[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

造影CTについて
先日単純CTで膵臓と他臓器との境界線がはっきりしない=膵臓肥大の可能性ということで、たまたま同時期に左脇腹に腹痛があったこともあり、腫瘍マーカーの検査を受けました。結果、腫瘍マーカーは問題なし、膵臓の腫れもおそらく標準の範囲内ということで、膵臓がんである可能性はほぼ間違いなくなし、との診断を受けました。しかし、膵臓がんは極初期の場合は単純CTでは所見が認められず、腫瘍マーカーにも異常がみられない、と何かで読んだことがあり、部位が最強のガンと言われる膵臓ですので、念のため造影CTでも膵臓を調べて頂き、更に安心したいと願いつつ、造影CTで被爆することを考えると躊躇してしまい悩んでおります。
ちなみに、担当医師は今回のCTの画像では膵臓の尾部が肥大して見えたものの、腫瘍などを認めた訳ではないので、100%保障とは言えないが、造影CTを受けなければならない程のリスクはないと思う、とおっしゃっていました。
実際、造影CTで被爆することのリスクはどれほどのものなのでしょうか?また、医師からもし造影CTを希望するならば、短期間に何度も被爆することを避けるため、少し間を空けた方が良いとのアドバイスを頂きましたが、その間というのは具体的にどれくらいの期間をいうのでしょうか?お詳しい方のご意見を拝聴できますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

膵臓癌を早期に発見する一番よいのは超音波でしょう。

ただし、この検査は検査を受ける人の体格やおなかのガスの量などで膵臓自体が非常に見えにくいことが多いです。
膵臓は体のいちばん深い部分にあり、その前に胃などの消化管があります。超音波検査は空気に弱いので体表と膵臓の間に空気のある腸が入り込むと検査の検出感度は一気に悪くなります。
MRIは組織の違いを見出すには有用ですが、小さいものを診断するにはCTよりも劣ります。
CTだと単純CTよりも造影剤を注射しながら時間をずらしながら何度から撮影する検査が最も検出が良好で、詳しく診断できます。
日常的に行われている検査ですから、被曝も問題となる量ではありません。
膵癌の心配もないまったく健康な人ならば、被曝を強いてまで行う検査のメリットがありませんが、膵臓癌の懸念のある人ならば、つまり腫瘍マーカーが高い人や質問者さんのように膵臓の腫大が指摘されているような人には行うだけのメリットがありますから、被曝のリスクよりも得られるメリットの方が大きいと判断できます。

実際の膵臓CTの被曝リスクを数値化することは難しいでしょうけど、喫煙するよりも生存年数への寄与は少ないと思います。
日数を開けるという提案もあまり意味のないことかもしれません。担当医の意味するところは、被曝によって損傷した細胞の回復を待つという意味だと思います。CTの被曝程度であれば、一晩寝たら治るくらいですから、あまり意味をもたないと個人的には思います。膵臓の腫大もそれほどがんを疑っているようなものではないから、その辺はご自身の通院の都合に合わせてで良いと思います。左わき腹の痛みが強くなるとか、持続するというのであれば別ですが。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

非常に明解なご回答をどうもありがとうございました。膵臓について、またエコー、MRI、CTの違いが良く理解できたことで、全ての疑問、心配事がクリアになり、おかげさまで躊躇していた造影剤CTの検査を受ける決心がつきました。大変丁寧なご説明と何より貴重なお時間を割いてくださいましたことに心より感謝致します。

お礼日時:2010/09/05 15:53

造影剤の投与の副作用を受け低血圧を呈し,血栓症血管拡張で13年間生死をさまよう苦労をして来ました。



造影剤そのものに副作用を受けて終う体質でしたから,単純では有りません。
造影剤投与で直ちに死亡する場合と,
徐々に私の様にジワジワト全身を傷めつけられ毎日の様に救急車搬送されて来ました。

くれぐれに慎重になさって下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

死亡例があるとは聞いておりましたが、awjhwe様がご経験されたような形で造影剤そのものが凶器になってしまうこともあるのですね。長い間本当に大変な思いをされてこられたのですね。貴重なアドバイスをどうもありがとうございました。どうぞお身体大事になさってください。

お礼日時:2010/09/02 00:31

医学的には、担当医の先生の仰ることが正しいでしょう。


造影CTを受けて膵臓癌が見つかる可能性はほとんど無いと思われます。
ただ、癌で無い事を確認したいお気持ちはよくわかりますので、造影CTをお受けになってもよいでしょう。

造影CTの被爆量は、撮影の方法によります。
膵臓癌の場合、同じ箇所を何度も撮影するやり方で撮影することが多いですから、これだと3-4倍の被爆量になります。

ただ、毎週撮影するわけでもありませんので、1回や2回の撮影では、気にする程の量ではないと思います。
そもそも、どのような影響を心配しておられるのでしょうか?
間を空ける必要は無いと思います。

被爆以外のリスクとしては、造影剤の副作用もあります。非常に希ですが、死亡することもあります。

お気持ちとリスクを天秤にかけて、ご選択されたらよいかと思います。

追伸:造影CT以外の検査としては、超音波検査やMRIがあります。どちらも被爆はありませんが、一長一短がありますので、主治医とよくご相談下さい。

この回答への補足

ご回答どうもありがとうございました。もしお願い出来ましたら、一つ教えて頂きたいのですが、早期膵臓がんを発見することは非常に困難だと聞き、より鮮明な画像が得られる造影CTを、と思いましたが、超音波検査やMRIでも同等の結果は得られるのでしょうか?私のような素人ですと、例えば超音波検査では膵臓のように隠れた場所にある臓器の疾患は写らないのでは?と考えてしまうのですが。。。

補足日時:2010/09/01 13:12
    • good
    • 2

こんばんは



被曝のリスクを気にされているようですが…

3つの可能性がありますよね

(1) 被曝を気にされて 造影CT検査を受けなくて 早期発見できず

気付いた時は 進行した癌だった場合

(2) 被曝のリスクを負ってでも検査を受けて 癌が発見されて

早期治療ができた場合

(3) 被曝のリスクを負って検査を受けたが何も発見されなかった場合

肝臓は沈黙の臓器と言われていて 癌の発見が難しいと言われますが

膵臓はもっと難しいです なかなか語ってくれません

もし 私だったら 造影CT検査を受けます

「違うであろう」と言われていても「違う」という確実性を高める為です

「放射線の被曝」と「膵臓癌」を天秤にかけたら… ってことです

たた これはあくまで 私個人の考えです

それ程おおげさに考えることでもないのかもしれません

私は医療従事者ですが医師ではありません

放射線技師でもないので 被曝量も 間をあける時間もわかりません

なので 他の方々の考えも考慮されて決断されるのがよろしいかと思います

確実なお話ができなくてごめんなさいね
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございました。可能性が低いとはいえ膵臓がんを煩っているかも知れないという不安と被爆の危険性と、どちらがより恐ろしいか、、、やはり膵臓がんですよね。同じようにお考えの方がいらっしゃって、”造影CT受けます”と断言してくださり、なんだか心強いです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/09/02 00:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膵臓癌で末期・・・なのに症状なし

私の母が3月24日に膵臓癌と告げられました。
余命半年から1年とも言われました。

病院嫌いの母が病院に行き始めたのは、
大雪が続いた2月の始めに肩甲骨のあたりに痛みを覚え
それが半月ほど経っても改善されなかった為、
疲労骨折を疑っての事でした。
そして掛かり付けの個人病院へ行ってレントゲン、エコーを撮った結果
骨に異常はないのだけれど、肝臓にポリープ(後に良性と言われた)
胆嚢に小さな点があるので大きな病院でもっと詳しく調べておいで、
と言われました。

紹介された病院ではエコー、MRI、血液検査を実施し、
膵臓、肝臓に腫瘍が見つかりましたが、血液検査で異常が見られた
胃と大腸を胃カメラ、内視鏡にて急いで検査するべきだ、と言われました。
どちらも結局異常も無く、問題点はないとの結果の後に言われたのが末期の膵臓癌です。

けれども時間が経つにつれ、どうも納得行かない点がいくつかあるのです。

(1)黄疸がまったくない。
(2)食欲不振・体重の減少が見られない
(3)消化不良による下痢もない
(4)膵臓と大きな関わりのある、糖尿病の疑いもない。
(5)本人は背中しか痛くない。

