痔になりやすい生活習慣とは?

現在、スピーカー入出力端子が付いたサブウーファー(サブウーハー?)を探しています。
こんなサブウーファーあるよ~ っていうのがありましたら教えてください。

AVアンプ → サブウーファー → スピーカー(R/L 2ch)の順での接続を考えています。


また、この接続方法とAVアンプのウーファー出力からピンケーブルでの接続とではどちらが音質がいいのでしょうか?


また、サブウーハーのお勧めのメーカーなどもありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして♪



英語の(Woofer)をカタカナで書くので、ウーハ、ウーファ、ウーハー、ウーファーどれでもオッケーですね。

さて、AVサラウンドシステムの場合は、サブウーファーは低域の効果音と言う位置づけで、そもそもの音源、5.1chの0.1chの部分に音が有る時だけ鳴る様にします(AVアンプの設定でいろいろ変えられる場合が有りますけれどね。)

本来のオーディオ用、2chのステレオ用の製品も有り、この場合は本来のメインスピーカーの補助と言う位置づけのため、専用端子の無い機器に接続する様に、通常はご質問者様の求める機能が一般的です。

昔は「サブウーファー」じゃなくて、「スーパーウーファ-」なんて言っていましたけれどねぇ。(本来のメインスピーカーにもウーファーユニットは有るから、さらに超低域専用と言う考え方だったのでしょう。)

AV環境ですと低音感の大小やサイズ等が比較的重要視される場合が多いようですが、純粋に音楽用としては、低音楽器の音程や音色も判るように、少し高価な製品が好まれるようです。
国内ブランドでは、YAMAHAやビクター等の高額製品は評判がかなり良いようですよ。

求めるグレードや部屋の大きさに合うサイズ、なによりご予算等で、バランンスが良い製品を選んでください。

本来は、一定以下の低音は方向感覚が鈍るので、置く場所を選ばないと言いますが、実際には置く位置により聞こえ方が多少違いますので、購入後にジックリと(数ヶ月程度)調整して、好みのサウンドに鳴るようにしましょう。

頑張ってください♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうござます!!

とても分かりやすい説明で助かりました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/09/01 17:09

オーディオ用というサブウーハーならば大体はそうなっているのではないですか。



もともとこれらの製品は普通のステレオシステムの付加としてできたものですから、特別なアンプ等を使うことを考えていません。

従って入力はRCAとスピーカー端子の両方持っていることが多いと思われます。

どちらが音が音がというと、間に余計なものがないRCAの方が有利でしょうが、聞いてわかるかというと疑問です。
SN比(雑音の大きさ)ではアンプのノイズを拾わないRCAの方が良いでしょうが。

例として下記のものをあげます。

ヤマハNS-SW700 BP

http://kakaku.com/item/20448811368/spec/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!

なるほど…
参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/09/01 17:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサブウーファーの接続について教えて下さい。

サブウーファーを購入しようと思ったのですがプリメインアンプにサブウーファー用の端子が無い為、あるメーカーにメールで質問したところ、TAPEのREC OUT端子のRもしくはLのどちらかに接続して下さい、と回答があったのですが、にわかに納得出来なかったので自分なりに考えて再度、質問しました。

疑問に思い、再度質問したのは、
「低音についてはRLともに同じ音がでる、ステレオ感がないからどちらか一方に接続するということでしょうか?」
と言うのに対して回答は「専用の接続端子がない場合の方法について説明しています。確かに、低音に定位がないことが多いですね。」
ということですが、この回答に対してもまだスッキリしないのですが、これ以上の質問はやめておきました。

低音については定位がないことが多いといっても常にそういう訳ではないだろうと思うからです。
例えば、エレキベースでのチョッパー奏法ではRLの両方からでる場合もあれば、どちらか片側から出る場合もある。ドラムの中低音なども同様です。
そうなると、サブウーファーはRLの両方に2台つながなければならないと思うのですが。

回答者はどうしてこのような説明になったのか?

1. そもそも、専用の端子が無いのだから接続には無理があるが、それでも接続したい場合の便宜的にいったのか? プリメインアンプを買い換えろよということか?

2. RLのどちらか一方に接続する以外にも接続方法があるのだけれども、その方法で接続すると
アンプ、もしくはサブウーファーに負担がかかってオススメ出来ないと言うことか?

3. ただ単に説明した人がよく知らなかったのか、他に接続方法があり何ら問題もなくプリメインアンプに接続することができるのか?

これらの疑問があってサブウーファーを購入するのを控えています。
何卒、よろしくお願いします。

サブウーファーを購入しようと思ったのですがプリメインアンプにサブウーファー用の端子が無い為、あるメーカーにメールで質問したところ、TAPEのREC OUT端子のRもしくはLのどちらかに接続して下さい、と回答があったのですが、にわかに納得出来なかったので自分なりに考えて再度、質問しました。

疑問に思い、再度質問したのは、
「低音についてはRLともに同じ音がでる、ステレオ感がないからどちらか一方に接続するということでしょうか?」
と言うのに対して回答は「専用の接続端子がない場合の方法につい...続きを読む

Aベストアンサー

サブウーハーはホームシアター向けに作られた製品が大半を占めます。
これらはAVアンプに装備されている「サブウーハー用RCA出力端子」に繋ぐことが前提となっています。
そもそもがピュアオーディオ用プリメインアンプに繋ぐ前提ではありません。
ピュアオーディオ用サブウーハーもあるにはありますが機種が限られ高価格になります。

低音の左右差についてはご存知のようなので詳細は省きます。
ただしそこまで厳密に右と左で音の差が云々と御託を並べる「音楽ファン」は居ないのです。
左右で違うだろ!と重箱の隅を突っつきたいのはオーディオマニアです。
気になるマニアの中にはサブウーハーを左右一台づつ設置して対応している人もいます。

それらを踏まえて解答します。

1.便宜上の接続方法です。
  前述のごとくプリメインアンプにはサブウーハー用出力は装備されていないからです。
  アンプの買い替えを推奨するものとは違います。

2.L/RステレオRCA→モノラルRCA変換コードを使えば可能です。(左右MIX)
  ただし以下の不安要素を排除しきれないので安易に推奨できない面があります。
  プリメインアンプの中にはREC OUT出力にバッファアンプを搭載しているものが     あります。
  このような回路で左右MIXしてはバファアンプの負担となり故障の原因となります。    古い機種も多いことからすべてメーカーのすべてのアンプの回路構成を検証する能力が   「お客様相談窓口」にはありません。
  他社製品となると尚更チンプンカンプンです。
  万が一のトラブルを回避する意図もあって無難な方法を推奨されただけでしょう。
  冒険を侵す方法はメーカーとして提案も推奨もできないのです。

3.(1)、(2)の回答と重複するので端折ります。


ところで購入するサブウーハーは一台のみですか?
左右差が気になるなら二台購入するはずでメーカーへの問い合わせも必要もなかったのでは?

~サブウーファーはRLの両方に2台つながなければならない~
これがすべてであり正しい見解と思います。
ぜひ二台購入してください。

サブウーハーはホームシアター向けに作られた製品が大半を占めます。
これらはAVアンプに装備されている「サブウーハー用RCA出力端子」に繋ぐことが前提となっています。
そもそもがピュアオーディオ用プリメインアンプに繋ぐ前提ではありません。
ピュアオーディオ用サブウーハーもあるにはありますが機種が限られ高価格になります。

低音の左右差についてはご存知のようなので詳細は省きます。
ただしそこまで厳密に右と左で音の差が云々と御託を並べる「音楽ファン」は居ないのです。
左右で違うだろ!と重箱...続きを読む

Qサブウーファーの入力端子について

この種のジャンルは全くの素人ですので、
ちょっと幼稚な質問になってしまいますが
何とぞ宜しくお願い致します。

まずあるオークションの写真の2枚目を御覧にな
ってください。その中の「サブウファー出力」
という黄色の文字がございます。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m23338071

このウーファー出力端子はRCAピン型1本のみ
なのですが、
比較的古いウーファーの入力端子は
RCAピン型2本つけるような形態になっており
どのような接続方法をとればよいか分かりません。
これは接続不可能っていう意味でしょうか?
それとも、RCAピン型1本⇔RCAピン型2本に
変換するようなものが存在するのでしょうか?
教えてください。

ただ、最近のウーファーの中には
http://www2.onkyo.com/jp/product/products.nsf/view/FE6ADAEACE00C27F492569A6003E450A

のように「2系統入力装備」のあるウーファー
もあるので、こちらの場合は
RCAピン型1本⇔RCAピン型1本
でつながるので、分かりやすいのですが。

素人なので、質問表現方法も幼稚なものに
なりましたが、御回答おまちしております。
宜しくお願い致します。

この種のジャンルは全くの素人ですので、
ちょっと幼稚な質問になってしまいますが
何とぞ宜しくお願い致します。

まずあるオークションの写真の2枚目を御覧にな
ってください。その中の「サブウファー出力」
という黄色の文字がございます。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m23338071

このウーファー出力端子はRCAピン型1本のみ
なのですが、
比較的古いウーファーの入力端子は
RCAピン型2本つけるような形態になっており
どのような接続方法をとればよいか分かりません。
こ...続きを読む

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

あまり深く考える必要はありません。

百万円の高級機からウン千円の機種まで入力端子が1つ(センター)と2つ(R L)の物があります。

5.1ch回路を持たないアンプで安易に5.1chを味わいたい時、サブウーファーに内蔵されているアンプを利用して、サラウンドスピーカーを鳴らすための出力端子が備わっているパワー内蔵のサブウーファーがあるからです。
その手のサブウーファーは電源とR Lの入出力端子がありますので、それで解ります。

その際のサブウーファーの入力端子はアンプのTapeのRec Out端子から引きます。

一部の高級機種には出力端子が付いていないにもかかわらず、RとLの入力端子が備わっている物がありますが、殆どの場合2つのスピーカーが内蔵されています。
RとLをミックスして1つのセンターウーファーとして鳴らすよりも2つの左右のスーパーウーファーからの音は断然違いますが、何しろ大きい箱になるので・・・。

入力端子が1つしかないサブウーファーで5.1ch機能のないアンプに接続する時は、あまり深く考えずにRかLのどちらかのRecOut端子に接続して下さい。
それは、重低音は左右どちらからもほぼ同じ出力で録音されているからです。

※ステレオをモノラルに変換するケーブルでつないだ場合、アンプ内部でL R分離に影響が出る事もありますので、要注意です。

最近のDVD AudioやSACDの一部には左右別々の重低音が録音されているメディアもあります。
センターウーファーと聴き比べると低音の広がりが全く違ってきますよ!

自称オーディオマニアです。

あまり深く考える必要はありません。

百万円の高級機からウン千円の機種まで入力端子が1つ(センター)と2つ(R L)の物があります。

5.1ch回路を持たないアンプで安易に5.1chを味わいたい時、サブウーファーに内蔵されているアンプを利用して、サラウンドスピーカーを鳴らすための出力端子が備わっているパワー内蔵のサブウーファーがあるからです。
その手のサブウーファーは電源とR Lの入出力端子がありますので、それで解ります。

その際のサブウーファーの...続きを読む

Qプリメインアンプのサブウーファーの接続

自分は今パソコンからアンプを通して、音楽を聴いています。

パソコン(200PCI-LTD)

プリメインアンプ(PMA1500-SE)

スピーカー(ZENSOR 1)

のような感じです。

しかし、もっと低音がほしいのでこれにサブウーファーを買って取り付けたいのですが、
無知なもので、接続方法がよくわかりません。

いろいろ調べましたが、アンプのPINコードから出力して繋げればいいと書いてありましたが、
自分の使ってるDENONのPMA1500-SEには出力するところが、スピーカーケーブルしかありません。

http://www.denon.jp/jp/Product/Pages/Product-Detail.aspx?CatId=382c2279-a153-4d3c-b8fa-81b930454f67&SubId=af1fd175-db30-4e92-8d89-aab4db1ab958&ProductId=47c3a11c-3c87-41cb-8905-79e93fdb5323

スピーカーからウーファーにつなげる方法もあると聞きましたが
ZENSOR 1にはPINコードなんてありません。。。


こんな自分がウーファーを楽しむ方法を教えてください。

後、自分の環境でウーファーが使えるならお勧めのウーファーを教えていただけたらうれしいです。
予算は数万円程度で・・・

自分は今パソコンからアンプを通して、音楽を聴いています。

パソコン(200PCI-LTD)

プリメインアンプ(PMA1500-SE)

スピーカー(ZENSOR 1)

のような感じです。

しかし、もっと低音がほしいのでこれにサブウーファーを買って取り付けたいのですが、
無知なもので、接続方法がよくわかりません。

いろいろ調べましたが、アンプのPINコードから出力して繋げればいいと書いてありましたが、
自分の使ってるDENONのPMA1500-SEには出力するところが、スピーカーケーブルしかありません。

http://www.denon.jp/j...続きを読む

Aベストアンサー

YAMAHAのサブウーハー
NS-SW310とかNS-SW500あたりでしょうかね。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/speaker-systems/subwoofers/

PMA1500-SEにはPRE OUTがありますが、これはPOWER AMPのスピーカー出力を抵抗器で減圧分配したものです。
従ってPRE OUTなのにPMA1500-SE自身のPOWER AMP DIRECTに繋ぐ事はできません。
予断ですが、DENONのこの仕様には以前別回答で引っかかってしまいました。

PRE OUTからPINコードでサブウーハーに接続すれば良いのですが、PRE OUTは左右別れていますのでサブウーハーもそれぞれに付けるか、上記YAMAHAサブウーハーの入力2端子のようステレオ入力を接続できる製品を使うことができます。
PMA1500-SEの場合はPRE OUTと言ってもスピーカー出力を加工したものなので、
YAMAHAの入力1端子(スピーカー接続)を使って、スピーカー出力をPMA1500-SE→NS-SW310→ZENSOR 1とサブウーハーを中継して接続したほうが配線も楽だし結果も良いと思います。

YAMAHAのサブウーハー
NS-SW310とかNS-SW500あたりでしょうかね。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/speaker-systems/subwoofers/

PMA1500-SEにはPRE OUTがありますが、これはPOWER AMPのスピーカー出力を抵抗器で減圧分配したものです。
従ってPRE OUTなのにPMA1500-SE自身のPOWER AMP DIRECTに繋ぐ事はできません。
予断ですが、DENONのこの仕様には以前別回答で引っかかってしまいました。

PRE OUTからPINコードでサブウーハーに接続すれば良いのですが、PRE OUTは左右別れていますのでサブウーハ...続きを読む

Qサブウーファの接続(SWプリアウトのないアンプで)

デノンのサブウーファ(DSW-7L-S)の購入を計画しています。2.1CH構成をめざしています。ただ現在使用中のアンプ(パイオニアA-A9)にはSWプリアウト端子もモノプリアウトもありません。プリアウト端子はあります(モノではなくステレオです)。このステレオのプリアウト端子をつかってDSW-7L-Sへ接続するうまい方法はないでしょうか?ステレオからモノにするようなケーブルみたいのがあると良いとおもうのですが。どなたがご教示をお願いします。
現在の構成(AMP:パイオニアA-A9、CD:パイオニアPD-D6、スピーカ:デノンSC-T7L-S)です。
デノンのSC-T7L-S、DSW-7L-S 発売からずいぶんたちますが、すばらしいデザインだと思います。SC-T7L-S、DSW-7L-Sをつかって良いリスニング環境を完成させたく、誰か助けてください。

Aベストアンサー

↓こういう接続をしても、全く問題ありません。

アンプのSP端子 ----- メインスピーカー
|
+----------------- サブウーファー

サブウーファーのスピーカー端子をわざわざ経由してメインスピーカーへ接続する必要は全くないです。サブウーファーの端子は接続の便をはかるために付いているだけであって、サブウーファーの中では端子間がケーブルで直に接続してあるだけです。
スピーカー端子がA, Bの2系統あれば、それがそのまま使えますが、A9は一系統だけでしたっけ?

上図のようなアンプダイレクト接続の方が接点が少なくなり、”メインスピーカーの音質”にとっては有利になります。言ってみれば、上図はバイワイヤ接続をしたようなもんです。

サブウーファーへの結線に、ラインレベルを使うか、それともスピーカー出力を使うか。…これについては皆さんが書かれている通り、ラインレベルの方が音質は上ではあります。しかし、そう気に病むほどの音質劣化ではありません。
どうしてもラインレベルでと言われるのであれば、下図をお試しください。

PRE OUT R ----- 33kohm ---+
PRE OUT L ----- 33kohm ---+----- SUB WOOFER

少し高めの抵抗を介してLとRのプリアウトをミックスするんです。半田付けなど、ケーブルにちょいと加工が必要なので、慣れない人にはハードルが高いですね。

サブウーファーの音量はかなり下がってしまうので、サブウーファーの音量設定はMAXに近くなるかも知れませんが一応実用になります。
L, Rのクロストークはほぼ無視できます。アンプが故障することもありません。あまりにも音量が不足するようでしたら、やはりスピーカー端子へ接続するしかありません。

正しくは抵抗ではなく、OPアンプを用いた能動回路でミキシングすべきですが、よほどサブウーファーの能率やパワーが低くない限り上図でも実用になると思われます。

↓こういう接続をしても、全く問題ありません。

アンプのSP端子 ----- メインスピーカー
|
+----------------- サブウーファー

サブウーファーのスピーカー端子をわざわざ経由してメインスピーカーへ接続する必要は全くないです。サブウーファーの端子は接続の便をはかるために付いているだけであって、サブウーファーの中では端子間がケーブルで直に接続してあるだけです。
スピーカー端子がA, Bの2系統あれば、それがそのまま使えますが、A9は一系統だけでしたっけ?

上図のようなアンプダイレ...続きを読む

Q1系統のスピーカー端子に複数スピーカーの接続

お世話になります。

現在、1系統のスピーカー端子を持つアンプに、複数スピーカーの接続を検討しています。
具体的には、通常のスピーカー(SP)+アクティブサブウーファー(SW)の構成です。
アンプにはプリアウトがないためSWはスピーカーケーブルで繋ぐしかなく、この構成となります。
アンプ→SW→SP、とSWを挟んで直列にも繋げられるのですが、SP音質が劣化しそうで避けたいと考えています。

SP、SWそれぞれのスピーカーケーブルをバラ線のままねじって1本にして端子に接続予定です。
電気回路的には問題無いと認識しているのですが、まずこの接続方法は問題ないでしょうか。
また、SWはLR両方ではなくどちらか片方接続の方が良い、とも聞きますので、片方だけ(例えばLのみ)上記の接続にしようと思います。
その場合、左右のSPの音質にはやはり影響が出てしまうものなのでしょうか。

音質に関しては主観的な要素が大きくご回答いただくことが難しいかと存じます。
そこで、接続方法(やその理解)に問題がないか、音質に影響が大きく出てしまうのか、という点についてご教示いただけますと幸いです。

宜しくお願い致します。

お世話になります。

現在、1系統のスピーカー端子を持つアンプに、複数スピーカーの接続を検討しています。
具体的には、通常のスピーカー(SP)+アクティブサブウーファー(SW)の構成です。
アンプにはプリアウトがないためSWはスピーカーケーブルで繋ぐしかなく、この構成となります。
アンプ→SW→SP、とSWを挟んで直列にも繋げられるのですが、SP音質が劣化しそうで避けたいと考えています。

