題名の著作権について(お暇な時にお願いします)

題名の著作権について教えてください
法律は全く詳しく無いので変な質問でしたらすみません。
大変長いのでお時間のある方、宜しくお願いしたします。

法律上、題名は[題号]と呼ばれ基本的に著作権法の範囲外、という認識はあっていますか?
しかし、その題号をつけた本がベストセラーになるなど箔が付くと話が変わってくると聞きました。
そこで質問です。

Q1
例えば、宮部みゆき氏の[火車]という本があります。ベストセラーです。
[火車]という単語は一般的な単語であり、辞書にも載っています。
私が本を書いて[火車]という題名にしたとしても、それは著作権法上問題ないのでしょうか?

Q2
次です。
恩田陸氏の[六番目の小夜子]という本があります。有名な本だと思います。
[六番目の小夜子]という単語は一般的な単語ではなく、変な言い方ですが恩田氏のオリジナルです。
私を本を書いて[六番目の小夜子]という題名にした場合、もちろん外聞は悪いですが
著作権法上では問題無いのでしょうか?

Q3
次です。
[じゃがりこ]というお菓子があります。有名です。
私が本を書いて[じゃがりこ]という題名を付けることは(要はお菓子の名前と本の題名、など土俵が違うもの)
著作権上問題無いのでしょうか?

Q3-2
著作物とは離れますが、ついでに質問させて下さい。
●私がじゃがりこそっくりのお菓子を[じゃがりこ]、
あるいは[しゃかりこ]という名前で売るのは法律違反でしょうか?
●では、私がマシュマロのお菓子を[じゃがりこ]という名前で売るのは法律違反でしょうか?

以上です。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Q1.一般的な単語については著作権は発生しません。



Q2.微妙ですが著作権の対象になる可能性が高いです。
もし著作権に該当しないとしても、
客が間違って購入する可能性があるようなら不正競争防止法違反になります。

Q3.じゃがりこは完全に創作された名詞ですので著作権があります。
商標権が取られていると思うので土俵が違っても題名にすることは出来ません。

Q3-2.これは商標法違反です。
六番目の小夜子という名称のマシュマロなら問題無いと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。著作権法以外の法にも触れてしまうのですね。
ベストアンサーとさせていただきます。

お礼日時:2010/09/09 00:56

Q1「火車」という表現に著作権は成立しませんので、自由に使えます。


Q2「六番目の小夜子」という表現にも著作権は成立しないでしょう。
Q3「じゃがりこ」にもおそらく著作権は成立しないので、著作権法上は問題ないでしょう。
Q3-2 「じゃがりこ」は商標登録されています(第4387394号 )。じゃがりこそっくりのお菓子を「じゃがりこ」と名づけて売るのは商標権侵害になります。「しゃかりこ」であっても「じゃがりこ」と類似とされれば商標権侵害になります。不正競争防止法違反にもなりうるでしょう。
マシュマロお菓子であっても上記「じゃがりこ」商標の指定商品に「菓子」が含まれているので、商標法違反にはなるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/09 00:54

題名等は著作権ではなく、商標権の話だと思います。



参照先URLで知的財産について解説があるので、参考にしてください。

参考URL:http://www.furutani.co.jp/kiso/kiso.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/09 00:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑訴法475条について、六法全書オタクの小学六年生の父親への疑問・質問、教えて下さい。

このオッサン左官です。
たまたま立ち飲み屋で隣にいたので、この親父と話す機会がありました。
色々との話題に盛り上がりながら、コンな話になりました。

この親父の息子は小学六年生で、六法全書を読むのが大好きだそうです。
で、この息子が訊いてきたそうです。

「おっとう、何で法務大臣は刑事訴訟法第475条違反で罰せられないの❓」

この左官の親父、当然に何のことか訳が解りません。
これ聞いて、自分も一瞬は何のことか解りませんでした。

よくよく聞くと、法相は死刑判決確定日から6ヶ月以内に死刑執行を命じナケレバナラナイ、と六法全書の刑事訴訟法の第475条に書いてあるとのことです。
自分も後で調べたら、確かにそう書いてありました。

で、教えて下さい。

(1)このガキの疑問というか質問、「何故どうして法務大臣は刑事訴訟法第475条に明らかに違反しているにもかかわらず、でも全然ナーンにも罰せられないのですか❓」

(2)死刑確定した犯罪人が確定後から6ヶ月経った以後の食費等含めて諸々の生かす為に関する全経費=国民の税金、この費用=金額を刑訴法違反として法相=国=政府…に請求する訴訟…、これ何故どうして誰も提訴しないのか❓それとも、過去には提訴したことあるのか❓もしあったなら、その結果って…❓

