高校の正規留学を考えています。

現在中学3年生なので、タイミング的には遅れてしまいましたが一年低くして留学したいと思っています。
金銭的な面で、問題が多々あるのですが、奨学金などの援助はないのでしょうか?

行こうと思っているのは一年未満ですのでずっとではありませんが。
出来れば、ニュージーランドなどにしたいと思っています。

また、現地で働きながらその留学費用を支払うなどはできないでしょうか?

よく知識がないのでわかりません。
他の手段などがあれば是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

高校留学レベルで利用できる奨学金はないのではないかと思いますよ。



ニュージーランドの場合、Year 12,13という高校2年、3年になると、留学生でも、条件付でアルバイトが許可されます。それまでの学年はアルバイトは許可されていませんので、現時点での質問者さんの年齢では無理ですね。

また学生ビザを取得する為、渡航前に学費&ホームステイ費を支払い必要がありますので、この点からも渡航後のアルバイトは非現実的です。

未成年ということもありますので、保護者様に経済的な援助をお願いするか、日本の学校の夏休みを利用した短期留学等へ目標を切り替える必要があるかもしれませんね。

参考URL:http://www.yottecott.co.nz
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニュージーランドへの留学 現地エージェントについて

ニュージーランドへ1ヶ月の短期留学を考えています。そしてその後1ヶ月は国内を旅行し、その後はオーストラリアを1ヶ月旅行するつもりです。

ニュージーランドの語学学校は、オークランド、クライストチャーチではなく、少し知名度の低いネイピアにしたいと思っています。
(他に海のすぐ近くのお勧めのところがあれば教えてください)

短期滞在ですので国内大手エージェントのようなサポートを受けることもないでしょうし、現地の無料エージェントで安く行きたいと思います。
ただ、ネイピアということで扱っているエージェントは少ないようです。3社ほどは見つけたのですが、おすすめのエージェントをご存知でしたら教えてください。
また現地エージェントを比較する上でどういったところが違うのでしょうか?学校の手配無料ということで手続き費用は同じでしょうし、どこにオフィスがあるか。。ということぐらいでしょうか?

また、オーストラリアにも旅行に行くので両国に支店があるエージェントでお勧めがあれば教えてください。

Aベストアンサー

数年前、ニュージーランドへ短期留学を決めた時下記URLの
会社へたどり着きました。
私はクライストチャーチへ留学しましたが、担当の方は
とても親切で丁寧に教えて下さって、希望していた学校の
評判等さまざまな情報を知らせてもらえました。
なんといっても手数料が無料!
留学しようとする私には有難いサービスでした。
ただ、ご希望のネイピア・オーストラリアに支店があるか
どうかわかりませんが、直接問い合わせてみて下さい。
(フリーダイヤルです)
現地で不安な事は一切なく、近くにあった支店には
一度も行った事がなかったです。
友人が利用した、某有名エージェントでは現地でのPC
無料利用(30分)やアフターケア万全!とありましたが高い
手数料を払ったあげく困った時には“少しはガマンも必要”
とケアをしてもらえなかったという友人もいました。
当たり外れはあると思いますが、私はこちらをオススメします。
良い留学生活を送れますように。

参考URL:http://www.nes-ryugaku.com/school/nz/index.html

数年前、ニュージーランドへ短期留学を決めた時下記URLの
会社へたどり着きました。
私はクライストチャーチへ留学しましたが、担当の方は
とても親切で丁寧に教えて下さって、希望していた学校の
評判等さまざまな情報を知らせてもらえました。
なんといっても手数料が無料!
留学しようとする私には有難いサービスでした。
ただ、ご希望のネイピア・オーストラリアに支店があるか
どうかわかりませんが、直接問い合わせてみて下さい。
(フリーダイヤルです)
現地で不安な事は一切なく、近くにあった...続きを読む

Qアメリカの大学院への留学を考えているのですが、現地の大学から奨学金をも

アメリカの大学院への留学を考えているのですが、現地の大学から奨学金をもらうことはできるでしょうか?

日本のいくつかの団体の奨学金を調べてみたのですが、年齢でアウト(現在三十代前半です)でした。
アメリカの大学で留学生向けの奨学金を出しているところはありますか?

Aベストアンサー

州立の大学は、殆どありませんが、私立であれば、奨学金を募集しているところはそれなりにあります。志望する大学のホームページにアクセスして、'financial aid'又は'scholarship'で検索すると関連情報が出てくると思いますよ。

Q高校留学について 私は今中学二年生ですが、高校生になったらニュージーランドに留学したいなと思ってい

高校留学について

私は今中学二年生ですが、高校生になったらニュージーランドに留学したいなと思っています。
そこで留学経験のある方にいくつか質問があります。

1.留学エージェントを使って留学した方が良いですか?それとも使わないで留学した方が良いですか?
また、使った方が良いなら使う事のメリットと、ここの留学エージェントが良い、とかここは辞めておいた方がいい、 という意見をお願いします。
使わない方が良いなら、それはなぜかという意見をお願いします。

2.奨学金などの制度がよくわからないので出来るだけ詳しく説明をお願いしす。 また、どの位留学して、どの位費用がかかったかなどもお聞かせ下さい。

3.留学は、短期(1~3ヶ月)か長期(1年)か卒業(3年)でどれが一番いいですか?
お金はなるべくかけたくないのですが、短期などで行って意味がなかったというのは嫌です。なので長期か卒業で悩んでいます。長期の方がいいのなー?と思っていますが、意見をお願いします。


費用がすごく高いことや、どんなに大変かは知っています。 また、留学したら自分は変われる!とかも思ってません。でも小さい頃から海外にすごく興味があり
、最近はこの事しか考えられないです。

頭は悪い方じゃなくて、お父さんが英語が好きで勉強しているので、色々な本を読んで一生懸命英語を勉強しています。

色々と注文が多くて本当にすいません。 でも、理由が無いと親を説得出来ないのでお願い致します!

高校留学について

私は今中学二年生ですが、高校生になったらニュージーランドに留学したいなと思っています。
そこで留学経験のある方にいくつか質問があります。

1.留学エージェントを使って留学した方が良いですか?それとも使わないで留学した方が良いですか?
また、使った方が良いなら使う事のメリットと、ここの留学エージェントが良い、とかここは辞めておいた方がいい、 という意見をお願いします。
使わない方が良いなら、それはなぜかという意見をお願いします。

2.奨学金などの制度がよくわからな...続きを読む

Aベストアンサー

息子達がアメリカへ留学した時の経験からの私見でしかないですが。。。

1。留学エージェントについて:
エージェントを使わない方が、費用(手数料)も少なくなるし、直接学校側の情報も得られるし、交渉も出来ますから、良いのではないかと思います。
唯、そうするには、親御さん等のサポートをしてくれる人が英語に堪能でないと難しいですね。
それと、あなたの異文化に対する適応力や英語の実力等によっては、現地でサポートを受けられるようなエージェントがあると良いでしょうし、或は、ホームスティ等で、ホストの人達が親切な人だと良いですが。。。

2。留学費用と奨学金:
例えば、オークランドの高校で2016年の主な費用が載っていましたが、主な費用は。。。
授 業 料   : NZ$ 21、500
ホームスティ費用: NZ$ 12、420 (46週分)
諸 費 用   : NZ$  1、710 (旅行医療保険、制服代、設備費等)
各種の試験費用 : NZ$    624
----------------------------------------------------------------------
合   計   : NZ$ 36、254

75円/NZ$で換算すると、1年間の費用は、約270万円で、旅費等も含めると約300万円前後になるのではないでしょうか。

奨学金は、知る限りでは。。。
高校や大学レベルでは、留学生は奨学金の対象にはなっていないのではないでしょうか。
あるとすれば、日本国内で探す事だと思います。

3。留学期間:
「>留学は、短期(1~3ヶ月)か長期(1年)か卒業(3年)でどれが一番いいですか?」の判断は、あなたの留学目的や高校卒業後は如何するのか(大学は、日本か、留学か等)によるのではないでしょうか。

大学も海外留学するのであれば、「>卒業(3年)」が良いのではないかと思いますが、異文化に触れて視野を広げるという意味では、「>短期(1~3ヶ月)」でも良いでしょう。
学費を安くと思えば、日本の高校へ進学後に、交換留学で、「>長期(1年)」でも、良いかも知れません。

唯、「>長期(1年)」で、交換留学等ですと、日本と海外の学期が合っていないので、9月から翌年の6月までになって仕舞うので、日本の大学進学ですと受験勉強に影響があるかも知れません。
日本の高校進学後に、夏休み等に、1~2カ月間の英語学校+ホームスティ等で有れば、受検勉強等にもあまり影響しないのではないかも知れません。

影響があるあるかどうかは、あなたの努力次第では有るでしょうが。。。

以上、参考になれば良いですが。。。
何れにしても、親御さんと良く相談した方が良いですよ。

息子達がアメリカへ留学した時の経験からの私見でしかないですが。。。

1。留学エージェントについて:
エージェントを使わない方が、費用(手数料)も少なくなるし、直接学校側の情報も得られるし、交渉も出来ますから、良いのではないかと思います。
唯、そうするには、親御さん等のサポートをしてくれる人が英語に堪能でないと難しいですね。
それと、あなたの異文化に対する適応力や英語の実力等によっては、現地でサポートを受けられるようなエージェントがあると良いでしょうし、或は、ホームスティ等で、...続きを読む

