仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

パントドン(古代魚 バタフライフィッシュ)について質問させてください。いま17×17×17の水槽があるのですが、パントドンは飼育可能でしょうか。底にはミニブッシープレコがいます。流木のみ、プレコ1匹だけでは上層部が寂しく、パントドンに憧れがあるのでぜひ飼ってみたいのですが…

飼う上で必要なもの、エサなども教えていただければい幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・ミニブッシープレコの成魚は、狭隘水槽で飼育しても8cm~12cm程度に成長します。


プレコの好む水流は「中~強」水流。

・バタフライフィッシュの成魚も、12cm程度に成長します。
バタフライフィッシュの好む水流は「止水~弱」水流。
12cmのバタフライフィシュ一匹に必要な水量は18リットル以上です。

ミニブッシープレコとバタフライフィッシュの組み合わせ自体には問題ありません。

17×17×17cm水槽の水量は4.2リットルです。
バタフライフィシュが3cm程度の稚魚ならば、暫くは混泳出来るでしょうが、生涯飼育は出来ません。
4.2リットル水槽では、餌を制限して成長を遅らせないと、プレコ一匹の飼育も難しくなります。

バタフライフィッシュは肉食魚で、本来水面に落ちてくる昆虫食。
飼育下では、冷凍アカムシや餌用アカヒレ(小型)などを与えればOKです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q18Lの水槽にバタフライフィッシュ、プレコ2尾います。中層が少々寂しい

18Lの水槽にバタフライフィッシュ、プレコ2尾います。中層が少々寂しいのですが、バタフライフィッシュに食べられることなく、中層を泳ぐ魚はいないでしょうか…

そしてバタフライフィッシュがなかなか餌付きません。なにか方法はないでしょうか…

Aベストアンサー

No.1です。
脱腸ですか、、、難しいですね。

・飛び出した腸が壊死し、傷口からの出血が止まらずに死に至ることも多い病気です。
・飛び出した腸が壊死し、菌類が繁殖すると、体調を崩し死に至ることも多い病気です。

・飛び出した腸が壊死しても、菌類が繁殖せずに、傷口が癒着すれば回復することもあります。

菌類の繁殖は、隔離水槽でメチレンブルー浴を行う事で、完全ではありませんが、ある程度抑えられます。
ただ、メチレンブルーでは出血は止められません。

因みに、バタフライフィシュの親戚の体調10cm超えのアロワナだと、濡れタオルの上に寝かし綿棒などで飛び出た腸を押し戻す外的治療も行われています。(小型魚だと無理ですが、、、)

Q飼えるアロワナはいますか?

以前から「アロワナ」を飼いたかったので水槽(90×45×45)を購入しました。
水槽を買う前にアロワナを飼いたいことを店の人に言ったところ、「水槽より大き
く育つことはないので、この大きさの水槽で大丈夫です」と教えてくれました。
しかし、インターネットでいろんな「アロワナ」のページを見ると、最低でも
(120×60×45)の水槽が必要になると書いてありました。
まだ「アロワナ」は購入していないのですが、今のままの水槽で一生涯を育てて
あげられる種類はいますか?
もし、いなければ「アロワナ」は飼わないようにしようと思っています。
ちなみに初心者なので「ブラックアロワナ」は飼育が難しいですよね???

Aベストアンサー

 こんにちは。
 90×45×45×の水槽でのアロワナの飼育ですが、短期的に考えるれば飼育できないことはありませんが、長期的に見ると難しいですね。シルバー・アロワナやアジア・アロワナではやはり最低でも120×60×45の水槽は欲しいところでしょう。欲を言えば180cm水槽なら尚理想的ですが、一般家庭では現実的な話しではありませんので、120cmがより現実的でしょう。これでも妥協策だとは思うのですが。因みにアロワナ飼育の水槽にはあまり高さは必要ありませんので、高さは45cmでも問題ありません。幅と奥行きが重要です。
 30cm程度までのアロワナであれば、90cmでも問題ありません。しかし、アロワナは成長が早く、大きく育ちますので、最初から大き目の水槽で飼育するのが無難です。ある程度大きく育ったアロワナを別の水槽に移すのにはそれなりのリスクが伴うからです。魚に精神的なダメージを与えてしまいますし、網ですくう際にはしばしば鱗がはがれてしまうなど、魚体に傷をつけてしまう可能性が高いからです。
 また、シルバー・アロワナでは餌の与え方や飼育環境によっても違いは出ますが、順調に育てば簡単に60cm、70cmと大きくなってしまいます。それも目に見える相当な早さで。60cm以上の魚を90cmの水槽で飼育するというのは、クジラを25mプールで飼育するようなものではないでしょうか。狭い水槽の中を窮屈そうに体を丸めている魚を見るのは飼育者としても忍びないのではないでしょうか。シルバー・アロワナはその体が柔軟なため、多少狭い水槽でもある程度の対応はできますが、その場合、いろいろと魚に障害が出てきやすくなります。よく言われているのが、特にシルバー・アロワナを狭い水槽で飼育した際に見られる、アロワナのエラが外側にめくれてしまう症状です。狭い水槽で大型の肉食魚を飼育していると水質の悪化も早くなりますから、その辺が原因だと思われます。あと、下顎が突出する症状、目玉が下の方に向いてしまう症状など、魚の生命に関わらないとしても、見た目の悪いアロワナに成長してしまいます。
 また、アロワナは普通に飼育していれば、何十年と付き合えるはずの魚です。狭い水槽での飼育はこの魚の寿命を相当に縮めてしまう可能性が高く、一生涯の飼育は無理でしょう。
 その点では、ブラック・アロワナはアロワナの仲間の中でも45cmから50cmくらいとそれほど大きくならないので、90cm水槽でも飼育可能な唯一のアロワナです。ただ、ブラック・アロワナはとても神経質な魚で、水質の悪化にも強くはないので、何かのはずみで水槽に激突したり、ガラス蓋に衝突する可能性が高い種類です。できるだけ静かな環境を用意してやり、水槽内に水草を多く植え込んで落ち着いた雰囲気を演出して、定期的な換水の実行により安定した水質の保持に努めれば(これはどんな魚にも当てはまることですが)、決して飼育の難しい種類ではないと思います。ただ、幼魚のうちはかなりデリケートですので、水質管理や水温管理、餌やりなどには細心の注意を払ってください。20cmくらいまで成長すればその後は比較的順調に成長することと思います。私も実際、12年前に初めてアロワナの飼育を始めた時、手を出したのがブラック・アロワナで今も健在です。また、ブラック・アロワナは幼魚のうちはその名前の通り美しいブラックですが、成長していくにしたがって黒色は消えていき、何とも言えない渋い体色に変わっていきます。しかし、その成長過程に見せる微妙な体色の変化は他のアロワナでも味わえない奥深さがあります。

 こんにちは。
 90×45×45×の水槽でのアロワナの飼育ですが、短期的に考えるれば飼育できないことはありませんが、長期的に見ると難しいですね。シルバー・アロワナやアジア・アロワナではやはり最低でも120×60×45の水槽は欲しいところでしょう。欲を言えば180cm水槽なら尚理想的ですが、一般家庭では現実的な話しではありませんので、120cmがより現実的でしょう。これでも妥協策だとは思うのですが。因みにアロワナ飼育の水槽にはあまり高さは必要ありませんので、高さは45cmでも問...続きを読む

Qポリプテルスに合った人工飼料は?咲ひかりは?

上顎系のポリプテルスを飼っているのですが、大きくしたいので、多くは小赤やメダカを与えていますが、栄養面から人工飼料も与えたいと思っています。

今は、キャットを与えているのですが、大きな個体は大方食べてくれるのですが、小さな個体はモフモフしてるうちに口からこぼれて、ボロボロになり、半分も食べれてません。
そこで咲ひかり(増体用)も悪くないという話を聞いたので(おとひめよりも良い)、咲ひかりの増体用のSサイズを少量入手し、あげると、しっかり食べてくれました。粒も固いのでボロボロになることもありません。

が、製造元のキョーリンや知ってる熱帯魚ショップには、ポリプテルスにはあげない方が良い、キャットを与えるべきだと言われました。長期間与えた場合に弊害がないとはいえないとのこと。
肉食魚用として開発している餌を与えてくれと言われました。(1店舗、転覆病か何かになった金魚に咲ひかりを与えたら治った。品質は良いのでお勧めできると言う人がいました。ただ、肉食魚ではなく、金魚用として開発された餌のはずなので、ポリプに良いのかは確信が持てませんでした)
崩れず小さな個体でもちゃんと食べられるんならキャットでも良いのですが、前述の通り、まともに食べれないので、出来れば咲ひかりを与えたいです。