SP、SWそれぞれのスピーカーケーブルをバラ線のままねじって1本にして端子に接続予定です。
電気回路的には問題無...続きを読む

Aベストアンサー

お使いのサブウーハーがSA-W3000とのことですね。

~SP、SWそれぞれのスピーカーケーブルをバラ線のままねじって1本にして端子に接続~

この接続方法で問題ありません。

~SWはLR両方ではなくどちらか片方接続の方が良い、~

片方接続が音質面で良いとする根拠が私には分かりかねます。
ネタ元が明らかでないので断定できないのですが
何らかの前提条件がそこにありその前提条件を勘案しない元情報である可能性があります。
メーカー取り説には左右接続が推奨されていますので両チャンネル接続で問題無いはずです。
接続を外すのはいつでもできるので試して良いと思えたほうを採用してはどうでしょう。

~片方だけ(例えばLのみ)上記の接続にしようと思います。
その場合、左右のSPの音質にはやはり影響が出てしまうものなのでしょうか。~

サブウーハーはアンプ動作およびメインSPに対しての影響は極めて小さいです。
左右で音質に影響が出たとしても普通の音楽ファン、映画ファンには判別不可能です。

Qサブウーファーの置く位置

初歩的な質問で申し訳無いんですがサブウーファーというものを初めて使います。

環境的に、今はプリメインアンプに左右のスピーカー、という状態ですが、
そこにサブウーファーを追加しようとしているんですが、
サブウーファーは(左右スピーカーに対して)どういう位置に置いたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計されており、壁際に寄せると音波の放射状態などが変わってしまって、音質に影響するからです(もともと壁際に寄せて使うことを前提としているサブウーファーについては、もちろん、この限りではありません。なお、ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいますが、壁際に寄せることが常にベストであるとはいえません)。

また、サブウーファーの場合、壁との角度はほとんど関係ありません。なぜなら、低音は指向性(直進性)が弱いという特徴があるので、そもそも「角度」に意味がないからです。単純にいえば、高音は懐中電灯の光、低音は裸電球の光と思えば良く、サブウーファーの角度に意味がないのは、裸電球をどの角度から見ても意味がないのと同じです。

なお、上で「ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいる」と書きましたが、実際にはこれがいちばん重要です。専門的には「定在波」というものがあって、壁との距離の調整は、これを上手くコントロールするものだからです。

したがって、結論的には、

(1) 左右のスピーカーの間に置くのがベストだが、壁(や家具。以下同じ)に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(2) 間に置けない場合は、左右いずれかのスピーカーのすぐ外側がベストだが、壁に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(3) 壁との距離は、実際に音を聞きながら良い位置を探す。基本的に、壁際や、特に部屋のコーナーは良くないことが多い(多いだけで、絶対にダメという訳ではない)。

(4) サブウーファーの角度は、あまり関係がない(もっとも、角度を変えるとユニットやポートの位置が変わるので、場所を動かしたのと同じく壁との距離が変わる、という意味では関係する)。

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計さ...続きを読む

Qサブウーファーの接続の仕方は?

サブウーファーの接続の仕方が今ひとつわかりません。

(1)スピーカーコードで、アンプ----サブウーファー----スピーカーというつなぎ方
(2)アンプ-----サブウーファーをピンコードでつなぐ。

のどちらかでしょうか?
それとも(1)(2)両方でもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。

AVアンプなら話が早いです。
SONY STR-V626のサブウーファー出力から、ピンコードでONKYO SKW-305のライン入力に接続するだけです。
この時、アンプ側でフロントスピーカとサブウーファーのクロスオーバー周波数を決めるので、SKW-305側の可変クロスオーバー周波数は、200Hzに設定して下さい。
DVDプレーヤーDV-310とアンプは、光デジタルケーブルで接続し、DV-310のデジタル音声出力は、ビットストリームに設定して下さい。

Qサブウーファーへの接続は?

