古いマランツのレシーバーアンプ(20年ほど前の物)を手に入れたのですが、ボリュームを上げるとガリ音が出たり、ステレオ再生だと音が途切れたりと、かなりがたがきているようです。こんな場合、オーバーホールするのが良いと聞いたのですが、こんな古い型のアンプはどこで引き受けてくれるのでしょうか? 一応、メーカーに問い合わせたところ返事無しでした。どこか修理屋さんをご存じの方がいらっしゃったら教えていただければ助かります。

A 回答 (1件)

 チョット、手荒い方法ですが、私の経験でいけば、これでしばらくは充分です。


 まず、日曜大工の店などで「接点復活剤」のスプレーを買ってきます。できれば大きい缶のが良いです。
 テーブルか台に新聞紙を広げ、アンプの上蓋を外し、アンプ前面のヴォリューム類をまわしながら、接点復活剤を内側の回転部分にジャンジャン吹き付けます。

 これで出来れば2日ばかり陰干しすれば、ガリ音等はなくなります。音が途切れるのもこれで直りますが、コンデンサーの故障によるものは、やはりメーカーに頼むしかないでしょう。

 背面の端子もこれで綺麗にして下さい。

 でも最近、大手の電気屋が自前のリサイクルショップに併設して故障修理部門も整備してますから、便利になっているようですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指導のとおりやってみました。ものの見事にガリ音は消え去りました!!
びっくりです。音のとぎれもありません。本当にありがとうございました。
オークションで安く手に入れたものなので半分あきらめていたのですが、これで大好きなジャズ、フュージョンを毎晩楽しめています。

お礼日時:2001/04/12 23:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在、AVアンプ→マランツSR6004で5.1Chを組んでいます。フロ

現在、AVアンプ→マランツSR6004で5.1Chを組んでいます。フロントスピーカーはB&W686です。最近、音楽を聞くこと(PS3にて)が多くなったのでフロント強化の為プリメインの追加を考えております。 予算的に候補はマランツPM7003です。繋ぎ方はこちらで勉強しました。 部屋の都合上AVとピュアを独立する事は考えていません^_^;ここでオーディオ歴のある先輩に質問なのですが私のシステムの場合PM7003を繋げた場合、音質向上が望めますか?メリット、デメリットなどをご教授頂けるとうれしいです。

Aベストアンサー

NO-1です。

パワーアンプ繋いだ状態で、Audyssey MultEQ を掛ければ、フロントLRとその他の出力バランスは取ってくれるので、パワーアンプに VR機能がなくても、無問題。

パワーアンプは 古い真空管アンプさえ 手を出さなければ、どれでも可能。後は 音質のみ。 好みでどうぞ・・・

蛇足ですが、AVアンプのプリアウトは 0dbで200mv スペックで、一般常識の -20db200mv では無い。よって、古い真空管アンプだと、フロントと他のバランスが取れないことがある。
今風のパワーアンプなら 大丈夫。

Qアンプのガリ

アンプのガリが酷いので質問させていただきます。
ボリュームにガリがあり、始動させた時点では全く音が出ません。ある程度(と言うより大きい音?)上げると「ガリガリ」と鳴りながらやっと音が出てきます。(レベルメーターはきっちり作動しているのですが・・・)
確認の為に天板を開けてボリュームを確認したところ、黒い(?)錆が結構ありました。
この錆は接点洗浄(復活?)剤で取れるのでしょうか。

また、ラウドネススイッチのオンオフを繰り返すとバチバチという音が出ます。これも錆が関係しているのでしょうか。

アンプはパイオニアのSA-7700です。
1979年発売ですから今年で28年目となります。。
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

ボリュームに限らず、スイッチやリレー等接点のある物は経年劣化で「ヘタリ」ます。

販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面黄色や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。
これは接点復活材の付けすぎによる内部のグリスが流れ出た痕です。
元々製造時に塗布してあったオイルまたはグリースを「接点復活材」は溶かしてしまいます。
ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活材」による障害です。
復活材が底に流れず基盤上に流れている場合などは、最悪ショートや腐食、溶解させている事さえあります。
と云うわけで、ボリュームやバランス、セレクターに復活材を何度も塗布している方がおられますが、どんなに高級な製品を使っても「百害あって一利無し」と私は断じます。

>黒い錆 ? ・・・ 2つ考えられます。
1つはボリューム可変抵抗帯にカーボンを使っていて、それが擦れて出てきた場合。
2つ目は上記「接点復活材」で溶かしたオイルや周辺の錆がこびりついたもの。
ボリュームは殆ど0から10時位置程度を使用しますので、その部分のみがすり減っていたり、ゴミが付いていたりします。

どちらの対処法もボリュームを本体から外し、無水アルコールで洗浄後ボリュームのブラシ部分を1000番か1500番の耐水ペーパーにオイルを付けて数回磨くとほぼ完治すると思いますが、可変器やセレクター、スイッチ類は基本的にはある程度修理や補修の出来る人にしかお奨めできません。
清掃後はチョット高いのですが、本物のシリコンオイル(10mリットル;2500円前後)をお奨めします。
十年程度は変質しませんし、温度に強く水分・ヤニなどから守ってくれます。

プッシュスイッチは物によっては分解清掃が必要ですから、部品交換が無難です。
ボリュームも数値(例えば 100ΩAとかB)が判れば、交換した方が精神衛生上も良いと思います。

自称オーディオマニアです。

ボリュームに限らず、スイッチやリレー等接点のある物は経年劣化で「ヘタリ」ます。

販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面黄色や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。
これは接点復活材の付けすぎによる内部のグリスが流れ出た痕です。
元々製造時に塗布してあったオイルまたはグリースを「接点復活材」は溶かしてしまいます。
ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活...続きを読む

QマランツのアンプとCDプレーヤーについて

マランツのアンプPM7003とCDプレーヤーCD5003を購入しようと思いますがCDプレーヤーをワンランク上のスーパーオーディオCDプレーヤーにした場合はやはり音が違うのでしょうか??スピーカーはJBLのコントロール1XTです。

Aベストアンサー

個別の機種毎の音の違いは分かりませんが、SACDを聞くならSACDプレイヤーが必要です。普通のCDしか聞かないならSACDプレイヤーは必要なく、その分高いCDプレイヤーを買った方が良いのでは?
http://www.super-audiocd.com/

Qマランツのアンプについて

ステレオのアンプについてアドバイスお願いします。
マランツのプリメインアンプ「PM-14SA Ver.2」単体の場合と、同じくプリメインアンプ「PM-17SA Ver.2」にパワーアンプ「SM-17SA Ver.2」を加えた場合の2パターンを比較した時、どちらを選択するのが良いと思われますか。
シチュエーションによって意見は異なると思いますが、ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

 回答が来ませんね。  皆さん興味がないのかな?


 お薦めは後者になりますネ。 PM17+SM17です。 スピーカーがバイワイヤリング対応であれば こちらが断然有利でしょう。  面白くもなりますし・・・

 最初はまず PM17を購入。 普通に駆動してみましょう。(シングルワイヤリングで・・)  それから もう一組スピーカーコードを購入して バイワイヤリング駆動を。  次に SM17を購入して 高域PMで 低域をSMで(逆でも可)駆動してみてください。  そして 最後はSM17をもう1台購入して SMをBTLとして・・・

 このグレードアップの差は 明らかに体感できて オーディオの面白さを味合うことが出来ます。 PM14の場合は このような器用な使い方が出来なく(出来なくもないが・・)  オーディオ的に興味が無く 普通に良い音を楽しみたいのなら こちら(PM14)の方をお薦めいたします。 

 ただし セパレートアンプのような使い方になって行きますので 電源の取り方と 接続ケーブルには 気を付けなければいけませんね。  オーディオ的な楽しみを味わっていきたいのならば 是非とも PM17+SM17で やっていきましょう。


   

 回答が来ませんね。  皆さん興味がないのかな?


 お薦めは後者になりますネ。 PM17+SM17です。 スピーカーがバイワイヤリング対応であれば こちらが断然有利でしょう。  面白くもなりますし・・・

 最初はまず PM17を購入。 普通に駆動してみましょう。(シングルワイヤリングで・・)  それから もう一組スピーカーコードを購入して バイワイヤリング駆動を。  次に SM17を購入して 高域PMで 低域をSMで(逆でも可)駆動してみてください。  そして 最後は...続きを読む

Q2/4CHパワーアンプの不調(ガリ?)

オークションにてパワーアンプ(YAMAHA MX-35)を購入し本日届いたのですがガリ?といわれるような状態になります。
このアンプは2CHでも4CHでも使えるのですが、2CHで使用する場合は特に問題はありません。
しかし、4CHで使用するとフロントとリアの、右のスピーカーから音がおかしくなります。
不調の詳細はボリュームのつまみを回すが音が出なく一定の場所まで回すと急に音が出だす。
(その後は、音量を下げても音は出ています。)
アンプの電源を切ると左のスピーカーからの音は出るがやはり一度音を上げないと右からは出ない。
つまみは2つあり、2CHのときは左右、4chのときはフロント、リアを可変できます。

上記のような状態なのですがアンプ自体が古いので劣化した等の寿命?でしょうか。
つまみをぐるぐる回しましたが、変化は無く、接点洗浄剤を購入しようかと思っています。
しかし、つまみ部分の不調とは思えません。
2CH時と4CH時は入力端子の位置が変わってきます。
やはり入力端子部分の不調でしょうか。
改善方法はありますか。
ご教授のほどよろしくお願いします。

オークションにてパワーアンプ(YAMAHA MX-35)を購入し本日届いたのですがガリ?といわれるような状態になります。
このアンプは2CHでも4CHでも使えるのですが、2CHで使用する場合は特に問題はありません。
しかし、4CHで使用するとフロントとリアの、右のスピーカーから音がおかしくなります。
不調の詳細はボリュームのつまみを回すが音が出なく一定の場所まで回すと急に音が出だす。
(その後は、音量を下げても音は出ています。)
アンプの電源を切ると左のスピーカーからの音は出るがやはり一度音を上...続きを読む

Aベストアンサー

ガリというのは、ボリュームを上げていくと「ガリガリガリガリ」とノイズが入る現象で、この場合は、ボリュームに接点復活剤を注入すれば直ります。
今回のケースは、音量を上げていくと突然導通するような現象ですので、内部の切り替えリレーの接触不良が疑われます。
リレーのカバーを外すことができれば、接点復活剤を染み込ませたインク吸い取り紙などを接点間に接点どおしを押し付けながら行き来させると直ります。
まずは、接点の接触抵抗を測定してみるといいでしょう。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報