あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

一般的に車両後部への追突は10対0だと思いますが、
「猫が飛び出したので思わずフルブレーキをかけて停車した」と言う車に真後ろから追突した場合、過失割合は10対0、になりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

後方からの衝突では、「車間距離」と「走行速度」が問題になります。



また、衝突の前に「後方車輌」がブレーキを使いますが、その痕跡等でも変わります。
後方車輌には「車間距離保持」が義務付けとなりますから、当然「予測運転」が必要になります。
前方車輌が、「ブレーキランプの故障」や急な割り込みでの直後に急ブレーキを掛けた等でないと「過失」は問えないのが現場でしょう。

もし「猫」ではなく「子供」でしたら、当然「フルブレーキ」は当たり前ですから、後方車輌が衝突した場合は「回避可能な状態」を保持していないとして重過失になります。

今回の質問ですが、「猫が飛び出し」て急ブレーキを掛けても、前方車輌には過失責任は問えないでしょう。
その行為が「過失」になれば、「如何なる飛び出し」に対してでも事故回避ができなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/09/04 16:09

「別冊判例タイムズNo15」の【85】から、



危険時以外の急ブレーキなら70:30
猫が飛び出したということで多少の危険は認められるので90:10ぐらいでしょう。
    • good
    • 0

理由のない急ブレーキでの追突事故であっても70:30です。


例えば追突車をA、被追突車をBとすると・・・

修正可能な要素があるとすれば、
A、B双方の過失とAの速度違反、Aの車間距離、
Bのブレーキランプの故障等です。

この場合は、Bの過失は少なく、
むしろ追突したAの車間距離や速度、過失が問われるので
90:10か10;0になると思います。
    • good
    • 0

以前は、なにがあろうと、オカマ(後ろからの追突)は10対0でした。


急ブレーキを踏まれても止まれるように安全な車間距離を後ろの車がと
るべきだという理由からです。

最近は悪意のある急ブレーキなど(いわゆる当り屋)などの場合、10
対0ではなくなりました。なにがなんでも後ろが悪いとはいきません。

ではご質問の「急に猫が…」
この場合は後ろが100%ですね。ぶつかった後ろの車が目撃者を見つ
けて、猫などいなかったことを証明できれば別ですが。
    • good
    • 0

 子供じゃなくてよかったですね。



ってのが率直な感想です。

やはり追突したほうが10対0でしょうね。
    • good
    • 0

保険屋にまかせとけばいいじゃん。


任意保険入ってないってことか?

まぁ、猫が出てきてブレーキ踏んだ車に
追突しないような車間距離を取っておかなかったのかとか、
前方不注意じゃないかとか・・。

要はなんの言い訳にもなりませんな。

普通にオカマほったのと同じじゃない?
10:0が当然かは知りませんが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q煽った車VS追突した車の過失割合についてです。

煽った車VS追突した車の過失割合についてです。

通学時間帯に追い越し車線側を70キロで走っている車に、車間を5メートルぐらいにつめて、パッシングと右ウインカーを出して後ろを走っていると、突然急ブレーキを踏まれて追突しました。悪意のある急ブレーキで相手の過失割合が10割悪いと私は思っています、路上での口論中に相手が手を出してきたので被害届の提出も考えています。

多くは語りませんが、よくある事故だと思います。
不必要な急ブレーキで事故が起こった場合過失割合はどうなりますか
予想されるコメントは「お前が100%悪い」などと言うものが多いと思われますが
逆に「煽ってきた車に急ブレーキをかけたら追突された」と質問すれば
急ブレーキをかけた方が100%と回答が来そうですね。

中立的な立場で回答をお願いします。

Aベストアンサー

原則は、追突した側の過失が10です。
急ブレーキは修正要素になり得ますので、相手の供述なり調書なりに記載されていれば9:1とか、後続車寄りの解説をしているサイトだと7:3とかが一般的です。


後続車が追突すればケガするって事を認識して急ブレーキって場合には、暴行、傷害、傷害致死とかって事例はあります。

平成15(わ)654 傷害致死被告事件
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=6370&hanreiKbn=03

酔っ払ったり意図的に追突して傷害致死とかって事例もありますが。


> 路上での口論中に

どちらもケガはしなかったのでしょうか?


人気Q&Aランキング