち起こし~大三時に勝手の(弓手)わきの下を張るようにひじを起こすことがひねるの第一歩になります。

手首をひねっていては逆に会までで矢こぼれをおこします。
また
大三~勝手が先行する場合も失をおす可能性が大きいです。
    • good
    • 0

 射を拝見しないと詳しいことは申し上げられませんが、どの時点で矢こぼれしてしまうにしても


まず、取懸けに戻って確認をしてみてください。

質問者さんの場合は特に「妻手は結構ひねれている」という事から考えると、取懸けのところから
手首に力が入りすぎているのではないかと思われます。

 弓構えで的を抱えるようにとか円相を描くように等といわれますが、この時に親指の腹で軽く弦
を外に押すような感覚を持ってください。
この際にカケの帽子が外を向いていると矢こぼれしやすくなります。
また、カケの中の親指はしっかりと伸ばして(反らして)中指人差し指の二指は力を抜いて親指に
乗せるような感じで、三指は決して握り込まないようにしてください。

取懸けで妻手の十文字を意識して、縦線の弦に対して横線のゆがけの「親指」で十文字を作ること
を意識してください。
これが五重十文字の中の取懸け十文字です。
(五重十文字についてはご存じであると思いますが、詳しくはお調べください)

難しい説明になってしまいましたが、簡単に言えば妻手の特に手首の力を抜くこと、妻手の三指で
握り込まないこと。
親指の腹で弦を軽く外側に押すような感じを持ちながら取懸け十文字を行う、などの事をやってみ
てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

やはり取懸けが浅かっのか、最近ではほとんど矢こぼれしなくなりました。

とても助かりました!

お礼日時:2010/09/25 16:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弓道 引分けに力をかけずにすむコツは?

弓道 引分けに力をかけずにすむコツは?

弓道初心者です。
ゴム弓までは何とかこなしてきたのですが、本物の弓(9kg)を引く段になって、
腕の力が足りずに十分な引分けができません。
「肘で引く」とか「上腕の筋肉だけを使う」などと指導を受けるのですが、
理屈は分かっても実際に筋力が追いつかず、
途中まで引いたあたりで肩も上がったり後ろにずれたりして一向に様になりません。

腕力が強い方ではありませんが、腕立て伏せ20回程度はこなせます。

呼吸がしっかりできていれば筋力を使わずに済む、とか「割って入る」という話しもうかがうのですが、こうした抽象的な概念を具体的にどう実践に結びつけたら良いでしょうか。

丹田呼吸は、大三までならできていると思います。
引分けの時点で腕に力をかけるあまり、気がぶれてしまうように自覚しています。

Aベストアンサー

〉打ち起こしをとった後に息を吐きながら肩を下ろすように意識しているのですが・・・
この時点で肩を下げようとするのでは遅いです。
射を携帯などのムービーで構いませんので記録してみて下さい。
打ち起こしから大三に移る際に、右肘が顔の方向に流れていませんか?
打ち起こしの際に肩を(肩胛骨を)あげてしまうと、肩の関節にきちんとはまらずに上腕三頭筋で力を総て受け止めることになりますので、初心者の方にはたとえ9キロでも辛いと思います。

弓道は各関節をキチンとはめる事が基本となります。
よく指導者が、初心者の弓手をのばさせて親指と人差し指の間を押してみることがあると思います。
そして『押し返してみなさい』と言うはずです。
このとき弓手の肩関節にキチンとはまっている人は指導者が押す力に耐えられます。
キチンとはまっていない人は押し負けてしまい、肩がせり上がったり背中側に肩が逃げてしまう(抜けてしまう)と思います。
現状ではそれと同じような事が右肘でも起きているのではないかと思います。もしかすると両肩・・

〉また、右腕の引きが弱すぎて「顔を切る」、「肘で引け」、「呼吸だ」といつも注意をされているのですが、それができずに困っております。
「顔を切る」というのが何を指す言葉なのか解りかねます。私は使ったことがない言葉です。
肘が流れてしまった大三から肘で引くのはとても難しいです。
呼吸では技術的な問題は解決しませんので、おそらく息あいを(呼吸)肺いっぱいに溜めてしまって、みぞおちあたりから上に力が入ってしまっている力を下に降ろすようにいっているのだと思います。

〉大三をとる際にも、本物の弓ではゴム弓と違って右肘が左腕に持って行かれてしまうため、妻手の肘を同じ位置に残すために妻手側を結構な力で引かざるを得ないことに気づきました。

 そうならないために、肩関節にキチンとはめ込む様にするのです。
試してみて欲しいのですが、斜面打ち起こしの要領で弓構えの状態から右肘を固定して両拳を平行移動させてみて下さい。(本来の斜面打ち起こしの引き方ではありません)
簡単に言えば、打ち起こしせずに下で大三を作るような感じです。
そのとき右肘は流れてしまいますか?おそらく肘を支点に平行移動をすれば右肘が弓の力に負けてもって行かれることは無いと思います。
その状態で大三がとれればよいわけですから、平行移動した状態のまま打ち起こしてみて下さい。
肩の関節がキチンとはまっていればつぶれてしまうことはないと思います。
きちっとした大三がとれなければ引き分けはなかなかスムーズにきませんから、指導者の方と肩の関節(肩胛骨)がキチンと収まる位置を確認しながら打ち起こしから大三までを繰り返してみてください。
それがキチンと出来るまでは引き分けに移ることをしなくても良いぐらいの気持ちが必要です。

正面打ち起こしでは大三が綺麗な射手はとても上手に見えます。
引き分けにこだわらず、弓構えから大三までを両肩のラインを崩さないように気を付けながら何度も繰り返し練習して下さい。
綺麗な大三がとれれば必ず引き分けは上手くいきます。



〉張力の弱いゴム弓ですと「引き下ろす」「下弦をとりながら収めていく」という感覚が何となくつかめるのですが、本物の弓ですと(たかだか9kgでも)力負けして上から押し開く要領がつかめません。

 ゴム弓で引いたときに妻手の位置はどこにありますか?(これもムービーでとってみて下さい。)
頭に被る様な位置にないですか?被っている方がおそらく収めやすいと思います。
実際に弓を引くときも少し被る位に大げさに大三をとってみて下さい。そして、思い切り『たぐって』も良いぐらいのつもりで(たぐるって解りますか?)引いてみましょう。
大丈夫です、『たぐり』なんてすぐに直せます。

弓道は焦らずにじっくり取り組みましょう。
私が教えた女性は腕立て伏せがヒト桁も出来ないほど非力で、手伝って会の状態までもってきてあげて、手を離したとたんに漫画のように両手が元に戻ってしまうほどでしたが、一年足らずで初段をとり最終的には2年で二段まで取得しました。

あきらめずに頑張って下さい。

〉打ち起こしをとった後に息を吐きながら肩を下ろすように意識しているのですが・・・
この時点で肩を下げようとするのでは遅いです。
射を携帯などのムービーで構いませんので記録してみて下さい。
打ち起こしから大三に移る際に、右肘が顔の方向に流れていませんか?
打ち起こしの際に肩を(肩胛骨を)あげてしまうと、肩の関節にきちんとはまらずに上腕三頭筋で力を総て受け止めることになりますので、初心者の方にはたとえ9キロでも辛いと思います。

弓道は各関節をキチンとはめる事が基本となります。
よく...続きを読む

Q弓道、引分けた時に矢は左手の親指に乗る?

超初心者です。
矢こぼれしてしまいます。
会になった時に矢口があき、落ちそうになるのを直そうとして
おそらく馬手を手首からねじっていると思います。
右手を内側(左回り)に回転させたら矢が左に移動して弓手親指に乗り、
落ちるのを防げるような感覚になってしまうんです…。
結局、筈が弦からはなれて床に落ちます…。

弓手が正しい形になっていたら、矢は弓手の親指に乗っているんですよね?
私は会になった時に手の内が崩れ、初めは中指の爪あたりに重ねていた親指が
上に移動してしまい、親指と中指が離れている事を指摘されます。
親指の関節が伸びた状態で、人差し指と平行に近いです。
なので矢が止まる場所がなく、すべり落ちてしまいます。
ちゃんと中指と親指がついていたら、親指はもっと右側にせり出す感じになるので
ここに矢が乗り、安定するのですよね?

一緒に始めた初心者の方でも、矢が落ちてしまう方はあまりいなくて
自然にできている方たちが羨ましいです…。

Aベストアンサー

いくつか確認してみましょう。

まず、筈をつがえてある位置は正しい位置ですか?的中定規でしっかり位置を決めてつがえてみてください。
一般的には、標準より低い位置につがえてあると矢こぼれしやすく、また弓手の親指を痛める原因になります。


次に、誰かに妻手側から見てもらって、会の段階で矢が曲がってはいませんか?
矢が曲がっているという場合は、妻手に変な力が加わっている事になります。ひねりを加えるのではなく、矢を押さえ込んでしまうとそうなります。

写真や映像を見てみないとこれ以上のことは言えませんが、一つ確認してみてください。
たいていの場合、問題は妻手にあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報