Q中学2年です!こんにちは! 私は高校留学を考えてますが、金銭的理由などで親に負担がかかるのはとても申

中学2年です!こんにちは!
私は高校留学を考えてますが、金銭的理由などで親に負担がかかるのはとても申し訳ないと思いますが、どうしても英語力向上と精神力向上のためにどうしても
カナダの公立高校で卒業したいです!
自分は野心があるほど良いと思ってます
親にお金ないから、と真剣に受け取ってもらえなそうです。私がどんなに本気か
見せるためにどんな行動をとれば伝わるでしょうか?親に理解してもらうには?
少しでも費用が抑えられる方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

私が中学生の頃は、同じような気持ちだったことをまだ覚えています。

それに、カナダを選ぶというのも悪くはないのは、カナダの町によりますが、かなりの中国人が移住していますね。だから、そこらで紛れ込んでしまうというのもアリかもしれません。オーストラリアではそうは行きません。そう言えば、私の知人の娘さんがカナダに語学留学していました。

留学自体は、語学を学ぶ目的だというよりも、「知らない世界を見てみたい」というような憧れなのかもしれません。昔、吉田松陰が黒船に潜り込んだように、それは今の年齢だけに与えられる意欲を、鎮火させたくありません。

話がちょっと飛躍するけれども、以前のNHK朝の連ドラの『花子とアン』の主人公の村岡花子さんのご実家は、貧乏だったそうですね。それで、父親がまたとても変わったというか、社会運動家で、クリスチャンで、何人かの兄弟姉妹の中で、花子さんだけを特別扱いして、それも、お嬢様学校の英和女学校に入れてしまう、というのは、傍から見たら頭がおかしいとしか思えないのです。

また、この花子さんという人は、子供の頃から、どうやら言葉に対して天才的だったそうです。今、翻訳家の中で彼女は神様レベルにいる人で、すべては彼女を原点してしか語れないような存在です。そんな人が学校に入ったら、もう大変で、その読書量は半端なく、図書館を大きくするしかなかったぐらいだったとも言います。その上、彼女の先生の一人に、万葉集の研究で有名な佐佐木信綱という人がいます。時代がそうしたのか、他にも、その道では偉い人が一杯周りにはいました。

別に、津田塾を作った津田梅子さんみたいに、幼い時にアメリカに渡って語学は抜群でできるようになって帰ってきたものの、仕事もなく自分をサポートしてくれる人もない中で、学校を作ったわけです。

この村岡さんにしても、津田梅子さんにしても、明治や昭和の語学の達人たちは、やはり絶対的な環境に恵まれていたということは言えます。こと語学に関する限りは、私は偉くなった人たちをよく知っていますから、現代に至るまで、語学で大成したような人たちは、概ね、家は裕福かもしれません。

私の恩師は、ドイツとアメリカに留学していますが、30半ばまで親のスネをかじっていたというようなことを言ってました。昭和の語学の達人、関口存男さんは、親は、銅像が作られるぐらいかなり偉い軍人さんで、本人は肩身の狭い思いをしていたそうです。このひとは、本当の天才で、ほぼ自力で語学を2年程度のペースで習得していくのです。そういう家が貧乏なわけがありません。

>金銭的理由などで親に負担がかかるのはとても申し訳ないと思います。
厳しいことを言ってすみませんが、こういう常識人は、そこそこで終わってしまう、というか、私自身がそうだったからです。親の家計もよく知っていたし、それを気にするばかりに、結果としては、常識的になかなか思い切ったことが、まして勉強までもできないものなのです。変に自分が小さくなって、親たちの事情を理解することは、本当は、自分のためにならないのだろうと思うのです。

お金のことは一切考えないで、自分の純な気持ちだけを優先させるべきだと思います。私の知人は、たまたま懇意にしていた先生の紹介で留学試験を受け、国費留学しています。私自身は、その人たち(複数)よりも、実力負けしていたのはすぐに分かりました。

今のご質問者さんの年齢からですと、安易な留学よりも、イマージョン・プログラムをされたらと思うのですが、また、私立で、お金が掛かります。例えば、静岡県の加藤学園などは昔から有名です。しかも、高校を卒業できるか分からないほど勉強がきついのです。目標とする資格はバカロレアという国際的な大学入学資格です。

>やっぱり逃げに見えますよね。。。
私は、そうは思わないです。ご質問者さんは、へんに大人なんですね。私などは、時代背景がかなり違いますが、小学校からずっと、短波放送など聞いていたし、語学には強い興味があって、海外に行き、海外で住むことを夢見ていたわけです。ただ、その後、言い訳かもしれませんが、ずっと病弱だったから、思ったようには行かなかったのです。

