[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

 羽田空港に新滑走路が使用開始になると、発着枠がかなり増えるようですね。
 現在羽田空港は、北風(多くの日は北風)の時は、離陸に「34R(C滑走路)」を使い、着陸に「34L(A滑走路)」を使い離着陸機を並行してさばいているようですね。逆に南風の時は、離陸に「16R(A滑走路)」を、着陸に「16L(C滑走路)」を使用して、離着陸機を並行にさばいているいるようですね。
 そして現在は、横風用のB滑走路はほとんど使用していない状況ではないでしょうか。よほど横風が強い嵐のような天候不良状況でかなりな欠航便がでるような悪天候の時のみB滑走路を使い、この場合は離着陸機とも1つのB滑走路を交代で使用しているのではないでしょうか。またB滑走路使用時には、A滑走路及びC滑走路は使用していないのではないでしょうか。
 このような現状で、今と同じようにA滑走路とC滑走路を並行に使用しながら、その離着陸機の下方を使って、さらに新D滑走路から離着陸する計画なのですかね。
 もし、滑走路16Lや16Rからの離陸機がエンジントラブル等で1エンジンカットしてのゆるやかな極限離陸状態などとなったときに、新D滑走路上でD滑走路への離着陸機と衝突しない十分な高度まで上昇できるのでしょうか?また、新D滑走路へ着陸しようとした飛行機が事情によりゴーアラウンドしなければならなくなった場合、A滑走路やC滑走路への離着陸機と衝突するようにならないのでしょうか。
 それとも、A滑走路やC滑走路への離着陸機のない合間を縫って、新D滑走路を使用する予定なのでしょうか?しかし、A滑走路やC滑走路ともラッシュ時はそれぞれ約2分毎くらいに離着陸しているので、両方が空く時間ってほとんどないのではないでしょうか?
 それと、新D滑走路は並行して使える滑走路がないため、離着陸機が交代で使用するようなことになるのでしょうか? 
 さらに、新D滑走路へのアプローチもA滑走路やC滑走路への離着陸機のルートと支障しないのでしょうか?
 そのうえ、国際ターミナルもでき、主要ターミナルも3つとなり、各滑走路への地上走行ルートも滑走路横断等は発生しないのでしょうか。滑走路横断がなくてもタキシングも輻輳し大変になりますね。
 これらのことを考えると、羽田空港の航空管制は非常に大変なことになり、衝突の危険性もかなり増大するのではないのでしょうか。ほんとうに5割増など発着枠を増やして安全上大丈夫なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>現在羽田空港は、北風(多くの日は北風)の時は・・・・離着陸機を並行にさばいているいるようですね。


概ねそのように運用されていますね。
ただ一日の内でも風向きが変わることもあり、途中から離発着の向きが変わることもあります。

>そして現在は、横風用のB滑走路はほとんど使用していない状況ではないでしょうか。
A滑走路やB滑走路に比べれば運用率は低いでしょうね。
>よほど横風が強い嵐のような天候不良状況でかなりな欠航便がでるような悪天候の時のみB滑走路を使い、この場合は離着陸機とも1つのB滑走路を交代で使用しているのではないでしょうか。
これはちょっと違うようです。
現在B滑走路はほぼ着陸専用になっていて、保安庁などの小型機などは離陸にも使いますが、民間の旅客機が離陸に使う事はまずありません。
欠航便が出るほどの悪天候でなくても、B滑走路は使われています。
>またB滑走路使用時には、A滑走路及びC滑走路は使用していないのではないでしょうか。
上にも書きましたがB滑走路は着陸用につかって、離陸は他の滑走路を使っています。

> そのうえ、国際ターミナルもでき、主要ターミナルも3つとなり、各滑走路への地上走行ルートも滑走路横断等は発生しないのでしょうか。
AとBで一部重なっている部分はありますが、そこは運用方法でかわしていますので航空機が使用中の滑走路を横切るようなことはおきません。

>これらのことを考えると、羽田空港の航空管制は非常に大変なことになり、衝突の危険性もかなり増大するのではないのでしょうか。
管制官の作業は確かに増えるので現在よりはより重要になりますが、D滑走路の運用は新たなルートとして運用されるので、そのことで衝突等の危険性が上がるものではないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いろいろお教えいただき、ありがとうございます。
 B滑走路も南風の時には、大型旅客機も着陸に使用しているのですね。その場合、A滑走路やC滑走路から並行して大型旅客機が離陸とかは可能なのですか?
 ところで、新D滑走路は、現在のA滑走路やC滑走路南端からおよそ何メートルくらい離れているのですか?あの程度離れていると、A滑走路やC滑走路から離陸や着陸機の下側を利用して、D滑走路からの離着陸は支障しないのですか?D滑走路に着陸中にゴーアラウンドしても大丈夫なのですか?
 それとも、新D滑走路は離陸専用として使う予定なのですか?

お礼日時:2010/09/01 15:31

大田区のWebページ


http://www.city.ota.tokyo.jp/oshirase/mokutekibe …
に離発着運用ルートが紹介されています。

離発着ルートは地図上交差していますが、高度差が十分あるので運用可能かと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変くわしいルートマップをありがとうございます。国土交通省から出ているのですね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/01 11:11

地図を見る限り、飛行経路が交差する個所はありませんね。



>羽田空港の航空管制は非常に大変なことになり
確かに5割増しになれば危険性は増大するでしょうが、
そのために新管制塔ができたわけです。

JALの逆噴射のような事故は防げませんけど、
素人でもわかるような危険はないと思います。
「 羽田空港に新滑走路が使用開始になると、」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうも、早々のご回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/08/31 17:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング