目安としての常用漢字表や学年別漢字配当表は必要だと思いますか。
わたしは必要だと思います。これらの表がなかったら漢字の乱用が増えるからです。
学年別漢字配当表の字数(私案)を下記に示します。
小1:100字,小2~小6:各200字,中1~中3:各300字 計2000字
また,漢字の指導は読めることを優先し,書けることは二の次でよいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

目安としては必要だと思いますが


詳細な事情を知らずに“絶対的なもの”と捉える人がいるため
今以上に注意が必要だと思います。
http://www.taishukan.co.jp/kanji/qa01.html#Q0042

学年別配当表についてですが
小学校の頃に教科書が妙にひらがなばかりだったことに
違和感を覚えた記憶があります(特に低学年の頃)。
友人が未習の漢字を使って先生に怒られたこともあり
これは今でも納得がいきません。
例えば1学年上の漢字を教科書に載せたい場合などは
振り仮名をつけて漢字を表記する等でも良いように思います。
これもある意味で過剰反応と言えるでしょう。

このように、特にお役人が関係するものについては
過剰反応が懸念されますので
「書けることは二の次」には賛成しますが
明文化はしないほうが良いように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>友人が未習の漢字を使って先生に怒られたこともありこれは今でも納得がいきません。
全くですな。表現の自由が憲法21条で保障されているにもかかわらず。
>例えば1学年上の漢字を教科書に載せたい場合などは振り仮名をつけて漢字を表記する等でも良いように思います。
まずはルビなしで読ませてみるのはいかがでしょうか。

お礼日時:2010/09/03 07:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q常用漢字表,学年別漢字配当表,人名用漢字表はどうあるべきだと思いますか

常用漢字表,学年別漢字配当表,人名用漢字表はどうあるべきだと思いますか。

Aベストアンサー

廃止すべきです。頭の悪いのが更に駄目になる下らん制限です。
『温故知新』が、これじゃ出来なくなります。

Q学年別漢字配当表にとらわれていては,系統的な漢字の学習はできないと思い

学年別漢字配当表にとらわれていては,系統的な漢字の学習はできないと思いますか。

Aベストアンサー

q:学年別漢字配当表にとらわれていては,系統的な漢字の
 学習はできなか?

a:お尋ねのとおり、学年別漢字配当表にとらわれていては,
 系統的な漢字の学習には不利だと思います。

 しかし、系統的な漢字の学習はそんなに意義のあることでは
 ありません。

 そもそも、漢字は系統的な学習をするから使えるようになる
 のではなく、言葉の習得と同じく、使うべき局面に遭遇し
 その局面で使われている漢字を見て、読み書きを繰り返す
 ことにより、使えるようになるものです。
 これが、生きた漢字の素養となるのです。

 系統的な漢字の学習のための学年別漢字配当表と言うのは、
 文部官僚と阿世学者の、メシの種に過ぎません。
 検定で何級の資格があるといっても、単に知識があるだけで
 読み手に誤解を与えず、意思疎通の役に立てるとは限らない
 のです。

Q漢字検定の勉強をしていますが、「感ける」(かまける)の常用漢字表外読みが出てこない理由を教えてくださ

漢字検定の勉強をしていますが、「感ける」(かまける)の常用漢字表外読みが出てこない理由を教えてください

Aベストアンサー

常用漢字表には「感」の字に「訓」がないのですね。だから仕方なく「感」の音を日本語の中に取り込んで「感ず」→「感じる」という言葉を作ったわけです。ところがここに「かまける」という訓らしい「日本語」が出てきました。それではこれを「訓」にしたらどうかと言うことですが、しかし、そうも行かないのですね。漢語の「感」=日本語の「かまける」というわけには行かない。だから「漢和辞典」を引くと「訓」は無しです。それにしても「国語辞典を引くと「かまける」に「感」の字を当てている。
 あるいは、ひょっとして「かまける」という言葉は「感」と関係があったのかと考える。「日本国語大辞典」のなかで、「かまける」は「感」という漢字を下二段活用させたものだと書いてある。「かまく」(下二段)が「かまける」(下一段)になったというのである。そう考えたのは、「山田文法」で著名な山田孝雄博士です。これに追従する人はあまりないようですが、とにかく「かまける」を唯一の「感」の訓と名乗らせるには、異論がありそうです。

Q学年別漢字配当表は廃止すべきだと思いますか。

学年別漢字配当表は廃止すべきだと思いますか。
 私は廃止すべきだと思います。この表のせいで本来漢字で表記すべき語が仮名書きや交ぜ書きになってしまい,大変目障りだからです。

Aベストアンサー

漢検1級・日本語教育研究所客員研究員です。

教師の立場で言えば、配当表みたいな教育の目安があれば楽だとは思います。ですが、教わる側からすれば、このようなものはナンセンスの極みであると考えます。できる子はどんどん覚えて使えばいいのです。

まず、交ぜ書きですが、あれは私も問題があると思います。交ぜ書きを見せられた子供がどのような反応を示すかと申しますと、

・かなの部分に勝手に誤った漢字を当てはめる(わたしはこのような現場を何度も目撃しました)
・そのように大人も書くのだと錯覚する

また、こんな表があることによって、表に載っていない難しい漢字は使ってはいけないものと思い込んでしまい、勉強意欲を殺いでしまうという、看過できないことになるおそれがあるのです。(小学生とは結構そういうことに目が行くもので、私も子供のころ「こいつ変な漢字使ってやがる」と、周りから結構ツッコまれたものです)ですから、ルビをもっと活用すればいいと思います。

大体、大の大人が二字熟語をかな交じりで書くなんて恥ずべきことです。自ら、「私の頭脳程度はこんなもんです」と宣伝するに等しいことです。ちゃんとした大人なら、書類であれメモであれ、そんなみっともない書き方はしないものですよね。

漢検1級・日本語教育研究所客員研究員です。

教師の立場で言えば、配当表みたいな教育の目安があれば楽だとは思います。ですが、教わる側からすれば、このようなものはナンセンスの極みであると考えます。できる子はどんどん覚えて使えばいいのです。

まず、交ぜ書きですが、あれは私も問題があると思います。交ぜ書きを見せられた子供がどのような反応を示すかと申しますと、

・かなの部分に勝手に誤った漢字を当てはめる(わたしはこのような現場を何度も目撃しました)
・そのように大人も書くのだと錯覚す...続きを読む

Q目安としての常用漢字表や学年別漢字配当表は必要だと思いますか。

目安としての常用漢字表や学年別漢字配当表は必要だと思いますか。
わたしは必要だと思います。これらの表がなかったら漢字の乱用が増えるからです。
学年別漢字配当表の字数(私案)を下記に示します。
小1:100字,小2~小6:各200字,中1~中3:各300字 計2000字
また,漢字の指導は読めることを優先し,書けることは二の次でよいと思います。

Aベストアンサー

目安としては必要だと思いますが
詳細な事情を知らずに“絶対的なもの”と捉える人がいるため
今以上に注意が必要だと思います。
http://www.taishukan.co.jp/kanji/qa01.html#Q0042

学年別配当表についてですが
小学校の頃に教科書が妙にひらがなばかりだったことに
違和感を覚えた記憶があります(特に低学年の頃)。
友人が未習の漢字を使って先生に怒られたこともあり
これは今でも納得がいきません。
例えば1学年上の漢字を教科書に載せたい場合などは
振り仮名をつけて漢字を表記する等でも良いように思います。
これもある意味で過剰反応と言えるでしょう。

このように、特にお役人が関係するものについては
過剰反応が懸念されますので
「書けることは二の次」には賛成しますが
明文化はしないほうが良いように思います。

Q学年別漢字配当表をどう改定したいですか。

あなたなら,小学校で習う漢字(教育漢字)の一覧表“学年別漢字配当表”をどう改定したいですか。私は次のように改定したいです。以下選定基準。
(1)漢字出現頻度数調査で500位以内の常用漢字のうち,教育漢字でないものは「候補漢字S」とし,基本的に入れる方向で考える。
(2)漢字出現頻度数調査で501~1000位の常用漢字のうち,教育漢字でないものは「候補漢字A」とし,基本的に入れる方向で考えるが,不要なものは落とす。
(3)漢字出現頻度数調査で1001~1500位の常用漢字のうち,教育漢字でないものは「候補漢字B」とし,特に必要な漢字だけを入れる。
(4)漢字出現頻度数調査で1501位以下の教育漢字は「候補漢字C」とし,削除するか個別に検討する。

Aベストアンサー

おはようございます
漢字の造りも考慮してると思いますのでいちがいには使用頻度だけで
判断はしにくいんじゃないでしょうか。

小学校1年の漢字が難易度バラバラになったら色々困ることになると
思いますよ(笑)。


改訂というと現在の何が問題だと思いでしょうか。まずそこを書かな
いとアイデアは出しにくいと思います。


例えばまず自分の名前くらい漢字でかけるようになるべきだ(例えそ
れがキラキラネームでも)。単なる使用頻度ではなく名前での使用頻
度で考えるべきだ、とか。勿論このアイデアは上に書いた理由により
却下すべき考えだと思います。

Q常用漢字表にない文字について

常用漢字表にない文字(外字というのでしょうか)ってかなりの数がありますよね。
たとえば常用漢字では一本の線だけど、その一本の線の真ん中が少し離れているなど、文字を相当大きくしてみないと判別できないものもありますよね。

そもそも、微妙な違いの漢字が何でそんなにたくさん存在するのでしょうか。
漢字の誤りが、そのまま使い続けられた結果、似たような字が多く存在するようになったのでしょうか。

Aベストアンサー

誤りもあるでしょうが、元々漢字の形はそう厳密に決まったものではなかったはずです。
元は象形文字、言ってしまえば「絵」なのですから、描く人によって違いが出て当然です。
複数の部品を組み合わせた字も、組み合わせ方や変形のしかたに個人の美的センスが反映されるでしょう。
それが、時代が進むにつれ活字ができ、字の形が1つに決まっていないと都合が悪くなりました。
そこでそれから漏れた字が今外字などと呼ばれているわけです。

Q語彙増やしたいんですが常用漢字辞典とかありますか?携帯アプリとかオススメのやつ 皆が使ってる常用漢字

語彙増やしたいんですが常用漢字辞典とかありますか?携帯アプリとかオススメのやつ
皆が使ってる常用漢字アプリとかサイト教えてください。
らのべとか読んでメモってたりしてるんですがすぐ忘れて、記憶力が悪いです。

Aベストアンサー

ラノベぃっぱぃ読んだけどぉ語彙ふぇなかったぁ。

Q塾での教材販売

小さな学習塾をやっています。
教材を販売している会社から教材を購入し、それを生徒に買ってもらうのですが、生徒に買ってもらう値段は私が教材を購入した値段で売るのが一般的なんでしょうか。他の塾の教材はそんなに安く生徒に売っているような気がしないのですが・・・

ちなみに教材を購入した場合、何費になるのでしょうか?

Aベストアンサー

私が勤めていたところでは、卸価格?と言いますか、割引で買えましたので、売るときに定価で売りました。まとめ買いすれば送料もただでしたので、別に明細を作ることぐらいだったですかね、手間があるとしたら・・・。でも怪しい上乗せはしてないですよ~(笑)
出納帳では教材費としていましたが、購入の費用は別の部署で一括だったので不明です。。。

Q常用漢字って必要?

例えば「亜ヒ酸」なんて表記を見ると、だったら全部カナで書けぇ!・・・と思わず叫びたくなってしまいます。このような漢字の使用制限にどのような意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

この問題は可也根が深いです。
戦後早々に占領軍が漢文教育を禁止しようとしました、理由は他国の古典を公的教育で教える必要があるのかと、漢字を多く無茶暗記せないといけないからだと云う事のようです。何でもかんでも唯唯諾諾と無茶暗記をさせる教育が戦争を引き起こしたと云う意見は当時は可也有りました。
又、国語の表記として、ことばは話す事が基本。漢字で見ないと解らないようの言葉はなくしてしまえと云う意見(表音派)と日本の伝統を守る必要もあるし、何よりも書いたものにはアクセントなどは無いから漢字は必要である(表意派)との二者が初期の国語審議会では争いました。
その妥協として日常普通に使う漢字を「当用漢字音訓表」として公布しました。
教育現場としては、義務教育で教えなければならない基準が必要でした。と云うのは戦前戦中は国定教科書であったから全国統一の教科書でしたが戦後は民間で作った教科書を使う事になったからです。それには「当用漢字」から択び学年に配当した「教育漢字」と云うものがつくられました。
又、新聞、雑誌は義務教育のみの人でも読めなければ読者は限られてしまうのと、常備する活字の種類を少なく済むと云う事からこれに同調しました。
只、これ等は飽く迄も義務教育での基準、法律や官吏の文書の基準であって、文芸や個人の創作については何等拘束する処はなかったのです。処が出版社や新聞社は資材の関係や無学の人にも読めると云う事で「自主規制」をはぢめてしまいました。これが今日に続く制限漢字と云われる弊害です。
その後、「当用漢字」は改定されて「常用漢字」となりましたが、実情は変わっていないようです。更に「ゆとり」教育とかで「教育漢字」すら碌に読めない層が増えた所為もあり、カナ書き益々目立つようになったと云う処でしょうか。

「全部カナで書け」…表音派の一番過激な人はそれを狙っていたようです。中には漢字どころか仮名も止めて全て羅馬字にしろと云う人も居ました。
「意味がある」と云うよりも、現在は漢字が読めない人が増えているし、学校も教える事が多いので、最低限の基準を設けましょうと云う事です。只、最近漢字検定がブームになっていますが、それは一部の事で漢字はめんどくさいものと云う意識が蔓延っているようです。まあ、これは入試対策で瑣末の事まで書き方を五月蠅く云うのでうんざりすると云う事も原因でしょう。

記者はもう少し漢字を生かして使えないと思っています。昔は振り仮名があり、「亜砒酸」ならば、「砒」に「ヒ」と振れば済む事だと思っていますが、振り仮名は印刷にせよ放送にせよ面倒なのか煩雑なるのか、最近では殆ど行われていません。昔は大衆向けの講談本や児童書などは総振り仮名でそれで結構漢字の読みを覚えたものです。

この問題は可也根が深いです。
戦後早々に占領軍が漢文教育を禁止しようとしました、理由は他国の古典を公的教育で教える必要があるのかと、漢字を多く無茶暗記せないといけないからだと云う事のようです。何でもかんでも唯唯諾諾と無茶暗記をさせる教育が戦争を引き起こしたと云う意見は当時は可也有りました。
又、国語の表記として、ことばは話す事が基本。漢字で見ないと解らないようの言葉はなくしてしまえと云う意見(表音派)と日本の伝統を守る必要もあるし、何よりも書いたものにはアクセントなどは無...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報