自分は今
千葉大学の看護学部を目指して勉強をしています

将来は大学院にいって看護学の研究者になりたいとぼんやりとですが思っています



ですが
資料などを見ても看護研究科ではどのようなことをやるなどは

深く説明されていません



看護の研究者になるためにはこうしたほうがいい

または
研究者になるとこうゆうことをする

などの情報を下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

医者の出来ない事をするのが


看護学だと思いますけどね
    • good
    • 0

http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80177328

看護系の研究者といえば研究者っす
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実験研究のデータ数について(看護研究)

看護研究であるケア方法の有効性をを検証する場合、データ数は最低でもどのくらい必要でしょうか?ケアの種類、実験の内容、被験者の特性などいろいろな要因で変わるとは思いますが、学会の収録集を見ていると臨床で行う実験の被験者が10人以下というのも珍しくありません。勤務をこなしながら、研究活動を行うとなると、それが精いっぱいというのもわかるのですが、それで立証できるのか疑問に思いました。
どなたかよろしくお願いいたします*

Aベストアンサー

> 有意水準?検出力??サンプルサイズ???

有意水準で?となられるようなので、No.1の参考書を薦めたのは適切ではなかったようですね。
替わりに統計学をわかりやすく説明したサイト(ハンバーガー統計学)を参考URLに記入しておきます。

参考URL:http://kogolab.jp/elearn/hamburger/

Q理科基礎2つで受験可能な看護学部のある 国公立大学はどこがありますか?? ちなみに私は文系で、看護学

理科基礎2つで受験可能な看護学部のある
国公立大学はどこがありますか??
ちなみに私は文系で、看護学部志望者です。
(看護学部は理系の方が多いかと思い、文系だと説明させていただきました。)

ちなみに数学2つの場合、2と2B
どちらを選択するのがいいでしょう?
自分は数列が破滅的で勉強しても全然
できないんです。先生にも呆れられてる程で...
ベクトルはある程度なら出来ます。

ご返答よろしくお願いしますm(_ _)m

⚠︎厳しいコメントを頂いたので(なぜか消してありましたが...)改めて書き直しました。見苦しい質問を申し訳ありませんでした。

Aベストアンサー

http://search.keinet.ne.jp/search/option/
検索して。
ただ、家から通えない場所の国公立大学より、家から通える私立大学の方が安上がりだろうと思います。
全国規模で国公立を考えて良いのは、難関大学受験生と、家から通える範囲には看護の大学が一つも無い場合だろうと思います。

数列は、もの凄く賢い奴がやり方を考えているわけで、それを素から捻り出そうとしても無理です。
和の公式や帰納法やらの手法を、「基礎問題演習を繰り返す」ことで身に付けて、少々の応用ならできるようにしておいてください。
何度も失敗して、しかし繰り返し演習することで、身に付ける。
理解しました、暗記しました、おしまい、だと、点は取れません。その状態で演習すれば、余程の天才以外、問題が解けないはずです。
演習を繰り返さないと。

Q卒業研究のプレゼンテーションのppt資料、話の流れが作れません

今度、大学の卒業研究の発表会があります。
先日、そのリハーサルで研究室内での発表があったのですが、先輩や先生からダメ出しを受けました。
それで今、ppt資料を作り直しているのですがどうしてもうまく話の流れを作れません。

プレゼン内容を簡単にいいますと「Aという問題を方法Bまたは方法Cを用いて解決しようとした」という研究のプレゼンテーションをしようとして、Bの話をした後にCの話をする流れにしたのですが、「どうしてBの話の後にCの話になるのかわからない」と言われました。
一応最初に、「BとCの方法を用いる」という入り方でプレゼンをしたのですがどうもそれが伝わらなかったようです。Cの話をする前にまた問題Aについて振り返るのもなんかしつこいような気がして話の流れをうまく作れません。

うまく話の流れを作る方法はないでしょうか?とくにBの話からCの話に入るときにどういった言い方をすれば理解を得られるでしょう?

Aベストアンサー

具体的内容が分かりませんので、的外れかもしれませんが…。

なぜ、BとCを用いたかを説明すればよいのではないでしょうか。
「Bは優れているが、○○という欠点がある」
「その点、CはBの欠点をうまく解決できる」とか。

説明のタイミングは、最初の概要説明時にしっかり、
そして、BからCに移る時にあっさり。
とか。

Q看護科がある大学の付属高校の入学を推薦で入学希望している者です。 私は、将来 看護師になりたいなと思

看護科がある大学の付属高校の入学を推薦で入学希望している者です。
私は、将来 看護師になりたいなと思っています。
ですが、その高校の入学を決めた理由は
部活で声がかかったから。その理由のみなんです。
志望動機を聞かれても、声がかかったからとしか言いようがないです。
でも、そんな事言えないですよね?
なので、
大学の看護科に入りたいから。
という理由にしたいのですが、文が上手くまとまりません。
良い文を考えていただけないでしょうか?

ちなみに、看護師になりたい理由は
・少しでも多くの命を助けたいから
・皆さんの笑顔をつくりたいから
・やりがいのある仕事だから
です!!

Aベストアンサー

看護学生です。

文章自体は自分で考えた方がいいと思います。

自分で文章を考えるなら、看護師になりたい理由の一つに「やりがいのある仕事だから」とあったので、そのやりがいを具体的に膨らませていくと上手くいくと思います。

話は変わりますが、高校生活のうちに夢が変わってしまう事もあると思うので、今無理に理由考えなくてもいいと思いますよ。
別に普通の高校から大学へ進む時にでも看護学科に行けないことはないので、あまり強く「看護学科に進みたい!」と思っていらっしゃらないなら、高校は普通科に進むべきだと思います。
私はどうしても看護師になりたくて大学から看護学科に進むことに決めました。だから、あなたが文章を他人に考えてもらうという行動が許せませんでした。文が上手くまとまらなくても、志望動機は自分の熱量を文にしたらいいものなのです。

余計なお世話かも知れませんが、こういう考えを持つ人もいるということを知ってください。

Q看護士になるにはどうゆう進路がありますか

娘(中学生)が看護士になりたいと、言ってますがどういう方法
が、あるか教えて下さい

Aベストアンサー

方法としては、
(1)衛生看護科のある高校に入る。
しかしここで取得できるのは、准看の資格です。
正看になるには、その後さらに2年、または3年の高看の学校に入る必要があります。
同じ正看であっても、専門卒の正看と、准看から正看になった人では給料に差がでますし、将来の出世などにも関係してきます。
結局、准看から正看になって、得はない、ということです。
また、高校に通っている間に別のやりたいこともでてくるかもしれません。
普通科の高校ならば色々な選択肢をもつことが出来ますが、
衛生看護科に入ってしまうと、普通科の勉強は殆どしていないため、他の道に進むことは難しくなります。
衛生看護科に進学は、お勧めしません。
(2)高校卒業後に、3年の専門学校に入学する。肩書きは高卒になる
(3)高校卒業後に、看護短大(3年)に入学する。肩書きは短大卒。
(4)高校卒業後に、看護大学に入学する。肩書きは大学卒。
また国家試験受験資格も、看護師だけではなく、保健師、助産師も得られるので道は広がる。
また、給料も一番高い。
(5)高校卒業後に准看の学校に通い、そのあと正看の学校に再度入学する。(1)に書いた理由と同じで、お勧めできません。
(5)中卒で准看の専門学校に入学し、資格を取得後3年間実務経験を積み、再度高看の学校に入学する。

准看の学校に通う人は、経済的理由から働きながらでないと通学できない人が多いです。
経済的に専門学校や大学に入れる余裕があるのなら、准看に通う必要は無いと思います。
たまに、私は頭が悪いから、正看の入試は受からないだろうから簡単な准看にする、という人も見かけますが、
結局国家試験の内容は同じです。結局頭のよい人も荘でない人も同じ試験を受けるのです。
看護学校の勉強は、正直きついです。
毎日勉強です。そうでないと後で大変な思いをすることになりますから。
もし、勉強レベルで准看を選ぶとしたら、看護師自体を辞めたほうがいいかと思います。
今の時代は大卒を求められる時代でもありますので、看護大学を一番にお勧めします。

方法としては、
(1)衛生看護科のある高校に入る。
しかしここで取得できるのは、准看の資格です。
正看になるには、その後さらに2年、または3年の高看の学校に入る必要があります。
同じ正看であっても、専門卒の正看と、准看から正看になった人では給料に差がでますし、将来の出世などにも関係してきます。
結局、准看から正看になって、得はない、ということです。
また、高校に通っている間に別のやりたいこともでてくるかもしれません。
普通科の高校ならば色々な選択肢をもつことが出来ますが、
衛生...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報