プロが教えるわが家の防犯対策術!

大学卒業後、イギリスへ留学したいと考えています。すでに、日本で大学学部を卒業してからまた、大学学部へ進学するというのは現実的に考えてどうでしょうか。
現在大学4年生、国際関係学部に在籍しています。

これまで、現在の自分の状況を考慮して、イギリスの大学院へ進学することを考えてきたのですが、British council発行の「英国留学ガイドブック」などを手がかりにイギリス留学について考えていた時、自分は独自の研究を行う大学院は不向きなのではないかと考えるようになりました。

イギリスの大学院の修士課程は、講義主体の修士号(Taught Master’s)と研究修士号(Research Master’s)の2種類があるようで、前者は講義、セミナーを受講しレポートや試験などで規定のモジュール(単位)を取得し、最終的には独自の研究の下1,5000ワード以上の学位論文を提出するもの、後者は決められた授業はなく、研究を専門に行うコースのようです。

私はもともと、イギリスに大変興味を持っていたため、イギリスを研究対象として、学部では日本について学び、自分が選んだ地域について学び、そして将来は世界に発信していくような職業に繋がる分野領域を学びたいと考えていました。
そのため、自分の国、地域と異なる国や地域の文化を学び、お互いに理解しあう方法を模索する、といった学びがしたかったのですが、私が進学した大学学部では異文化を学ぶ事が出来るという謳い文句とは裏腹に、文化を扱う科目が極端に少なく(もはや科目に「異文化~」と名前がついていても内容はいわゆる社会学や平和学、講義ではなく留学生とのただの交流的な中身の無い講義が多かったです。)、それらを履修することでなんとか要卒単位は満たせるものの本当に名前のみであったため大変落胆し、学びたい事を満足に学べないまま4年間を過ごしました。
最近耳にするようになった分野の名前としていうならば、おそらく「国際文化学」等々のものが該当するでしょうか

上記の思いから、卒業後は、(来年3月には大学学部卒業し学士を取得するという現実からも)イギリスの大学院へ進学することを考えてきたのですが、ここにきて独自の研究を行う事が出来るほど研究したい対象が本当にはっきりと明確に定まってないまま、いくらイギリスの大学院には講義主体の修士コースがあるとはいえ、イギリスの大学院へ進学するのはどうかという思いがどんどん強くなってきました。イギリス留学は本当に長年の目標だったので中途半端な渡英はしたくないとの思いも強いからだと思います。

以前も大変親切な方からアドバイスを頂いたのですが、私の興味、関心は「国際文化」、正確には「英国文化」です。あくまでも英国で英国の文化を学びたいという思いを軸に、メディア、流行、芸術、ファッション、言語、社会、価値観、考え方、歴史、宗教、時事問題などなどを文化的な側面からテーマを絞り、深く学びたいと考えています。

これらのことから、私の場合イギリスの大学院ではなく大学学部へ進学した方が良いのではないかと思うようになりました。すでに、日本で大学学部を卒業してからまた、大学学部へ進学するというのは現実的に考えてどうでしょうか。

もし、イギリスの大学学部へ進学し場合、年齢はすでに27,28くらいで卒業ということになると思います。最終的には日本に帰国する事を考えていますが、卒業時期にはすでに日本での「新卒」という年齢ではなくなってしまうことやイギリスで就労するという夢もこれまで抱いてきたので卒業後はイギリスで文化的なことに少しでも関わる事ができる仕事になんとか就きたいと考えています。

イギリスの大学、大学院への留学経験をお持ちの方、またはこういったことにお詳しい方、是非アドバイスをお願いします。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

回答がないようなので。

。。

「日本の大学学部を卒業して、イギリスの大学院へ進学したい。
しかし、学部でのテーマが絞り切れなかったので専門性に問題があると感じている。
従って、イギリスの大学院へ進学すためには、イギリスで学部からやり直した方が良いと思う。
でも、そうすると年数が掛かるので、将来の就職が心配である。」
と言う学生がいるけれど、如何だろうと、偶々チャンスがあったので、イギリスの大学で先生している人に聞いてみました。

1.異分野から進学してくる学生は、Taught Master Courseを取るのが良いのではないだろうか!?
論文(エッセイ)審査の時、Reaserch Masterの場合は、学内審査だけでなく、外部の審査を受けなければならないが、Taught Masterの場合は、論文の比重が軽くて、外部審査がない分、楽ではないかと思うので。

2.ただ、日本からの留学生の場合、英語が堪能でないと異分野(学部での専門分野が明確でない場合も含めて)からの進学だと相当苦労するのではないだろうか!?

3.でも、学部からやり直すかと言う事では、もうひとつ選択肢がある。
Post Graduate Diploma/Certificateと言う1年間のコースがあり、異分野から来る人が、日本で言うと学部の4年生で受ける科目を勉強してから、Master Courseへ進学する人が受けているコースもある。

4.就職については、イギリスも厳しい状況なので、先の事は何とも言えない。

等と言う趣旨の事を言っていましたよ。

また、イギリスは、アメリカ等と違って、修士学位(M.A.やMPhil)の呼称や学部・大学院のルールが、その大学や学部によって、違う事があるので、希望する大学院の専攻学部を良く調べた方が良いのではないか!?とも言っていましたよ。

専門分野が違うので、一般的な話で、参考になるかどうか分かりませんが。。。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスの大学に本入学する方法

自分の中でも漠然としていて「甘い」と言われるかもしれませんが、海外(イギリス)の大学に留学、というより入学したいと思っています。(ひょっとして同じ意味でしょうか?)

インターネットでいろんなキーワードで検索してみても、中々糸口すら見えて来ないのですが、どんな些細なことでも良いので道筋などのアドバイス頂けないでしょうか?
(ここに電話をして、願書をもらって、試験はこんな感じで・・といったような感じで)
よろしくお願いします


ここから理由などについて書こうと思います(必ずしも読んで頂かなくても良いような内容です)
基本的な英語能力については、日本の高校などにおいてずば抜けたものは持っていません
海外に行ったこともなく英会話の自身も特別なく、進みたいのも社会科系です

肝心の理由については短絡的か分かりませんが、オックスフォード大学へ留学?した方の本を見て何か感動するものがあったからです
加えて日本の大学が何か浮わついていて、あまり勉強に集中出来なそうな雰囲気やイメージがあるというか・・・ちなみに日本の大学だと早稲田や筑波大学辺りを目指そうと思っていました

これから英語を始めとした洋書での勉強を始めて、どんどん英語の本も読みこんでいこうと思っています
仮にこの意思が完全に無謀な事ということで諦めることになっても、これからの普通の受験勉強とは違うもので英語などの力が余計に付くという事で良いかなと、ちょっと楽観的にも見ています
でも2~3年の浪人も覚悟です、なんでもオックスフォードに入学するネイティブの方も2~3年社会人としてやってから入る方も少なくないとかで・・もちろん自分の経緯とは全く違ってますけどね

助言の方、よろしくお願いします

自分の中でも漠然としていて「甘い」と言われるかもしれませんが、海外(イギリス)の大学に留学、というより入学したいと思っています。(ひょっとして同じ意味でしょうか?)

インターネットでいろんなキーワードで検索してみても、中々糸口すら見えて来ないのですが、どんな些細なことでも良いので道筋などのアドバイス頂けないでしょうか?
(ここに電話をして、願書をもらって、試験はこんな感じで・・といったような感じで)
よろしくお願いします


ここから理由などについて書こうと思います(必...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

高校からイギリスに行き、そのまま大学に入学した者です。
かなり前の経験なのでお役にたてるかわかりませんが、ご参考までに・・・

私の場合、高校2年生の途中で日本の高校からイギリスの6th Formに入りました。
当時、大学入学のためには6th Formで2年間学んだ上に試験を受ける「GCE A-level」
が3科目以上必要でした。私はその前段階の「GCSE(通常16歳で受ける試験)」も
並行して取得しなくてはならなかったため、A-level4科目、GCSE5科目を無理矢理
2年間で取得することになり、かなり厳しかったです。ただ、そのような「荒行」が
できたのも、私の学校が私立校で、多くても1クラスの生徒数は10名ほど、マンツー
マンでの授業も多かった、という恵まれた環境だったからなのかもしれません。

当時は、UCASという大学入試センターのような機関に願書を出せば、希望した各大学に
情報が振り分けられるというシステムで、日本のように大学ごとに願書を提出する必要は
ありませんでした。その後、各大学から「A-levelでBを3科目取れば入学可能」といった
ような条件が出され、もし試験でそれ以上の成績が取れれば合格、という流れです。

なお、オックスフォード大とケンブリッジ大(いわゆるOxbridge)は、少々特殊な
選考をしていました。通常の選考方法とは別に、大学独自の入学選考試験で入学する
ことも可能だったと記憶しています。また、両校は複数のカレッジの集合体なので、
各カレッジに申込みする形で、通常の選考でも積極的に面接を行っていました。
オックスフォードに関して言うと、書類選考で通った入学希望者はカレッジから面接に
招かれ、2泊ほど食事付きでカレッジの寮に滞在できるというなかなかの待遇でしたよ!

他の回答者の方からはイギリスの大学に対して厳しいご意見があるようですね(^_^;)
あえて私の経験の中での良い点をあげると、講義が学生と教える側が議論する形式のものが
多かったので、とてもためになったということでしょうか。単純に知識を得るというよりも、
ものの考え方や議論の仕方などを学べたような気がします。良い悪いは別として、それまで
受けてきた日本式の授業とは全く違ったので貴重な体験でした。なお、留学に向けて準備を
されるようでしたら、英文エッセーを書ける技術は身につけておいたほうがよいかと
思います。日本のような一問一答形式の試験ではないので。

他の方が指摘されたように、イギリスやイギリスの大学にもマイナス面は多く存在すると
思います。文化や考え方の違いもありますし、実際多くの留学生が途中帰国するのを見て
きました。イメージだけではなく下調べを十分にした上で判断をされたほうがよいと思います。
でも、留学は単に学問的な知識を得る以上に多くの経験ができますので、そういった摩擦も
貴重な人生経験になるのかもしれません。他の人に合わなかったものでも、halemethさん
には適していることもあるでしょうし、日本や他の国の大学に行って満足できないという
可能性だってあります。

長々と失礼しました。
いろいろ大変かとは思いますが、頑張って下さい!

