『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

アクティブベースの配線が解らず困っています。教えてくださいm(__)m

友人にジャンクのベースをもらい修理していたのですがアクティブベースとのことで、
どこを9V電池とつなげればいいのか解らず困っています。
現状↑のPUだけが鳴るという状況です。
後トーンポットの配線が間違っていると思うので正しい配線を教えてください。
どうもにわかの知識なのでどうもうまくいきません、どなたかご指摘お願いします;

「アクティブベースの配線が解らず困っていま」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どう考えてもその図の配線はありえません.


# NO-NO-NO は見る方向が逆で ON-ON-ON です.

あとアクティブ回路の基板のどこかに+をつなぐのですが,そんなのは基板がどうなってるかを見なければわかりようもありません.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエレキベース(アクティブ回路)の、9ボルト乾電池の寿命は?

ウチのバンドのベースマン(=小柄な中年女性)が、
今・使っているエレキベースの買い替え行動中です。
(主因の一つは、今のが・重すぎる・からです)
有力選択肢の一つに、アクティブ(9ボルト乾電池で、
イコライザーを駆動する)サーキットのエレキベースが
有ります。(超軽量だし、大変・弾きやすい)

質問は、、、この9ボルト乾電池は、どれくらいの寿命が
有るのか?です。
メーカー(TUNEチューンの定価128,000円)のヒト
に聞くと、連続継続ONなら、30時間ぐらい。。。
でも、1日に2時間程度・毎日なら、1年は・持つ。。。
でした。
このへんの落差が、イマイチ・ピンと・きません。

ちなみに、私のエレアコギター(Kヤイリ)(勿論アクティブ)
は、新品購入後、1ヶ月に1回・5時間ぐらいの使用で、もう
3年間、乾電池が・ヘタリません。
また、友人の生フォークギターの、外付け・ピエゾPUの、
9ボルト乾電池も、同様の使用頻度で、なんと5年間、乾電池は
ヘタッテないそうです。

けっこう頻繁に、ラウンジなどに(アマですが)出演して
いますので、「毎回・直前に・念のため・新品の乾電池に交換」
・・は、シンドイですし、かといって、ギリギリまで交換せず
あげくに・演奏中に・電池切れ・も、勿論困るし・・・・・。

実際、どれぐらい、乾電池って持つのか知りたい・・・・・・
けっこう長期間持つのなら、、、、小ぶりで・大変・軽い機種
なので、これに決めよう・という方向とのことです。

何日に1回(何時間)の頻度で使用のとき、何ヶ月ぐらいの寿命
だよ・・・というような、ほんの少し具体的な・ご回答が、
うれしいです。
よろしく、ご教授ください。お願いします。

ウチのバンドのベースマン(=小柄な中年女性)が、
今・使っているエレキベースの買い替え行動中です。
(主因の一つは、今のが・重すぎる・からです)
有力選択肢の一つに、アクティブ(9ボルト乾電池で、
イコライザーを駆動する)サーキットのエレキベースが
有ります。(超軽量だし、大変・弾きやすい)

質問は、、、この9ボルト乾電池は、どれくらいの寿命が
有るのか?です。
メーカー(TUNEチューンの定価128,000円)のヒト
に聞くと、連続継続ONなら、30時間ぐらい。。。
で...続きを読む

Aベストアンサー

 9Vというのは、市販されている電池でしょうか。
 要は電池の電流の大きさで左右されます。
 エレキの場合は消費電力が少ないので、種別を問わずしてマンガン電池やニッカド電池(充電可能)のほうが持ちがいいと思います。
 マンガンやニッカドは途中で休ませると電圧がある程度復活しますので、ちょくちょく使用するのにはオススメです。
 アルカリ電池は、電圧を一定に保つものの、化学反応が終わると一気に電圧が下がり使用できなくなります。どちらかというとアルカリはアンプとか、電子機器に向いています。

 店員さんの話というのは、マンガン電池のことであり、連続使用の場合はすぐなくなりますが、短時間使用している場合は使っていないときにゆっくり復活するので計算が合わなく、理解に苦しんでいたと思います。

 hanboさんのおっしゃるとおり、ステージでは新品を使うことをオススメします。

 また、オリジナルの電圧計をつけるのも1つの手段ですが、作らなくてはないので素人さん向きではないです。

QギターのPU EMG(アクティヴPU)の配線

ギターのPU EMG(アクティヴPUで81や89)の配線の例が載ってあるサイトご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

EMGのサイトを見れば、EMG製品の仕様・配線はすべて公表されています。

EMG-81
http://www.emginc.com/downloads/wiringdiagrams/EMG-Hseries.pdf

EMG-89・EMG-81TW
http://www.emginc.com/downloads/wiringdiagrams/EMG-81TW-89.pdf

Qアクティブベースに最適なポットの抵抗は?

