痔になりやすい生活習慣とは?

トロピカルで耐陰性・耐寒性のある観葉植物。
教えてください。岡山県南部で耐陰性・耐寒性のあるトロピカルな観葉植物を探しています。
植える場所は
(1)北側の2畳ほどの坪庭(4方向が壁で、光は上部からしか入りません。)
(2)比較的大きめの鉢植え

フェニックスか、ニオイシュロランが見た目が良い気がしますが、
それらが植えるのに適しているか教えてください。
また、それ以外でもリゾート感の出る木を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。


1の条件は結構厳しいです。冬は相当温度が下がるはずで、日中も低いままでしょう。

フェニックスは全く無理です。確実に枯れます。
ニオイシュロランなら何とかなるかもしれませんが、日当たりのよいところのようにすくすくと育つとは思えません。

ソテツは比較的耐陰性もあるので、冬に防寒のコモ巻きをすれば何とかなるのではと思います。但し夏場の風通しが悪そうなので、病害虫の発生する可能性があります。

そのほか、冬場に中へ入れて管理されるのなら、シュロチクがいいと思います。
最近人気の雲南シュロチクはある程度耐寒性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シュロとソテツ検討してみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/09/09 10:22

鉢植えですから地植えと違って移動が出来ますよね。

その点は心配しない
のですが、問題は置き場所の日当たり条件です。耐寒性や耐陰性を両方も
クリアする種類を探すのは困難です。
フェニックスは寒さに強いのが特徴ですが、年間を通して根元まで光線が
当たらなければ生育が悪くなります。耐寒限度は0℃までで、それ以下に
なると凍傷などの問題が生じます。
ユッカも寒さには強いのですが、霜に当たってしまうと枯れます。霜避け
をするために移動すれば、何とか越冬は出来ます。
上部に光線が当たっても、下部に光線が当たらなければ南国育ちの植物は
育ち難いです。

とにかくリゾート感を味わえる植物は存在しますが、ハッキリ言って場所
が悪いです。育てられる環境とは違います。北側でしか置き場所は無いの
でしょうか。1坪クラスの温室が市販されていますが、温室を設置すれば
問題なく栽培は出来ます。冬場の寒さや霜や雪で悩まされる事はありませ
ん。高さが低いなら、ブロックを3~4段積みにして、その上に温室を乗
せれば高さは確保する事が出来ます。反射板を利用して、日が当たり難い
場所に光線が当たるようにする事も可能です。
2畳の庭にテラスを設置し温室風になるようにすれば南国気分は味わえる
はずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なかなか難しいようですね。
ちなみに南国風でなくても、このような条件で植えられる木はありますか?
シダ植物的なものしか無理ですかねぇ?

お礼日時:2010/09/09 10:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェニックス(カナリ-ヤシ)の防寒対策

フェニックス(カナリ-ヤシかな?テーマパークなどにあるようなやつだと思います)を地植えにしています。今年で2年目の冬を迎えます。こちらの気温は、夏は35度くらいまで上がりますが冬はマイナス5度くらいまで下がります。去年はまだ苗で植えて高さが1m強でしたので、夜になると寒冷紗をかぶせていましたので、元気に冬を越せました。しかし現在は、2mくらいまで育っていますので、寒冷紗をかぶせるのは無理みたいです。元気に冬を越せる方法があれば教えてください。ちなみに同じ時期に植えたフェニックス(夏のビアガーデンとかにあるタイプです。)は、2mくらいあったので葉を束ねて寒冷紗を巻きっぱなしにしていたら、枯れてしまいました。良いアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。はじめまして。
フェニックスが、もう、2mもあるのでしたら、寒さ対策として「こも巻き」するのが第一歩だと思います。
ホームセンターに、藁の”こも”か”むしろ”を売っていますので、どちらかを買います。そして藁縄を併せてかってきます。
おそらく、直径が10cm以下だと思いますので、2枚かって、それぞれ上部と下部にそれぞれ巻きつけます。そして、藁縄で要所を結びます。
簡単ですが、効果が高い方法です。
寒冷紗がございましたら、上部の葉っぱに寒風や、雪が当たらないよう、上からかぶせます。
だいたい、これで持つのですが、もし雪が降ったら、箒でこまめに払います。

”こも”や”むしろ”は、三月になり、霜が降りなくなったら、剥がし、焼いてしまえば、木についていた害虫も、むしろごと焼けてしまいます。

極端に寒い時、葉っぱの色をみて、葉先が黄色くなったり、黄色の筋が出てきたら、ビニールを全体にをかけます。
ですが、極端な寒冷地じゃ無いようなので、こも巻きと寒冷紗で大丈夫だと思います。

参考になれば幸いです。

Qココヤシを植え替えたいのですが、、、

ココヤシを買ったのですが、お洒落な鉢に植え替えたいと思っています。

ヤシノ実から1メートルほど木が出ている状態で、室内で育てたいと思っています。

やしの実と植木鉢の直径が同じくらいなのですが、植え替える時も大きな鉢に植えない方がよいですか?
あと、鉢から抜くには、やしの実の部分をひっぱっても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

ココヤシはヤシ科ココヤシ属の熱帯および亜熱帯植物です。
熱帯植物ですから、暑さには強いのですが寒さには極端に弱いのが特徴
です。置き場所は室内を希望されていますが、環境に適応しないと状態
を悪くさせて枯れる事もあるので、次に書く事を守られる事です。

まず置き場所ですが、春から秋までは屋外の直射日光が十分に当たる場
所が良く、明るい日陰(室内の比較的に明るい場所)や光線が全く当た
らない場所では上手く育ちません。室内でインテリアとして置くのであ
れば、それは止められた方が無難です。
冬場は必ず室内に取り込み、他の観葉植物が5~7℃以上で越冬するの
に対し、ココヤシは最低でも15℃以上は必要です。日中は15℃以上
をキープ出来ても、就寝時には15℃以下になりますから、室内であっ
ても防寒対策は必ず必要です。状態を良くして生育させるなら、室温は
20℃前後にするようにします。
住んでいる地域は分かりませんが、冬場に暖房器具で加温している部屋
も、就寝時に暖房を止めてしまうと室温は急激に下がり、朝方には0℃
近くまで下がっている事もあります。ココヤシの場合は寒さに弱いです
から、冬場をどう乗り切るのかが最大の焦点となります。

水遣りは年間を通して鉢土の表面が乾いたら与えます。夏場と冬場には
どうしても空気が乾燥し湿度不足になりますから。このような時は葉水
(葉の裏表に霧吹きで水を噴霧する作業)をして湿度を高めます。

肥料は4~11月までは1ヶ月に1回で、緩効性化成肥料(マグァンプ
K等)を鉢土の上に置き肥します。

植替えは5~9月の間なら行えます。土は市販の観葉植物の土か、又は
市販の培養土を購入時のまま何も混ぜないで使います。どうしても土が
軽過ぎてココヤシが倒れそうな時は、観葉植物の土か培養土に園芸用の
川砂を2割程混ぜて下さい。自分でブレンドをする方法もありますが、
素人では上手く適応しない事があるので、当面は市販の既製品を使用す
る方が無難で確実だと思います。
植替えは必ず2年毎に行い、長くても3年までです。それ以上になると
鉢内で根が一杯になり、根詰まりを起こしたり鉢から抜けなくなる事も
あります。状態を維持するなら、2年毎の植替えがベストです。
植替え時の抜き方ですが、鉢を横倒しにして拳で鉢の回りを叩けば外れ
ます。それでも外れない時は、鉢を鉢底の方向に棒で叩けば抜けます。
間違っても実や茎を持って無理に引き抜く事は厳禁です。茎を持ち引く
と実から茎が抜けたり、実を持って引くと根が切れてしまいます。
あなたの髪の毛を無理に引っ張ると同じと考えて下さい。

病害虫ですが、湿度不足の室内ではハダニが発生します。アブラムシや
コナカイガラムシも発生しますので、年間を通して風通しを良くして、
湿度不足にならないように環境改善が必要です。
発生したら薬剤散布をし、早めに駆除しないと手遅れになります。

鉢のサイズですが、実の部分と鉢との隙間が、約3cmは必要ですね。
鉢は必ず深鉢(鉢には底の深い深鉢と、深鉢より浅い平鉢がある)を使
用します。デザイン的ならテラコッタ鉢がいいと思います。
それと必ず鉢底穴が開いている事を確認して下さい。底穴が開いていな
いと根腐れを起こし枯れます。

ココヤシはヤシ科ココヤシ属の熱帯および亜熱帯植物です。
熱帯植物ですから、暑さには強いのですが寒さには極端に弱いのが特徴
です。置き場所は室内を希望されていますが、環境に適応しないと状態
を悪くさせて枯れる事もあるので、次に書く事を守られる事です。

まず置き場所ですが、春から秋までは屋外の直射日光が十分に当たる場
所が良く、明るい日陰(室内の比較的に明るい場所)や光線が全く当た
らない場所では上手く育ちません。室内でインテリアとして置くのであ
れば、それは止められた方が無難です...続きを読む

Q南国風な植物について

はじめまして。庭に植える植物を探しています。

南国風な植物で、千葉県千葉市で越冬可能な比較的寒さに強いものはありませんか?

現時点で確定しているのは、ココスヤシ・ソテツ・赤ドラセナです。この3種類以外でアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「バリ風」ですね。
エクステリアをバリ風にするのであれば、ミニ温室を作ってみてはいかがでしょう?南国の花や植物のバラエティーも広がってきます。
千葉県ということで、実際、私が師匠とともに手がけている正にド真中です。
予算とかどこまでしたいかっていうこともありますよね。
ミニ温室は、欠かせないかな、と思います。(日本で冬越し出来る南国風植物ってなかなかないので)ベランダであれば霜がおりないので結構大丈夫なんですけどね。コンテナ(鉢)をうまくトウカゴのように組んで、カラー全体をダークに仕上げるといいでしょうね。ベンチやテーブルなども色々DIYショップなどで探してみてください。本当にお金をかけてやるのであればここからはガーデンデザイナーの仕事になってきます。造園屋ではできません。実際、個人邸のお宅もデザインから施工までさせてもらってますよ。規模、予算にもよりますけど。

Q瀕死のニオイシュロラン(ドラセナ)

はじめまして!大至急教えていただきたいのですが。。。

3月下旬に庭木センターでニオイシュロランの木を購入し、庭へ植えました。
表面が乾いたら水をあげるようにしていたのですが、
日に日に元気がなくなっていき、葉はどんどん茶色くなり、
今ではすべての葉が茶色いです。
こうなった原因はなにが考えられますか???

2股に分かれた木なのですが、根元に近い1本になっている部分の幹が
触るとフニャフニャしている状態で2股から上の部分は固くしっかりしています。
フニャフニャの部分より上を切ったら挿し木に出来たりしますか?
どうにか生き返らせる術はないでしょうか???

Aベストアンサー

購入して植付けられたのは業者ではなくあなたですよね。
植付けた時に穴を掘って埋めただけではありませんか。
もしそうであるなら、植付け方法が悪かったのが原因です。

穴を掘ったら掘り上げた土にバーク堆肥か腐葉土を混ぜ、土壌改良をして
から植付けないと上手く育ちません。
現状から考えると、どうも土壌不良による根腐れを起こしているようです。
つまり既に根の役目は終わっていると言う事ですから、元気にさせるのは
不可能です。

増殖には天挿し、管挿し、取り木、株分けが可能です。
フニャフニャしているようですから、既に茎は腐敗していますので、上記に
書いた増殖方法はどれも使えません。
フニャフニャしている所から上は堅いと言われますが、それでは駄目なんで
す。増殖させるためには全てが元気でなければ無理なんです。

誠に残念ですが、再生するのは無理です。

ドラセナと言われますが、本当はドラセナではありません。科名は同じです
が属名が違います。正しくはドラセナに良く似た植物と呼んでいます。

Qソテツの株分けについて教えて下さい

庭に植えているソテツが大きくなってきたので、株分けをしたいと思っているのですが、具体的にどのように行なえばよいかわかりません。
Webで検索したところ、根が無い状態でも発根するとあったのですが、何も気にせずに切り分けて植えてしまっても良いのでしょうか?
根の部分を分ける際の切断面(?)をどのように処理したらいいか等、具体的なアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