こんにちは。

高校からイギリスに行き、そのまま大学に入学した者です。
かなり前の経験なのでお役にたてるかわかりませんが、ご参考までに・・・

私の場合、高校2年生の途中で日本の高校からイギリスの6th Formに入りました。
当時、大学入学のためには6th Formで2年間学んだ上に試験を受ける「GCE A-level」
が3科目以上必要でした。私はその前段階の「GCSE(通常16歳で受ける試験)」も
並行して取得しなくてはならなかったため、A-level4科目、GCSE5科目を無理矢理
2年間で取得することになり、...続きを読む

Q大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

私は色々事情があって実質一浪で日本の大学に進学する予定の者です。
子供のころからイギリスかアメリカの大学で勉強するという
憧れがあります。
大学留学するといっても、実現できるのはきっと4年くらい先のことなのですが。
ちなみに、海外留学経験はまだありませんが、
海外旅行経験ならあります。

両親に高校卒業後に留学したいと相談したところ、話し合いの末、
日本の大学を卒業してからならOKだと言っていただけました。

大学に進学したら、
編入の際に認められやすい科目を出来るだけ選択してみる予定です。
また、英語力の面でもTOEFLで良いスコアが取れるように頑張りたいです。
更に、課外活動の面でも充実できたら良いなと思います。

ただ、今から少し考えることがあります。
?日本の大学で学位を取得後に、
再び、海外の大学で学位を取り直すことは就職において
悪い影響を及ぼすのでしょうか?

?私は現在19歳ですが、
順調に卒業できても、日本の大学卒業時で23歳、
更に海外の大学卒業時は25~26歳くらいです。
就職をする際に年齢はかなり重要視されるのでしょうか?

?大学卒業後に社会経験を積んでから留学するのと
社会経験なしに留学するのでしたら、一般的に、
どちらが良いのでしょうか?

補足。
留学するのに必要な学校の成績やTOEFLの成績、推薦書などの
知識はあります。
出来れば、留学準備・出願などは自分自身でやってみたいと思ってます。

大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

私は色々事情があって実質一浪で日本の大学に進学する予定の者です。
子供のころからイギリスかアメリカの大学で勉強するという
憧れがあります。
大学留学するといっても、実現できるのはきっと4年くらい先のことなのですが。
ちなみに、海外留学経験はまだありませんが、
海外旅行経験ならあります。

両親に高校卒業後に留学したいと相談したところ、話し合いの末、
日本の大学を卒業してからならOKだと言っていただけました。

大学に進学したら...続きを読む

Aベストアンサー

大学、大学院までアメリカで出ました。一般的に言うと第二学士をとっても年を取った分、就職に不利に働くと思います。まあ、昨今の場合、日本の会社に就職する場合には昔と違ってそれ程留学経験が就職に有利に働かず、逆に不利に働く場合が多いと思います。私の場合も、一部の会社を除いては、門戸すら開かれていませんでした。時期が会わないので新卒にならない、職務経験がないので中途にもならないと言われた事もありました。でも信念を持って頑張れば道は開かれる物ですし、留学はそういう強さを身に着ける機会でもあります。情報を集めて頑張ってみたらよいと思います。

私があなたの立場でしたら、これから進学する大学の交換留学プログラムを調べてみます。私が行っていた大学にも日本のいろんな大学から交換留学で1年来ている人が多くいました。これですと、アメリカの大学で取った単位も日本の大学で単位として認められるので、ちゃんと4年で卒業できるようです。そこで気に入れば、院への留学を検討したらいいのではないでしょうか。

Q学校卒業後に海外へ渡った方に質問です。

私は今大学4年生です。
留学か就職かで進むべき道を迷っています。

中学生の頃から海外(主に欧米)の文化に興味があり、
英語の勉強には力を入れてきました。
2度の短期留学を経験し、生活に困らない程度の語学力はあります。


就職活動は、海外との繋がりが深い企業をいくつか受けましたが、
ご縁がなく内定は頂いていません。
いっそ、ワーホリで海外にでて、大好きな英語と触れ合いながら、
就職先を見つけようと思いましたが、
やはり現地では新卒での採用は難しいようで、
何の資格も持たない自分には特に難しく思われます。
(当方経営学部です)

海外の大学、大学院に進学するためのお金と高い学力もありません。

最近は就職留年してでも、一度日本で就職してから、
時期を見て海外に行った方が良いんではないかと考えるようになりました。


そこで、学校を卒業してからすぐに
海外に行かれた経験がある方がいればお話をお伺いしたいです。
例えば、どう海外で過ごしたか、その経験が今どう活かされているかなどです。

また、何かアドバイスがあればお願いします。

よろしくお願いします。

私は今大学4年生です。
留学か就職かで進むべき道を迷っています。

中学生の頃から海外(主に欧米)の文化に興味があり、
英語の勉強には力を入れてきました。
2度の短期留学を経験し、生活に困らない程度の語学力はあります。


就職活動は、海外との繋がりが深い企業をいくつか受けましたが、
ご縁がなく内定は頂いていません。
いっそ、ワーホリで海外にでて、大好きな英語と触れ合いながら、
就職先を見つけようと思いましたが、
やはり現地では新卒での採用は難しいようで、
何の資格も持たない...続きを読む

Aベストアンサー

大学卒業後、就職せず海外に行きました。語学学校に通いながらバイトで生計をたて、約2年滞在し、帰国。貿易関係の仕事に就きました。

語学は多少できるようになったので、なんとかそれで就職できたようなものです。結論から言えば、行って後悔はしていないのですが、いったん日本で就職してからでも良かったかなぁとは思います。

自分も海外就職を企てていたのですが、はっきりいって厳しかったです。日本で社会人経験を積んでいたら、もしかしたら就職できたかもしれないなぁなんて思っています。

現地の企業が外国人(私たち日本人のことです)を雇うには、会社側がワークパーミットを申請するためにそれなりの費用が必要です。その費用に見合うだけの能力のある人間でなければ意味がないので、必然現地の人間よりもハードルが高くなります。同じ能力だったらもちろん現地人を採用するでしょう。ことばに少しでも不自由があるようではもちろん却下です。

日本語が話せるということは、特定の分野では大きな武器になる場合があります。ただ、日本語を話せる人材を欲している企業がそもそも少ない上、日本人が多い地域ですと、就労ビザをもっている人が優先されます。
社会人経験がなく、就労ビザをもっていないとなると、その人たちには勝てませんね。それに日本企業の現地支社などは、特に社会人経験を優先します。まず新卒は採らないでしょう。

海外で就職をしたかったら、日本で経験を積んだ方がはやいと思います。海外に支社のある企業だったら、駐在の可能性もあります。3年ほどの社会人経験があって同業種に限れば、日本にいても海外の転職先が見つかるかもしれません。海外就業希望者のための求人サイトだってありますし、英語のできるSE等、言語+専門知識のある人を募集している所は多いです。

abarenbo15さんはすでに英語がかなりできるようですし、あとは社会人経験となんらかの専門分野を身につけることで道は開けてくると思います。英語ができる人はゴマンといますから、特に海外で働きたいとなったら、あまり武器にならないでしょう。英語は当たり前のこととして、プラスアルファです。専門分野といっても、貿易事務や旅行代理店での経験程度でも、ないよりはましです。

・・・とはいっても、就職留年をするんだったら海外に行ってなんとかがんばってみるのもひとつの手でしょうね。でもその場合にはあまり長居をしないほうがいいです。
2年以内に帰ってくれば、第二新卒として扱われると思うのでまだ間に合うと思います。英語ができるだけでも第二新卒までだったら許されるようです。それ以上だと、英語ができるがあとは何もなしっていうことで敬遠されてしまうでしょう。それと、日本はまだまだ新卒至上主義で、新卒で就職しないと後々厳しいことは確かです。茨の道でも生きていける強い意志がなければ、おとなしく新卒(就職留年をしてもいいです)のうちに就職することをオススメします。この機会を逃すと求人は顕著に減りますし、レールからはずれた人間だとみなされます。

まぁ、自分は何も考えず海外に行ってしまったので人にアドバイスできるような人間ではないのですが、自分の経験から思ったことを書きました。ですので、必ずしも上記のことが絶対ではないですし、実際何ら特別な知識や経験もないのに現地で就職できた人も知っています。それと、僕の場合はヨーロッパ圏のことですが、アジアや中東とかだとまた実情は異なるのかもしれません。

どんな道を選ばれても、意欲さえあれば軌道修正は可能だと思います。うまく第一歩を踏めるといいですね。

大学卒業後、就職せず海外に行きました。語学学校に通いながらバイトで生計をたて、約2年滞在し、帰国。貿易関係の仕事に就きました。

語学は多少できるようになったので、なんとかそれで就職できたようなものです。結論から言えば、行って後悔はしていないのですが、いったん日本で就職してからでも良かったかなぁとは思います。

自分も海外就職を企てていたのですが、はっきりいって厳しかったです。日本で社会人経験を積んでいたら、もしかしたら就職できたかもしれないなぁなんて思っています。

現地...続きを読む

Qイギリスで本当に働けるの? (詳しい方是非教えて下さい)

イギリスに行こうと思います。
あちらに知り合いがいるので、何かと頼りになるかもと思っています。
私は最初は、あちらで働くことなんて無理だと思っていました。
就労ビザは取るのが難しいと聞いていましたから。

ところが、知り合いの方(40代後半のイギリス人の男性)が、「こっちで働きたいなら、うちの会社で雇ってあげるけど」と言ってくれたのです。
この男性は自分で小さい会社を経営しておられる方で、前にうちの兄が彼と親しくしていて、私にもとても親切にしてくれます。
海外に住めたらいいな~と私が前から言っていたので、一肌脱いでくれようとしてるみたいです。

そこで・・なのですが。

(1)私は英語がそんなに得意ではない。(日常会話すら堪能ではないです)
(2)私は大卒ではなく、高卒である。
(3)イギリスには行ったことが過去に1度だけ。しかも3日間だけ。

なのです。
まあ、(3)は関係ないにしても、殆ど右も左もわからないイギリスで、いきなり仕事に就けるとは思ってもみなかったし、その彼は(1)(2)のことをよくご存知なのです。「雑用ならできるでしょう」と言っているのですが、外国人を雇うとなると、雇い主もビザの手続きなどで大変ではないかと思うのですが、そういう事に無知な私は何もわかりません。

大卒の人でさえ、あちらではなかなか仕事がないと嘆いているのに、こんなに簡単に就労ビザを手に入れることができるのか・・と、ちょっと疑っております。
それとも、雇ってくれる人がいるなら、こんな私でも雇ってもらえたりするのか、ご存知の方に教えていただきたいのです。
それと、職種によって、就労ビザというのは下りる、下りないがあるのでしょうか? 会社の規模や、収入など。

「そんなのあまいよ!」という意見も歓迎です。
私自身、「そんなに簡単にいくの?」という気持ちが大きいので、ダメ元だと思っております。

イギリスに行こうと思います。
あちらに知り合いがいるので、何かと頼りになるかもと思っています。
私は最初は、あちらで働くことなんて無理だと思っていました。
就労ビザは取るのが難しいと聞いていましたから。

ところが、知り合いの方(40代後半のイギリス人の男性)が、「こっちで働きたいなら、うちの会社で雇ってあげるけど」と言ってくれたのです。
この男性は自分で小さい会社を経営しておられる方で、前にうちの兄が彼と親しくしていて、私にもとても親切にしてくれます。
海外に住めたらいい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。補足です。
>Cooper & Tuff は、弁護士事務所なんですか?
確かTuffさんがSoliciterです。CooperさんはもとHome Office(内務省)スタッフ。
>ここに依頼をすると、2000-3000ポンドなんですか?
確か最初のコンサルテーションが70ポンド。あとはケースによって150-800ポンドぐらいでした(通訳として付き添ったときや利用した友人からの情報です。)
まずコンサルテーションを受け、取れるケースかどうか判断され、取れないケースは彼らは引き受けません。取れるケースと判断されてから料金が提示され、コンサルテーション料はここから引かれます。
他の弁護士でextreamなケースでは、「雑誌に記事を書いた経験がある」ぐらいで、オランダでライター協会に登録し、英国でライターとして申請という離れ業の提示がありました。料金は6000ポンド。

>noruriさんは、あちらで仕事をなさる為にかなりの努力をなさったようですね。
行くときは、なーんにも考えずに、「イギリス駐在」「ハーイ」って感じでおき楽でした。お仕事頑張っているうちにいろいろ学んだという感じです。あまり苦労性ではないので…
ということで、行く前からあれこれ悩むよりは、まず、労働許可の話を進めてもらい、ちょっと日本で準備などしつつ(英会話や海外での暮らし方の本を数冊読まれることをお勧めします)、労働許可が下りるのを待たれてはいかがでしょうか。数ヶ月かかる場合もありますので。


>一度トライしてみて、取れなければそれは残ってしまうのですね。
申請が降りなければ、apealするのが通常です。私の場合は弁護士経由でした(3000ポンドぐらい、もちろん会社もちですが)が、労働許可が下りたのに、滞在許可が下りず、Apealを1度して、「就労の制限のない滞在許可3年」がおりました。ちなみに延長可能許可でしたのでさらに1年延ばし、合計4年以上労働許可を持って働いたので、永住ビザ(滞在期間に制限のない滞在許可)に切り替えました。会社を辞めて独立し、英国法人を設立しました。
なんとなく、流れに乗ってとんとん来ちゃったなぁという感があります。

いずれにしても、知らない土地で暮らすのは、大変な分、否が応でもいろいろ自然に学習できるものなので、せっかくお知り合いの方が言ってくださるのであれば、お受けしてみては?

ロンドンで学生ビザで入り、レストランで格安の時給で不法労働しながら滞在している学生さんたちもたくさんいます。不法労働が見つかったときに雇用主にも罰金が課されるようになったのでやや減りましたが。
とりあえずつてがあるのであれば、とりあえず労働許可申請をお願いしてみては?あるいは先方は学生ビザでアルバイト的に考えているかもしれませんが、それはそれで学校に行くことが保障されるので良いと思います。

>少々は「でっちあげる」必要があるのかも知れません
日系企業の駐在員の交代でなければ、すごく、普通に行われていることなので、あまり気になさらないでくださいね。
片道400ポンドもあればいつでも帰国できるぐらいの鷹揚さで挑まれたほうが、気が楽かもしれません。

いずれにせよ、まずは、雇用主が労働許可の申請を行わなければ始まらないことなので、その点をお知り合いの方とお話しすることから。その際ファックスやメールなど文書に残るものでなさることをお勧めします。労働条件、居住条件など、些細なことでもミスコミュニケーションがあることは少なくないのですが、文書に残すことは英国ではとっても、とっても、とっても大切です。
是非楽しい経験をなさってください!

こんにちは。補足です。
>Cooper & Tuff は、弁護士事務所なんですか?
確かTuffさんがSoliciterです。CooperさんはもとHome Office(内務省)スタッフ。
>ここに依頼をすると、2000-3000ポンドなんですか?
確か最初のコンサルテーションが70ポンド。あとはケースによって150-800ポンドぐらいでした(通訳として付き添ったときや利用した友人からの情報です。)
まずコンサルテーションを受け、取れるケースかどうか判断され、取れないケースは彼らは引き受けません。取れるケースと判断されてから料金...続きを読む

Q25歳以上で大学へ行ったひと

経験談を聞かせてください。




1、何の目標があって何学部にいったのか
また、その動機は ?
2、受験勉強の期間
3、就職はできましたか?

Aベストアンサー

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていたので(当時は新校舎が未建設だったのでかなり安かったが、新校舎建設を機に学費が上がったらしい)、それが決め手になりました。

2.受験期間は二年です。何気に浪人しました(笑)一年目は9月くらいから勉強を始め、2月に受験した為、ほとんど勉強らしい勉強をせず、受験に望んだ為、国士舘大学二部政経学部と早稲田大学政経学部を受験し、前者に何故か合格し、後者は当然落ちました(汗)ちなみにその当時の偏差値は20ちょいくらいでした(滝汗)。ゆえに「こんな状態で大学生になるのはおこがましい・・・」という思いがあったので、国士舘大学の入学は辞退して、浪人という道を選びました。そして、一年間の猛勉強の結果、翌年の春は十校くらい受けて、落ちたのが三校ぐらいでしたので、努力が実って晴れて大学生になることが出来ました。

3.就職は現在していますよ。ただ、普通の18~20歳くらいの年齢で入学した大学生のような就職活動は出来ませんよ(※年齢制限があるため、求人がないから)。ゆえに、とりあえず卒業後は法学部だったので、司法試験を受験すべく勉強しました。が、結婚適齢期になったため、今のかみさんに騒がれて断念し、足しげくハローワークに通って、現在の職場を見つけました。