こんな時に、身近に本当に信頼できる先生がいるとよいのですが。

TOEFLやIELTS(Academic)は、今から、徐々に分かるようになるようにしたほうが、将来のために役立ちます。TOEICは不要です。TOEICは、日本の大人の社会の価値基準で作られたものだと思います。

私は、独学では学校以上の教育は無理だと思っています。もし、そういうように上を目指すには、ふつうの学校の勉強では追いつかないです。一般的な学校教育の枠組みでは、絶対に英語などは伸びないと思います。良い先生に恵まれること、良い情報源を得られることだと思います。

最後に、思い出した事ですが、
栄陽子留学研究所 http://www.ryugaku.com/ は、主に大学の留学ですが、機会があれば、相談してみるとよいです。ものすごく厳しいことを言う人ですが、留学のための英語の勉強の計画も指導してくれます。

長い文章ですので、読むのにおつかれになったかもしれません。
ガンバッテ!

こんにちは。

私が中学生の頃は、同じような気持ちだったことをまだ覚えています。

それに、カナダを選ぶというのも悪くはないのは、カナダの町によりますが、かなりの中国人が移住していますね。だから、そこらで紛れ込んでしまうというのもアリかもしれません。オーストラリアではそうは行きません。そう言えば、私の知人の娘さんがカナダに語学留学していました。

留学自体は、語学を学ぶ目的だというよりも、「知らない世界を見てみたい」というような憧れなのかもしれません。昔、吉田松陰が黒船に潜り込...続きを読む

Q6ヶ月未満なら現地で学校延長しても大丈夫?

6ヶ月未満の語学留学を考えています。
最初は6月未満の旅行をしようと思っていたのですが、やはり英語の勉強もしたいので、学校に通うことも考え出しました。
イギリス大使館のサイトによると、6ヶ月以上であれば学生ビザを取得してからの渡英が必要ということですが、6ヶ月未満ならば観光ビザで入国しても良いということでしょうか。(もちろん、期間内に必ず帰国します)
ということは、当初たとえば1ヶ月ほど学校に通うのを予定していて、日本にいるときに申し込んで、渡英後その学校でまだ勉強したいと思えば、現地で延長をすることもできるのでしょうか?また、他の学校を見つけた場合、入学許可を持っていなくても、短期留学の場合で学校側に定員の空きがあれば、そっちで勉強することも可能でしょうか?
また、もう一月になるのが、日本にいる時に1ヶ月分の学費を払って入学許可をもらった場合、その入学許可は1ヶ月分となると思うのですが、その後に旅行しようと思っているので、滞在期間を6ヶ月というと、入管で引っかかったりしますか?
いろいろ考えていると、混乱してきてしまい困っています。
どうぞアドバイスをお願いします。

6ヶ月未満の語学留学を考えています。
最初は6月未満の旅行をしようと思っていたのですが、やはり英語の勉強もしたいので、学校に通うことも考え出しました。
イギリス大使館のサイトによると、6ヶ月以上であれば学生ビザを取得してからの渡英が必要ということですが、6ヶ月未満ならば観光ビザで入国しても良いということでしょうか。(もちろん、期間内に必ず帰国します)
ということは、当初たとえば1ヶ月ほど学校に通うのを予定していて、日本にいるときに申し込んで、渡英後その学校でまだ勉強したいと...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、6ヶ月以内の留学の場合、日本で事前に
エントリークリアランス(いわゆる学生ビザ)を
取得する必要はありません。英国大使館のサイトに
記載されている必要書類を用意し、イギリスの空港で
パスポートに滞在許可のスタンプを押してもらい
ます。「旅行者です」と本人が虚偽の申請をしない
限り、短期の学生の場合は必ず、short term student
として扱われます。

また、short term studentの場合は現地で滞在延長を
申請することができます。しかし郵送審査ですと
250ポンド、直接ホームオフィスに出向いての審査
ですと500ポンドかかります(年々値上がりしていって
います)。

学校を替えたいという場合は、希望の学校に空きが
あれば問題はありません。

学費の支払いに関してですが、デポジットのみ払って
いようが、全額支払っていようが、入学許可には特に
そのことについては記載されません。ちなみに学部
留学の場合は現地に行ってから学費や寮費の支払い
ということが多いです。

参考になれば幸いです。

こんにちは。

まず、6ヶ月以内の留学の場合、日本で事前に
エントリークリアランス(いわゆる学生ビザ)を
取得する必要はありません。英国大使館のサイトに
記載されている必要書類を用意し、イギリスの空港で
パスポートに滞在許可のスタンプを押してもらい
ます。「旅行者です」と本人が虚偽の申請をしない
限り、短期の学生の場合は必ず、short term student
として扱われます。

また、short term studentの場合は現地で滞在延長を
申請することができます。しかし郵送審査ですと
250ポンド、直...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報