今日サブウーファーを買ってきました。さあ、これでやっと5.1CHが完成するぞ!と思っていざ、接続しようとしたところ、アンプの出力(LFE信号の端子)がRCAピンひとつで右も左もないのに、スピーカー側はLINE INにLRの2箇所つっこむようになっているのです。これはどうしたもんでしょうか?AVアンプ、スピーカー双方の取り説を読んでも書いてありません。ちなみに、AVアンプはヤマハのAX1300、スピーカーはARの25Aです。
どちらか一つに繋げたら支障ありますか。それともアダプターを使って分岐する必要がありますか。ご教授願います。

Aベストアンサー

既に回答されているように片方だけの接続でOKです、
主にサブウーファーで再生される低域(100Hz以下など)は指向性がホトンド無い為L-Rの区別はありませんから(位相差で指向性が出る事もありますが)、
サブウーファーの再生ボリュームをメインの再生音とあわせればOK。

QスピーカーケーブルをRCAピンプラグへ変換できますか?

オーディオスピーカーに接続されているプラスとマイナスの銅線をピンプラグに変換したいのですが可能でしょうか?
またピンプラグは中心がプラスで外側がマイナスでよろしいのでしょうか?
実は車にウーファーを取り付けるにあたり、間にアンプを通して接続したいのですが車両側のラインはプラスとマイナスのライン、一方アンプのINPUTはピンプラグ形状なので困っております。
半田や圧着工具はそろっております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#3です。

#4の回答で重要な点を補足して頂きましたので、それを反映して回答します。

> (1)純正ウーファーに接続していたSPケーブルの「+」もしくは「-」どちらか片方の信号線をアンプの入力端子(ピンジャック)に差し込む。

-の出力は(稀に)単なるアースの場合もあるので、+の出力を接続して下さい。

出力に直流電圧が加算されている可能性があるので、「SPの+出力~アンプの入力」間にコンデンサを入れて、直流をカットして下さい。
容量は0.1~1μF(マイクロファラッド)程度、耐圧は25V以上(大抵は100V以上あります)の「無極性」のコンデンサ(フィルムコンの類)であれば何でも大丈夫です。

> (2)ピンジャックに差さなかったSPケーブルは絶縁しておく

OKです。

> (3)アンプからの出力ケーブルをウーファーに接続する。

OKです。

> ウーファーへは「+」「-」のSPケーブルが2組入っているのでそれぞれをアンプの「R」「L」に入力したらどうなるでしょうか?

正常に動作すると思います。

ただ、アンプは増設せずにウーファーを直接繋ぐだけでも、ちゃんと音が出そうですが?

#3です。

#4の回答で重要な点を補足して頂きましたので、それを反映して回答します。

> (1)純正ウーファーに接続していたSPケーブルの「+」もしくは「-」どちらか片方の信号線をアンプの入力端子(ピンジャック)に差し込む。

-の出力は(稀に)単なるアースの場合もあるので、+の出力を接続して下さい。

出力に直流電圧が加算されている可能性があるので、「SPの+出力~アンプの入力」間にコンデンサを入れて、直流をカットして下さい。
容量は0.1~1μF(マイクロファラッド)程度、耐圧は25V...続きを読む

Qスピーカーケーブルの太さ

スピーカーケーブルというのは結構色々あるようで、太さも結構色々あるようですね。

例えば BELDN だと
8471 16AWG(1.31sq)
8474 14AWG(2.069sq)
8477 12AWG(3.29sq)
は基本的に太さが異なるだけで後は同じようですが・・・

正直な話、ケーブルの太さというのはどういった基準で選定すればいいんでしょうか?

太ければそれだけ抵抗が増えそうな気もしますが、その分電流が多く流れそうですし・・・・

太くなることによるメリットデメリットを教えてくれませんか?

特にデメリットがなければ一番太いものを購入しようかと思っています。

Aベストアンサー

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケーブルが良い音がすると考えるのは大きな間違え。
表皮効果が音声帯域の中で発現しますから、低音域と高音域とのバランスを上手く設計しないと崩れて、どちらかの帯域強調型となりやすい。

細いケーブルの欠点;
導体抵抗が大きくなるのでダンピングファクターが小さくなる。
ケーブル長が短い場合には問題がなく、太いケーブルより良い音が得られる可能性大。

参考URL:http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケー...続きを読む


人気Q&Aランキング