初めまして。私は現在、ジャズべタイプのパッシブベースにaguilar-OBP-3ST/PPを載せ替えようとしています。MIDとTREBLE/BASSのポットは付属しているのですが、抵抗値はわかりません。マスターボリュームとバランサーを追加しようとしていますが、メーカーの諸元表にはマスター、バランサーとも抵抗値の記載がありません。配線図では、マスター→バランサー→プリ→EQと繋いでいるようです。また、抵抗値は「ピックアップによるから、メーカーに聞いて」みたいな記載がありますが、ジャンク品なため、確認ができません。当方、25Kオームと250Kオームのポットは持っています。取り付けるとしたらどちらが良いでしょうか?また、上記配線でのマスター、バランサーの最適な抵抗値はどのようなものになるでしょうか?

http://www.bestbassgear.com/wiring-diagrams/OBP3.pdf#search='aguilar+%EF%BC%AF%EF%BC%A2%EF%BC%B0%EF%BC%8D1+%E9%85%8D%E7%B7%9A%E5%9B%B3'

尚、添付した図の一番上の配線予定です。

ご回答のほど、よろしくお願いします。

初めまして。私は現在、ジャズべタイプのパッシブベースにaguilar-OBP-3ST/PPを載せ替えようとしています。MIDとTREBLE/BASSのポットは付属しているのですが、抵抗値はわかりません。マスターボリュームとバランサーを追加しようとしていますが、メーカーの諸元表にはマスター、バランサーとも抵抗値の記載がありません。配線図では、マスター→バランサー→プリ→EQと繋いでいるようです。また、抵抗値は「ピックアップによるから、メーカーに聞いて」みたいな記載がありますが、ジャンク品なた...続きを読む

Aベストアンサー

基本的にはパッシブPUを使うので、マスター、バランサー共に250KΩで良いと思いますが、バランサーで中立(FRのMIX出力)の場合は常に125KΩの抵抗が掛かった状態(中立で従来の半分の出力)なので、PUの出力に寄っては音がかなり小さくなります。
例えば(左一杯でネック100%、リア0%)(右一杯でネック0%、リア100%)
(センターでネック50%、リア50%)という出力になっています。
もしも、センターで音量をもっと上げたい場合はVOポットを2つにした方が良いかと思います。
例→http://www.buzzardsbass.com/electronics/wiring/pre-amps/aguilar/obp2-4-diagram.gif
また、バランサーという性質上、Bカーブを使用して下さい。
マスターは通常のAカーブで良いと思います。

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qジャズベースの改造、回路を教えてください

ジャズベースの現行、2ボリューム、1トーンをそれぞれピックアップ別にトーンコントロールをしたいのです。つまり2ボリューム2トーンの回路図を教えてください。

Aベストアンサー

> #5のお礼で書かせてもらったジャズベースをお知りでしたら教えてください。

私の場合、昔の雑誌でそういうモデルを見たような記憶がある程度ですが・・・たぶんスイッチを省いたレスポールの配線と、ほぼ同じ構成になっていると考えられそうです。しかし現代で使われていないという事は、ユーザーがそれを有効に感じなかったのかも知れません。

ところで奇妙な例えかも知れませんが、アクティブとパッシブの回路の違いは、動力のある飛行機と動力のないグライダーのように思うことがあります。

つまりアクティブ回路は、色々な部品の特性と電力を使って音作りができるのに対して、パッシブ回路の場合は、ピックアップの発生した極めて限られたエネルギーだけの音作りになります。

という事は、なるべく少ないエネルギーロスを念頭に置いて、パーツのひとつひとつを吟味する事が、パッシブにおける音作りになって行くのではないかと、私は思います。

QEMGピックアップの電池の持ちと音の変化

フェンダーの62年リイシューストラトなのですがピックアップが不満なので、今いろいろ選定の候補を挙げてるところでして、そのうちEMGも検討しています。
ただEMGは電池を使うアクティブタイプなので、電池の消耗と、消耗による音への影響が心配です。実際このようなアクティブPUの電池はどれぐらい持つものでしょうか?また電池が減ってくると出力が落ちてくると思いますが、やはりだんだんドライブ具合も変わってきて常に同じサウンドコンディションを保つにはそれなりに気を使うものですか?

実際に使用しておられる方、そのあたりの使用感など教えてください。

今までたくさんギターを弾いてきましたが、アクティブタイプのピックアップを持っていたのは1本のみ(シャーベルの多分オリジナル?のPU)で、“あれ?もう切れたの?”って思うぐらい電池がすぐなくなっていました。メーカーやタイプにもよるとは思いますが、EMGに関してはどうでしょうか。今までアクティブを避けてたのもそのあたりのことがあったのでイマイチ使う気になりませんでした。とはいえアクティブのあのハッキリ感とローノイズは捨てがたく、一度つけてみても良いかなと思っています。
よろしくお願いします。

フェンダーの62年リイシューストラトなのですがピックアップが不満なので、今いろいろ選定の候補を挙げてるところでして、そのうちEMGも検討しています。
ただEMGは電池を使うアクティブタイプなので、電池の消耗と、消耗による音への影響が心配です。実際このようなアクティブPUの電池はどれぐらい持つものでしょうか?また電池が減ってくると出力が落ちてくると思いますが、やはりだんだんドライブ具合も変わってきて常に同じサウンドコンディションを保つにはそれなりに気を使うものですか?

実際に使用し...続きを読む

Aベストアンサー

1番です補足です。
電池が切れてくるとハイが落ちてサスティーンがチリチリになります。
尚電池のもちは搭載されてるEQ回路でも違ってきます。
EQ回路の無いPUとパッシブEQのアッセンブリなら関係ないのですが
3PUとEQ回路付きのセットを購入した場合ハイとローの増幅に使われてるOPアンプがLF412等の低消費電力の物を使っているものであれば、さしっぱで2週間、普通に使って2ヶ月は行けますよ。

Qはんだ吸い取りのコツを教えてください。

はじめまして。電子工作ど素人なのですが、
基盤からスイッチ等を外すためにハンダを吸い取ろうとしている
のですが、なかなかうまくいきません。
吸い取り線でトライしているのですが、吸い取れるのは表面のハンダ
だけで、基盤の穴の中やその先の裏側まで浸透している部分が
吸い取れず、基盤から切り離すことができません。
何かコツなどあるのでしょうか?
また、ホームセンターで売っている吸い取り器の方がうまくいきますか?
詳しい方アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

自分のやり方は

1.吸い取り線や吸取り器でハンダを除去
2.それで部品が基盤から完全に切り離される場合には → 取り外して終了
3.どうしても除去できない少量の半田で切り離せない場合には、半田ゴテでその部分を
加熱して半田が溶けた状態にし、基盤や部品を破損しないように注意しながら
少しずつ引っ張りながら部品を基盤から分離します。根気が必要です。
沢山の足がある部品なら、一つの半田ゴテで複数の半田付けの箇所を同時に溶かすなど
コツが必要なこともあります。

ちなみに、自分は吸い取り線(網線)をもっぱら使用します。
確かに、吸取る量が多い場合には吸取り器が便利かもしれませんし、
半田を溶かして吸引するタイプの吸取り器なら、細かいところに入り込んだ半田も
きれいに吸い出してくれる可能性もあります。

それから、半田ゴテの容量不足で、半田付け箇所が均一に加熱できない為に、その箇所の
半田が全てきちんと解けないために、半田除去が上手くいかないこともあります。

半田除去には半田付け以上にコツが必要なので最初のうちは失敗することもあるでしょうが
次第に上手になりますよ。

自分のやり方は

1.吸い取り線や吸取り器でハンダを除去
2.それで部品が基盤から完全に切り離される場合には → 取り外して終了
3.どうしても除去できない少量の半田で切り離せない場合には、半田ゴテでその部分を
加熱して半田が溶けた状態にし、基盤や部品を破損しないように注意しながら
少しずつ引っ張りながら部品を基盤から分離します。根気が必要です。
沢山の足がある部品なら、一つの半田ゴテで複数の半田付けの箇所を同時に溶かすなど
コツが必要なこともあります。

ちなみに、自分は...続きを読む

Qアクティブベースのノイズ

私はCLIVEというブランドのパッシブ/アクティブベース(SANCTUS M400)を使っているのですが、アクティブに切り替えると「ブゥゥー」とノイズが出てきてしまいます。音量を下げるとノイズも小さくなります。
ですが、音量をあげると使い物にならないので、現在パッシブしか使っていません・・。

使用アンプは昔ギターを買ったときについてきたギター/ベース10wアンプなんですが、これが問題なんでしょうか?
それともベースの作りの悪さでしょうか・・?

Aベストアンサー

CLIVEというメーカー自体には詳しくないのですが…

一般論ですが、アンプ側については、パッシブの時にはちゃんと鳴るなら、アンプの不具合はまず無いだろうと思います。アンプに不具合が有れば、むしろパッシブの時の方が、問題が出る要素が多いです。

なので、アクティブに切り換えたとたんにノイズ…となれば、質問文の情報の限りではアクティプ回路の不具合の可能性が非常に高いと思いますね。
回路が完全にぶっこわれているのではなく、単にスイッチ部のグラウンド線が1本外れているだけでも、同じ症状になることがありますが…これは、「開腹手術」して配線を見てみないと何とも言えません。

買った時からおかしいのか、買って間もなくおかしいのか…にもよりますが、新品購入でショップ保証期間内なら、私ならショップに現物持って行って「なんじゃこらー!」などと言いたいところ(^^ゞ
いずれにしても、ベースをショップに持ち込んで症状を確認してもらうのが得策かと思います。

Qピックアップ配線のホットとアースの見分け方

ジャズベース用ピックアップから伸びている2本の線について
どちらがホットかアースかを見分ける方法を教えて下さい。

ピックアップは、ダンカンのSJB-1で、
配線は、黒と白が1本ずつです。

当方、テスターは所有しています。
必要な工具、測定器などがあれば、合わせて教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

色別が規定されています。

Hot ; White

Black ; Cold

http://www.seymourduncan.com/images/products/basslines/501030-100.pdf

  


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング