急性骨髄性白血病を完治してから、新たに、慢性骨髄性白血病にかかることってあるのでしょか?
また、急性骨髄性白血病に治療中に、リンパ性の白血病や、血小板減少症など血液の疾患に併発することってありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

体は、赤血球から出来ています。

普通の食事だと、血が汚れ、まともな赤血球が出来ません。白血球は、赤血球から出来ます。きっと、赤血球の造りが悪く、狂った白血球が出来たのでしょう。血をきれいにして、まともな赤血球を造って、体中の赤血球から出来た臓器・神経の総入れ替えがいいですよ。それには、有機玄米菜食などがいいです。東京都文京区に「お茶の水クリニック」があります。世界的に有名な自然食クリニックですよ。行かれてみませんか?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 慢性リンパ性白血病と類縁疾患<血液・造血器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    慢性リンパ性白血病と類縁疾患とはどんな病気か  比較的成熟した小型リンパ球が増加し、末梢血白血球数の増加とリンパ節の腫脹(しゅちょう)を来す病気です。欧米では全白血病の約30%を占めますが、日本では約2〜3%で比較的まれです。高齢者、また男性に多いとされています。B細胞性の場合とT細胞性の場合がありますが、多くはB細胞性です。 原因は何か  原因は不明です。環境因子の影響、遺伝的要因、免疫学的異常などが一部関与していると考えられます。 検査と診断  リンパ節腫脹や脾腫(ひしゅ)(脾臓のはれ)などがみられることで診断され、この時には末梢血白血球も著しく増えています。ただし25%の人は無症状であり、検診など...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慢性骨髄性白血病

健康診断で、血液でひっかかり、今日再検査しました。白血球と血小板が、それぞれ14000、60万と、通常の2倍でした。医師にこれから原因を調べ始めると言われ、最初の検査が慢性骨髄性白血病でした。検査の結果が出るまで、3週間かかるみたいで、不安で仕方ありません。もし、そうでも、最近は良く効く薬があるから、死ぬことはほとんどないと言ってましたが、ネットで調べてたら、薬にかかるお金が毎月数十万するとか、再発する場合もあるとか。余計に不安になりました。
私には、2歳になった娘もいるし。その子も先天性異常を持っていて、足の指が短くて、手術は10年ぐらい先じゃないといけないみたいで、その費用もあるのに、薬代がそんなに高くては、治療しない方がいいとさえ思います。
具体的に、毎月の薬代がいくら位とかわかる方教えて下さい。
まだ検査の結果が出てないのに、考えすぎですが、少しでも不安材料が少なくなればと思って。お願いします

Aベストアンサー

薬に関してですが、保険適応のある薬なら3割負担になりますし、一定額以上なら高額医療制度が使えるので実質的には数万/月になるかと思います。
ただし現時点では確定診断もついていないようですし、上記不安な事に関しては本来主治医に聞くべき事です。
このような匿名の掲示板で情報を得るべき質問ではないと考えます
(悪意を持って返答をする人や悪意は無いけど堂々と間違った知識を披露する回答が多々ありますので)。
今後の治療方針に関しては掲示板よりも主治医と良く相談して下さい。

Q急性骨髄性白血病

急性骨髄性白血病と慢性骨髄性白血病とは、同じ白血病でも、急性と慢性では全く違うものだそうですが…
急性白血病が寛解して治癒してから、また慢性白血病になる可能性ってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

白血病と言う意味では、骨髄中の造血細胞が腫瘍化するという事は同じ
ですが、まず治療方法が異なります。急性骨髄性白血病は、複数の薬剤
(効ガン剤)での治療が主になりますが、慢性骨髄性白血病では薬剤の
治療や放射線療法と同時に、骨髄移植を実施することが多いです。

また慢性骨髄性白血病と急性骨髄性白血病は、染色体異常を伴いますが
(二つの染色体の位置が入れ替わる)この染色体の位置が異なります。

最後に急性骨髄性白血病と慢性骨髄性白血病は異なる要因で発病するので
急性骨髄性白血病が完治しても、慢性骨髄性白血病が発症する可能性は
あり得ます(薬剤や放射線等で染色体異常が発生する可能性がある)。

Qベンゾジアゾピン系薬断薬成功した人

今、断薬中です。
医者から、すべて断薬するようにということで、認知療法に切り替えられています。
そのため、抗不安薬や抗鬱薬をほとんどとられました。
先生曰く、2週間我慢したらすごく楽になるから、頑張りましょうと言われています。
断薬されて、楽になった方いますか?
すみません、断薬の苦しさで荒々しい文章です・・・。

Aベストアンサー

No.2です。

精神科の薬ではなくて、耳鼻科の薬ですが
持病のメニエールの薬も減薬中です。

5月に減らした途端、目眩が度々起こるようになりました。
何とか落ち着いて6月からは目眩は1度も起こってません。
これも発作が起こると辛いんですよね。

今現在も薬は減薬を進めています。

今はいつ起こってもいいように、対処法の頓服を多めに貰っています。
もちろん、持ち歩いてもいます。
起こってしまうと、病院(診療所)にすら行けませんから。

Q急性骨髄性白血病について

致死率が高い病気らしいですが、急性骨髄性白血病で直る人は多いのですか?
種類にもよるんでしょうか。

また、免疫力が低下して普通の菌にやられて
突然死みたいな症状に至ることは珍しくないのですか。

Aベストアンサー

♯1(tsukuba951)です。
こんにちは。
お礼を頂戴しまして有難うございました。


前回は素人の私が回答を送りましたが、今回は医師をやってます友人から、お聞きしましたお話をアドバイスします。
信用性は高いですよ。


>風邪を一度でも引くと致死に至るということですよね?
知人に直りかけていたのに一夜にして亡くなったことがありました。

まずは上記の件に対しまして回答します。
白血病は無菌室で入院生活を送りますよね。
家族ですら、無菌室の中に入る事は許されません。
風邪を引きますと肺炎などの合併症を発症しますので死に直結すると
行っても良いでしょう。
治りかけて、再発するケースは非常に多いです。
移植をしても全く油断は出来ません。
白血病と分かって1週間以内で亡くなる人は沢山いるそうです。

白血病にも色々な種類があります。
悪性度が高いものもありますし、比較的寛解(永続的、一時的を問わず臨床的に
症状や検査成績が好転または消失する状態)に入りやすいものもあります。
慢性のもの、急性のもの、慢性から急性転化したものと、さまざまです。
昔に比べ、治療の進歩、移植が増えてきたことで、治癒とされる状態まで
もっていける症例も増えてきています。
完全寛解に入ったもののうち60~80%が治癒すると期待されるそうです。
年齢にもよりますし、一概に言えることではないでしょう。
期間もまちまちです。
初回入院でうまく寛解に持ち込んで、とりあえず退院するところまで
でも半年程度は必要かと思います。
友人が骨髄移植後13年元気に暮らしています。彼女は治癒したと思って
いいと思うのですが、それでも3ヶ月に1度は検査が欠かせません。
また、病院の治療方針によっても、治癒成績が違うようです。
私の元いた病院は、血液病棟が2つあり、移植も行っており、日本全体から
みても高度な治療と医療を提供していました。
そのあたりでも、治療成績に差がでていたと思います。

♯1(tsukuba951)です。
こんにちは。
お礼を頂戴しまして有難うございました。


前回は素人の私が回答を送りましたが、今回は医師をやってます友人から、お聞きしましたお話をアドバイスします。
信用性は高いですよ。


>風邪を一度でも引くと致死に至るということですよね?
知人に直りかけていたのに一夜にして亡くなったことがありました。

まずは上記の件に対しまして回答します。
白血病は無菌室で入院生活を送りますよね。
家族ですら、無菌室の中に入る事は許されません。
風邪を引き...続きを読む

Q「減薬」と「断薬」は正しくは何と言うのですか?

薬を飲むことは「服薬」といいますが、
飲む量を減らすのは「減薬」というのでしょうか?
読みは「げんやく」ですか?

また、飲むのを終わらすのは「断薬」というのでしょうか?
読みは「だんやく」ですか?

yahoo辞書などで調べると、「服薬」はでてくるのですが、
「減薬」と「断薬」はでてこないです。

「減薬」と「断薬」は造語でしょうか?

飲む薬を減らすのと、終わらせるのを正しくは何と言うのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。宜しくお願い致します。
減薬と断薬は特定の疾患の時に使われる言葉の様です。
心療内科関連で検索すると減薬と断薬が出て来ます。
読み方はげんやくとだんやくとしか読みようが無いですね。
私自身抗うつ剤と睡眠薬を服用していますが、状況が良くなってもいきなり薬をやめる(断薬)と長年抗うつ剤を服用して来た事による禁断症状が出ます。
ですから元々飲んで居た量から減らして(減薬)様子を見、最終的には断薬に持って行ければ寛解と言えると思います。

Q急性骨髄性白血病について

知人が骨髄異型症候群から急性骨髄性白血病になってしまいました。
心配でいろいろと調べてみたんですが、なんだかよくわからなくて・・・。
急性骨髄性白血病について教えてください。

1、がんの再発予防に効果があるらしい「活性化リンパ球療法」なんですが、急性骨髄性白血病には効果はないのでしょうか?

2、慢性骨髄性白血病に効くらしい「グリベック」という薬は急性骨髄性白血病には効かないんでしょうか?

3、「丸山ワクチン」は急性骨髄性白血病には効果がないんでしょうか?

