私は今通っている高校が不満で、色々と考えた結果、高校留学したいと思っています。
しかし、まわりに高校留学の経験者もおらず、自分なりに調べてもみましたが、複雑でよくわかりませんでした。

私は今高1なので、1年遅れでも高校留学できるならいいと思っています。
英語に興味があるので、アメリカに留学したいです。

高校留学について詳しい方がいらっしゃいましたら、方法や費用などについて教えてもらえませんか?
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アメリカへの私費高校留学は学費の高い私立高校しかビザが下りないのです。


こういう私立高校は中高一貫教育の進学校であり、全寮制が多く、編入試験を受けて合格しなければなりません。
そして、英語力が低ければESLを受講した上で中3か高1へ落とすように言われ、下手をすると卒業できるのは20歳を超えるかもしれません。
費用は1年300~400万円と高額なので、卒業まで1000万円以上が必要になるでしょう。
よって、アメリカはお勧めではないです。

カナダかニュージーランドが高校留学には適していると聞いています。
それでも、費用として1年250~300万円が必要になります。奨学金はありません。
まずは、親御さんと費用について話しあってください。
そして、親御さんが英語が堪能でなければ自分で手続きするのは無理なので、「高校留学」で検索して手数料で代行してくれる留学業者を探してください。

高校留学については以下に説明があります。
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info.html

もしくは、高2で1年間の交換留学に行くのはどうでしょうか。
母校の学校長が認めてくれれば、現地で取得した単位をそのまま移行して、高3の途中に帰国した後にすぐに卒業できますよ。
交換留学の費用は150万前後で、文部省や派遣団体から50万円の補助金が出る可能性があります。

国によっては、そのまま居残って卒業させてくれる国もあるそうです(アメリカ以外)。
ただし、現地で卒業できたとしても帰国子女枠で日本の大学を受験できるかどうかは疑問ですので、現地の大学へそのまま進学するか、帰国後に遅れた分の受験勉強をして一般受験し、1年遅れで日本の大学へ入学するかになります。

以下のサイトに説明があるので、興味があれば、すぐに選考試験の準備を始めてください。
http://www.koryuren.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。結構高いんですね…交換留学も考えてみます。どっちにしろお金がかかることなので、しっかり両親と話し合って決めていきたいと思います。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2010/09/06 07:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Q海外に留学の際、自分の名前について! 海外に長期留学をしたいと考えています。 色々調べている中で、

海外に留学の際、自分の名前について!

海外に長期留学をしたいと考えています。
色々調べている中で、イングリッシュネームという存在を知りました。
日本語の名前が外国人には発音しずらい、変な意味になる、などの理由でつけると解釈しています。

私も考えていた方がいいのかと思ったのですが、そもそも自分の名前に問題がなければこのまま呼んでもらいたいのです。
そこで、知識のある方に!

みずほ、という名前は外国人(特に英語圏)の人にとって呼びづらかったりするのでしょうか?

教えてください!

Aベストアンサー

私が留学中はイングリッシュネームをつけるのは韓国人しかいませんでした。
「みずほ」が呼びにくいかどうかはわかりませんが、日本人の子で「みずほ」という名前の子もいて、普通に名前で呼ばれていましたよ。
無理につける必要はないと思います。現地の方が必要だと思えば勝手にアダ名をつけてきたりします。

Q高校授業料無償化って、

高校授業料無償化って、
どうなったんですか??

特に、私立高校は、
無償化になるのですか??

Aベストアンサー

>高校授業料無償化って、どうなったんですか
 ・今年の4月から施行です・・現在施行されています
 ・公立に関しては下記をご覧下さい
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/__icsFiles/afieldfile/2010/04/01/1292196_1.pdf
>私立高校は、無償化になるのですか
 ・私立は無償化ではなく、公立無償化相当分の補助:月9900円、年118800円、です
  (年収250万未満で年118800円の加算、年収250万~350万未満で年59400円の加算有り:上記の金額に足されます)
 ・私立に関しては下記をご覧下さい
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/__icsFiles/afieldfile/2010/04/01/1292203_1.pdf

Q16です。高校中退で高認をとったので、留学したいのですができれば留学体験や・・

手続きなどを教えてください。
どんな機関が信頼できるかも教えてほしいです。
たくさんあってすいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初の回答者の方は、何をそんなに熱くなっておられるんでしょう?

質問者の方が甘い考えで米国の大学へ留学したいものと決め付けられているようですが、質問には米国へ行きたいとも、直ぐに大学へ入りたいとも書かれていませんよ。
16歳で高卒認定を取得しているのだから、しっかり勉強もされていたはずです。頭ごなしに他人を否定したいだけなら、別のサイトへ行かれたほうがいいのでは。

私は以前カナダに住んでいたことがありますが、16歳で留学するなら、まずは高校へ入ることを考えてみてはどうでしょう。日本の高校を中退された理由は分かりませんが、人間関係が原因ならカナダの高校はおすすめです。特に都市部の高校は、通っている生徒の人種も考え方も多種多様なので、どんなバックグラウンドを持っている人にも溶け込みやすい雰囲気があります。日本で取った単位もある程度認められるため、例えば高校2年に編入といった形も可能。
英語力が付けば途中で大学へ進学してもいいし(TOFEL+高認)、卒業を目指すのもいいでしょう。もし海外生活が嫌になっても、日本へ帰って大学を受験するなり、別の道へ進むなりどうにでもなります。

どの国へ留学したいのかも記されていませんので、英語圏の中で非白人比率が高く、治安も悪くない(アメリカのように他人の家の庭に入ってしまっただけで射殺されるようなこともありませんし、玄関の鍵さえ締めていない家がほとんどの国です)ところとして、カナダを基準に書いてきましたが、どこへ行くにしろ若い時に海外に住むという経験はとても貴重なものになると思います。

最後に肝心の質問に対してですが、残念ながら有益な情報はあまり持っていません。
留学に関しての書籍はたくさん出ているので、一度それらに目を通してから、それでも疑問に思うことがあれば、もう少し具体的にここで質問されたらいいと思います。

最初の回答者の方は、何をそんなに熱くなっておられるんでしょう?

質問者の方が甘い考えで米国の大学へ留学したいものと決め付けられているようですが、質問には米国へ行きたいとも、直ぐに大学へ入りたいとも書かれていませんよ。
16歳で高卒認定を取得しているのだから、しっかり勉強もされていたはずです。頭ごなしに他人を否定したいだけなら、別のサイトへ行かれたほうがいいのでは。

私は以前カナダに住んでいたことがありますが、16歳で留学するなら、まずは高校へ入ることを考えてみてはどうでし...続きを読む

Q就学支援金について教えて下さい。 今年高校入学した息子がいます。その時初めて就学支援金についてしりま

就学支援金について教えて下さい。
今年高校入学した息子がいます。その時初めて就学支援金についてしりました。その時貰ったプリントに、専門学校、国家資格、美容師の文字もあり、娘がIBW 美容専門学校に今年入学したので、確認したところ、何も知らない様子で、娘を通じてなんですが、次の日、一般の美容専門学校ならいけますが、IBWはダメですといわれました。どういうことなのかよく分からず悩んでます

Aベストアンサー

就学支援金は高校の支援金制度ですから、美容専門学校でも3年制で高卒資格の取れる美容師専門学校は適応を受けますが、高卒以上の生徒が入学するような専門学校は対象外です。

Q私は中3から留学したいと考えているのですが出来ますでしょうか?高校からは留学出来ると聞いているんです

私は中3から留学したいと考えているのですが出来ますでしょうか?高校からは留学出来ると聞いているんですが中3から留学出来るのですか?留学基準、費用、などなど留学のことについてたくさん教えてください。

Aベストアンサー

留学には、「出発前にかかる費用」と「留学先でかかる費用」がある。これらを合計したものが留学の総費用となる。
留学の総費用
出発前にかかる費用
・航空運賃 ・海外留学保険
・諸手続き費用(パスポート・ビザ申請料など)
・健康診断受診料 など
留学先でかかる費用
・授業料・滞在費・交通費・通信費・教材費・食費・おこづかい
※留学先でかかる費用でも、学校によって出発前に支払いが必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
語学留学1ヵ月の場合
!Point! 比重が多い項目をいかに安く収めるかがコツ
各費用の中で、大きな割合を占めるのは、授業料と滞在費。そのため、選ぶ学校や滞在スタイル次第で、留学総費用に大きな差が出ることも。また、この割合の比重は、留学期間によっても変化する。例えば、短期間の留学では航空運賃の占める割合が高くなり、長期間の留学だと授業料や滞在費、食費などの現地でかかる費用が大部分を占めることになる。
大学留学の場合(アメリカ)

!Point! 在学する大学や留学先によって大きな違いがある
各国の授業料の差は縮小傾向にあるものの、公立と私立であったら、公立のほうが安かったり、大学や学部によっても金額は異なる。また、現地での生活費は国による物価の違い、エリアによる差(都市部は高め、地方は安め)も影響している。大学留学の場合は、奨学金もさまざまな種類があるので、上手に活用することもおすすめ。
留学スタイル・国別でみる
授業料と滞在費・食費
国による授業料と滞在費・食費の違いを留学スタイル別でみてみよう。
※下記データは、2015年留学ジャーナルからの出発者による統計。
語学留学

物価の違いが費用の差に
同じ留学期間でも国別で費用に幅があるのは、選ぶ学校や選択するコース、1週間当たりのレッスン数によって、授業料が異なるため。また、国や地域による物価の差も影響しており、食費や滞在費と同様に授業料にも物価が反映している。
「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
12週間 65万円~115万円
24週間 160万円~235万円
48週間 325万円~455万円
カナダ
12週間 55万円~85万円
24週間 105万円~165万円
48週間 215万円~330万円
イギリス
12週間 75万円~125万円
24週間 125万円~230万円
48週間 235万円~455万円
オーストラリア
12週間 60万円~80万円
24週間 120万円~150万円
48週間 235万円~280万円
ニュージーランド
12週間 55万円~75万円
24週間 110万円~140万円
48週間 220万円~275万円
カナダ・バンクーバーの
ILSC-Vancouver に
6ヵ月間(15レッスン)通った場合
授業料+滞在費+食費=115万円

(内訳)
授業料(出願料、教材費含む) CA$6,390
滞在費+食費* CA$5,558
合計 CA$11,948(=1,147,100円)
*ホームステイ 1日3食付き
※CA$1=¥96
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。
大学・大学院留学
1学年で200~350万円が目安
公立か私立か、2年制か4年制かによって授業料は大幅に異なり、文系よりも理系の方が一般的に授業料が高く、医学部・法学部・MBAは特に高額。奨学金の種類が豊富なのも、大学・大学院の特徴。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)
の「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
短大 245万円
大学 445万円
大学院 375万円
カナダ
短大 205万円
大学 255万円
大学院 200万円
イギリス
大学 355万円
大学院 355万円
オーストラリア
大学 340万円
大学院 345万円
ニュージーランド
大学 295万円
大学院 325万円
アメリカ・カンザス州の
Wichita State University
(ウィチタ州立大学)
で1年間にかかる費用
授業料+滞在費+食費=327万円

(内訳)
授業料、本代など US$15,454
滞在費+食費 US$11,332
合計 US$26,786(=3,268,000円)
※US$1=¥122
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。高校留学
公立校なら230~300万円前後が目安
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでは公立校への留学が人気。費用の目安は230~300万円。アメリカ、イギリスではほとんどのケースで私立校を選ぶことになるので費用が割高になる。中には年間500万円以上の学校も。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)の
「授業料+滞在費+食費」の目安
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド
留学スタイル・国別でみる
授業料と滞在費・食費
国による授業料と滞在費・食費の違いを留学スタイル別でみてみよう。
※下記データは、2015年留学ジャーナルからの出発者による統計。
語学留学
物価の違いが費用の差に
同じ留学期間でも国別で費用に幅があるのは、選ぶ学校や選択するコース、1週間当たりのレッスン数によって、授業料が異なるため。また、国や地域による物価の差も影響しており、食費や滞在費と同様に授業料にも物価が反映している。
「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
12週間 65万円~115万円
24週間 160万円~235万円
48週間 325万円~455万円
カナダ
12週間 55万円~85万円
24週間 105万円~165万円
48週間 215万円~330万円
イギリス
12週間 75万円~125万円
24週間 125万円~230万円
48週間 235万円~455万円
オーストラリア
12週間 60万円~80万円
24週間 120万円~150万円
48週間 235万円~280万円
ニュージーランド
12週間 55万円~75万円
24週間 110万円~140万円
48週間 220万円~275万円
カナダ・バンクーバーの
ILSC-Vancouver に
6ヵ月間(15レッスン)通った場合
授業料+滞在費+食費=115万円
(内訳)
授業料(出願料、教材費含む) CA$6,390
滞在費+食費* CA$5,558
合計 CA$11,948(=1,147,100円)
*ホームステイ 1日3食付き
※CA$1=¥96
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。大学・大学院留学
1学年で200~350万円が目安
公立か私立か、2年制か4年制かによって授業料は大幅に異なり、文系よりも理系の方が一般的に授業料が高く、医学部・法学部・MBAは特に高額。奨学金の種類が豊富なのも、大学・大学院の特徴。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)
の「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
短大 245万円
大学 445万円
大学院 375万円
カナダ
短大 205万円
大学 255万円
大学院 200万円
イギリス
大学 355万円
大学院 355万円
オーストラリア
大学 340万円
大学院 345万円
ニュージーランド
大学 295万円
大学院 325万円
アメリカ・カンザス州の
Wichita State University
(ウィチタ州立大学)
で1年間にかかる費用
授業料+滞在費+食費=327万円
(内訳)
授業料、本代など US$15,454
滞在費+食費 US$11,332
合計 US$26,786(=3,268,000円)
※US$1=¥122
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。
高校留学

公立校なら230~300万円前後が目安
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでは公立校への留学が人気。費用の目安は230~300万円。アメリカ、イギリスではほとんどのケースで私立校を選ぶことになるので費用が割高になる。中には年間500万円以上の学校も。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)の
「授業料+滞在費+食費」の目安
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド 230万円
250万円
230万円

公立が授業料は安めだが、期間は長め
専門学校には公立と私立があり、公立の方が安めに設定されている。ただし、公立の学校は入学日が限られていて、コース期間が長めなので、スケジュールの調整が必要。
9カ月~1年の
「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ(2年制大学)
アメリカ(専門課程)
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド
イギリス 285万円
445万円
270万円
270万円
250万円
375万円

留学には、「出発前にかかる費用」と「留学先でかかる費用」がある。これらを合計したものが留学の総費用となる。
留学の総費用
出発前にかかる費用
・航空運賃 ・海外留学保険
・諸手続き費用(パスポート・ビザ申請料など)
・健康診断受診料 など
留学先でかかる費用
・授業料・滞在費・交通費・通信費・教材費・食費・おこづかい
※留学先でかかる費用でも、学校によって出発前に支払いが必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
語学留学1ヵ月の場合
!Point! 比重が多い項目をいかに安く...続きを読む

Q高校の授業料だけ払えますか?

高校の授業料について質問致します。
現在私の子供が県の公立高校に通っています。
授業料は月額9900円ですが諸費用を入れますと
22000円ほどになります。
現在我が家の経済状態が苦しくここ2年近く私の体調が思わしくなく
妻のパートの収入と親戚の援助などでなんとか生活しています。
授業料の減免申請もしましたが妻に収入(月12万位)があるとのことで
駄目でした。
このままでは授業料の滞納になりかねません。
授業料は毎月引き落としですがもし仮に
授業料の月額9900円だけ払うということは可能なのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

詳しくはないのですが
(1)減免
(2)市町村の奨学金(給付)
(3)県の奨学金(貸与)=(旧育英会)
の順で収入審査がゆるいと思います。
近頃は自治体の収入難で
減免審査が厳しくなっていると聞いています。

ロータリークラブや伊藤財団などの
企業系の奨学金はご存知ですか?
年度替わりの募集が多いのですが
検討してみてください。

授業料だけを払うのは、残念ながら実際には難しいです。
進路適性検査、校外学習、講演会・鑑賞会、芸術・家庭科教材費etc…
その度に参加の可否を打診されるのも辛いのでは、と思います。

Q「高校生交換留学」高校生交換留学への参加

「高校生交換留学」高校生交換留学への参加
上記のとおり留学をしたいと考えています。
公立高校の普通科から、低費用で留学するには奨学金が出る
この留学が一番いいと思っています。
実際10ヶ月で100万程度らしいので月10万と何とか行く事が出来ます。

そこで留学斡旋団体を調べ結果多くの団体がありました。
その中でオススメの団体を教えていただきたいです。

1、オススメ団体

2、他の留学プロジェクト(上記のもの意外で)

3、奨学金について

4、語学力について(英検何級、TOEFL何点etc...)

5、試験の内容と合格条件

6、試験者数と合格者数

分かる範囲で結構ですのでお願いします

Aベストアンサー

私は現在アメリカのオレゴン州に交換留学中の高2です。私はEFを利用しています。アメリカの大学に留学中の姉に勧めてもらったのと、ホストファミリーの質が比較的高い団体だからです。
奨学金は出ますが、作文などの課題が出されかなり競争率は高いです。私は何とか手に入れることができましたが、私の友人はほとんどが一次選考落ちです。奨学金は運が良ければとれる程度に考えた方がいいです。語学力は私自身EFの選考試験を受けた時には英検2級でした。TOEICは留学前に受けたのが665点でした。それでも現地では英会話に苦労しますよ。TOEFLは高校交換留学にはあまり関係ない気がしますが。
選考試験内容は、SLEP(英語能力試験、英検3~準2程度)と日本語と英語の面接と英語の作文です。SLEPはある期限までに65~75パーセントまでとることと(行く国によって違う、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダぐらいならこれぐらいだけどイギリスは基準が高くなる)、面接と作文に関しては積極的な態度で行けば、まあ選考試験は簡単に通る。
試験者数は分からないが、真面目にやってれば大体の人は合格していた。
ほかに質問があればどうぞ。

私は現在アメリカのオレゴン州に交換留学中の高2です。私はEFを利用しています。アメリカの大学に留学中の姉に勧めてもらったのと、ホストファミリーの質が比較的高い団体だからです。
奨学金は出ますが、作文などの課題が出されかなり競争率は高いです。私は何とか手に入れることができましたが、私の友人はほとんどが一次選考落ちです。奨学金は運が良ければとれる程度に考えた方がいいです。語学力は私自身EFの選考試験を受けた時には英検2級でした。TOEICは留学前に受けたのが665点でした。それでも現地...続きを読む

Q私の住んでる地域で A高校が偏差値64です そのA高校にギリギリで受かる 偏差値が58だそうです で

私の住んでる地域で
A高校が偏差値64です
そのA高校にギリギリで受かる
偏差値が58だそうです
では
偏差値58のB高校にギリギリ受かる
偏差値はどのくらいか、わかりますか?

Aベストアンサー

58に近い数字だと思いますよ。56とかね。
偏差値だから、単純に-6して52ってことにはならないです。
頑張って。まだ間に合うから。

Q高校留学、留学先の決め手と留学会社について

現在高校1年生で、今度海外への留学を考えています。
その留学先の高校を卒業する予定です。
また、留学目的は英語力をつける事です。

現在留学先がなかなか決められずに困っています。
オーストラリアとニュージランドがいいと聞くのですが、英語の訛りが心配で…。

そこで、このような場合の

・留学先の決め手
・おすすめの留学先(そのメリットとデメリット)
・おすすめの留学会社

を教えてもらいたいです。
上記の質問のどれかひとつへの回答でもいいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどくなります。 やはり多くの人がオーストラリア訛りを気にしますが…こちらではイギリスの様な階級が存在し、金持ちはイギリス英語をしゃべりブルーカラーの人たちはオージー訛りの英語をしゃべります。実際に私が思うのは入る学校によって英語の訛りが物凄く憎くなることです。お金持ちの多く入る私立であればキレイなイギリス英語をしゃべりますし、逆に田舎の公立高校に通えばオージー訛りになります。

留学先の決め手…これは学費・学校の整備・留学条件によって変わると思います。NZは比較的に学校数も少なく、町自体もこじんまりとしています。逆にオーストラリアは多くの学校があり、有名な私立高校が沢山あること、町自体も大きく不自由なく過せる。私はオーストラリアをお勧めします。最近ではNZの若者や国民が大量にオーストラリアに移民して問題になるぐらい、NZは少し寂れているからです。

お勧めの留学先…私の経験上、公立高校に留学し、ホームステイをされる留学はやめたほうが良いです。留学でも勝ち組と負け組みがはっきりと分かれており…留学後に大学に入りたいか、そもそも留学中に真面目に学業を学びたいのかで変わります。真面目に留学してよい学校を出て、良い就職先を見つけて不良にはなりたくない場合は真剣に学校を決める必要性があります。

おすすめさきの留学会社…はっきり申しますとあまり留学会社に頼ると良い留学はできないと思います。留学会社は利益を優先しているために現地の高校と提携を結んでいることが多いです。私はオーストラリアに留学していたのでわかるのですが…留学斡旋会社のホームページに、よく“○○高校はオーストラリアの中でもレベルが高く名門校です”とか書かれていますが信用してはいけません。なんせ現地では名前も知られていないような私立や公立の可能性が大です(おまけに生徒は日本人だらけ)。やはり肝心なのは本当に行きたい学校を自分自身で探して得ることです。オーストラリアの中でも有名な高校は都市部に集中しており、中でも名門高校といわれる学校は全寮制や寮制である事が多く、殆どが私立高校です。おまけに歴史の古い学校の方が良いです。

ちなみにオーストラリアのビクトリア州では私立高校の集まりでAPSと言われる学校の組織が有ります。この組織に名が乗っている学校は全て名門高校です。ちなみにオーストラリア人であれば名前を聞くだけで大抵は知っている(日本で慶応とか灘、開成など)学校です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Associated_Public_Schools_of_Victoria
このリストの中の高校に通っていましたが…日本人の留学生は何処の学校も一学年に0~3人程度。その日本人も殆どがハーフ(外国人と日本人との)やすでに海外に長い間住んでいるような日本人です。また、留学斡旋業者を通して留学している人は学校の中で1人居るか居ないかぐらいでした。

ただ、英語力を付けたいのであればあまり高校留学はお勧めできません。何故ならオーストラリアの高校2~3年生は日本以上に受験勉強が激しいからです。すでに高校3年で大学1~2年の分の授業などを受けるので(こちらではその分、大学が3~4年で卒業できる)生半端な英語で留学すると留年を1~3年程度見なければなりません。そこまでするならば高校卒業後に語学留学でオーストラリアやニュージーランドに行かれることをお勧めします。

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報