仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

小腸回腸部30cm摘出手術後、下痢で困っています。手術は今年1月に受けまして、術後の経過は良好です。ただし、毎日下痢に悩まされています。多いときは日に8回、最低でも3ないし4回。医師は腸の一部を除去したので、腸をコントロールする機能が変調を起こしている、正常に戻るには時間がかかる、場合によっては一生続く、と言ってます。インターネットで調べたところ、回腸部を除去した場合、胆汁が回収されなくなり、正常の8~10の胆汁が大腸に入り、これが原因で下痢を引き起こすとありました。このような症状に対する治療法、治療してくれる病院など、治療に関する情報を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 大変ですね。


 実は私の知り合いも同じような手術を昨年の夏にしております。
 病名は難病の「コロン病」のためです。
 その後も日に何度となく下痢に悩まされ、寝込む日もかなり多いようでした。

 つい最近、新薬が出されてまだ臨床試験の段階らしいのですが、数週間前からその投与を受け、本人も驚くくらいに調子がよいようです。

 下痢も収まりこの猛暑の中、体調が絶好調とのメールをもらいました。勿論、新薬ですのでこれから長期にわたり副作用その他のデータを集めなければならないと言ってました。それでも本人は本当に喜んでいます。

 貴方がなぜ手術に到ったのかが書かれてないので参考になるのかわかりませんが、もし同じであればと思い書かせていただきました。

 どうかお体を大切に、頑張ってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。私の場合、腸閉塞のための手術でした。病院とか、治療の具体とか知りたいですね。

お礼日時:2010/08/31 18:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腸閉塞で再三の入院の末、手術。が術後の経過が悪くまた手術。

 はじめまして。28歳の彼(夫)が去年、何度も繰り返し腹痛を訴え、
入退院を繰り返した結果、今年1月26日に入院いたしました。
1度目の手術は2月4日。
手術前にイリウス管と言う、細い管の先に少し膨らみのある
管を4日ほど入れて1時間ほどの剥離手術をしました。
 術後もイリウス管は入れていました。が痛くて我慢できず
途中で小腸すべてに入っていたイリウス管を少し引き抜きました。
 結局、術後の経過が悪く、レントゲンで2度検査してイリウス管による
”腸重積”が発覚し、再度の手術をしました。
 そして、2度目の手術。2月12日。緊急オペ。
腸重積の手術だから、と言われ1時間ほどで終わると告げられたものの
5時間以上に渡る手術でした。
 原因は腸重積は 壊死していなくて大丈夫だったけど小腸が1週間の間に、
また癒着していたので、と小腸の1/3を切除する手術をしていたのです。
 2度目の術後に 切除した腸を見せてもらいました。
こんなにひどいくっつき方をするのかと何箇所癒着しているかさえ
分からない程、ひどいものでした。素人でさえ、担当医を疑いました。
 その後、2月26日現在で 術後2週間が経とうとしておりますが
常にある膨満感や鈍痛に加えて、食事(まだ5分ガユ)すら
全て食べれない、少し食べると 痛みが襲ってきて
座薬などを入れないと、我慢できない状態です。
つい4日前ほどまでは、夜も眠れなかったようです。
 長くなりましたが、腸閉塞の術後の経過は 
こんなに長く、痛いものなのでしょうか?
 
 痛い、痛いと普段は言わない彼が 苦しみ、泣き、つらいと言います。
 現時点で、彼のご両親と転院も考えております。
が、それが異常な事態ではないのかが確かめたいのです。
どうか御助言、御指示等をお願いいたします。

 はじめまして。28歳の彼(夫)が去年、何度も繰り返し腹痛を訴え、
入退院を繰り返した結果、今年1月26日に入院いたしました。
1度目の手術は2月4日。
手術前にイリウス管と言う、細い管の先に少し膨らみのある
管を4日ほど入れて1時間ほどの剥離手術をしました。
 術後もイリウス管は入れていました。が痛くて我慢できず
途中で小腸すべてに入っていたイリウス管を少し引き抜きました。
 結局、術後の経過が悪く、レントゲンで2度検査してイリウス管による
”腸重積”が発覚し、再度の手術...続きを読む

Aベストアンサー

※後腹膜(こうふくまく)腫瘍
生後3ヶ月腎臓の周囲の良性腫瘍ということですから、おそらく腹部からのアプローチでしょうからイレウスの原因になっていることは一応納得です。

腸閉塞の術後はこんなに長く痛いもの・・?
に関しては『術後2週間で食餌がはじまっている』ことから考えても縫合不全などなく順調であると思えます。

最初の手術では出来るだけ温存したいと言う目的だったのだと思います(手を加えなくて済ませられればそれだけ経過は短く済むからです。しかしそれだけでは回復できなかった…結果の再手術です。ご覧になられた癒着がそんなに早く形成されるとは思えません。おそらく長年の経過によって出来上がったものでしょう。
現在に関しては先ほどあげた点から考えて少なくとも問題点は考えられません。

痛みに関しては『それを踏み越えてでも食べないと新たに癒着します』としか申し上げようがありません。主治医も、痛み止めを使うことは文句をいわないけれども『歩きなさい』『食べなさい』の一辺倒ではないかと思うのです。今ががんばりどころです。

Q腸閉塞、退院後の健康管理のことで

主人が腸閉塞で入院。原因としては虫垂が炎症を起こしそれによって小腸の癒着がおきたとのこと。
13日間の入院中は絶食&点滴、その後おかゆ、造影剤検査で上から下まで流れるということで退院。胃の検査と注腸検査も異常なしでした。

手術なしで退院したのですが、医師は「癒着は治ってるわけではないが、ちゃんと流れてるから大丈夫でしょう」といわれました。

また退院時に、「消化のよいものを摂るように」とだけアドバイスがありました。

退院後の1週間の食事として・・
・やわらかめに炊いた白ご飯や発芽米入りご飯、
・煮魚や焼き魚
・鶏肉や芋の煮物
・卵とじうどん
・豆腐ハンバーグ
・サンドイッチ(卵、ポテトサラダ、ハム、トマトなど)
他にヤクルト、ヨーグルト、バナナ、野菜ジュース、牛乳を摂っています。
間食でおしるこ、カステラ、クッキーなども食べてます。(少量)

運動としては15分~20分程度の散歩をするくらいで、あとはずっと家にいます。
入院前身長182センチ、74キロだったのですが、今は61キロに減ってしまいました。
明日から仕事復帰です(運送業)
そこで質問です。
・↑のような食事はどうでしょうか?問題ないですか?
・消化のよいものといわれても、なかなか献立がうかばず困っています。お勧めの食材や献立を教えてください。
・刺し身のような生魚は、やめたほうがいいでしょうか?
・痩せてしまったのが気になるのですが、食事量は増やすべきでしょうか?
・油や肉をなるべく控えてはいますが、体力のためには少しは摂ったほうがいいでしょうか?
・カレーライスやとんかつや唐揚げ、ビールなどいつになったらOKでしょうか?

それから「癒着は治ってない」というのがとても気になります。癒着したままなのに手術しないということもあるのでしょうか?
長くなりましたが、どうぞアドバイスなどあればお願いいたします。

主人が腸閉塞で入院。原因としては虫垂が炎症を起こしそれによって小腸の癒着がおきたとのこと。
13日間の入院中は絶食&点滴、その後おかゆ、造影剤検査で上から下まで流れるということで退院。胃の検査と注腸検査も異常なしでした。

手術なしで退院したのですが、医師は「癒着は治ってるわけではないが、ちゃんと流れてるから大丈夫でしょう」といわれました。

また退院時に、「消化のよいものを摂るように」とだけアドバイスがありました。

退院後の1週間の食事として・・
・やわらかめに炊いた...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!

私も腸の癒着が原因で二度ほど手術を受けました。一度目は開腹術(これが更に悪化させる原因でした)で、二度目が別の病院で腹腔鏡術です。
手術を受けるのはよほどひどい場合が適応だそうです。たまに傷む程度では、手術をする事で更にひどくなる可能性があるからなのだとか。だから、しばらくは食事に気をつけて様子を見て行きましょうね。「癒着が原因で痛みが始まった時は、まずは絶食。」と当時の主治医は言っていました。

消化の良い食事と言っても、柔らかい素材で出来た食事の場合、よく噛まないで飲み込んでしまう恐れがあります。そうすると逆に消化の負担になるかもしれません。柔らかい食事でもよく噛んで唾液としっかり混ぜて食べるようにしてください。
主治医が完全普通食でも大丈夫と言われたら、多少歯ごたえのある物も加えて、いつもの何倍何倍もよく噛んで食べる方がお腹にも優しいですし、バリエーションも増えますよ。


私は一回目の術後は酸化マグネシウムを処方してもらっていましたが、今はツムラの漢方薬の麻子仁丸(126番)を処方してもらっています。市販の便秘薬は主治医に相談してからの方が無難です。私は昨年、市販便秘薬を飲んで腸閉塞を起こしかけ、救急車で運ばれた苦い経験があります。くれぐれもご注意を。
水分を充分に取り、適度な脂分と食事を摂る事で便の滑りがよくなります。時々はお腹のマッサージも効果的ですよ。

↓腸のマッサージ
http://www.slaria.com/college/lesson04/massazi.html

↓便秘解消の食事例

http://www.greenhouse.co.jp/wellness/support/2005/talk_12.html

参考URL:http://www.hatakawa-clinic.jp/hatakawara/bm2.html

こんにちは!

私も腸の癒着が原因で二度ほど手術を受けました。一度目は開腹術(これが更に悪化させる原因でした)で、二度目が別の病院で腹腔鏡術です。
手術を受けるのはよほどひどい場合が適応だそうです。たまに傷む程度では、手術をする事で更にひどくなる可能性があるからなのだとか。だから、しばらくは食事に気をつけて様子を見て行きましょうね。「癒着が原因で痛みが始まった時は、まずは絶食。」と当時の主治医は言っていました。

消化の良い食事と言っても、柔らかい素材で出来た食事の場合、よ...続きを読む

Qもし、小腸が全部切除されたら、人間は、直に死んでしまうのでしょうか?

胃と違って、小腸の切除は、大変な事になりますよね?

人体に栄養を取り込めなくなって、大変なのでしょうか?

それとも、点滴で、血液に直接栄養を送り込めるから平気なのでしょうか?

精神を安定させる物質のセロトニンは、小腸で作られると、ウィキペディアで読みました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3

セロトニンが全く作られなくなったら、人間の精神は、大変な事になりますよね?

医療の現場で、小腸が沢山切除される事態は、あるのでしょうか?

小腸がんというものもあるみたいです。

小腸がんでは、小腸を切除する手術が行われるのではないでしょうか?

その時、セロトニンの生産は、大丈夫なのでしょうか?

沢山の疑問を書いてしまいましたが、少しでも、ご回答頂けると嬉しいです。<(_ _)>

Aベストアンサー

点滴で栄養を送れば、生存する期間は変わるにせよ、生きることは可能です。
もっとも、腕からの点滴ではたくさんの物質を送れませんので、鎖骨下の血管に中心静脈栄養(IVH)として栄養を補給します。
しかしながら長期間のIVHは脂肪肝を助長したり、針を刺した部位からの感染のリスクが高まります。
また、仮に小腸がいくらか残ったとしても、吸収部位は少ないので、栄養状態は悪化しますし、吸収されないものはそのまま排泄されます。

医療の現場でも小腸を切除されることはあります。
小腸癌はかなりまれな疾患で、他の病態のために小腸をやむをえず切除することになります。
例えばクローン病とかでは薬に効かない例では切除が有効ですし、いわゆる小腸以外の癌でも放射線療法によって小腸に障害が出てしまい、切るはめになる場合もあります。
小腸を切除して起こる病態をshort bowel syndrome(短腸症候群)といいます。
セロトニンに関してはちょっとわからないです。。ごめんなさい。

Q小腸など摘出後の衰弱について

遠くに暮らす母の話のため、世話をしてくれている叔母から聞いた話も含んでいます。
今年の1月に母が下腹部痛を訴え地元の病院で診察を受け、卵巣腫瘍と診断を受けました。最初は腫れは無かったのに、手術前までの半月間で胃のあたりまでパンパンに腫れてとても苦しそうでした。
術前の説明では「腫瘍は悪性か良性かは取って調べないと分からない。状態によっては取らずに閉腹する」とのことで予定では3Hでしたが、結局8Hかかり「腫瘍は腸管を巻き込んで全体に広がっている。間違いなく悪性」との診断でした。腸管への癒着も酷く、取るのを断念してもそのまま閉じることもできなかったようで、外科医も呼んで何とか5キロもの腫瘍を取り、その際大腸・小腸も切除しました。どのくらいの長さを取ったかは詳しくは分かりません(確か小腸は2/3)。
術後は食欲が全く無く、食べてもすぐに戻してしまったりしていて、とても衰弱しています。
退院はしていますが、家でもそのような感じで栄養を取れている様子はありません。今は2日に1回点滴を受けていますが、つきそっている叔母は医師に「みんなこのように衰弱して終わる」というような事を言われたそうです。
嘔吐感を抑える薬はもらっているようですが、栄養の吸収があまりできない場合、量を食べれない場合、どのようなものを食べさせたらいいでしょうか?
こういった場合、点滴だけでいいものなんでしょうか?
よろしくお願いします!

遠くに暮らす母の話のため、世話をしてくれている叔母から聞いた話も含んでいます。
今年の1月に母が下腹部痛を訴え地元の病院で診察を受け、卵巣腫瘍と診断を受けました。最初は腫れは無かったのに、手術前までの半月間で胃のあたりまでパンパンに腫れてとても苦しそうでした。
術前の説明では「腫瘍は悪性か良性かは取って調べないと分からない。状態によっては取らずに閉腹する」とのことで予定では3Hでしたが、結局8Hかかり「腫瘍は腸管を巻き込んで全体に広がっている。間違いなく悪性」との診断でした。...続きを読む

Aベストアンサー

ご心配ですね。心中お察しします。

私の父は45歳のころに交通事故に巻き込まれ、
ハンドルが腹を破り、腸を潰してしまいました。
胃の1/3と腸の半分ほどを摘出し約1年入院しました。
膝も損傷していたので、その後リハビリが1年必要でした。
仕事に復帰したのは事故後2年半を過ぎてでした。

事故に遭い、手術後、3ヶ月は水のような重湯と、栄養剤の点滴でした。
事故で内臓が圧迫され、体内に残した部分も腫れていたからです。
その後、腸の腫れも引いていき、お粥になり、
少しずつ普通の食事に戻していきました。

あなたのお母様も、手術後まだ日が浅いので、
まともに食事はできないと思います。
体力を取り戻すことができれば、食事もお粥になり、
普通の食事に戻れると思うのですが。
ここを乗り切れるか、どうかが重要です。

今は何を食べさせても体が受け付けないと思います。
心配な気持ちはわかりますが、医師を信頼し、治療を任せ、
お母様の無事を祈ってください。

食べ物よりはキャンディや、塩昆布(舐めるだけ)など、
舌で楽しむものはいかかでしょうか?
胃腸には負担をかけないし、食前に塩昆布を舐めれば
食欲がわくかも知れません。
味気の無い重湯やお粥に昆布茶の粉を混ぜたり、
ふりかけを混ぜたりして、
味を変えるのも一つの手かもしれません。

ご心配ですね。心中お察しします。

私の父は45歳のころに交通事故に巻き込まれ、
ハンドルが腹を破り、腸を潰してしまいました。
胃の1/3と腸の半分ほどを摘出し約1年入院しました。
膝も損傷していたので、その後リハビリが1年必要でした。
仕事に復帰したのは事故後2年半を過ぎてでした。

事故に遭い、手術後、3ヶ月は水のような重湯と、栄養剤の点滴でした。
事故で内臓が圧迫され、体内に残した部分も腫れていたからです。
その後、腸の腫れも引いていき、お粥になり、
少しずつ普通の食事に戻...続きを読む

Q絶食していても点滴をしていれば便が出るのは何故?

一週間以上絶食して、何度も浣腸をしていても
点滴をしていれば便は出るそうですが(3日に1回くらい、浣腸で無理に出しますが)、
どうして何も食べていないのに便が出るのですか?

Aベストアンサー

>『絶食していても点滴をしていれば便が出るのは何故?』
>一週間以上絶食して、何度も浣腸をしていても
>点滴をしていれば便は出るそうですが
>(3日に1回くらい、浣腸で無理に出しますが)、
>どうして何も食べていないのに便が出るのですか?

こんにちは.

回答としては,
点滴をしていなくても,
医学的に『飢餓便』と言われる便が排出されます.
特徴は,黒く臭いが強いといわれていますが,
私は実見の経験はありません.

絶食をしても体は,生活上の動作をする他,
生物としての恒常性を保つためのカロリーが必要です.
絶食をするとカロリ-の基となる糖質や脂肪が血液中に不足します.
そこで緊急避難的に,
体を構成している筋肉などのタンパク質などから,
緊急的に転用してカロリー源として使用します.

タンパク質は,ほんらい体を形作ったり,
生活の営みにたずさわる酵素やホルモンなどに使われるのですが,
体の構造物である筋肉などから転用すると,
体内で完全に消化・吸収されずに,
残りカスが老廃物として腸内に排出されます.
その際に腸壁から剥離された上層粘膜などと一緒になった物が
いわゆる『飢餓便』と言われる物です.

大腸の中に排出された老廃物は,
臭いの強い『スカトール』や『インドール』に分解されます.
これらはタンパク質が大腸内の常在細菌による,
副次的作用によって分解され生産された『臭い物質』です.

断食をすると確かに,
当初は消化器官が休まり,便の臭いも薄くなりますが,
その後数日で先述した作用で強い便臭が出るようになります.

ところで浣腸をしているとの事ですが,
浣腸は本来,便秘の場合に対処する療法ですので,
本来の目的以外での浣腸は個人的にはお勧めできません.

定期的な排便が正常に行われなくなる,
『習慣性便秘』が予想されますからお止めになることを考慮してください.

さらに大腸内のいわゆる,『大腸菌』には多数の種類が存在していますが,
その菌のバランスがとれた状態が崩れる可能性が考えられます.
正常な大腸内はさまざまな大腸菌がバランスをとっているために,
寄宿先の体に悪さをしないのです.

腸内には居候を決め込んだ無数の細菌群が存在しますが,
普段健康な人に棲み込んでいるのは大腸菌といわれる一群です.

他の回答にもありましたが,
腸内細菌は便の固形成分の1/4量ほどを占めて排出されています.
つまり,便の半分近くは細菌であり,
腸内細菌が正常に働いてくれるお陰で,
人は健康に生きていけるのです.

不必要な浣腸は有用な腸内細菌まで,
強制的に排出しますから先述のバランスを壊す事になります.
乱用は慎まれた方がよろしいかと思われます.

40年前に学んだ古い知識ですが,
この回答が,ご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.

>『絶食していても点滴をしていれば便が出るのは何故?』
>一週間以上絶食して、何度も浣腸をしていても
>点滴をしていれば便は出るそうですが
>(3日に1回くらい、浣腸で無理に出しますが)、
>どうして何も食べていないのに便が出るのですか?

こんにちは.

回答としては,
点滴をしていなくても,
医学的に『飢餓便』と言われる便が排出されます.
特徴は,黒く臭いが強いといわれていますが,
私は実見の経験はありません.

絶食をしても体は,生活上の動作をする他,
生物としての恒常...続きを読む

Q開腹手術をして20日経過しましたが、まだ痛いのです。

婦人科系の手術をしました。「部分麻酔」で術中から痛みがありました。その時も、本当に痛いから「痛い痛い」と言っていたら先生に「あなたほど痛みに弱い人も珍しいね」などと言われてしまいました。
それはいいとして、20日経った現在、切った部分はもちろん腹部が全体的に痛い感じがします。場所によって違う痛みで切った部分はキリキリ、それ以外の部分は筋肉痛みたいな我慢の出来る程度の痛みです。
退院診察の内診でお腹を押された時も、痛くてこわばっていたら「ちゃんと見れない。もういいや。」と言われたりしたので、なんとなく主治医の先生には質問もしずらいのです。
普通の人は、開腹手術後どの位で痛みが無くなるのでしょうか。知っている方がいらっしゃったらどうぞ教えて下さい。私がおかしいのかと悩んでいます。

Aベストアンサー

こんにちは 術後の痛みは不安ですよね
実は私も昨年12月に婦人科系の手術で子宮を摘出しました 私の場合手術は下半身麻酔で(腰椎麻酔)手術室に入る前に緊張を和らげるための注射もされたので 手術中の記憶は殆どなく当然痛みもありませんでした 手術室から出る時に先生から声をかけられて覚醒するといった感じです 頭痛もなくすっきりと目覚めたのでおそらく 麻酔の量や対応がとても上手だったのだと思います 
術後は2、3日 痛み止めの注射を背中に打たれていたので切った後の痛みもそれ程意識する事もなく どちらかというとその注射のせいで一日ウトウトして眠っているような感じ
実際に退院後、痛みを完全に意識しなくなったのはやっぱり1ケ月位たってからでしょうか
しばらくは 何をするのも恐々で 少し動くと体力ないし お腹を切ったので腹筋も落ちて(もともとあんまりないんだけどね)腰が痛くなったりしました
寒い日などはお腹が突っ張ったような感じで トイレが近いとお腹がポンと膨れたりしましたよ
日にち薬で 日毎に楽になると思いますが あんまり
痛みが酷い様なら 先の方が書かれた様に看護士さんとかに聞いてみると良いかと思います 個人差はあると思いますが 普通は段々と気にならなくなると思いますので・・
手術中に痛みがあったのは 素人考えですが 麻酔の量が少なかったからかなとも思います
でも、麻酔の量が少ない方が体力の回復が早いとも聞きますよ どちらにせよ まだ20日ですから焦らずに
ゆっくり休養なさってください
あんまり無理しては 体力が回復していないのだから後で堪えますよ 身体にメスが入ったのは間違いないのだから ご自愛くださいね
ちなみに私は今術後4ケ月以上過ぎましたが 今は殆ど気になりません 今は手術のレベルも上がっているので 傷跡もそれ程目立たないようですね

こんにちは 術後の痛みは不安ですよね
実は私も昨年12月に婦人科系の手術で子宮を摘出しました 私の場合手術は下半身麻酔で(腰椎麻酔)手術室に入る前に緊張を和らげるための注射もされたので 手術中の記憶は殆どなく当然痛みもありませんでした 手術室から出る時に先生から声をかけられて覚醒するといった感じです 頭痛もなくすっきりと目覚めたのでおそらく 麻酔の量や対応がとても上手だったのだと思います 
術後は2、3日 痛み止めの注射を背中に打たれていたので切った後の痛みもそれ程意識す...続きを読む

Q手術後傷口が塞がるまでどのくらいかかりますか?

本日私の父親が鼠径ヘルニア(脱腸?)の手術をして帰ってきたのですが、
傷口が塞がるまでどのくらいみればいいでしょうか?

医者の方から説明をうけたそうなのですが所々忘れてしまったらしく
覚えておくためにも術後気をつけた方がいい事を色々教えてくださるとありがたいですm(_ _)m
父は酒飲みなのですが流石に飲んじゃダメですよね?(^^;;

もっとかかると思ったのに1泊2日で帰ってきたのでビックリしました(^◇^;)
よろしくお願いしますm(_ _)m

・年齢 61
・切った長さ6~8cmくらい、縫合ではなく接着剤で塞いでいる。
・手術日8/23日

Aベストアンサー

傷口が塞がるのと、治るのは別の話です。
塞がるだけならば、1日あればOKです(健康であること)。
でも、それは治ったのではなくて、
弱い力でくっついている、あるいは、くっついているように
見えるだけの話。

ケガをしたとき、血が止まって、薄い膜ができているようなものです。
本当の治癒は、これからが本番ですが、
健康ならば、数日で、ある程度まで回復します。
腱、骨などの特別な組織以外は、
大体、1週間ぐらいでほぼ回復します。

飲酒は、出血傾向を強めるので、1週間はNG。
散歩などの軽い運動は、むしろ、積極的にすべき。
(この時期なので、室内で動き回るか、
空調の効いたショッピングセンターがお勧め)

鼠径ヘルニアの場合、稀に、睾丸の浮腫または痛みを生じる
場合があるので、その場合には、すぐに医師の診察を受ける。

Q開腹手術後の生活について

2月の中旬に卵巣腫瘍と子宮筋腫で開腹手術をしました。腫瘍はとても大きく15キロ以上体重が落ちました。
一ヶ月は安静にしていたほうがよいとのことで、この一ヶ月は家の周囲を散歩したり、車で食事に連れていってもらう程度のことしかしていません。
病院では一ヶ月過ぎたら普通の生活に戻ってよいと言われていますが、周囲の人は、身体が動くようになったこれからが一番大切だといいます。
今まではとても身体を気遣っていたのが、無理をしてしまい良くないというのです。
あまり運動をしなさすぎるのも良くないような気もしますし、無理をして体に負担をかけるのも困ります。

術後一ヶ月の今、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。仕事などの支障がない場合、どのような暮らしが望ましいのでしょうか。
病気のため旅行をキャンセルしたのですが、長期の海外旅行などは、いつごろから安全なのでしょうか。
そして、無理をしてしまった場合、具体的にどのようなことが考えられるのでしょうか。

なんだか沢山質問してしまいましたが、一つでもお答えいただける方、教えてください。よろしくお願いいたします。

2月の中旬に卵巣腫瘍と子宮筋腫で開腹手術をしました。腫瘍はとても大きく15キロ以上体重が落ちました。
一ヶ月は安静にしていたほうがよいとのことで、この一ヶ月は家の周囲を散歩したり、車で食事に連れていってもらう程度のことしかしていません。
病院では一ヶ月過ぎたら普通の生活に戻ってよいと言われていますが、周囲の人は、身体が動くようになったこれからが一番大切だといいます。
今まではとても身体を気遣っていたのが、無理をしてしまい良くないというのです。
あまり運動をしなさすぎるのも良く...続きを読む

Aベストアンサー

15キロ以上も体重が落ちたとは、大変でしたね。
心よりお見舞い申し上げます。

私は8年前に子宮筋腫の手術を受けました。私も筋腫は大きく、重さにして約750g、
「新生児の頭ぐらい」と言われました。ただ筋腫の大きさよりも、術後の処置が
悪かったらしく(本当なら医療ミスで訴えたいところでしたが)、
手術の2日後に再手術になり、輸血をされ、「10日~2週間ぐらい」と聞いていた
入院日数も25日かかりました。

toro39さんと同じ状況ではないので、同じことが言えるかどうか分かりませんが、
一つ参考にしていただけるとしたら、どんな病気でも開腹手術の後は、腸の癒着が
起こり易く、腸閉塞をおこしたり酷くなると腸ねん転になることがあるそうです。

実際、私は筋腫の手術後、1年で腸閉塞になり1週間入院。その半年後にまた…。
以後、半年~1年に1回ぐらい、入院には到らないものの同じ症状に見舞われました。
そして今月初めに、久し振りにまた1週間の入院。酷い癒着はないものの、どこかに
癒着しやすい部分があるため、過労や便秘をした時に、度々こうなるのだろうと
医者には言われました。癒着剥離の手術をしても良いが、その為にはまた開腹手術を
することになるのでその後また別の箇所で癒着が起きる可能性もあります。

だからもう「持病」だと諦めて、今まで以上に身体を気遣う生活をして
閉塞を起こさないようにするしかないのだと覚悟を決めました。

私は普段、特に便秘症ではなく、先日の入院の前もお通じがあったので
まさか閉塞になるとは思っていなくて…。でも、レントゲンで見ると
かなり大腸の中は混み合っていました(^_^;)
完全に詰まってしまう訳ではないことが、かえって災いしていたみたいです。

ですから、腸の状態を良好に保つことは大切かと思います。冷やさないようにし、
あまり運動しなさ過ぎるのも血行が悪くなってよくないと思いますが、急に普通に
運動をする必要もないと思います。「大切に」とは言っても、寝たきりの絶対安静
ではないのですから、食事も栄養バランスを考えて、少しずつ手術前の生活を
思い出して、身体を慣らしていけば良いのでは?

ただ、本格的な運動や海外旅行については、主治医に相談されるのが
一番安心だと思います。

焦らず、ゆっくり療養なさって下さいね(^_^)

15キロ以上も体重が落ちたとは、大変でしたね。
心よりお見舞い申し上げます。

私は8年前に子宮筋腫の手術を受けました。私も筋腫は大きく、重さにして約750g、
「新生児の頭ぐらい」と言われました。ただ筋腫の大きさよりも、術後の処置が
悪かったらしく(本当なら医療ミスで訴えたいところでしたが)、
手術の2日後に再手術になり、輸血をされ、「10日~2週間ぐらい」と聞いていた
入院日数も25日かかりました。

toro39さんと同じ状況ではないので、同じことが言えるかどうか分かりませんが、
一つ...続きを読む

Q開腹手術後のぽっこりお腹

3週間前に子宮頸がんで開腹手術をしました。
8時間の全身麻酔でおへその上から、20cmくらい切っています。
術後のぽっこりと出たお腹が改善されません。

もともと腹筋は有る方でした。

術後、胸の下(胃の部分)から下腹部までキューピーもしくは妊婦のようにぽっこりとかなりお腹が出てしまいました。

術後数日は誰も気にしていなかったのですが、さすがに一週間もした頃から、看護師さんに「こんなにぽっこりしてたっけ」と言われ、その後先生に聞いたら「筋肉が緩んでしまったせい」と言われました。

予定より早く2週間で退院したのですが、直前に、一向に凹まないお腹を気にしていたら、先生がエコーをみてくれ、炎症でもリンパ液でもないと判断してくれました。

体重は術前より1キロ減って、でもお腹の体積はかなり増えています。
看護師さんにも筋肉が緩むだけでこんなにも体積が増えるのか疑問に思っている人、何が入っているんだろうねという人、腸は動いているけど・・・ぜんぜん凹まないねという ナドナド

3週間たった今でも全く改善されず段々腹にすらならないくらいぽっこりです。

これは普通なのでしょうか。

腸の働きが弱くなっていたということで、ツムラの漢方を毎食前に飲んでいます。
これのせいかわかりませんが、日に何度か、キューっと絞られるような痛さに襲われます。
排便前は息ができないくらい痛いこともあります。
これも先生には話したのですが、下痢のときの痛さの様と言ったせいかあまり重要視してもらえませんでした。

関連しているのかわかりませんが、このぽっこりお腹は「普通」まだ暫くは当たり前の症状なのでしょうか。

3週間前に子宮頸がんで開腹手術をしました。
8時間の全身麻酔でおへその上から、20cmくらい切っています。
術後のぽっこりと出たお腹が改善されません。

もともと腹筋は有る方でした。

術後、胸の下(胃の部分)から下腹部までキューピーもしくは妊婦のようにぽっこりとかなりお腹が出てしまいました。

術後数日は誰も気にしていなかったのですが、さすがに一週間もした頃から、看護師さんに「こんなにぽっこりしてたっけ」と言われ、その後先生に聞いたら「筋肉が緩んでしまったせい」と言われました。

...続きを読む

Aベストアンサー

開腹手術されると大抵の人はそうなります。
筋肉が断裂したようなものなので、単純に体内の臓器を支える力がなくなっている状態かと思われます。
数ヶ月くらいして筋肉が戻って来てトレーニング等をしていけばなんとなくは戻るかと思います。

Q開腹手術後(退院後)の腹部の痛みについて

卵巣嚢腫の開腹手術から約2週間、退院してから約1週間経ちます
自宅療養になってから徐々に腹部の痛みが気になり始め、入院中は痛みがなかったのに?と不思議に思っています。
開腹した場所の少し右側のお腹の中で、その部分を押すととても痛くて立ってるのも辛いです。横になると痛みもなくなります。

朝は元気なのですが徐々に痛みが酷くなり(散歩しかしていません)夕方からは寝たきりになってしまいます。
夜寝て朝起きると痛みはなく徐々に痛みが出始め~と毎日繰り返しです。

不正出血もありませんし手術後はこの痛みがあるのは普通?と病院に行くべきか悩んでいます
入院中の方が元気に歩きまわれてた気がします
病院に行けば痛み止めを処方して貰えるのでしょうか?痛みに耐えて沢山歩けばそのうち痛みもなくなりますか?

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

はじめまして。

私は昨年2月に子宮摘出のため開腹手術をしました。
半年は痛みがありましたよ。

個人差らしいです、私の場合は約25センチ切りましたので。

そしてこの寒さですから痛むと思います。
病院内は一定の室温だったし薬も出されていた事でしょう。

もちろん1年経った今でも傷が痛みます。時々。
また内臓が落ち着くまではお腹の痛みがあると言われました。

心配でしたら病院へ行き、診てもらい痛み止めを出してもらったら良いと思います。

ただ開腹した後は、腸閉塞にならないために適度な散歩をしなさいと
私は言われていましたので、退院後は家事を少し少ししました。

それと私の場合は食事をして胃が膨らみ、
腸が活動する夕方が痛むのかもしれないと
病院から言われました。

どうぞ無理せずお大事にして下さい。
そしてきちんと病院で相談される事をおすすめします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報