H2Oの生成熱、H2の解離熱、O2の解離熱はそれぞれ-241.84kJ/mol、435.14kJ/mol、497.90kJ/molである。H-O結合の結合エネルギーを途中式も含めて教えてください。有効数字五桁です。

回答よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 結合エネルギーとは,その結合を切る為に最低限必要なエネルギーです。



 求めるOHの結合エネルギーであれば、O-H の結合を切る反応を行わせる時に必要なエネルギーで、エネルギーをQとすると、その反応を模式的に書けば

 O-H + Q → O + H

ここで、与えられた条件を上の考えに当てはめると

 H2 → 2H   H2 + 435.14 = 2H (式1)
 O2 → 2O   O2 + 497.90 = 2O (式2)


ここで,H2Oは、H-O-H とみれるため、O-H 結合2つが重なっている事と同じであり、
 H2O の生成するのエネルギーをQと仮定すると熱化学方程式は、
 
 2H+O → H-O-H
 2H+O = H-O-H +Q となり、与えられた条件から

 2H + O = H-O-H + (-241.84) (式3)

とあらわされる。

ここで、式3へ式1、式2を代入すると、

(H2+435.14) + 1/2*(O2+497.90) = H-O-H + (-241.84)

∴H2 + O + 925.93 = H-O-H

 従って求めるOHの結合エネルギーは上記の半分となり、
 925.93 ÷2 =462.965 ≒462.97 KJ/mol

ヘスの法則でググれば色々判ると思います。
    • good
    • 0

#1のご回答の中の式3は違っています。


「生成熱」の定義は「化合物1モルを成分元素の単体から合成する」ときの反応熱です。

H2+(1/2)O2-242kJ=H2O
になります。

有効数字5桁なんて数値の出くる不思議な問題を深く考える気にはなれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q<頭でなく心で理解できた>・・・が理解不能です。

<頭でなく心で理解できた>・・・が理解不能です。

マンガでのセリフです。心で理解できたとは、何も理解していないという事では無いでしょうか。
理解・共感とは心ではなく頭でするものではありませんか。頭無しでどうやって分れというのでしょうか?
中高生あたりで読んでから、私はすでに成人。未だに分かりません。誰か分かりやすい意見を下さい。

Aベストアンサー

「スランプなんて誰にでもあるんだよ」
この一言言われて、言われた相手がどう感じるか。
「そっか、俺ばかりじゃなくこいつも今スランプなんだよな」とか「なるほど、誰にでも起こり得る一過性の不調時ね」なんて頭で一々考える?

同じ不調の時を経験した人なら“うん。だよな(俺ばっかじゃないんだよな、こいつだってきっとそういう時があったんだよな)”って心が納得するでしょう。

心で理解すると言うのはなんと言えばいいか分からないけど心が共感するって感じ。頭ではなく心が“うん!”とうなずく感じ。

「同病相哀れむ」を理解できないとか軽蔑するか“(そう)なんだよな”と思うか。

Q化学 熱化学方程式の問題について 問:C3H8+5O2=3CO2+4H2O(液)+2220kJ

化学 熱化学方程式の問題について

問:C3H8+5O2=3CO2+4H2O(液)+2220kJ

H2+1/2O2=H2O(液)+286kJ

プロパンと水素の混合気体を完全燃焼させたら、二酸化炭素13.2g 液体の水14.4gが生成した。このとき発生した熱量は何Jか
(CO2=44,H2O=18)

とあり、解答には

混合気体に含まれるプロパンと水素の物質量をそれぞれx mol , y molとして係数の比より
3x=0.30mol •••••(1)
4x+y=0.80mol•••(2)


よってx=0.10mol,y=0.40mol

ゆえに 2220×0.10+286×0.40=336.4J
とあります。

ここで質問ですが、
①この熱化学方程式について、2式はどんな関係がありますか?

②(1),(2)について、左辺の係数はそれぞれどこのことを指していますか?

③別解はありますか?

質問は以上です。
易しめに解説お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

化学以前の問題で、数学としての問題を抱えていらっしゃいますね。
(1)式と(2)式には関係はありませんよ。
ただ(1)、(2)の両式を満たすx,yを知りたいだけです。

(1)式は何を表していますか?(2)式は何を表していますか?
むやみやたらに式を立てればいいものではありません。
それぞれの式の意味を考えましょう。

別解はいくらでもあるでしょ。
連立方程式を使う場面だったら鶴亀算でも良い。

Qどうして、日本人の多くが心も頭も馬鹿になっちゃったんでしょうか。

どうして、日本人の多くが心も頭も馬鹿になっちゃったんでしょうか。

昔から、心も頭も馬鹿だったんでしょうか。

Aベストアンサー

逆に問いましょう。賢いと言える時期はあったのですか?
単純に慎ましくて、問題点が見あたらないだけだと勘違いしていただけでしょう。

ただ、何を以て、「賢い」「馬鹿」と言っているのでしょう?
島国で生きていると他民族との交流が少ない、それが競争力を減衰させる事はある
でしょう。同じ島国でもイギリスとは大違いです。まあ、歴史的背景も異なりますが。

明治時代から戦後までは、欧米の帝国主義のサルマネをしていました。戦後は、合衆国の
庇護を受け続け、独立国としての方向性がどんどん摩耗してきたのでしょう。
批判は簡単です。だからどうするのかが、現代人の宿題と言えるでしょうね。

Q2H2O2 → 2H2O + O2↑の↑の意味

過酸化水素水の分解の化学式は、
2H2O2 → 2H2O + O2
となると思うのですが、
2H2O2 → 2H2O + O2↑
という風に「↑」がついている式を見かけました。
この「↑」の意味を教えて下さい!!もしくは、この「↑」付きの式は単なる間違いなのでしょうか??

Aベストアンサー

気体の発生だとか沈殿が生成するとかを強調するときに書きます。書いても良いし書かなくても良い、そう言う記号です。
イメージとして、気体が発生するというのは泡が下から上に上がっていく様子、沈殿が生じるというのは水溶液中で沈殿が沈んでいく様子を表していると考えて良いでしょう。

Qまだ付き合ってないけど、いい感じの男の子と2人で何度か遊びに行きました。そこで、恋愛は頭を使うか心を

まだ付き合ってないけど、いい感じの男の子と2人で何度か遊びに行きました。そこで、恋愛は頭を使うか心を使うか みたいな話になって、考えた後、彼は、"もう結婚を考えなきゃいけない年だし頭"っていいました。(まだかなり若いんですけど)

私は"心"で彼に惹かれたのに、
彼が私の事を好きなら "頭" で選んだのかなぁと思うとなんとなく ショックでした…。

これだけだと状況が掴みにくいかもしれませんが、どういうつもりで 頭を使って恋愛する といったのでしょうか?また、頭で恋愛するとはなんだとおもいますか?

Aベストアンサー

>頭で恋愛するとは具体的になんなんですか?!

この女と一生一緒にいられるか多角的に多面的に検討して判断する、ということです。

>私は"心"で彼に惹かれたのに

では気が変わったら投げ出すのですか。

Q反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)について

先ほどもご質問させていただいたのですが、また質問させていただきます;熱化学方程式で、「反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)」という関係式があるのですが、このとき、「単体の生成熱を0として考える」とあります。その理由が、よくわかりません。

なぜそうなるのか、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

単体の生成熱を考えてもいいですが,それは何から作るときの熱と考えればいいですか?
ということで,最初の基準点は何か決めないといけないわけで,手っ取り早く単体から始めるように決めた,というだけのことです.

Qよく、心は折れやすいので「心で考えず頭で考えなさい」といいますが、具体的にはどうしたら良いのでしょう

よく、心は折れやすいので「心で考えず頭で考えなさい」といいますが、具体的にはどうしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

私の理解ですが「科学的に客観的に論理的に頭で考える」ことかと思います。

例えば、
"心で"さみしいな不安だなと感じたときに
"頭で"なんでさみしいのか、なんで不安なのかを考えると原因が見つかったりそんなことを考えてるとなんか大したことないなと思えることがあります。そして自分で変えれること変えれないことを整理します。変えれることは変えて、変えられないことは諦めます。

ここから難しいかもしれませんが、
不安を和らげるには脳内のセロトニンを増やすことが有効とされてます。増やすには運動や日光を浴びます。こういう仕組みを知ると、"心"で不安だな私はダメだから直すことなんて無理!という感情的な考えから、科学的に客観的に論理的な考えすることができるようになります。
考える具体的な方法としてはマインドフルネスはいいと思いますよ。

Q熱化学方程式-ヘスの法則:反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式が理解できません。

問)メタン、炭素(黒鉛)、水素の燃焼熱がそれぞれ890,394,286kJ/molであるとき、メタンの生成熱(kJ/mol)を求めよ。
ただし、メタンと水素が燃焼したときに生じる水は液体であるとする。
答え
CH4(気)+2O2(気)=CO2(気)+2H2O(気)+890kJ
C(黒鉛)+O2(気)=CO2(気)+394kJ
H2(気)+(1/2)O2(気)=H2O(液)+286kJ
なので、メタンの生成熱をxkJ/molとおいて
反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式から、
890=(394+2*286)-x ⇔ x=76
∴ 76kJ
なのですが、生成物・反応物の下に生成熱を書きこむと
左辺が76kJ,0kJ、右辺が394kJ,2*286kJ,890kJで
右辺の方が圧倒的に熱量が大きいので、意味が分からなくなりました。
何故、反応熱Q=(反応物の生成熱の総和)-(生成物の生成熱の総和)でないのか教えてもらえませんか?

*別解(組み立て、エネルギー図)は理解できています。

Aベストアンサー

えっと....
メタンでのみ疑問に思いました? 例えば
C(黒鉛) + O2 (g) = CO2 (g) + 394 kJ
の生成物や反応物の下に生成熱を書き込んでみる (普通しないだろうけど, 「してはいけない」ということもないですよね) と
・左辺は (単体だけなので) 0 kJ
・右辺は 394 kJ と 394 kJ で 788 kJ
になるんだけど, 何かおかしいと思いませんか?
で何がおかしいかというと, 「各物質の下に熱量を書き込むのはいいとしても, 書き込むべき熱量は生成熱ではなく『その物質が持っている (単体からの相対的な) 熱量』でなければならない」ということに気付いていないんです.
つまり,
C + O2 = CO2 + 394 kJ
に対して書き込む熱量は (3つの物質それぞれに対し) 0 kJ, 0 kJ, -394 kJ であるべきです. これなら等号で成り立ちますね.

Q恋愛をするとき、頭 か 心 どちらをつかいますか? また、理由もいっしょにお願いします。

恋愛をするとき、頭 か 心 どちらをつかいますか? また、理由もいっしょにお願いします。

Aベストアンサー

最初は心が引かれていき徐々に頭で考える。

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む


おすすめ情報