植え替え、株分けの時期は春の、ソメイヨシノの咲くころがベストと思います。
傷んだ根を付けて置くより切り取った方が良い新根が出ます。
根が無い方が良いと言っても何処で切っても良いという事ではありません勘違いしないことです。
ソテツを掘りあげると下の方がタケノコのように尖っていて比較的に軟らかい根が出ています。
その根を切り取って少し日光に当て乾かして植えて添え木で固定して置くことです。

Q南向き庭で植えっぱなしでOKのお花は・・・?

すみません、園芸初心者です。
環境は南向きで直射日光あり、(夏は高温になります)
家族全員が忙しい日が多いので、水をやり忘れる日があり、
(忘れないのは土日祝・・・)
こんな状態でも露地で植えっぱなしで毎年育って花を咲かせてくれる球根植物(宿根草でもOK)
はありますでしょうか。(なるべく大きな花がいいと家族は言います・・・)
なんかわがままな話かもしれませんが
情報よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは^^
雨水だけで育つお花はたくさんありますよ。
私が畑に植えているお花を紹介しますね^^
(水道が通っていない畑なので苗の植えつけ時以外は雨水のみで育てています。)

春-ワスレナグサ(1年草ですがこぼれダネで毎年勝手に生えます。種まきも可)
  シャスターデージー(こちらもこぼれダネで増え、夏を越します)
  ヒアシンス、ムスカリ、ダッチアイリス、ジャーマンアイリス、水仙各種、花ニラ(以上球根)
初夏-アガパンサス、グラジオラス(以上球根)
   ラベンダー(耐暑性品種)、ローズマリー、カモミール(以上ハーブ)
   ガウラ、三尺バーベナ、エリゲロン(宿根草、晩秋まで咲き続けます)
夏-ヒャクニチソウ(1年草ですがこぼれダネで毎年勝手に生えてきます。種まきも可)
  センニチコウ、ストロベリーフィールズ(晩秋まで咲き続けます)
秋-ダイヤモンドリリー、ヒガンバナ(白)、ゼフィランサス(以上球根)
  ニラ(案外可愛い花ですよ、春や初夏はおいしくいただけますし)、小菊(以上宿根草)
冬-冬知らず(黄色の小花、こぼれダネで毎年勝手に生えてきます。)
  ノースポール(こぼれダネで毎年勝手に生えてきます。種まきも可)

おすすめ低木(冬1回の剪定で小さく育てられます)
八重咲き芙蓉、コバノランタナ、ブッドレア(バタフライブッシュ)
落葉樹のほどよい木陰があればクリスマスローズや高砂ユリ、アジュガ、ギボウシなども
植えっぱなしにできます。

以上、全く水遣りをしなくても毎年咲く花を紹介しましたが、週に1回水遣りができるのであれば
選択肢はさらに広がると思います。
1年草は花付きの苗を買ってくるよりも、種から育てて小さいうちに定植したものの方が水遣りなしで上手に育ちます。こぼれダネで生えたものに関しては一切水遣りなしでもOKです(笑)
いろいろな植物を上手に組み合わせて春夏秋冬お花が咲きみだれる、素敵な花壇を作ってくださいね^^

こんにちは^^
雨水だけで育つお花はたくさんありますよ。
私が畑に植えているお花を紹介しますね^^
(水道が通っていない畑なので苗の植えつけ時以外は雨水のみで育てています。)

春-ワスレナグサ(1年草ですがこぼれダネで毎年勝手に生えます。種まきも可)
  シャスターデージー(こちらもこぼれダネで増え、夏を越します)
  ヒアシンス、ムスカリ、ダッチアイリス、ジャーマンアイリス、水仙各種、花ニラ(以上球根)
初夏-アガパンサス、グラジオラス(以上球根)
   ラベンダー(耐暑性品種)、ロー...続きを読む


人気Q&Aランキング