外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

ホワイトリカーを料理に使えるか?

漬物用に買ったホワイトリカーがたくさん残っています。
煮物などの料理の調味料に使ってもいいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ホワイトリカーは、純粋なエチルアルコールー水混合溶液であり、それ以外の成分を含んでいません。

加熱してあるコール分を飛ばせば、残っているのは単なる水で、味も何もありません。これは甲類焼中、ウオッカと全く同じです。
同じ蒸留酒であっても、ウィスキーやブランデーは樽熟成中に樽からの芳香成分が溶け込んでいるために、お菓子などの香り付けには用いられます。
ですがホワイトリカーばかりは、味付け、香り付けには使う意味が全くありません。

もし質問者さんが酒に強いのであれば、別の意味での使い道があります。それは保存性の付与。
薄味の料理は冷蔵庫保存しても長期間は持ちません。この様な時にホワイトリカーを加えておけば、保存性付与の役に立ちます。
魚や肉、野菜などの煮物を沢山作ってしまった時に、ホワイトリカーを加えています。正月のおせち料理なども、長期間食べる事になるので、薄味のものに加えておけば、保存料になります。

たとえば小松菜などの野菜は正月寸前にかなり値上がりします。値段が安いクリスマス前に買い込んでおき、茹でてホワイトリカーを多めに加えて保存します。
鶏肉も雑煮サイズに切って湯通しした後、ホワイトリカーを加えておけば、かなり保存できます。使う時にもう一度火が入るため、アルコール分はほとんど飛んでしまいます。
もちろん、アルコールは香り付けだけでもだめと言う方にはお勧めしません。

それからホワイトリカーも飲めますよ。そのまま飲んでも美味しくないので、梅干しを入れてお湯割りにすれば美味しく飲めます。ジュースを入れてカクテルにする方法もあります。
    • good
    • 7

お酒を料理に使うのは日本酒にしても洋酒にしても


「旨み」成分のアミノ酸が含まれているから使うのですが
蒸留酒にはそれが有りませんから使っても意味ありません

ホワイトリカーはアルコール度数が高いので
消毒に使うほうが有効です

冷蔵庫内の掃除に使えば消臭、殺菌になります
シンク下の掃除に使えばカビの予防になります
トイレ掃除の後にスプレーすれば殺菌消臭出来ます

使い方はスプレー容器に入れて噴霧してから雑巾で
拭き取っても良いし、
揮発性が高いのでシンク下等は拭き取らなくても
大丈夫です

注意点としては
フローリングの床にこぼさないように気を付けて下さい
ワックスが取れてそこだけツヤが無くなってしまいます
(又、ワックスを塗れば元に戻ります)
    • good
    • 3

お酒を料理に使うのは日本酒にしても洋酒にしても


「旨み」成分のアミノ酸が含まれているから使うのですが
蒸留酒にはそれが有りませんから使っても意味ありません

ホワイトリカーはアルコール度数が高いので
消毒に使うほうが有効です

冷蔵庫内の掃除に使えば消臭、殺菌になります
シンク下の掃除に使えばカビの予防になります
トイレ掃除の後にスプレーすれば殺菌消臭出来ます

使い又はスプレー容器に入れて噴霧してから雑巾で
拭き取っても良いし、
揮発性が高いのでシンク下等は拭き取らなくても
大丈夫です

注意点としては
フローリングの床にこぼさないように気を付けて下さい
ワックスが取れてそこだけツヤが無くなってしまいます
(又、ワックスを塗れば元に戻ります)
    • good
    • 2

使えますよ。


コツは少量使うことですねー。
でも味が淡白なので、日本酒や白ワインの代わりとして使うとちょっと物足りないかも、、、
なれればこれはこれでおいしいですけど、、、
    • good
    • 3

梅酒なんか作るアレですよね?


アレ、甘みが皆無です。一度舐めてみてください。
料理酒って甘みの追加にいれるじゃないですか。なんでそのままだと
アルコールも強いし(料理酒の倍あります)代わりにはならんかと……
それこそ氷砂糖で割ればいいんでしょうが
だったら普通に料理酒買った方がたぶん安いですねw
    • good
    • 1

一般的に醸造酒(清酒、ワイン等)は料理に使用しますが、蒸留酒(焼酎、ウィスキー等)は料理に使用しません。

蒸留課程で、旨味成分的なものがなくなるせいでしょう。

そんな蒸留酒の中で、比較的よく料理に使われるのが沖縄の泡盛です。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q …

しかし、泡盛は焼酎でも比較的不純物(?)の多い、単式蒸留しょうちゅう(旧乙類)です。連続蒸留しょうちゅう(旧甲類)のホワイトリカーは使えるかも知れませんが、料理に適しているとは思えません。
    • good
    • 1

ホワイトリカーは焼酎の仲間なので、料理酒として使えば大丈夫なはずですよ(^0^)/

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホワイトリカーの用途でどなたか教えてください。

ホワイトリカーの用途でどなたか教えてください。

先日、手作り化粧水を作るためにホワイトリカー(900mlパック)を買いました。
でも化粧水が肌に合わず、ホワイトリカーがほとんどあまっています。
ホワイトリカーって料理酒のように、使えるものなのでしょうか?
また、果実酒や化粧水以外で、他に何か用途がありますでしょうか?
(料理以外でもアイディアがあったら教えていただきたいです)

Aベストアンサー

ホワイトリカーをお酒と思わずに、35度のアルコールだと思えば、掃除などの用途に広がると思います。アルコールの濃度が高いので除菌の用途に使えますし、油性の汚れを落とすのにも使えると思います。ちなみに、自分の場合、ジャムやシロップを入れる長期保存用の瓶の消毒にホワイトリカーを使っています。

掃除に使う例は結構あるので検索してみるとよいと思います。

Qホワイトリカーって焼酎のことですか?

アロエ酒を作りたくて、本にあった
「ホワイトリカー」を買いに行ったのですが
その名前ではありませんでした。
ホワイトリカーとは焼酎のことかなとも
思うのですが、そうでしょうか?

もしそうだとしたら、
焼酎と言ってもいろいろ種類があるようですが
一般にアロエ酒などに使うにはどんな種類の
焼酎がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ホワイトリカーは甲類の焼酎で、アルコール分は35%です。一般的には広口瓶入りの大容量で売られていますが、一升入り紙パックもあります。
ただ「ホワイトリカー」でなければいけないということはなく、甲類の焼酎で35%でしたらOKです。が、なるべくプレーンな(?)ものがいいでしょう。代表的な銘柄は「宝焼酎」で、昔ながらの丸底瓶の、あれです。「純」「トライアングル」などでもいいのですが、割高になりますし、風味が微妙に違います。

なお焼酎にはその甲類の他、乙類というのがありまして、「蕎麦焼酎」「麦焼酎」「芋焼酎」などがそれです。銘柄名「いいちこ」「雲海」などなどたくさんありますが、この乙類はそれぞれ素材の味や香りがついてますので、果実酒にはまったく向きません。最近は乙類がブームで、コンビニやスーパーの類いのお店だと、棚に並んでいるのは乙類の方が多いと思います。ラベルに「甲類」「乙類」の別は必ず記載されていますので、お店で品物をとってみてください。

Q開封後のホワイトリカーは保存できますか

毎年梅干しを作るのに1.8リットルのホワイトリカーを買います。
全部使わないのですが、また来年までとっておく事はできますか?
アルコールが飛んでしまったりするのでしょうか?
家族誰もお酒を飲まないので、梅酒を作っても一向に減りません。
なので保存ができればと思うのですが・・・

Aベストアンサー

問題ないですよ^^)

不安なら、紙パックからビンに入れ替えてれば済みます。
焼酎ですから基本的に腐らないし、埃とか入んなければOK

開栓すると、紙パックが膨らんでしまうので心配されたのでしょうか?
これどうしょうもないようですから、仕方ないですよ。

時間がたって不安なようなら、塩を入れて料理酒としておく方法もありますが、そこまでしなくてもね・・・参考までに

Q開封済みのホワイトリカーって使えるの??

去年梅酒と梅を漬けたときにホワイトリカーが半分くらい残りました パックはあまりふくらんでいませんが、梅の消毒や梅酒を作るのに使えますか?

Aベストアンサー

冷暗所に保管してあったのなら、少し飲んでみて酸っぱくなければ、アルコール濃度が下がっているかも知れませんが問題なく使えるはずです。

Qホワイトリカーの活用法

ホワイトリカーが沢山あるのですが、
何かいい使用方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

大抵の場合、果実酒用として用いますが、面倒であれば、チューハイ用としてそのまま飲んでも大丈夫です。
ホワイトリカーは、甲類焼酎として瓶、ペットボトル詰めで販売されている物とほぼ同じ。
ホワイトリカーは「無味無臭」ですので、そのまま飲んだらおいしくありませんが、ソーダ、果汁で割ればそれなりにおいしく飲めます。

Q梅干の皮を柔らかくする方法は?

梅干の皮を柔らかくする方法は?
家内が毎年梅干を作っています。本の通りにやっているのですが、市販の物に比べ皮がかたいといっています。過去の質問を検索すると、土用干しをすると柔らかくなるということですが、家内も土用干しはしているようです。干し方が足りないのでしょうか。干し方の目安はありますか。それとも他にも原因があるのでしょうか。はっきりしないので、質問させて頂きます。

Aベストアンサー

>「皮」も柔らかく出来ると理解してよろしいでしょうか?

我が家では塩分が濃いまま保存しており、食べる時に有る程度まとめてお湯に短時間つけ込み塩出しをしています。
その後、食器乾燥機で有る程度水分を飛ばして居ますが、これをすると梅干しの皮も相当に柔らかくなって、場合によっては皮が破れる物も有るほどです。
とりあえず少しだけ試してみられてはいかがでしょう。

Q残った果実酒・フルーツワインの利用法を教えてください

お酒が苦手なのに、フルーツワインを購入してしまいました。
飲まないままにあるのですが、飲まずに捨ててしまうのも、なんだかもったいないので、なんとかお料理とかに再利用できれば・・・と思っています。
果実酒・フルーツワインのレシピや再利用の方法を教えてください。
どうぞよろしくお願いいたしますっ(^-^)

Aベストアンサー

果実酒を使った料理&デザートのサイトです。

http://www.takarashuzo.co.jp/products/shochu/homemade/cooking/index.htm

あとアルコールをとばして調味料を加えて焼いたお肉などのソースなどに使ってみてはどうでしょう?

参考URL:http://www.takarashuzo.co.jp/products/shochu/homemade/cooking/index.htm

Q焼酎を料理にどう使える???

調味料として焼酎を使った料理を教えてください!それから、「焼酎漬け」について。漬ける”材料”・焼酎に漬けることの”効用”教えてください!!よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

こんばんは。

#2さんも書かれていますが、具体的に家の場合、豚の角煮やスペアリブ煮を作るときに水の代わりに焼酎を入れますよ。豚特有の臭みが無くなりますし、お肉も柔らかくなります。

焼酎漬けの方ですが、これは飲用のものだけでしょうか?家の場合、昔からの常備薬として「びわの葉・種の焼酎漬け」を作っています。
http://www.riki-kk.co.jp/erioboryae/biwa/cure.htm
虫刺されやかぶれ、傷口の消毒や口内炎などに使いますが、ビワの炎症を鎮める効果と、焼酎(35度のもの)の高い殺菌力の両方で、とても重宝していますよ。よろしけれお試しくださいませ。

御参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.riki-kk.co.jp/erioboryae/biwa/cure.htm

Qホワイトリカーの値段の違い

梅酒をつくるホワイトリカーって、複数のメーカーのものがありますよね。
アルコール度数は同じなのに、紙パック1.8L入りで900円~1300円と差があって、タ○ラみたいな有名メーカーのものが高く、地元の無名メーカーのものは安いようです。
今までは、単純に「無名メーカーのは叩き売られるのかな」などと思って今年も最安値のものを買ったんですが、ふと、もしかして材料の違いとか味の違いとかあるのかも?と思いました。

けど、たとえ材料が違っても、甲類焼酎なら原料の匂いはほぼ消えているので、梅酒にしちゃえば味の差は分からないんじゃないかと思うのですがこのあたりもどうなんでしょう。

整理すると、
○ホワイトリカーの値段が違う理由
○安いものと高いものの味の違い
です。知ってる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2度目の登場です。