その他、効果のありそうなものを何でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.と3.については,どちらも免疫の力をかりて腫瘍細胞を抑えようとする治療です。
効果のある病気の中に白血病も含まれていますが,確実な効果がある治療法として世間に認識されるにはいたっていません。つまり,(今後,データが蓄積され有効性が証明される可能性はありますが)少なくとも現時点では効くという確実な証拠はありません。(逆に言うと,絶対効かないという証拠もありませんが。)

2.についてですが,bcrとablという名前の,本来別々の場所にあるべき遺伝子があります。慢性骨髄性白血病においては,bcrとablがくっついてしまうことで,異常なたんぱく質が作られ,これが白血病を引き起こします。グリベックはこの異常なたんぱく質を抑える薬です。したがって,このたんぱく質が原因である慢性骨髄性白血病ではよく効くのですが,それ以外の白血病には効果がありません。
ただし,厳密にいうと,この異常たんぱく質ができる白血病が他にもあり(通常は急性リンパ球性白血病です),その場合はグリベックが効く場合があります。
また,この異常たんぱく質以外のたんぱく質でも,グリベックが抑えることができるものもあり,そういったたんぱく質が原因の場合は他の白血病でも効く可能性があります。しかし,そういった例は極めて限られており,また研究段階でもあるので,一般には急性骨髄性白血病に第一選択として用いられることはありません。
長くなりましたが,結局のところ,通常の急性骨髄性白血病には効かないということになります。


急性骨髄性白血病の標準的治療は化学療法ですが,どんな治療をするかは患者さんの状態によって決められます。化学療法の場合も薬の組み合わせや量などは個々の患者さんの状態などによって変わります。

なお,骨髄異型症候群は骨髄異形成症候群の誤りと思われます。

1.と3.については,どちらも免疫の力をかりて腫瘍細胞を抑えようとする治療です。
効果のある病気の中に白血病も含まれていますが,確実な効果がある治療法として世間に認識されるにはいたっていません。つまり,(今後,データが蓄積され有効性が証明される可能性はありますが)少なくとも現時点では効くという確実な証拠はありません。(逆に言うと,絶対効かないという証拠もありませんが。)

2.についてですが,bcrとablという名前の,本来別々の場所にあるべき遺伝子があります。慢性骨髄性白血病にお...続きを読む

Qパキシルの断薬について

一ヶ月ちょっと10ミリグラムのパキシルを飲み続けていたのですが、あまり効果がないように思えて勝手に断薬してしまいました。
もう断薬して一週間経ちますが、断薬の副作用なのか、このところ耳がこもったような感じになり聞こえずらいような感じになってしまいました。
断薬するちょっと前ぐらいから症状はあったような気もしますが、もともと自律神経失調症とも診断されていたのでそっちから来ているのかなとも思うのですが自分ではよくわかりません。
こもった感じのわりには大きな音などには過敏に反応し、耳の中が痛くなったりします、しかし小さな音などは以前よりも聞き取りにくい感じがします。
やっぱりパキシルを止めると難聴になるのでしょうか?誰かアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 まずは回答者1番さんの言うとおりです。
ーーーーーーーーー
 このお薬の非常に有名でありながら、その割りにあまりいわれないのが、断薬に伴う耳鳴りです。
 シャンシャン音とかいわれて、とても、耳障りです。普通の耳鳴りなら、慣れるのですが、こいつは、ずーっと、明瞭に聞こえます。あとしびれ(びりびり)も有名です。シャンビリとかいってる人もいます(2ちゃんねる)。
 出るのは、断薬時だけではないのですが、断薬時には顕著なようです。
 服薬期間との関係は、それが短い人もいます。薬の量は10mgでもありえます。
 直すには、服薬再開し、そして、徐々に減らすこととあります。その、徐々に、が、また、人によって違うのです。
 少し前まで、これらのことが山盛りに書いてあるサイトがあったのですが、いまは、2ちゃんねるぐらいかな。結構本音があるのでご参考に。
 

Q急性骨髄性白血病について

三重県在住です。家族が上記病名と診断されました。
三重県近郊で専門的な病院をお教え下さい。
急ぎます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本血液学会 研修施設 がよろしいと思います。
http://www.jshem.or.jp/kenshu.htm#mie

また、骨髄移植も考慮して、以下のページで検索なさってください
http://www.jmdp.or.jp/map/index.html

三重大学医学部附属病院第2内科、小児科臨床免疫
http://www.medic.mie-u.ac.jp/hospital/
山田赤十字病院
http://www.yamada.jrc.or.jp/
名古屋第一赤十字病院内科
http://www.nagoya-1st.jrc.or.jp/
http://www.nagoya-1st.jrc.or.jp/kakuka/ketueki_f.htm
http://www.nagoya-1st.jrc.or.jp/center/index_kotu.htm
名古屋大学医学部附属病院第1内科
藤田保健衛生大学病院内科
愛知県がんセンター病院
国立名古屋病院

など

参考URL:http://www.jmdp.or.jp/map/index.html

日本血液学会 研修施設 がよろしいと思います。
http://www.jshem.or.jp/kenshu.htm#mie

また、骨髄移植も考慮して、以下のページで検索なさってください
http://www.jmdp.or.jp/map/index.html

三重大学医学部附属病院第2内科、小児科臨床免疫
http://www.medic.mie-u.ac.jp/hospital/
山田赤十字病院
http://www.yamada.jrc.or.jp/
名古屋第一赤十字病院内科
http://www.nagoya-1st.jrc.or.jp/
http://www.nagoya-1st.jrc.or.jp/kakuka/ketueki_f.htm
http://www.nagoya-1st.jrc.or.jp/center/i...続きを読む

Qジェイゾロフトの断薬、これは断薬症状?

先月の25日にジェイゾロフト25mgを断薬しました。
1年ほど前からデパスなどと一緒に処方して頂き、100mg→75mg→50mg→25mgと徐々に減薬し
ジェイゾロフトのみ25mgの段階を2ヶ月程続けて、つい先週に断薬となったのですが
27日(断薬を2日程過ぎて)から、どうも体調がおかしいです。
目眩や立ち眩みがするようになり、吐気も伴います。
空腹感はあるので(勿論吐気があるので食べたい衝動は減りますが)、吐気などは精神的な理由なのではないかなと思っているのですが
これは断薬症状の一種なんでしょうか?

私は色々と考え過ぎてしまう性で、今も片思いをしていたり、バイト先での人間関係だったり
色々と悩んでしまう事ばかりです。
だから断薬が吐気などの原因ではないのかなあとも思うのですが
まだ断薬するべき時期ではなかったんでしょうか?
順調に減薬は進んでいて、医師からも何も問題はないし全て良い方向だと言われていたのですが・・・。

また、まだ診察が年始休業のために始まっておらず
問い合わせしようにも出来ません。
手元にデパスとセロクエルが残っているのですが、これを服用するのは良い対処法になりますか?
因みにデパス1mgを本日2錠程飲みました。
あまり効いているようには思えませんが・・・多少良い気がします。

先月の25日にジェイゾロフト25mgを断薬しました。
1年ほど前からデパスなどと一緒に処方して頂き、100mg→75mg→50mg→25mgと徐々に減薬し
ジェイゾロフトのみ25mgの段階を2ヶ月程続けて、つい先週に断薬となったのですが
27日(断薬を2日程過ぎて)から、どうも体調がおかしいです。
目眩や立ち眩みがするようになり、吐気も伴います。
空腹感はあるので(勿論吐気があるので食べたい衝動は減りますが)、吐気などは精神的な理由なのではないかなと思っているのですが
これは断薬症状の一種なんでしょうか?

...続きを読む

Aベストアンサー

先の方が回答されている様に、断薬症状(厳密には退薬症状といいます)の可能性が高いです。但し、高用量投与からいきなり断薬した訳ではなく、漸減しての結果ですので、症状も比較的軽い様ですし、心配は無い様に思います。主治医の言われる様に、「改善」されているから「減薬」そして「断薬(投与中止及び終了)」となった訳ですから、暫くの我慢です。
それまでデパス、セロクエルで凌げるか、との事ですが、セロクエルはもう使うべきではありません。というより、必要無い筈です。デパスも安易な事では服用なさらない様にして下さい。依存してしまっては元も子もありませんので・・・。

Q小児急性骨髄性白血病について教えて下さい

小児急性骨髄性白血病について教えて下さい
1歳3ヶ月の子供が急性骨髄性白血病と診断されました。
M4とのことです。
16逆位という話もされました。
完全寛解率はどれくらいのものなのでしょうか?
それから
少し聞くのが怖いのですが
この子の将来はどのようになりますか?
5年、10年生存率はどれくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

お子さん心配ですよね。
きっと心をお大変痛めてらっしゃると思いますが、

完全寛解率は、是非医師にお尋ねしてください。
ここで、どうこう推測でお話する事ではないからです。

怖い気持ちは良くわかります。

でも、事実ですし、辛いのはお子さんです。

これから大変な治療を受けていかなければなりません。

私事で言えば、私の弟も小児急性骨髄性白血病でした。
5年生存できるかできないかと先刻されたそうです。

しかし、本人、両親、大勢の医療従事者の皆さんのおかげで現在寛解し、もうすぐ30歳です。

生存率はあくまでも予測です。
本当にそうなるかなんて誰にもわからない。
子供の生命力を信じるしかないんです。

お子さんを信じて、是非支えてあげてください。
これから大変な毎日が続くと思います。
気持ちをしっかり持ってください。

一日でも早く良くなる日が来ますように…。
お祈りしております。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報