上がり症について…

初めての質問です!
私は現在、高校三年生で上がり症の症状は約1年前にいきなりでました。私の性格は消極的や人とコミュニケーションをとるのが恥ずかしいという性格では全くありません。ですが授業の音読の時などになると、緊張して声が震えて言葉がでなくなり、簡単な漢字などでも読めなくなります。気にしないようにしたり、深呼吸をして気持ちを落ち着かせようとしても逆効果でした。上がり症の原因は思春期の強いストレスということでしたが、思い返すと私は責任感が強いタイプなのでこれにはピッタリでした。症状を改善しようと市販薬「イララック」について調べましたがこれは飲んだら効果が何時間かあるというものでした。私は症状を早く完全になくしたいと考えているので良い意見がありましたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

上がり症と言うものは、神経症の一種です。

神経症は症状は全く違ったように見えますが、おこる原因は全く同じ原因から起きています。

そこで神経症のおこる原因を書いてから、治ると云う事を書いてみます。

神経症は人間が成長する段階で、脳の成長の完成が近くなったと言う意味があります。

その前に人間の心と言うものを説明しておきます。人間には、普通の感覚、或いは考えて、言葉で表現する能力が在ります。この考えているという自分、つまり自我意識と云うものがあります。これは顕在意識という事です。

処が人間には、分っているけれども分っていない自分自身を抱えています。それは『無意識状態の自分』というものです。意識がなくなって『無意識の自分に交替した事』を自我意識が知らないと云う事が在ります。

この交替している事を、知らない事から、神経症の治療は困難になっている場合があります。

つまり神経症とは、意識している事が『症状名になっている』と云う事実が在ります。意識した事自体を『苦しみとして』感じている事実です。言い方を替えるなら『意識地獄』の状態が症状名になっています。この意識する事から、もたらされる、辛さや、苦しみを、生き難さとして『感じています』

人間の心は自我意識のみから成り立っている訳ではない事を、知らないでいる”無知”から、人間には障害が始まってしまう場合があります。

その知らないでいる自分自身というものを、もう少し説明しておきます。その説明する資料として参考になるものを乗せてみます。

”ロジャースペリー 分離脳
ノーベル賞受賞者
受賞年:1981年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:大脳半球の機能分化に関する研究


ノーベル賞の受賞理由となった業績として分離脳研究がある。てんかん治療の目的で半球間の信号伝達を行っている脳梁を切断した患者に、片方の脳半球に依存することが知られている作業を行ってもらい、二つの脳半球がそれぞれ『独立した意識』を持っていることを実証した。”

この左脳に存在する意識が、自我意識です。この世の中に生まれて来てからの、学んだ事を土台にして、言葉で考えている自分自身です。

処が人間には、何も教えられなくとも、蜘蛛が巣を作るように、燕が行き先を教えられなくとも知っているように、教えられなくとも、働いている働きがあります。生まれた瞬間に、或いは生まれる前かも知れませんが、呼吸や心臓を働かせる、”働き”があります。

一人一人にそれぞれ備わっている働きがあります。その働きは、一人の人間の命そのものを働かせている”働き”の事です。その働きはホルモンの調節までも請け負っています。その場の環境に全てをうまく合うように調節をしてくれる働きの事です。

その働きにも人格があります、処が自我意識には分らないように、或いは分り難い様になっています。何故なら、無意識に移行したことを、自我意識は、分らないからです。

余りに分り難い事ですが、仏教では『その働きを=仏』と言っています。キリスト教では=神と名前を付けています。つまり右脳に存在する人格を左脳に存在する自我意識が捉える事を『見性』と言っています。

つまり、ソクラテスが言った言葉『汝自身を知れ』という事になります。それが、悟りです。

残りの字数に制限がありますので、治ると云う事を書いてみます。治ると云う事は『意識地獄』からの帰還と云う意味になります。子供時代の何の疑いも持たない存在に帰るという事になります。

上がり症の完治を学ぶなら、症状の改善を放棄して、上がり症の原因の究明をする事が大事な事になります。それは神経症がどうして発生しているかを、自分で考えたり、学ぶ事です。

自身の中に上がり症を起こしている者が存在しています。飽くまでも症状の改善は望まない方が、近道になります。何故なら、症状の改善を『望む心が』その症状を架空の世界に作り出しているからです。

言い方を替えるなら、『症状がなくなったら天国になる』と云う心の働きが『意識地獄』を同時に生んでいるからです。他の言い方をするなら、天国を望まなくなった時に地獄は消滅します。もっと云うなら『地獄に落ちても良い』と云う決心が出来た時、この身このままで、此処が天国と分ります。

飽くまでも、症状の改善は、放棄する事です。この放棄する事に徹した時が『完治』する時です。

神経症の完治とは『心の矛盾の解消です』それは命の働きとの不調和の解消です。自我意識の認識の誤りを認める事が、完治です。神経症を造っているものは『心の矛盾』です。

自我意識と戦っている”それ”が、相手です。戦う事を止めるだけで、いいでしょう。戦う事を止めるとは、症状を受け入れる事です。症状を受け入れた時に、症状は消滅します。それが悟りです。
    • good
    • 0

字が読めないとかの状態をあなたは起こしてはいけないと考えてしまうので、そのアガリ症が起きます。


あなたが積極的にその状態を起こそうとすると、その状態は起きません。
顔が赤く成るとか、汗が出るとか、吃音に成るとか、手が震えるなどは皆、自分からその症状を起こすことで、起きないようになるので、スポーツのメンタルケアをするコーチなどが選手に教えています。
ここに出ている質問に恐怖症が有りますよね。それも自分から症状を起こすように努力すると起き無くなり、克服出来るものです。

気持ちを落ち着けるための深呼吸は、肺の中の空気をすべて吐き出すように、吐くことに長い時間を掛けるようにします。吸う方は身体が空気を吸うに任せれば良いと思います。口をすぼめて、スーと空気を吐き出し、すべて吐いたと思ったら、フッフッフッと残っている空気も吐き出します。
これで自律神経が働きますので、落ち着けるでしょう。
気持ちを落ち着ける動作としては、肩の力を抜いて、臍下に気を込めます。気を込めるのが判らなければ、「臍下の一点」と念じるだけで良いと思います。気持ちがそこから流れますので、そこに留めることで気持ちも落ち着きます。
    • good
    • 0

おまじないだと思ってやってみてください。


右手の親指を中に入れて握ります。それを左の手の平で包んでむねのまえに構えます。
息を吸い込んでそれを肺からへその下へ落とすイメージで、一緒に握った手もへその下まで落とします。
圧縮、爆発のイメージができれば最高です。
慣れて来れば実際にしなくてもイメージでするだけでいいようになります。
魂に力がついて来るので少々の事には動じなくなります。
もし出来るようになったら、見えない力に対する尊敬の気持ちは忘れないでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イメージだけですむまで試してみたいと思います!ありがとうございました!

お礼日時:2010/09/04 21:32

自尊心の目覚めですね。

自分を他人より価値のないクズだと考えてみてはどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

開き直ってみることも大切ですよね。ありがとうございました!

お礼日時:2010/09/04 21:29

私も同じくあがり症です。


私が上がらない為にやっている事は、前もって聞かれるような事、発表しなければならない事を勉強しておく。や、自分自身に「いつもどおりでいい。カッコつけないで出来る事をやろう」という事を考えるようにします。結構気持ちの問題だったりするので、リラックス出来る心境を作るといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気持ちの問題ですね。リフレッシュできる環境を作り直してみます。ありがとうございました!

お礼日時:2010/09/04 21:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上がり症 手の震え。

38歳男性

2年程前から、月に2~3回人前で(人前といっても何年も一緒に働いている先輩、後輩の同僚の前)で3分程度の報告事項を喋ります。普段は手の震えなどは、ありませんが、喋る前はいつもドキドキし手が震えたりします。
出来るだけ手帳を見ないようにしたり、上がり症のDVDなどを購入して、対策はしてきてるのですが、本当に疲れました。

一度病院に行こうと思うのですが、心療内科や、精神科や色々とあり、上がり症からくる手の震えなどは、何科に行けばいいのでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

精神科を受診しましょう。抗不安剤を頓服で飲んで対応しましょう。それで場慣れして治る可能性もあります。

自意識過剰が原因ですから、その辺りの勉強をしてみたらいかがでしょうか?震えを意識してしまうなら逆に持ってる紙をわざと動かすのも一つの方法でありますけど・・

Q神経症(恐怖症)は前時代的な症状でしょうか

私は今、神経症になっています。潔癖恐怖などが主です。
なぜ、こんなことになったかはっきりきっかけはわかりませんが、漠然と「万全を期さないと何か体に悪影響があるのではないか」と言う心配が生じてきてしまったからです。不必要な清潔主義にこだわっています。

これを少し考えてみると、昔の宗教心みたいなものに近いのではないかと思えてきました。神社仏閣におまいりして、厄をはらおうとしたり、願掛けをしたり、あるいはタブーを恐れたりする。それらをやらないと「理屈はわからないが、もしかしたら祟りがあるのではないか」「理屈はわからないが、願いを聞いてくださるのではないか」という希望から、非科学的な習慣が続いてきたのでしょう。実際には、無病息災を願うなら、願掛けよりも実際上の生活の改善、健康生活を続けることが重要なはずです。でも、さらにお参りをしないと気がすまない。


今の症状もまさにこれに近くて、動機を同じくして、神社仏閣の変わりに自宅で洗浄儀式をやっているわけです。

ですので、原始帰りが恐怖症の一側面といえなくもない気がしますが、こういう考え方は妥当でないでしょうか。

私は今、神経症になっています。潔癖恐怖などが主です。
なぜ、こんなことになったかはっきりきっかけはわかりませんが、漠然と「万全を期さないと何か体に悪影響があるのではないか」と言う心配が生じてきてしまったからです。不必要な清潔主義にこだわっています。

これを少し考えてみると、昔の宗教心みたいなものに近いのではないかと思えてきました。神社仏閣におまいりして、厄をはらおうとしたり、願掛けをしたり、あるいはタブーを恐れたりする。それらをやらないと「理屈はわからないが、もしかした...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ

私も精神と宗教的信仰の関係に興味を持っている者です。
よく「神経症の時代」といわれるように、神経症は古代というよりは現代病
として位置付けられていると思うのですが、「人間の三欲」にすべてが支配
されていた古代と、「高度な」現代社会と何が違っているかなあ?と考えだ
すと、どうもあんまり違わないようにも思えてしまいます。
(これは人それぞれの受け止め次第になってしまいそうですが…)

人間は精神的に高度だからゆえに宗教(哲学)が生まれ育ったと考えると、
古代宗教の時代から現代の新興宗教まで、実は何も変っていない、古代から
人間の頭の中は変っていないんだろうなあ、と妙に納得したりもします。

神経症は、おおざっぱに言い換えると「不安へのこだわり」とも言えますの
で、古代の不安というと「死ぬか生きるか」という原始人の不安からはじま
って、中世になると「天国へ行けるのか地獄に落ちるのか」という宗教的な
不安が大きくなってきて、現代になると「汚いからとにかく石鹸で手を洗わ
なければ!この石鹸は殺菌力が弱いからもっと強力な石鹸に買い替えなけれ
ば!」などといった科学技術的な知識があるからゆえの新たな新型の不安が
生まれてしまうんだと思います。
・・・そういう意味では「行き届いた教育によるいろんな知識ゆえの不安に
感じる要素」は現代のほうがたくさん「不安の選択肢がある」状態なので、
現代は神経症の時代、と言われるんだろうなあ、と私は理解してみました。

私もいろいろこだわりがちなので悩むんですが、なんだか「どうぞ、よりど
りみどり、お好きな不安をどうぞ」とメニューを目の前に見せられながら生
きているのが現代社会のような気がして、これは結構おぞましいですよね。

そういう意味では「無頓着」だったり「精神的に原始的」(こういう言い方
はよくないとは思うんですが…)、な人ならば神経症にはならずに済む、と
いうことになると思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484962101/503-1805355-8180719?v=glance&n=465392

こんにちわ

私も精神と宗教的信仰の関係に興味を持っている者です。
よく「神経症の時代」といわれるように、神経症は古代というよりは現代病
として位置付けられていると思うのですが、「人間の三欲」にすべてが支配
されていた古代と、「高度な」現代社会と何が違っているかなあ?と考えだ
すと、どうもあんまり違わないようにも思えてしまいます。
(これは人それぞれの受け止め次第になってしまいそうですが…)

人間は精神的に高度だからゆえに宗教(哲学)が生まれ育ったと考えると、
古代宗教の...続きを読む

Q心療内科での上がり症の薬ソラナックスについて

心療内科での上がり症の薬ソラナックスについて

お世話になっております。私は極度の上がり症で心療内科でソラナックスを処方していただきました。緊張する場面の前の頓服でのむように指示をされています。ところがそのソラナックスが全く効果が無く、緊張感が解けません。そのことを再度先生に申したこ所、「そんなはずはない。もう少し試してみて。量を増やしても良い」と言われ、再度試したのですがやはり効果がありません。
この場合、薬を変えてもらうことを患者に方から申し出ることはよろしいことなのでしょうか?また、頓服でよいのですがソラナックスより強力な上がり症対策の薬などはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、精神安定剤を飲んで、全く緊張感がなくなって平常、という薬はないと思います。
精神安定剤は気持ちを落ち着ける作用はあっても、緊張感をそのものを取り去るわけではないからです。
ですので、ある程度の緊張は仕方がないです。
ただ極度の緊張による「不安」な感情や、「よからぬ考え」は緩めてくれると思います。
たしかにソラナックスはなめらかに効く薬というか、安定剤の中では多少弱い薬ではあるので、もう少し強めのものを試してみたいのならば、デパスやレキソタンが適しているでしょう。
それよりももっと強いもの、というとセルシンというのがありますが、精神安定剤というのは決して興味本位で飲むものではないので、質問者様の症状と用途に応じて適した安定剤を選ぶことが大切です。
主治医とよくご相談なさって下さい。
ちなみに、私は極度の緊張症ですが、薬は飲まず、認知行動療法や森田療法など、考え方を変えるという方法で対処してきて、今は緊張する場面でも、パニックにはならないようになりました。
私には緊張には薬は全然効きませんでしたよ(笑)。
その代わり、さすがに、躁うつ病の発作時には、頓服の安定剤は効いています。
それもセロクエルというかなり強い薬ですが。
質問者様も早く御自分にあった薬が見つかるといいですね。

まず、精神安定剤を飲んで、全く緊張感がなくなって平常、という薬はないと思います。
精神安定剤は気持ちを落ち着ける作用はあっても、緊張感をそのものを取り去るわけではないからです。
ですので、ある程度の緊張は仕方がないです。
ただ極度の緊張による「不安」な感情や、「よからぬ考え」は緩めてくれると思います。
たしかにソラナックスはなめらかに効く薬というか、安定剤の中では多少弱い薬ではあるので、もう少し強めのものを試してみたいのならば、デパスやレキソタンが適しているでしょう。
それより...続きを読む

Q失感情症の症状と治療法

失感情症の方がおられたら具体的にどんな症状なのか教えて下さい また具体的な治療法などあれば教えて下さい

Aベストアンサー

以前、失感情状態と診断されたことがあります。ちょうど就職氷河期の頃のことで、職を得るために買い手市場に順応しようと、無意識のうちに自分の喜怒哀楽を押し殺し、まるで仮面をかぶっているかのように面接官に気に入られる自分を演じ続けました。また、親や周囲の期待に応えようと過剰に頑張り続けた結果、自然な笑顔も涙も失ってしまい、発症にいたりました。

失感情症の症状は、自分の本当の感情に鈍感になり、喜怒哀楽を言葉や表情に表せなくなってしまうというものが一般的だと思います。しかし、私の主治医によると、鬱病やPTSDなど、他の精神疾患に伴う症状のひとつとして発症するケースが少なくないということで、失感情症単独ではなく、主となる精神疾患の治療と平行して失感情症の治療が行われることが多いようです。

私は抑うつ傾向と緊張感・不安感が強い状態でしたので、そちらに対して薬物治療を行い、精神状態が安定していくと共に、自然に失感情状態も軽減されていきました。

自分の感情を押し殺しているうちに溜め込んでしまったストレスや怒り、悲しみの感情を解放するのは、不快だと感じた出来事を思い出すということと同じなので、我慢した分、治療にも苦しみを伴います。完全に凍り付いてしまった感情をゆっくりと溶かしていくためには長い時間が必要で、定期的にカウンセリングを受けたり、思い出したことを日記に書いて人に見せたりしながら、喜怒哀楽の大切さを思い出していく人もいるようです。自分の心の反応に素直に従うのは大切なことですね。

以前、失感情状態と診断されたことがあります。ちょうど就職氷河期の頃のことで、職を得るために買い手市場に順応しようと、無意識のうちに自分の喜怒哀楽を押し殺し、まるで仮面をかぶっているかのように面接官に気に入られる自分を演じ続けました。また、親や周囲の期待に応えようと過剰に頑張り続けた結果、自然な笑顔も涙も失ってしまい、発症にいたりました。

失感情症の症状は、自分の本当の感情に鈍感になり、喜怒哀楽を言葉や表情に表せなくなってしまうというものが一般的だと思います。しかし、私の...続きを読む

Q失感情症の症状と治療法について

失感情症の方がおられたら具体的にどんな症状なのか教えて下さい また具体的な治療法などあれば教えて下さい

Aベストアンサー

「失感情症」でネット検索をかけるといろいろ出てきますよ。
やっかいなのは「失感情症」だからこそ自覚が全くなくて、
当事者自らがカミングアウトしないことでしょうか……。

ここが一番わかりやすいです。
http://www.so-net.ne.jp/familyclinic/cnsl/column/050407.html

治療としては、じっくり時間をかけて
感情表出ができるようカウンセリングをすることくらいだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報