これは一例ですが、私が調べた結果、膵臓癌の主な症状のどれもが全く当てはまってはいないのです。

膵臓癌でも、これらの症状が全く出なくて末期と言うこともあるのでしょうか?
膵臓癌の知識のある方、どうか教えて下さい。

私の母が3月24日に膵臓癌と告げられました。
余命半年から1年とも言われました。

病院嫌いの母が病院に行き始めたのは、
大雪が続いた2月の始めに肩甲骨のあたりに痛みを覚え
それが半月ほど経っても改善されなかった為、
疲労骨折を疑っての事でした。
そして掛かり付けの個人病院へ行ってレントゲン、エコーを撮った結果
骨に異常はないのだけれど、肝臓にポリープ(後に良性と言われた)
胆嚢に小さな点があるので大きな病院でもっと詳しく調べておいで、
と言われました。

紹介された病院ではエ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめして。
お母様の突然のご病気に、質問者様をはじめ、ご家族様のお気持ちを考えると、本当にお辛いと思います。

すい臓がんは大変症状が出にくく、「最近、なんだか食欲が無い」「背中がおもだるい、痛む」「血糖値が高いと言われた」など、様々の症状で調べてみたら、かなり進行したすい臓がんであったと言う方が多く、
また、これらの症状が全て出るわけではない方も多く、その中のどれか一症状だけの状態で発見される方も多いです。

国立がんセンター内に、すい臓がんの詳しい説明がありますので、参考にしてください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/pancreas.html

また、このHPに「家族ががんになったとき」というページがありますので、もし、よろしければ参考にしてください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/qa_links/brochure/family.html

ただ、現状の病名告知に対して、納得がいかない、不安がある場合は、やはり、不安や不満をそのままにする事は良くないと思います。
主治医に、もう一度病状の説明を希望し、納得行くまで話を聞く事をお勧めします。

また、セカンドオピニオンを他の医師や医療機関に求められても良いと思います。
この場合も、「セカンドオピニオンを希望したい」と、主治医に伝えられれば、必要な検査データーや書類などを用意してくれると思います。

大切なお母様のことです。
どうか、納得の行く、より良い方向を見つけてくださいね。

はじめして。
お母様の突然のご病気に、質問者様をはじめ、ご家族様のお気持ちを考えると、本当にお辛いと思います。

すい臓がんは大変症状が出にくく、「最近、なんだか食欲が無い」「背中がおもだるい、痛む」「血糖値が高いと言われた」など、様々の症状で調べてみたら、かなり進行したすい臓がんであったと言う方が多く、
また、これらの症状が全て出るわけではない方も多く、その中のどれか一症状だけの状態で発見される方も多いです。

国立がんセンター内に、すい臓がんの詳しい説明がありますので...続きを読む

Q胸部・腹部CTでは何が分かりますか?

胸部・腹部CTでは何が分かりますか?
5ミリ以下の癌とか腫瘍はわからないですよね?
先月から体調悪くて普通に食べてて…むしろわざと油物やカロリー高い物を食べて様子を見てるのに1ヶ月でー4キロの体重減少・中からじわじわズキズキする背部痛もあり癌が心配です
その為一般血液検査や大腸内視鏡・胃カメラをやり先週はCTもやり今日結果聞いたら異常無しと言われました…
なのに体は異様な痩せ方してるし(特に肩・腹、腰周り・スネ等…150センチ77キロの肥満体だったのが見た目55~60キロ位に見える程痩せた)
背中も痛いし
医者には気にしすぎとも言われたけどそれだけでこんな症状でるんですかね…
もし痩せたり背部痛が出る位ならかなり進行してるだろうし癌だったら5ミリ以上になっててCTにも映りますよね?
それともそこまではわからない?それとCTで膵臓癌や子宮癌・卵巣癌はわかりますか?
一体何の検査をやれば体重減少・背部痛の原因がわかる的確な答えが出るのか教えて下さい。
(心療内科へ行ったら?という回答は無しで)

