今使用中の鮎竿の事教えて下さい。
今から11年くらい前に購入したのですがその竿の特徴がいろいろ調べたのですが
はっきり分かりません。

使用中の鮎竿

シマノ
Ayu XL 先掛 Hi-Speed H3 90-95 R

特にこの鮎竿の H3 がよく分かりません。
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは、以前にも同じ質問があり、回答が付かなかったようなので参考程度の回答になりますが・・・・


まず、H3とは竿の硬さ、強度の表示です。数字が大きくなるほど強くなります。「Ayu XL 先掛 Hi-Speed H3 90-95 R」の後継モデルの「Ayu XL 先掛 Hi-Speed 90-95 G←RからGになったと記憶しています」の場合H2.75までしかなくH2.75は錘負荷1~4号となります。同時期のシマノの鮎竿でH3だと2~6号負荷ですから、ご質問の竿も錘負荷2~6号だと思います。H3はかなり強い竿ですから、荒瀬狙いの竿ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な回答ありがとうございました。
この竿は2本目の竿で当時友釣りを教えてもらって一緒に釣りに行ったいた
人が選んで買った竿です。
ですが当時まだ初心者であり又、10年以上という長い年月で忘れてしまいました。
ですが今使用中の竿が荒瀬用の竿に思えなくて、結構竿先が釣りをしていても曲がっています。
(オトリを引っ張りすぎではなくて、いい感じでオトリを操作している時)
買った当時穂先が2本入っていて(柔らかい穂先と、ちょっと硬めの穂先)今ついているのは
太い方の穂先がついている記憶はあるのですが・・・。
気のせいなんでしょうか。

今はこれより強い竿が欲しいと思っているぐらいで。
ちょっと私の勉強不足のようで、釣具屋等で他の竿を見て回ろうと思います。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/07 22:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘラブナ釣り 冬のアタリちょっと目を離した時ウキが動かず変な感じだったので竿をゆっくり上げたら掛

ヘラブナ釣り 冬のアタリ
ちょっと目を離した時ウキが動かず変な感じだったので竿をゆっくり上げたら掛かりました。口掛りしてたのでエサをくわえてジッとしていたのでしょう。
冬の色々なアタリを そっと教えて下さいませんか。

Aベストアンサー

まず初めにお断り・・!
当方、へらぶな釣り師でも何でもないので、釣技に関することはへら鮒を専門に釣っている人にお任せする。

当方はもう釣りそのものから離れて久しいので、忘れかかっているところではあるが、何十年か前の(糞)高校当時からは、その独特の釣りのスタイルと道具に憧れて、釣行と言えば(腕は兎も角として!?)殆どへらぶな目当ての川釣りに落ち着いて行った・・!

当方、寒べら釣りの経験は殆ど無い(寒いの苦手なのと、手が悴んで仕掛けを上手く結べない!!)ので、質問者がどの様なポイントで釣りをされていたのかにもよると思う・・!

恐らく(ちと自信ないけど・・?)冬になるとタナが深くなり、仕掛けも共ずらしとか両べたで探ることになったり、或いは深宙でオダ周りを探るとかになるのかなと思われるので、考えられる浮きのアタリは・・・
共ずらし~両べたで狙った時はへら鮒が上から底に着いている餌を吸い込むことになると思うので、「食い上げ」のアタリ(<浮き>の色分けされている目盛りが僅かに上がる)で合わせる機会が多くなるのではと思う・・!?

深宙で探っているのなら、「押え込み」アタリ(<浮き>の色分けされている目盛りが数秒間沈み込んだ状態になる)で合わせるのかなぁと思う・・!?

釣り堀の様な管理釣り場を利用したことは無いので、餌付けされている場所での冬期のへら鮒のタナについてはよく分からない・・!

<浮き>に変化が現れないまま竿を上げたらかかっていた場合で考えられるのは、錘まで底に着けた両ベタの仕掛けで、へら鮒が餌を吸い込んでも錘が底に着いたままであれば、浮きに変化が現れない場合がある様にも思う・・!

ちと自信ないけど、こんなところ・・!?

まず初めにお断り・・!
当方、へらぶな釣り師でも何でもないので、釣技に関することはへら鮒を専門に釣っている人にお任せする。

当方はもう釣りそのものから離れて久しいので、忘れかかっているところではあるが、何十年か前の(糞)高校当時からは、その独特の釣りのスタイルと道具に憧れて、釣行と言えば(腕は兎も角として!?)殆どへらぶな目当ての川釣りに落ち着いて行った・・!

当方、寒べら釣りの経験は殆ど無い(寒いの苦手なのと、手が悴んで仕掛けを上手く結べない!!)ので、質問者がどの様なポイン...続きを読む

Qオシアコンクエスト301HGのブレーキについて。 オシアコンクエスト301HGなんですが、シマノのH

オシアコンクエスト301HGのブレーキについて。

オシアコンクエスト301HGなんですが、シマノのHPみると、ブレーキ搭載と書いてあるのですが、さっぱりどこにあるのかわかりません。
もしかして300番代にはブレーキは付いていないのでしょうか?

Aベストアンサー

No1です。

カタログを見たのですが、シマノのブレーキシステム(SVS)が搭載されているのはは200番シリーズのみで、300番シリーズには SVS はついていないようですね。

恐らくですが、300番は真下狙いのスロジギや普通のエサ釣り等がメインの用途なので、ロングキャストすることは想定していないのではないかと。
真下狙いなら、スプールの締め付け強度の調整ネジだけで十分ですし。

Q投げ竿の、投げた後の竿の収束が早い事の利点について。

皆様いかがお過ごしでしょうか?こちらは、釣りの事を色々と勉強中です。
最近は、自分の購入した道具について、どのような材料が使われていて、
どのようにして作られているのか?また、構造はどうなっているのか?等
を調べて、その性能を活かす使い方ができるように、日々研究中であります。
さて今回の質問ですが、タイトルの件についてダイワのホームページを見て
いると、投げた時の竿のブレが早く収まると、飛距離がアップするとあるの
ですが、これはラインが出て行く時に、ガイドとぶつかる時間が短くなる事
で、抵抗が少なくなって飛距離が伸びるという意味なのでしょうか?それ以外
の理由も何かあるのでしょうか?ふと気になりましたので、どうかご回答を
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ティップ(竿先)もしくは竿全体のブレが収まるのが早ければ早いほど、キャストの精度や飛距離が伸びるのは事実です。

竿がブレている際、放出された糸がブレの回数と共に空中で波状を形成します。
これにより、ライン全体にかかる重力に加え、余分に出たラインの量まで重力がかかりますから、それにより仕掛けが下へ下へと落ちてきます。
この事により着水点が近くなるため、飛距離の低下に繋がるというのが一点です。

もう1つは、竿のブレにより道糸の進行方向が不安定になることです。
この事により余分な糸フケが出ますから、仕掛けの飛行をスムーズで無いものにしています。
この事により着水点が近くなり、同様の事象が起きるという訳です。

どちらにせよ、ラインスラック(糸フケ)が安定しない事により着水点が近くなるのが原因ですから、それを解決できる高弾性なロッド、もしくは軽量なガイドによりブレを抑え、飛距離が延びる、というのがメーカーの主張だと思います。

竿のブレは、キャストの際に、グリップエンド(竿尻)を肘に押し当てる事により改善できますから、一度試してみてはいかがでしょうか。

ティップ(竿先)もしくは竿全体のブレが収まるのが早ければ早いほど、キャストの精度や飛距離が伸びるのは事実です。

竿がブレている際、放出された糸がブレの回数と共に空中で波状を形成します。
これにより、ライン全体にかかる重力に加え、余分に出たラインの量まで重力がかかりますから、それにより仕掛けが下へ下へと落ちてきます。
この事により着水点が近くなるため、飛距離の低下に繋がるというのが一点です。

もう1つは、竿のブレにより道糸の進行方向が不安定になることです。
この事により余分...続きを読む

Qソルトルアー用の竿で5万は良い竿ですか

友人がルアーをしないかと誘ってくれ、
竿を見に行きました

シマノ、がまかつ、ダイワで比べて
シマノの定価52000円の竿を(販売4万くらい)
買おうと考えています

初めての竿なので安すぎるのもどうかと感じ、
1万くらいのものもあったのですが
デザインが気に入ったので
52000円の竿にしようと思います

このくらいの竿はどうですか?良い竿ですか?
(青物、スズキをつるルアー竿です)

Aベストアンサー

定価や売値でその値段は高価な部類に入り、普通は間違いなく良い竿です。
ただ、経験のない貴方にとって使いやすい竿であるかどうかは別だと思う。
「入門用レベル」の竿では技能の向上に繋がりにくい面があります。
正直経験のある私達が使っても使い辛いと感じるものもありますから
良い道具を使えばより多くの経験値を得る事が出来ますし、
レベルアップに伴い物足りなくなって道具の買い替えを行なうと言うサイクルが減り、
結果道具への投資が少なくなります。
今後長く釣りをやろうと思うなら初めからそれなりの道具を使うほうが良いです。

身分相応とまでは言いませんが、お勧めは「初級クラス」。
買値2万円以内程度のロッドでも十分使えるものがあり、
リールとセットで4万円以内でもスタイルと合致すれば満足出来る品もあります。
現実的に言えばこのクラスをまず手にするのが無難ですけど、
デザインが気に入っているならそこを重視して購入しても良いでしょうし、
セットするリールも同じシマノの高級リール「ステラ」でもかまわないでしょう。
見た目で気に入っていると言うのはやはり購入する選択肢の一つですから。
ましてやそれを買えるだけの財力があるならなお更です。
ですが、購入する竿のモデルや特色が不明で、
自分のスタイルが確立されてない今現状において、
高価な竿は使いにくい合わない一本になってしまう可能性もあります。
竿の長さ、パワー、リールの大きさ等、
用途を友人や店員さんとよく相談すると良いと思います。

定価や売値でその値段は高価な部類に入り、普通は間違いなく良い竿です。
ただ、経験のない貴方にとって使いやすい竿であるかどうかは別だと思う。
「入門用レベル」の竿では技能の向上に繋がりにくい面があります。
正直経験のある私達が使っても使い辛いと感じるものもありますから
良い道具を使えばより多くの経験値を得る事が出来ますし、
レベルアップに伴い物足りなくなって道具の買い替えを行なうと言うサイクルが減り、
結果道具への投資が少なくなります。
今後長く釣りをやろうと思うなら初めからそれな...続きを読む

Q鮎ハリス

フックサカサへの鮎ハリスの結び方

Aベストアンサー

①ハリスの端をもって締め付けないで単にハリス止めの穴に2度通します。
②ハリス止めにハリとは反対側のハリスを締め付けます。
(ハリ先はオトリ鮎の尻尾から1cmから1.5cmくらいの長さでいいでしょう。あまり長いと根がかりします。)

③次にハリに近いほうのハリスをハリス止めに軽く閉めつけます。
余った長さははさみでカットします。

力加減は②はきつく③はゆるくです。

ハリに遠い部分は1度目、ハリに近いハリスは2度目に締め付けることとなるので切れにくくなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報