初めて参加させていただきます。宜しくお願い致します。
新規開業する洋服店の経理を任されることになり、今勉強しているところです。
「棚卸資産の取得原価には、引取運賃等を含める」となっておりますが、
個別法で棚卸をしている場合の送料等は、どのように処理したらよいの
でしょうか。
よろしければ仕訳も教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

例えば、ビールのように容積と運送費が比例するような場合には、黒ビールと生ビールとラガービールのそれぞれの量に対応するように配分するのが合理的ですが、洋服のように値段と運送費が比例しないような物の場合、数量で配分することが可能です。

仕訳自体は、元帳に関係するものですから、総額を(仕入)として仕訳しておいて、商品有り高帳において、333円、333円、334円を加えればよいでしょう。1円未満の端数が生じるので、その1円未満の分は、注文の最後の商品に付け加えると決めておけばよいでしょう。商品管理と経理を統合させるのなら、
4/10(仕入)2,333(買掛金)2,000
             (現 金)  333
補助元帳(A商品)2,333

4/10(仕入)3,333(買掛金)3,000
             (現 金)  333
補助元帳(B商品)3,333

4/10(仕入)5,334(買掛金)5,000
             (現 金)  334
補助元帳(C商品)5,334

個別法なら、このような形になると思われます。ただ、期中は、引取運賃などを一括処理しておいて、期末に、合理的に案分し、棚卸し資産に計上する方法も考えられます。それぞれの商品の原価が低く取引が多くて煩雑になるときなど有用な方法です。個別法で記帳している例としては、宝石商、呉服商のように、高額な商品を管理しなければならないケースが考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
大変わかりやすかったです。
一括処理の方法もこれから検討していきたいと思います。
これからも宜しくお願いします。

お礼日時:2001/04/11 16:39

仕入帳の記帳は、どのようにされているのでしょうか。

もし、引取運賃を仕入帳に計上されておられたら、それを含めた金額が、材料や商品の有高帳に移記されますから、それをもとに、帳簿棚卸しすれば、送ってもらった送料などは、すでにその中に含まれています。
引取運賃を支払ったとき、手数料や送料といった科目にしてあると、経理がややこしくなると思います。
つまり、引取運賃なども、
4/9(仕入)800 (現金)800 佐○急便支払
のようになります。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
まだ開業はしていないので、帳簿計上もしていません。
例えば、異なった価格の商品を3点(¥2,000¥3,000¥5,000)を仕入れ、
送料が¥1,000だった場合、商品それぞれの棚卸額はいくらになるのでしょうか。
宜しくお願い致します。

補足日時:2001/04/10 15:35
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q棚卸での最終原価法で原価0の商品の処理方法

当社は月次で帳簿棚卸しを行っているのですが
当月末在庫帳を見て、長年のおつきあいで、当社に対するサービスとして
原価0でもらった商品が10個納品されていることに気づきました。
在庫の評価方法として最終原価法を採用しているのですが、
その前に原価100円で仕入れた同商品が20個残っています。

私の考え方としては
(1)最終原価0円として、(20個+10個)×0円=0円
(2)別々に計算し、20個×100円+10個×0円=2000円
(3)最終原価0はおかしいので、(20個+10個)×100円=3000円

と出てきましたが、どうゆう考え方が正しいのでしょうか?
まだまだ若輩者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経理的な理窟として言えば、そのゼロ円でもらったときの処理の問題です。
本来これは100円近い商品をただでもらったのですから、100円の利益が出たと考えます。
仕訳としては

仕入高  100/ 受贈益  100
となります。

ただし実務上はその仕入れが100円であったとみなして、棚卸評価額を100円にすれば結果は同じです。
従って理論的にはそれをのぞいた仕入れの最後の単価を適用すればよいと思いますよ。

Q棚卸減耗費等、売上原価の補正のあり方

簿記の勉強を始めました。

棚卸減耗費は、毎月、原価計算するときに、仕掛品に足しこむ(原価の上乗せ)ようで
す。 製造間接費(経費)であれど、別扱いとして。

対して、材料副費差異(予定配賦額ー実際発生額)、材料消費価格差異(予定消費額ー
実際消費額)は、 毎月、計算されるにしても、材料副費差異勘定、材料消費価格差異勘定に記録して、 決算の時に処理するようです。

なぜ、異なるのでしょうか?

棚卸減耗費-->毎月、売上原価を補正
材料副費差異-->決算時に、売上原価を補正
材料消費価格差異-->決算時に、売上原価を補正

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

予定計上しているかどうかで異なる。

学習簿記では月次決算と年次決算との違いも学ぶことになる。売上原価項目については、予定計上されているものは月次では見直さず決算で見直すこととされる。

棚卸減耗費は予定計上されていないため月次で、材料費は副費も含め予定計上されるためその差異調整は決算で計上することになる。

Q仕入れにかかる送料(運賃)等の処理について

私の勤めている会社では標記のような処理について運送費で仕訳します。
(但し、請求書の明細に「送料・梱包費等」等と書かれて金額が記載されている
場合のみです。また、仮に別の諸掛かりのほうが比率が高かったとしても運送費で
処理しているようです。ちなみに会計士監査指摘事項だったとのことです。)
以前、簿記の勉強をした時に「仕入諸掛は仕入高に含めて仕訳する」と教科書には
記載されていたのですが、標記のような場合にはあてはまらないのでしょうか。
当社では買掛金と未払金の処理について別の(当社独自の)会計システムを利用
しているため、もし仕入に含めることができれば若干ですが業務の効率化が図れます。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ちょっと整理したいと思います。
1.「送料・梱包費等」等とあった場合運送費と処理している。
2.「仕入諸掛は仕入高に含めて仕訳する」と習った。
ということですね。

基本的には税法で考えると2.の仕入高に含めて仕訳する
ことが正しいことになります。ただし、1.の場合でも間違いではなく、そのような仕訳処理も認められるということですから会計士の監査の際、従来からそのような処理をしているため指摘があったと思います。

法人税基本通達 5-1-3

棚卸資産の取得価格には・・・直接要した費用が含まれるのであるが、次に掲げる費用については合計額が少額(当該棚卸資産の製造原価のおおむね3%以内)である場合にはその取得価格に算入しないことができる。

製造場等から販売所等へ移管するために要した運賃・荷造費等の費用の額

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/houjin/05/02.htm

Q個別のプロジェクトにかかった派遣料等は原価としてはダメでしょうか・

原価としての計上方法の質問です。

個別のプロジェクト毎に、特別に短期派遣をお願いしたり、印刷費などがかかる場合があります。
プロジェクトの規模によっては、これがバカにならない金額になったりすることもあるのですが、これらは「原価」として計上してはダメなのでしょうか。
一般管理販売費扱いにしてしまうと、各期のプロジェクトによって、経費が必要以上に増減してしまう感じがして、継続的に係数を管理すると(一人当たりの経費など)、うまく説明しづらいものになってしまいます。
管理会計を別途導入すれば可能でしょうが、そのためだけに別の管理をすることは避けたいと思っています。
経理上、原価として計算することは可能でしょうか。

Aベストアンサー

原価で構わないでしょう。

私が携わっている会社では、
出張経費であっても
原価と販管費を内容により分けています

Q決算書の売上原価 棚卸について

個人事業主です。
申告しようと見直していたら、急に「棚卸」について疑問がわき、悩んでいます。
教えてください!

*****************

開業時、無料弁護士相談に行き「棚卸」はどうすればよいのか相談しました。
回答は「仕入れたもので販売しなかったもの、消耗品で使いきれず残ったもの(返品可能な状態)を数えてください。それを期末商品棚卸高として計上すればいいです」というものでした。

今までずっとその通りやってきましたが、
決算書の「売上原価」のところに「消耗品の在庫」の金額が入って良いものでしょうか?

もし、入らないとして、では消耗品で使いきれなかったものは、どう処理すれば良いのですか?

*****************

ここが間違っていると、かなり他に影響してくるので、焦っています。
ご指導どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>個人事業主です…

白色申告ですか、青色申告ですか。

>回答は「仕入れたもので販売しなかったもの…

そのとおりで、大晦日現在で残ったものの総額です。

>消耗品で使いきれず残ったもの(返品可能な状態…

理屈はそのとおりですが、よほど大量に買い込んだのでない限り、消耗品は棚卸しに含めなくて良いです。

>決算書の「売上原価」のところに「消耗品の在庫」の金額が…

消耗品が 1年以上かかっても消耗しきれないほどため込んであるのですか。
1両月中に使い切れる程度なら、在庫と考えなくて良いですよ。

まあ、在庫と考えるなら、白色の『収支内訳書』なら ○8 欄に、
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/07.pdf
青色なら『青色申告決算書』○5 欄
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/10.pdf
に、商品の在庫とともに消耗品の在庫も含むことになります。

>個人事業主です…

白色申告ですか、青色申告ですか。

>回答は「仕入れたもので販売しなかったもの…

そのとおりで、大晦日現在で残ったものの総額です。

>消耗品で使いきれず残ったもの(返品可能な状態…

理屈はそのとおりですが、よほど大量に買い込んだのでない限り、消耗品は棚卸しに含めなくて良いです。

>決算書の「売上原価」のところに「消耗品の在庫」の金額が…

消耗品が 1年以上かかっても消耗しきれないほどため込んであるのですか。
1両月中に使い切れる程度なら、在庫と考えなくて良いです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報