>たとえばモラセスの品質が違ったり~~
「モラセス」は先にも書きました通り、サトウキビを搾った液を砂糖の原料となる、純度の高い糖液を抽出した後に残る、言わば「絞りかす」なわけで、元々は捨ててしまうような物。とても品質を語れるようなシロモノではありません。
サトウキビの品種は「より高濃度の糖液を作る」事と「気象による影響を抑える」事に特化しており、「絞りかすで酒を造ること」に関してはまったく配慮されていません。
葡萄や米はお酒を造ることを目的に作られていて、その絞りかすも品質を語ることができるのとはワケが違うのです。

>アルコールで輸入して日本で調整したりで安くなったりとかはないんでしょうか?
アルコールにして輸入した場合、現地で加工した方が人件費は安く済みますし、原料で輸入するより輸送コストは安くなります。
しかし輸入関税がかかります。
輸送費の関係で高濃度アルコールで輸入されることになると思います(薄めればそれだけ嵩が増しますから)が、それだと「飲用アルコール」ではなく「原料用アルコール」扱いになるから関税は安くなるのかな?
まぁどっちにしろ「原料で」輸入されることはないでしょう。
そうなると各社の価格差はなくなることになりますね。
この辺の細かい所までは残念ながらよく知りません。

残りは「企業努力」ぐらいでしょうか?
事実お酒のディスカウントでも同じ商品の価格がお店によって500円も違うようなことはよくあることですし。

2度目の登場です。

>たとえばモラセスの品質が違ったり~~
「モラセス」は先にも書きました通り、サトウキビを搾った液を砂糖の原料となる、純度の高い糖液を抽出した後に残る、言わば「絞りかす」なわけで、元々は捨ててしまうような物。とても品質を語れるようなシロモノではありません。
サトウキビの品種は「より高濃度の糖液を作る」事と「気象による影響を抑える」事に特化しており、「絞りかすで酒を造ること」に関してはまったく配慮されていません。
葡萄や米はお酒を造ることを目的に作られてい...続きを読む

Q梅を土用干ししたあと、どうすばいいのでしょうか?

今年初めて梅干しを漬けました。まだ先の事なんですが、土用干しをしたあとの梅はまた梅酢に漬けて保管するのでしょうか?それとも、別の容器に入れて保管するのでしょうか?教えて下さい。
あと他に気おつけなければいけない事がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

2種類の方法があります。

その1 土用干し後の梅だけを保存容器に移す。
その2 土用干し後の梅を梅酢の中で手泳がせ、それを直ちに引き上げ、保存容器に移す。

その1の作り方では、カラカラとしたものに仕上がり、その2の作り方では、しんなりとしたものとなります。硬いか柔らかいか、というか、水分を感じないか・感じるかというどちらかのものとなります。よりお好みのものに近い保管法を選択なさるとよいかと思います。半分づつ、2種類ともお試しになさるのも、後々、役に立つかもしれません。どちらにしても、保存容器は消毒(煮沸又は熱湯)なさると安心できます。容器としてはホーローかガラス製が望ましいです、酸に強いので。梅が入る大きさがあるなら、わざわざそのために購入なさらずとも、お手持ちの空き瓶でも大丈夫ですよ。
土用干しをするときははお天気具合が気にかかりますね。たいへんですが、できれば、晴天の続く数日間を費やして、1度くらいは裏表を返しながらすれば、よくよく干しあがります。
また、梅酢も捨てずに別の瓶かペットボトルなどに保存しましょう。殺菌力が強いので何かと生活に使えますし、料理の際にも活用できます。ただ、白梅酢より赤梅酢は強烈なので、ご使用に際しては、後一考なされるとよいと思います。

2種類の方法があります。

その1 土用干し後の梅だけを保存容器に移す。
その2 土用干し後の梅を梅酢の中で手泳がせ、それを直ちに引き上げ、保存容器に移す。

その1の作り方では、カラカラとしたものに仕上がり、その2の作り方では、しんなりとしたものとなります。硬いか柔らかいか、というか、水分を感じないか・感じるかというどちらかのものとなります。よりお好みのものに近い保管法を選択なさるとよいかと思います。半分づつ、2種類ともお試しになさるのも、後々、役に立つかもしれません。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング