最新閲覧日:

コミックかアニメで思い出せない作品を探しています。

 ストーリーは特別な血液型しか生き残れない世界の話としかおぼえていません。

 これだけで分かる方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

完全にマッチしていないのですが・・・。



なんとなく遠からず近からずで(どちらもコミックです)

『D』洞沢由美子(作画のみか原作込みかは未確認)
ほとんどの人間が本当にいきなり突然死んでしまった中、バーコードのようなマークが頭か首の後ろにある男の子達または生まれつき子供を生めない身体の女の子または妊娠中の女の人のみ生き残っているというストーリー。私自身最初の方を部分的に読んだだけなので、なぜ彼等が生き残れたのか真相の部分を知りません。ひょっとして血液型なのかも。

血液型関連で
『B型同盟』高河ゆん
未来世界、なぜか血液型がB型の人間のみ猫化(?)するという設定の中、B型の人間のみのテロリストグループと政府の特殊部隊が敵対しつつ複雑な人間関係を描く物語。主人公はB型双子の女の子のひとりで政府の特殊部隊に無理やりスカウトされ、もう片方は自分の意思でテロリストグループに参加する。

どちらもずいぶん前にアニメ誌に連載されたものです。
『D』はアニメージュ誌上で、こちらに掲載されたものは大抵単行本化されていると思うのですが(有名どころではナウシカ)『D』が単行本化されたかは確認できていません。もしそうなら私も読みたいのですが。
ちなみに作画の洞沢由美子さんは漫画家さんではなく確かスタジオぴえろのアニメーターだったと思います(当時)マジカルエミかペルシャのキャラクターデザイナーの方だったような。

『B型同盟』はNEWTYPE誌で、単行本化されています。


全く的外れな回答かも知れませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔読んでいたのがアニメージュだったので間違いないと思います。
 後は中古で探してみます、ありがとうございました。 

お礼日時:2010/09/02 03:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいわゆる「ディストピア」物の作品で「権力者側」「支配層側」から描いた作品はありませんか?

「1984」や「メトロポリス」のようなディストピア物の小説や映画、漫画、アニメで
支配層もしくは権力側の人物から描いたオススメの作品がありましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

そこに到るまでがかなり長いですけど、漫画で太田垣康男先生のMOONLIGHT MILE。

主人公は建設技術のエキスパートとして月面都市を作る計画に参加し、数々の困難を乗り越え、コネやパイプを作り月面都市における警察組織の長官にまで出世します。主人公の親友も、月面都市の支配者にまで登りつめます。
若い頃の主人公は理想の月面世界を作ると希望に燃えていましたが、最前線を走っていたらいつの間にか自分も周りも偉くなってしまい、家族の為に暴動の鎮圧やテロリストの掃討などの汚れ仕事もしなければならないという現実が悲しいですね。

Q映画ではなくビデオ作品だったと思うのですが、90年〜00年代の作品で、3人くらい(男1人、女2人)の

映画ではなくビデオ作品だったと思うのですが、90年〜00年代の作品で、3人くらい(男1人、女2人)の学生が、学校(おそらく高校)で不思議で少しホラーな体験をする内容なのですが、どなたか類似する作品にお心あたりがないでしょうか。
前田愛さんが出ていて、女子の1人が犯人(元凶?)だった気もします。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.occultic.net/horroreiga.html
ここに無ければホラーではなさそうですね。
誰か死んだり血が出たりしますか?

Q面白い小説のストーリーを書くには

面白い小説のストーリーを考えるには、どうしたらいいのですか。
10月が締め切りなので、急いでお願いします。

Aベストアンサー

10月に間に合うか分かりませんが、書かせていただきます。
といっても、著名な作家(脚本家・漫画家?・放送作家兼小説家)の方がされていたお話です。
(私の経験談では、決してありません。)


一人目:倉本聰さん。
北海道には、『北の国から』の資料館があるそうですが、
そこには、倉本聰さんが、登場人物の履歴書のような詳細なプロフィールを書かれた資料があるそうです。
脚本を書く前に、登場人物のディテールを固めることで、登場人物が、執筆中にリアリティのある存在として、御自身の頭の中で動きだすそうです。
「ストーリーを固める前に、登場人物の設定に、こだわってみてはいかがでしょうか」。


二人目:(多分)藤子・F・不二雄先生(?)
倉本聰さんと、ほぼ似ているのですが、『ドラえもん』の執筆時には、ストーリーよりも、使う道具の特徴を、詳細に決めてから、その道具の特徴から生じる「メリット・デメリット」を確認して、ストーリーを考えていたそうです。
「ストーリー固める前に、小物・アクセサリー類から着想を得てはいかがでしょうか」。


三人目は:青島幸男さん
青島さんは、小説だけでなく、エッセイでも、放送用台本でも、書き終えてから、冒頭部分を丁寧に読み直して、初めの200字から~400字程度、場合によっては原稿用紙10枚くらいを削除していたそうです。「書き始めの部分には、背景説明、プロフィール等々が多くなってしまって、読者からすれば、”単なる能書き”が連なっていて、面白味が無い」といった趣旨のことを話されていました。
「とりあえず、書き始めてみて、推敲の段階で、読者が冗長と感じる部分を、大胆に削除したらいかがですか」。


まあ、こんな感じです。

10月に間に合うか分かりませんが、書かせていただきます。
といっても、著名な作家(脚本家・漫画家?・放送作家兼小説家)の方がされていたお話です。
(私の経験談では、決してありません。)


一人目:倉本聰さん。
北海道には、『北の国から』の資料館があるそうですが、
そこには、倉本聰さんが、登場人物の履歴書のような詳細なプロフィールを書かれた資料があるそうです。
脚本を書く前に、登場人物のディテールを固めることで、登場人物が、執筆中にリアリティのある存在として、御自身の頭の中で動き...続きを読む

Q実際の出来事を題材にしたフィクション作品

他の作品を模倣する手法はパスティーシュやパロディやオマージュなどと呼ばれますが、
実際の出来事を題材とした作品やその手法を表す言葉はありますか?
「インスパイアされて」という言葉はよく聞きますが、その他にあるのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

モデル小説でしょうか。
しかし、実在の企業や経済事件をモデルにした場合は、単に企業小説とか経済小説と呼ばれる様に思います。
実在の人物について書かれたものなら伝記とか。

Q日本限定の各血液型のいいところと嫌なところ。

日本限定の各血液型のいいところと嫌なところ。

Aベストアンサー

血液型は世界共通
https://uranailady.com/trivia/bloodtype.html
動画、同じ血液型でも拒絶反応を引き起こす事もありうる。
https://www.youtube.com/watch?v=EJzjuuP0vF4


人気Q&Aランキング

おすすめ情報