利用規約の変更について

文部科学省の権限とは?

最近、文部科学省が、朝鮮学校無償化を決定しようとしたが、政府与党がストップをかけたために、無償化の決定が先送りになったということを聞いています。

ということは政府与党がストップをかけなかったら、このまま朝鮮学校は無償化になったということでしょうか?そもそも、このような大事な税金の使い道を文部科学省が単独で決めることができるような仕組みというのはどのようなものでしょうか?

思い出すのは、例の「ゆとり教育」、「学校の週休5日制の導入」などです。文部官僚(寺脇氏など)がテレビでコメントをしていたことを覚えていますが、国民の意見、少なくとも子を持つ親の意見ををろくに聞かずに導入してしまったという記憶があります。

これによって、日本の教育レベルは低下し、子供は勉強しなくなり、塾に通わせて私立の学校に行かせるなど、親の経済的負担はとても重くなりました。

この件について、文部官僚は誰も責任をとっていないような気がします。大蔵官僚でさえ、住専への公的資金投入で国民のバッシングを受けています。

このように国民の生活の大きな影響を与えることが文部官僚になぜ許されるのでしょうか?そして、「ゆとり教育」など、日本の教育に大きなマイナスを及ぼした政策を推し進めた文部官僚は責任とることはないのでしょうか?

このような仕組みだと、教育は文部官僚が好き勝手にできてしまうような気がします。

皆様はどのようにお考えでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

このあたりの話は教育政策を専門としている人から話を聞いたほうがいいのですが、


大まかなところは次のようなところではないでしょうか。

まず、「ゆとり教育」「5日制」などは、その時代時代の
「学習指導要領」がベースとなって実施されています。
つまり学習指導要領に載っていないことを自由勝手にするのはダメなのです。

その「学習指導要領」もぽんと出た誰かの思いつきでできるものではありません。
新しい指導要領が施行される何年も前から
「中央教育審議会」という会が開かれ、
柱となる教育政策や大幅に変更する政策を練ってから
中教審答申といった形で文部科学省に提言したりして新しい指導要領が作られます。

また、中央教育審議会も、外部の教育研究者の研究や、国際的な動向
保護者の意見、世論、時の政権の意向などを踏まえて審議を行います。

その後、その提言を元に学習指導要領が作られ学校現場におろされます。

つまり、文部官僚は、「ただ学習指導要領をプリントするだけ」であるともいえます。
また、中教審の委員も「文部大臣から依頼されて今の教育の問題点を発言しただけ」ともいえます。
さらに、時の文部大臣も「詳しいことはよくわからないまま話が進んでいた」という状況であるとも
いえるでしょう。

そのような状況から、教育政策に関しては「誰々が悪い」と明確に言えないのであると感じます。

この回答への補足

そうですか。
民主党は「政治主導」をマニフェストで訴えている以上、「審議会」が、「文部科学省」が、という言い訳は通用しないと考えます。政府の政策全てに責任を持つことを肝に銘じて欲しいと思います。
これからは、「ゆとり教育」「朝鮮学校の無償化」などのように、国民にとって不利益となることは断固起こらないようにして欲しいと思います。

補足日時:2010/09/15 09:04
    • good
    • 0

官僚は非難される事はあっても、個人の脱法行為以外で責任を問われる事はありません。


またその出世等に関しても、過去の関連行政の世間的評価が影響する事は無く、省益や派閥益に結びついたかが評価の対象になります。

そう言ったいい加減さを糊塗するために、沢山の審議会等の「第三者機関」が設定されて参加する有識者に税金が払われ、その結果を参考にして政策が決定される事になっています。
しかし学者を始めとする有識者は様々な意見を持っているので、期待する結果を導く人選びが可能であり、反対側の意見を持った人も次の小遣い稼ぎを意識して行動するので、結局は役人の書いたシナリオ通りの結果が出ます。
役人側は作り上げた錦の御旗をもって案を作成し、問題が発生すれば「自分の意見ではなかった」との逃げ口上を使います。

そもそも今の仕組みは「役人に好き勝手」にする事が目的に作られたものですから、それをさせない為には人事評価自体を変える必要があります。
 
例えば東京都では、政策の立案者が登録されて後日のその結果が人事評価に影響される事となっていると聞いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。

仮に中教審などで、ゆとり教育の方針が推奨されたとしても、もう一度国民の声を聞くなど、ありようはあったはずです。あの時は自民党の一部の政治家が明確に反対の意を表明していました。

寺脇という官僚がテレビにもよく出て、にやにやしながら、「ゆとり教育の重要性」を説いていたことを思い出します。あのとき、官僚が、国民の真意を問いたい、と国民に尋ねたら明らかに異なった結果になったと思います。

やはり、少なくとも当時の文部官僚には一定の責任があるように思えます。

お礼日時:2010/09/02 23:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング