『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

スポーツジムに行ったら筋肉が減りました。
スポーツジムに通って1ヶ月がたちました。
今までほとんど運動することがなかったのですが、
今回は割とまじめに通っていました。(マシンだけですが、週3-4回)
1ヶ月後の測定で、なんと筋肉が落ちていました。
体重は若干減りましたが、体脂肪は若干増えていました。
とてもショックでした。
若干1ヶ月で筋肉が増えると言うことはないだろうと思っていましたが、
まさか減るなんて・・
そこでジムのインストラクター(バイト風)に
「増えないのはわかるけどなぜ減ったのですか」ときくと
食事前に運動すると筋肉から消費すると答えました。
必ず食事をしてから運動するようにというのですが、
このカテを見ていると、脂肪を燃やすには食事前の運動がよいとの意見ばかりです。
脂肪を燃やすのと筋肉をつけるのは相反するのでしょうか?
それともインストラクターの間違いですか?
混乱しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>体重は若干減りましたが、体脂肪は若干増えていました。



体脂肪率計は目安にもならない。体重が減ったなら脂肪は減っています。サイズ計ったり指でつまんで確かめればわかる。

>「増えないのはわかるけどなぜ減ったのですか」

体重が減ったら同じく筋肉も減るもの。脂肪と同様に分解され、栄養不足を補うためにエネルギーとして使われます。
脂肪と同じで基本的に摂取カロリー>消費カロリー次第で増減します。なんの運動もしなくても、何キロか太れば何割かは筋肉だし、体重を落とせばその何割かは筋肉の減少です。

運動するのはその割合をコントロールするためです。

運動しながら痩せると筋肉があまり減らず、脂肪が多く減るようになります。特に、負荷の高い筋トレでしっかり刺激していれば、使っているので筋肉は減らず、脂肪ばかり減ります。運動しても、その負荷が軽ければ、その程度の力が出せる筋肉を残してあとの筋肉は減ってしまいます。相対的に、脂肪はあまり減りません。

一般的に筋肉は運動すれば増えると思っている人が多く、痩せるには軽い筋トレ・軽い運動が良いといわれます。これはただのイメージです。そういう話を鵜呑みにしていると、筋肉落ちちゃうし、相対的に脂肪があまり落ちません。ジムで働いている人にもそういうことをいう人がいるので注意ね。
ジムの人の話もわかるけど、食後に運動したって最終的に消費カロリーが少ないなら筋肉減ります。減ってあたりまえという発想が無いところが怪しいですね。

トレーニングに長けている人の中には、たとえ減量中でも、運動した後にプロテインでジュース一杯飲む人もいます。ただ、個人的にこれはそうとうシビアな人だけで、普段たんぱく質不足に気をつけ、よく筋トレで刺激していれば一般人が心配するほど筋肉が減ったりはしないと思います。

ちなみに、本当に筋肉が落ちたかどうかわかるのは、筋トレするときに上げられるウェイト負荷が落ちてしまった時だけです。10kgで上げられたメニューが8kgでしかできないとかね。そうでないなら気にしなくて良いと思います。そういうのも、限界近い重さで筋トレしてみないとわかりません。体脂肪計はホントにアテになりません。
もし気になるぐらいまで筋肉が落ちたとか、痩せてきた割にはたるんだままだと思うなら、運動負荷を見直しましょう。


>若干1ヶ月で筋肉が増えると言うことはないだろうと思っていましたが、

これもどうかと思います。普通は運動し始めた時が一番筋肉が増えやすい。減ってあたりまえと書いたけれど、ちょっと最初にあまりにも筋肉が少ないならちょっと増える場合もあります。長く続けるほど停滞して付かなくなります。


わかりにくければ追記しますが、以上でも難しいことはないでしょ?


>このカテを見ていると、脂肪を燃やすには食事前の運動がよいとの意見ばかりです。

消費カロリーが同じなら差がありません。

体内には脂質と糖質の二種類の栄養がありまして、空腹なら糖質が少ないので確かに脂質が多く使われます。だから空腹のほうが皮下脂肪が良く燃えるというのですが、視野が狭い気がします。
仮に食後に運動して糖質ばかり消費してしまったとしても、運動後の安静時には糖質不足を補うためにより多く体脂肪が燃えます。逆に脂肪が落ちやすい運動をしても、そのぶん運動後の安静時には脂肪が燃えにくくなり、糖質が使われます。どっちに運動しても、長い目で見ると変わらんのですよ。
例えば食事制限の話でも、脂肪を落としたいなら、脂肪分を控えないと落ちないかね?ご飯を減らしても皮下脂肪が落ちるよね?シンプルに、消費カロリーと摂取カロリーの差次第です。

ヒントですが、たくさんの人が言ってるから正しいとは限りませんよね。ダイエットや運動は、成功する人のほうが少ないでしょ。だいたい1割とも言われています。ということは1割しか信じられないってコトじゃないかな?会社に入っても、デキる人は少数で残りの社員はどーでもいいような駒。ただしみんな口だけは一人前だし、発言する権利も平等です。言い方悪いですが。現実ってのはそういうもんです。

あなただって、今何も知らなくても回答することはできますよね?いい暇つぶしだとハマれば、どうにでも答えちゃうわけですよ。これは僕自身にも言えることなので、簡単に信じちゃいけませんけどね。自分で考えろってことです。もしくはカネを払って、評判の良いトレーナーに教えを請うとか。

ネットというのはタダなのでやっぱり役に立たない情報も多いわけです。タダだから損しないかと思いきや、間違っていて遠回りすることや、考えすぎてコスト以上に時間を失うこともあります。もうちょい疑って活用したほうが良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろな方面の回答、ありがとうございました。
正直、ただでこんなに教えてもらっていいのかという感じです・・
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/07 20:52

使用重量、rep数が落ちてないなら何も問題ありません。



体脂肪計があてにならんのは確かですけど、そのイントラも正直どうかなーと・・

>脂肪を燃やすのと筋肉をつけるのは相反するのでしょうか?

そうです。
通常は脂肪が増えるような局面でなければ、筋肥大しません。
脂肪を落としつつ、筋肥大となると栄養云々よりもどういったトレーニングをしているかの方が重要です。
通常は「できない」と思って差し支えありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一ヶ月前より重いものが動かせるようになっています。
他の方の回答も参考にさせていただくと、
筋肉は減ってはいないと思って良いようで、
嬉しく思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/07 20:56

 家庭用の体脂肪率計(体組成計)はもちろん、測定原理が同じなスポーツジムにある体脂肪率計(体組成計)もかなりいい加減です。

体脂肪率は数%くらいは平気でバラツキますし、それと連動した筋肉量も1kgくらいは簡単に変わります。ですから、その程度であれば真実を表しているとは限らず、気にする必要はありません。

 私は6年にもわたって体重も体脂肪率も筋肉量も通っているスポーツジムで毎月測定していますが、そんなものです(それくらい曖昧で、いい加減なものです)。測定原理上の問題と、人間の体の水分量が安定せず個人差もあるのが、いい加減であることの原因です。

 「食事前に運動すると筋肉から消費する」のは、飢餓に近い状態での話です。ふつうの食生活をしていると、そんなことはありません。「脂肪を燃やすには食事前の運動がよい」というのも必ずしも正しいわけではありません。

> それともインストラクターの間違いですか?

 測定結果を信じすぎるのが間違いです。スポーツジムの見かけ上は立派な体脂肪率計(体組成計)も測定値は「かなりいい加減」という認識をしていれば、頭の混乱は一挙に解決します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、体脂肪計に余り一喜一憂しても仕方ないと言うことですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/07 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング