マルチキャストとは、グループ内ブロードキャストと考えていのでしょうか?

そうなると、サーバからの送信のみでホストからの要求に対しての応答はどうなるのでしょうか?
TVやラジオなどのように情報の途中から取得するようなものなのでしょうか?


基本が間違っていたら、存分につっこんでください。(ToT)
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

マルチキャストはIGMP(Internet Group Management Protocol)というプロトコルを使って、ルータとホスト間でどのホストがグループに加入するか、しないかを制御します。


マルチキャストの利点は、余計な帯域を回線上で使わない、というのもありますが、一番大きな利点は受信したくないホストのCPU負荷を下げるというものです。
いったんIGMPでグループ化されると、そのグループへのアドレス(マルチキャストアドレス)宛てのパケットはルータから加入済みホストへ渡されます。

マルチキャストアドレスはクラスDの224.x.x.xのようなものです。ルータはネットワーク内でPIMやMOSPF, DVMRPなどのマルチキャストルーティングプロトコルによってルーティングを行います。レイヤ2においてはIPマルチキャストアドレス(224.x.x.x)をMACマルチキャストアドレス(01:00:5E:x:x:x)にマッピングしてホストに投げ、ホストがマルチキャストグループに加入していれば受信、していなければ破棄となります。

ホストからの要求というのは、送信先アドレスはサーバでしょうから、ユニキャストでしょうね。ホストからマルチキャストアドレス宛てには投げないと思うので。

「途中から取得」という表現がよくわかりませんが、おそらくマルチキャストでIP-TVのようなアプリケーションを流していたときにホストが途中から参加した場合、ということとしていいますと、「情報の途中から取得する」とおっしゃっているのは“そのとおり”になりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
「途中から取得・・・」求めていたのはまさに回答されたとおりです。

で、まだ頭が整理されていないので、間違いだらけかもしれませんが...
今内部LAN(マルチキャスト対応ルータやL3-SW)で
サーバ-複数クライアント間で大量のデータ転送が発生するので
マルチキャストはどうだろう?と思い調べているところです。

この場合、クライアントからの要求なのでユニキャストになるのですね。
「マルチキャストを通常の業務で活用する」それは難しいのでしょうか?(意味がない?)

お礼の欄で書く内容ではないですね ^ ^;)
すみませんでした。

回答を糧にいろいろと調べてみます。

お礼日時:2001/04/11 14:36

いえいえ、参考になれば幸いです。


ちなみにわたし、ネットワーク関連のメルマガを出しているのでよかったらお読みください。
http://www.mag2.com/m/0000063498.htm
まだ出したばかりで読者も少ないので、ただいま読者募集中なのです。。。^^;

参考URL:http://www.xai.nu/ipnet
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速拝見させていただきました。というか登録しちゃいました。
すばらしいメルマガですね。
現場にでると、基本がわかってなくてもなんとかなるもので...
ただ、障害発生時には、やはりネットワーク知識が重要となるんですよね。

これを見られている「自称:ネットワーク管理者」(自分もそうなのですが^ ^;)
ぜひお勧めいたします!

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/12 09:14

データが大量に発生しているという原因はわかっているのでしょうか?


たとえば、ブロードキャストトラフィックとユニキャストトラフィックの割合など。
根本的な問題がデータが大量に発生していてネットワーク負荷が重い、ということでしたら、ルータやスイッチを容量の大きいものに変えるとか、サブネットを切ってブロードキャストトラフィックを減らすということが考えられます。
ネットワークの規模がどれほどのものかわかりませんが、他にはルータに負荷がかかりすぎていて処理が遅いとか、余計なルーティングプロトコルを動かしていてトラフィックオーバヘッドが大きくなっている、などが考えられますね。
マルチキャストはやはりネットワーク特性よりもアプリケーション特性で選ぶものと思うので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なご指摘ありがとうございます。

現状では他に影響がでるほと負荷がかかっていないので、
ネットワークの見直しは考えていませんでした。

マルチキャストの技術が使えるとなると将来性を考慮して、
導入検討をしてみようかと思った次第です。

★確かに、ネットワークが遅くなったら、マルチキャストよりも
 他にやることがありますよね ^ ^;)

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 16:53

ブロードキャスト … 全員(不特定)