個人的には「25歳以上で大学に入る」という行為はあなたが女性だったら勧めますが、あなたが男性なら絶対勧めません。理由はこんなことをいうと物議をかもし出すかもしれませんが、女性の場合は最悪結婚すれば、永久就職が出来ますが、男性の場合は日本ではまだまだ「専業主夫」は一般的ではないですからねぇ。

『学歴に劣等感がある』からという理由で男性が受験して、入学するには、ハイリスク・ハイリターンの素ですよ。私一個人としては、社会人入学試験は何も大学だけが行っているのではありません。専門学校でも看護学校でも行っています。今、私が25歳なら、間違いなく『医療系の学校』を受験して、手に職をつけるという狙いで受験しますね。医療系の以外の理系学部や文系学部では就職は困難だと思います。

もし受けるのなら、スキルアップして大学を卒業するというのが、もっとも理想的だと思いますので、帝京平成大学のヒューマンケア学部or健康メディカル学部を受験していると思います。医療系は一旦資格を取ってしまえば、その業界は就職が売り手市場なため、年齢制限に関係なく、就職が出来ますしね。

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていた...続きを読む

Q外国の大学の入学って簡単すぎないですか?

こんにちは、自分は今年は浪人して来年また大学受験をしようとしているものです。
この前海外進学を斡旋している業者からオーストラリア国立大学進学プログラム生の募集みたいなはがきが来て、ためしに申し込んで試験を受けたところ合格してしまいました。オーストラリア国立大学のランクをTimesのランキングで見てみたら京大よりも高いランキングでした。
結局それには参加せずに浪人することにしたんですが、いまいち納得がいかないのは今年の受験で思い知った自分の実力とそのオーストラリア国立大学のランキングのギャップです。そのランキングが難しさを表すものではないことは分かっていますが、自分は今年は早慶以下しか受かっていないので、なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのかが謎です。しかもそのテストより早稲田の英語の方が難しいものでした。
海外の進学に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

> なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのか

皆さんの仰るように、入学に対して厳しく学力レベルを管理する必要は特に無いということです。
大学を、入学時の学生のレベルで評価することは日本でもあまりないと思います。
入学する際の難易度は事細かに調べられますが。
大学とその学生の評価は普通卒業時か在学中の研究業績で評価されることでしょう。
日本の大学のような手抜き教育のオンパレードであれば、入学時と卒業時で逆転することがそれだけ少ないというだけで。
入学時偏差値30でも良いから卒業時に東大レベルでない物は卒業させない、のであれば、卒業生は東大レベルで卒業生の質は確保でき、それが大学の評価になっているということです。
入学時の平均的な学生の能力を評価した物なら、日中韓の大学はもっと高い位置に行くのではないかと思いますが、卒業時に十分伸びていないのなら、在学中の業績や卒業時の評価は得られないでしょう。

想像でしかありませんが、教員の数が違うのではないかと。
日本の大学の教員にサボり癖があるのは間違いないと思いますが、本当にきめ細かい指導ができるとは国立大学でも思えません。
日本で言うFランク大学生を入学させたところで、指導する閑がないでしょう。
まず時間的な余裕がないようです。
変な事務作業は山のようにあり、本職の研究活動もある。
その証拠に、日本人は教科書が書けません。
あるいは、やっと書いたら書きっ放しです。アメリカ人は何度も書き換えることがよくあります。間違いを訂正し、説明を工夫し、新しい情報も書き加える。
また、能力的な余裕もなく、実際に日本の大学教員の指導力は極端に低いです。
教育者として有能な者は20人に1人もいないでしょう。
(だから学生が始めから有能でなければ彼らが困るのです)
その辺りも海外のFランク学生も幅広く受け入れるような大学は何か工夫があるのかも知れません。
たとえば、教育学でも勉強しなければ教壇に立てないとか、教育の実践指導が行われるとか。あるいは単に結果だけ厳しく求め、単位を出さないのが普通になっているのかも知れません。

> なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのか

皆さんの仰るように、入学に対して厳しく学力レベルを管理する必要は特に無いということです。
大学を、入学時の学生のレベルで評価することは日本でもあまりないと思います。
入学する際の難易度は事細かに調べられますが。
大学とその学生の評価は普通卒業時か在学中の研究業績で評価されることでしょう。
日本の大学のような手抜き教育のオンパレードであれば、入学時と卒業時で逆転することがそれだけ少ないというだけで。
入学時偏差...続きを読む

Q卒業後のワーキングホリデーについて。

大学卒業後、日本で社会人経験のないままワーキングホリデーなどで海外に1、2年、働く経験をして、日本でキャリアを積むことは難しいのでしょうか?ハローワークの方や、市の就職支援機関のスタッフの方と話している限り、日本で何年か社会人として働く経験のないまま、海外に行って帰ってくる人は、日本での就職活動にとても苦労するとよく聞くのです。やっぱりそれって本当なのでしょうか?

ちなみに海外(英語圏)では、前半はTOEICのスコアを800点くらいまで上げて、後半はどこかの企業でインターンさせてもらうことも考えています。キャリア&留学カウンセラーの方に聞いたら、私の英語力だと、よく言う、日本の土産屋とか、日本食レストランで働かなくとも、地元の企業で働かせてもらうこともできるとも言っていました。

どうなんでしょうか?

卒業後、日本で働くとしても1年くらい働いて(この場合も、正社員以外の、契約社員とかでも大丈夫なのか心配です。)それから海外に行くことも考えています。

特に海外でワーキングホリデー、または長期留学経験のある方、なにかアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

ちなみにいま22歳です。

大学卒業後、日本で社会人経験のないままワーキングホリデーなどで海外に1、2年、働く経験をして、日本でキャリアを積むことは難しいのでしょうか?ハローワークの方や、市の就職支援機関のスタッフの方と話している限り、日本で何年か社会人として働く経験のないまま、海外に行って帰ってくる人は、日本での就職活動にとても苦労するとよく聞くのです。やっぱりそれって本当なのでしょうか?

ちなみに海外(英語圏)では、前半はTOEICのスコアを800点くらいまで上げて、後半はどこかの企業でインターンさせ...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1様の意見が当たっています。

ちょっとワーキングホリデーの解釈があいまいというか、
良いように取りすぎているというか、ワーホリは基本的に「遊び」です。
仕事もバイト程度しかありません。
その内容も日本食レストランや日本人相手の土産物店がほとんどです。

そもそもなぜ海外に行くことを考えているのでしょうか?
明確な目的がないと海外に行く意味がありません。
漠然と「英語を使える職業に就きたい」だけならまず就職してからです。
でも、英語圏でどのような学問を学びに行きたいのか?
それは日本の大学で学べないのか?
将来、海外でこういう職業に就きたい。
例えば「アメリカの大学で会計学を学び、米国公認会計士(CPA)の資格を取得してアメリカで働きたい」など具体的な目標が必要です。
長期留学を考えている人はしっかりと考えています。
本当に確固たる意志を持って海外に行かないと流されて終わりです。
就職では「英語+何ができるか」です。
「英語話せます。TOEICのスコアは800点です」だけではダメなんですよ。

また、企業側からすれば
「ワーホリで1年間?ああ、まだ働きたくなくて遊びたかったのね」
と思うのが大半です。
「真面目に語学を学びに行ったんだな」とは残念ながら考えないのです。

ちゃんと就職活動して就職し、自分の人生に遊びであれ、学びであれ海外生活は必要なのかを何度も考えて下さい。
それから必要であればワーホリを考えてはいかがですか?
就職してキャリアアップしていくうちに
「ワーホリでこのキャリアを捨てるのはもったいない」
と思うようになるかもしれませんよ。

NO.1様の意見が当たっています。

ちょっとワーキングホリデーの解釈があいまいというか、
良いように取りすぎているというか、ワーホリは基本的に「遊び」です。
仕事もバイト程度しかありません。
その内容も日本食レストランや日本人相手の土産物店がほとんどです。

そもそもなぜ海外に行くことを考えているのでしょうか?
明確な目的がないと海外に行く意味がありません。
漠然と「英語を使える職業に就きたい」だけならまず就職してからです。
でも、英語圏でどのような学問を学びに行きたい...続きを読む

Q男性の方お願いします。遠距離恋愛で再会した時のエッチ。

遠距離の経験のある男性の方にお聞きしたい事があります。

遠距離でしばらくの間会えなかった彼女と再会したとき、やはりエッチはかなり重要(優先)事項ですか?
たとえば再会初日に「彼女とエッチしたい」と思うものでしょうか?
私が彼と再会した時はまさに上記の通りでした。
彼曰く「我慢できなかった」とか「(私)の肌を感じたかった」と言っていましたが(^_^;)

男性にとって遠距離でエッチを我慢するのは、気分的にかなり溜まるものなのかなぁ~と思いました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的にですが、かなり重要であると思います。
むしろ、女性はそんなことはないのですか?そうであるなら驚きです。

私自身、遠距離恋愛をしている間、他の女性に何度も気が行ってしまいました。
男性というのは街でグラマーな女性を見たり、飲み屋で綺麗な女性としゃべっただけで欲情してしまうものです。これは本能ですので仕方ありません。
時にはそんな相手から誘っているような態度を取られることもあります。

そんなとき、いつも恋人の顔を思い浮かべるようにしていました。彼女のために、湧き上がるものをぐっと堪えて理性を保つようにします。
独り身であればその相手と一夜を共にしても何も問題はないのです。けれど、恋人がいるから、自分の相手はその女性だけだと心に決めているから、堪えることができるのです。

私の恋人が「合コン禁止」「風俗も禁止」と厳しかったから特にそうなのかもしれませんが、恋人のためにあらゆる魅惑的な僥倖も見逃し続けて来たので、せめて久々に会ったときくらいそれを開放させて欲しいと望みます。

彼がそうしたいと言ってくるのであれば、疑問に思わず受け入れてあげた方がいいでしょう。
遠距離恋愛の彼が久々に会ったときにエッチを求めて来るのなら、それだけいままでの期間あなたのためにいろいろな誘惑を我慢してきたからだと思います。
遠距離で大変だと思いますが、これからも彼のことを大切にしてあげてくださいね^^

個人的にですが、かなり重要であると思います。
むしろ、女性はそんなことはないのですか?そうであるなら驚きです。

私自身、遠距離恋愛をしている間、他の女性に何度も気が行ってしまいました。
男性というのは街でグラマーな女性を見たり、飲み屋で綺麗な女性としゃべっただけで欲情してしまうものです。これは本能ですので仕方ありません。
時にはそんな相手から誘っているような態度を取られることもあります。

そんなとき、いつも恋人の顔を思い浮かべるようにしていました。彼女のために、湧き上...続きを読む

Q日本の大学を出てアメリカで就職したい

私は現在高校一年の男子です。
質問の内容は、タイトルの通りです。日本の大学を出てアメリカの会社
に就職して、将来的には市民権取得も考えています。
自分は小学生のころまでアメリカに住んでいたので、英語能力はもちろん、アメリカという国に対する日本人としての理解ももっているつもりです。(国籍は日本しか持っていません)
留学でアメリカに行ってそのままあちらで就職して帰ってこない話はよく聞くのですが、この場合ビザはどうなっているのでしょう?また、日本の大学を出た日本国籍者がアメリカの企業で就職するためにはどのような方法でどのようなビザを取得しなければならないのでしょうか?
VizやTokyopop,角川USAなど、日本語を活用できる会社が憧れです。

Aベストアンサー

(留学でアメリカに行ってそのままあちらで就職して帰ってこない話はよく聞くのですが、この場合ビザはどうなっているのでしょう)

推測ですが、三通り位はあると思います。
1.OPT、Internship等で働いて運良く才能を認められて労働ビザ取得の援助を得られた。
2.留学中に日本料理店等で不法就労したが、これまた経営者に認められて、労働ビザ取得ができた。
3.不法滞在で帰るに帰れなくなった。労働ビザ無しで働くので、低賃金でこき使われている。

(日本の大学を出た日本国籍者がアメリカの企業で就職するためにはどのような方法でどのようなビザを取得しなければならないのでしょうか)

1.日本の企業に就職して、米国の支店あるいは現地法人に派遣される場合。この場合は会社が労働ビザ取得に全責任をもっておこなってくれます。但し現地法人(あなたのご希望企業が該当すると思いますが)に勤務する場合は相当高レベルの管理者(社長等)になるのではないですか。一般社員は日本から派遣するよりも現地採用(永住権保持者を)で人件費等を安く抑えるのが普通だと思います。給料が安くて苦労するらしいです。
2.米国にある米国の企業に就職する場合。極めて困難でしょう。日本において外国人が就職する場合と同じです。優先順位は米国人がトップです。あなた以外の人では、その企業の業務を遂行できないという企業の強い要求が必要です。その場合に初めて労働ビザ取得の援助をしてもらえますが、そのためには採用側は大変な労力と費用がかかりますので、あなたに突出した長所が求められますし、普通は面倒なのでやらないでしょう。

(自分は小学生のころまでアメリカに住んでいたので、英語能力はもちろん、アメリカという国に対する日本人としての理解ももっているつもりです。(国籍は日本しか持っていません)

水をさすようで申し訳ありませんが、殆んど役にたちません。企業で働くための英語は(特に一流企業を目指すなら)全く別物です。会話だけでなく、読み書きも米国人の大学生と同程度の能力が要求されます。そのほか当然ながら大学であなたが就職を希望する分野での専門知識を勉強する必要があります。

(留学でアメリカに行ってそのままあちらで就職して帰ってこない話はよく聞くのですが、この場合ビザはどうなっているのでしょう)

推測ですが、三通り位はあると思います。
1.OPT、Internship等で働いて運良く才能を認められて労働ビザ取得の援助を得られた。
2.留学中に日本料理店等で不法就労したが、これまた経営者に認められて、労働ビザ取得ができた。
3.不法滞在で帰るに帰れなくなった。労働ビザ無しで働くので、低賃金でこき使われている。

(日本の大学を出た日本国籍者がアメリカの...続きを読む

Q日本の大学を卒業後海外の大学に一年から入学したい

こんにちは。
日本の4年生大学を卒業後、アメリカなどの海外の大学の学士入学を
することはできるのでしょうか?
アメリカでは、一度大学を出た人は、再度大学の学士から
入学することができないようなことを聞いたことがあるのですが、
実際のところ、どうなのでしょうか?

知識をお持ちの方、どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

出来ると思います。私が留学していたのは、かなり前ですが、あなたの様に日本の大学をすでに卒業してから、学士に留学している人が何人かいました。州立大学です。でも、1年から入学する必要はないのでは? 日本の単位も認めてくれると思います。大学に頼めば取った単位の英文書類も作ってくれると思います。それを出せば、アメリカの大学はどの単位が認められるか審査してくれるはずです。学士とってから来ていた人は、かなり単位が認められて、いきなり3年生以上だったと思います。アメリカの大学の1年次の一般教養は特に理系に限れば、日本の中学、高校レベルなので、日本で大学卒業しているなら、一般教養をスキップした方が効率的です。効率的に学士とって、早く修士に行った方がいいと思います。いきなり修士に挑戦してみてもいいのではないでしょうか。 全く畑違いの専攻を狙っているのかな。

学士も修士もアメリカでとりましたが、修士の方が落ち着いて勉強できます。生徒の年齢も上がり、皆落ち着いていますし、難易度は高くなりますが、自分の興味のある分野のみの勉強ですので、楽しかったです。英語が初めはネックになると思い、いきなり修士は?と思うかもしれませんが、修士で自分の好きな分野に集中した方が、英語のネックにならないかと思います。

私は、Undergraduateの必須の数々のEnglishとアメリカ史の授業が一番苦痛でした。

出来ると思います。私が留学していたのは、かなり前ですが、あなたの様に日本の大学をすでに卒業してから、学士に留学している人が何人かいました。州立大学です。でも、1年から入学する必要はないのでは? 日本の単位も認めてくれると思います。大学に頼めば取った単位の英文書類も作ってくれると思います。それを出せば、アメリカの大学はどの単位が認められるか審査してくれるはずです。学士とってから来ていた人は、かなり単位が認められて、いきなり3年生以上だったと思います。アメリカの大学の1年次の一般...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング