アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

システムの(1)「4-2-1-3」と(2)「4-1-2-3」の違い?

(1)「4-2-1-3」と(2)「4-1-2-3」の違いはどういった事がありますか?
私が思うには、(1)「4-2-1-3」は(2)「4-1-2-3」より積極的にサイドバックが攻撃参加しやすいのではないかと思っています。(ボランチを2枚配置することで上がったサイドバックのスペースを埋めることができるのかと・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

システムを3枚よりも4枚で表現するようになってから、何となくそのチームのイメージがつきやすくなりましたよね。


質問は同じ4-3-3の派生型ですが、前の回答者さんの言うようにボランチとセンターのMFがV字か逆かの違いが一番大きいと思います。
(1)の4-2-1-3は4-4-2と4-3-3の中間型とも言える形で、サイド攻撃が主流の現代サッカーでは4-2-1-3の「3」の両サイドが戻ってきて「4-2-3-1」の形になりやすいです。
(2)4-1-2-3は4-3-3の中で両ウィングを置くオランダの伝統的布陣でサイド攻撃を重視する攻撃サッカーの形です。4-1-2-3の「3」が相手のサイドバックをケアするのは常識なので「4-1-4-1」に見える時間が多いです。
攻撃時はサイドを二人がかりでえぐれれば4-2-1-3でも問題はないのですが、相手にサイドをケアされると4-1-2-3の方が中央が厚い分、攻撃の選択肢は増えます。
また、守備時には4-2-1-3の方がボランチが2枚なので守備が厚くなります。

机上の話ですが、こんな感じだと思います。サッカーは布陣でするものではないとは言いますし、世界レベルではシステムを試合中に適宜変えて戦っています。確かに布陣が全てではないですが、あながち布陣も侮れないですよね。
    • good
    • 0

4-3-3の派生ですね


っで数字的にはDMF1枚でOMFが2枚 (2)はその逆ですが
これがDMFでなくCMFなら?? OMFではなくSMFなのかも
ってな感じで同じ数字でも役割によって攻撃方法って変わりますよね

4-1-2-3にしてもトップをやや下がり目にして
クワガタタイプになってれば OMFをおかずともセカンドトップとして使えば 中盤の2枚をサイドハーフとして使うことも可能でしょうしね。
ダブルボランチとして使ったとしても守備的なのかどうかにもよりますしね
一概にこのフォーメーションだから こう!!ってのはいえないのがサッカーなんですよね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3バックのサイドと4バックのサイド

3バックのサイドと4バックのサイドの役割の違いってなんなんでしょう?
何かそれぞれの仕事に違いがあるんですか!?
すいませんがご回答願います

Aベストアンサー

伝統的な4バックでは、両SBは相手のウイングFWへの対応や
センターバックの支援(中へ絞る働き)など、おもに守備的な役割を担いましたが、
機を見て前線へ参加し、攻撃のジョーカーにもなりました。
その攻守のバランスのさじ加減から、職人的なポジションといわれました。

一方、80年代に始まった3バックでは、両SBを高い位置(中盤)に上げ
より攻撃的な役割を与えました。
(ウイングとSBを兼ねる「ウイングバック(WB)ともいわれます)
WBが積極的な分、3バックのストッパーがサイドの守備を埋めあわせるという考えです。
もちろんWBも守備に戻れねばなりませんが、基本的にSBより攻撃指向で
中盤の組立てにも深く関与します。

80~90年代には3バックでより攻撃的に、という流行がありましたが
「WBの裏のスペースの守備」という弱点を覆いきれず、現在ではまた4バックが
主流に戻っています。
(日本やアジアでは上記の「バランス配分をしる職人的SB」の層が薄いので
世界の流れに反し、いまだ3バックが中心です)

ただ、攻撃重視のスペインリーグの強豪(レアル、バルセロナなど)では
両SBが攻め上がりっぱなしの「2バック」を採り、開いたサイドの守備を
ボランチやセンターバックが埋めあわせるという進化した型が現われています。
                                     

伝統的な4バックでは、両SBは相手のウイングFWへの対応や
センターバックの支援(中へ絞る働き)など、おもに守備的な役割を担いましたが、
機を見て前線へ参加し、攻撃のジョーカーにもなりました。
その攻守のバランスのさじ加減から、職人的なポジションといわれました。

一方、80年代に始まった3バックでは、両SBを高い位置(中盤)に上げ
より攻撃的な役割を与えました。
(ウイングとSBを兼ねる「ウイングバック(WB)ともいわれます)
WBが積極的な分、3バックのストッパーがサ...続きを読む

Q昔の人は、散髪や爪切りはどうしていたのでしょうか。

日本と外国で、それぞれ答えて頂ければありがたいです。

文化的な道具がないと、散髪も爪切りも大変だったと思います。

現在の鋏のような器具があったのでしょうか。それとも、石とか竹などの他の道具をつかっていたのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>昔の人は、散髪や爪切りはどうしていたのでしょうか。

Wikipedia(NO2の方のサイト)にもあるように、
外国では、
紀元前1000年ごろの古代ギリシアのものとされるはさみが発見されており、古代から使われていたと考えられている。
と、ありますね。

日本では、
6世紀に中国を通して伝わったと考えられており、この時代の古墳からの出土例もある。量産されるようになったのは江戸時代からといわれる。
と、あります。

散髪について、
「はさみ」も昔は「量産」されておらず、大変「貴重品」でした。そこで、江戸時代頃までは、女性は、極端に言うと一生髪を切りませんでした。お市の方の肖像画のように、髪をたらしていました。
しかし、江戸時代頃からは、「はさみ」も量産されるようになり、女性も多少は「はさみ」で髪形を整えました。

また、男性は、月代(さかやき)を剃るのには、武士は「毛抜き」や「短刀」などで整えました。庶民はもっぱら「毛抜き」でした。「毛抜き」はちょっと痛そう・・・でしたが、我慢したのでしょうね。
なお、「かみそり」で月代を整えたのは、一説には織田信長が最初とも言われています。

そうした時代以前は「露頭(ろとう)」と呼ばれる「石器?」も使われたようです。
「路頭に迷う」とは漢字が違いますので、お間違えのないように・・・。

「かみそり」は神聖な物という考え方があり、お坊さんでは、かなり早くから使用していたようです。
ただし、現代の「かみそり」もそうですが、最初の切れ味は良いのですが、だんだんと切れ味の悪くなり、「研ぐ」という技術もありましたが、鍛冶屋などは、そんな小さな物は相手にしなかったため、無理やり「こそげる」ようにして剃髪していました。「痛そう」・・・。

また、仏門に入る時にも髪を切ったり、剃ったりしますが、この儀式はお坊さんが行いましたので、「かみそり」を使用しました。

爪切りについて、
「はさみ」も使用されましたが、江戸時代中期までは「はさみ」は高級品であったため、武士やその家族は主に「短刀」で切りました。
庶民は小型の「ノミ」で切っていました。
今でも中国で露天商に「爪切り」の商売がありますが、やはり、「ノミ」でこそげるやり方をしている、とも聞きました。

ことわざに、
「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」
と言いますが、
あれは「夜の、行灯(あんどん)などの明かりしかない暗い中で小刀で爪を削っていると、思わぬ怪我をして(細菌が入り)、親より先に死んでしまうので、親の死に目には会えない」と言われたようです。

大正時代頃からは「ニッパ」が登場したようです。
http://www.suwada.co.jp/aboutus/tsumekiri-history.html

現代のような「折りたたみ式」は、昭和の発明品です。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>昔の人は、散髪や爪切りはどうしていたのでしょうか。

Wikipedia(NO2の方のサイト)にもあるように、
外国では、
紀元前1000年ごろの古代ギリシアのものとされるはさみが発見されており、古代から使われていたと考えられている。
と、ありますね。

日本では、
6世紀に中国を通して伝わったと考えられており、この時代の古墳からの出土例もある。量産されるようになったのは江戸時代からといわれる。
と、あります。

散髪について、
「はさ...続きを読む

Qサッカーのフォーメーション【5-4-1】について

サッカーのフォーメーション【5-4-1】をあるサイトをもとにしたのですが、皆さんの意見をお聞きしたくて質問させていただきましたm(_ _)m

そのサイトいわく、このフォーメーションについて解説すると以下のようになります。
__________________________________________
(以下引用)
前線をワントップにすることで守備に重点を置いた戦術。

現代では珍しいスイーパーである。


ディフェンスラインを5バックにし、スイーパーを配置することで、

守備時の最終局面では数的優位が作りやすく、サイドバックが上がっても

スイーパーのカバーリングで、相手の攻撃の芽を摘み取ることができる。


守備面に関しては非常にバランスよく配置されており、ゴール前や

バイタルエリア、サイドのスペースはしっかりとケアされており、簡単には

入り込めない。

ディフェンシブハーフ、サイドハーフは攻守の両面で非常に高い運動量が

求められる。


個人技の優れたフォワードが必要であり、単独突破や溜めを造れる

能力が絶対条件である。

溜めを造っている間に中盤からのサポートやサイドからの

オーバーラップがどれだけ仕掛けられるかがポイントとなる。


オフェンシブハーフはセンターフォワードのサポートを

常に意識しゲームメイクを行う。


攻撃に意識を置き過ぎると、逆にカウンターをくらってしまうことも

あるので注意。
__________________________________________

とあり、DFラインを高く(もしくは非常に高く or 高め)してなるだけ高い位置からプレッシングをかけてボールを奪取し、SB,CBの一人をオーバッラップ、と同時にSMFはオーバッラップを意識しながらもサポートを行うというふうな感じ,カウンターで攻撃を組み立てていこうかな~と、思ったのですが、どうでしょうか?

もっといい攻撃パターンや他の攻撃パターンもありましたら、ぜひ教えていただきたいです。
それと、ワントップのCFには重戦車的で、かつ足元の技術もあるような選手にした方がいいんでしょうか?

サッカーのフォーメーション【5-4-1】をあるサイトをもとにしたのですが、皆さんの意見をお聞きしたくて質問させていただきましたm(_ _)m

そのサイトいわく、このフォーメーションについて解説すると以下のようになります。
__________________________________________
(以下引用)
前線をワントップにすることで守備に重点を置いた戦術。

現代では珍しいスイーパーである。


ディフェンスラインを5バックにし、スイーパーを配置することで、

守備時の最終局面で...続きを読む

Aベストアンサー

答えになっていないかもしれませんが。。。笑

5-4-1の中盤が台形のverが結構好きです。
と言いましても、質問者が挙げているようなSBを置くんではなくて
WBを置きます。

何で好きになったかというと、日韓大会のブラジルを見たからですかね。
右WBのカフーと左WBのロベカルという・・・。
すごい二人ですね。笑
ぜひ機会があれば見てみてください♪
あれは3-4-3だという意見もあるかと思いますが。

両サイドに攻撃も守備も出来る選手がいるのであれば、
5バックというのは結構ありなフォーメーションだと思います。

守備においては相手が強い場合は5-4で2つのラインとなってポゼッションされながらも
守ったり、そこまで強くない相手の場合は、4-1-4でポゼッションを崩しにいったりとか。
攻撃においては、3-4-3のようか形になるのが理想ですかね。
まぁ、守備・攻撃の両面において人数的に優位に立てますから!

トップに関してですが、5-4-1だからというわけではなく
ワントップを使う場合はボールを収められる選手、失わない選手を置くようにしてます。
あとは5-4-1なので、そこまで守備は求めなくても良いとは思います。

すみません、完全に自己満足な内容で。。。orz

答えになっていないかもしれませんが。。。笑

5-4-1の中盤が台形のverが結構好きです。
と言いましても、質問者が挙げているようなSBを置くんではなくて
WBを置きます。

何で好きになったかというと、日韓大会のブラジルを見たからですかね。
右WBのカフーと左WBのロベカルという・・・。
すごい二人ですね。笑
ぜひ機会があれば見てみてください♪
あれは3-4-3だという意見もあるかと思いますが。

両サイドに攻撃も守備も出来る選手がいるのであれば、
5バックというのは結構ありなフォーメーションだと思いま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報