マルチキャスト … 特定複数

という認識であれば、その特定複数を指して「グループ内」という
のもあながち間違いとも言いづらいですね。

決定的に違うのは大きな構成のネットワークを考えた場合に、
ネットワーク全体にかける負荷の違いがある、ということです。

ネットワーク内の特定複数に対して送信する必要があるが、その
相手は常に固定ではなく、時と場合に応じて変わる、ということを
考えた場合に、ブロードキャストではネットワーク全体に常に負荷が
かかりますが、マルチキャストの場合には、その経路だけに負荷が
かかるという違いがあります。


> サーバからの送信のみでホストからの要求に対しての応答はどうなる

アプリケーションの組方次第です。

例えば、館内放送で呼出しとその応答みたいなことを考えると
呼出しはマルチキャストで、「ここに居るよ」という応答を
ユニキャストで実装すれば良い。

特定小数のチャットみたいなアプリケーションであれば、
それぞれのクライアントにマルチキャストでの送信と
して実装する、みたいに。


いわゆる「情報用語辞典」みたいなところ(→参照URL)に載っている
説明では、ブロードキャストとの大きな違いは良く分かりませんね。

参考URL:http://www.e-words.ne.jp/view.asp?word=%83%7D%83 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
今現在もいろいろと勉強中です。

チャットの利用という意見でなんとなく利用価値がわかりました。
サーバ主体の配信システムでは「いまさら使い道がないのでは?」と思ってたのもので。

インターネット上ではなく、社内のネットワーク(特にWAN回線)上で
マルチキャストを導入する意味があるか検討しようかと思っています。

まわりの導入事例等を調べて、もっと勉強してみます。

お礼日時:2001/04/10 09:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QマルチキャストのExcludeモードについて

VLCを用いて、マルチキャストの動画配信と受信を行ってみました。
配信用マルチキャストアドレスはff0e::1としています。

[接続図]
PC(VLCセンダ) - マルチキャストルータ - PC(VLCリスナ)

両者設定を行ない、視聴側VLCで再生をクリックすると
Type=143(Report)
Mode=4(Change to exclude)
MulticastAddress=ff0e::1
といった内容のICMPパケットを送出しました。
このパケットでは、「送信元IPがff0e::1以外のマルチキャストパケットすべてを転送して欲しい」という
意味にならないでしょうか?
マルチキャストルータが余計なマルチキャストパケットを転送してしまいそうな気がするのですが…。

実際には図中の「マルチキャストルータ」を持っていないので実験できていません。
このReportパケットの解釈の仕方を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 IGMPv2/MLDv1までは、受信するマルチキャストグループのみ指定できましたが、IGMPv3やMLDv2(ICMPv6のマルチキャストリスナレポート)では、受信するマルチキャストについて、マルチキャストグループアドレスとそれを送出する端末のソースIPアドレスまで指定することができるようになりました。このソースIPアドレスを指定するのが INCLUDEとかEXCLUDEです。マルチキャストアドレスの指定ではありません。

 INCLUDEやEXCLUDEには、ソースIPアドレスのリストを与えます。「このソースからのマルチキャストだけを受信する」「このソース"以外"からのマルチキャストを受信する」という意味です。しかし、IGMPv3/MLDv2でも、ソースIPにかかわらず、指定したマルチキャストアドレス宛てのパケットを全部受信するというIGMPv2/MLDv1的な運用がしたい場合は、EXCLUDE に空のソースIPアドレスリストを指定します。VLCリスナが送出しているのは、このソースIPを指定しないListener Reportです。


おそらく、IGMPv6パケットは
Multicast Address: ff0e::1
Mode: Changed to exclude ★
Number of source: 0 ★
となっているはずです。これは、
「ff0e::1を受信する。除外(EXCLUDE)するソースIPは無い(0)」
という意味であり、ソースIPが何であれマルチキャストアドレスff0e::1宛てのパケットを全て受信するという意味になります。

VLCリスナを停止すると、
Multicast Address: ff0e::1
Mode: Changed to include ★
Number of source: 0 ★
というリポートが送出されるはずです。
これは「ff0e::1について、ソースIPとして受信するものは無い(0)」つまり、どのソースIPからのff0e::1宛てマルチキャストも受信しない(IGMPv2/MLDv1までの言葉を使うなら、ff0e::1からleaveする)という意味になります。

参考URL:http://tools.ietf.org/html/rfc3810

 IGMPv2/MLDv1までは、受信するマルチキャストグループのみ指定できましたが、IGMPv3やMLDv2(ICMPv6のマルチキャストリスナレポート)では、受信するマルチキャストについて、マルチキャストグループアドレスとそれを送出する端末のソースIPアドレスまで指定することができるようになりました。このソースIPアドレスを指定するのが INCLUDEとかEXCLUDEです。マルチキャストアドレスの指定ではありません。

 INCLUDEやEXCLUDEには、ソースIPアドレスのリストを与えます。「このソースからのマルチキャストだけを...続きを読む

QブロードキャストMACアドレスとブロードキャストIPアドレスに違い。

ブロードキャストMACアドレスとブロードキャストIPアドレスに違いがよく分かりません。

両者のブロードキャストドメインは同じ範囲になるのでしょうか?(例えば、192.168.1.0/24内にいる場合、そのNW?)

例えば、ARPの時は、宛先IPアドレスを指定した上で、ブロードキャストMACアドレスを宛先にすると思います。つまり、IPではブロードキャストではないと思うのですが、ブロードキャストドメインは上記のIPアドレスで分割したNW内、ということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらもルータを越えることができないので範囲は一緒になるでしょう

Qマルチキャストが使えるスイッチングハブを探しています。

今の私の家の環境では、マルチキャストを使ったネットワークプログラムが動作しなかったため、マルチキャスト対応のスイッチングハブを購入しようと思っています。

そこでインターネットでスイッチングハブのカタログなどをダウンロードして見ているのですが、「マルチキャスト対応」と書いているものが見つかりませんでした。

(マルチキャストというのは、最近のスイッチングハブではあたりまえにサポートしているので書いてないのでしょうか?)

そこで、マルチキャストに対応しているスイッチングハブがあれば教えてください。(4ポート以上の家庭用のもので十分です。)

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、購入を検討されているようなタイプの「スイッチングハブ」が利用する通信規格では、「マルチキャスト」(通信)に対応する事は出来ないハズだと思います。

ネットワーク通信の仕組みを理解されていないとイメージがつかみにくいかもしれませんが、なるべく噛み砕いて説明してみましょう。

一般的なLAN環境では、「イーサネット」と「TCP/IP」を組み合わせたカタチで構成されている事が多いと思います。(Windowsベースの場合、「NetBIOS(NBT)」という仕組みも併用される事が多いでしょう。)

ネットワークの仕組み(構造)を説明する場合、それぞれの仕組みやプロトコルを論理的/物理的に分割して「OSI階層モデル (OSI layer model)」としてあらわすことがあります。

詳しくは下記のURLの説明を見てみてください。

■OSI階層モデル (OSI layer model)についての説明■ Copyright (C) 2000-2003 Digital Advantage

http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/79/5787479.html

要するに、「ネットワーク通信では様々なレイヤに属する仕組みやプロトコルが使われていて、機能によって必要とされるものが変わってくる。」ということです。

量販店などで販売されている一般的なスイッチングハブは「レイヤ2スイッチ」と呼ばれるタイプのもので、レイヤ2にある「MACアドレス」を通信経路の特定に利用します。(レイヤ2よりもネットワーク的な上位層、「レイヤ3」に存在するIPアドレスは参照できません。)

一方、「マルチキャスト」の仕組みではレイヤ3に位置する「IPアドレス」(マルチキャスト・アドレス)を利用した経路解決の仕組み(IGMPなどのプロトコル)を必要とします。

また、マルチキャスト通信の通過経路上にあり、経路選択を必要とする通信機器にも当然レイヤ3のプロトコルを理解する能力(実装)が必要です。

ですから、同じスイッチングハブでもマルチキャストを利用するためには「レイヤ3のマルチキャスト・プロトコルに対応したもの」が必要になります。(その他の仕組み(VLANなど)を含め、比較的高度な機能を利用したい場合、レイヤ3スイッチが必要になる事が多いといえるでしょう。)

具体的には、下記のURLで説明されているような機器で、企業や大規模ネットワークなどでの利用を想定しているものが多く、相対的に「高価」になります。

■@IT連載記事 ネットワーク・デバイス教科書 ~「レイヤ3スイッチ」について~■ Copyright(c) 2000-2004 atmarkIT

http://www.atmarkit.co.jp/fpc/netdevice/010netdevice/l3switch.html

もう一つの選択肢として、「マルチキャストが利用できる(ブロードバンド)・ルーターで、複数のポート(スイッチ)を持つものを利用する。」という方法も考えられると思います。(ルーターによるマルチキャスト対応の有無は、製品の仕様をみれば確認できる場合が多いでしょう。)

しかし、ご質問の様な目的だけでルーターを購入するというのも少しポイントがズレた話かもしれませんね。(インターネットへの常時接続環境で複数台のPC(ノード)を利用しているなら、ルーターの導入意義は大変高いとおもいますが。)

現時点で私が感じる全体的な印象として、「個人環境(?)で、どうしてもマルチキャスト通信が必要なのだろうか?」という思いがします。

もちろん、事情は様々でしょうが、マルチキャストを使わずに同じような目的(通信内容)を達成できる代替手段を考えてみるのも一考だと思いますよ。

以上、事情が良くわからないので、漠然としたアドバイスになってしまいすみません。

少しでも参考になればよいのですが…。

それでは。

こんばんは。

まず、購入を検討されているようなタイプの「スイッチングハブ」が利用する通信規格では、「マルチキャスト」(通信)に対応する事は出来ないハズだと思います。

ネットワーク通信の仕組みを理解されていないとイメージがつかみにくいかもしれませんが、なるべく噛み砕いて説明してみましょう。

一般的なLAN環境では、「イーサネット」と「TCP/IP」を組み合わせたカタチで構成されている事が多いと思います。(Windowsベースの場合、「NetBIOS(NBT)」という仕組みも併用される事が多いで...続きを読む

Qコリジョンドメインとブロードキャストドメインの違いについて。

コリジョンドメインとブロードキャストドメインの違いについて。

自分の理解は、

コリジョンドメインは、ある特定のMACアドレス当てに流したパケットが届いてしまう範囲。(そのMACアドレスではないホストにも届く)
ブロードキャストドメインは、ブロードキャスト当てに流したパケットが届く範囲。

という理解なのですが、正しいでしょうか。

Aベストアンサー

その理解で正しいです。
フレームの送信先がある特定のMACアドレス宛の場合にその信号が到達する範囲をコリジョンドメインと呼び,
フレームの送信先がブロードキャストMACアドレス(FF-FF-FF-FF-FF-FF)の場合にその信号が到達する範囲をブロードキャストドメインと呼びます。
両者ともイーサネット(OSI第2層)の概念ですので,パケットというOSI第3層の用語ではなく,フレームというOSI第2層の用語で呼ぶべきです。

Qマルチキャストとブロードキャストの処理の違い

マルチキャストとブロードキャストの処理の違い

レイヤ2スイッチでIGMPスヌーピングなどをしていない場合、マルチキャストでもホストにまでパケットが届きますよね。

それでマルチキャストは宛先IPをみて自分のではないとわかれば破棄するとわかりましたが、ブロードキャストはCPUのプロセスを消費するとありました。

自分には、宛先IPを見て破棄するというマルチキャストの処理もCPUの処理を使っているような気がするのですが、具体的にどのような違いがあるのか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>宛先IPを見て破棄するというマルチキャストの処理も
>CPUの処理を使っているような気がするのですが、

IPアドレスをホストが(CPUが)見て破棄する,のではなく,
マルチキャストIPアドレスから求められた「マルチキャストMACアドレスをLANカードが見て破棄する」のですよね。
http://www.n-study.com/network/2007/03/ip_3_1.html
http://www.n-study.com/network/2007/03/ip_17.html

ブロードキャストなら,全員宛である=自分宛でもあるわけですから,フレームを受信したLANカードはそれをPC内部に受け入れてホスト側(CPU側)で処理することになる。
それに対してマルチキャストの場合は,自分が参加しているマルチキャストグループ宛でないなら,LANカードはそれをMACアドレスで判断してPC内部に受け入れないだけです。

Qブロードキャスト転送できるかはルータによりますか?

WHR-HP-G300N
ブロードキャスト転送できるかはルータによりますか?

【ポート変換】
プロトコル:UDP ポート:2304
LAN側IPアドレス:192.168.1.255

を指定すると
※LAN側ブロードキャストアドレスは使用できません

となり、WAN側に届いたパケットをブロードキャストすることができません。

このようなルーターで、すべての端末へブロードキャストを行わないといけない
状況のパケット転送設定をすることは機器的に無理なのでしょうか?
方法としてあきらめるしかないですかね?

Aベストアンサー

>ブロードキャスト転送できるかはルータによりますか?

はい。ルータによります。

>※LAN側ブロードキャストアドレスは使用できません

ということなので、このルータではできない。
ということになるでしょう。
# 出来ないのにエラーも出さず一見正常に設定されているように見える。
# なんて場合もありますので油断は出来ませんが。
# まぁ、今回の場合は明示的に弾いていますので出来ないでしょう。

プロトコルとポート番号見ると……WAN側からWOLをしようとしているってところでしょうか……。
WOLリピータをLAN内において、そこに転送するようにする。
ってことになるんじゃないでしょうかね。

ウチの場合だと…LAN内はGigabitなので市販のWOLリピータ入れる気にはならないです。
常に動作している省電力サーバ(SheevaPlug)が居るので、必要があればそちらにWOLリピータの機能を組み込みますかねぇ…。
# 外部からsshで接続できるのでログインしてコマンドでMagicPacket投げられますから必要性は低いですけどね。
# もしくはVPN構築。

>方法としてあきらめるしかないですかね?

別のルータに買い換える。
ってことになるかと。
# WANからのパケットをLAN内にブロードキャストできる。
# と判明しているものに買い換えないと無駄な出費ということになりますので…意外と難しいです。
あとは、上記のような別の対策で…ということになるでしょう。

>ブロードキャスト転送できるかはルータによりますか?

はい。ルータによります。

>※LAN側ブロードキャストアドレスは使用できません

ということなので、このルータではできない。
ということになるでしょう。
# 出来ないのにエラーも出さず一見正常に設定されているように見える。
# なんて場合もありますので油断は出来ませんが。
# まぁ、今回の場合は明示的に弾いていますので出来ないでしょう。

プロトコルとポート番号見ると……WAN側からWOLをしようとしているってところでしょうか……。
WOLリピータをLAN...続きを読む

Qマルチキャスト対応ネットワーク

マルチキャストについて複数の相手を指定して同じデータを送信するっていうことはわかったのですが(アスキーデジタル用語辞典より)、
マルチキャスト対応ネットワークというのはどういうことなんでしょうか?
ストリーミングについて勉強をしているのですが、マルチキャストのIPアドレスと
ポートっていう書き方がでてきて、いまいちその辺のことが理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マルチキャストを使う場合にはマルチキャスト用のIPアドレスがあります。
このアドレスにデータを送れば、自動的に複数の人に同じデータが送られるわけです。

マルチキャストを利用するには幾つか条件があります。
・ネットワーク内にあるルータがマルチキャストに対応していること。
・使用する端末にIGMP(Internet Group Management Protocol)というプロトコルを実装する。

マルチキャスト対応ネットワークとは上の2つの条件を満たしたネットワークのことだと思います。
ちなみにインターネットは基本的にマルチキャストには対応していません。
インターネット上でもマルチキャストが使えるように、DVMRPというプロトコルを使用する実験も行われています。

Qインターネットでのホストとパソコン通信でのホストの違い。

パソコン通信でのホストはニフティなどにあるホストコンピュータですが、インターネットでは各ノードをホストと呼んでいるみたいですが、何が違うのでしょうか。先ほど質問した無手順とプロトコルの部分にあたるのでしょうか。
私の考えでは、データの処理を行うPCをホストと呼ぶと今は考えていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
呼び方が違う理由がいまいち本などには書いてないので困っています。

Aベストアンサー

こんにちは。hirasakuです。

ホストについてお答えします。
というより、お答えになった皆さんの補足として書き込みます。

ホストコンピュータとは、現在のようにインターネットが普及する前に集中管理システムというネットワーク形態で利用していたときに使われました。
ホストコンピュータはネットワーク環境において、サービスを提供する側のコンピュータです。例として、高速な演算処理ができる性能を持っていて、データベースサービスなどを提供する汎用大型コンピュータなどを指します。
単にホストと略して呼ばれることが多く、そのほうが一般的です。
サービスを提供するネットワークの中心となるコンピュータという意味では、サーバも同じですが、サーバはそれぞれのネットワークに接続していない状態でも使用できるコンピュータを接続するという違いがあります。
つまり高性能PCやワークステーションを利用した分散処理システムでは、サービスを提供するコンピュータは一般にサーバと呼ばれ、ホストコンピュータとは呼びません。
インターネットは分散処理型のネットワークです。サービスを提供する側のコンピュータをサーバーと呼んでいますから、それに対して集中管理システムで使用していた大型汎用コンピュータなみに高性能化したPCおよび接続機器のことをホストと呼ぶようになったのでしょう。

参考になったでしょうか。

こんにちは。hirasakuです。

ホストについてお答えします。
というより、お答えになった皆さんの補足として書き込みます。

ホストコンピュータとは、現在のようにインターネットが普及する前に集中管理システムというネットワーク形態で利用していたときに使われました。
ホストコンピュータはネットワーク環境において、サービスを提供する側のコンピュータです。例として、高速な演算処理ができる性能を持っていて、データベースサービスなどを提供する汎用大型コンピュータなどを指します。
単にホス...続きを読む

Qマルチキャストについて

マルチキャストって最近、TV会議システムとかで使われてますが、いまいちよく理解できません。

まず、マルチキャストってグループ配信とか言われてますがどういうことですか?
実際にパケットをキャプチャしてみて確認しましたが、配信先が239.x.x.x宛て(マルチキャストアドレス)にパケットを送信しています。見たい人はどうやってパケットを受信するのですか?グループ配信とか書いてありましたが、受信しなくない人にもパケットは送付されているようです。(パケットをキャプチャして確認しました)ってことは、ブロードキャストと何が違うのでしょうか?
NICが受け取るまでは一緒で、その上の処理が違うということでしょうか?

スイッチがブロードキャストを全ポートに送信するように、マルチキャストも全ポートに送信しているように思えます。ということは、受信したくない拠点でもマルチキャスト分の帯域は使用しているのでしょうか?

うまく説明できなくて申し訳ありませんが、マルチキャストについてお詳しい方、ご教授願えないでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#3の回答者です。

> 視聴側が視聴ツールを起動したときをパケットをキャプチャしたところ224.0.0.24へパケットを送信してます。
> 239.x.x.xとの関係はなんなのでしょうか?

224.0.0.0/24をARIN(American Registry for Internet Numbers、http://www.arin.net/)のwhoisデータベースで検索すると、以下のようなデータが得られます。

> NetType: IANA Special Use

> Comment: This block is reserved for special purposes.
> Comment: Please see RFC 3171 for additional information.

で、RFC3171を見ると、

> 224.0.0.0 - 224.0.0.255 (224.0.0/24) Local Network Control Block

となっています。つまり、Multicastを配送するための特定のプロトコルというより、Local Networkの運用のためのControlパケットのためのマルチキャストです。例えばブロードキャストもLANのネットワーク自体の運用のために活躍していますが(例えばicmp floodなど)、同様にマルチキャストもネットワーク自身の維持・運用に大変役立つことから、LANマネジメントのための特定のプロトコルのために224.0.0.0/24を割り当てていると言うことになります。例えばルーティングプロトコルであるOSPFや、冗長性のためのプロトコルであるVRRPなどが224.0.0.0/24の特定のアドレスを利用します。

で、肝心の224.0.0.24ですが、ちょっとこれは分かりませんでした。ドキュメントによってはOSPF Traffic Engineeringのための予約となっているのですが、別のドキュメントではNot Assignedとなっていたりして、実際に今どんなプロトコルがこのアドレスを利用しているかを追えませんでした。マルチキャスト視聴用のアプリケーションの起動と関係あるということだと、その時点で何らかのネットワークマネジメントの必要があるということかもしれませんが、実際はよく分かりませんでした。

ご質問にお答えできず大変心苦しいのですが、上記の情報だけでも何かのご参考になれば。

#3の回答者です。

> 視聴側が視聴ツールを起動したときをパケットをキャプチャしたところ224.0.0.24へパケットを送信してます。
> 239.x.x.xとの関係はなんなのでしょうか?

224.0.0.0/24をARIN(American Registry for Internet Numbers、http://www.arin.net/)のwhoisデータベースで検索すると、以下のようなデータが得られます。

> NetType: IANA Special Use

> Comment: This block is reserved for special purposes.
> Comment: Please see RFC 3171 for additional information.
...続きを読む

QIEの問題しょうか?

ここのところここを見ると、数日前に答えた質問が一番上にきてたりします。
そしてリロードすると一気に2~3日分増えます。

それは2CHなんかでも同じです。これはどうしてでしょうか?

スレッドをクリック→「全部」をクリック→新着レスの表示をクリック→ふたたび新着レスの表示をクリック

しないと最新のレスが見れません。

これはIEの問題しょうか?
改善方法を知ってる方、回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前表示されたページのキャッシュが表示されるのかもしれません。
メニューから[ツール(T)]→[インターネットオプション(O)]→「全般」タブ
→「インターネット一時ファイル[設定(S)]」の
「ページを表示するごとに確認する」にチェックをいれればキャッシュされなくなります。

参考URL:http://tech.bayashi.net/pdmemo/browsercache.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報