Aベストアンサー

NO2回答者です。
疼痛がありながら、原因不明な状況は不安ですね。
私は医師ではありませんが、関係者です。
血液検査で異常がないということですから、今後やってみるならば、
やはり腫瘍マーカーでしょう。例え5ミリ以下でも悪性ならば指標と
なる程度の数字が出ます。
また炎症反応のスクリーニング検査CRPも高値に変化します。
そしてCTでだめならMRIとなりますが、癌の疑いを診断できない
最初の病院では行ってくれないでしょうね。
背部痛の主な疾患は胃、膵臓、心筋梗塞等が内臓ですが、やはり整形外科で
一度見てもらってからでも原因を特定しやすいかもですね。
癌最高の発見率を誇るペット検査もありますが、こちらは地域により
かなり医療機関も限られますし、高額になります。また待機期間も
長いと聞いていますから、参考までとしてください。

QCT検査でわかること

体調不良で検査の一環でCT検査を受けました。症状から推測して何か異常が出るだろう、と思っていたんですが異常なしとのことでした。CT検査をした結果なので心配はしていませんがCT検査ではどういった病状が判るのでしょうか?腫瘍やガン、炎症なども判るのでしょうか?

Aベストアンサー

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(膵炎、膵癌など)、脾臓の大きさ、腎臓疾患(腎癌、水腎症など)および副腎腫瘍、腹部大動脈瘤などがわかります。胃や小腸、大腸などの疾患は大きなものしかわかりません。また骨盤CTでは膀胱、男性なら前立腺、女性なら子宮(子宮筋腫や子宮ガン)、卵巣腫瘍などがわかります。しかし、CTにも限界があり、病変の大きさ、造影剤の使用の有無によって初期のものや小さいものは見出せない場合があります。また、CTはあくまで形態の診断で、肝機能や腎機能などの正確な機能検査は血液や尿検査を行わないとわかりません。炎症は病気によってわかるものもあります。最後に、体調不良の一環でCT検査を受けたとのことですが、一般的には放射線被爆量の多いCT検査は精密検査に入り、どこが悪いかわからないけどとりあえず行う、という検査ではありません。また、医師の説明が不十分である印象を受けます。ご参考に。

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(...続きを読む

Q単純CTで見つからない癌が造影剤ありCTで見つかることはありますか

去年義父がすい臓がんで亡くなりました。その頃から今まで妻が悲しみを忘れるように毎晩お酒を飲んでいました。その後、最近になり左わき腹に激痛があったため、病院に行きまして単純CTを取りました。しかし肝臓やすい臓は特に問題ないみたいです。そこで質問なのですが、義父がすい臓ガンで亡くなっていて、妻自身も左わき腹と背中に痛みがあるため、すい臓ガンを疑ってます。単純CTでは見つからなかった癌も造影剤ありのCTの場合、見つかったりもしますでしょうか?他に調べる方法等あれば教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表題の質問ですが、十分あります。
CT検査も万能ではなく、ましてや造影剤を使わない検査は万能なはずはありません。
膵臓辺りなら超音波検査が、人によっては有効ですね。
全身の検査を思えば、PETの健診もいいかもしれません、お金があれば。
まあ、家族歴があるからといってわき腹と背中の痛みで膵臓癌と短絡的に考える必要もないと思いますが。

Q血液検査ですい臓の値が悪い

10月の終わりに血液検査を受けました。
今週月曜に結果を聞きました。
アミラーゼ123
リパーゼ454
トリプシン656でした。

明日病院に行き検査してもらいますが、すい臓がんの可能性もあるのでしょうか?
すい臓がんの特集を見ていたら怖くなりました。

わかる方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

母の場合ですが、背部痛以外はだるい、疲れる、食欲がないというような、ごく一般的な症状でした。
背部痛といっても、さほど深刻でもなく念のために病院へ行き、胃カメラ、エコー検査をしましたが異常が見つかりませんでした。
それから2ヶ月たってもだるさや食欲がないということで、日赤にてCTで何かあるということで検査をし、すい臓がんが見つかったわけです。

すい臓がんで胃痛がある人もいらっしゃるかと思いますが、医師がすい臓がんを疑ってたなら、腫瘍マーカーとか、まずは検査入院をすすめると思いますので、sのようでなければ、差し迫ったことではないのかなと推察します。

私は両親とも最悪の結果でしたが、そうじゃない患者さんの方が多いと聞きます。あまり深刻に考え過ぎないようにとしか言いようがないのですが、両親とも検査入院して、わりかし早く確定診断がでました。
早く結果が出て、晴れ晴れとした気持ちになられるといいですね。