たまたま立ち飲み屋でのシーンの会話ですが、教えてくれれば有難いです。
よろしくお願いいたします。

ちなみに、この左官の親父の娘は、算盤に夢中で、信じられない暗算ができるそうです。
まぁ、それはどうでもいいですが、この息子の疑問・質問について、教えて下さい。

質問者のみ

このオッサン左官です。
たまたま立ち飲み屋で隣にいたので、この親父と話す機会がありました。
色々との話題に盛り上がりながら、コンな話になりました。

この親父の息子は小学六年生で、六法全書を読むのが大好きだそうです。
で、この息子が訊いてきたそうです。

「おっとう、何で法務大臣は刑事訴訟法第475条違反で罰せられないの❓」

この左官の親父、当然に何のことか訳が解りません。
これ聞いて、自分も一瞬は何のことか解りませんでした。

よくよく聞くと、法相は死刑判決確定日から6ヶ月...続きを読む

Aベストアンサー

(1)このガキの疑問というか質問、「何故どうして法務大臣は刑事訴訟法第475条に明らかに違反しているにもかかわらず、でも全然ナーンにも罰せられないのですか❓」
  ↑
罰則が無いからです。
罪刑法定主義というのがありまして、罰則が規定されて
いなければ、何をやっても罰せられることはありません。

どうして罰則を設けなかったのか、といえば
罰則で強制するのはためらわれる、
と立法者が判断したからです。




(2)死刑確定した犯罪人が確定後から6ヶ月経った以後の食費等含めて諸々の生かす為に関する全経費=国民の税金、この費用=金額を刑訴法違反として法相=国=政府…に請求する訴訟…、
 ↑
収監者には年300万の経費が掛かっていると
言われています。


これ何故どうして誰も提訴しないのか❓
    ↑
やって出来ないことは無いでしょうが、
世間の非難を怖れているからかもしれません。
それに裁判をやるためには、訴えの利益が
必要で、単なる納税者が当事者として提訴
資格があるか、疑問もあります。



それとも、過去には提訴したことあるのか❓
もしあったなら、その結果って…❓
   ↑
ワタシの知る限りではありません。

(1)このガキの疑問というか質問、「何故どうして法務大臣は刑事訴訟法第475条に明らかに違反しているにもかかわらず、でも全然ナーンにも罰せられないのですか❓」
  ↑
罰則が無いからです。
罪刑法定主義というのがありまして、罰則が規定されて
いなければ、何をやっても罰せられることはありません。

どうして罰則を設けなかったのか、といえば
罰則で強制するのはためらわれる、
と立法者が判断したからです。




(2)死刑確定した犯罪人が確定後から6ヶ月経った以後の食費等含めて諸々の生かす為に関...続きを読む

Q【著作権】本の知的財産権について。

下記の会社の知的財産権の取り扱い(契約内容)について、どういったものが譲渡されるのかなど詳しく知りたいです
・講談社ラノベ文庫
・BOX-AiR(講談社電子書籍)
・ダッシュエックス文庫(集英社)
・電撃文庫(ASCII MEDIA WORKS)
・MF文庫(メディアファクトリー)
また、これも会社によると思いますが原作の2次創作本・グッズ等の印税・知的財産権の所有者はどうなるのでしょうか。なるべく詳しく知りたいです、宜しくお願いします

Aベストアンサー

これは個人からの見解も伝えられないですね…。
挙げられた会社の知的財産権の取扱に関しては、各会社によって契約内容も異なるでしょうし、実際にその会社にいる方しか情報を保管していないでしょう。

なので、返答の有無にかかわらず、挙げられた会社に直接お伺いして頂くのが無難かと…。
(第三者だった場合は、より公開するという事はないかと思いますが。。。)

Q[派遣労働]契約外業務の賃金請求

現在、派遣社員として働いています。
「就業条件明示書」に明記されている内容は
1.電話対応
2.ファイリング
3.ホームページの更新作業、資料作成
となっています。
派遣先のWEB担当者が別プロジェクトで多忙であったため、そのWEB担当者の穴埋めというのが派遣された背景です。

正直なところ単価が安くて迷ったのですが、WEBの管理・更新だけならと引き受けました。
ところが、実際に派遣が始まると、WEBの管理・更新だけだったのは最初の2週間程度で、もともとのWEB担当者が関わっている別プロジェクトの手伝いをするようになりました。
行った業務内容はMicrosoft Accessを使ったデータベースの開発(テーブルの設計、各種フォーム・レポートの開発)、.NET C#を使ったアプリケーションの開発などです。
ピーク時はWEBの管理・更新を後回しにしてデータベースの開発を行い、残業が深夜に及ぶこともありました。