ネットで検索して、咲ひかりを与えると言うショップを見つけて、そこにも問い合わせたのですが、最初はずっと咲ひかりを与えても問題ないと言われたのですが、キョーリンなどには問題あるかもと言われた。咲ひかりでの飼育で天寿を全う出来てるという実績が欲しいと伝えると、保証は出来ない、キャットを与えてくれと言われてしまいました。
咲ひかり増体用、キャットともに発売からどれくらいの年数が経っているのか不明ですし、誰がどれだけの実績を持ってるのか知るすべがありません。

現在、ポリプテルスなどの専用の餌として売っているもの、咲ひかりの成分表を調べると以下のとおりとなっています。

キャット
粗蛋白質 47%以上、粗脂肪 5.0%以上、粗繊維 3.0%以下、水分 10%以下、粗灰分 17%以下、りん 1.0%以上

咲ひかり 増体用
粗蛋白質 40%以上、粗脂肪 9.0%以上、粗繊維 2.0%以下、水分 10%以下、粗灰分 17%以下、りん 1.7%以上

咲ひかり 稚魚用
粗蛋白質 43%以上、粗脂肪 7.0%以上、粗繊維 3.0%以下、水分 10%以下、粗灰分 20%以下、りん 1.7%以上

イトスイ コメット古代魚 大型魚専用フード
粗蛋白質 50%以上、粗脂肪 4.0%以上、粗繊維 3.0%以下、水分 10%以下、粗灰分 15%以下

オクトジャパン キャットフィッシュ
粗蛋白質 50%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 3.0%以下、粗灰分 17%以下、りん 1.3%以上、カルシウム 2.3%以

テトラ モンスター ペレット
粗蛋白質 52%以上、粗脂肪 11.0%以上、粗繊維 2.0%以下、水分 9%以下、粗灰分 14%以下

確かに、やや蛋白質が少ないのと、脂肪が多いのが気になりますが、モンスターは咲ひかり以上に脂肪があります。メーカーいわく、確か、たんぱく質などの栄養を吸収するには脂肪も必要とのことで、多めに入れてるらしいですが・・・

これらの成分表だけでは判断出来ない部分もあると思うのですが、咲ひかり増体用は、ポリプテルスの餌としてどうですか?長年与えている人がいたら感想を教えてほしいです。
また、他にもお勧めの餌があったら教えてください。

上顎系のポリプテルスを飼っているのですが、大きくしたいので、多くは小赤やメダカを与えていますが、栄養面から人工飼料も与えたいと思っています。

今は、キャットを与えているのですが、大きな個体は大方食べてくれるのですが、小さな個体はモフモフしてるうちに口からこぼれて、ボロボロになり、半分も食べれてません。
そこで咲ひかり(増体用)も悪くないという話を聞いたので(おとひめよりも良い)、咲ひかりの増体用のSサイズを少量入手し、あげると、しっかり食べてくれました。粒も固いのでボロボロ...続きを読む

Aベストアンサー

はい、キャット小粒は、それです。
割高ですね(涙)
ただ、ベビーサイズだと与える期間が比較的短いので割り切ってます(この辺考慮して小袋なのかも?、袋タイプのが若干安い)。
個人的には、飼育数が多いのでもうちょっと大袋あると嬉しいのですが。
テトラですが、キャット通常サイズよりも少し小粒で食べやすい為か崩れにくい印象があります。
指向性もうちのは、若干テトラのが良い気がします(あくまで個人的な感覚)、なので小型種やチビ達には、テトラかキャットミニを与えてます。
元々ポリプテルスは、結構何でも食べますから、混泳のネオケラやプレコ用に撒いたプレコフードまで口に入れてからエンドリなんかは、「?」って感じで吐き出してます。
ただし、指向性が良いイコール「良い餌」では、ないんですね。
うちは、フェレット達もいますが非常に指向性が高いフードは、実は、栄養価に問題があったりするので与えませんね。
病気で食べないや食欲が落ちた時は、食べる事を優先に非常用として与えますが…。
子赤に食べさせてから与える方法ならストック中の数日~一週間も与えれば大丈夫だと思いますよ。
活餌メインだと人口飼料の食いは、若干悪くは、なると思いますが。
うちは、アロワナ、ポリプテルス、ネオケラも全て人口飼料オンリーですが、成長や体型に問題は、ないですね、大型種の混泳だと通常サイズだと小さい気がするので最近ビックリキャットに切り替えました。
冷凍赤虫、40センチ以上あるエンドリも食べてますよ。
アロワナは、溶ける前に丸呑みしようとしてちょっともがいてますが…。
45オーバーのネオケラも冷凍赤虫食べますね。
小型種のポリプテルスも喜んで勿論食べます。
ただし、水が汚れやすいので頻繁には、与えませんけど。
冷凍赤虫に冷凍ワカサギは、おやつ程度ですね。
飼育者の意識次第ですが、長期飼育にあたって長期間に渡って与えた場合の実績のない餌は、個人的には、避けます。
ポリプテルスや肉食魚専用板もあったはずなので一度検索してみてもいいかもしれません。
ただしポリプテルスのように強くて飼いやすい種は、あまり伸びないので落ちてしまいやすいのですが…。
そういう板を見ると分かるのですが、指向性は、非常にいいけど、栄養価がイマイチとか言う餌や実績のないフードは、避けてるベテラン飼育者が多いです。
私より実績あるベテランさんがいるので勉強になりましたよ。

はい、キャット小粒は、それです。
割高ですね(涙)
ただ、ベビーサイズだと与える期間が比較的短いので割り切ってます(この辺考慮して小袋なのかも?、袋タイプのが若干安い)。
個人的には、飼育数が多いのでもうちょっと大袋あると嬉しいのですが。
テトラですが、キャット通常サイズよりも少し小粒で食べやすい為か崩れにくい印象があります。
指向性もうちのは、若干テトラのが良い気がします(あくまで個人的な感覚)、なので小型種やチビ達には、テトラかキャットミニを与えてます。
元々ポリプテルス...続きを読む

Qポリプテルス・デルヘッジの飼育

ポリプテルス・デルヘッジを10日前から飼っています。
体長は13cmくらいで60cmワイドの水槽で単匹飼いです。

デルヘッジはポリプテルスの中でもよく泳ぐ種と色々な所で読んだのですが、ウチのデルヘッジはほとんど泳がず水槽の端でじっとしている事がほとんどです。
メダカや鯉子を水槽内に放して一晩たつと減っているので夜の内に捕食はしているようなのですが、昼間やライトを点灯しているとほとんど動きません。
水換え時にパニックしたりということは無いのですが、これはやはりまだ環境に慣れていないからでしょうか?
それとも夜行性で昼間はほとんど動かないのでしょうか?

やはり泳ぐ姿も見たいのですが、慣れれば人がいても泳いだり捕食したりするようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 まだ幼いので、メダカや鯉子が30匹程度入っていると怯えて底でじっとしている可能性があります。
 少しメダカや鯉子の数を減らしてみてはいかがでしょうか?

 ポリプテルスは基本的には夜行性のため捕食は夜間に多いですが、昼でも捕食を行っています。私がよく見るのは、口の側に来たものを捕食するシーンで、飛び掛るのは余り見たことがありません。

Qポリプテルスが数時間もがいた末、死にました。

半年ほど飼っていた、ポリプテルスが、前日まではバクバク餌を食べていたのに、夜見たら、底の方で時々ふらついたり、しきりに水面までというか、水から頭を出すくらい浮上するのを繰り返していて、しばらく様子を見ていたのですが、念のためと思って、少し水換えをしたら、その直後に程んど動かなくなって、翌朝には死んで浮いていました。

このフラフラして、時々浮上するのが何かの症状だと思うのですが、どんなことが考えられるでしょうか?

半年ほど前に、家に来た直後に大磯を誤飲してお腹が膨らんでいたので、この半年は運が良かったものの、急に糞詰まりかなにか起きたのかなと思っているのですが。
また、1/4ほどの水換えで、余計調子を崩す事ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

亜硝酸→硝酸塩と分解されるので硝酸塩が溜まる事でPHが下がります。
うちは、珊瑚砂半分にPHに影響ないセラミック濾過材です。
肉食魚ならアルカリ性に傾けるセラミック濾過材でもいいと思いますよ。

PHが下がりだして上げる為に珊瑚砂を交換しても残り半分のセラミック濾過材がフォローしてくれますから。
全部珊瑚砂にするならPH上げるために半量づつや3分の1くらいで交換するならバクテリアへのダメージも少なくて済みます。
セラミック濾過材、2~3年くらいで交換と言われてますが、うちは、新規立ち上げに古い使用してるセラミック濾過材と水も移植するので必然的に古い水槽も新しい濾過材と交換してる事になりますね。
目詰まりしたかな?と思ったら半分から3分の1くらいを1~2週間くらい開けて、鍋で煮てから再利用してます(古典的な方法ですが)。

薬ですがフレッシュリーフで適応外の細菌感染には、エルバージュかグリーンFゴールドですね。
グリーンFゴールド、エロモナス感染に有効、エルバージュは、エロモナス、カリムナスの両方に効果があります。

トリートメントされてない下取り魚を購入する場合、隔離水槽でエルバージュを半量程度使用し薬浴してから本水槽に導入した方が安心です。
ポリプ自体がうちでは、グリーンFやフレッシュリーフ、マラカイトなどが適応と思われる尾腐れなどが出た事がないので。
出るとしたら赤班病に似た症状だったので、グリーンFゴールドかエルバージュをですね。
金魚やポリプ以外の熱帯魚からエロモナス感染症意外ならフレッシュリーフが一番使い勝手がいいです。
個人的には、エロモナス、カリムナス両方に聞くエルバージュもあってもいいと思います。
うちで病気したのは、20数匹以上いて薬浴を繰り返し最終的に人間の抗生物質で治療したこの一匹だけでした。
鑑賞魚の中では、私のような比較的アバウトな飼育でもポリプは、そういう簡単に病気しませんから。
購入も価格よりいかに「状態の良さ」を買うかって感覚ですね。
管理状態の悪い店や魚は、安くても絶対に買いません。
店の水槽一回り見たらちゃんと管理してるかどうか分かりますから。
うーん、入荷直後で微妙なら「トリートメントして置いといて、一週間したら迎えにくるから」です。
これを拒否する店なら買いません。

連れて帰ってすぐ死なれたら可哀想だし、ショックだし、丸損ですから。

亜硝酸→硝酸塩と分解されるので硝酸塩が溜まる事でPHが下がります。
うちは、珊瑚砂半分にPHに影響ないセラミック濾過材です。
肉食魚ならアルカリ性に傾けるセラミック濾過材でもいいと思いますよ。

PHが下がりだして上げる為に珊瑚砂を交換しても残り半分のセラミック濾過材がフォローしてくれますから。
全部珊瑚砂にするならPH上げるために半量づつや3分の1くらいで交換するならバクテリアへのダメージも少なくて済みます。
セラミック濾過材、2~3年くらいで交換と言われてますが、うち...続きを読む

Q90cm水槽にどんな熱帯魚いれる?

あなたの水槽の中身を教えて下さい。もしくは、希望でもOKです。何でも聞かせて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。楽しそうな質問ですね。

私の場合は90cm水槽を玄関に置き、ピラニア数匹を入れてました(^^)
ピラニア(ピラニア・ナッテレリ)はお店では3cmぐらいの
稚魚(まるでフナみたい)で売っているのですが、
餌を与えれば与えるだけ大きくなるかのような成長ぶりで、
あっという間に皆さんご存知の姿になります。

餌を水槽に落とすと、あの独特の旋回泳ぎが見れるし、
腹部の発色(オレンジ色)もなかなか綺麗なもんです。

他の熱帯魚も飼ったことがありますが、私の中で
ピラニアに勝てるものはありません(^^)

いずれ、大きな水槽でピラニア好きの憧れ、
ブラックピラニアやイエローピラニアなども飼育してみたいです。

Qブラックバタフライフィッシュの飼育について

ブラックバタフライフィッシュ(Chaetodon flavirostris)の飼育について質問です。
5cm程の個体を購入してから2週間がたちました。
現状、ブラインシュリンプとメガバイトレッドのMIXをつついています。
うわさによると、飼育環境下で長期飼育はかなり難しいと知り1日でも長生きさせたいと思っています。
(2ヶ月飼育できればよい方という話もあり。。。生息域が限られているだけに何かとデリケートなんでしょうか。)
そのために、フィッシュソリューション&ガーリックエリクサーをためし、長生きの足しになればと購入計画中です。
現状、他の魚からのストレスはあまり無い様子で、硝酸塩は5ppm以下です。

(1)フィッシュソリューション&ガーリックエリクサーの使用経験のある方の使用感を教えていただけないでしょうか。
(2)ブラックバタフライフィッシュ長期飼育(2ヶ月以上)の経験のお持ちの方、アドバイスをお願いします!!
(3)水質悪化は水変え頻度をあげることで対応するとして、ブラックバタフライフィッシュにとって生餌を与えたほうがよりよいのでしょうか。
(彼の寿命において、乾燥飼料のみを食べさせる事が最善の方法なのでしょうか。現状それを目指しています。)
回答していただける方の考えられている、長期飼育においてベストな餌とは何でしょうか。(餌=珊瑚は除く)チョウチョウウオは食いだめが出来ないので、幼魚のうちは出来るだけ高栄養なものを出来るだけ多く与えるという考えでよいのでしょうか。
質問が多くすみませんが、ご回答いただけたら大変嬉しく思います。

ブラックバタフライフィッシュ(Chaetodon flavirostris)の飼育について質問です。
5cm程の個体を購入してから2週間がたちました。
現状、ブラインシュリンプとメガバイトレッドのMIXをつついています。
うわさによると、飼育環境下で長期飼育はかなり難しいと知り1日でも長生きさせたいと思っています。
(2ヶ月飼育できればよい方という話もあり。。。生息域が限られているだけに何かとデリケートなんでしょうか。)
そのために、フィッシュソリューション&ガーリックエリクサーをためし、長生き...続きを読む

Aベストアンサー

最初に断っておきます。
ブラックバタフライフィッシュは飼育経験は有りません。
ゴールデンバタフライやポリプ食チョウチョウなどを含めてチョウチョウの多数飼育経験が有るだけです。

質問1~3の内 1,2は未経験の為分かりません。すみません

質問3ですが、私の考えを書かせてもらいます。
(基本的にブラックバタフライフィッシュと他チョウチョウとの相違はそんなに無いだろうと言う判断です)

生餌ですが、私は通常時には与えない方がいいと思います。
水を汚しやすいと言う大前提はさておき、
確かに食い付きは大変いいですが、どうしても栄養が偏りますし、生餌に慣れてしまうと他の人工餌を食べなくなる事が多いです。
チョウチョウだけに限らずですがストレスや一時的な水質悪化(?)などだと思いますが一過性の拒食の時期が有ります。
その時にもし生餌ばかり食べていたら人工餌は美味しくないらしくますます拒食に成りかねません。
つまり通常は人工餌になれさせておいて、拒食などの時に緊急的に生餌を与える方がいいと思います。

人工餌も1種類だけでなくて何種類(メーカーも色々と)にもなれさせておく方が上記の様な時にも助かります。

結論ですが、
私は生餌は新しく水槽に放した最初の1週間のみの餌付け用って位置づけです。
自然界では生餌と言っても多種多様に捕食出来ていると思いますが人間が与えられる生餌には限りがあります。
それらを踏まえて人工餌は栄養配分もされているのですから、人工餌だけで栄養失調になると言う事は少ないと思います。
勿論 メーカーによって栄養成分に若干の違いも有りますから色々と慣れさせるのが理想と言う事になると思います。


現在は居ませんが、過去に数匹飼育したチョウチョウ類は到着時のレフジューム水槽で餌付け用にアサリやエビを与え、人工餌に完全に慣れたら本水槽へと放流し、その後は人工餌だけで飼育しましたが痩せるとかは全く有りませんでした。(その間 約1年半)

以上参考までに。

最初に断っておきます。
ブラックバタフライフィッシュは飼育経験は有りません。
ゴールデンバタフライやポリプ食チョウチョウなどを含めてチョウチョウの多数飼育経験が有るだけです。

質問1~3の内 1,2は未経験の為分かりません。すみません

質問3ですが、私の考えを書かせてもらいます。
(基本的にブラックバタフライフィッシュと他チョウチョウとの相違はそんなに無いだろうと言う判断です)

生餌ですが、私は通常時には与えない方がいいと思います。
水を汚しやすいと言う大前提はさておき、
...続きを読む

Q120×60×60水槽を設置したいんですが・・・

120x60x60水槽を購入したいんですが、水を入れると大体重さはどれくらいになるのでしょうか?