Q膵臓に直径3cmの腫瘍(21歳の娘)

3日前に21歳の娘がお腹に激痛があり、ホ-ムDrに診て貰ったところ
大きな病院で検査をすることに。超音波検視鏡での診断結果では、
直径3cm程度の腫瘍が、膵臓の真ん中にボ-ルの様に
形成されているとのこと。
良性か悪性か、他の部位に転移していないか?を、明日午前
CT検査にて確認するとの事です。
CT検査結果のデ-タ-で執刀医(外科医)が、腫瘍の状況を
判断出来なければ更なる検査を実施。
外科医が腫瘍の状況を判断出来れば、午後には手術説明となる
運びです。
我家の在住地はドイツでして、如何せん事の急展開に正確な
情報が得れません。
現在、インタ-ネットで膵臓がんに関するあらゆる記事を
読破中です。
病院は、当地では専門性があり、名医が居る病院として知名度が
ありますが。それでも、手術に関する不安が残ります。
如何せん、夢多き21歳の娘の膵臓がん手術となるかもしれないのです。
是非、皆様のアドバイスをお願い申し上げます。

お聞きしたい点は、

1、膵臓に出来た腫瘍に癌以外の物(良性)は有り得るのか?

2、腫瘍なので、癌であってもなくても1/4を残して切除
  しなければならないとの医師説明でしたが、
  普通の生活が出来る様になるには、術後どれくらいの期間が必要
  でしょうか?
  (特にダンスを一生懸命して来た子なので、ダンスを再び
   出来る様にしてあげたい)

3、術後に回復に向けて留意する点は?

以上、何卒ご教示宜しくお願い申し上げます。
どんな点でも助かります。

3日前に21歳の娘がお腹に激痛があり、ホ-ムDrに診て貰ったところ
大きな病院で検査をすることに。超音波検視鏡での診断結果では、
直径3cm程度の腫瘍が、膵臓の真ん中にボ-ルの様に
形成されているとのこと。
良性か悪性か、他の部位に転移していないか?を、明日午前
CT検査にて確認するとの事です。
CT検査結果のデ-タ-で執刀医(外科医)が、腫瘍の状況を
判断出来なければ更なる検査を実施。
外科医が腫瘍の状況を判断出来れば、午後には手術説明となる
運びです。
我家の在住地はドイツでして...続きを読む

Aベストアンサー

>膵臓の真ん中にボ-ルの様

良性の腫瘍は存在します。
その場合の切除の目安が3cmですので、手術適応となるのは仕方ないと思います。
おそらく、膵臓の頭部を残して下さると思いますので、良性の腫瘍であった場合には回復が早いと思います。
日本国内なら1ケ月以内に(最短2週間)での退院となるようです。
膵臓は、膵液などの消化液をつくる器官ですから、食事制限はあるていど一生ついて回ると思って下さい。(揚げ物などを多量に食べることはきらめる。)
しかし、日常生活は普通に送れるようになると聞いています。(社会人では、かなり早期に事務職なら復帰しているようです。)
ダンスを職業としてできるのか?は、疑問が残ります。
大変わかりやすいサイトがありますので、紹介しておきます。

膵臓の良性の腫瘍についての説明のサイト
膵嚢胞性疾患 http://mymed.jp/di/myj.html
家庭の医学 膵嚢胞と嚢胞性腫瘍
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/?t=first&k=09&sc=ST050360&dn=2

膵臓癌についての解説
http://pancan.jp/content/view/142/4/

がん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/index.html

>膵臓の真ん中にボ-ルの様
ということから、良性の粘液性嚢胞腫瘍 の可能性も考えていらっしゃるのかなあと。
というのは、日本的なイメージの悪性腫瘍を当初から疑っているのであれば、膵臓だけではなく、十二指腸切除等、他の内臓もごっそり切除の方向に進むこともあり得る訳ですから・・・・・・。

というわけで、ご心配とは思いますが、「手術可能」であったという事で、膵臓の腫瘍としては、明るい部類に入りますので、過度のご心配なくお過ごし下さいますように。
手術がうまく行くことを願っています。

>膵臓の真ん中にボ-ルの様

良性の腫瘍は存在します。
その場合の切除の目安が3cmですので、手術適応となるのは仕方ないと思います。
おそらく、膵臓の頭部を残して下さると思いますので、良性の腫瘍であった場合には回復が早いと思います。
日本国内なら1ケ月以内に(最短2週間)での退院となるようです。
膵臓は、膵液などの消化液をつくる器官ですから、食事制限はあるていど一生ついて回ると思って下さい。(揚げ物などを多量に食べることはきらめる。)
しかし、日常生活は普通に送れるようにな...続きを読む

Q腫瘍マーカー ca19-9の異常値について

母が1年前にステージ1の乳癌を申告されました。

その後直ぐに手術をし、乳房を取る事無くリンパに転移している事も無く、
腫瘍だけを取り除く事が出来ました。

そして、食事にも気を付け(肉やアルコールは一切取らない)
サプリメントも飲み、経過の生活にはとても気を付けていました。

しかし、本日腫瘍マーカーの検査の結果
ca19-9が1370と、とても高い数値が出ました。

11月にはPET検査をし、特に異常も見当たらず、
翌月にはca19-9は76と、正常よりも高いですが100も超えていない数値でした・・・

色々と調べてみたのですが、1000を超える数値の方が余りいないようで・・・
100を超えると癌の可能性が高いと書かれていたので、
とても不安になっています。

母の様子で気になる点は、つい最近胃の調子が悪いと言っている事です。
胃酸が逆流しているような感じがすると言っていますが、
食欲はあるようで、おかゆのような優しい食事ですが
美味しいとも感じるようです。

来週、精密検査をする予定ですが、
いても経ってもいられず質問させて頂きました。

そもそもca19-9の数値がいきなり1370も出るのでしょうか・・・
そして、癌以外の可能性のある病気もあるのか知りたいです。

よろしくお願いします。

母が1年前にステージ1の乳癌を申告されました。

その後直ぐに手術をし、乳房を取る事無くリンパに転移している事も無く、
腫瘍だけを取り除く事が出来ました。

そして、食事にも気を付け(肉やアルコールは一切取らない)
サプリメントも飲み、経過の生活にはとても気を付けていました。

しかし、本日腫瘍マーカーの検査の結果
ca19-9が1370と、とても高い数値が出ました。

11月にはPET検査をし、特に異常も見当たらず、
翌月にはca19-9は76と、正常よりも高いですが100も超えていない数値でした・・・

色...続きを読む

Aベストアンサー

過去の例がありますので参考にされてください
高い数値でなぜ高いか医師にも分からないという回答もあります

9年前に胃がんで全摘出しており、その後3ヶ月ごとに検査をしていますが、
そのひとつである腫瘍マーカー「CA19-9」の数値が検査の度に上昇しています。
3ヶ月前は1,000でしたが、つい先日行った検査では1,900という数値でした。
このマーカーの基準値は37ですので、異常であることは確かです。
そのため、CT、エコー、RIなど何度か受けてきましたが、それでも
なにも見つかりませんでした。

CA19-9は確かに腫瘍マーカーの一種で、膵癌で上昇することはあります。また、女性では婦人科疾患でも上昇することもあります。しかし、CA19-9が高値で精査をしても、全身のどこにも異常が認められない場合も多くあります。そういう意味ではあまり不安になる必要ないと思います。
そういう意味では、CA19-9の信憑性はそれなりだということになります。

Q腹部CTではどのようなことが分かりますか?

はじめまして。
数ヶ月前から左上腹部に違和感があり、ここ最近は右と左ではお腹の膨れ具合が違う気がして、
触ると硬い感覚があったので、胃腸、消化器専門の病院へ行きました。
ちなみに痛みはありません。
たまに便秘の時に感じるようなつれるような痛みを軽く感じることはあります。

病院では、まずは問診と触診。
先生も「左と右で全然違うね。左の肋骨が元々右より出てはいるけど・・・。」とおっしゃっていました。

先生は胃に何かあると疑っていたようで、胃もたれはあるか、吐き気はあるか、など聞かれましたが、
そのような症状は一切ありません。
それに4か月前に集団検診で胃のバリウム検査をしていて異常はありませんでした。

その旨を伝えると「集団検診は胃潰瘍程度なら見逃しちゃうからね。」とおっしゃり、
結局その日腹部CTを撮り、今週半ばに注腸検査をする予定です。

腹部CTと言うのはその日に結果が分かると思うのですが、注腸検査の日に同時に結果を報告すると言われています。
考えても仕方がないのですが、何か異常があったら・・・と不安な日々を過ごしています。

腹部CTではどのようなことが分かるのでしょうか?
CTで腸に異常はなさそうでも注腸検査はするものですか?
万が一胃などに異常が見つかった場合、腸の検査じゃなく胃カメラをしたりする必要があるのでは?
と思い、CTと注腸検査両方の必要性はあるのかどうか疑問に思ってしまいました。

主治医に聞くべきことなのですが、その日はよく把握しておらず、帰宅してから色々調べてみて疑問に思ったので書き込んでいます。
詳しい方、どんなことでも良いので意見があれば頂けると嬉しいです。

はじめまして。
数ヶ月前から左上腹部に違和感があり、ここ最近は右と左ではお腹の膨れ具合が違う気がして、
触ると硬い感覚があったので、胃腸、消化器専門の病院へ行きました。
ちなみに痛みはありません。
たまに便秘の時に感じるようなつれるような痛みを軽く感じることはあります。

病院では、まずは問診と触診。
先生も「左と右で全然違うね。左の肋骨が元々右より出てはいるけど・・・。」とおっしゃっていました。

先生は胃に何かあると疑っていたようで、胃もたれはあるか、吐き気はあるか、など聞かれ...続きを読む

Aベストアンサー

CTでわかる大腸癌というのは、かなり進行した癌しかわかりません。しかも、便をなくす前処置もしていないので、大腸になにかあったとしても、便と大腸癌の鑑別はできません。通常のCTの目的は膵臓癌だの腎細胞癌などのスクリーニング目的であり、大腸の評価目的ではありません。

ただし、最近のCTだと仮想内視鏡モードがあるので、あたかも大腸内視鏡検査をしているかのような画像を得ることができます。ただ、NEJMなどの雑誌に載っていた報告では、CTによる仮想大腸内視鏡は、前処置が普通の大腸内視鏡と変わらないこともあり、そんなに患者さんの評判はよくなかったようです。

ただ、いまどき、注腸検査はしません。特になんらかの疾患を疑わない限りは大腸内視鏡検査をすべきです。注腸検査だと、とりきれていない便とポリープの鑑別ができないので、多くの場合は大腸内視鏡までする事になります。大腸の検査が必要なら最初から大腸内視鏡検査をすべきかと思います。

なお、血液検査の腫瘍マーカーは、感度・特異度からいって何か癌を疑うべき画像診断があってからすべきものです。現在の腫瘍マーカーは単独で検査する意味があるほど、いい検査ではありません。

CTでわかる大腸癌というのは、かなり進行した癌しかわかりません。しかも、便をなくす前処置もしていないので、大腸になにかあったとしても、便と大腸癌の鑑別はできません。通常のCTの目的は膵臓癌だの腎細胞癌などのスクリーニング目的であり、大腸の評価目的ではありません。

ただし、最近のCTだと仮想内視鏡モードがあるので、あたかも大腸内視鏡検査をしているかのような画像を得ることができます。ただ、NEJMなどの雑誌に載っていた報告では、CTによる仮想大腸内視鏡は、前処置が普通の大腸内...続きを読む

Qがんの検査におけるMRIとCTの有効性の違いについて

お世話になります。
例えば、膵臓がんの検査におけるMRTとCTの有効性について教えて戴きたいと思います。
(胃ガンであっても、肺ガンであっても、同じかも知れませんが)
CTについて放射線被曝の危険性があることをあえて度外視した場合、
MRIとCTとではどちらが有効とされているのでしょうか?
前者については、初期のがんが見つけにくいと聞いたことがあります。
また後者は、がんの進行状況を把握するために用いると聞いたことがあります。
結局、がんの程度に応じて使い分けするものなのかなとも勝手に思っていますが、
病院によってはMRIが導入されていないところもあり、なかなか患者が選択できるものでも
ないのかも知れませんが、
そこをあえてMRIを導入している病院を選んで行くべきなのかどうか迷っています。
素人でもわかるよう、ご説明を戴けると幸いです。
質問内容が不適切な部分があるかと思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も患者家族の者ですので、詳しいことは分かりませんが・・・。
例えば、肺がんの場合、レントゲンをとると影があるのがわかりますよね。その後、CTを撮ります。CTを撮ると、レントゲンより詳しく、腫瘍の大きさが分かります。また、脳腫瘍の場合、CTをまず撮ります。そこで、脳が腫れていることは分かりますが、その実際の大きさは分かりません。そこで、MRIを撮ります。そうすると、正確な大きさがわかります。またCTにうつらない小さな脳腫瘍もMRIだと見つけることが出来ます。
初めはレントゲン、CTなどで検査し、異常が見つかったら、MRIで検査するのが一般的だと思います。しかし、脳以外の臓器にMRIを使うかは分かりません・・・。私の母は肺がん、転移による脳腫瘍ですが、肺はレントゲンとCT、脳はCTとMRIです。
因みに、MRIが導入されている大きな病院でも、CTは緊急などですぐに撮れますが、MRIは数週間前から予約が必要になることがあると思います。
参考になれば幸いです。

Q胃のCTスキャンはどこまでわかるか

胃の痛みや不快感、倦怠感、体重減少などが1~2ヶ月続いたため、進行癌を心配し、胃のレントゲンと内視鏡検査を受けますが、すでに以下の検査は済んでいます。

・CTスキャンでは腫瘍を疑う所見なし
・腫瘍マーカー(CA19-19、CEA)も正常値
・触診も問題なし
・ヘモグロビンも正常範囲(ということは貧血なし?)

担当医は「レントゲンと内視鏡検査を診ないと確定診断はできないが」としながらも、今のところ腫瘍を疑う根拠は見あたらないとしています。
冒頭の症状を伴う胃癌があるかどうかは、CTや血液検査だけではわからないのでしょうか。

Aベストアンサー

「胃や腸の病変は、CTスキャンではわからない」というのは誤りです。
進行胃癌や進行大腸癌は、CTスキャンやエコーでもある程度診断がつく場合があります。また、CTスキャンでリンパ節転移や肝転移などがわかり、その所見から胃癌・大腸癌などを疑う場合もあります。もちろん、確定診断は、内視鏡検査が必要です。
しかしながら、早期癌をCTスキャンで診断することは困難かと思いますし、進行癌でもわからないことはあります(腹部エコーなら、早期胃癌を見つける事ができる場合がありますが)。
すなわち、CTスキャンでで胃癌があることを診断することは可能ですが、胃癌が無いことを診断することはできません。
血液検査の腫瘍マーカーは、各種癌の診断(スクリーニング)に有用ですが、腫瘍マーカーが高値であれば癌を疑うことはできますが、癌と確定することはできません。また、低値(正常値)であっても、癌を否定することもできません(腫瘍マーカーが上昇しない癌もあるからです)。
主治医の先生がおっしゃっているのは、CT、腫瘍マーカーからは癌を疑う所見は見あたらなくても、癌が有るか無いかは、実際に胃の中を見てみないとわからないという事です。(それじゃあ、どうせ内視鏡検査をするなら、なぜCTスキャンを撮影したのかということになりますが・・・)
ちなみに、胃のレントゲンと内視鏡検査を予定されているとのことですが、2つの検査のどちらとも受けてから、主治医に結果をお聞きになる予定ですか?
両方いっぺんに予定することは、あまり一般的ではありませんね。検診では、まず胃のレントゲン(バリウムを使った胃透視検査)をして、異常があれば内視鏡検査をするのが一般的。症状が有って病院を受診した場合、まず内視鏡検査をして、異常があった場合に必要に応じて胃透視検査をするのが一般的だと思います(医師の考え方も、それぞれかと思いますが)。

「胃や腸の病変は、CTスキャンではわからない」というのは誤りです。
進行胃癌や進行大腸癌は、CTスキャンやエコーでもある程度診断がつく場合があります。また、CTスキャンでリンパ節転移や肝転移などがわかり、その所見から胃癌・大腸癌などを疑う場合もあります。もちろん、確定診断は、内視鏡検査が必要です。
しかしながら、早期癌をCTスキャンで診断することは困難かと思いますし、進行癌でもわからないことはあります(腹部エコーなら、早期胃癌を見つける事ができる場合がありますが)。
すなわち、CT...続きを読む


人気Q&Aランキング