もともと契約していた派遣の期限を間もなく迎えるにあたって、派遣契約を解消し、個人で業務委託契約をする方向で話が進んでいますが、私としては、これまでデータ入力要員とほとんど差がないほどの低賃金でデータベースやアプリケーションの開発を行ったことを考慮していただいた条件で新たな契約を結びたいと考えているのですが、折り合いがなかなか付かず、話し合いは難航しています。
このまま業務委託契約が成立しなかった場合、契約外業務を行ったことを理由に、賃金を再計算し、既に支払い済みの賃金との差額を請求して、以後派遣先とのお付き合いをやめようかと考えています。

そこで、質問したい内容は以下の3点です。
1.そもそも、条件明示書に記載されていない業務を行ったことを理由に、再計算した賃金を請求することは可能なのか
2.できるとしたら、請求先は派遣元なのか派遣先なのか、または派遣元を経由して派遣先に請求するのか
3.請求する際に必要な証拠・書類などは何か

派遣元に相談するべきなのは分かっていますが、今までの経緯からあまり頼れないと考えて、ここで質問させていただきました。

以上、よろしくお願いいたします。

現在、派遣社員として働いています。
「就業条件明示書」に明記されている内容は
1.電話対応
2.ファイリング
3.ホームページの更新作業、資料作成
となっています。
派遣先のWEB担当者が別プロジェクトで多忙であったため、そのWEB担当者の穴埋めというのが派遣された背景です。

正直なところ単価が安くて迷ったのですが、WEBの管理・更新だけならと引き受けました。
ところが、実際に派遣が始まると、WEBの管理・更新だけだったのは最初の2週間程度で、もともとのWEB担当者が関わっている別プロジェク...続きを読む

Aベストアンサー

契約優先です。

電話番しか仕事が無かった場合 支払いを減らす事は出来ない。 
逆に 時間内に余計な仕事をした場合 請求も出来ない。


時間外労働なら請求はバシバシ派遣元へ

Q【著作権】 現代偉人の「写真」と「名言」の著作権は?

ジョブスや松下幸之助の名言を紹介するアプリやサイトがありますが、「名言」には著作権はないのでしょうか?ある場合は、死後何年守られているのでしょうか。無料のアプリも多く、それらが広告収入だったとしても、どのようなシステムで支払っているのか不思議に思っています。

「写真」は、ストック写真なのかもしれませんが、無料あるいは240円程度の求めやすい値段のアプリも多いので、これも疑問です。アプリによっては使用方法に「名言画像をプレゼン資料に入れて…」と書いてありますが、拡散してもいいものなのでしょうか。

そもそもApple Storeの審査を通っているので、大丈夫なものなのでしょうが、素朴な疑問です。著作権、肖像権などに詳しい人、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご遺族の許諾でOKです。

Q講義で他の方の著作物を利用する際の、著作権処理について教えて下さい。

著作権処理について質問させて頂きます。

個人事業主(商用目的)として、心理学を動画で解説する授業をしたいと考えています。
※教科書をベースに、ホワイトボードに図を書きながら説明します。撮影は三脚を置いておきホワイトボードの図及び自分自身が映っている状態です。

その際に、心理学のA先生の書籍を教科書に講義をしたいと思います。

1.このとき著作者であるA先生の許諾を得るべきか、あるいはその著作物の出版社に許諾を得るべきか、あるいはどなたに許諾を得るべきなのでしょうか?

2.なお、その際は、
①心理学の概念を図説で説明するので、それに関しては私のオリジナルの図説を行います。
②説明文については、A先生の教科書をそのままだとA先生のご見解は難解なので、私が噛み砕いて(要約)説明します。

つまり、A先生のご著書をベースに講義することを明示しつつ、私の講義内容はA先生のご著書の要約(A先生のお考え内容を反映させた口頭説明)及びオリジナル図説で板書説明を行ってゆきます。

こういった場合は、著作権処理をどのように考えれば宜しいのでしょうか。

ご教示の程お願い申し上げます。

著作権処理について質問させて頂きます。

個人事業主(商用目的)として、心理学を動画で解説する授業をしたいと考えています。
※教科書をベースに、ホワイトボードに図を書きながら説明します。撮影は三脚を置いておきホワイトボードの図及び自分自身が映っている状態です。

その際に、心理学のA先生の書籍を教科書に講義をしたいと思います。

1.このとき著作者であるA先生の許諾を得るべきか、あるいはその著作物の出版社に許諾を得るべきか、あるいはどなたに許諾を得るべきなのでしょうか?

2...続きを読む

Aベストアンサー

だから出版社は関係ないと言っています。
遺族です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報