重さからアクリル製で考えているんですが、さすがに2階に置くのは強度的に厳しいでしょうか?
2階の場合も床の補強は必要なんでしょうか?

120x45x45なら板をひいて重さを分散させれば大丈夫って言われてますが、60x60になると危なくなるんですかねぇ~

ちなみに家は一軒家の築10年くらいですかね
床はフローリングです

あと補強が必要な場合はいくらぐらいかかるでしょうか?

Aベストアンサー

水槽の水張り後の重量は体積ですので120x60x60の計算式そのままです。(100%水を張った場合です。最後に1000で割って下さい。)
計 432リットルの水が入ります。水432リットルは単純に432kgとなります。
ただ これは水だけの重さです。これに水槽やポンプに濾過槽(オーバーフロー等なら下段のサンプ)などなどの容量分も足さないといけません。
恐らくNO.1の方が書かれていますが総重量500kg位にはなると思います。

床の強度ですが、高さ(水槽)が高くなればなるほど負担が掛かります。同じ重さでも床の接地面積が大きい程負担は小さいです。

補強ですが水槽の置く場所によっても全然変わってきます。
基本的に壁面に置くと思いますが、部屋の真ん中に置くとなると床の強度はかなり下がります。

築10年フローリングなどの条件だけでは補強が必要かどうかは答えにくいですね。木造なのかRC造か等 色々と関係してきます。ただ一般的にはお勧め出来ません。

RC造で直床ならば別ですが、私なら絶対にしません。

設置当初は大丈夫でも1年後などには床が撓んでいる可能性も大いに有ると思います。それらが蓄積されてくれば…

どうにか1階に置く方法を考えます。(床下補強して)

それと床下補強と言うのは基本的に1階の場合です。和室やキッチンの床下収納庫などから床下に容易に入れるから補強が出来る(簡単)ので有って2階となると床下(1階の天井裏)に入る事が難しいです。
どうしても補強するなら水槽の下の部屋の天井をめくって補強しますが、恐らく大掛かりな工事になるかと思います。
1階は床下全てが地面とかなので簡単ですが、2階は1階が部屋なので空洞となります。故 壁から壁へ橋渡し的に補強する事になります。

この手の工事は後からするのは難しいです。家を新築する時が一番理想です。若しくは大改装が必要になります。
予算的にも恐らく30万円は下らないと思いますよ。

建築関係の仕事をしておりますので参考になるかと思います。

水槽の水張り後の重量は体積ですので120x60x60の計算式そのままです。(100%水を張った場合です。最後に1000で割って下さい。)
計 432リットルの水が入ります。水432リットルは単純に432kgとなります。
ただ これは水だけの重さです。これに水槽やポンプに濾過槽(オーバーフロー等なら下段のサンプ)などなどの容量分も足さないといけません。
恐らくNO.1の方が書かれていますが総重量500kg位にはなると思います。

床の強度ですが、高さ(水槽)が高くなればなるほど負担が掛かります。同じ重さでも床...続きを読む

Qプレコとポリプって混泳させても大丈夫?

今水槽にセネガルスがいるんですがお掃除役の熱帯魚をいれたいんですけど、どうしたらいいですか?
相性良くないと聞きましたが、プレコとセネガルスはそんなに相性悪いですか?
初心者なんでよくわかりません良かったら教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ
 私の感想ですが、ポリプは基本的に混泳に向かない魚だと思います。
 ポリプは基本的には丈夫(亜硝酸を除く)なのでストレスを受けていることを見逃しやすくなり、混泳すると単独飼育している時の豊かな表情を見せなくなっていることに気が付かないことが多いです。ほとんどの場合「やられ役」になり、水槽の隅で丸太の様にしていることが多くなります。またプレコもほとんどの場合掃除屋に向きません。もしポリプの本当の姿を楽しみたいのであれば苔はSUPPONNKOさんが取除いてあげてください、食べ残しもなるべくでないようにして、水換えの時掃除してあげてください、その方がずっとポリプも幸せですしUPPONNKOも楽だと思います(理由はのちほど)。それでも「プレコを」というのであれば下記を参考にして下さい。

 まず混泳とは同じ水槽内で2匹以上の魚が満足に寿命をまっとう出来ること、と肝に銘じましょう。つまりたとえ3年間うまくやっていたとしても、たった1回でも、どちらかが致命傷を受けたりストレスで隠れてでてこなくなったりしたら、失敗です。

簡単にプレコの特徴を

(1)夜行性
(2)吸盤状の口で苔(餌)を舐める
(3)表面が棘で覆われている
(4)大型種は肉食性が強い(場合が多い)
(5)生活圏が底(ポリプとかぶります)
(6)水流を好む
他にもありますが今回はこんなもんで。

 ポリプは沼地や淀みを好む魚です、逆にプレコは強い水流を好みます、混泳するとどちらかが環境面で苦い思いをさせられます。

 では相性が悪いといわれる理由を上げます。(以下は必ずそうなると言うわけではありませんが可能性が強いです。)

 (3)の理由からプレコがポリプに飲み込まれると、のどに引っかかり共倒れの可能性が高くなります。従って、ポリプの口に入らないサイズのプレコを選ばなければいけません。
 そのサイズになると苔をそれほど食べない固体も多いです、又夜中ポリプを追いかけ回す様になります。最悪、ボーっとしているところを舐めます(ポリプの形はプレコが舐めやすい)致命傷を与えることは無いと思いますが、相当なストレスですし、ポリプが驚いて飛び出し又は激突死する場合もあります、一般にプレコショックと呼ばれています。
 プレコは大食漢で餌不足なると上記のような行動に出ることが多くなります。食べ残しの掃除もしてくれますが、プレコにも餌が必須で双方に餌が回る様にすると、餌の量は大量になります。そして何より糞です、食した分だけ糞をします。サイズの割りに『水を汚す魚』としても有名です。

プレコを混泳させる場合ですが、トリム系、ロイヤルプレコは避けてください。セルフィンも50cmくらいになりますし結構気が荒いので避けた方が無難でしょう。

こんにちわ
 私の感想ですが、ポリプは基本的に混泳に向かない魚だと思います。
 ポリプは基本的には丈夫(亜硝酸を除く)なのでストレスを受けていることを見逃しやすくなり、混泳すると単独飼育している時の豊かな表情を見せなくなっていることに気が付かないことが多いです。ほとんどの場合「やられ役」になり、水槽の隅で丸太の様にしていることが多くなります。またプレコもほとんどの場合掃除屋に向きません。もしポリプの本当の姿を楽しみたいのであれば苔はSUPPONNKOさんが取除いてあげてください、食...続きを読む

Q60センチ水槽でオスカーは死ぬまで飼育できますか?(1匹)

60センチ水槽でオスカーは死ぬまで飼育できますか?(1匹)

もしできるなら、水槽内、器具について教えてください。

Aベストアンサー

60cm標準(幅60×奥30×36cm)でオスカーを飼育している人は、結構沢山います。
60cm標準水槽でオスカーを一匹だけで飼育した場合、10年以上は生きるので、充分な長期飼育は可能だと思います。

ただ、オスカーが30cm近くに成長すると奥行き30cmの水槽だと、はやり狭いらしく尾ビレにスレや傷が目立つ個体が多いと思います。
オスカーの飼育水槽ならば60cmでも幅と高さが45cmのワイドタイプ(幅60×奥45×45cm)の方が良いと思います。
ワイドタイプならば管理は難しくなりますが、2匹までならば飼育可能だと思います。
60cm水槽ならば、清掃も楽なので、薄く底砂を敷いても良いと思います。
底砂は、水槽底面からの反射が防止でき、魚が落ち着きます。

・水槽:60cmワイドタイプ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/13673.html
・濾過器:エーハイム2217
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/45560.html
または
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/45561.html
・照明:60cm用で好きな物・・・
http://item.rakuten.co.jp/chanet/11974/
または
http://item.rakuten.co.jp/chanet/11975/
それ以外に、毎分3リットルクラスのエアポンプ、チューブ、エアストーン、底砂などの一般的な水槽設備。

60cm標準(幅60×奥30×36cm)でオスカーを飼育している人は、結構沢山います。
60cm標準水槽でオスカーを一匹だけで飼育した場合、10年以上は生きるので、充分な長期飼育は可能だと思います。

ただ、オスカーが30cm近くに成長すると奥行き30cmの水槽だと、はやり狭いらしく尾ビレにスレや傷が目立つ個体が多いと思います。
オスカーの飼育水槽ならば60cmでも幅と高さが45cmのワイドタイプ(幅60×奥45×45cm)の方が良いと思います。
ワイドタイプならば管理は難し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報